彼氏と喧嘩したらLINEを無視されてる…既読無視の理由と仲直りするための方法を紹介
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「彼氏と喧嘩したらLINEを無視されてる」とショックを受けているあなた。

相手がまだ怒っているのか、どうやって仲直りするのか気になって仕方がないなら、不安を解消する方法を学んでいき、二人の関係を取り戻しましょう。

こちらでは、「彼氏と喧嘩したらLINEを無視されてる」と悩んでいるあなたの不安を取り除くための、既読無視の理由や仲直りするための方法を紹介しています。

あの人が求めている反応やケンカを起こりにくくする方法まで解説していますので、二人で仲良く関係を長続きさせるために、参考にしてくださいね。

目次

彼氏が喧嘩後にLINEを無視する理由

言い過ぎや言われすぎの怒りが収まっていない

無視されているのは、カレ本人がケンカの最中に言い過ぎてしまった事や、彼女から言われすぎて腹が立っている状態の、怒りが収まっていないからです。

腹の底から煮えくり返るように怒りが支配している時には、誰の話も耳にしたくないもの。

ケンカ相手の張本人なわけですから、どんな言葉が届いても、イライラしてしまうのは想像できます。

「見たくない」「見たけど、返信したくない」と思うのは、怒りで激しい言葉を使ってしまいそうだったり、怒りすぎて文章を打つ気力がなくなっていたりするのです。

聴覚から入った言語は、印象が強かったり感情が伴ったりすると、記憶に定着しやすくなります。

ケンカしている時の言葉は、罵られたりねじ伏せようとしたりと、かなりインパクトが残るやりとりとなるものです。

何度も思い出すことで、余計に記憶に定着しますので、なかなか怒りが収まらず、気持ちを抑えるのに必死になります。

メッセージが届いた時の通知音ですら、やりとりを思い出すきっかけとなって、イライラがこみ上げるところです。

自分を見失っていたことを後悔…頭を冷やしたい

返事が来ないのは、自分を見失ってケンカしていたことを反省し、頭を冷やすために一人で考える時間を確保しようとしているからです。

普段は冷静な人が、何かをきっかけに我を失うと言う事もあります。

人によって、地雷と呼ばれるNGワードはそれぞれ違って、感情的にならない人でも、古傷に触れられたり、こだわっている部分を否定されたりすると、どうしても相手の事を許せなくなってしまうのです。

温厚な男性であれば、交際相手とケンカをするのは極力避けているはずですし、気になる事があっても、彼女の気持ちを尊重する形で折り合いをつけていくことが出来ます。

そんなカレが、どうしても譲れない部分を感情的に吐き出してしまってケンカになったのなら、自分自身を冷静にさせる時間が必要です。

頭を冷やすには、少し離れておくのがベスト。

顔を合わせないだけでなく、メッセージも離れておくことで、自分の気持ちを分析し、同じことが起こらないように再発防止策まで考えることが出来ます。

気まずさが勝っていてどうやって返していいかわからない

大好きな彼女とケンカをしたことに気まずさを強く感じている時には、彼女から届いたメッセージにどう反応していいのか困惑して、行動に落とせなくなってしまいます。

今までずっと言えなかった小さな我慢をついに言ってしまった後には、「どうしよう、言わないつもりだったのについ言葉に出しちゃった」と後悔していたり、売り言葉に買い言葉で最終的にひどいワードを彼女に投げつけてしまった時には、「あの一言は絶対にダメだった」と反省している時に、まだ激怒しているメールにどう返せばいいか分からなくなったり。

彼女の怒り具合を見ていると、素直に謝れば済むとは思えないから、どう対応していくのがベストなのか見つけられないままでいます。

大好きな彼女に言ってはいけない言葉をぶつけたり、しないでおこうと心で誓っていたことをしてしまったりすると、彼の中でルールを犯したことに対する反省が、気まずさとなって表れているのです。

返信するための言葉を見つけるのが難しく、届くメッセージを眺めてはため息ばかりをついています。

本当はすぐにでも返信したいけどもっと気にかけてほしい

本当はすぐにでも返信したい気持ちはあるのですが、ケンカをしたことで彼女がちゃんと向き合ってくれているのが分かるので、もっと気に掛けて欲しいという意味を込めて、そのまま放置をしているケースもあります。

交際を続けていると、お互いへの関心が薄まり、付き合っているのか友達の延長なのか分からない状態になるもの。

好きな気持ちはあるけど、急に情熱的になるのもおかしいし、かといって何をすればいいのかもわからなくて、男性の中では悶々としていたはずです。

これからの関係を考えた時に、核心を突く言葉を出したり、彼女に対して疑問を抱いていることを投げかけたりした事でケンカに発展したのなら、現在のお互いの事を知るチャンスとなっています。

好きな人と言い争いをするつもりもないし、怒ってもいないのですが、彼女から自分に向けての気持ちが発せられたり、今後への想いを聞けたりするので、「もう少しあの子からのメッセージを見ていたい」という気持ちになっているのです。

大好きなのに怒ってしまったことが恥ずかしい

大好きな彼女に対して、感情的に怒ってしまったことに対して、恥ずかしさを感じている時には、返信しづらくなってしまいます。

基本的に、大好きな相手に対して怒りを感じる事はないはずです。

どちらかというと、何でも許してしまったり、善悪の区別さえもつかなくなったりするのが問題になる事の方が多いもの。

ただ、好きだからこそ怒りを感じる事もあります。

「自分と同じくらい愛情表現をして欲しい」「あの子は○○系の服の方が似合うから着てみて欲しいのにしてくれない」など、期待値が高くなりすぎて相手に求めてしまうからです。

彼女に怒るつもりも喧嘩をするつもりも全くないのに、なぜそうなってしまったのか、恥ずかしくて現実逃避したい気持ちでいっぱいになっています。

女性を大切にする男性ほど、彼女を泣かせてしまった事や委縮させてしまったことを恥じて、「こんな自分が情けない」と責め続けるものです。

メッセージが届いても「合わす顔がない」と考えているので、なかなか返信出来ずにいます。

ちゃんと白黒つけたい!相手が悪いことを明確にしたい

ちゃんとケンカの白黒をつけたいと思っているケースでは、返信しない事を心に決めています。

どちらが悪いか、うやむやになっている状態のままの時は、相手が謝ってくるまで返信しません。

「絶対に自分は悪くない」「発端は、あちらにある」と思っている時に、返信をしてしまうと、どちらに原因があるのか白黒つける前にいつも通りに戻ってしまう事が予想できます。

追求するほどケンカの核心を突くことになるので、馴れ合いで終わらせるわけにはいかないのです。

彼女の方から「私が悪かった」「あれがいけなかったよね」と謝ってきたときにはじめて、今の状態が全て浄化されていきます。

中途半端な終わりをしないためにも、謝るという行為は非常に大事です。

男ばかりが折れているのでは、健全な二人の関係を築けるとは言えませんので、彼女にも自己を見つめて欲しいと願っています。

謝ってくるまでは返信しないと決めているので、彼女側がなぜカレが怒っているのか理解できなかったり、自分の悪い部分を認められなかったりして、コンタクト取れない事を諦めてしまったら、そのまま破局という道も十分あり得るケースです。

ケンカをきっかけに別れたい

既に別れを意識しているのなら、何も反応してこないこともあります。

彼にとっては、今回のケンカがいい別れの原因となって、好都合と考えているはずです。

男性から交際相手を振るのは、かなり勇気が必要だと感じている人も少なくありません。

特に、一途に愛するタイプの男性なら、自分をきっかけに彼女を傷つけるのは申し訳なさ過ぎて、なかなか切り出せないまま付き合い続けるケースも。

心は離れているのを感じているのに、付き合っているのは精神的に疲労がたまってきます。

楽しくないのに義務的に会って、時間を潰して、抱き合っている時間が、回数を重ねる程虚しく感じてくるところです。

かといって、何が嫌という明確な理由がなければ伝える事も難しく、ズルズルと続いていきます。

きっかけがあって、ケンカにまで発展したのなら、破局のチャンスです。

このまま別れてしまうのが一番自然だと考えているので、わざと返信しないようにしています。

LINEを無視する彼氏が求めている反応

反省していることを伝えてほしい

カレが求めている反応は、反省している事をしっかりと伝えてきてほしいというもの。

男性は、結論を求める生き物であり、女性は感情を言語化するのが得意です。

そのため、言葉のやり取りだけは、男性が何も言えなくなるのが先になります。

何も返事をしないことで、彼女が自ら反省して、気持ちを整理してちゃんと言葉にして伝えてきてくれるのを待っているのです。

男性が黙り込んだ時の圧は、女性にとっては恐怖にも感じられます。

別れたくないなら、どうにか反省点を見つけて伝えてくるはずです。

二人の関係を長続きさせるためにも、反省し合える環境を作っておくのは大事な事だと言えます。

これからどんな二人になっていきたいのか、お互いの考えを受け入れ理解し合い、尊重するためにも、彼女が反省すべき点はしっかりと向き合ってもらいたいと願っているのです。

男性は自分から折れるのが苦手な人も多いため、彼女から折り合いのつく提案をして欲しいとも望んでいます。

誠意が伝わるように謝ってきてほしい

誠意が伝わるように謝って欲しいと考えています。

交際をしている中で、単に「ごめん」と言うのは簡単ですが、何に対してどう感じて、これからどうなりたいから、どの部分を訂正するのか、という細かい情報はとても大事です。

話し合いが不足していると感じるカップルであればなおさら、ケンカをしたことでお互いの想いをとことん話し合うチャンスがやってきたことになります。

彼女から「ごめん」「許して」とメッセージが来たとしても、本人がどの程度本気で謝っているのか、受け取る側はすぐにわかるものです。

誠意を見せて欲しいので、ちゃんとケンカになった理由が分かっているのか、心を通わせあうにはどうするべきか、とことん考えて欲しいと思っています。

二人の交際が発展していくためには、真心で向き合う事が必要です。

表面上の謝罪ではなく、誠意を見せて欲しいから、敢えてすぐには返事をしないというスタンスを取っています。

このタイミングで真剣に向き合うからこそ、建設的な関係を築き上げることが出来るはずです。

放っておいてほしい

何も反応をしないのは、そっとしておいて欲しいからです。

男性は、言葉による情報のやり取りが苦手だと感じている人が多く、特に女性との掛け合いは、言語に頼らなければいけない部分が多いので、非常に苦痛に感じてしまいます。

自分が思っている事があっても、彼女が一気に言葉で攻めてくると、彼の思考は停止してしまうのです。

「何も聞きたくない」「ボーっとさせて欲しい」「自分のタイミングで考え始めたい」と思っているので、メッセージでさえも拒絶します。

心の受け入れ態勢が出来るまでは、何を読んでも頭に入ってこないので、通知音がうるさいばかり。

「今は話をすることが無い」と思っている状態の時には、何を言っても反応がなく、女性側も辛く感じてしまうはずです。

「少し、放っておいて」と教えてくれれば待つことも出来ますが、何も反応がない間、何を考えているのか想像も出来ないので、そのまま上手くいかなくなるケースも多いと言えます。

言語情報が過多になっていると、男性は思考を停止したくなることを覚えておきましょう。

どれだけ愛情があるのか表してほしい

ラインを無視している時のカレは、どれだけ自分に対して愛情があるのかをこの際しっかり示してほしいと願っています。

ケンカをした後は、どれだけ好きなのか、自分の気持ちを正直に打ち明けやすい時間に突入するはずです。

「絶対に別れたくない」「大好きだからまた一緒に笑い合いたい」「嫌わないで欲しい」など、精一杯願いを伝えます。

カレは、彼女の気持ちの部分をしっかりと聞いておきたいと思っているところです。

どうして仲直りしたいのか、一緒に居たいと思うのは、すなわち「私はあなたが大好きです」と示しているわけですから、しっかりと大好きだと示してほしい、とたくさんの望みがあります。

ただ仲直りするだけでなく、どんな関係を目指して付き合い続けるつもりがあるのか知りたいというわけです。

想いを伝えあう機会が普段取れていないカップル程、時々ケンカとして与えられる事があります。

一緒にいるだけでは、常に愛情表現をする事が減ってしまうので、ケンカをした時ほどしっかりと想いを言葉にする事を意識しましょう。

喧嘩した彼氏にLINEを無視されたときの対処方法

冷静になれるまで少し時間を置く

付き合いが浅い人と復縁するポイント1

無視されたら、カレが冷静になれるまで少し時間を置くのがベストです。

男性は、怒りの感情が沸き上がっている時に、相手を傷つけないように距離を取ろうとします。

無視するのは、あなたを傷つけないように想ってくれているからです。

優しさからの行動だと思えば、相手のペースに合わせるのも苦ではないはず。

あなた自身も、無視されたことで「どうしたらいいの?」「まだ怒っているのかな」「許してくれなかったらどうしよう」と混乱しているはずですから、自分の気持ちの整理の時間として活用しましょう。

「私も、少し気分転換をしておこう」「彼の事ばかりではなくて、自分に目を向けて反省点をちゃんと見つけておこう」「相手に求めてばかりだったけど、気持ちよく帰って来られるようにしておこう」と、今できることに目を向けておくのがお勧めです。

返事がない人を追いかけて、執着するよりも、戻れた後の事を考えておくと、無視されたことに捉われずに気持ちが楽になります。

余裕がある彼女の元には戻りたくなるものですから、自信を持っていましょう。

そもそも喧嘩になった原因について考える

復縁が遠のく?NG行動1

無視されていたとしても、話し合いとは別で、そもそもケンカになった原因についてしっかりと目を向けておくことです。

何が彼を怒らせたのか、どんなシチュエーションだったか、考えや想いの違い、価値観など、すれ違いが起きた部分を徹底的に分析します。

これは、恋人の事を徹底的に知るチャンスです。

付き合っていると、どうしても楽しい事ばかりを優先させてしまって、気が付くと「あれ、カレのことあんまり知らない」という状態になるケースが多々あります。

社会性や表面上の性格、データなどは知ることが出来ても、本音の部分はしっかり話し合わなければ見えてこない部分です。

交際をしていくことで、どんな関係を望んでいるのか、何が居心地いいと感じるのか、そもそも彼女である自分のどこが気に入ってくれて付き合っているのか、など本質部分をしっかり分析していきます。

ケンカの原因が分かれば、カレが大切にしたい思いが見えてくるはずです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

仲良しに戻れた際には、大事にしたい思いの部分をしっかり話し合い、尊重するようにしましょう。

どちらが悪くてもこちらから謝罪の文章を送る

復縁成功はモチベーション維持が要! まとめ

どちらが悪かったとしても、謝罪の文章を送ることは、仲直りの近道です。

男性は、自分から折れることがなかなかできません。

喧嘩両成敗とよく言われますが、相手の意見を100%受け入れることが出来る人は、争いになることが無いからです。

全く意見が異なっていたとしても、「そうなんだね、分かった。」と、一旦、相手の気持ちを丸々受け取ってから、「私はこう思うよ」と自分の意見を言って、折り合いのつく部分を見つけていくことが理想。

相手の言葉や気持ちを少しでも否定してしまうと、怒りの感情を引き起こすことになりますし、争いとなって悲しみが生まれます。

原因がどちらにあるというのは、謝罪の時には触れなくても大丈夫です。

「あなたの想いを全部受け止められなくて、ごめんなさい」と言えば、全てのケンカに通用する謝罪となります。

好きな人の想いを汲むというのは、付き合っていれば一番していきたい所。

あなたから想いを汲むという部分を示された時、カレもまた「自分も出来ていなかったな」と歩み寄る事に繋がります。

ラインを一旦忘れて電話で謝る

メッセージが無視される時には、ラインを一旦忘れて、電話を通して声で繋がる事に意識を向けましょう。

文章だけのやり取りは、気軽に文字を打てるし、時間を気にしなくていいし、相手の顔色を見なくて済むので、精神的プレッシャーが比較的軽い状態で送れます。

ラインやDMの普及で、電話が苦手になった人も多いですが、人と人との関係は、リアルに勝るものはありません。

文字だけではどうしても表現方法が難しかったり、言葉足らずが何も補ってくれなくて誤解を生んだりしてしまいます。

電話で話をすると、声のトーンやしゃべり方から相手の顔を思い浮かべることが出来るはずです。

言葉にならない空気感も、不思議と電波越しに伝わってきます。

文字だけでは表す事の出来ない細かなニュアンスが、魔の取り方や言葉のチョイスで伝わりますので、謝罪の気持ちがしっかり表現できるのです。

目の前にこそいませんが、声を聴いていると場所が離れている事を忘れる程、近くに感じられます。

無視された事も気にしなければ普通のやりとり。考えすぎない

他の女性と付き合う男性心理1

無視されたとしても、あなたが気にしなければ何も起こっていないのと同じです。

捉え方の問題一つで、大きなトラブルにもなるし、日常の一コマにもなります。

現在、ケンカをしたという前提があるから、返事が来ないだけで「無視された」「まだ怒っているに違いない」と感じて、ソワソワしたり、解決方法を探してパニック状態になったりしていますが、普段からすぐに返事をくれる人なのかを一度思い出してみましょう。

いつもは即レスの人であれば、心配するのも無理はありませんが、社会人であれば返信出来ないタイミングがあってもおかしくないものです。

「今、丁度タイミングが悪かったのかな」「疲れているだけかもしれない」と考えるだけで、無視ではなく、ただのタイムラグになります。

気にしないだけで、普通のやり取りを継続できるので、考えすぎない事も大事です。

原因があったからこそ、因果関係を結び付けたくなりますが、何も気にしていない可能性もあるのですから、こちらが心配しすぎると余計にギクシャクしてしまいます。

無視されたからと言って、そのまま相手の言い分を鵜呑みにして失ってしまえば、関係を戻すことは難しくなります。

こちらでは、喧嘩別れでそのまま他人になった時に後悔しないかどうか、自分にしっかり問いかけることが出来る項目がいくつも紹介されているので、仲直りの方法を学ぶことが可能です。

終わりにしたくないのなら、喧嘩別れにしやすいカップルの特徴や後悔する心理などをしっかり理解してから、対処することが大事。

復縁する方法も紹介されていますので、参考にしてくださいね。

喧嘩した彼氏にLINEを無視されているときにとってはいけない行動

ケンカが終わっているのにさらに怒る

ケンカが終わってしまっているのに、さらに追い打ちをかけるように怒りのメッセージを送るのは、破綻に導く行為です。

あなた自身が、「もうカレとはやっていけない」と思うのであれば、これを機に言いたいことを全部言ってしまえばいいですが、仲直りをしたいと思っているのなら、怒りの感情を早々に落ち着かせることが優先となります。

自分自身が怒っているのに、メッセージを送ってはいけません。

無視されている状態ですから、相手から歩み寄ってくれる可能性は低いので、自分から歩み寄ろうとするべきタイミングです。

追い打ちをかけるように怒りをぶつけると、カレは今以上に逃げ出したくなって、別れを切り出すしかなくなります。

仲直りを望んでいるのなら、まずは自分が冷静になる事。

そして、相手の言い分を理解しようとする受け入れ態勢を整えることが大事です。

言葉は時に、凶器となりますので、慎重に選んで使いましょう。

返信がない事を理由にメッセージを連投する

あけおめラインやメールを元彼に送る まとめ

相手からの返信がない事を理由にして、何度もメッセージを送りつけるのは、迷惑行為です。

不安になっている状態で無視されてしまえば、どうしても早く答えが知りたくて質問責めになったり、返信を急がせようとしたりしてしまいます。

先ほどにもありましたように、例えばたまたま返事が出来ない状態だったと想像してみてください。

目を離している隙に、ケンカをした彼女から何件もラインが立て続けに入っていて、感情的だったり、不安だったりとパニック状態が見て取れたら…。

カレは、恐怖を感じるかもしれませんし、彼女の事が心配になって目の前の事を放り投げてでも会いに来るかもしれません。

恋人の日常を狂わせることになりますから、非常に迷惑をかけています。

何度も送りつけられているメッセージを全部読むのも、精神的にしんどさを感じますし、ヒステリックな部分があると思われても仕方がないはずです。

安定した付き合いを続けたいなら、落ち着きを取り戻して、お互いが思い合える話し合いの場を作ろうと考えましょう。

トラブル拡大の元!SNSや友人に愚痴る

ケンカになったことをSNSや友人に対して愚痴る行為をすると、トラブルが拡大してしまう原因となります。

恋人のケンカは、本人同士の問題です。

友達にアドバイスをもらうことはあっても、愚痴るべき事ではありません。

よほど親しい間柄であれば、愚痴を聞いてもらうところから、ヒントが見つけ出せるかもしれませんが、あなたのことを深く理解している人でなければ、出来ない事です。

SNSに愚痴を吐き出すのはもっての外。

感じた事を書き出して心の整理に使うのならまだマシですが、毒を吐き出したいだけなら、それを見た人は不快に感じてしまいます。

本人が目にすると余計にショックを受けますし、「直接言ってほしい」と信頼関係を失ってしまうのも時間の問題です。

マイナスの感情は、プラスに変換してから口に出すべき。

言霊のパワーでトラブルを招いてしまいますので、せっかくならポジティブな現実を引き寄せましょう。

友達に愚痴っても、周り巡って最悪の形で本人に伝われば、修復不可能となる事もあります。

ずっと放置してこれからの関係性を相手任せにする

こんなラインは絶対に送ってはいけません1

無視されたからと言って、こちら側もずっと放置しすぎるのも問題です。

確かに、反応のない相手にどのくらいのペースで様子を窺えばいいのか悩むところ。

何度も連投するのもダメですし、放置しすぎてしまうと自然消滅したと判断されることもあります。

ケンカから2週間後を目安に、ほとぼりが冷めたかの様子伺いで一度は連絡を入れるべきです。

それでも返事が無かったらさらに1週間後に、想いを伝えるだけのメッセージを入れてみましょう。

相手からの返事を求めるばかりでは、彼も返信しづらくなってしまいます。

読んでいて「答えてあげたいな」と思ってもらえるように、精一杯の誠意と愛情を込めることがポイントです。

「放っておいて欲しいなら、相手が連絡してくるまで待っておこう」と思っても、放置されたことに悲しみを覚えてしまいますので、適度に関わり続ける意識を持っておかなければいけません。

返事もこれからの関係も、全て相手任せにしてしまうと、あなたが諦めたと判断されてしまいます。

これから彼氏との喧嘩を起きにくくするためには?

感情のコントロール方法を学ぶ

復縁したくなるラインの内容1

これから争いが怒らないようにするには、感情コントロールの方法を学んでおくべきです。

怒りに焦点をおいたアンガーマネジメントもありますし、心理学で相手の心の中を常に理解していくことも出来ます。

感情のコントロールは難しいと感じている人も少なくないはずです。

計算して喜怒哀楽を表現しているわけではありませんし、全てロジック通りに進むこともありません。

アンガーマネジメントは、怒りのピークを逃すことが出来る心理学のテクニックです。

カッと感情が高ぶった時でも、6秒待つことで、徐々に冷静な判断が出来るようになります。

女性は、感情に左右されやすい生き物ですし、ホルモンバランスでも情緒不安定になる事が多々あるところです。

理性で全てどうにかなるわけではありませんが、たくさんの心理バリエーションを知っておくだけでも、その場にふさわしい対応をする事が可能になります。

怒って言葉をぶつけても、何も良い事は起こりませんので、一歩も二歩も先の事を考えて未来に向かって進みましょう。

相手を尊重する

今後、対立しないためには相手をしっかり尊重して大事に想うことです。

先にも出ましたが、相手の意見や想いを100%受け取ることが、お互いを尊重できていることになります。

今まで生きて来た人生経験も違えば、家庭環境や勉学の体制、人間関係など何もかも同じものはありません。

だからこそ、化学反応が起こり、面白い関係性になったり、居心地のいい相手になったりします。

恋人になったからと言って、価値観が同じになるわけでもありませんから、強制すること自体が間違っているのです。

「分かり合いたい」と思うのと、「全て把握したい」とは違います。

理解しあうのは、違う事も含めて受け入れることです。

全て把握するのは、感情さえもイコールでありたいと願う事ですから、根底の愛情が違う方向性となります。

何を感じ、どう未来を描いているのか、お互いに話し合ってイメージを共有し、自分に出来る部分からしていけばいいだけです。

「把握したい」と強く望むと、依存になってしまいますので、相手から離れられなくなったり、家来の様に扱ったりと、理想の関係からは離れてしまいます。

相手のせいではなく、自分のせいだと思う

自分のことしか考えない彼氏の特徴3

不穏な空気になりそうなその瞬間、相手が悪いと思うのではなく、自分が何か出来ないか考えるべきです。

「相手のせい」だと考えてしまう時は、恋人に対して感謝の気持ちが不足しています。

今までどれだけ愛してくれて、あなたに合わせてくれていたか、振り返ってみましょう。

デートの時間、話題、想いなど、たくさんのことを彼女であるあなたに合わせてくれて来たはずです。

問題が起こりそうになっている時には、我を通そうとしています。

「私はこう」「ゆずれない」と貫くのは、こだわりがある部分だけにしましょう。

よくよく考えたら、その時の気分で選んだものだったり、こだわりだと思っていたけど実は好きな人のためには譲ることが出来る想いだったりすることも多々あります。

あいてのせいにするのではなく、自分が今何が出来るのか、意見を変える事は出来ないか、など視点を変えるだけで、問題が解消されるはずです。

言いたいことは日頃から言う

何でも言いたいことを我慢し続けてしまうと、体に毒です。

言いたいことがあれば、小出しで言ってしまえば大丈夫。

「嫌われたくない」「嫌な女だと思われたらどうしよう」と不安が先立ってしまうから、つい我慢をしてしまいますが、その状態をカレが知ったら、嬉しくないはずです。

「何でも言ってほしい」と願っていますし、「我慢させてしまうほど甲斐性がない」と悲しくなる所。

普段から想いを伝える習慣になっていれば、少々の問題は話し合いで解決できるようになります。

大きな問題が起きた時にも、二人で力を合わせて乗り越える経験を積んでいるので、解決策を見つけるための会議が行われて、前に進むことが出来るのです。

相手が受け入れてくれることを信じて、協力し合う所から、愛情が深まっていきます。

我慢をすると、必要のない部分で爆発してしまって、あれもこれもと過去の事を洗いざらいぶつけてしまうことがあるので、避けておくべきパターンです。

伝える時には、言葉のチョイスにも気を遣って、不愉快にならないように受け取り手の気持ちを考えながら伝えましょう。

ポジティブな話を多くする

険悪なムードにならないためには、ポジティブな話をしっかりと共有していく事です。

将来の夢や目標、望んでいる事や楽しみな事、現在生きがいと感じるほど頑張っている事など。

明るく前向きに話をしていると、何でもできそうな気分になってきます。

行動しなければ何も手に入る事はありませんが、アウトプットしていると現実としてやってくる可能性が高まるのです。

二人で幸せになる為には、それぞれが充実した人生を送っていることが大事。

自分の生き方も満喫するべきですし、好きな人の人生もサポート出来るカップルなら、心が満たされて幸せに違いありません。

好きな人とはいつでも笑っていたいはずですから、相手を笑顔にすることを常に意識していることが、仲良しの秘訣です。

楽しい事や未来について思考を向けていると、ネガティブなことよりも楽しみでたくさんのアイデアに溢れる時間を過ごせます。

好きな人と、充実した時間を手に入れるために、意識的な過ごし方をしていきましょう。

あなたの気持ちを大切にして最適な対応を!

ヤリモクで復縁を迫る元彼の特徴

彼氏と喧嘩したらLINEを無視されて、ショックを受けてしまうのは当然。

焦ってメールを送り続けたり、怒りをぶつけたりするよりも、相手の気持ちを汲み取って、あなた自身の想いも大事にした対応が大切です。

これからも交際を続けていきたいのなら、カレが求める対応をしつつ、しっかりと愛情表現をする事が、上手くいくポイントとなります。

普段からお互いを尊重し、たっぷり愛情をかけていれば、不穏になる事も減りますよ。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2022】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事