不倫相手の子供を妊娠した女性がまずやる事&考える事と不倫相手の子を育てるなら覚悟すべき事
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

不倫をしている女性なら、一度は不倫相手との子供を妊娠した時のリスクや不安を考えたことがあるはず。

「不倫相手の子供を妊娠してしまった」「付き合っている既婚者の彼の子供を妊娠したい」と悩んでいるあなたは、具体的に考えなければいけないことや未来の想像をすることで解決への手立てとすることが出来ます。

家庭をつもつ既婚者との恋愛では、妊娠したことで考えなければいけないことは通常の妊娠よりも深く多いものです。

今回は、不倫相手の子供を妊娠した女性がまずやる事や考える事をご紹介しましょう。

既婚者の彼の子供を妊娠して、どんな結論を出すかであなたのこれからの人生が変わってきます。

不倫相手の子を育てるなら覚悟すべき事も併せてお伝えするので、参考にしてください。

大好きな人の子供を妊娠することで、どんなリスクや覚悟が必要なのかを知ることで、幸せな未来を切り開くことも出来るのです。

あなたの人生、後悔しないようしっかりと考えて幸せになれるよう、納得して進める未来を選択をしてくださいね。

目次

不倫相手の子供が欲しい・産みたいと考える時の女性の心理

彼との愛の証の子供がいれば彼自身の幸せのために選ばれる

不倫相手の子供が欲しいと思ったり、産みたいと考えたりする女性の心理は、彼との愛の証である子供がいれば、「彼自身が、私といることが幸せな事だと思ってくれる」と選ばれることを期待しているところがあります。

浮気相手の女性にとって彼の気持ちの所在は、奥さんにあるのか自分自身に向いているのか気になるものです。

「君だけを愛しているよ」「妻とはもう終わっている」といくら言葉で聞いても、形に残らない言葉だけでは不安が尽きることはありません。

彼と本気で愛し合っていることを形として残すには、愛の証である子供を授かること。

女性は、子供さえいれば、「俺たちはこんなに愛し合っているんだ」「気持ちの大きさがついに形になって表れてくれた」と喜んでくれるはず、と考えます。

彼自身が自分が幸せな人生を歩むためには、より愛している人と一緒にいるべきだと思っているので、当然「愛の証である子供がいる私を選んでくれるわよね」と期待しているのです。

子供の存在は、彼を引き付ける手段であり、二人の愛を証明するもの。

既婚者の彼自身、「どうやって愛を伝えようか悩んでいるはず」と思っています。

既婚男性は新しい命を選んでくれるはず

不倫相手の子供が欲しいと思ったり、産みたいと考えたりする女性の心理は、既婚男性は新しい命を選んでくれるはずと期待しているところがあります。

家族を持つ既婚男性にとって、命の尊さは身に染みて理解しているものです。

自分自身の子供はかけがえのない宝物であり、どんなことをしてでも守りたいと思う対象。

家族がいる既婚男性だからこそ、不倫相手の女性は「私に子供が出来たら見捨てるはずがない」と考えています。

命の大切さを理解している男性にとって、命を見捨てることは苦渋の決断です。

新しく生まれた命を選んでくれることで、新しい家族となれることを期待しています。

既婚男性の子供が大きくなっている場合は特に、奥さんとの子供は「もう大きくなっているから大丈夫」「赤ちゃんは助けてあげないと育てられない」と子育ての苦労や経過を知っているからこそ、新しい命を優先させなければいけないと思う気持ちを刺激するのです。

責任を取らせて彼を略奪したい

不倫相手の子供が欲しいと思ったり、産みたいと考えたりする女性の心理は、責任を取らせて彼を略奪したいというものがあります。

独身女性にとって子供を身ごもるということは、他の人のところへお嫁に行けなくなることと同じことです。

出産という経験は、人生を大きく変えることであり、親としての新たな自分を手探りしながら生きていかなければいけません。

不倫相手の子供を妊娠することで、相手に「責任を取ってよ」と迫ることは当然の行動です。

子供がいることで、今までの中途半端な関係にも終止符を打つことが出来ます。

不倫恋愛が苦しいのは、誰にも公表できないからこそ孤独で、自分自身が存在していないかのような気持ちになってしまうからです。

子供を理由に略奪愛を叶えれば、堂々と彼の妻だと名乗ることも出来るし、子供の母として確固たる地位を手に入れることが出来ます。

存在価値を求めている女性にとって、略奪婚は彼を手に入れる最終手段です。

どんな手を使っても、彼を奥さんから奪うことだけを目的としています。

子供が欲しい彼は子供が出来ない奥さんを見限ってくれる

不倫相手の子供が欲しいと思ったり、産みたいと考えたりする女性の心理は、子供が欲しいと常に言っている彼は、子供が出来ない奥さんを見限ってくれるだろうと期待しているところがあります。

結婚しても、誰もが順調に子供が出来て、家族を築き上げられるわけではありません。

夫は心から子供を願っていても、奥さんが「私は子供を産むつもりはない」と断言しているところもあれば、「今は仕事に専念したいから、子作りはまだ先にしたい」とお願いをしている場合もあります。

また、体の調子が悪くて現実的に妊娠や出産が無理な人もいれば、不妊に悩んでいる人もいるのです。

そんな状況で、不倫相手の女性が妊娠をすれば「彼は子供が欲しいんだから、私のところに来てくれるはず」「私と一緒になれば自分の子供を育てることが出来ると喜ぶはず」と考えます。

「奥さんが子作りに消極的なんだよ」「早く自分の子供が欲しいな」と普段から言葉にしている男性を見ていれば、彼と一緒になるためには子供がキーポイントだと考えるのは当然のことです。

彼の願いをかなえてあげられるただ一人の女性になれるチャンスを掴んだと喜んでいます。

愛する人の遺伝子を残したい

不倫相手の子供が欲しいと思ったり、産みたいと考えたりする女性の心理は、愛する人の遺伝子を残したいと思っているところがあります。

女性の本能であり、生き物の当然の望みである「遺伝子を残したい」という願望は、人間の場合、恋愛感情に大きく影響されるものです。

動物であればより有能な遺伝子、強い遺伝子を残そうとして相手を選ぶのですが、人間は好きな人の遺伝子を残したいと願います。

「大好きな人の赤ちゃんを産みたい」と願うのは、女性であればだれもが経験したことがある感情です。

大好きな人にそっくりな顔や仕草を自分が生んだ子供から見ることが出来れば、どんなに幸せだろうと思いを馳せます。

例え彼と一緒になることができなくても、彼にそっくりな子供と一緒にいられれば、それだけで幸せになれると考えるのです。

不倫相手の子がお腹にいるかも…と思ったらすぐにやる事

確実に妊娠しているか病院で検査

不倫相手の子がお腹にいるかも、と思ったらすぐにやる事は、確実に妊娠しているか病院で検査することです。

「あれ、生理が遅れている」「なんだか気持ち悪い…もしかしてつわりかも」と思ったら、ほとんどの女性が、最初に手軽に検査が出来る”妊娠検査薬”を使って妊娠の有無を知ろうとします。

妊娠検査薬で陽性が出れば、ほぼ間違いなく妊娠していると言われているほど正確性の高い検査キットですが、逆の場合は要注意。

陰性と出ていても、妊娠初期の場合は検査結果が正しく出ない場合もあります。

生理が遅れている、体調がいつもと違う、生理前の症状とは違う様子を感じる、と思った時には、妊娠を疑いますが、妊娠検査薬で済ませるのではなくきちんと病院に行って調べましょう。

あなたの妊娠は、通常のカップルの妊娠とはわけが違います。

妊娠していれば、これからしなければいけないことが山ほど出てくるのです。

確実に検査結果を受けとり、これから先のことに向き合う心の準備をするためにも、病院に行って妊娠検査をするべきといえます。

産みたいか産みたくないか自分の気持ちを定める

不倫相手の子がお腹にいるかも、と思ったらすぐにやる事は、産みたいか産みたくないか自分の気持ちを定めることです。

「どうしよう、彼の子供を妊娠したかも」「お腹に新しい命が宿っているの?」とお腹にいるかもと思った時には、パニックになり頭の中が整理できない状況になっても仕方がありません。

相手は妻子ある男性であり、あなたは浮気相手。

相手の子がお腹にいるかも、と分かった時点では、この先のことなんて瞬時に判断できるはずもないから、パニックになるのも当然です。

しかし、大事なのはあなたの気持ち。

お腹の子の父親は不倫相手という事実があっても、赤ちゃんはあなた自身のお腹の中にいます。

あなたがその子供を「産みたい」か「産みたくない」か、母体であるあなたの意思がとても重要なのです。

「彼に言われたから中絶した」「産んでほしいって言われたから出産する」と相手の意見に従うだけでは、結局あなたの気持ちが置きざりにされてしまいます。

後悔してもあなたの人生は巻き戻すことが出来ません。

あなた自身の意思を固めて、決意をする必要があるのです。

親にどう伝えるか考える

不倫相手の子がお腹にいるかも、と思ったらすぐにやる事は、親にどう伝えるか考えることです。

恋愛に親を出してくるのはおかしいとか、親は関係ないとか思う人も多いのですが、不倫相手の子がお腹にいるかもしれないという状況は普通ではありません。

あなたが独身であるなら、当然「その子の父親は誰?」という話にもなるし、今後の生活を心配して「これからどうするつもり?」と妊娠から先の話に加わることは必須です。

不倫相手の子供だと親が知ることになれば、当然相手の家族とも話し合いをすることになるし、親から勘当されて一切生活の援助をしてもらえない可能性もあります。

子供を産み育てていくときに、親の協力が必要な場面は多くあるものです。

特にシングルマザーとなれば、一人では抱えきれないことが多く、親に頼りたくなくても頼らざるを得ないことも…。

相手と結婚できるとしても、不倫がきっかけとなれば親は喜んではくれないでしょう。

どう説明して、結論を出すために何を重要視して考えていくのか、心の準備をしておく必要があります。

一人で出産することを想定して未来をシミュレーションする

不倫相手の子がお腹にいるかも、と思ったらすぐにやる事は、一人で出産することを想定して、未来をシミュレーションすることです。

不倫相手の子を妊娠したからと言って、通常のカップルのように「順番が逆だけど入籍しようか」とはなりません。

相手に家庭がある以上、簡単に結婚することはもちろん、一緒に暮らすことも選択することが出来ないのです。

不倫相手と一緒になることが出来るのは、よほどのラッキーが起きた時と考えるのが妥当。

あなたがお腹の子供を産みたいと思うのなら、一人で産み育てることを想定しておく必要があります。

経済面はどうなるのか、親子二人で暮らす家はどこにするのか、子育てをしている間仕事との両立はどうするのか、育児に行き詰まったら誰に相談するのか、など一人で子供を育てていくことを想定すれば現実劇に考えなければいけないことがたくさん出てくるはずです。

あなたがどんな未来を思い描き、楽しいことばかりでなく苦しい時にどう対応することが出来るのか、イマジネーションを働かせてシミュレーションしておくことが、あなたのこれからの人生を順調に進めていくポイントとなります。

既婚者の彼と話し合いの場を用意する

不倫相手の子がお腹にいるかも、と思ったらすぐにやる事は、既婚者の彼と話し合いの場を用意することです。

やはり一番重要なのは、父親である既婚者の彼と話し合うこと。

この話し合いも、簡単に進むと思って侮ってはいけません。

あなたはもしかすると妊娠しているかもしれないという状況です。

妊娠すると女性は、ホルモンバランスが通常とは全く異なるため、自分で自分の感情をコントロールできなくなることが多々あります。

普段はおとなしい女性であっても、取り乱したり感情的に相手を攻撃してしまうことも十分あり得るのです。

冷静な話し合いをするためには、心の準備はもちろん、相手との考え方を受け入れる覚悟も必要となります。

普段の自分とは違うことを自覚して、相手と話し合いが出来る場を用意しましょう。

生まれてくるのは不貞の子という事実。親子の未来を見据えて考えるべき事

子供が大きくなったら父親のことをどう説明するか

生まれてくる子が不貞のこと言う事実を踏まえて、親子の未来を見据えて考えるべき事には、子供が大きくなったら父親のことをどう説明するかというものがあります。

通常の家族であれば一緒に生活をして、当然のように一緒にいる親を父親だと思って大きくなるものです。

不倫相手の彼と一緒になれたとすれば、どれだけ年齢差があっても何も疑問を持つことはありません。

しかし一人で育てるとなれば、いつかは「お父さんは誰?」「なんで一緒にいないの?」と質問を投げかけられる日も来るはずです。

「離婚した」などと説明していたとしても、「会いたい」「どこで何をしている人なの?」など言われてしまえば、彼の生活を知られてしまう可能性があります。

子供に自分の父親がどんな相手か、なぜ一人で育てることになったのか、話し合う日が必ず来るので、どう説明するのか考えておかなければいけないのです。

何かのきっかけで、例えば親や周囲の人からうっかり「不倫の子だから」と子供本人が耳にしてしまえば、心が受けるショックは計り知れません。

下手をすれば自分の存在価値を見失い、非行や自殺に走ってしまうこともあるので、未来を見据えて考えておくべきです。

自分と子供の生活費を援助してもらうか

生まれてくる子が不貞のこと言う事実を踏まえて、親子の未来を見据えて考えるべき事には、自分と子供の生活費を援助してもらうかどうかというものがあります。

子供を出産すると決めたのなら、これからの生活のことを考えなければいけません。

「父親がいないと」「精神的に不安が付きまとうな」というメンタルの心配が出てくるのも当然ですが、子供を一人育てることを現実的に考えた時に重要なのは、やはり金銭面。

自分と子供が生きていくために、金銭の流れを知っておくことは、生き方を定める事と同じです。

生きていくために必要なお金は、食費だけでなく、生活必需品である日用品を購入する生活費、水道光熱費、居住費、保育料、保育にかかる集金代など恐ろしく出費がかさみます。

生活保護や母子家庭の補助金もありますが、正直母親だけの就労収入と制度だけの収入では生きていくのが精一杯です。

不倫相手の子の父親から生活費として、月にいくら、子供が何歳になるまでもらえるのか話し合いをして決めておくべきだといえます。

既婚女性が浮気相手の子供を妊娠したら夫の子供と父親が違うとカミングアウトするか

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

生まれてくる子が不貞のこと言う事実を踏まえて、親子の未来を見据えて考えるべき事には、既婚女性が浮気相手の子供を妊娠したら、夫の子供と父親が違うことをカミングアウトするかというものがあります。

不倫相手の子を妊娠して悩みを抱えるのは、何も独身女性だけではありません。

既婚者同士の恋愛では、既婚者の女性が不倫相手の子供を妊娠することで新たな問題が発生します。

夫に打ち明けるかどうか、隠し通すならバレてしまう要素はないかどうかなど。

もし素直に夫に話をして、子供を出産することを受け入れてもらえたとしても、夫との子供と不倫相手の子供を同じように旦那が愛してくれるかどうかは別問題です。

そして、大きくなるにつれて自分の子供と似ても似つかない子供をみて、家族がそれぞれ何を思うかも想定しておかなければいけません。

子供自身が「どうして自分だけこんなに家族と違うんだろう」と疑問を持った時、父親が違うことをカミングアウトするかどうか、子供の人生にも関わる大きな問題となります。

シングルマザーとして育てていくなら父親に会わせるか

生まれてくる子が不貞のこと言う事実を踏まえて、親子の未来を見据えて考えるべき事には、シングルマザーとして育てていくなら父親に会わせるかどうかというものがあります。

不倫相手の子供を出産する、シングルマザーとして一人で育てていく、と決意した女性は、「誰の力も借りずに一人で育てる」「彼も親も頼りたくない」と意気込んで出産を決める人も少なくありません。

実際、母親一人で懸命に仕事と子育てを両立させている女性は多くいるものです。

女性が一人で子育てをしながら家計を支えていくのは至難の業ですが、「自分が決めた道だから」と決して弱音を吐かずに頑張っている人には、母としてのプライドがあります。

子供から「父親に会いたい」と言われても、子供が小さいうちは「あちらも忙しいから」「都合が合わないから」と親の言い訳を通すことが出来るはずです。

しかし、子供が大きくなり大人の事情も理解できる年齢になってもなお、「やっぱり自分の父親のことは知っておきたい」「会ってみたい」と言われた時、最終的にどうするかを考えておく必要があります。

子供の性格やその時の状況でも左右されますが、あなたが子供にどんな人生を歩んでほしいか、という親心の根源がそこにあるからです。

子供の尊重を大事にするのか、自分が決めたことを貫き通すのか、先に考えておくべきでしょう。

子供の将来を考えて相手にきちんと認知をしてもらうか

生まれてくる子が不貞のこと言う事実を踏まえて、親子の未来を見据えて考えるべき事には、子供の将来を考えて相手にきちんと認知してもらうかどうかというものがあります。

子供を出産するに当たって、相手の男性に認知をしてもらわずに出産することは可能です。

しかし、その場合父親不在ということになり、法律上も完全に片親ということになります。

認知をしてもらっておけば、例え一緒に暮らさなくても、結婚して籍を入れなくても、子供の父親として相手の名前を戸籍上に残すことが出来るのです。

妊娠した、出産した、という段階では「父親なんていらない」と思っていたとしても、将来父親の相続問題に加わることが出来るかどうか大きな論点となります。

認知してもらっておけば、不倫相手の男性が仮に死亡した場合、彼の子供として財産分与をもらえるようになるからです。

継承者問題にも関わるようになるので、例えばあなたの子供が男の子で、本妻の子供が女の子しかいなければ、「跡取りになってほしい」という話が出てくる可能性もあります。

将来のことを考えて、自分の感情だけで決めず子供の幸せのために認知してもらうかどうかは、しっかりと検討するべきです。

慰謝料や養育費のこともしっかりと。不倫相手の子供を妊娠した時の既婚男性や奥さんとの話し合い方

既婚男性との将来と子供の件は切り離して考える

不倫相手の子供を妊娠した時の既婚男性や奥さんとの話し合い方としては、既婚男性との将来と子供の件は切り離して考えるべきだと念頭に置いておきましょう。

慰謝料や養育費など子供を出産してからのことは、不倫相手と話し合わなければいけないことが山積みです。

しかし、これは子供を育てるに当たってのことであり、あなたと彼が一緒になれるかどうかは別の話。

あなたと彼がこの先どう関わっていくか、既婚者の彼が離婚してあなたと共に子供を育てるために結婚することを決断するのか、今の家族との関係をどう進めていくのか話し合います。

その上で、子供を育てるための費用や父親としての役割を話し合わなければいけません。

何もかも一緒にして話を進めてしまえば、誰が幸せになるための何のための話し合いなのか出口が見えなくなってしまうからです。

あなたの幸せ、彼の幸せ、子供の幸せ、既婚者の彼の今の家族の幸せ、それぞれの希望を出し連ね、兼ね合いを決めていきます。

自分の要望と妥協点を明確にしておく

不倫相手の子供を妊娠した時の既婚男性や奥さんとの話し合い方としては、自分の要望と妥協点を明確にしておくことを念頭に置いておきましょう。

子供を妊娠して出産するのは、他でもないあなた自身。

これはあなたの人生だということをしっかりと認識しておきましょう。

これからの人生であなたが何を望み、どこまでなら妥協できるのか、明確にして相手に伝えることで、話をスムーズに進めることが出来ます。

それだけでなく、あなた自身の意見を明確にしておくことは、結論に達しやすいというメリットがあるのです。

これから先の長い子育ての時間、どこに向かってどんな時間を過ごすのか結論をもって向かっていく方が、充実させられます。

事前に話し合う内容を紙に書いておく

不倫相手の子供を妊娠した時の既婚男性や奥さんとの話し合い方としては、事前に話し合う内容を紙に書いておくべきだと念頭に置いておきましょう。

これから始めようとしている話し合いは、単純に男女の「好き、嫌い」「くっつく、離れる」という話ではありません。

相手の家庭を巻き込み、あなたの人生と子供の人生を決める壮大なテーマを抱えている話し合いです。

何も準備せずに話し合いに向かってしまえば、ただの不満の言い合いやとりとめのない話題で貴重な時間を過ごしてしまいます。

その間にも着実にお腹の子供は育っているのです。

何度かに分けて話し合いをすることはもちろん、「今回はこれとこれを決める」と話し合う内容を紙に書いて挑みましょう。

感情的になりそうなときは次回に持ち越す

不倫相手の子供を妊娠した時の既婚男性や奥さんとの話し合い方としては、感情的になりそうなときは次回に持ち越すべきだと念頭に置いておきましょう。

これからのことを話し合う場というのは、とても重要な場面です。

心から愛している既婚者の男性の本性が見えるのもこの時。

当然一緒になれると思っていても「自分は一言も離婚するとは言っていない」と平気な顔で言う人もいるからです。

思った通りに進まなかったり、思いがけないことで激情してしまったりすると、予定していた話し合いも進まずに終わってしまいます。

あなたは妊娠していて、心のバランスも取りづらい状況だとあらかじめ考慮しておくべきです。

話し合いの最中に感情的になってしまえば、次回に持ち越すことを躊躇なく決定しましょう。

そのため、出産ぎりぎりに話し合いを始めたのでは、何も決まらない可能性もあるので、妊娠が分かったら早い段階で話し合いを進めていきます。

本格的にもめる前に弁護士に相談しておく

不倫相手の子供を妊娠した時の既婚男性や奥さんとの話し合い方としては、本格的にもめる前に弁護士に相談しておくべきだと念頭に置いておきましょう。

不倫をしている立場で、弁護士に相談するのは非常に遠慮してしまって、何もかも我慢してしまう人が後を絶ちません。

不倫していた事実は、確実にあなたにとって不利な状況ですが、一人の子供を育てると決めた時点で、あなたはすでに親としての責任が発生します。

本人同士、相手の奥さん、と当事者だけで話を進めていても、肝心な法律に関することや支援制度を調べ上げるには苦労を要するはずです。

子供の将来のためにも、あなたがこれから困らないためにも、人の人権を考慮してくれる弁護士に相談するのは賢い選択と言えます。

弁護士費用を考えると一歩踏み出せない人も多くいますが、子供を育てる上で様々な制度や助成金を知らずに生きていく方がよほど損をしてしまうわけです。

本格的に揉めてしまってからでは、不利なことが積み重なった状況からのスタートとなります。

そうなる前に、プロの知恵を借りましょう。

不倫相手の子を産み育てるなら覚悟すべき事

結婚とは縁がなくなる可能性がある

不倫相手の子を産み育てるなら覚悟すべき事は、あなた自身が結婚とは縁がなくなってしまう可能性があるということです。

独身女性が不倫をして相手の子供を妊娠してしまった場合、その子供を産んで育てるという選択をするなら、あなたにとって相手との結婚はぜひとも獲得したいところ。

しかし、既に妻帯者である彼を奪うという現実はあまりに過酷です。

上手くいけば、あなたも幸せな家庭を築けるかもしれませんが、彼が離れて行ってたとしても産み育てるのなら、結婚は「いいご縁があれば」ということになり、結婚に対する希望は薄くなってしまいます。

子供がいても構わない、という人と出会えれば結婚することも出来ますが、本気で愛してくれる男性も、子供の父親が既婚者だったと分かれば、「今度は自分が不倫をされるかもしれない」と不安がよぎるものです。

不倫相手の子供を抱えながら生きていくことは、一生結婚出来ないかもしれないということを覚悟しておきましょう。

女であることより子供の親として存在していることを自覚する

不倫相手の子を産み育てるなら覚悟すべき事は、女であることより子供の親として存在していることを自覚するということです。

昨今では、シングルマザーも世の中珍しくない時代になっています。

子供に父親がいるかどうかが問題ではなく、母親であるあなた自身が親である自覚があるかがとても重要なのです。

不倫相手の子供を産み育てることで、あなたは女という立場だけでなく母親という役目を背負うことになります。

今までのように自由に遊ぶことも出来なければ、子供のためにお金も時間も制限が出来、お金を稼いで養うことを第一優先に考えることが必要です。

女を捨てなければいけない訳ではなく、女でありながら母親であることを忘れないよう生きていかなければ、子供は確実に不幸になってしまいます。

女であることを優先して、ネグレクトや虐待をしてしまわないよう、覚悟を決めましょう。

経済的に苦しくなる時が必ず来る

不倫相手の子を産み育てるなら覚悟すべき事は、経済的に苦しくなる時が必ず来るということです。

シングルマザーで生活していくことを決めた時、相手からの養育費や生活費をもらっていて、補助制度や支援制度を活用していたとしても、必ず「お金が足りない」と思う日がやってきます。

これは、あらゆる支援は、親子が生きていくためのお金を工面できているだけに過ぎないからです。

子供が大きくなれば、服や靴がサイズアウトするのは当然だし、たまには「外食したい」と思うのも当然。

「ママ友との付き合いで、遊びに行きたい」「たまには旅行に行きたい」と思う気持ちが生まれるのも当然のことです。

しかし、生きていくためだけに工面されたお金では、経済的にゆとりが出来るわけではないので、あなた自身が節約を頑張ったり、仕事を頑張って報酬を得たりしなければいけません。

「こんなに必死に働いているのに時間が限られているから収入も知れている」「もっとお金が欲しい」「金持ちにならなくてもいいから少しの経済的ゆとりが欲しい」と経済面で苦しいと思う日が必ず来ることを覚悟しておきましょう。

ひとり親で育てるとメンタルが辛い時が訪れる

不倫相手の子を産み育てるなら覚悟すべき事は、ひとり親で育てるとメンタルが辛い時が訪れるということです。

ひとり親で育てることを決めたなら、「絶対に幸せになってやる」「あの人といつか一緒になれる日を夢見てその日まで一人で頑張る」と気持ちを張り詰めて頑張ることが出来ます。

しかし、我慢や緊張感はいつか突然崩れる日が訪れることもあるものです。

「何で一人で頑張らなきゃいけないの」「あの人の子供でもあるのに、一人で育てるなんて無理だよ」と心が折れてしまう日が訪れた時、周りに支えてくれる人がいるかどうかは重要なポイントといえます。

最初は意気込んでいても、いつかはメンタルが辛い時が来ると覚悟しておくだけで、その日を乗り越える準備が出来るかどうかに影響してくるのです。

「誰かに助けを求めてもいい」「本当に辛い時は無理しなくてもいい」と逃げ道を作っておくのも一つの方法。

ただ、母親であることを放棄さえしなければ、あなたの幸せは子供の幸せにもつながっているということを理解しておきましょう。

既婚男性への恨みを決して子供に向けない

不倫相手の子を産み育てるなら覚悟すべき事は、既婚男性への恨みを決して子供に向けないということです。

どれだけ話し合いを重ねても、あなたの要望が通らないことも良くある話。

相手にはすでに家庭があり、守るべき人がいる人です。

あなたが妊娠して、彼の子供が増えたとしても、今までの家族を捨ててもいい理由にはなりません。

話し合いの中で約束したことを、この先守ってもらえないこともあるものです。

「月に一度は子供に会いに来る」と言っていても、月に一度が半年に一度ほどになることも。

そんな状況になれば、当然腹も立つものです。

「約束と違うじゃない」「生活費くれないとこっちは生きていけないんだけど」と怒り狂っても、決してその感情を子供に向けないようにしましょう。

子供には何も罪がないことはよくわかっているはずですが、日に日に彼に似てくる子供を見ていると、怒りが子供に向かうことも珍しくないはずです。

しかし子供は子供。

感情コントロールを覚えて、親子が幸せになれる方法を見つけましょう。

不倫相手の子供を妊娠したら最初の決断を慎重に

不倫恋愛をしていると、妊娠疑惑が出た時からパニックになってしまっても仕方がありません。

不倫相手の子供だとしても、妊娠したのはあなた自身の体であり、どう結論付けるかであなたの人生を左右する決断になります。

不倫相手の子供を妊娠したら、最初の決断を慎重に行いましょう。

産むと決めたなら、母親になる覚悟をし、産まないと決めたならこれからどう生きていくのか改めて考え直すきっかけにすることが、幸せへの道です。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事