「年の差カップルとか気持ち悪い…」そう思われる理由と前向きになれる情報もプレゼント!
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を鑑定結果をもとにお伝えいたしますね。

「年の差カップルとか気持ち悪い」「なにか騙されているんじゃないの」と周りに言われて傷ついている方。

年齢が離れていても、好きになる気持ちに嘘や偽りはありませんし、なぜそんな事を言われなければいけないのかショックを受けるのも無理はありません。

周りの人の心境を知れば、傷つけたくて言っているばかりではないということが分かるはずです。

年の差カップルが気持ち悪いと言われる背景について、詳しく解説していきますので、二人の幸せな未来を築き上げるための参考にしてください。

メリットやデメリットを客観的に見るところからも、周囲からの考えが分かってきますので、一歩大人になって理解するところから、酷い事を言っている人に対しても、十分幸せである姿を見せていけれるようになります。

目次

年の差カップルはなぜ気持ち悪いと思われるのか

お金目当てなど何か企みがありそうだから

周りの共感を得られないのは、お金目当てなどの企みがあると疑われるからです。

年齢に大きな開きがあり男性が年上であれば、収入が大きかったり今までの貯蓄額がたくさんあったりします。

実力主義の社会に移行しつつある世の中ではありますが、固定給で働いている人は昇給を繰り返してきているため、支給額が若者よりも高くなっているものです。

実力により高給取りであれば、今までの積み立てもあり、かなりの年収をもらっています。

若い彼女は、高額になった男性の収入が目当てだと思われがちです。

男性の親世代は、高齢により遺産を相続している可能性も高く、カレ自身ももう老後と呼ばれる年代が近いため、財産が身近な人に入ることも視野に入ってきます。

恋人になり、配偶者にまでステップアップできれば、近い将来財産が入ってくることも見込まれるので、「企んでいるに違いない」と言われてしまうのです。

これからお金が必要な年代は過ぎてしまっているからこそ、収入は全て自分達で自由に使う事が出来ると想像され、お金目当ての噂が立ってしまいます。

親と年が近いから

年の差が離れていると、恋人の親との年齢の方が近い事に対して、気持ち悪いと思われてしまいます。

親との恋愛がご法度とされているのは、近親相姦となるからです。

人は一瞬で第一印象を持ち、判断します。

見た目年齢から、勝手に身近な人との関係性にリンクさせて、自分だったら誰に当たるのかを想像するものです。

周りの人から見た時に、グッと年上の男性は自分の親を連想するため、頭のイメージ上で入れ替えて、気持ち悪さを感じてしまいます。

どんな恋愛をしているのか、なぜ好きだと思えるのか、異性として意識できるか、など見ている人には想像できない相手との関係性が不思議で仕方がありません。

人は、自分が経験したことが無く、想像できない事に対して恐怖心を抱きます。

感情や会話など、未知のやりとりを想像できずに、親ほどの年齢の人との過ごし方を不憫に思ってしまうわけです。

ロリコンだと思ってしまうから

年の離れたカップルを見た時に、ロリコンだと思う人は理解を示してくれません。

ロリコンは、よく知られている性癖の一つですので、行動に起こさなければ好みをどうこう言われる筋合いはありませんが、年下側の人の年齢が未成年になると、近づくために動くと法律を犯すことになってしまいます。

合法の年齢カップルであっても、幼い顔つきやようやく成人になったばかりのケースは、ロリコンが悪い事だという印象の方が強くなってしまうわけです。

子供に対して性的欲情を持つ事に対して、人道的に間違っていると考える人には、気持ち悪いと思われますし、非常識だと非難されます。

ロリコンは、少女に対して性的な興味を抱く事ですので、現在成人している女性であっても、年齢差があるだけで勝手に性的嗜好を決めつけてしまうのです。

他者に対しての想像は、攻撃的に働きやすいので、ロリコンの印象を持ってしまっただけで「間違っている」「常識から外れている」と心無い言葉を投げかけられます。

自分にとって興味のない年上男性との性行為を想像するから

周りの人が野次を飛ばすのは、自分にとって興味のない年上男性との関係を客観的に見た時に、性行為を想像して非日常を感じてしまうからです。

年の差カップルは決して珍しいケースではありませんが、数値データとしては少数派に当てはまります。

人生を歩む中で、同じ時期に働いていたり、切磋琢磨して連帯感を強めたりなどの経験が恋愛に発展するパターンが多いため、年齢が近い人が多いためです。

年齢が近い人との関係は、恋愛経験値も似通っているので、違和感なくステップを踏んで行けます。

ところが、明らかに経験値が違う人を前にすると、自分の常識が通用しないことに対して動揺するのが一般的です。

初めての交際を経験する女性と水商売をしている男性、性別的にマイノリティなカップルなど、未知の世界の体験を始める時には、様々な状況を想像するもの。

年齢差カップルのケースも同じで、何が正解なのか分からないので、二人であるべき形を探りながらベストな状態を見つけていくはずです。

周囲の人にとっては、手探りの部分を見ることが出来ないので、「意見を合わせるのは難しくないのかな」と心配したり「セックスはどうやっているのかな」と余計な世話を焼いたりして、想像できない部分に対して拒絶反応を起こします。

子どもができたときのことを想像してしまうから

子供が出来た時の事を想像してしまうため、不快感を表します。

高齢出産や晩婚化が進む現代ですので、子供の両親の年齢が高いという家族も珍しくはなくなってきているところです。

年齢差夫婦であれば、片方の親だけがグッと年齢が高いので、周りの人が家族構成を見た時に「あの人は、誰だろう」と関係性が分からずに困惑することが予想されます。

親子で並んでいる姿から、アンバランスさに不憫と勝手に心配を抱くわけです。

親が参加する運動会や体力勝負の育児では、どのくらい協力し合えるのか想像し、子供に対して「かわいそう」と勝手に心配します。

また、年齢が大きくなってくると、成人式や結婚などまで想像を膨らませるところ。

子供が大きくなった時に、片親は既に老後に入っていることがイメージできるので、良くないと考えます。

年齢によっては犯罪を疑うから

ロリコンの所でも少し触れましたが、年齢差が離れている事で周りの人が心配する事の一つに、「もしかすると犯罪ではないか」というものがあります。

年下の方が、未成年の場合、いくら当人同士が本気で愛し合っていたとしても、法に触れることになってしまうわけです。

いつから交際をスタートしていたのか、お互いに立場や年齢を分かったうえで付き合っていたのか、など、倫理観に関する疑問が浮かびます。

お互いに大人で、公共の場でデートをしていれば、単なる年齢が離れているだけではありますが、場所が違えば様々な問題が発生する事も。

学校の先生と生徒、施設の職員と利用している子供、違法風俗店で働いている子供と利用客など、絶対にダメだとされる関係性の二人であれば、無理やりにでも離されるはずです。

「あの二人は、大丈夫なの?」「健全な関係なの?」と心配する気持ちと、疑われるような相手を選んでいる事への抵抗感が、気持ち悪いという言葉に集約されています。

年の差カップルならではのデメリットは?

相手の年を言うと引かれたり、騙されてると言われたりする

デメリットは、前項でも出てきたように周囲からの反応です。

自分の常識で測れない状況が目の前にくると、拒絶反応を起こすのが一般的。

「ひょっとして、騙されているんじゃないの」と心配という盾で失礼な事を言ってきます。

言っている本人は、「相手が悪いなら、早く教えてあげた方が親切」「予想が出来ていない純粋な子だからかわいそう」と思っているので、全く悪気はありません。

むしろ、正義心で言っているので、「教えてあげている」「親切」と思っているくらいです。

恋愛は当人たちの問題ですから、他人が介入する事時点で余計なお世話ですが、年齢差があるだけで関係性の浅い人からも忠告を受ける頻度が高くなります。

「止めておいた方がいいよ」「年が近い人がいるでしょ」と当たり前のように言われてしまうので、毎度うんざりしてしまうはずです。

相手の親との関係構築が難しい

年齢の近さを考えた時に、親との関係を構築するのが難しいと感じるところです。

例えば、25歳女性と45歳男性のカップルとして、年齢差は20歳。

23歳の時に出来た子供とすれば、親は47歳となります。

男性と親との年齢差は、たったの2歳です。

恋人とは親子ほどの違いがあり、相手の両親とは兄弟程度にしか離れていません。

真剣に付き合っていると訴えても、両親からすれば複雑な心境です。

将来の事を考えれば「娘に早くから介護の苦労をさせたくない」「もっと若い人と色んな所に旅行に行ったり子育てを四苦八苦しながら人生を楽しんでほしい」と願っているわけですから、落ち着いた恋愛だけでは物足りないことが想像に容易いところ。

「お父さん、お母さん」と呼んでいいものかどうかも悩みますし、話は親との方が世代的には合いますから、相手方も「娘と本気なの?」と確かめずにはいられないはずです。

距離感や関わり方など、構築していく最初が難しいと感じます。

男性本人が、親との年齢差を気にしている事も少なくありません。

「彼女の両親より年が上だな」「同世代だから親しくなりすぎてしまう」と、背徳感や遠慮があることが原因で、カレからの愛情表現が少ない事もあります。

こちらの記事では、そんな男性からの表現が少なすぎて「愛されてるのかな」と不安になっている方の為のために、解説を行っているので愛情を示してもらうための方法を参考にして実践してくださいね。

年上側は年下側の浮気が心配

若い人の方の浮気が心配というデメリットがあります。

どんなカップルであれ、相手を信頼するしかないのですが、年齢が離れていると愛されている自信のなさが、心配に影響を与えるところです。

「もっと若い人の方が、一緒にいて楽しいのではないか」「話が合わないから愛想をつかされてしまうかも知れない」と不安があるからこそ、いつか離れてしまう恐怖に襲われます。

年下側は、若い分まだまだ出会いも待っているはずです。

すっかり落ち着いてしまっている人と一緒にいると、新たな出会いを妨げることにもなってしまいます。

「未来を奪っているのではないか」と考え始めると、いつまで一緒に居てもいいのか分からなくなってしまうところです。

相手の周りには、若くて勢いがあって、体力もある人ばかり。

若いほどセクシーさも絶好調ですので、いい雰囲気になった時に断り切れるか、流されてしまわないか、信頼をしているようでも不安が付きまといます。

共にアクティブなスポーツなどができない

年齢が離れている分、体力にも差がありますからアクティブなスポーツを共にすることが出来ないのも悩みの一つ。

ジョギングなど、長期的な有酸素運動であれば、練習を積み重ねれば可能ではありますが、瞬発力はどうしても加齢とともに落ちてしまいます。

カップルで楽しむスポーツでよく取り上げられるのが、テニスや卓球、近年ではロッククライミングやトランポリンなどもデートスポットです。

体を動かすデートは、健康面でもとてもいいのですが、基礎体力によって動きが大きく異なります。

仕事ばかりで過ごしてきた人にとって、普段と違う動きをするのはかなりの重労働です。

恋人と一緒に楽しもうと思っても、すぐに酸素切れや筋肉が限界を迎えてギブアップしてしまいます。

若い側としては、物足りなさが残る為「もっと色々やりたい」「まだまだ始まったばかり」と不満になってしまうのです。

愛情に関係してくるわけではありませんが、ついていけない年上側としては、体の衰えを突きつけられて、情けなさを感じます。

介護が早めに訪れる

両親との関係のところでも触れましたが、介護が早く訪れると言うデメリットがあります。

恋人の当事者が老人になることによる介護もですが、親のケアに対してもです。

結婚するとなると、年上側の両親は既に健康状態に不安があるケースも少なくありません。

病院通いをしていたり、服薬をしながら持病をコントロールしている生活を送っていたり。

結婚と同時に介護生活がスタートする事も十分あり得ます。

ご両親が健康であっても、いつ何が起こるか分かりませんから、縁起でもないですが葬儀が続くようになることも。

若くして、老人との関わりが多く、その先の責任問題まで関わらざるを得ないのです。

一般的には、親世代が先に経験をしている時に、見て学ぶことが出来ますが、いきなり当事者として事を動かさなければいけなくなりますので、人の終わりについての勉強不足が露呈されます。

「若いから何も知らない」と嫌味を言われることもありますから、メンタルの強さも必要です。

些細な言葉でプライドを傷つけてしまうことがる

年上の彼女を捨てる男性の心理や本心1

年齢差があると、お互いに少しジャンルの違うプライドを持っていますから、些細な何気ない言葉で相手を傷つけてしまう事があります。

先ほどの終焉の時にもあったように、同世代であれば現実味がなく冗談や想像で会話が成り立っても、悪気なく言った言葉が当事者としては捉え方や責任感が大きく違う事で、カチンと癪に障る事もあるわけです。

友達に対する価値観、関わり方、親との関係性など、微妙に違う所が露呈されてきて、些細なところからケンカになります。

本人は、傷つけるつもりは全くないのですが、相手のプライドを刺激してしまって、険悪なムードになってしまうこともあるところです。

友達との関係性も、世代によって捉え方がちぎますから、「どうしてそんな関わり方をするのか」と疑問を持ちますし、言われる側も「普通だから、何に怒っているのか分からない」とぶつかる事もあります。

些細な事からぶつかると、何に意見されたのか、今後どこを改善していったらいいのか、よく分からないからこそ不満が残ってしまうのです。

女性が年上の場合には、カレと上手く心のやり取りが出来ずに振られてしまう事も。

年下彼氏に振られた時には、こちらの記事で相手の男性心理や戻ってくる可能性などを見てみてくださいね。

「年下彼氏のことは分からない」と諦めるのではなく、他の恋愛と同じように心を繋げるために出来ることがあるはずです。

年の差カップルならではのメリットは?

生活にゆとりがある

金銭面での心配事が少ないのが、メリットとしてあります。

社会に出てすぐの時には、働いた時の賃金もさして高いものではありません。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

研修期間などもあり、求められている業務に対してのスキルもまだ勉強中という判断ですので、徐々にお給料が上がっていく所段階だからです。

社会に出て働き賃金を頂く中で、人間としてのモチベーションややりがい等も変わってきます。

社会のシステムを知るところから、自分の生活や遊ぶお金を得るために変わり、実力を試していく中で徐々にスキルを磨いていき、会社の為や人の為に役立つことをしたいという気持ちに変化していくものです。

年齢が上の人は、人生の先輩なわけですから、仕事やお金を稼ぐことに関しての考え方も先に進んでいます。

社会貢献や周りの人の幸せのために稼いでいる段階に進んでいるため、徳積みに比例して収入も大きくなり、生活も安定しているわけです。

心にゆとりがある

生きている時間が長いほど、人生経験をたくさん積んでいます。

今までに出会ったことが無い出来事がやってきたときには、大抵の人は目の前の事に翻弄され、何が正解なのか試行錯誤を繰り返すので、あたふたと心が不安定になりがち。

経験をたくさん積んでいる人ほど、「何が起こっても不思議ではない」という心境が確固たるものとなっているため、少々の事では動じません。

自分に不利な事はもちろん、予想外の出来事や誰もがピンチだと思ってしまうような場面でも、「そんなこともある」と受け止めることが出来ます。

関心がないのではなく、どうにか乗り越える方法があると知っているので、冷静に前に進むためのプランを組み立てられるのです。

慌てている人を落ち着かせる側に回ったり、自ら冷静さを見せる事で安心感を持ってもらったりするので、周りの人のオアシスとなっている事も少なくないはず。

経験値の中から突破口を見つけるまでの時間も早く、前向きな考えを見せてくれます。

ジェネレーションギャップは捉え方次第では楽しい

ジェネレーションギャップに悩む人も多いですが、楽しむことが出来れば最高の毎日を送れます。

人生は、様々な年代で経験することや学ぶことが違うものです。

年齢層も、境遇も様々な人と出会い、同じタイミングで学ぶべきことに向かう同志と経験する全てが、他の人にとっては物珍しかったり貴重な意見を生み出していたりします。

ジェネレーションギャップは、年代による体験記憶の違いです。

学生の頃の流行や世代で楽しんでいた遊びなど、時代が変われば変化しています。

50歳以上の人であれば、バブル期を経験していますので、派手な遊びを知っていますし、高度成長期に青春時代を送っていたので、様々な生活様式の変化を体感しながら生きて来た経験があるものです。

20代30代の人は、就職難やバブル崩壊による委縮の時代に突入していますので、より個で時間を楽しむことを経験しています。

それぞれの年代で感じてきたことや面白かった体験などが違い、「理解し合えない」と思うのではなく「そんな時もあったんだね」「昔はどんな感じだったの」と楽しめるはずです。

パートナーの人生経験が豊富なため、相談したり頼ったりできる

年下彼女から見たカレは、人生経験が豊富なので、悩み事がある時に相談したり、一人で乗り越えられないことが出てきたときに頼ったり出来るメリットがあります。

人生経験が少ないうちは、問題に対峙した時に乗り越え方が分からなかったり、行き当たりばったりで勢いのまま当たって砕けてしまったりすることも。

同世代に相談をしても、未熟な人間ばかりですので、出てくるアドバイスも似たり寄ったりになり、なかなか前に進むことが出来ないケースも少なくありません。

カレがグッと年上であれば、既に大概の事は経験したことがあるので、取るに足らない問題です。

自力で乗り越えるべき事に対しては、どこまで進むべきか教えてくれますし、誰に投げかけたらヒントをもらえるのかを指し示してくれて、解決しやすい状態に導いてくれます。

相談すれば間違いない、と思える人が近くにいるだけで、安心感と信頼感が大きく、思い切ってチャレンジすることが出来るのです。

経験が豊富だからこそ頼れるのも、付き合い方の一つとしてありますが、相手が何を求めているのかを知る事も必要です。

10歳年上の男性心理をこちらでは解説していますので、女性として求められていることを知り、相思相愛でいられるよう努力できるところは行動に起こしましょう。

同年代にはない価値観に触れられる

話題にされやすい女性のタイプ3

同世代では聞くことが出来ない価値観に触れられるのは、年の差カップルの良い所です。

価値観は、経験値も影響しますが、目の前の出来事に対してどれほど向き合っているかによって大きく変わります。

他人軸で生きている人にとっては、何が起きても自分の想いは反映されない世の中ですので、いつも不満があったり、望みはかなわないものだという前提が作られていくはずです。

自分軸で真剣にいつも内側の感情に向き合って生きている人であれば、何が起きても意識次第であり、不満は心が生み出す本当の望みを知るための手段であると分かるアンテナと捉えています。

人生経験を重ねているほど、自分軸で生きるための試練をたくさん乗り越えていますので、若者には思いもよらない考え方を持っている事も少なくありません。

「考えた事もなかった」「知らない世界を教えてもらえた」と刺激を受ける事で、自分の人生にも反映させられます。

ケンカがほとんどなく穏やかに過ごせる

年が離れていれば、ケンカがほとんどなく、穏やかに過ごせるというメリットがあります。

先ほどの価値観もところもですし、人生経験豊富のところでも触れたように、様々な人との出会いの中で、意見が食い違う人とのやりとりも、主張を貫き通したい時の踏ん張りどころも体験し、乗り越えてきているわけです。

他人とピッタリ意見が一致する事は、ほぼありませんし、周りの人と考えの方向性を合せることや妥協し調和していく事を冷静に判断できるようになっているので、穏便に物事を進められます。

怒りを感じても、自分の感情が揺さぶられるだけで、他人の生き方を変える事は出来ませんし、同じ考えになることも強制できません。

自分が人に合わせる事やポイントを押さえて自分の生き方を推進することなど、経験しているからこそ適度に軽い気持ちで立ち向かう事が出来ます。

好きな人とは、共に時間を過ごせるだけで幸せという心境にたどり着いているので、恋人に対して怒ったりイライラしたりすることが、極端に少ないのです。

収入が安定していて家計を組み立てやすい

収入が安定している事で、結婚後のイメージがしやすいというメリットがあります。

年齢による収入の安定は、前項でもお伝えしましたが、結婚を前提にお付き合いを進めていく中で、生活の基盤がしっかりしているかどうかは、とても重要なポイントとなるはずです。

お互いに一人暮らしを経験していれば、生きていくために必要なお金の流れもある程度分かっていますし、何に重きを置きたいかという家族としての優先順位も見つけやすい視点を持っているので、やみくもにお金を使ってしまうと言う事もありません。

水道光熱費、食費、居住費、保険など、必要な出費を計算できますし、安定収入があることで心のゆとりや固定のやりくりがしやすいのも事実です。

結婚生活が安心して過ごせるかどうかは、未来の想像する時に抑えておきたい所と言えます。

年齢による不便さよりも、見立てが出来る生活は、とても魅力的に感じられるものです。

年の差婚した人が受けた悲しいエピソード

買い物やお出かけをしているだけなのにジロジロ見られる

年の差で結婚すると、家族でのお出かけで、好奇の視線に晒されることがあるようです。

20歳差のご夫婦は、二人目のお子さんを身ごもっておられ、家族三人でいつものように買い物にでかけられていました。

一般家庭でよく見る、ただの買い物のシーンですが、通りすがりの人から「気持ち悪い」とボソリと言われたそう。

家族とお出かけをするのは、当たり前の光景ですし、買い物は日常的な行為です。

他人にとやかく言われる筋合いはありませんし、好奇心でポロっと口が滑っただけなのかも知れませんが、言われた本人がどれだけ傷つくか想像できなかったのか不思議で仕方がありません。

知らない人だからこそ、無関心のままに心を傷つけたのだとすれば、もう少し優しい気持ちを持ってもらいたいものです。

こちらのエピソードの方は、一人目のお子様が三歳で、まだこれから二人目が生まれようとしているタイミング。

夫婦に年の差があるだけで心無い事を言われてしまい、こちらの方が家族と出掛けることにトラウマを持ってしまわない事を願うばかりです。

家族でいると「お父さん」ではなく「おじいちゃん」と思われる

子供さんがいることで、周りからの呼び方にモヤモヤを抱えておられるご夫婦もいらっしゃいます。

こちらのご夫婦も二十歳差で、お子様がお一人という環境。

生活環境が田舎ということで、結婚当初から「お金目当ての結婚」や「夫の稼ぎで妻は楽をしている」と噂されていたそうです。

小さなコミュニティであるほど、他人の言葉はすぐに耳に入ります。

それでも、覚悟していたからと心を強く持って耐えておられたのですから、頭が下がる思いです。

7カ月の赤ちゃんを連れて、実家に帰省した時の事。

親戚の子供たちが、赤ちゃんに触れ合うために近づいてきて、「どうみてもお父さんは、おじいちゃんだよね」と笑い飛ばしたそうです。

親戚中の大人は一瞬で凍り付き、無言になる人や叱る人など様々ですが、等の子供さんの親は大爆笑。

自分のことならガマンすればいいと覚悟していたそうですが、自分の子供がずっとこんな想いをするのかと考えたら、いたたまれない気持ちになったと言います。

結婚を認めてもらえない

結婚を考えている人が、自分の親の方が年齢が近くて認めてもらえないというケースもあります。

24歳差の年上彼氏と結婚を考えている女性。

彼氏の年齢は46歳で、自分の親は52歳で、年齢以外は何も問題はないと言われているそうです。

好きな人と結婚したいのは、誰もが同じ願いと言えます。

成人していれば親の承諾もなく結婚は可能ですが、出来れば祝福されたいとも思うものです。

認めてもらうには、どうすればいいのか途方に暮れている人は少なくないはず。

「どうしても好きな人と、親にも認めてもらって結婚したい」という願いを叶えるためには、何が必要なのか悩めるところです。

仕事も人柄も申し分ないと言われているからこそ、どうしようもない年齢の部分を言われると悔しくて仕方がないと感じるのも無理はありません。

また、親が将来の心配をしている気持ちもわかるからこそ、問題から逃げて「結婚さえできればいい」と投げやりにしたくないという娘の立場としての想いの板挟みに苦しんでいます。

こちらの意見には、同じ状況の男性側の考えもアドバイスとして挙がっていました。

女性側の未来を考えた時に、大切な人だからこそ身を引いたとのこと。

何が正解かはご本人が決めるべきですが、様々な意見がある事も事実です。

年の差婚肯定派の意見も紹介!

地味で目を引かないカップルより周りから注目を浴びるほうがかっこいい

注目を浴びる方がカッコいいという肯定派意見をご紹介します。

12歳差のカップルで、当事者だからこそ理解ある意見です。

年齢に差がある事に、本人が引け目を感じてコソコソすると、そちらの方が援助交際やよからぬ関係など疑われてしまいますから、普通にしておくべきと言われています。

本人同士が周りから言われてしまったり、見られたりするのは覚悟することが必要ですが、さらに言えばポジティブな見られ方をしていると捉えた方がカッコいいというものです。

年齢が近くても、服装や特徴が目を引くものであれば、自然と人は視線を向けますから、地味で目を引かないカップルよりよっぽどいいと言えます。

彼氏の方が、明るく受け止めている方だからこそ、軽く受け流すことが出来るのかもしれませんが、年の差夫婦やカップルの宿命として、笑えるくらいのメンタルになったほうが、クヨクヨ悩まなくて済むはずです。

歳をとっていても、それを上回る魅力があるから結婚したはず

年を取っていても、自分が選んだ人を信じるべきだという意見があります。

世の中は、若いパパの方がうらやましがられる傾向にありますが、当事者が幸せならそれだけで十分いいはずです。

周囲の評価をもらうために結婚するわけではありませんし、何かを言われたからといって夫婦関係が崩れるわけでもありません。

モヤモヤしても仕方がありませんので、堂々としておくべきです。

年齢でネックを感じていたとしても、上回るくらいの魅力があったからこそ結婚を決めたわけですから、あなたの決断を信じることが大切になります。

堂々としている人を見下す人はいませんので、毅然とした態度でいることが、結果的に自分達の姿を自信に溢れたものにしていくわけです。

育児に疲れていたり、周りの意見に流されたりすることから、心がぐらつくことがありますので、心身ともに健康であることを大事にしましょう。

年の差以上に素晴らしい人なら、誰も文句は言いません

結婚を考えた時や友達に紹介する時など、周りにどういわれるか気にする人も少なくありません。

あなたが好きになった人が、素晴らしい人であれば、どれだけ年齢が離れていても誰も文句を言う事はないのです。

人との関わりの中では、視点が重要な役割を持ちます。

年の差の部分にフォーカスし、ネガティブに捉えているうちは、何を言われるのか不安だったり、話題にもなっていないのにわざわざ自分から「年がね…」と言い出したりしてしまうものです。

あなたが好きになった部分はどこなのかを明確にし、「言わなくてもこの人の魅力は伝わる」と信じ切る事が、不安な気持ちを解消してくれます。

年齢は、生まれたタイミングが違うだけの事。

運命の人というケースも珍しくありませんから、魅力を信じ、人柄に視点を置くことが大事です。

周りを巻き込んで「ステキなカップルだね」と言われるような二人になりましょう。

もちろん、ステキな彼に見合うような魅力をつけるよう、自分磨きも必要です。

年齢や人の目は関係ない!年齢に関係なくうまくいくカップルになればいい!

エピソードの部分でもあったように、悲しい思いをすることもありますが、年齢に関係なく幸せいっぱいのカップルになればいいのです。

年の差カップルが気持ち悪いと言われても、その人の価値観に合せる必要はありませんし、心配してくれていて、表現を間違えているだけの場合もありますので、年上彼氏に負けないほど大きな器で受け流しましょう。

人が幸せになるのを邪魔する権利は誰にもありません。

大好きなカレの魅力を思う存分感じ切ってから、納得のいく未来を創造しましょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2022】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事