友達から恋人になれる男の心理&友情と愛情を分けて考える男性の心理と彼女にしたい!と思ってもらえる瞬間
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

友達から恋人になる事を男性はどう思っているのか知りたい女性へ。

この記事では、友人と付き合うのがアリな男性の心理や、友情と愛情を分けて考える男性の心理を紹介していきたいと思います。

また、長年友人だと思って付き合ってきたのに、急にその女友達が異性に見えて「彼女にしたい」と感じるタイミングってどんなときなのでしょうか。

去年、ナインティナインの岡村隆史さんがそんな感じで結婚されましたよね。

岡村さんの場合は、お相手の女性は、10年以上も仲間の一人のような友だちとして付き合ってきた人と本人がおっしゃっています。

そして、そこには長年の友人から恋人になるヒントが隠されていそうです。

また、普通に単なる友達として付き合ってきた相手と、いざ恋愛関係になったとき、男性が特に、相手女性をはっきり彼女だと認識する瞬間、友達から恋人になったカップルが交際を長続きさせるための秘訣についてご紹介します。

目次

友達と恋人同士になる事をどう考えてる?友人と付き合うのがアリな男性の心理

男と女の間は、友情と言っても、それが愛情に変わることもあるのは自然なことと思っている

元々、絶対に恋愛対象外、と思って女性と友だち付き合いしている男性って、あまりいないと思います。

そもそも、人間的な魅力を感じなければ、仲良のいい友人関係は築けませんよね。

それに、いきなり相手に一目ぼれでもしないかぎり、普通は軽く友人関係から入って、相手をよく知るうちに、好意を抱く、というパターンがお付き合いをするときは結構多いものです。

なので、そこまで明確に異性の友人を、「この子とは絶対に恋愛しない、一生友人のまま」なんてジャッジしている男性は少ないはずです。

女性だって男友達に対して、そこまではっきりとラインを引いている人っていないんじゃないでしょうか。

よほど外見が好みではない、などの理由がなければ、友人として付き合える男性に対して、この先どこかの時点で恋愛感情が芽生えないとは言い切れませんよね。元々生理的に苦手なタイプなら、友人にすらならないでしょう。

ですから、普通の人は、ただの異性の友人と思っている相手でも、ふとした瞬間や、何かのきっかけで魅力を感じれば、恋に落ちることはあるもの。

女性よりも男性の方が自分の欲望に素直な人が多いですし、そもそも人間として女性として魅力を感じていなければ、上辺だけの関係ならまだしも、わざわざ友達と認識するほど親しくなることもないでしょう。

友人から恋人へ変化することはアリ、と考えている男性は、最初からそこまで明確なラインを引いて、異性と付き合っていません。一生単なる友人でしかありえないなんて、強く思っているわけではないのです。

最初から男友達と同じようなただの友人とは見ていない。一人の女性として、意識はしていた

異性の友人とは言っても、やはり同性の友人とは違いますよね。

女性の方も同じではないでしょうか?

男友達とは、女友達とするような会話はしませんよね。身体的な部分での話などは、できないこともあります。なので、いくら友達とは言っても、相手が男性という意識は多少なりともあるでしょう。

そして、男性側の方が、それは顕著だと思います。

女性の友人を男友達のように扱う、ということは、まだ性別なんて関係ないくらいの幼い頃ならあったとしても、ある程度の年齢になれば、まるっきり男扱いなんてしません。

それくらい、歳を重ねていけば女性と男性は顔つきも体つきも違ってきますし、性差を意識する機会って沢山出てきます。

たとえ異性の友人が沢山いたとしても、女友達を男友達と同じように扱ったり、同じような感覚で過ごしている男性は少ないのです。

仮に異性の友人を、男友達とまったく同じように扱う男性がいるとしたら、その人はちょっと天然すぎるか、よほどの変わり者と言えるでしょう。

普通の男性は、異性の友人を100%単なる友達として見ていません。当たり前ですが女性は男性と見た目も全然異なりますから、同じように見ようとしても無理なのです。

なので、普通の男性なら、どこかで何かのきっかけがあれば、友情が、恋愛感情に傾くこともありえる、ということは承知しているのです。

そもそも異性との友情と愛情の線引きは曖昧。一緒にいて楽しいから友だちとして付き合ってきた

異性との友人関係では、友情か恋かの線引きって曖昧ではないでしょうか。

異性愛者であれば、同性の友だちと一緒にいて、「この子すごいいい子だな」と思っても、それが恋愛感情になることはありませんよね。

ですが、相手が異性であれば、友達付き合いをする中で、色々な面を見ていくうちに、「いい子だな~」と好意を抱き、それが恋愛として意識されることもあるでしょう。

なので、異性の友人とは、一緒にいて楽しいから友人として付き合いを続けているけど、それが恋愛の方向に行かないとは限らない、という気持ちは、誰しも心の奥底にあるはずです。

相手に恋人でもいない限りは、そんな感情を否定する方が不自然ですよね。

そして、そこが男女関係の面白いところと言えるでしょう。

なにかのきっかけがあれば、突然恋愛感情が一方に芽生えたり、お互いに意識し合うようになったり、それは誰にも分かりません。

それが男女の友情というもの。壊れやすいかもしれませんが、愛情という強固なものに変わることもあるのです。

それをかたくなに否定する人は少ないでしょうし、否定する意味も分かりません。

もちろん、この男友達には恋愛対象にされたくない、と防衛的な気持ちが湧く女性もいるかもしれません。そんな風に感じる時は、相手への生理的な嫌悪感があるのかも…。

ただ、もし、そう思うなら、相手男性のことを「友人」というカテゴリーに入れない方が自分と相手のためでしょう。

根本に相手に対する好意がないと、友情だって恋愛だって成り立ちません。
そこに明確なラインを引くのは野暮というものでしょう。人間同士の関係なんて、もっと流動的なものだと理解している男性も沢山います。

一度友だちになったら付き合うのは難しい…友情と愛情を分けて考える男性の心理

恋人には男としてカッコいいと思われたいのに、今までカッコ悪いところも全てさらけ出してきた相手ではムリと思う

基本的には、異性の友人との、友情と恋愛の境目はどこかあいまいなものです。

しかし、ことさらそこにはっきり線引きしようとする男性もいないわけではありません。

例えば、友人としてあまりに親しくなりすぎて、カッコ悪い部分もさらけだしてきた相手と、いまさら恋人として付き合う気持ちになれない、という男性もいるでしょう。

長く友人関係を続けていていると、いつのまにか家族的な関係になり、お兄ちゃんと妹、もしくは姉と弟みたいな関係性になってしまうこともあります。そうなってくると、お互いに泣き言を言ったり、弱い部分を見せたりしたこともあるでしょう。

女性は弱さをさらけ出しだせたからこそ、相手にさらに親密さを感じたりもしますが、男性はそうとも言えません…。

友人だと思えばこそ、弱さを見せることができても、恋人にはそんなところを見られたくないと思う男性は多いのです。

なので、親しくなりすぎたせいで、逆に恋愛へと発展できるとは思わないという男性はいるかもしれません。

ただ、そんな風に考えていたとしても、恋に落ちる時は落ちてしまうもの。
所詮頭で考えたことなんて、心が決めることには逆らえないのです。

相手と、男友達と同じように付き合いたいという気持ちが強く、あえて恋しないように気を付けている

異性でも、気の合う相手っていますよね。それが恋に向かうこともあれば、異性の友人として仲良くする人もいるでしょう。

ただ、異性の友人として楽しく付き合っているのに、恋愛のような感じになって、せっかく築いたいい関係を壊したくないと思う男性も中にはいます。

そういうタイプって、以前、同じようなパターンで友人から恋人になり、その後破局して友人にも戻れなくなった、というような経験をしていることも多いです。

なので、せっかく二人の間が友情という形でうまくいっているのに、それを壊してまで、あえて男女の関係になりたいとは思わない、という男性もいます。

それに、相手が男女問わず、友情に重きを置く男性はいますよね。

友人としての相手女性を大事にしているからこそ、あえて自分の恋愛対象から外す、ということを意識的にしている男性もいるでしょう。

しかし、だからといって、100%恋愛に発展することはない、なんて、誰にも言えません。なにかちょっとしたきっかけがあれば、簡単にそんな信条は崩れ去ってしまうものなのです。

恋愛の悩みも相談してきたのに、そんな相手に今さらどう彼氏づらすればいいか分からない

友人として付き合っている間に、お互いの恋愛相談をするということもありますよね。

「これこれこういうことって同じ男としてどういう意味なの?」と女性側が男性の友人に、男性心理を聞くことってありますよね。

それと同様に男性側から「こういう発言って、女の子ってどういう気持ちのとき言うの?」などと聞かれることもあるでしょう。

そんな風に、お互いがお互いの過去の恋愛相手を知っていたり、その過程を事細かく聞いていると、さすがに今さらお互いを恋愛対象にできない…と躊躇してしまうタイプの男性もいるでしょう。そこは男のメンツとでもいいましょうか…。

女性って、どちらかと言えば、過去は過去と、割り切れるタイプも多いので、あまり気にしないのですが、男性はやっぱり、恋愛する相手には、カッコいい部分だけを見せたい生き物なのです。

過去の彼女にこっぴどくフラれて落ち込み、泣きながら酔いつぶれたところや、片思いに悩んでそのことを相談していた女友達を、今さら恋愛対象にするなんてできない…という部分はある人もいるでしょう。

長年友達同士でも女友達が異性に見えた…彼女にしたいと感じるタイミング

今まで抑えてきたけど、女性側が本気で女を出したら、男の方は大抵相手を女性として意識しはじめる

男友達に会うとき、女性側って、恋人に会いに行くような格好やメイクをして、超気合が入っていることって少ないのではないでしょうか。

もちろん、どんな相手に会う時も、最高の自分でいられる女性もいることはいます。

しかし、たいてい、女性側って、まだまだ異性の友人の域を出ない相手と飲みに行ったりするときは、あえて『おんなおんな』したファッションや気合の入ったメイクをしないことも多いですよね。

そんな風に、あえて女を出そうとしない女性って、その人を友人と思っている男性から見れば、そこまで「女」として意識することはないのです。

それは、女性側が恋愛対象ではない男性に対して、自分の女としての魅力をMAXで出さないようにしているからでしょう。

よく、モテる女性っていますが、結局のところ、モテる女性って、意識的にせよ無意識にせよ、どんなときでも誰と会う時でも、自分の女性性をしっかりアピールしているだけなんですよね…。

だからこそ、自分が好きでもない男性からも言い寄られたりする。ある意味、それをリスクとは思わないので、誰からもモテる、というところはあります。

逆に、好きでもない男性から好意を寄せられたくないと思っている女性は、好意を持たれたくない相手の前では、あえて自分の女性性の気配を消して、好意を寄せられないようにブロックしていますよね。

ですから、もし、長年友人関係だったとしても、女性側が相手の男性に自分を女性として意識して欲しいと思うなら、ファッションやメイク、仕草などのスイッチを本気の女モードに入れたら、男友達の方も、絶対に意識が変わるでしょう。

それくらい、本気で女性として意識してもらいたいと思ったときの女の魅力って、すごいものがあるのです。

ただ、本気を出しても相手の男性が何も意識してくれないというなら、それは男性側が鈍感すぎる部分もありますよね…。ただ、意識していないフリをしているということもあるので、その辺りはよく観察してみてください。

相手の目をじっと見つめるだけでも、男性はドキッとするはずです。

自分が辛いとき、心配してずっとそばにいてあれこれ世話をしてくれた。男性は自分が弱っている時ほど染みるもの

普通の男性は、あまり自分の弱みを異性の友達に見せることはしません。(もちろん、弱音ばかり吐くかまってちゃん男もいますが…)

それでも、男性が落ち込んでいたり、辛い立場にいるということは分かるときもありますよね…。

たとえば、ナインティナインの岡村隆史さんは、10年以上友人として仲良く遊んでいた女友達と、昨年結婚しましたよね。それまでは、仲のいい仲間の一人として、特に女性として意識したことはなかったそうです。

ですが、女性として意識するようになって半年ほどで、岡村さんはその女友達と結婚までしています。

ここに、友人から恋人になる一つの大きなヒントが隠されているようです。

きっかけは、岡村さんがラジオでの失言によって、一部ネットで叩かれ、意気消沈していたところを、その女友達があれこれそばで励ましたり、料理を作ったりして、ぐっと距離を近づけたことだったようです。

男性って、弱っているときも、人に頼るのが下手なタイプも多いですよね。女性は友人としゃべってストレス発散できたりしますが、そうもいかないようです。

なので、男性は仕事などでミスをしたり、失恋して落ち込んでいる時に、優しく世話してくれる女性には弱いのです。

たとえ、それまではただの友だちとしてしか思っていなかったとしても、精神的に辛いときに優しくされたら、コロっといってしまうのは、女性も同じではないでしょうか。

そして、例えば、無理に明るく振る舞っていたとしても、本心では辛いことを察してもらえたりすると、「本当の自分を分かってくれるのはこの人だけなのかもしれない」と思うもの。そういう相手には、やはり恋愛感情を抱き始めるのは自然なこと。

もし、男友達に、異性として見られたい、彼女にしたいと思われたいのなら、相手がいまどんな状態なのか、本当の気持ちとは裏腹に無理していないかなど、常に気づかってあげる姿勢が大切でしょう。

彼がピンチのとき、本当に助けを必要としているときにそばにいてあげられるかは、大きなポイントと言えるでしょう。

恋人と別れ、もう二度と恋なんてできないと思って傷ついていたとき、男としてのプライドを取り戻させてくれた

男性が恋人にフラれた後も、そばにいてくれる女友達を異性として意識しやすいタイミングでしょう。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

失恋って辛いですよね…。

自分の存在価値を疑ってしまいますし、もう二度と自分は恋なんてできないんじゃないかというくらい、プライドもズタズタになるものです。

それに、とにかく誰かにすがりたい!という気持ちも強くなっていますが、そんな気持ちをさらけ出しても、がっつり受け止めてくれる人なんて、普通はいませんよね。

ですが、彼が孤独と絶望を感じている時、そばで彼の男性としての魅力をさりげなくほめてくれたり、彼の弱音を聞いてくれる女友達がいたら、男性はどれだけ救われるでしょうか。傷ついた男としてのプライドも癒されていくでしょう。

それまでは、ただの友だちとしてしか見ていなかったとしても、一番自分が傷ついて気持ちの底辺をさまよっているときに、近くで支えてくれる女性って、そのままただの友人として見続けることはできません。どうしても異性として意識してしまうもの。

ただし、彼が前の彼女に未練があるうちは、なかなか次の恋に進む気にならないのも確かです。

なので、こちらは少し気持ちや時間に余裕を持って、彼の心のキズが少しずつ癒えるのを待つことも必要です。

きっかけはキスから?友達から恋人になった男性が相手女性をはっきり彼女だと認識する瞬間

今までと違って手を繋いで歩いたり、友達同士のときは寄らないようなデートスポットに立ち寄るとき

実際に友達関係から確実に恋人同士になったと男性が感じる瞬間って、やはり友達関係では繋がなかった手を繋いで歩いたり、いかにもデートスポットという場所に行った時でしょう。

友人関係だと思っているうちは、二人ででかけたとしても、どうしても周りが恋人だらけ……というような甘々なスポットにはいきませんよね。行ったとしても、周囲のカップルの雰囲気に気圧されて、早々と立ち去ることもあったのではないでしょうか。

でも、恋人になると、話は違っています。

たとえば、今までは綺麗な夜景が見える場所に、わざわざ二人きりで行ったりしなかったはずです。

でも、晴れて恋人関係になり、手を繋いで二人で夜景を見つめているときなど、しみじみと、

「俺たちはもう友達じゃないんだな…」と男性は思うでしょう。

男性のタイプによっては、友人から恋人関係になったとたん、今まで連れて行ってくれなかったようなロマンチックな場所に行くことにこだわる人もいます。

食事するのも、チェーンの居酒屋のような、ざわざわした、気さくな場所から、周りもカップルが多く、しっとりした時間が過ごせるような雰囲気のあるお店に変わったりすることもあるでしょう。

その場所を楽しむというよりも、お互いの存在をもっと親密に感じられるスポットに行くことが増え、男性側も、より友人関係の頃との違いを感じるはずです。

友人だったころはさくっとバイバイできたのに、恋人になって別れ際が、名残惜しくなったとき

友人として出かけていた時は、さよならを言う時もさくっと笑顔で「バイバイ」と言って別れられたのに、恋人になると、別れがたくなったり、家につくまで心配したりするのも変化を感じるときでしょう。

電車やバスの時間もあるのに、離れがたくてグズグズしてしまったり、一人暮らしをしている方のうちまで一緒について行ってしまい、結局そのまま泊ってしまうこともあるでしょう。

友人として付き合っているのと、恋人として付き合っているのは、やはりずいぶん違いがありますよね。

相手を友人と思っている限り、独占欲はありませんから、相手が一人のとき何をしていようと関係ないと思っていても、自分の恋人になったとたん、ひと時も相手を離したくないという気持ちが芽生え、急に独占欲が湧いてくるのです。

なので、別れ際も友人のときとは違う、「もっと一緒にいたいな…」という気持ちになってしまったり、一人のときは何をしているんだろうとか、誰か他の男と会っていないかなどと、邪推してしまうこともあります。

男性にとっては、今までの関係では何も感じなかったのに、いつの間にか嫉妬心を抱くようになっていたときも、相手が自分の恋人になったんだな、と気づかされる瞬間だと言えるでしょう。

今まで相手の部屋に一人で行ったことすらなかったのに、いつの間にかお互いの部屋に泊まるようになっていたとき

異性の友人との関係って、やっぱり色々な面で同性の友人とは違うものがありますよね。

例えば、一人暮らしをしている同性の女友達の部屋には気軽に行けるけど、一人暮らしの男の友人の部屋って、やっぱりなんとなく、女性一人では訪ねづらいですよね…。(もちろん、全然気にしないという人もいるかもしれませんが…)

たとえ、相手を異性として意識していたわけではなかったとしても、何となく女一人では、足を踏み入れづらいもの…と感じる人は多いですよね。

そういう面から見ても、やっぱり異性の友だちって、どことなく微妙なバランスの上に成り立っているところがあるのではないでしょうか。

しかし、友だちから恋人になったとたん、相手の部屋に一人で行くのはもちろん、お泊りすることだってあります。

最初はもちろん、ドキドキしますよね。でもいつの間にか、それが当たり前になり、お互いの部屋がだんだんと居心地よくなっていくのも、恋人関係になったから。

そこでお互いに手料理をふるまいあったり、テレビを肩を寄せ合って見たり、お互いの部屋のお風呂に入ったり…。

それって、やっぱり異性の友人関係のままでは、できませんよね。そんなとき、男性は、

「ああ、もうこの子はただの友達じゃなくて、恋人になったんだな…」

としみじみ感じるものなのです。

友だちだと思っていた時には感じなかった、男女のドキドキ感を一緒にいると常に感じるとき

友人だと思っているときは、相手と一緒にいても感じなかったドキドキ感が生まれるのも、友だちから恋人へとはっきり変化した関係性を感じるときでしょう。

それが異性でも、友人としてしか思っていない相手なら、好きな異性といるときに感じる、ときめきはありませんよね。

もし、友人関係だと思ってる異性に、そんなときめきを感じるなら、それはすでに相手を友人としてではなく、恋愛対象として見てしまっているということ。

友人から恋人になったなら、一緒にいる時は同じように楽しくても、そこには好きな人といるときのドキドキ感がプラスされるものです。

男性の方は、友人関係だったときよりも、一緒にいる時にやたらテンションが高くなったり、じっと顔を見つめてきたりと、そのドキドキしている感情が、行動に現れることもあります。

なので、彼の行動をよく観察していると、あなたのことをもう友人としてではなく、恋人として意識しているのが分かりやすいところがあるでしょう。

友達から恋人になったカップルが交際を長続きさせるための秘訣

友だちとして仲良く話していたときの感覚を忘れず、相手に対しての距離感を詰め過ぎないこと

友だちだったときは、話も合うし、ほどよい距離感で二人の関係がうまく行っていたのなら、恋人になったからといって、色々考えすぎず、「恋人なんだからこうしなければならない」という変なルールにしばられないようにしましょう。

例えば、「恋人なんだから、友達だったときよりも二人きりで沢山時間を過ごすものだ、そうしなければおかしい」と強く思い込んでしまうと、相手もあなたもいずれ息が詰まってしまうでしょう。

恋の甘い時間もいいものですが、長くいい関係を続けられる恋人同士って、仲の良い友人の部分も持ち合わせているもの。

なので、もともと友達から恋人になった二人には、長くいい関係が続けられる要素が初めから備わっているともいえるのです。

せっかくのそういういい部分をダメにして、恋人時間にこだわってしまうと、お互いに

「こんなはずじゃなかった…」

と、後悔してしまうことにもなりかねません。そうなってしまうと、友情も恋愛も同時に失うという最悪の結果になってしまうでしょう。

そうならないためにも、二人が友人時代に培った、二人にとってのほどよい距離感を忘れず、恋人になったからと言って急に距離を詰め過ぎないようにすることは大切でしょう。

恋人になったからと言って、相手のプライベートに首を突っ込む権利ができた、と思うのはNG!

友だちだった頃はいい人だと思っていたのに、恋人になってみると、束縛がきつかったり、急にあれこれプライベートに口を出してくるタイプの人って、男女問わずいます。

そこにはやはり、「恋人は身も心も自分のもの」、という間違った考えがあるからでしょう。

友人は所詮は家族でもなんでもない赤の他人という意識があるので、どれだけ仲が良いといっても、そこまであれこれ首をつっこみませんよね。

でも、恋人って、友人よりももっと近い関係なので、つい相手の仕事や家族関係、本人の性格のことなど、友人時代なら言わなかったことまで口出ししてしまうことはよくあることです。

相手がそれを、「自分のことをそんなに思ってくれていて嬉しいな」と思うタイプならいいのですが、なまじ友人時代がある分、「どうしてそこまで口出ししてくるの? 前ならそんなこと言わなかったのに」という不満が生まれるリスクもあります。

友人も恋人も、基本的には自分とは別個の人間。

その基本スタンスは、友人から恋人になった人ほど、忘れない方がいいのです。

今までは友人だった相手だからこそ、恋人になったからと言って、急にあれこれ首をつっこまれたら、「友人のままの方がよかったかな…」と思われることになってしまいがち。

特に女性って、恋人として付き合うと、できるだけ長く相手と一緒にいたい、相手のことをあれもこれも把握したいと、ちょっと束縛じみた気持ちが芽生えてしまう人も多いです。

ですが、友人時代のあなたを彼は好きになってくれて、恋人になったのですから、あまりにも友人時代と態度が変わると、彼は戸惑ってしまうでしょう。

片時も離れたくないという重い女にならないように注意して!ラブラブモードの使い分けは、相手の様子を見ながら

先ほども書きましたが、友人時代なら、二人で会って別れるときも、さっぱりしたものだったでしょう。「じゃあまた予定があったら会おうね!」「バイバイ!」といって、振り返ることもなく、さっさと離れられていたはずです。

しかし、恋人になると、どちらかと言えば女性の方が、相手と片時も離れたくない!という重いモードに移行しがち…。そもそも、恋愛が人生での最重要事項という女性は多いですよね。

ですが、男性側にしてみれば、「友だちのときはそんな恋愛体質だと思わなかった…」と、ちょっと肩透かしを食ったように感じる人もいるでしょう。

そこが、友人から恋人関係なったカップルの、難しい点でもあるのではないかなと思います。

女性だってそれまでは、異性の友人として付き合ってきたわけですから、恋愛モード全開の姿を相手の男性にさらしたことはなかったでしょう。

なので、友人から恋人になった途端、女性のラブラブモードを急に自分に向けられるようになって、戸惑ってしまう男性は多いのです。

以前ならさくっと別れられたのに「今夜は帰りたくない。一緒いてよ…」と毎回せがまれたり、彼の方は明日も朝早くから仕事なのに、ダラダラ夜遅くまでデートが続いたり。

男性も、友人だったらもっと淡泊に「ゴメン、俺、明日も早いからこの辺で」と言えたのに、恋人となると何となく切り出せなくなる…。

それって、かなりストレスを感じることですよね。

そもそも、友人から恋人関係になる男性って、あまり恋愛に対して情熱的ではないタイプの人も多いです。

もし男性側が、元々バリバリの恋愛体質なら、女性と友人としてフラットに付き合うなんてめんどくさいことはしません。

恋愛体質の男性が女性を見る時は、恋愛対象かそうでないか。

そうでないなら仲の良い友人として付き合うような生ぬるいことはしません…。そんな時間があれば、自分が追いかける恋に忙しくしているでしょう。

なので、異性の友人だった人と、恋人として付き合うようになる男性って、時間をかけて、友情が恋愛感情に変化していくのを受け止められるような、そこまで恋愛至上主義とは言えないタイプの男性が多いのではないでしょうか。

でも、女性の方は、こと恋愛に関しては、スイッチが入ると急に恋愛モード全開になる人も多いので、男性がその変化についていけず、友人のままでいればよかったかな、と後悔することもしばしば…。

なので、彼と長く恋愛関係を続けていきたいのなら、彼のテンションを気づかうことは大切になってくるでしょう。

それでも、二人はもう友人ではなく、恋人なのですから、ラブラブな時間を過ごしたいですよね。それは、男性も同じなのです。

ただ、男性側の都合もありますから、いつも恋愛モードではいられないだけなのです。
なので、ちゃんと彼の様子は気にしつつ、自分の気持ちを押し付けるだけにならないよう気を付ければOK。

恋人になったからと言って、急に相手に依存したり、距離感を詰め過ぎるのではなく、友人として過ごす部分も残しつつ、恋愛を楽しむのが関係を長続きさせるコツでしょう。

そして、その延長に、結婚というのもあるかもしれません。
友人から恋人になった男性は、そもそも気が合う相手と言うことですから、結婚という生活での相性もいいと言えるのです。

友人から恋愛相手に変化するときは、なんらかのきっかけは必要です

長く友人として楽しい時間を過ごしてきた異性を、突然何の脈略もなく、恋愛対象として意識しだすことって、難しいです。やはり、そこには何らかのきっかけがあるものではないでしょうか。

例えば、普段、男友達の前では、女っぽい恰好や仕草を控えてきた女性が、ぐっと女を前面に出してきたら、さすがに相手を「女性」として意識しない男性はいないと思います。

また、男性側が落ち込んでいたり、辛い気持ちでいるときに、女友達がそれを察して、支えになってくれたとき、やはり相手を見る目は変わってくるでしょう。

ただ普通に友人関係を平穏に続けているだけでは、二人の関係は平行線のまま。

それに、男性は、臆病なところもありますから、せっかくいい感じで付き合えている女友達との関係を、恋愛を混ぜることで台無しにしたくない、と思うこともあるのです。

もし、あなたが男友達に好意を持ち、彼に自分を女性として見て欲しいと思うなら、もし相手が自分の好意を受け入れてくれなかった時、それまでと同じような友達でいられなくなるリスクもあることは覚悟が必要でしょう。

ただ、男女の友情って、どちらか片方が相手に恋愛感情を抱いた時点で、それはもうただの友情ではなくなります。

こちらはじれったい思いを抱えながら、男友達に他の女性との恋愛相談をされるなんて、ある意味地獄ですよね…。

それにも耐えながら、虎視眈々となにかきっかけが巡ってくるのを待つのか、自分がもっとアクティブになって、彼を振り向かせようとするのかはあなた次第。

もともと友人としてウマが合う相手なら、仲の良いカップルになれる可能性も高いでしょう。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事