喧嘩別れでそのまま他人に…後悔しない?
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

恋人と一緒にいる時、できるかぎり仲良くしていたいと思うものですが、一緒にいる時間が長ければ長いほど、ケンカすることはあります。

すぐに仲直りができたり、ケンカをしたとしてもきちんと話し合いをしてお互い納得することができれば、良いです。

ですが、カップルの中にはケンカをして引くに引けなくなり、意地を張って連絡をしないままということもあり得ます。

彼氏から連絡がきても無視をして、自分からも折れることができなかった場合、結局音信不通になってしまうものです。

喧嘩別れをしてしまい、自分でも別れたのかどうかよくわからない、もしくは勢いに任せて別れたものの冷静になった時に「なんで別れてしまったんだろう」と後悔するかもしれません。

そこで、喧嘩別れしやすいカップルの特徴をご紹介します。

喧嘩別れからやり直すアプローチを開始するまでに置くべき期間もお伝えするので、喧嘩別れしないように意識しましょう。

目次

喧嘩がヒートアップしてそのまま別れに繋がりやすいカップルの特徴

付き合いが長くなり、お互いへの気遣いがなくなってきた

別れに繋がりやすいカップルの特徴1喧嘩別れしやすいカップルの大きな特徴としては、交際期間が長いことです。

交際したばかりの時期は、お互いに気を使いますし、相手がどう思うのかということを一生懸命考えた上で言葉を発したり行動したりします。

そのため、そもそもケンカ自体が少ないですし、ケンカをしたとしてもきちんと仲直りすることができます。

恋人には気を使わずにありのままの自分でいたい!と思うでしょうが、恋人だからこそきちんと配慮する必要があるのです。

特に女性は、彼氏に対して信頼感があればあるだけ甘える傾向があり、その分自分の感情をむき出しにします。

そのため、ケンカになりやすい状況にもなりますし、怒りの沸点を下げることができずに謝れもしないのでなかなか仲直りもできません。

性格の問題もあるでしょうが、それだけではなくて付き合いが長くなればなるだけ、最初の頃の思いやりといった感覚が薄れていってしまいます。

ありのままの自分を出すことは、お互いの信頼感があるからこそですが、あまりにも自分の主張や感情だけを相手に伝えると負担になってしまうんです。

喧嘩の回数が増えたら増えるだけ、お互いに関係が嫌になっていってしまうので、喧嘩別れになる可能性が高まります。

親しい関係だからこそ、いつまでも気遣いや配慮など相手を思いやる気持ちを忘れずに一緒にいることが非常に重要な部分になります。

付き合いが長くなるとついつい「この人は大丈夫」と他の人相手なら言わないような無配慮な言葉や態度を取る傾向があり、最終的にはケンカ別れをして相手との関係を絶ってしまうかもしれません。

好きで相手のことを信頼しているからこそ、気持ちを込めて相手と接していかないと、知らぬ間に愛情自体が遠のいてしまいます。

喧嘩別れは、決して良い別れ方とは言えないので、付き合いが長くなってきた頃こそ2人の思い出を作る、普段とは違うデートをしてみるなど工夫が必要になってきます。

どちらかが執念深くなって相手から呆れられる

別れに繋がりやすいカップルの特徴2恋人、といえども他人同士が一緒にいるわけですから、お互いの性格というものはどうしても受け入れられることと受け入れられないことの2通りがあります。

喧嘩別れしてしまうカップルの特徴として、相手が執念深い性格だと離れていきやすい傾向があるんです。

執念深い、というのはとにかく喧嘩の時だけではなくて何かにつけて過去の出来事を蒸し返してくるような人のことを指します。

「あの時はこうしてくれたのに、今はどうしてしてくれないの」とか「前にこういう風に言ってきたのは嘘だったんだ」とかいろんな思い出を記憶していることは良いことですが、大方執念深い人は記憶をマイナスな面で使っている可能性が高いです。

喧嘩の時には、必ず以前喧嘩したことや以前自分が傷ついた言葉などを持ち出して、「やっぱりひどい人なんだね!」と相手を責めるような姿勢をとります。

ケンカをしているということは、実際無意識にお互いがお互いを傷つけるような場面ではありますが、過去を蒸し返して怒ったところで相手としては「もう過ぎたことを今更言われてもどうしようもない!」と呆れてしまうんです。

その呆れた、という感情はケンカをきっかけに「もういいや」と思わせてしまい、結果的にお互いをそのまま他人にしてしまいます。

相手の性格が執念深い性格だったとしても、あなたはきっと呆れてしまうでしょうし、あなたがついついケンカの時や何か嫌なことがあった時に「前こういうことしたよね」と嫌味を言ってしまえば、相手に嫌な思いをさせることになります。

執念深い性格の人じゃなかったとしても、付き合っている時に何かにつけて自分に対して嫌なことをしてきた人というのは記憶に残りますし、あまり良い印象をもちません。

せっかく付き合っているのだから一緒にいる時間は楽しく過ごしたい、できるかぎりケンカはしたくないと思うのは通常の感覚ですが、性格によっては無意識に相手に嫌な思いをさせてしまっているので、ケンカ別れの可能性が高まります。

自分が執念深ければ、相手の気持ちを考慮する心の余裕を持ちたいですし、相手が執念深ければ、あまり気にせず流すことが大事です。

「とにかく自分の意見が正しい!」相手の話を聞かないタイプ

別れに繋がりやすいカップルの特徴3喧嘩別れするカップルは、お互いが別の人間だということをあまり認識していません。

多くの場合が「自分が思っていることが正解なんだから否定されるわけない」って思っています。

日本人特有の多数決に弱くなる人よりいいでしょう!と思う人も多いですが、あまりにも自己主張が強すぎるとそれは揉め事に発展していきがちです。

今自分が思っていること、感じていることを全て口にしてしまえば、それはありのままの自分をさらけ出しているのではなくて単に「自分のことしか考えていない人」になってしまいます。

相手に何を伝えようと思うのであれば、100%自分の気持ちだけ!ではなくて、相手の考えもきちんと耳を傾けなくてはいけません。

1人で恋愛はできないので、相手あってこそだということを今一度認識しましょう。

お互いがそういう性格であれば、もちろんのこと、普段はどれだけ自分の主張をしても相手が折れてくれたり、意見を飲み込んでくれていたようなカップルは一層喧嘩別れしてしまう可能性が高くなります。

相手が飲み込んでくれる、ということは受け入れてくれたり理解してくれているのとは違います。

相手には相手なりの意見や気持ちがあったとしても、自分の主張が100%だと思っている人に何を言っても無駄だと思っているからです。

諦めに近い感情で接しているので、我慢をしていることになります。

我慢を積み重ねていくと、結果的に相手に対して大きな負担をかけることになるので、ちょっとした喧嘩で相手が爆発してしまい、「もう二度と会いたくない!」と離れて言ってしまう可能性が高いです。

自分としてはそこまでの主張をしたわけじゃなくても、喧嘩別れしてしまった、という場合が多く、そんな時は相手がずっと前から我慢を続けていたのだと理解してください。

喧嘩別れというのは非常に相手も自分も傷ついてしまう結果になりかねないので、自分の気持ちを伝えることも大事ですが、お互いの気持ちを理解するための話し合いだと思いましょう。

関係がマンネリ化して素直さが薄れてしまっている

別れに繋がりやすいカップルの特徴4どれだけ好きな人だとしても、長年一緒にいることによって感情が薄れることはよくある話です。

いわゆるマンネリというもので、どんなカップルでも一度は訪れるのでは?と考えられています。

一定期間交際すると、相手のいろんな面が見えてきて、好きだけではない冷静さをもち自分の中で整理するので、だんだん一緒にいることが当たり前になっていくんです。

マンネリの期間というのは、本当は相性の良い2人だったとしても年月の積み重ねによる自然な感情の変化だと言えるので、不思議なことではありません。

このマンネリ期間を上手に一緒に過ごすことができなければ、喧嘩別れじゃなかったとしても自然に別れを選択してしまうことになります。

時間が解決してくれる部分でもありますが、喧嘩が増えていってしまう時期でもあるので、一緒にいることが楽しくなくなる可能性が高いです。

そもそも楽しくない相手と一緒にいるだけでイライラしてしまうものですし、ちょっとしたケンカでも「ああ、もう一緒にいるのがめんどくさい!」とすぐにサジを投げてしまうこともありえます。

マンネリだからこそ、一緒にいてケンカをすると「これなら1人で一緒にいた方がいい」と思うかもしれません。

マンネリになることで、関係に大きな影響があるのはもともとはべったりと一緒にいることが自然だった2人の場合です。

今まではスキンシップが多くて、甘い空気をまとっていたカップルだからこそ、マンネリになると「もう関係が終わったな」と感じてしまいがちで、マンネリの期間を乗り切ることができにくいといえます。

なので、一度のケンカでそのまま他人になることもよくある話なので、マンネリの期間はやはり関係性を保つことができるかどうかがとても大事です。

コミュニケーション不足により相手の思いを汲み取れない

別れに繋がりやすいカップルの特徴5マンネリまではいかなくても、日頃の会話がなかったり、連絡のやりとりもまちまちだったりすると相手と一緒にいることが日常の中から消えてしまうことでだんだんと付き合っている認識が薄れていきます。

恋人関係を良好にする人の多くが、普段からコミュニケーション能力を高く、愛情表現をきちんとしているんです。

一緒にいる時間が短かったとしても、きちんとコミュニケーションをはかっていれば、相手の気持ちを汲み取りやすくなりますし、相手の考えも理解できます。

その分、余計な揉め事も減る傾向が高いのでそもそも喧嘩別れする可能性も低いんです。

恋愛関係を継続させる大きな秘訣は、相手の気持ちを理解することと全てを理解できなかったとしても、わかろうという気持ちをしっかりともっているかどうかだといえます。

逆にあまりコミュニケーションが取れていないカップルだと、相手の感覚や好みなどをあまり理解できなくなり、一緒にいても違和感を感じるようになります。

「今何を考えているんだろう?」「自分のことをどう思っているんだろう?」と悩みがちになるんです。

コミュニケーションが不足していると、不安を相手にぶつけることができなくなるので、自分の中だけで留めていようとします。

すると相手も「この人は何を考えているんだろう」と思って、お互いがお互いを理解できなくて苦しむのです。

交際している、という事実だけで繋がっているような関係になるので、そのような状態になると何かのきっかけでケンカをすると「やっぱりついていけない」と心の中の不満や不安が爆発して、別れの決定打にさせます。

気持ち、というのは伝えなければ相手には理解できませんし、自分も相手に気持ちを問いかけなくてはわかりません。

話して気まずい雰囲気になりたくないとか、自分が好きなのだからきっと相手も自分を好きだ、などという気持ちはある種の怠慢なので、喧嘩別れしたくないのであればしっかりとコミュニケーションを取るようにしましょう。

喧嘩別れした後落ち着いてから後悔してしまう心理

振り返ってみると「なんであんなことで怒ったんだろう?」と罪悪感が沸き起こる

落ち着いてから後悔してしまう心理1怒り、というの時として自分が思っていることの半分も気持ちを伝えられないような感情です。

とにかくイライラをぶつけて、とにかく相手をどうにかして傷つけてやりたい、「ごめんなさい」と相手から言って欲しい。

そんな気持ちを持っている人がほとんどです。

普段は我慢していたことや些細なことですら、喧嘩をしている時は全てがマイナスに働いて、攻撃の対象にします。

そのため、怒りに任せて言ったことの多くが「本当はそんなこと思ってない」というようなことです。

喧嘩するということは、それだけ自分の感情を相手に対して一方的にぶつけることに一生懸命になってしまって、冷静さに欠けた言動をとります。

喧嘩別れをした後にふっと「なんであそこまで言ってしまったんだろう」と感情的になった自分に対して後悔をします。

そして同時に、「あんなことを言って、相手はとても傷ついてしまっただろうな」と申し訳ない気持ちが大きくなるんです。

喧嘩別れする2人の場合、お互いが感情的になって別れを選ぶこともあれば、どちらか一方の怒りをとにかく受け止めて結果的に別れたというパターンの2通りがあります。

どちらかの一方的な感情で別れを選んだ場合は、ケンカしていた時の自分の態度や言葉を振り返る時にとても後悔します。

「そんなの自分勝手じゃない?」と思うでしょうが、怒りに任せて相手を傷つけている自分というのは、無意識です。

無意識の中には少しの本音は混ざっていますが、多くの場合がただいっときの感情に流されて言っているだけです。

そんな自分の気持ちに気付くからこそ、取り返しのつかないことをしてしまったのだと悲しくなります。

怒りはそれだけパワーがありますが、自分の大事なものすら消してしまうような怖い部分も持ち合わせています。

喧嘩になるくらいですから、それなりの理由があると思いますが、思ったことをそのまま伝えること避けてください。

相手のことを配慮する愛情が交際を長続きさせる秘訣とも言えます。

怒りが大きければ大きいだけ後悔の大きさも強い

落ち着いてから後悔してしまう心理2怒りの大きさ、というのは理由やその人自身の性格によっても違います。

ほんの些細なことでもまるで世界の終わりのように怒り狂う人もいれば、「こんなことされたのに怒らないの?」というような人まで様々です。

喧嘩別れをしたカップルの中には、日頃の不満が爆発した、相手が自分に対してひどいことをしたなどケンカの理由がとてもお互いを傷つけてしまう可能性もあります。

喧嘩をしなくても別れの原因になるようなことの場合、喧嘩別れをする時にかなりお互いを傷つけ合っている可能性が高いです。

そしていざ離れてみると、怒りの大きさと比例するように後悔の大きさもかなり強くなります。

怒りが大きかったのだから、別れても後悔しないのでは?と思いますが、そういうわけではないのです。

怒りが大きくなればなるほど、離れた時に思い出が美化されていくことが多いです。

相手からこんなことをしてもらった、こんな風に愛されていた、という思い出が走馬灯のように思い返します。

そんな記憶の掘り起こしが始まると、今度は相手への罪悪感が芽生えてきます。

自分は相手にどんなことをしていただろうか?相手が嫌がることをしていなかったか?など、いろんなことを反省し始めます。

その後、喧嘩別れになった原因も考えるようになり、「もっとこうすればよかった」「怒りに任せて別れる必要もなかった」など、冷静に考えていると見えてくることがたくさんあります。

でも、そう思い始めた時にはすでに相手がいないわけですから、怒りが大きくて別れが最善だと喧嘩している時に思っていた人ほど、後悔の大きさも強いのです。

「今ならちゃんと落ち着いて気持ちが言えるのに」と後悔するのは、「もう言えない」ことを理解しているからです。

喧嘩別れの場合、建設的な会話ができない状態でただ怒って、お互いを傷つけて別れているので後悔はどうしてもしてしまうものだといえます。

いつも隣にいた人がいないことに寂しさを感じるから

落ち着いてから後悔してしまう心理3恋人、というのはすぐに会うことができたり、寂しい時に声が聞けるような間柄です。

自分が辛い時、嬉しい時、1番に伝えたい相手だといえます。

冷静になると喧嘩したことすらバカらしくなる人がほとんどで、そんな喧嘩で失った相手を思うととても悲しくなります。

食事に行っても「おいしいね」と言い合える相手がいない、眠る時に「おやすみ」という声を聞くこともできない、悲しい時に抱きしめてくれる腕もない。

直接的、間接的に相手がもう自分のそばにはいないのだ、と感じることによって、別れたことをとても後悔します。

普段なら言わないようなことを平気で言いますし、そこまで強く思っていないことですら最大の不満だ!というような言い方をしてしまいます。

結局その言動は相手の怒りを買うことにもなりますし、お互いを傷つけることにつながるので関係が破綻するのです。

でも、いっときの感情で相手を失ってしまうと、後悔の大きさもひとしおです。

勢いで手放した手の存在の大きさに気付いた時には、相手が隣にいないわけですから、後悔した時に「ごめんなさい」と言える相手が近くにいない、というのは思う以上に心を苦しめます。

どうにかして謝りたい、と思っても別れると相手の感情が見えなくなりますし、お互いの最後の記憶が喧嘩をして傷つけ合った事実だけなので、いろんな意味で躊躇してしまうんです。

喧嘩別れのその後そのまま連絡をくれない元彼のタイプ

プライドが高く普段から意地っ張り

そのまま連絡をくれない元彼のタイプ1多くの男性に当てはまる部分ではありますが、非常にプライドが高いことです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

プライドの高さは人それぞれで、きちんと相手に謝ることができる人もいれば、相手からきっかけをもらえないと自分の素直な気持ちを伝えることができない人などいろいろなタイプがいます。

喧嘩別れをして、そのまま連絡をくれないようなタイプの男性の場合、とにかく自分を下にすることができず、素直さに欠けます。

普段は優しくても、一度自分が「嫌だ」と思ったことに対して素直になることができず、きっと交際している時から喧嘩をしても相手から謝ってくることがないかもしれません。

プライドが高くて、意地っ張りの男性だと喧嘩をした時に引くこともできなければ、相手の意見を受け入れることは負けだと感じてしまうので、収拾がつかなくなるんです。

つまり、普段なら女性の方が喧嘩を諫めてくれたり、折れてくれるようなことがほとんどの場合、女性の態度次第で喧嘩別れの確率がどんどん高まっていきます。

喧嘩の時に女性から「ごめんね」という言葉を待っている男性がほとんどなので、折れてくれないと自分からは謝ることは絶対にできず、その後も元カノに連絡をして素直に謝ることもできません。

自分が謝ることは自分が負けることだ、と感じてしまうので、どうしても言えないのです。

喧嘩というのは、勝ち負けが決定するようなものでもありませんが、プライドの高い男性はとにかく自分の気持ちを曲げることができないです。

女性にもプライドは持ち合わせていますし、自分から折れるのはとても辛いはずだといえます。

男性のプライドの高さは、女性以上の人が多くて全く素直になることはできません。

素直になろうとしても、逆に女性に対して謝るための会話をしようと思ってもだんだんと素直さが消えていき、結局また喧嘩をした時のことを蒸し返すことも多いです。

「あの時の君の言葉はこう思った」とか「こうされたからこうなった」なんていう風に、当時のことを思い出すような物言いをしてしまいます。

喧嘩別れしたことは、お互いにとって嫌な思い出となるので、思い出したくない記憶でもあります。

そんな記憶を蒸し返してしまう傾向がプライドの高い男性にはありますし、そういう行動をしてしまうという自覚もあって連絡することができないんです。

「男とはこうあるべき!」という信念がある男性

そのまま連絡をくれない元彼のタイプ2プライドが高い男性も多いですが、男性は男性らしくとか女性らしくというような意識がある人も多く、中には「男とはこうあるべき!」と思っている人も多いです。

なぜなら「男だから自分で謝るのはかっこ悪い」と思うので、喧嘩別れして後悔したとしても、自分から女性に対して連絡をすることがとても嫌だなと思います。

こういう考えを持っている人は、プライドの高さもありますが頑固さも持ち合わせているので、素直になりたくても絶対になれません。

心の中では女性に対して未練が残っていたり、「会いたい」と思っていても、全然行動的になることができないです。

好きな気持ちが残っているからこそ、このタイプの男性は自分で連絡をすることができずに悶々としてしまいます。

もちろん、頭の中では後悔しているのであれば、女性に対して積極的に連絡をしなくてはいけないということはわかっていますし、黙っていても難しいことも理解している部分は大きいです。

でも、そうすることがどうしてもできないのが、別れてからも連絡ができない男性の大きな特徴だといえます。

喧嘩別れは、自分達が話し合って決めたわけではなく瞬時の感覚で別れを決めたことなので、自分の結論に自信を持つことができなくなる傾向が高いです。

後悔しやすい状況なのに、男としてのプライドが先立ってしまって「男だから謝るのはかっこ悪い」と思っているから連絡ができません。

恋愛に対して「待ちの姿勢」を持ってしまうタイプ

そのまま連絡をくれない元彼のタイプ3若い男性の特徴だと思われてきた草食系男子は、最近では大人の男性でも恋愛に対して消極的な面が増えてきています。

恋愛に対して消極的な男性の場合は、喧嘩した時の勢いが別れた後は一気に消えてしまい、離れた途端に後悔が押し寄せてくるのです。

ですが、もともとの気持ちが消極的なので自分で連絡をしたくても、なんとなく連絡することに対して気まずさがあって行動ができません。

できたら女性の方から連絡してもらいたいと思っていて、自分からどうにも伝えることができないんです。

たしかに、喧嘩別れしている場合はお互いがお互いを傷つけ合って別れているので、もしも後悔したとしても自分で「ごめんね」と言うのは非常に勇気が必要になります。

喧嘩別れをどうにかするためには、どちらかが勇気を出して行動しなくてはいけません。

さらに言えば、きちんと相手の気持ちを汲み取って話し合う必要があるんです。

一度付き合っていた2人だとしても、やはりきちんと膝を突き合わせて話し合うというのはとても難しいことですし、気まずいものだといえます。

女性の方も恋愛に対して消極的な部分があれば、お互い勇気を出すこともできずにいつまでも距離感が縮むことはなく、徐々にもう相手との関係が希薄になっていくのです。

やはり、相手と「復縁をしたい!」と思うのであれば、どちらかが勇気を出さなくてはいけません。

消極的な人が喧嘩別れをした場合は、特に復縁しにくいです。

友達の意見が重要になっているから後押しがないと進めない

そのまま連絡をくれない元彼のタイプ4女性の中にも、恋愛中に何か悩みがあったり失恋をした時は友達に相談をする人は多いです。

友達であれば、自分の気持ちを素直に話すことができますし、友達だからこそ冷静にあなたの状況を見極めることができます。

男性は、普段であれば友達に恋愛相談をすることはありませんが、失恋したり喧嘩別れして後悔するような場合は友達に相談することも多いです。

その時に友達から「喧嘩別れしたんならまだ連絡しないほうがいいんじゃない」とか「喧嘩が原因なら復縁は無理でしょ」なんて言われてしまうと、友達の意見に左右されて動き出せない人もいます。

日本人特有の感情ですが、誰かに「いいと思うよ」と後押しされないと自分の中で「復縁したい」と思っていても、実際に行動できない人がたくさんいます。

誰かに自分の決断は間違っていない、自分の行動は成功すると後押しをして欲しいと思います。

女性も心のどこかで答えが決まっていても、誰かに認めてもらってからじゃないと行動ができないという人が多いです。

認めてもらえることによって、自分に対して自信をつけることができますし、行動力がアップするので、友達に相談するものです。

男性もそんな女性の気持ちと同じで、自分の判断を決められないタイプや誰かに「大丈夫!」と言われないと進めないタイプの人はなかなか友達からのOKが出ないと進めることができません。

女性にとってはモヤモヤしてしまうかもしれませんが、自分のタイミングをつかんで元恋人にアプローチができる人って、意外に少ないです。

喧嘩別れから復縁するきっかけを掴むために実践すべき事

冷静さを伝えるためには手紙が効果的

復縁するきっかけを掴むために実践すべき事1喧嘩別れをした時は、基本的に冷静に話し合いをして別れることを決めたわけではないので、お互いこの喧嘩が別れの理由になる、という風に考えていません。

話の流れ、ケンカの延長線上で別れているだけなので、ほぼ冷静な気持ちで決めていないといえます。

そのため、お互いの最後の記憶が良くない部分が多く、なかなか改めて電話をしたりLINEをするにも勇気が必要になります。

多くの人が勇気が出ないので、きっかけを掴むことなく喧嘩別れをしたまま他人になっていくのです。

喧嘩別れというのはどちらが悪いということもないですし、勢いのまま言葉を発しているため、非常に不毛な別れ方だといえます。

なので、喧嘩別れをした場合は自分が今は冷静になっていて、本当に別れを後悔していることを伝えなくてはいけません。

でもヘタに電話やLINEなどをして、相手に与える印象がどうなるのかわからないのは不安です。

自分としても勇気が必要になりますし、相手としてもいきなり連絡がくるとびっくりしてしまいます。

そうならないためにも、まずは手紙で気持ちを伝えるのは効果的です。

手紙を書く時のポイントは、基本的に便箋1枚から2枚程度にまとめることと、別れたことに対して長く書かないことです。

「冷静になって考えてみると、ひどいことをたくさん言ってごめんなさい」や「あれから
たくさん考えてみた」というようなきちんと相手に対して真摯に向き合っていることを手紙を通して伝えてください。

気持ちを伝えようと思うあまりに、長く文章を書きすぎてしまうでしょうが、出来る限り端的に感じていることだけを書くことが大事です。

男性は、あまりにも長い手紙だと気持ちがだらけてしまって女性の気持ちを汲み取ることができなくなります。

そのため、自分の気持ちをだらだら書くよりも今感じていること、これからどうしたいのかということにポイントを絞って書くことが大事です。

素直に「会いたい」と伝えて謝ろう

復縁するきっかけを掴むために実践すべき事2喧嘩別れをした時は、素直な自分の気持ちを話せなかった人がほとんどですし、相手の気持ちもあまり理解できていなかったと思います。

でも冷静になった時に、相手を傷つけたことや自分の本当の気持ちを言わずに別れたことに対してひどく罪悪感を覚えます。

好きだからこそ、気持ちが昂ってケンカをしてしまいがちですが、結果的に別れてしまうのであれば、それは非常に残念な話です。

ケンカをしている時、本当はどちらかが冷静になれたら良いのですが相手も自分も同じくらいの温度感でケンカをすると別れにつながる可能性が高くなります。

別れた後は、自分の決断に後悔することも多く、「できればまた接点を持ちたいと考えている人がほとんどです。

喧嘩別れをした時、きっと素直になれなかった自分に対して苛立ちを覚えているはずです。

だけど、どうしたらいいんだろう?ケンカをした手前、自分から連絡するのはちょっと怖い、と思う人もいます。

たしかにそうかもしれませんが、行動しなくては自分の後悔は相手に伝わりません。

喧嘩別れはお互い様な部分も多いので、勇気を出して素直さをアピールすることも大事です。

「会いたい」と素直に伝えることによって、相手も自分の気持ちに素直になることができるので、やはり復縁のきっかけを掴むためには慎重さと素直さが1番必要になります。

全く普段通りに「あの店に行こうよ!」と誘うのも意外にOK

復縁するきっかけを掴むために実践すべき事3喧嘩別れをして、そこまで期間を設けずにきっかけをつかみたい場合が、いつもと変わらない雰囲気でLINEをすることです。

電話でも良いですが、電話というのは相手の時間を奪うことにつながるのでかなりハードルが高くなります。

喧嘩別れなので、いきなり相手から連絡がきても混乱する人も多く電話に出られるようなタイミングだったとしても、わざと出ないことも多いです。

なので、LINEやメールで気軽に「またよく行くあの店に行こうよ」と誘うのも1つの手なんです。

別れた、という事実がお互いに気まずさを作ってしまうものですが、何もなかったように普段の調子で連絡をしてみると、案外相手からも「元気だった?」なんて返答がくるかもしれません。

元彼の性格によりますが、喧嘩別れを後悔する人が多いので、逆に何事もなかったような連絡が女性から入るととても気持ちが楽になります。

そして、そのような配慮をしてくれた女性に対して感謝する人が多いでの、少しずつ距離感を近づけることが可能です。

喧嘩別れからやり直すアプローチを開始するまでに置くべき期間

ケンカ別れはスピード感が勝負!1週間程度

やり直すアプローチを開始するまでに置くべき期間1喧嘩別れ、というのは非常に時間が大切になります。

通常であれば、別れた後に一定期間をあけてから復縁のきっかけをつかもうとしますが、喧嘩別れの場合はお互い感情的になって別れていることがほとんどなので、アプローチの期間があけばあくだけ気まずくてきっかけをつかめません。

そのため、喧嘩別れをしてからお互いの感情が落ち着いたのであればすぐに復縁アプローチをした方が良いといえます。

かといって翌日というのは早すぎるので、1週間くらいを目安にアプローチをしてみると良いです。

喧嘩の場合は1週間も期間をあけたら、だいぶ気持ちが落ち着いて別れたことについて向き合うような時期なので、自分だけではなく、相手も冷静になっています。

そこで、素直に喧嘩別れしたことを後悔していることやまた会って話をしたい、といったことを伝えてみましょう。

最初は相手も意地を張ってしまうかもしれませんが、心のどこかで連絡が来ないかな?と期待している人も多いので、何度かやりとりをしていくうちに、お互いの気持ちが解れていきます。

対応が早ければ早いほど、仲直りできる可能性も高いのでスピード感は重視してください。

ただあまりにもラフな感じで連絡をすると「なんなの?」とイライラさせる可能性もあるので、相手に対しての配慮は忘れずにいましょう。

今までの鬱憤が爆発した時はちょっと様子を見る必要があるので1ヶ月くらいがベスト

やり直すアプローチを開始するまでに置くべき期間2どんな喧嘩をして別れたのか、ということも非常に重要なポイントになります。

例えば、今までのお互いの鬱憤を晴らすように全て気持ちをさらけ出した、というような喧嘩のしかたで別れてしまうと、負の感情がしばらく残ります。

もちろん、喧嘩別れの場合は基本的に早めの行動が第一になりますが、ケンカの内容によっては1ヶ月くらい期間を設けてから連絡をする方が良いです。

特に自分がとても感情的になったというような場合は、元彼のあなたへのイメージはとても悪くなっている可能性が高いので、少し期間をあけた方が安全だといえます。

なので、冷静になった時に「復縁したい」とか「会いたい」と思ったところで、それはあなただけの感情です。

恋愛において、一方的な感情をぶつけることは相手の負担にもなりますし、2人の関係を悪くさせてしまいます。

喧嘩別れの時に十分相手を傷つけているので、きちんと相手に対しても配慮をしたやりとりをすることがとても大事です。

お互いが傷つけ合ってしまった場合は3ヶ月から半年

やり直すアプローチを開始するまでに置くべき期間3喧嘩別れの時、お互いが過剰に傷つけあってしまった場合、一般的な冷却期間である3ヶ月から半年程度は期間をあける必要があります。

傷つけ合う、というのは揉め事の大きさというよりも、どんな言葉をぶつけ合ったのかということが重要となり、お互いの印象がとても重要なんです。

怒りや感情に任せて嫌な言葉をぶつけて、売り言葉に買い言葉のようなやりとりを繰り返してしまうと、本心かどうかは別として喧嘩をして相手を負かそうという気持ちが出てしまっています。

そこまで傷つけ合ってから別れると、離れた後もしばらくイライラがおさまらなかったり、負の感覚が残っている可能性が高いです。

気持ちが落ち着くとともに負の感情がまず自分の中で薄れた頃が、アプローチのベストな期間です。

もちろん、相手も落ち着いていることが大事ですが、相手のことになると自分と感覚が違えばどうしようもありませんし、離れているのでなかなか感情を汲み取ることも難しいといえます。

なので、自分の気持ちが落ち着いた時にきちんと連絡することが大事です。

その時の相手の反応によって、またその先を考える方が効率的に復縁アプローチをすることができます。

喧嘩別れはやり直すきっかけとタイミングが勝負!

喧嘩別れでそのまま他人に…後悔しない? まとめ喧嘩別れをすると勢いでそのまま他人になってしまう可能性は非常に高いです。

お互いが意地を張ってしまったり、勇気を出すことができないのでやり直すきっかけやタイミングをなかなかつかむことができないのはとても難しいと思うかもしれません。

でも、やり直しアピールをするまでの期間やタイミングについてしっかりと意識しておけば、意外に喧嘩別れしたカップルが復縁できる確率は高いです。

喧嘩別れをした時、後悔する人も多いからこそ、お互いに配慮しながらやり直すアピールをすることが大切だといえます。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事