妻より大切な人にしか見せない既婚男性の態度やセリフ&実は妻と別れる気がない既婚男性が見せる要注意サイン
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

不倫恋愛をしていると、どのくらい愛されているのか分からなくて不安になってしまうものです。

「妻より大切だって思ってくれてるのかな」「浮気相手が妻より大切になったらどんなサインがあるの」と既婚男性からの愛情を奥さんと比較して、自分に対しての愛情を知りたいと思っているあなた。

既婚男性が見せるサインを知ることで、あなたの疑問を解消することが出来ます。

今回は、妻より大切な人にしか見せない既婚男性の態度やセリフを詳しくご紹介しましょう。

結婚している彼の本音を知るためには、態度や言葉をじっくり観察することが有効です。

愛されていると思っていても、実は家族のほうが大事だったということも要注意サインとしてみていくことが出来るので、参考にしてくださいね。

あなたが愛した人と過ごす時間が、今以上に特別なものになるよう、既婚男性の愛情を見つけてたくさん幸せを感じていきましょう。

目次

既婚男性が浮気相手の女性を「妻より大切だ」と感じる瞬間

人間として尊敬してくれていると感じた瞬間

既婚男性が浮気相手の女性を「妻より大切だ」と感じる瞬間には、人間として尊敬してくれていると感じた瞬間があります。

男の人はいつだって尊敬されたいし、注目されたいものです。

結婚して一家の主となったにも関わらず、立場が奥さんよりも弱い人は珍しくありません。

男として一生懸命家族を守ろうと頑張っているのに、実際に家計を回しているのは奥さん。

どうしても「お金を持ってきてくれる人」というポジションで固定されてしまい、大事な相談や決定権は全て奥さんが握っているということも。

そんな男性は、奥さんや家族から尊敬されるということが極端に少なく、自分自身でも自信を失ってしまっている事も多いものです。

浮気相手の彼女が「あなたの言うことなら間違いないです」「あなたみたいな生き方は素晴らしい」「何でそんなに優しいの」など、一人の人間として称賛され、尊敬してくれる言葉をかけてくれた時には、既婚男性は「彼女は奥さんよりも大切な人だ」と実感します。

誰でも皮肉を言われたり孤独を感じたりする相手よりも、褒めてくれて尊敬してくれる人と一緒にいたいと思うはずです。

自分にとって尊敬してくれる人こそが、これからも大切にしたい相手だと確信します。

とても弱々しくて自分がいなければ壊れてしまいそうと刹那を感じた瞬間

既婚男性が浮気相手の女性を「妻より大切だ」と感じる瞬間には、とても弱々しくて恋愛相手である自分がいなければ壊れてしまいそうだと刹那を感じた瞬間があります。

どこにでも男性が手を差し伸べてあげなければ壊れてしまいそうなほど、か弱い女性というのはいるもの。

不倫をする女性は、「神経が図太い」「人の旦那奪って平気なの」と誹謗中傷を言われがちで、強いイメージが先行してしまいがちですが、実はか弱い女性も不倫をする要素をたくさん持っています。

それは、一人ではなにも出来なさそうだから男性がつい支えてあげたくなる、という心理になるのが特徴です。

世間知らずで放っておけば路頭に迷ってしまいそうな女性こそ、既婚男性が手を差し伸べずにはいられない相手といえます。

不倫をするつもりがなくても、支えてあげているうちに愛情と愛着湧いて、いつの間にかなくてはならない存在になってしまったということも良くある話です。

弱々しくて一人では生きていけなそう、と感じた瞬間「この子は俺が守ってあげなくちゃ」「自分が付いていてあげなくちゃ壊れてしまう」と包み込んで守ってあげたい気持ちになります。

ポジティブで一緒にいると元気になれると分かった瞬間

既婚男性が浮気相手の女性を「妻より大切だ」と感じる瞬間には、ポジティブで一緒にいると元気になれると分かった瞬間があります。

ポジティブな女性は、一緒にいる誰もが元気になるパワースポットのような存在です。

元気な笑い声や、どんな場面でもプラスの思考を働かせることで、ピンチをチャンスとして生かすことが出来る人。

浮気相手の女性がそんなパワースポットのような女性であれば、一緒にいるだけで心が元気になって「今なら何でもできそうな気がする」「小さなことでクヨクヨしている時間がもったいない」と彼女の影響を受け、立ち直ることが出来ます。

「彼女のおかげで自分もポジティブになることが出来た」「今までこんなプラスな考え方思いつきもしなかった」「彼女と出会えて成長できた」と思うことが出来た時、「彼女を手放したくない」「この子とはずっと一緒にいるべきなんだ」と心の底から思うのです。

一方的な意見ではなく話し合いで解決しようとする姿を見た瞬間

既婚男性が浮気相手の女性を「妻より大切だ」と感じる瞬間には、一方的ない県ではなくて話し合いで何でも解決しようとする姿を見た瞬間があります。

不倫恋愛は簡単に好き、嫌いで付き合ったり離れたりすることが出来る恋愛ではありません。

両思いになったからと言って、手放しで喜べる恋愛でもないので、常に問題が起きているカップルも少なくないはずです。

奥さんとの関係が気になったり、連絡手段をどうしようか悩んだり、会えない時間をどう過ごすかあれこれ新しいことを始めるなど、次々と現れる問題を彼女が一人で解決している場合も多いもの。

しかし、全てのことに対して「二人の問題だから」と一緒に話し合いで解決しようとする姿を貫く女性は、既婚男性にとって「自分で勝手に決めてくれたらいいのに」と思ってしまうこともある反面、何でも気持ちを共有できて信頼関係に直結することだと理解することが出来ます。

「この子と一緒に過ごすと、何でも乗り越えられる気がする」「意見交換できる相手って他にいないよな。本当に貴重な人だ。」と気が付くことで、奥さんより大切な存在だと感じるのです。

既婚男性に尽くしてくれる姿に感動した瞬間

既婚男性が浮気相手の女性を「妻より大切だ」と感じる瞬間には、既婚男性に尽くしてくれる姿に感動した瞬間があります。

男の人はいつでも尽くしてくれる女性が大好きです。

尽くしすぎでも甘えが生まれたり、都合のいい女になったりと対等な関係でいられないのではないかと心配してバランスを取ろうとする女性もいますが、そんな駆け引きも男性はちっとも気が付きません。

とにかく自分のために動いてくれる彼女のことが大好きなのです。

一緒にいる時間は全て彼のことばかりで埋め尽くされ、それでも幸せそうな顔をしている彼女の顔を見ていると、「こんなに愛されることはない」「彼女こそ大切にするべき相手だ」と愛情が深まります。

不倫とはいえ、恋愛を続けていると「連絡が遅い」「どれだけ待ったと思ってるの」「いつも私は我慢しているんだからちゃんと愛してよ」と強気になる女性も多いものです。

不倫で我慢するのは浮気相手の方が多く、不満がそんな態度に表れるのですが、尽くすことばかりを考えている女性は、既婚男性に会えただけで幸せそうな表情を見せてくれます。

妻より大切だと思われる不倫女性が既婚男性に対して心がけている事

愚痴や不満を言わない

妻より大切だと思われる不倫女性が既婚男性に対して心がけている事は、愚痴や不満を言わないということです。

不倫をしている中で、一緒にいる時間に女性が愚痴や不満などネガティブな言葉をどのくらい使っているかは、既婚男性の信頼や居心地の良さと深く影響があります。

妻より大切だと思われる不倫女性は、愚痴や不満を言うことがなく、常にフラットな立場で物事を考えるように心がけている人です。

誰かに肩入れをしてしまったり、自分本位で物事を見てしまっては、世の中不満だらけになってしまうと知っているから。

既婚男性はただでさえ、自分の自由になる時間が少ない立場の人です。

一緒にいる時間くらいは、自由でいてほしいと願うことが出来る人。

その女性の心掛けが、既婚男性が心地よいと感じる理由であり、一緒にいる時間を大切にしたいと思う理由です。

既婚男性を癒すことを最優先に考えている

妻より大切だと思われる不倫女性が既婚男性に対して心がけている事は、既婚男性を癒すことを最優先に考えているということです。

既婚男性は我慢していることが多いということを、きちんと理解している女性こそ、男性が不倫をしていて「幸せだ」「癒される」と感じることが出来る相手。

なかなか会えない時間が続いても、会えた時には既婚男性が「ほっとする」「やっと落ち着ける」と居場所に返ってきたような気持ちになることが出来ます。

疲れ切った体を熱いお風呂につけた時のような、最高級のベッドに身を投げ出したときのような、全身がほぐれる感覚を女性と会うだけで感じることが出来るのです。

奥さんより大切にされる女性は、常に自分が彼に出来ることを考えていて、痒い所に手が届くような癒しの空間を作ることが出来ています。

どれだけ会いたくても2回以上「会いたい」と言わない


妻より大切だと思われる不倫女性が既婚男性に対して心がけている事は、どれだけ会いたくても同じ時に2回以上「会いたい」と言わないということです。

不倫をしている既婚男性にとって、不倫相手の女性に無理を言われることが一番の困りごと。

家族と予定がある日に「どうしてもその日に会いたい」と言われたり、「今すぐ会いたい」「会ってくれないと死ぬ」など続けざまに連呼されてしまうと、既婚男性はどうにもできないことを言われて苛立ちを隠せなくなります。

奥さんより大切にされる女性は、決して既婚男性を困らせるようなことはしません。

「会いたいな」と寂しい気持ちを伝えることはあっても、自分の中で「会いたいって言葉にするのは1回限り」とルールを決めています。

同じことを繰り返し言っても困らせてしまうだけだと知っているからです。

控えめな会いたいアピールに、彼の心はキュンとします。

「本当はものすごく我慢してるんだろうな」「会いたくても何でも言わなくて、気持ちを押し殺していじらしい」と彼女のことを今以上に大切にしようと決意するのです。

長く一緒にいることを前提に会話をしている

妻より大切だと思われる不倫女性が既婚男性に対して心がけている事は、長く一緒にいることを前提に会話をしているということです。

不倫恋愛は刹那的な恋愛であると考えている人がほとんどの中、奥さんより大切にされる女性は「二人の関係は簡単に終わらない」「結末があるのか分からないけど、一緒にいられることに意味がある」と信じています。

今この場だけを見ていては、会えない、奥さんと過ごす時間が辛い、我慢をしないといけないことが多い、など不満ばかりが生まれてしまうものです。

しかし「離れることはない」と信じていれば、少々のことは目をつぶることが出来ます。

見ないようにするのではなく、大したことではないと感じることが出来るからです。

奥さんのところに帰る既婚男性を見ても「行ってらっしゃい」「家族も大事だもんね」と送り出すことが出来る心の大きさを持っています。

一緒にいることが当然のことで、長い人生を共にする感覚で会話をしているため、「一生大事にしよう」と強く心に決めるのです。

奥さんを尊重する

妻より大切だと思われる不倫女性が既婚男性に対して心がけている事は、奥さんを尊重するということです。

浮気相手の女性にはハードルが高い”奥さんを尊重する”ということ。

嫉妬こそすれども、大好きな人の奥さんを尊重するということは簡単にできる事ではありません。

しかし既婚男性にとって奥さんは家族であり、一つ屋根の下に住む一番近い人です。

夫婦不仲であっても、憎むまでは至らないことがほとんど。

そんな奥さんの悪口を浮気相手の女性が言ってしまえば、既婚男性にとっていい気持ちはしないのは当然の心理です。

奥さんより大切にされる女性は、奥さんあってこその大好きな彼だという考えが出来るので、「いつも彼の健康を維持してくれてありがとう」「大好きな彼の住まいを心地よくしてくれてありがとう」「彼を愛してくれてありがとう」と敬意を払っています。

敬意を持った状態で既婚者の彼と過ごしていると、自然に奥さんに対する尊敬の念も会話の中ににじみ出てくるはずです。

男性が「この子は自分の奥さんに感謝してる?」と感じ、彼女の人間愛に感動します。

既婚男性が妻より大切な人にだけ見せる態度や愛情表現

家に帰る前に必ず浮気相手に連絡を入れる

既婚男性が妻より大切な人にだけ見せる態度や愛情表現は、家に帰る前に必ず浮気相手に連絡を入れるというものがあります。

既婚男性にとって浮気相手の女性は、ただの恋愛相手ではなくなっています。

そのため、家に帰ることが彼女に対する裏切りのような気持も持っているし、家に帰って夫や父親の役割をする前に、一人の男として彼女と会話をしておきたいと思うのです。

一旦自分自身を取り戻す作業のように、彼女と連絡する時間は彼の中で必要不可欠な時間となります。

妻より大切な人だからこそ、毎日家に帰る前に必ず連絡を入れて、ありのままの自分の姿を思い出しているわけです。

連絡が入ってきた彼女は、彼から特に用事がなくても、ほんの少しの時間だとしても、文句を言わずそのままの彼を受け入れます。

「大好き」「愛してる」と言葉を交わすことで、一日の疲れが吹き飛び、声だけでも癒しの時間を確保することが出来るのです。

仕事や家庭に対して普段隠している弱音を吐く

既婚男性が妻より大切な人にだけ見せる態度や愛情表現は、仕事や家庭に対して普段隠している弱音を吐くというものがあります。

結婚して家族を持つ男性は、一家を養う大黒柱として、家族の前で弱音を吐くことは出来ません。

また仕事場は戦場で、いかに効率や生産性を上げて、自分が出来ることを最大限発揮していくかが成長のカギなので、弱音を吐いている場合ではないところです。

家庭を持つ男の人にとって、一瞬たりとも気弱になる時間はないと言っても過言ではありません。

しかし、彼もまた人間。

時には落ち込んだり弱音を吐きたいときだってあるものです。

そんな時、ただの恋愛相手にならいい格好をしようとする男のプライドがあるので、決して弱音を吐きませんが、妻より大切な女性になら弱い姿を見せることがあります。

「本当は泣きたい」「出来るかどうか不安」と弱い自分をさらけ出せるほど、彼女のことを信頼している証拠です。

限られた人にしか見せない、特別な自分を見せることができる相手と言えます。

既婚男性から会いに来る頻度が多い

既婚男性が妻より大切な人にだけ見せる態度や愛情表現は、既婚男性から会いに来る頻度が多いというものがあります。

既婚男性は不倫をすることで、自分が動く頻度が多くなるほどリスクも高くなるものです。

外に出る機会はなるべく少なくしたい、屋内で過ごしていたい、誰も知らないところで待ち合わせをしたいと思うのが当然の心理と言えます。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

しかし、妻より大切だと感じるようになった女性に対しては、早く会いたくて仕方がなくなり、気持ちを抑えることが出来ません。

周りに顔を覚えられてしまうリスクも気にならないほど、頻繁に彼女の家に通うのです。

少しでも早く彼女に会って、一秒でも長く一緒にいるためには、効率よく会う場所を考えなければいけないので、彼女のところに自分が行けばいいと自ら動きます。

既婚者は周りにバレるリスクが高いから女性の方が動く、というのは余裕のある男の人にだけ言えることです。

彼女のことを大切だ、手放したくないと思っている男性は心に余裕がなく、自分から会いに行くことも全く手間ではないといえます。

「君の話が聞きたい」と真剣に会話に耳を傾ける

既婚男性が妻より大切な人にだけ見せる態度や愛情表現は、「君の話が聞きたい」と彼女の話に真剣に耳を傾けるというものがあります。

コミュニケーションの苦手な男の人は、女性が次々繰り出してくる会話での情報量の多さも苦手と思っている人も少なくありません。

「よくもこんなにしゃべれるな」「少しは黙っておけないのかな」と思いながら、話を聞いているふりをしている男性も多いものです。

不倫恋愛とはいえ、男性は愛を言葉巧みに伝えることが得意な人ばかりではなく、デート中の会話も女性側が一方的に話していることも良くある話。

しかし奥さんよりも大切だと思っている女性であれば、既婚男性も対応が全く違います。

「彼女の話は一言一句逃したくない」と思うため、身体ごと彼女の方を向けて真剣に話を聞こうとするはずです。

浮気相手の女性が話す言葉の一つ一つは、彼女の考え方や生き方そのもの。

全ての会話は彼女のことを知るチャンスなので、不倫相手の男性は彼女が紡ぎだす全ての言葉を聞きたいと思うのです。

二人のために使うお金を計画的に貯めている

既婚男性が妻より大切な人にだけ見せる態度や愛情表現は、二人のために使うお金を計画的にためているというものがあります。

家族のある男性は、自分の自由にお金を使えるわけではありません。

家計を奥さんが管理している家庭も多いし、旦那さんが管理しているお金を奥さんが自由に見ることが出来る家庭も少なくないのです。

そんな中、家族に内緒のお金を大切な彼女のために貯める事が出来ている人は、相手の女性との将来を真剣に考えていたり、デートの時間を大事にしたいと考えていたりする証拠。

お金が自由にならないからと言って、彼女と一緒にいる時に、お金の心配をしたくないと思っているからです。

お小遣い制であっても少しずつ彼女とのデートのために使えるように貯めていき、お金の心配をすることなくプレゼントを買ったり旅行の計画をしたり出来るよう考えています。

男として、お金に関しての自分の心配を彼女にまで心配されることは恥だと考えているのです。

既婚男性が妻より大切な人にしか言わない言葉やセリフ

叶うかどうかは別でもいつでも言いたい「一生傍にいたい」

既婚男性が妻より大切な人にしか言わない言葉やセリフは、叶うかどうかは別でもいつでも言いたい言葉「一生傍にいたい」というセリフです。

不倫をしている男性が相手の女性に対して「一生」という言葉を使うにはかなりのリスクがあります。

絶対的な約束が出来るわけでもなければ、バレてしまえばお互い納得しないままでも別れざるを得ない関係。

それでも彼の心の中には「絶対に離れたくない」「彼女なしの人生なんて考えられない」というところまで、気持ちが高まっています。

だからこそ「一生傍にいたい」というセリフが自然に言葉として出てくるし、そこに嘘の気持ちは全くないのです。

好きな人の前では全面降伏の気持ちとなり、自分の全てをささげたいと願うもの。

「離れて行かないでね」「俺のこともずっと好きでいてね」という願いも込めて、自分の全てを捧げるつもりで”一生”という言葉を使っています。

大切な人の幸せを心から願って「俺が幸せにする」

既婚男性が妻より大切な人にしか言わない言葉やセリフは、大切な人の幸せを心から願って出てくる言葉「俺が幸せにする」というセリフです。

通常、家庭を持っている男の人が一番に幸せを考えるべき相手は、家族であり奥さんであるはず。

しかし、自分が妻帯者ということを棚に置いて「君の幸せを約束したい」「幸せになってほしい」という気持ちが強くなりすぎて、自分が幸せにしてあげたいと願うようになります。

奥さんよりも大切な人には、自分の力で幸せになっていく姿を見ていたいと願う気持ちが大きくなっていくのです。

彼女のために出来ることは何か常に考え、彼女が好きなものや求めていることを把握し、自分が支えていきたいと考えています。

プロポーズの時にもよく使われる「俺が幸せにするよ」というセリフを、不倫相手の女性に使うのはいささか矛盾のような気もしますが、既婚男性は至って本気です。

家庭は家庭、恋愛は恋愛と割り切っている男性が言いがちなセリフですが、奥さんよりも浮気相手の女性の方が大切になっている彼にとっては結婚生活は終わったも同然。

彼女のことを自分が幸せにすることが使命だと感じています。

不安や嫉妬はつきもの「他の誰かに取られたくない」

既婚男性が妻より大切な人にしか言わない言葉やセリフは、不安や嫉妬はつきものなので「他の誰かに取られたくない」というセリフです。

自分が結婚していようが、不倫という関係であろうが、大切な人を自分だけのものにしておきたいと思うのは当然の心理。

本当は誰の目にも触れさせたくないと思うほど、あなたを独り占めしたいと思っています。

不倫関係であれば、彼女が他の彼氏や結婚相手を見つければ関係は終わってしまうはずです。

しかし、今の彼は彼女のことを一ミリも手放すつもりはありません。

「こんなに大好きな君が誰かのものになるなんて考えられない」「俺以外の男と話をしないでくれ」強い束縛心が生む、相手とのつながりの深さを感じる言葉です。

誰にもとられたくないことを彼女に伝えることで、「誰かのことを好きにならないでね」「ずっと俺のことだけを見ていてね」とアピールしています。

一緒に過ごす時間はあっという間「帰りたくないな」

既婚男性が妻より大切な人にしか言わない言葉やセリフは、一緒に過ごす時間はあっという間なのでつい口を突いて出てくる「帰りたくないな」というセリフです。

「好きな人ともっと一緒にいたい」と思うのは、男女共通です。

大切な人と一緒に過ごす時間は、時がたつのも忘れて浸ることが出来ます。

楽しかったこと、困ったこと、これから先考えている事など些細なことも何でも話をしたくなるものです。

時には何も話をすることがなくても大丈夫。

隣に大切な人がいてくれるだけで、心が幸せに満ち溢れます。

幸せな時間を過ごしていても、自分自身は既婚者であり帰らなければいけない場所があるのです。

「離れたくない」「どうして帰らなくちゃいけないんだろう」という気持ちが、つい「帰りたくない」という言葉としてポツリと出てきます。

恋人同士の二人は同じ気持ちを持っていても、現実は二人の愛を引き裂くものばかり。

家族の元に帰らなければいけないという当然の状況さえも、苦しみの要因となってしまいます。

後悔先に立たず「結婚する前に出会いたかった」

既婚男性が妻より大切な人にしか言わない言葉やセリフは、後悔先に立たずとはこのこと「結婚する前に出会いたかった」というセリフです。

本気で不倫恋愛をしていると、一度は言葉に出してしまうセリフとして有名なもの。

既婚者の彼の心には、「彼女と堂々と付き合いたい」「我慢をさせてしまっていることが辛い」という気持ちがあります。

奥さんよりも大切になってしまっている彼女の存在は、既婚男性にとって一番傷つけたくない相手です。

自分自身に妻がいて会う時間も制限されている状況で、彼女に辛い思いをさせてしまっている事が悔やまれて仕方がありません。

「もっと早く出会っていれば君を悲しませることはないのに」「結婚していなかったら家に帰ることも気にせずずっと一緒にいられるのに」と心の底から独身でないことを悔やんでいます。

彼女と今すぐ結婚したいという意味とは別に、自分自身に家族がいることで彼女が涙を流していることに罪悪感をぬぐい切れないのです。

実は家族が大事!妻と別れる気がない既婚男性が見せる要注意サイン

一緒にいる時に奥さんから電話が鳴ったら離れて出る

実は家族が大事な妻と別れる気がない既婚男性が見せる要注意サインは、彼女と一緒にいる時に奥さんから電話が鳴ったら、部屋や場所を離れて電話に出るというものがあります。

この行為は一見、「彼女を傷つけたくない」という心理から起きているような気もしますが、実は「奥さんに不倫をバレたくない」という気持ちが本音です。

彼女の隣で奥さんからの電話に出てしまうことで、「もしかしたら会話中に彼女が話しかけたり音を出したりするかもしれない」「電話越しだけど奥さんと会話しているのに他の女性といるのは妻に悪い」と心配や不安な気持ちが沸き起こっています。

奥さんに対する罪悪感や万が一のバレるリスクを極力減らすために、彼女から離れた場所で電話を取るようにしているのです。

これは、彼女のためではなく自分の保身のためであり、妻との関係を継続させるための行動と言えます。

奥さんと別れるつもりはないし、トラブルになることも避けたいと考えている行動です。

もしホテルなどでBGMが流れていたりすれば、即座に音量を落としてから電話に出るはず。

それほど、奥さんに対しての対応を徹底しています。

家族と同じお土産を買ってくる

実は家族が大事な妻と別れる気がない既婚男性が見せる要注意サインは、家族と同じお土産を彼女に駆ってくるというものがあります。

既婚者の男性が、出張や旅行に行った時にお土産を買って来てくれたら「なんて優しい人」「離れている間にも私のことを考えていてくれた」とうれしくなるに違いありません。

しかし、そのお土産の内容は要チェック項目です。

会社の同僚たちに配るお土産などは一般的にお菓子などが多いですが、特別な人に渡すお土産はお菓子だけとは限らず、現地の人形や特産物であることも。

お土産が特産物や現地でしか買えない人形などだったら、浮気相手の女性は間違いなく喜びます。

ただし、同じものを家族に買っていたとすれば、浮気相手に渡した方がおまけです。

家族が特別な相手であって、同じくらい喜ぶだろうと想定して彼女へも同じものを選んでいます。

そのため、お土産を買ってきてくれた時には、誰に何を買ってきたのか全員分チェックしておくことがポイントです。

家族と同じものを渡したとなれば、彼女の機嫌が悪くなってしまうと想像すれば、家族分のお土産を聞かれた時に少し戸惑いを見せるはず。

彼の反応を見て、内容を推測しましょう。

お金がかからないデートをする

実は家族が大事な妻と別れる気がない既婚男性が見せる要注意サインは、お金がかからないデートをするというものがあります。

家族を持っている男性は、「家計は奥さんが握っているから」と金欠をアピールする男性も珍しくありません。

その理由は正しいかもしれませんが、心から大切だと思っている女性に対して悪びれもなく「お金がない」「デートにお金をかけられない」と言ってしまう男の人は、彼女に対して紳士とは言えないはずです。

男のプライドを捨てても構わない、情けないと思われても構わない、と考えている証拠。

大切な女性には、いつでもいい格好をつけたいと思うのが男心。

そんな男心を忘れてしまっているようでは、不倫関係から進展させるつもりがあるとは言えないのです。

奥さんと別れるつもりはなく、今のまま楽しいことだけを彼女と共有できればいいと考えています。

自分の都合のいい時にしか連絡がつながらない

実は家族が大事な妻と別れる気がない既婚男性が見せる要注意サインは、自分の都合のいい時にしか連絡がつながらないというものがあります。

結婚して家庭を持っている男性は、連絡がつながりにくいのは仕方がないことです。

家に帰れば奥さんや子供たちがすぐそばにいるし、仕事中は誰もが連絡を取れるわけではありません。

しかし、不倫をしていて連絡が取りづらい事に対して何の努力も見せないのは、本気でない印。

「家族がいるんだから仕方がない」「仕事中は仕方がない」というのは、離婚するつもりのない男性の言い訳です。

本当に大切な女性であれば、どんなに少しの時間でも連絡を入れたいと思うし、少しでも声が聴けたら幸せだと思うもの。

彼が会いたいとき、ラインのやり取りをしたいときだけにしか連絡がつながらないようでは、本気とは言えないのです。

家族がある自分自身が一番大事で、彼女とは割り切った不倫関係。

それ以上になるつもりはないけど、連絡を途切れさせてしまうと彼女と縁が切れてしまうことを恐れて、適度に連絡を取れる関係を続けて、甘い言葉をささやきます。

エッチの後はすぐに帰ろうとする

実は家族が大事な妻と別れる気がない既婚男性が見せる要注意サインは、エッチの後はすぐに帰ろうとするというものがあります。

家で家族が待っている男性は、夜帰りが遅くなるほど、怪しまれる危険が高まる上に家族との時間が無くなってしまうものです。

彼女とのエッチは楽しくて、辞めることは出来ないけれど、家族のほうが大事な男性は性的興奮が冷めたエッチの後は、すぐに帰ろうとします。

実は性的興奮は男女でも感じ方が違うもの。

男性はエッチがしたいと思った時から射精まで、興奮度が一気に急上昇して射精後は急降下します。

一方女性は、じわじわと興奮度を高めていき、オーガズムを迎えるとまたジワジワと収まっていくのです。

この終わりの男女差が情熱の温度差ともなり、まだピロートークもしたい女性を放っておいてさっさと帰ろうとするのが男性となります。

しかし本当に彼女のことが大切だと思っているのなら、最後まで愛を伝え続け、帰りたくないと思って少しでも時間を引き延ばそうとしてしまうのが愛です。

エッチが終わったらそそくさと帰ろうとするのは、よその女とエッチがしたいだけの家庭が大事な男と言えます。

妻より大切な人にしか見せない彼の姿を探そう

不倫をしていると「奥さんより愛されているのかな」と不安になるのも当然です。

家庭を持っている既婚男性が、あなたのことを妻より大切な人だと思っているのなら、必ずその特徴的な態度やサインを出しているはず。

彼の姿を観察して、妻より大切な人にしか見せないサインを見つけましょう。

心から愛されていると分かれば、もっと彼のことを大切にできて、幸せな時間をはぐくむことが出来ますよ。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事