不倫相手と結婚できる?既婚者を略奪して結婚したいなら実行すべき作戦と夫婦になった元不倫カップルが経験する事
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「不倫相手と絶対に結婚したい」「どうにかして略奪婚を成功させたい」と不倫中のカップルが結婚を意識すると、どうしても結果を求めて四苦八苦してしまうもの。

不倫相手と結婚するには、様々な障害があることは容易に想像できますが、実際にはどんなことがあるのか、略奪婚について知ることで、解決することが出来ます。

今回は不倫相手と結婚できるのか、ということを具体的に結婚できるカップルの特徴や本気で取り合ってくれない既婚男性の心理を含めてご紹介しましょう。

本気で略奪婚をするなら、どんなことを作戦として実行していくべきか、既婚女性が不倫相手と再婚したいときにはどうやって夫と離婚することが出来るのか、また夫婦になった元不倫カップルが経験する事をお伝えしていくので、将来を見据えて参考にしてみてくださいね。

既婚者を略奪して結婚することが出来るのか、あなたはどんな道を歩んでいくのか、幸せになれるよう行動できることを探してみましょう。

目次

結婚までたどり着く不倫カップルの特徴

お互いが運命の人だと心から信じている

結婚までたどり着く不倫カップルの特徴には、お互いが運命の人だと心から信じているというものがあります。

「この人運命の人だ」

それは出会わなければ知ることもない感情です。

運命の人とは、結婚していようとも出会う時には出会うもの。

「好きになった人がたまたま結婚していただけ」という独身女性のセリフはよく耳にしますが、結婚している方も「彼女と出会ったのは運命だ」と感じている人も少なくありません。

運命の二人だと信じてやまないカップルは「結婚こそが最終ゴール」だと考えていて、二人で夢見る同じ目標に向かって、一致団結して努力することが出来ます。

二人を阻むものは全て敵とみなし、ひたむきに純愛を貫くための行動ができるので、不倫からでも結婚にたどり着くことが出来るわけです。

お互いのことを運命の相手だと思っている二人は、既婚者だという障害や離婚しなければいけないという高い壁さえも、愛の試練だと考えています。

そのため、困難であればあるほど二人の愛は燃え上がるのです。

既婚者がパートナーとの離婚を不倫とは関係なく望んでいた

結婚までたどり着く不倫カップルの特徴には、既婚者がパートナーとの離婚を不倫とは関係なく望んでいたというものがあります。

いわゆる「元々夫婦仲が悪い」という状態です。

不倫をしていようが、していなかろうが既婚者である人はパートナーと離婚するつもりだったので、自分の自由を満喫するために不倫をしています。

不倫をする多くの既婚者がこのタイプだといえるのですが、その度合いが強いほど不倫相手との結婚にたどり着く可能性が高いはずです。

夫婦関係が破綻していて家に居場所がない、家族からないがしろにされる、小言ばかり言われて苦しい、などの状況が家庭内で続いているのであれば、不倫相手と一緒にいる時間が幸せで仕方がありません。

現実逃避と非日常の癒しが融合された最高の時間を手放せなくなり、不倫相手と結婚をするに至ります。

そもそも離婚をするつもりの人との恋愛は、罪悪感を持つことも少ないので二人の幸せのためだけに進めることが出来るというのも結婚までたどり着くことが出来る不倫の特徴です。

不倫をしているうちに夫婦関係に違和感を持ち始めた

結婚までたどり着く不倫カップルの特徴には、不倫をしているうちに夫婦関係に違和感を持ち始めたというものがあります。

実は、不倫がきっかけで「今までの夫婦関係がおかしいのではないか」「普通だと思っていたけど違った」と気づき始める人がいるのは事実です。

結婚をすることで、社会から隔離された小さな”家族”という社会が出来上がります。

家族という社会は、外に情報が洩れる事がめったになく、とても隔離された空間です。

そのため、夫からDVや罵倒される言葉の数々を言われていたとしても、周囲にSOSを出しづらい環境と言えます。

「言われたとおりに生活をしてきたけど、もしかしておかしい生活なんじゃないか」と不倫相手との恋愛をしているうちに気が付くはずです。

結婚して閉鎖的な空間で、自分が傷つけられていてもそれを「これが日常」「他の家庭もよくあること」と思ってしまうことで、問題に気が付かないケースがあります。

しかし、不倫相手と恋愛をして「今の家庭から抜け出したい」と願い始めることで、不倫相手がサポートしてくれて離婚に至るのです。

「新しい人生を生きたい」と人生のリセットを望んでいる

結婚までたどり着く不倫カップルの特徴には、「新しい人生を生きたい」と人生のリセットを望んでいるというものがあります。

実は結婚生活というのは、夫と妻の二人だけで作り上げるものではありません。

ましてや二人だけの考え方で生活を円滑にしていけるわけでもないのです。

今まで生きてきた中で親から受けた言葉で生まれたトラウマ、人生経験の中で培ってきた成功や失敗体験、紆余曲折して気づいた考え方、など多くの人の影響を受けています。

既婚者が結婚生活をしている中で、「付き合っている時にはこんなこと言う人じゃなかったのに」「結婚して月日が経つにつれてパートナーはダメになっている」と結婚したことを後悔する事も。

トラウマや経験から間違った選択をたくさんしてきたと気が付いた時、「新しい人生を生きたい」「人生をリセットしたい」という願望が芽生え、不倫相手とともに再出発をしたいと行動に起こすのです。

その結果、今の環境を捨ててでも不倫相手と結婚して新しい人生を手に入れることが出来ます。

年の差が大きい

結婚までたどり着く不倫カップルの特徴には、年の差が大きいというものがあります。

年齢差が大きいほど、相手に対して尊敬の念を抱くことが出来たり、価値観がぶつかることが少なかったりするものです。

年齢の性とも言い切れませんが、どうしても近い年の人であれば自分の主張を貫き通したくなったり、張り合おうとしてしまったりと、いつでもニコニコして過ごすことが難しくなります。

しかし、年齢差が大きければ相手が何を言っていても、さらっと流して話を聞くことが出来るのです。

一緒にいる事に意義を見出すことが出来ているので、会話の内容がかみ合わなくても気にしません。

また、「相手の役に立ちたい」という気持ちが不思議と大きくなるため、「自分の幸せも大事だけど相手の幸せのほうがもっと大事」と本物の愛にたどり着くことが多々あるのです。

また、男性は年齢がぐっと離れた女性を好むタイプの人もいて、性欲が強い男性も年齢が若い女性のほうが相手をしてくれる頻度が多くなるので手放しがたくなってしまいます。

離婚して結婚しようと言いながらなかなか本気で実行してくれない既婚男性の特徴

不倫相手の体が目的で付き合っている

離婚して結婚しようと言いながらなかなか本気で実行してくれない既婚男性の特徴には、不倫相手の体が目的で付き合っているというものがあります。

そもそも不倫をする既婚男性は、本気で彼女に惚れている人とずっと遊びの関係のままいたいと願っている人といるものです。

そのため、最初から割り切り不倫をしていて、これからも本気になるつもりのない既婚男性は、女性から結婚を切り出されても端から本気にしていません。

割り切り不倫と言っても、一緒にいる時間は甘い空気を楽しみたいもの。

「一緒になって」と言われると「もちろんそのつもりだよ」「早く結婚したいね」と話を合わせて甘いひと時を楽しみます。

「奥さんとは離婚するから」「結婚したらずっと一緒にいられるね」と実現しないからこそ次々と言葉が出てくるところです。

不倫相手の女性が離婚や結婚の言葉を本気にしていようが構わず、既婚男性は二人でいる時間が楽しければいいと思っています。

不倫相手の女性が結婚を望んでいることを適当にあしらおうとしている

離婚して結婚しようと言いながらなかなか本気で実行してくれない既婚男性の特徴には、不倫相手の女性が結婚を望んでいることを適当にあしらおうとしているというものがあります。

不倫をする既婚男性は適当に会話をすることが得意です。

彼女が「いつ私と結婚してくれるの?」「奥さんと早く別れてよ」と言われ続ける事が面倒だと思いながらも、その言葉をまともに受けて「いつと言われてもはっきりとは答えられないよ」「離婚っていうのは簡単にできるものじゃないんだ」と答えていては、せっかくの楽しい不倫がケンカばかりの時間になってしまいます。

不倫デートは時間が限られているし、いつでも会えるわけではないので、一緒にいる時間くらいは楽しく過ごしたいと思っているはずです。

そのため、わざわざ一緒にいる時間に言い合いをする必要性もなく、真面目に答えたところで彼女の反感を買って「私のこと遊びなのね」とヒステリックを起こされてしまうことが面倒だと感じます。

「結婚しようね」と答えておくことで、その場を適当にあしらうことが出来、気分よく彼女にデートの時間を過ごしてもらうことを最優先としているのです。

本当は奥さんとの夫婦仲がとても良好で離婚する理由がない

離婚して結婚しようと言いながらなかなか本気で実行してくれない既婚男性の特徴には、本当は奥さんとの夫婦仲がとても良好で離婚する理由がないというものがあります。

不倫をしている既婚男性でも、奥さんとの夫婦関係がすべて悪い人ばかりというわけではありません。

奥さんとの関係が良好であっても、既婚男性にとって心動かされる人との出会いや、弱っている時に支えてくれたりした女性には好意を持ち、一緒にいたいと不倫を始めます。

不倫相手の女性は、もちろん自分が一番愛されていると思っているし、交際しているからには愛をささやくため彼女は離婚して結婚してもらいたいと願うのも無理はないものです。

既婚男性としては、彼女のことは大切にしたくても家庭と恋愛は全くの別物。

奥さんと離婚する理由もなければ、願ってもいないので、彼女からの希望にこたえるつもりはなくても話を合わせるほかない状況です。

離婚するための弊害がたくさんある

離婚して結婚しようと言いながらなかなか本気で実行してくれない既婚男性の特徴には、離婚するための弊害がたくさんあるというものがあります。

既婚者が離婚するためには、様々な壁を乗り越えて話し合いで決めなければいけないことがあるものです。

どんなに不倫相手のことを愛していても、離婚することは簡単ではありません。

奥さんや子供のことはもちろんですが、職場にも上司には報告をする必要があるのにパートナーがその上司からの紹介で結婚に至った相手であれば、報告するだけでも簡単に済むはずがないからです。

自分の両親との関係、義両親への説明なども親が会社の役員など仕事が絡んできたり、後継者問題が絡んできたりすることで、離婚することはより困難になっていきます。

離婚は当人たちだけの問題ではなくなっているということを痛感するところです。

離婚するための弊害が多すぎることで、いくら不倫カップルが両思いで結婚への思いが強くても、なかなか実現することが難しいといえます。

優柔不断で決めることが出来ない

離婚して結婚しようと言いながらなかなか本気で実行してくれない既婚男性の特徴には、優柔不断で決めることが出来ない性格というものがあります。

不倫をして離婚や結婚の話が出ていたとしても、優柔普段な男性であれば自分の人生がどうあるべきか、これからどう行動すればいいのか決めきることが難しいと感じているものです。

優柔不断の男性は、これまでも人生の重要な場面で自分の決断ができないと悩んでいたことがおおくあったはず。

結婚を決めた時点でも、かなりの決断をしたにも関わらず不倫相手から離婚や結婚を迫られても「また大きな決断をしないといけないのか」「こんな重大な場面、出来れば避けて通りたいな」と決めきることを延期したいと望みます。

優柔不断の男性にとって、結婚の話は簡単に決断することが出来るものではなく、いくら話題に上っていても、「どうしよう」「いつにしよう」「どうしたら幸せになるのかな」と悩んでばかりです。

結婚しようと言葉にしてくれていても、具体的なことについては決めきることが出来ないことで、本人も苦しい思いをしています。

既婚者を略奪して結婚したいなら実行すべき作戦

手料理で胃を掴むために料理の腕を磨く

既婚者を略奪して結婚したいなら実行すべき作戦には、手料理で胃を掴むために料理の腕を磨くことを実践しましょう。

恋愛において、相手を手放したくない時には手料理で相手の食事の好みを掴むことで、「離れたくない」という感情を芽生えさせることが出来ます。

既婚男性の人生において、日常の食事というのはこれまで母親の手料理と妻の食事です。

幼いころから慣れ親しんだ母親の味は、世界で一番美味しい料理だと思っていることも。

結婚したことで、日常の食事が妻の手作り料理となっていますが、夫が満足しているかどうかは別の話です。

味付けや盛り付け、メニューの献立や材料の種類など、料理と一言に行っても作る人が違えば全く仕上がりが変わります。

既婚者の彼と結婚してずっと一緒にいるためには、「毎日この料理を食べたい」と思ってもらうことが手っ取り早いのです。

彼の胃を掴むために、どんな料理も作れるように腕を磨くことを実践しましょう。

既婚男性の身辺を徹底的に調べる

既婚者を略奪して結婚したいなら実行すべき作戦には、既婚男性の身辺を徹底的に調べることを実践しましょう。

結婚するために欠かせないのが、結婚後の人間模様です。

略奪婚を成功させたはいいけど、彼の周辺の人とうまくいかず破局に追いやられてしまうということも珍しくありません。

親戚関係や交友関係を徹底的に調べておくことが大事です。

結婚を意識し始めた時、誰もが頭に思い浮かべるのは、姑との関係と言えます。

しかし、実際には舅との関係が上手くいかないということもあれば、周囲の友人たちやご近所さんから総すかんをされて、居場所がなくなってしまうということもあり、結婚後の生活を脅かす要因です。

事前に人間関係や親戚関係、交友関係をしっかりと調べておけば結婚に向けて少しずつ対策を練って、味方にしていくことが出来ます。

結婚までの期間が延びたとしても、事前準備と根回しをしっかりしておくことの方が、結局略奪婚を成功させ、周囲を巻き込んで結婚を前向きに進めるようになるのです。

奥さんよりも一緒にいるべき人だと認識してもらう

既婚者を略奪して結婚したいなら実行すべき作戦には、奥さんよりも一緒にいるべき人だと認識してもらうことを実践しましょう。

不倫恋愛を続けていても、既婚男性にとって不倫相手に対する認識がどんなものなのか不確定ならいつまでたっても略奪を成功させることが出来ません。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

略奪婚をするためには、まずは彼自身の心の中で覚悟を決めてもらう必要があります。

人生の大きな決断をして長年連れ添った奥さんと別れることを決意して、あなたと一緒にいる事の方が幸せになれると実感してもらわなければいけないのです。

そのためには、しっかりと愛情を伝えるだけでなく彼の日常の疲れや緊張を解きほぐすことも大事だといえます。

無理ばかりを言って、既婚者に余計な心労をかけないように注意しましょう。

結婚したいからと言って、ワガママばかり伝えていては「この子と結婚しても疲れるな」「一緒に生活したらワガママばかり言われてしまう」と略奪婚が遠のきます。

相手が勝手に結婚生活を想像してくれて、幸せな気持ちになってくれるような空間づくりを目指します。

将来をイメージできるようなポジティブな未来の会話

既婚者を略奪して結婚したいなら実行すべき作戦には、将来をイメージできるようなポジティブな未来の会話を実践しましょう。

不倫相手と一緒にいる間ポジティブな未来を想像することが出来れば、これからもずっと一緒にいようかと思うことが出来ます。

仕事が嫌なことが合った時、ミスした時、人間関係で腹が立った時、家庭で揉め事があったとき、奥さんの小言がうるさい時、など既婚男性には「はぁ」と思わずため息をついてしまう瞬間が数多く存在するものです。

そんな時こそ既婚男性は不倫相手と一緒にいたいと思い、日常から離れて非日常を体感することで心を癒すことが出来ます。

略奪婚を成功させるためには、既婚男性に「この癒しの時間がずっと続いてほしいな」と思えるほど有意義な時間であるべきです。

会話の中にはポジティブな言葉を盛り込み、明るい未来を想像できる会話を積極的に楽しむことで、「これからもこんな毎日を繰り返したい」と思ってくれます。

究極の選択で迫る!既婚男性との子供を妊娠する

既婚者を略奪して結婚したいなら実行すべき作戦には、既婚男性との子供を妊娠し、「奥さんか私か」という究極の選択で迫ることを実践しましょう。

不倫関係の二人にとって、不倫の間中に妊娠するのはどう考えてもいいとは言い難い出来事です。

しかし、略奪婚を成功させたいなら禁断の方法を活用することも心を動かすきっかけとなります。

男の人は避妊をしなければいけないと分かっていても、どうしても避妊道具を使わないセックスのほうが気持ちがいいと思ってしまうものです。

そのため、妊娠すると決めたならもう避妊してもらうことを止めましょう。

「そんな簡単に妊娠しないでしょ」と言えば、男の人は「そんなもんか」と思い避妊することを止めてしまいます。

出産する覚悟がしっかり固まっているのなら、中絶できない週数まで黙っておき「赤ちゃんを産むから、一緒に育ててほしい」と伝えましょう。

一緒になれないと言われたとしても、「あなたとの生活を望んでいる」と言い続けることが大事です。

あなたの覚悟と新たな命を目の当たりにした彼は、結婚を決意してくれます。

不倫相手との再婚のために既婚女性が今の夫とうまく離婚するための方法

価値観の違いに耐えられなくなったと伝える

不倫相手との再婚のために既婚女性が今の夫とうまく離婚するための方法には、価値観の違いに耐えられなくなったと伝える事があります。

既婚女性が夫と離婚をする原因の一つに、夫婦の価値観の違いというものがあるのです。

不倫という理由は絶対に夫に告げることは出来ないため、この多くの人が使っている理由を活用しましょう。

少なくとも不倫をして本気になっていくうちに、最初は夫に不満がなかったとしても夫婦間で価値観の違いを感じるようになっているはずです。

「彼だったらこんな時こんな言葉をかけてくれるだろうな」「どうしてうちの夫はこんな簡単なこともしてくれないんだろう」と不満を感じたことを、一つづつ紙に書いて整理していきます。

夫にどんなことを求めていて、あなた自身はどんな夫婦生活を送りたいと望んでいるのか、言葉で伝えることが出来るようになることで、夫に正々堂々と言えるのです。

オドオドしていたり、明確な言葉にして不満を伝えることが出来なければ、離婚という大きな壁を乗り越えることは出来ません。

意図的にセックスレスにしていく

不倫相手との再婚のために既婚女性が今の夫とうまく離婚するための方法には、意図的にセックスレスにしていくというものがあります。

離婚するためには夫婦関係を自然に距離を離していく必要があるのです。

夫婦の心の距離感を広げていくには、夜の営みをしないようにしていくことが有効と言えます。

夫とのコミュニケーションの一つとして、夜の営みはとても重要なポイントです。

意図的にセックスレスにしていくことで、夫も欲求不満になり、コミュニケーション不足から相手が何を考えているのか分からなくなってしまい、会話すらもおっくうになっていきます。

夫婦間の会話がなくなってしまうと、夫婦関係を続けることも難しくなり、家にいるだけでぎくしゃくした雰囲気が漂ってしまうのです。

最初は「今日は疲れている」という断り文句から始めて、一緒に布団に入ることを避け、意図的にセックスレスにしていきます。

何度も断られることを繰り返すことで、旦那も妻とセックスすることを諦めてしまうはずです。

完全に心の距離感が空いてしまえば、離婚も切り出す理由が山ほどできています。

夫婦の不仲は子供の環境に良くないと伝える

不倫相手との再婚のために既婚女性が今の夫とうまく離婚するための方法には、夫婦の不仲は子供の環境に良くないと伝えるというものがあります。

離婚問題には子供との関係がどうあるか、これからどうあるべきかという話題が欠かせません。

夫婦関係が上手くいっていないのであれば、離婚のきっかけをいつまで待っても、今までその状況でいられたということはこれから先も我慢し続けることも可能です。

しかしあなたの幸せを考え、不倫相手と再婚したいという目標が出来たのなら一歩踏み出すタイミングと言えます。

「今の状況が続くのは子供が育つためにもいい環境ではない」「両親が不仲でい続けることは見せるべきものじゃない」と伝えることで、父親である夫には真剣に考えるきっかけとなるはずです。

「お互い幸せになるべきだ」「子供がのびのび育つ環境を用意するべきだ」ともっともらしいことを伝えることで、十分離婚を切り出すことが出来ます。

会話をしなくなる

不倫相手との再婚のために既婚女性が今の夫とうまく離婚するための方法には、会話をしなくなるというものがあります。

夫婦生活において会話があるかないか、人生の大半の時間をどう過ごしているか決まるものです。

夫婦で過ごす時間、会話がなければとてもつまらない時間を過ごすことになります。

そのうち夫婦で同じ空間にいたとしても、それぞれが自分のことをし始めることになるのです。

趣味をしたり友達との電話やLINE、パソコンでネットサーフィンなど好きなことをしながら、一緒にいるはずのパートナーの存在は空気のように感じます。

会話をしなくなることで、完全に夫婦の絆を崩壊する要因となるはずです。

少しずつ会話をする時間を減らしていき、夫が家にいる時間を苦痛になるように誘導しましょう。

そして、会話しないことが当然になったころ「一緒にいる意味が分からない」と切り出すことで、相手も納得してくれるに違いありません。

休日に夫抜きで出かける

不倫相手との再婚のために既婚女性が今の夫とうまく離婚するための方法には、休日に夫抜きで出かけるというものがあります。

家族で過ごす時間は既婚者の男性にとって「自分の居場所だ」と感じる幸せなひとときです。

夫からその機会を奪うことで、旦那に「俺はこの家族に必要な存在なのか」「俺の家の中での居場所が分からない」と落ち込んでしまいます。

子供を連れて、夫抜きで休日に出かけることで、一人ぽつんと家に残されたてガランと寂しく広がる空間を見て、その空気感が耐え切れないと感じるものなのです。

「なんで一緒に出掛けないんだろう」「俺は何のために家族を養っているんだろう」と自分の存在価値を見失い、早く離れたいと思い始めてくれます。

父親抜きでも十分幸せそうな子供の表情を見ていると、別々の道を歩いて幸せを見つけたほうが良いと感じるのです。

夫を仲間はずれにして生活することで、子供たちも父親を慕うことがなくなり、離婚して新しく別の生活を送ることが順調に近づいてきます。

夫婦になった元不倫カップルが経験する事

結婚経験のある親からの対応が冷たい

夫婦になった元不倫カップルが経験する事には、結婚経験のある親からの対応が冷たいというものです。

元不倫カップルが結婚まで無事にこぎつけたとしても、既婚者だった側の親からすると一度離婚を経験した自分の子供がすることに信用を失っています。

「離婚したうちの子の何がよかったの?」「どうせまた離婚するんでしょ」と受け入れられないと思っているうちは、とても冷たい対応を見せるはずです。

「あなたはお金目当てなの?」「色仕掛けでもしたの?」と失礼極まりない言葉を投げかけてくる両親も珍しくありません。

もう一度失敗してほしくないと子供に期待しながらも、離婚したという経験が自分自身の恥だと思ってしまうことで、新しく来た嫁や夫に対して冷酷な態度を隠し切れないのです。

親としてもとても複雑な心境ではありますが、離婚をした後にすぐ連れてきた恋人をどこか胡散臭いと感じてしまいます。

「この二人は本当に幸せになるのかしら」「今度はどのくらい結婚生活が持つかな」と試している気持ちで見ているので、いつまでも受け入れられていない気持ちを味わうはずです。

経済的な負担が大きい

夫婦になった元不倫カップルが経験する事には、経済的な負担が大きいというものです。

離婚を経験した元既婚者は、離婚をするときに経済的な約束をしていることがほとんど。

子供の養育費、当面の生活費、不倫がバレた時には慰謝料、裁判費用、弁護士費用など様々な方面で出費を通達されています。

結婚までこぎつけた元不倫カップルは、その経済的負担を二人でどうにか賄わなければいけません。

二人の新しい生活を始めるためにもお金が必要なのにもかかわらず、もう終わったはずの家庭に関する出費を計算して稼ぎ、そのまま出ていってしまうことを経験します。

やっとの思いで二人の時間を確保できた新婚生活も、経済的負担が大きくてゆっくりと幸せを感じている暇がないのです。

「やっと結婚できたのに、なんで前の家族のためにお金を工面しなくちゃいけないの」「約束したことだけど、こんなに経済的に圧迫されるとは思わなかった」と不満が募ってしまいます。

結婚披露宴が出来ない

夫婦になった元不倫カップルが経験する事には、結婚披露宴が出来ないというものです。

二人のきっかけが職場不倫だとすると、離婚をさせてまで奪った大好きな人との結婚披露宴をすることが出来ません。

独身女性が初婚だとしても、職場の人には「あの二人不倫してたんだよね」と結婚が決まった途端に思ったはずです。

もちろん、結婚式も披露宴も行うことは本人たちの自由ですが、かなり気が引けるため、とても招待状を送る気持ちにはなれないといえます。

どれだけ願っても、結婚披露宴するためにはお金も必要だし、「どのくらいの人が不倫って気づいているんだろう」と不安に思う気持ちをぬぐうことが出来ないので、心から楽しむことができないことは容易に想像できるものです。

「人から奪っておいてお祝い金をもらうなんておこがましい」と罪悪感も生まれるため、結婚披露宴は諦めるカップルが多いといえます。

二度目の結婚式は、親からの援助も期待できず金銭的な不安もあるので、なかなか踏み切れないところです。

不倫される不安がぬぐい切れない

夫婦になった元不倫カップルが経験する事には、不倫される不安がぬぐい切れないというものです。

因果応報という言葉は昔から多くの人が実感してきた言葉だといえます。

不倫で結婚までたどり着くことが出来たということは、離婚経験がある方は不倫をする可能性がある人です。

結婚をしていても恋愛をすることに抵抗がないので、もしかするとまた不倫をしてしまう可能性があるということだといえます。

夫婦生活に不満を感じたり、マンネリ化に飽きてしまったり、「やっぱりこの人が運命の人」と感じたり、結婚してからも安心することが出来ません。

自分が奪われる側になるかもしれない、自分もいつ不倫をしてしまうか分からないという不安を常に抱える事で、夫婦生活を刹那的なものだと感じてしまうようになります。

疑わないように気を付けていても、頭の片隅で疑いの気持ちがある自分にがっかりしてしまうこともあり、これからの結婚生活に少なからず影響を及ぼすのです。

「本当に幸せになれる日はいつくるのか」「夫婦の幸せの在り方ってなんだろう」と虚しさを感じてしまいます。

価値観や性格にズレがあることを知る

夫婦になった元不倫カップルが経験する事には、価値観や性格にズレがあることを知るというものです。

不倫している時には、会える時間も限られているし、一緒にいる時間がとても貴重なので、相手の性格や生き方、価値観などをじっくり吟味するという時間がありません。

「絶対一緒になるべきだ」と思っているだけで、「一緒に生活したらどうだろう」など女性ほど考えているとは限らないものです。

恋は盲目。

結婚してから相手の性格や生き方、考え方などを知り始めることで「こんな一面があるのか」「付き合っている時には気が付かなかったけどこの価値観は受け入れられないな」と思ってしまうことで、早々に心の隙間を見つけてしまいます。

「この先一緒に生活が出来るのか」「こんな人だとは思わなかった」と生活を始めたからこそわかることがあるのです。

脱いだものが脱ぎっぱなし、お金にルーズ、電気はつけっぱなしなど「付き合っている時には頼もしい人だと思っていたのに、一緒に暮らしてみると全然違った」とショックを受けることも。

不倫している時には気が付かなかったことが山ほど出てくるのです。

不倫相手と結婚できるかどうか状況や性格を確認しよう

不倫相手と結婚できるかどうか、略奪婚が成功するかはあなた自身と相手の性格や状況によるところも大きくなります。

絶対略奪婚をしたいと思っているのなら、まずは不倫カップルの二人が略奪婚出来る状況になるかどうか確認しましょう。

そして、結婚するために必要なことを行動して不倫相手との幸せを掴むことです。

不倫相手と将来の話をしっかりとすることをお勧めします。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事