この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

好きだからこそ、彼氏を取られたくないからこそ、イライラしたり、自分のことだけを見てよと感じてしまいます。

ヤキモチを妬くのは醜い感情だと考えている人も多いでしょうが、実はそういうわけでもありません。

男性の中には「こんな嫉妬だったら全然いいよ!」と思うものもありますし、むしろ「可愛い」って考える場合もあるんです。

可愛いと怖いの境目ってどこにあるのか?気になる人も多いと言えるので、ここでは可愛い嫉妬とは何か?ヤキモチを妬かれて「可愛い」と思う男性の特徴をご紹介していきます。

目次

嫉妬=マイナスポイントではない理由

意外にヤキモチ妬かれるのが好きって男性はいっぱい

理由1ヤキモチを妬かれたとしても、にやにやと「違うよー」「考えすぎだよー」と気軽な回答をする男性は結構多いです。

通常なら、疑われているのでは?と嫌な気分になって「どうしてそんなことをいうの?」「不躾だなぁ」とイライラします。

当然、彼女が自分を好きだからこそ妬いているということは理解していたとしても、やっぱり疑われると良い気分にはならないので、嫌だと思うのです。

一方で、妬かれても特になんとも思わず、むしろ「ヤキモチ妬いちゃうんだ」と頬が緩んでいる男性も多くいます。

なぜなら、それだけ女性から求められているような気がするからです。

感情を見せてくるほど自分のことが好きなのだ、そんな風に思われるくらい異性から好意的な目で見られているのだ、という考えにいたるため、まるで自分がちやほやされている気分になります。

ハーレム状態になっている感覚なので、自分がすごく素敵な男性になのかも?と心の中で考えているのです。

誰だって、自分1人で「俺はかっこいい!」と思ってしまえば、単なるナルシストですが実際に女性から嫉妬されるくらいに周囲に異性がいる状況の真ん中に自分が存在していると感じられます。

そのため、どれだけ嫉妬されたとしても「そんなに俺が好きなの?可愛いな」といった感覚になり、案外優越感に浸れて気分がよいと思っている人も多いのです。

嫉妬=マイナスでめんどう、と考えるのではなくて「良いできごと」と思う男性も比較的多いので、女性自身も「またやっちゃった…」と自己嫌悪に苛まれる必要はありません。

悪いイメージがあることだとしても、全員が同じ感覚で受け取るわけでもないので、度合いによっては可愛いなあと思ってもらえることもあるので、ネガティブにならないようにしましょう。

競争心を持ってもらうと恋愛の刺激になる

理由2ヤキモチを妬く時、不安感と同時に自分への自信を失いかけていることを意味しています。

彼と付き合っているのは自分だけど、魅力的な子が近寄ってきたら、もしかすると取られてしまうかも?と思うことによって、心の中に焦燥感が出てくるのです。

こんなに好きなのに、誰かに取られるなんて絶対に嫌!と自分の中の愛情を再確認することが可能です。

燃え上がる時期、冷静になる時期、安定する時期と恋愛はいろんな状況を経て進むものですから、心の底で彼女のことを「可愛い」と思っていたとしても、男性のほとんどは口にしないでしょうし、照れ隠しに「マンネリきたかなー」なんて言い出す人もいるんです。

自分たちの関係がすでに落ち着いた頃に、ふっと異性の存在が浮上してしまうと、慌てるのは当然です。

そこで、安定していたと思った関係に翳りを感じられて、「このままじゃいけない」と思い出します。

この時、競争心が芽生えて彼氏を取られたくないと必死に自分磨きをしたり、勉強をするようになるのです。

相手よりもキレイな肌になりたい、痩せたい、おしゃれになりたい、そんな風に自分と相手を比べてみて、自信が持てないことを克服しようという感情になります。

よくある感情ではありますが、なかなか普段の生活で「頑張ろう!」と思えることは意外に少ないのです。

マイナスに感じられる感情から、自分を変えるというポジティブな行動を引き起こせるため、自分を高めることができますし、変わったあなたを見れば彼氏も「最近彼女がキレイだな」と考えます。

地味に男性は、彼女が変化することを嫌う傾向があり、自分のために変化してくれたとしても、心のどこかで「すごく可愛くなったけど、これじゃ他の男に取られそう」と逆に見えない敵に怯えるようになるのです。

このように、ヤキモチを発端としていますが、女性が自分を高める気持ちになりやすいため、競争心が恋愛に大きな刺激を与えることにつながります。

自分の気持ちを相手に伝える手段

理由3普段から相手に対して「好きだよ」「自分のことだけを見て」とは言いません。

海外の人とは違って、日本人の男女は自分たちの愛情を言葉で表現することを得意としておらず、静かに関係を継続させることを良しとしています。

逆にたくさん愛の言葉を発することで、軽率な印象となるため「ここぞ」という時だけ気持ちを表現しようとするのです。

一方、嫉妬をすることは自動的に「よくない感情」と思っている人が多い理由も、似たような部分を秘めていて、他者に対して妬みの気持ちを感じると急速に自分の感情を抑えられなくなります。

本当は隠しておきたい黒い感情もドッと溢れていってしまい、「どうして私のことを見ないの?」「あっちの方がいいの?」など、いつもは言わない感情を彼氏に対してぶつけます。

彼氏は「大丈夫?」と話を聞いてくれるでしょうし、嫉妬心を落ち着かせようときちんと説明してくれるものです。

マイナスと考えられる感情は、自然と自分の感情を相手に伝える大きな一歩を後押ししてもらえる感情だと思ってください。

例えば「私は、すごくあなたを好きなのに」「あなたの感情が見えてこない」など、心の底にある愛情を言葉にする女性が多いです。

そんな風にきちんと気持ちを言葉にされると、不慣れな男性はすごく衝撃的に感じられて「こんなに愛されていたんだ!」と実感します。

愛情を再確認できることによって、いっそう感情が豊かになり、あまり自分の気持ちを言うことがなかった彼氏もポツリポツリとでもあなたへの気持ちを伝えるようになるのです。

ただ、注意しなくてはいけない部分として、あまりにも感情が破裂してしまい、「どうせ私なんか」「本当は別れたいんでしょ」など、負の感情を強く出さないようにしましょう。

あまりにも嫉妬の度合いが激しくなっていくと、自分の思いが相手に伝わったいないことへの不満感、期待を裏切られているような感覚が増していき、自分の本当に気持ちじゃないことも言い出す可能性があります。

心の憤りをそのまま表現しても、彼氏への負担になるだけなので、NGです。

自分の本音も嘘も出る感情なため、できる限り素直に話すことがマイナスをプラスに変換させられる方法だと思ってください。

本当に浮気防止になる

理由4通常、嫉妬心は彼氏誰かと楽しそうに会話をしていることによって発生します。

「浮気しているのでは?」という感覚よりも、もっと最初の方の「自分という彼女がいるのに、どうして他の人と仲良くするの?」と思っているのです。

ヤキモチを妬くことによって相手へ執着していることを自然と表現できていると思ってください。

そのため、男性は彼女から執着されていることに気づき「変なことをしてはいけない」と自制の心が芽生えます。

中には執着されると逃げ出したくなる人もいますが、多くは「彼女を不安にさせるとややこしいことになるかも」と気持ちを律するようになるのです。

あなたは、そこまで深く考えずに嫉妬しているかもしれませんが、された側はいろいろ考えてしまいます。

本当に浮気をしようと思っていた場合は、「すぐに勘づかれてしまうからやめよう」と思うでしょうし、全くそんなことを思っていない場合でも「余計な心配をかけないようにしよう」と揉め事を避ける行動に終始するといえます。

ジェラシーは単純に束縛するだけじゃないため、感情が爆発したときのめんどくささも男性に見せられるのです。

男性はほぼ全員と言っていいほど、女性が引き起こすめんどうな感情の対処が苦手なので、極力そういった状況を作らないようにがんばります。

なので、マイナスと捉えられやすいジェラシーは、実際に浮気防止に効果的なため、適度な表現であればしたっていいんです。

防止効果があるなら必然的に女性も嫉妬する回数が減りますし、男性も深く彼女から愛されていることを実感できるので良好な関係を築けるようになります。

マイナスになってしまうのは、そういった感情を単なる妬みとか恨みなどと混同させることによって自分のエネルギーを内側に引き込んでしまう時です。

そうじゃなくて、エネルギーを好転させられるように意識を向けることで「傷つけてはいけない」と相手に思わせることができます。

これが、可愛い嫉妬と呼ばれるものなのです。

男性から好感度抜群!可愛い嫉妬の方法

あんまり言葉を使わずに態度で示す

可愛い嫉妬の方法1めんどくさいと思われる嫉妬の仕方というのは、言葉責めをすることです。

「あの子だれ?」「可愛いの?」「なんで私よりかまうの?」などなど、あれよあれよと彼氏を責め立てる言葉がたくさん出てくる人は多くいます。

女性って、態度で示すよりも言葉で明確にする方が事実だと思う傾向があるので、とにかく責めることで自分のストレスを発散し、さらには彼氏からもしっかりと言葉で愛情を示してほしいのです。

安心させて、という思いから言葉で責めていますが、男性は言葉よりも態度で気持ちを表現する人がほとんどなので、何をいえばいいのか分からなくなります。

「好きじゃないの?」と聞かれたことに対して、「好きだよ」と答えてもなかなか女性は信じられないことでしょう。

しかし、「信じられない」と口にしてしまえば、男性は「なんだ、言っても意味ないじゃん」と思うので、今度こそ何も言わなくなるのです。

結果的に、ますます気持ちが不安定になっていくので、お互いが不快感しか残りません。

可愛いな、ちゃんと愛してあげなくちゃと思わせるためには、言葉じゃなくて態度で示すことが大切です。

普段とは違う、少しつれない態度をとってみるとか、絵文字をたくさん使うところを句読点しか使わないなど変化を見せてください。

あまりにも彼女に興味がない男性以外は変化に必ず気づくことでしょう。

「どうしたの?元気ないね?」「いつもと違うね?」と言われた時に、「別に」とそっぽを向くのではなくて「ちょっとヤキモチ妬いちゃってる…」と伝えてみてください。

男性は、そういったモジモジしている女性のことをすごく可愛いと感じるので、ヤキモチを妬いてしまった理由を素直に話すことが大事です。

ここで「知らない!」とか「もういいから」と拗ねた状態を継続すると、彼氏は彼女の気持ちを汲み取れなくて混乱するだけだといえます。

こういうのが「言葉にしないといけない」場面で、よくある嫉妬に急かされてとにかく言葉を連ねる、のとは全然別です。

冷静に自分の気持ちをしっかりと伝えることによって、あなたの感情は彼氏に伝わりますし、そんな風にヤキモチを妬くあなたのことを「可愛いんだから!」と抱きしめたくなる気持ちにもなるのです。

怒りよりもドキドキ感!肌に触れて甘えてみる

可愛い嫉妬の方法2嫉妬をする時、多くの人が怒り心頭になります。

怒りに任せていろんな感情が引き起こされて、どんどん嫌な思いが放出していくことでしょう。

すごく好き、という気持ちがあるからこそ「絶対に他の女に取られるもんか!」と思うので、ジェラシーも人一倍感じるかもしれません。

しかし、大好きな彼女が自分のせいでずっと怒っている、怒りの矛先が他の異性の友人などにも及ぶ危険があると感じれば、彼女に対しての気持ちが薄らいでいくのも不思議な話ではないでしょう。

本当に好きだからなのに…と女性は落ち込むかもしれませんが、逆に自分がされたことを想像してみれば容易にわかると思いますが、ずっと怒っている人と一緒にいるよりもずっと笑ってくれている人と一緒にいる方が人間は誰しも楽しいのです。

嫉妬の仕方としてもこうした怒りを真っ先に見せるよりも、つい口にしてしまった…くらいの方が可愛いと思われます。

「妬いてる」と思ったら、彼に抱きついたり、腕を絡めるなどして甘えてみてください。

普段から甘える彼女でも、そうじゃない彼女でも彼氏は「え?どうしたの?」と混乱するので、「なんかヤキモチ…」と目を見ず、恥ずかしそうに言うことがポイントです。

嫉妬してる自分がやだ、という気持ちを表現できますし、女性らしいしおらしさも表現できるので、男性からの好感度はバツグンになります。

嫉妬は恋愛にとってスパイスにもなりますし、2人の関係を良くする刺激にもなるのです。

ヤキモチを妬いて、甘えることによってそのまま肌を重ねることもあるでしょうし、嫉妬が2人の愛情確認の良いきっかけにもなるといえます。

怒りに任せて怒るとは違って、ドキドキ感を見せながらジェラシーを表現することで、受け手の感情の揺らぎを緩和させられて、彼女を心配させないようにしようと努める男性が多くいます。

良い雰囲気で不安を変化させられるのは、それだけ良いことはありません。

「〇〇君ってかっこいいから」など彼氏を褒める

可愛い嫉妬の方法3妬いた時、女性はどんな言葉を男性に伝えるのか、無意識に言ったことがあってもどんなことを言っているのか記憶にある人はほぼいません。

よくある言葉は「浮気者」「彼女がいるのにひどいよ」「よく私がいるのにそんなことできるね」などです。

ほとんどが相手を否定するような言い方をしているので、男性のプライドを傷つける人が多くいます。

男性にとって1番自尊心を失わせるのは、女性から否定されることで、特に恋人から批判されることです。

恋人というのは無条件に自分を受け入れて、愛してくれる存在だと信じている人が自分を否定すると「そんな人間なのか…」とすごく嫌な気持ちになります。

そのため、いくらジェラシーを感じたとしても彼氏の自尊心を傷つけることは絶対にいけません。

嫉妬する時は、理不尽な場合もありますが、多くの場合はきちんと理由があるのです。

例えば異性と頻繁にLINEをしている、異性の友人と2人きりで遊ぶなど何かしら「え?」と思うような出来事があるからこそ、イライラします。

怒りだけを伝えるから、彼氏の人格を否定するようなことを言ってしまうのです。

そんな風にならないために、1度深呼吸をしたあとに「〇〇君ってモテるでしょう」と話をしてみてください。

多くの場合が「そんなことないよ」と言われるはずなので、そこで「〇〇くんってすごく優しいし、かっこいいからとられないか不安」って言ってみましょう。

褒められて嫌な気分になる人はいませんし、褒められながら嫉妬心を伝えてもらうと、嫌な気分はしないのです。

言葉には言霊が宿ると言われているくらいに、人の心の中に根深く残るものなので、キツい言葉は言われた方が永遠に心に残ってしまいます。

カップルの単純な痴話喧嘩ととらえずに、彼氏の気持ちを配慮してあげることがとても大事です。

「ねえねえ、職場に可愛い子とかいないの?」と探りを入れる

可愛い嫉妬の方法4男性しかいない職場、というのは最近では少なくなってきていますし、一般的には男女それぞれが在籍しているため、何も変なことではないといえます。

ですがヤキモチ妬きの女性は、交友関係だけではなくて職場の女性に対しても敵意を剥き出しにする人が多いです。

業種によっては、休みにも電話がかかってくるとか、仕事終わりのデート中に仕事の電話がかかってくる…なんてことはよくあります。

会話の内容から仕事なんだろうな…と思うでしょうが、電話越しに聞こえる女性の声がすごく苛立たしくなる可能性だってあるのです。

通常、仕事いえどデート中に異性から電話がかかって来ると「休みなのわかってるでしょ」「もしかしてわざと?」と思う人が多いです。

そんな時に、電話を切ったあと怒涛の如く「今の誰?」「仕事が終わってるのに電話する必要があるの?」「本当はあの人あなたのこと好きなんじゃないの?」など、四方八方からとにかくイライラした言葉を投げかけてしまうことがたくさんあります。

彼氏としては全く悪気もなく、ただ仕事の電話を受けただけなのにどうしてこんなに責められるんだよ、と嫌な気分になるのです。

「仕事だから」「気にしなくていいよ」と言っても、女性は納得しないでしょうし、なんなら「仕事の話は仕事中にしてよ」って怒るかもしれません。

そうならないように、仕事の電話でモヤモヤを感じた時は、怒るのではなくて「仕事?」とまずは質問をしてみてください。

そうだよ、と言われると思うので、その際は「その人って可愛いの?」と聞いてみましょう。

相手のことを意識していると思われるのでは?と考えますが、単純に「なんで」とか「好意でも持ってるの?」とイライラした言い方をするよりも、「可愛いの?」と聞くことによって「何、ヤキモチ妬いてるの?」と男性にわからせることができます。

その際に「ちょっとね」と拗ねた言い方をすると、男性はキュンってしちゃうんです。

苛立ちを表現するよりも、不安感を表現する方が男性は女性を守りたくなります。

「別に嫉妬してるわけじゃないもん!」と強がる

可愛い嫉妬の方法5飲み会や異性とコンビを組んで仕事をしている人、もしくは異性の友達が多くてモヤモヤ…と思う人はたくさんいます。

そういった事柄全てに対して怒り狂っていたとしても、結局は「仕事だから」「友達だから」と言われて終わることでしょう。

「言っても仕方がない…」と思って、だんだんとふてくされた気分になるかもしれません。

拗ねている女性ってすごく可愛く感じられますが、単純に「めんどくさい女だな」という印象になりかねないのです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

好きな女性が自分のことを疑っている、という事実ほど、自分を苦しめるものはありませんし、どれだけ好きだとしても「自分の自由を奪う存在」として認識することは、悲しいといえます。

自分の物言いや束縛によって、彼氏を苦しめて辛い思いをするというのは、非常に苦しくて辛い話ですが、どうしても自分の気持ちを抑えることができない人は意外に多いのです。

女性は、好きな気持ちが伝わらなくてもどかしくなりますし、男性は、なぜ信頼してもらえないのがモヤモヤします。

恋愛はそんな疑いだけに心を支配されてしまうものではなくて、もっと豊かな感情で相手を愛することで、自分を認められるようになるのです。

好きだけじゃ解決ができない気持ちも、その中にはあることでしょう。

嫉妬したくない、でも…と悩んでいる場合、気持ちを隠さずに可愛く伝える方法は「拗ねていないふりをすること」です。

仕事や友人との関係を見ていて、なんとなく心のざわめきがむくむくと出てきた時、「そっか!仕事がんばってね!」「飲み会で飲みすぎないでね!」と本当は嫌なんだろうけど、無理しているんだろうなって思わせることが良いといえます。

男性って全然女性の気持ちを汲み取らない、もしくは分かっていても知らんぷりする傾向があるのですが、こうした女性の感情に対してはすごく敏感に感じ取れます。

あからさまに嫌だなって思っている感情をひた隠しにして、彼氏を笑顔で見送るいじらしさは男性の心に刺さるのです。

「強がっちゃって可愛いな…」と思い、飲み会なら早く帰ろうと思うでしょうし、仕事も頑張ってすぐに成果を出したいなって思うんです。

男性のモチベーションを上げられる感情の乱れは、負の感情じゃなくて愛情を深めるスパイスになるのでおすすめといえます。

嫉妬されて嬉しくなる男性の特徴

自分で全然愛情表現をしない

嫉妬されて嬉しくなる男性の特徴1女性に妬いてほしいと思っている男性は、一定数います。

自分の行動を制限されるから嫌だ、と思う反面、されないと寂しいって思ったり「本当に俺のこと好き?」って不安になる人も多いんです。

このタイプの男性は、基本的に嫉妬心は相手から受ける愛情表現の一種だと思っていて、言葉にされる「好き」や「愛している」よりもずっと信憑性が高くて素直な感情と感じられているのです。

そのような激しい感情表現を求める男性の場合、基本的に自分からのアクションが乏しいことも多く、自分ではできないから相手からはガンガンきてほしいって思っています。

つまり、自分の愛情表現が少ない代わりに女性からはどんな方法でもいいから「わかりやすく」愛されていることを教えて欲しいんです。

ちょっと頼りない印象を持つかもしれませんが、男性って全然愛情表現をしないですし、付き合いたての頃とだいぶ印象が変わる人もたくさんいます。

一方で、彼女からの愛情表現はたくさん欲しい!って思う人が多いので、嫉妬でもいいからなんでも表現してくれないかな…と考えるのです。

可愛いと思える嫉妬からちょっと思いな…と感じる嫉妬まで、どんなタイプの表現でもいいから、激しい方がいいとこうしたタイプの男性は思っているので、いつもジェラシーに苦しんでいる女性は付き合いやすい男性かもしれません。

求められることで自分の価値を見出してる

嫉妬されて嬉しくなる男性の特徴2ジェラシー=相手のことを激しく求める行為、といえるのでめんどくさいなって思う人と逆に「そんなに俺のこと好きなの?」と喜ぶタイプといます。

自分が異性と仲良くしていることで彼女が、浮気されてるのでは、好かれてないのでは、と不安になるくらいに自分を愛していると思うため、それだけの価値が自分にはあると思うようになるのです。

「彼女にそこまで求めてもらえる価値がある男」と自分を認識するので、非常に自信を持つことができます。

このタイプの男性は、彼女に妬かれてその場は「ごめんごめん」と和やかに繕おうとしますが、何度もヤキモチを妬く行為をしやすいです。

なぜなら、彼女を不安にさせて自らに依存させることによって嫉妬を引き出し、自分から離れられなくするためです。

最初は可愛いヤキモチを妬いていた女性も、だんだんと重ための嫉妬に移行していく可能性が高くなります。

自分のために相手が変化すること、相手が悲しむ姿を見ることで「自分はすごく魅力的なのかも」と嬉しくなるんです。

妬みは基本的にそんなによい感情ではありませんが、時として相手から激しく求められている確認作業としても使えます。

愛情を確認したい人は、嫉妬されることに対してそこまで不快に思わない傾向があるので、それだけ彼氏もあなたに対して愛を抱いているともいえるでしょう。

異性にモテたいタイプ

嫉妬されて嬉しくなる男性の特徴3彼女を不安にさせる男性の特徴として、異性の友人が多い、誰にでも優しいという部分があります。

モテようと思ってしていないと本人は思っているでしょうが、心の底では「チヤホヤされたい欲」がとても強い人が多いです。

そのため、彼女ができても異性の友人を減らそうとはしませんし、嫉妬されても「可愛いね」なんて言って流します。

妬かれること自体めんどうだと思っておらず、それだけ自分を好きなのだとニヤニヤしちゃう人がこのタイプには多くいます。

異性との交友関係はそのままにして、彼女からジェラシーを受けることで一層男としての価値がアップしたような気になるのです。

もちろん、本当に好きなのは彼女だけですが、彼女からの愛情を一心に受けつつも他の人にもモテたいって思っているんです。

浮気心、というよりも男として多くの女性から求められたい、チヤホヤして欲しいって気持ちからそんな風に考えています。

度を超えたジェラシーはちょっと困るなぁと思いつつも、比較的その許容も広い人が多いでの非常に女性としてはどう受け止めたらいいのかわからない…と感じるタイプかもしれません。

根底には「好き」がしっかりあるからこそ、彼女が嫉妬しても気になりませんし、あなた自身もジェラシーを感じても彼氏から離れることがないのです。

感情のつながりがきちんとあるからこそ、お互いがジェラシーを軸に恋愛を進めていても全然気になることはありません。

自分も嫉妬心が強い

嫉妬されて嬉しくなる男性の特徴4男女ともに恋人に対して独占欲を持つのは不思議なことではないんです。

好きなのだから、自分だけを見て欲しい、愛情を表現して欲しいと感じるのは当然だといえます。

そういった感情が強くなると、どうしても嫉妬は否めなくなるのです。

愛情が激しくなれば、それだけ強く相手を求めるため、束縛したくなりますが、多くの人が「女性の方がそう思いやすい」って感じています。

しかし実は男性の方が案外うちに秘めた強い独占欲を抱いている人が多くいるんです。

なぜなら、男性は女性よりも所有欲が強く、一度自分が手に入れた存在は別れた後までも所有していると思い込んでいる人がたくさんいます。

本来は別れてしまえば、そこで関係は終了しますが、男性の中では終わっていても永久保存されている存在なので復縁とか体だけの関係とかも比較的簡単に考えている傾向があるのです。

好きって気持ちがあるなし関わらず、恋人だったという事実だけでそう考えています。

一方で、交際中はきちんと愛情表現をしなかったりそっけない態度をとることも多いですが、心の内側では嫉妬がメラメラ燃えている人もいるものです。

そのため、表には出さなくても彼女が異性と遊んでいないか気になったり、自分以外の誰かと連絡を取り合っていないかにすごく敏感になります。

同時に「自分のことを好きなら彼女だって嫉妬するはず」といった感覚もあるので、嫉妬をしない彼女は自分のことを好きじゃないのか?とまで思ってしまうんです。

自分の感覚が世界の中心になることはよくある話なので、このタイプの男性はヤキモチ妬きな人くらいがちょうど良いかもしれません。

付き合ってなのに嫉妬してもかわいいと思われる理由

好意を直に感じられて嬉しい

嫉妬してもかわいいと思われる理由1付き合ってもいないのに嫉妬する女性って、女性から見れば「鬱陶しい」って思うといえます。

しかし、男性ってちょっと可愛いの基準が女性とは違うので、同性から嫌われそうな行動でも、男性からすると「すっごく可愛い」ってこと、よくあります。

代表的なのが「付き合ってないのにジェラシーを出してくる」ことでしょう。

女性は付き合っていない男性から束縛されると「何?どうしたの」と混乱し、恐怖を感じます。

変な態度をとったら余計に惑わせてしまうのでは?勘違いされたくない…などいろんなことを考えてしまいますが男性ってすごく単純に喜んじゃう傾向があるんです。

「そんなに俺のこと好きなのかな?」「好きじゃなきゃ付き合ってないのに怒ったりしないよな」など、すごくうれしくなります。

ただ、誰でもOKというわけではなくて、男性自身もちょっといいな、可愛いなとすでに思っている方が喜びが強いです。

全く好みじゃない人からジェラシーを表現されても、男女ともに「めんどくさい…」と思うだけでしょう。

一方で今まで意識したことはなかった人でも、嫉妬されることで急速に意識することもあるので、男性にとって付き合っていないことは引け目に感じることはないと思っています。

好意はどんどん表現してくれないとわからないと感じているので、妬む気持ちもパジティブに受け取ってもらえる可能性はあります。

素直さを感じられて可愛い

嫉妬してもかわいいと思われる理由2ヤキモチを妬く女性は、自分の気持ちを抑えることができなくてつい意見を言ってしまう…という人が多いです。

通常大人なので、気持ちはひた隠しにしますし、ましてや付き合ってもいないのであれば嫉妬するなんていけない、と考えますが、女性の中には好きが大きくなりすぎて感情の制御ができなくなる人もいます。

そんな素直な感情をぶつけられることによって、男性は女性に対して「素直なんだなぁ」と実感してくれるのです。

素直さは時として暴走しやすく、相手の気持ちを配慮できないことにつながりますが、それも好きだからこその大暴走なので、男性は理解してくれます。

案外男性って自分を振り回すような女性でも受け入れがちなので、マイナスに捉えないことが特徴的です。

自分のに好意を持ってくれる女性のことはほとんどの場合、良い方向に考えるため、付き合っていてもいなくても嫉妬されたことは嬉しくなったりします。

もちろん、嫉妬の度合いにもよりますがちょっとしたヤキモチ程度なら全然OKって人の方が多いのです。

女性は比較的強がったり、ただ拗ねて感情を見せないという人が多いので、付き合う前から感情をオープンにしてくれる女性は男性からすると珍しくて逆に興味を持つ対象になりやすいといえます。

ついついかまいたくなっちゃう

嫉妬してもかわいいと思われる理由3可愛いヤキモチを妬いてくれる女性に対して、男性はついついかまってしまいたくなります。

一度妬かれると「この子、こういうことしたら妬くかな?」なんて思う人もいて、感情の真ん中に女性が出てくる場合もあるのです。

そのため、ジェラシーは男性があなたの存在を意識するきっかけでもあると思いましょう。

男性から束縛される女性と違って、女性から束縛されると男性はなんとなく「いじらしさ」を感じられて、すごく可愛い!って思うこともあります。

今まで意識していなかった女性から嫉妬されることによって、相手から好意を抱かれていたことに気づき、急速に女性として意識するようになる男性は非常に多くいます。

基本的に、恋愛って脳が勘違いを繰り返すことによって発生するものなので、意識してなかった女性から妬かれると「あれ?」と勘違いを引き起こし、どんどん女性を目で追いかけてしまうことにもなりかねません。

女性としても本当は嫉妬なんてしたくないのに、ついついヤキモチを妬いて、結果的に男性から意識されるようになればそれはそれでOKでしょう。

できれば嫉妬したくない…対処法

自分が彼女!という強い自信を持つ

できれば嫉妬したくない…対処法1自分への自信がないからこそ、誰かを妬んでしまうというのはわかりきった話です。

彼氏が自分を選んでくれていることはわかるけど、それでも「他の人にも魅力を感じてしまったらどうしよう」「自分よりも素敵な人が現れた怖い」と恐怖心を抱き、不安でいたたまれないから、彼氏のことを監視しています。

信じることができないのは、彼氏ではなくて自分自身だったりするのです。

彼氏は何も悪いことをしていないし、自分のことを愛してくれているって心のどこかでは理解しながらも、自分を疑っているから相手の一挙一動が憎らしく思えたりします。

好きなのに、疑ってしまう苦しさは嫉妬をする人にしかわかりませんし、どうすることで不安感が解消されるのか自分でもわからなかったりします。

そんな時は、自分が彼女なんだ!と強く自分を信じてあげましょう。

簡単にはできないかもしれませんが、例えば彼氏と一緒にいるときに愛を感じる何かがあったとして、その時に「大丈夫!彼氏は私を好きなんだ」と強く繰り返し思ってください。

彼氏に「私のこと好き?」って聞くのは厳禁です。

なぜなら、好きって言うに決まっていますし、言われたところであなたは安心できません。

可愛くヤキモチを妬いているレベル感が急にイライラに変化してしまう可能性gああるので、あくまで自分の心と向き合うようにしましょう。

どうしても自信が持てない時は、付き合い始めた頃の2人を思い出してみる、メイクや髪型を変化させて自分を変えて見るなど、できる限りのことをしてみてください。

それでもダメ!ってときは、素直に彼氏に「つい嫉妬しちゃうの」と伝えてみると、「可愛いなあ」って思ってもらえる可能性も非常に高いので、自分と彼氏を信じることからクリアしていくことが大事です。

「会っていない間も可愛いんだからね」と気を抜かない

できれば嫉妬したくない…対処法2ヤキモチ妬きの女性は、1人の時間を上手に使えない傾向があります。

友達と会っている時と彼氏と会っている時の容姿の落差が激しく、常に休みの日は自宅にいて彼氏の監視体制を強化しているかもしれません。

彼氏への嫉妬を鎮めるために、友達と積極的に遊ぼうとする女性もいますが、そこで注意したいのがあまりにも落差をつけないことです。

彼氏と会うときのあなたが100点だったとして、よくあるのが友達と会っているときは30点の自分という場合です。

友達なんだから気合いを入れなくていい…と思うでしょうが、その後彼氏とデートした時に「この前友達と会ったときの写真ないの?」と聞かれて30点の自分を見せてはいけません。

彼氏は自分と会っている時の彼女は非常に取り繕った容姿なのだ、と実感して魅力が半減します。

あなたもそんな自分を見せてしまえば「他の女性の方が魅力的に見えるよね…」と自信を失うのです。

そこでまたジェラシーを抱く気持ちがむくむくと成長して、結局良い関係を気づけないのです。

なので、友達と会っているときも100点の自分でいることでいつも自信を保つことができます。

不意に「あの日の写真見せて」と彼氏言われでも、堂々と見せられますし、友達といる時の100点のあなたを見て「あ、普段から可愛い」と思わせられたら、逆に他の異性に取られないように彼氏の方が束縛してくる可能性があります。

相手への干渉はほどほどにしよう

できれば嫉妬したくない…対処法3現代カップルの多くが悩んでいるのは、お互いのSNSを見る見ない問題です。

恋人の日常の投稿や自分とのデートを投稿しているかな?など、いろんな面で気になるので、相互フォローをしているカップルも非常に多くいます。

一方で、恋人のSNSに異性からコメントやいいねがたくさんついていると「なんで?」と気になってし真衣、全然別の意味で執着するようになるかもしれません。

SNSは今自分が思っていることを報告する場でもあるので、恋人が見ていると素直に投稿できずにストレスを感じる人もたくさんいます。

さらに彼女がヤキモチを妬くのであれば一層窮屈感が増していき、投稿しなくなることでしょう。

SNSが更新されないと「私がみてるから?」と悪い方向にとらえて、より嫌な気分が増える可能性も高いです。

そうならないためにも、線引きは必要になってきて、心配しちゃうなら彼氏のSNSは見ない、スケジュールもある程度しか把握しない等、お互いの生活に干渉しないことを心がけてください。

可愛いジェラシーと重たい執着は紙一重!自分の感情をコントロールしよう

こんな嫉妬なら許される? まとめ男性は案外女性から妬かれたとしても、全然気にならない!むしろ可愛い!と思う人も多いです。

なら、感情に任せちゃってもOK?と思うかもしれませんが、その点はきちんとバランスを取ることが必要になります。

いくら好きでも、付き合っていても、過度なジェラシーはお互いを破滅に導くので注意しましょう。

可愛く感じる嫉妬をよく理解して、男性心をくすぐるヤキモチを妬いて、関係を深めてください。

そのためには自分の感情をコントロールすることは必須です。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事