元彼がむかつくのは「気にしてよ」の裏返し?
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

何かケンカをしたわけでもないのに、どうしてか元彼に対してムカついてしまうことってあります。

元彼なのにどうして今イライラしてるんだろう?と自分の気持ちがよく理解できないかもしれません。

実は、元彼に対してムカついているのはもしかすると「こっちを見て」と思っている証拠の場合もあるんです。

そこで、元彼がむかつく本当の理由や怒りの手放し方をご紹介していきます。

自分の気持ちとしっかり向き合って、より良い毎日を過ごせるように切り替えましょう。

目次

別れた元彼が許せない!ムカつく!と感じやすい女性の性格

「言いたいこと言えない…」素直じゃない女性

ムカつく!と感じやすい女性の性格1男性も女性も、いつでも素直に自分の気持ちを話せる人って、そうそういるものじゃないです。

相手のことを思いやりすぎて、自分の意見を全て飲み込んじゃう…という人は女性に多くいます。

「こういうことを言ったら相手はこう思うのでは?」と1人で全ての会話パターンを予測して、怯えているんです。

「言わなくちゃわからないよ」と思っているタイプの女性ほど、自分の気持ちを秘めてしまいがちです。

相手の気持ちは知りたいけど、自分の気持ちをさらけ出すのは怖いと思っています。

言ったところで本当に受け入れてくれるのか?自分を避けたりしないか?と不安に思うからこそ、素直になれません。

単に素直になれなくて、モヤモヤといじけているだけであれば怒りも湧かないでしょうが、元彼に対して怒りが湧くタイプの女性は素直になれない自分に対しても苛立っているので、「どうして分からないんだろう!」とイライラするんです。

何も言わないから元彼に伝わらないことはさておいて、自分の気持ちにも気づかずにのんきに笑っている元彼がむかつく!と思ってしまいます。

言いたいこと言えないけど、そんな自分の姿に元彼には気付いて欲しい、と人一倍思っているんです。

好き、という気持ちが残っているからこそ元彼に対してむかつくと思っている人も多く、特に言いたいことが言えないタイプの女性はその傾向があります。

近くにいる存在に対してなら甘えられるような人

ムカつく!と感じやすい女性の性格2内弁慶、という言葉があるように、外に向けての自分だと人からの評価を気にして何も言えなくなるようなタイプも元彼に対してむかつくと思いやすいです。

なぜなら、内にこもるようなタイプが多いので、普段は素直な自分を表現していません。

でも、元彼のように身近で信頼しているような人の前ではまるで別人のように甘えることができますし、素直な自分でいられます。

でも、別れたことによって自分が素直になれる場所を奪われたわけです。

元彼からフラれたという場合はより怒りを感じやすくて、自分の自由になれる場所である元彼という存在が消えてしまったことで、自分は置いてけぼりになったんだ、という被害者感情が強くなります。

「私を理解してくれるのは元彼だけだと思っていたのに、1人にされてしまった!と行き場のない怒りにオロオロしてしまうかもしれません。

女性にとって、数少ない自分が自分でいていいと思える瞬間を与えてくれる人だった元彼が、自分の前からいなくなってしまったことが悲しくて、寂しくて、イライラしちゃうんです。

人間って、いつもニコニコしていられませんし、相手のことだけを考えて生きてもいけません。

せっかく自分として生まれてきたのだから、自分が幸せになれるように生きていたいと思うのは当然です。

でも、身近な存在にしか自分を出せない女性は元彼がいなくなることによって、怒りを持つと不安感や1人でいられるのか?という怖さにも打ち勝つことができます。

元彼に対してはとても感謝していても、怒りの感情を持っていないと失ったことが辛すぎる、という場合はとにかく元彼に対して恨み辛みをもつ可能性が高いです。

何事も自分の思い通りにしたい自己顕示欲の強い人

ムカつく!と感じやすい女性の性格3人は誰でもみんなから認めて欲しい、できることなら自分の思い描くように物事が進めばいいな、と思っています。

その気持ちの強さには個人差がありますが、別れた元彼に対して怒りを持つような女性の場合は、自己顕示欲が強い可能性が高いです。

もちろん、自分の欲求や希望がスムーズに進めばいいなと思うのはおかしなことではありませんし、わがままでもありません。

ただ、自己顕示欲が強すぎるとどうしても思い通りにならないと、人のせいにしてしまいがちです。

「私はこんなに尽くしたのにどうして?」「なんで別れることになったの?」と頭の中で考えてしまうことによって、どんどん怒りが湧いてきます。

別れる時にきちんと話し合いをすれば良いのですが、自己顕示欲の強い人は自分を認めて欲しいという気持ちが強い反面、人から何かを言われることが苦手です。

ちょっとでも「君のこういうところが…」と言われると、それだけで全てを否定されたような気分になって、どうしようもなくなります。

だから、面と向かって元彼に対して「どうして?」と聞くことはできませんし、「私はこう思っている」とはっきり気持ちを伝えることもできません。

そんな自分の弱さに対してのモヤモヤ感と、気持ちを汲み取って欲しかったのに、というイライラ感でいっぱいになるんです。

話すことができたら随分と楽になるでしょうが、なかなか素直になるのって難しいです。

自己顕示欲の強い女性はプライドも高いので、自分の弱さを見せたくないですし、否定されたような気分にもなりたくありません。

そのため、心の中でモヤモヤ感をいつまでも引きずり、「こんな気持ちにさせる元彼が悪いんだから」とむかついてしまうんです。

恋愛はいつも自分主導で動いていた女性

ムカつく!と感じやすい女性の性格4恋愛は、1人ではできません。

2人が一緒にいて初めて恋愛はスタートしますが、好きになる側と好かれる側には最初のうちどうしても分かれます。

つまり、好きになって恋人を得るタイプその逆の人がいるんです。

別れた元彼に対して怒りを感じるような人は、いつも恋愛では好かれてからスタートさせるというタイプの人が多いです。

いつも自分が好かれて恋愛が始まる人の場合、心のどこかで「彼は私に夢中」と思っている傾向があります。

そういった態度をとることはありませんが、心の中で思っている感情というのはなかなか抜けません。

付き合っている時も彼氏は自分のことが好き、という感覚があるので、恋愛の終わりは自分と思っています。

このタイプの場合、自分がフッたということであればそんなに元彼に対して悪い印象を持たなかったり、怒り自体持たないことがほとんどです。

逆に自分がフラれると「なんで!?」という感情が湧き起こります。

ずっと元彼は自分のことが好きだ、と思っていたのに、フラれるというのは晴天の霹靂です。

「え?私のことが好きなんじゃないの?」「自分から好きになったのに、私のことをフるの?」とイライラしてしまうんです。

でも、別れ話の時にまさか「自分から好きになったくせに」ということも話すことはできませんし、不満を口にするとなんとなく自分が惨めな感じになるのでできません。

人から好かれて恋愛をする場合、いつでも自分が主導で動いています。

彼氏にとても大事にされていて、自分の言うことを聞いてくれる男性とばかり付き合っている人も多く、そのような女性だとフラれたことに対して気持ちの処理をしきれないんです。

恋愛の終わりはいつも自分だったのに、「今回はどうして違うんだろう?でも聞けない…」と悩み、怒りに転化していきます。

ただ、こうした怒りに変わるというのは、それだけ自然とあなたも元彼をとても好きになっていたということです。

愛するよりも愛されてきたような承認欲求おばけタイプ

ムカつく!と感じやすい女性の性格5承認欲求という気持ちが人間にはあります。

自己顕示欲によく似ていますが、自分を認めて欲しいという気持ちの裏面に「もっと注目して欲しい」「関心を持って欲しい」といった感情を持っています。

多少の承認欲求は必要ではありますが、強すぎると自分が1番じゃないと嫌だとかかまって欲しいという感覚がかなり強くなるんです。

恋愛も同様で、承認欲求の強い女性は例えば自分のSNSを彼氏がフォローしてくれないと嫌ですし、投稿に対しては常にイイネをくれないと不満に感じるなど、些細な部分でも自分を認めて欲しくてたまらなくなります。

そのため、このタイプの女性は彼氏に愛されたいと思っていて、彼氏の興味が全て自分に向いていないと嫌なんです。

だからこそ、自分がフラれると怒りを感じますし、自分がフッたとしても相手が簡単に「わかった」と言われたら「どうしてすぐ認めるの?」なんてイライラします。

承認欲求の強い女性の場合、「別れたい」と言っても必死で引き止めてくれるような光景を想像しています。

それに、自分がフラれるなんてことは全く想像していないんです。

愛されている、という実感がなくなると、失恋した悲しみよりも怒りの方が先に立っていき、元彼のことを考えるだけでイライラする!むかつく!というサイクルに入ってしまいます。

自分でも早く元彼を忘れなきゃと思っていますが、どうしようもないんです。

いっそ死んでくれ!と思うほどムカムカ腹が立つ別れ方

「君のためだから…」と全く納得できない理由でフラれた

ムカムカ腹が立つ別れ方1男性って、付き合っている女性と別れる時にどうするべきかなかなか決めることができません。

キッパリ理由を伝えられたり、面と向かって「別れて欲しい」と言えたらどれだけいいか、と思うのですが、男性は別れ話が苦手なんです。

男性の多くが口下手で、自分の感情を上手に伝えることができない人がほとんどで、正直に彼女に対して思いを伝えられません。

「別れて欲しい」と言った時に、女性から「何が不満なの?」「どうして?」と追及されることが嫌です。

例えば、もう他に好きな人がいるにしても彼女のこういうところが嫌だと思うから別れたいと思っていたとしても、全てをきちんと伝えようとすれば、別れ話でケンカになったり、自分が悪者になることは必須だといえます。

そうなれば、彼女に対しての罪悪感も出てきますし、自分が悪いことをしているような気分になります。

そんな風に思いたくないから、男性はきちんと別れの理由を女性に伝えない傾向があります。

もちろん、女性だって男性が本当の理由を言っていないことはわかりますから、「本当の理由は?」など聞くこともあるでしょう。

でも、男性は本当の理由を伝えて揉めたくないので、「君のため」とか「お互いのため」と言い出します。

女性はそう言われると「は?意味がわからない」と感情的になりやすいですが、それでも本当の話をしてくれなければ話は進みません。

「とにかく君のためだから別れて欲しい」なんて言われて、話し合いの隙もなく押し通されると女性は自分の感情の処理が追い付かずに、腹が立って仕方がなくなります。

むかつく!と思ったとしても、もう話をしてくれない元彼を前にして、どうしようもないことを実感するんです。

別れ、というのは辛い事実ですが、別れ方によっては女性だって納得して別れることも十分にありますし、別れ話をしたからって絶対にケンカになるわけでもありません。

なのに、元彼が逃げ腰自分との別れを決めたということが非常に女性にとってはイライラしてしまいます。

ジョークで「別れよう」と言ったら乗り気で承諾された

ムカムカ腹が立つ別れ方2女性特有の感覚で、彼氏を困らせて気持ちを知りたいと思うことがあるんです。

わざと冷たくして相手の反応を見たり、普段とは違うことをした時の相手の出方で自分への気持ちを確認したくなります。

よくあるのが全然別れる気がなくても、ちょっとケンカしたとかいざこざがあった時に「もう別れよう!」と言うことです。

心の中では別れる気持ちがないので、彼氏から「やだよ」って引き止められることを想定しています。

でも、中には「ああ、じゃあ別れよっか」と了承してしまう彼氏もいるんです。

その時に「どうして?」「別れたいの?」と女性側が焦りを感じて言っても、結局「今自分が別れたいって言ったじゃん」と言われてしまって、そのままお別れに…なんてこともあります。

女性としては元彼は自分のことが好きで引き止められると思っているので、まさかあっさりと了承されるとは夢にも思っていません。

かと言って逆に今度は自分から「別れたくない」とも言えないので、別れてしまうことも多いです。

離れた時に元彼のことを考えると「あれって本当はもともと別れたかったんじゃないの?」と思って、元彼に対してムカついてしまいます。

なんとなく、別れたいと言えなかったけど、心の中ではもう自分に対して気持ちがなかったんだな、とわかってしまうのでイライラ感はMAXです。

ただ、外見上はあなたが元彼に別れ話をしたということになるので、今更「あれは本心じゃなかった」とは言いたくないんです。

LINEで別れ話をされてそれきり

ムカムカ腹が立つ別れ方3別れ話、というのは一般的にきちんと顔を向き合わせて会話をすることだとイメージされています。

ですが、面と向かって話すと言いたいことが言えなかったり、結局別れることができなくなる…という人もたくさんいるんです。

特に男性は女性が感情的になることを恐れているので、面と向かって別れ話をすると女性が取り乱してしまわないか、悲しい気持ちにさせるということに負い目や不安を感じています。

女性の涙に弱い男性が多いため、目の前で泣かれたら別れ話も雰囲気に流されて一旦なかったことになってしまった、ということはよくある話です。

そうなりたくない男性がよく使うのは、LINEやメールなどのコミュニケーションツールです。

LINEで「別れよう」と一言送って、そのまま無視というパターンが意外に最近増えていて、「一度会って話そうよ」と女性側が連絡しても全く返信もなく、そのままとなります。

言い逃げをした元カレはOKでも、残された側は自分の気持ちも伝えられず、元彼の気持ちもわからないまま、関係が終了となるのでかなりむかつきます。

「今まで付き合っていた時間はなんだったの!?」とイライラして、元彼の顔も見たくない!と気分を害する女性が多いです。

LINEやメールはとても気軽で便利なツールですが、別れ話くらいはきちんと責任を持ってお互いが納得した状態で済ませて欲しいと多くの女性が思っています。

恋愛の始まりよりも恋愛の終わりが良いか悪いかで元彼の印象ってガラッと変わります。

今まで素敵な男性だな、と思っていたとしても結局別れ方が雑だったり不誠実だと女性の印象は「あいつマジで死ねばいいのに」くらいになってしまうんです。

連絡が突然なくなって何も話すことができなかった

ムカムカ腹が立つ別れ方4携帯電話のない時代はよく、恋愛の終わりが自然消滅だったってことが多かったです。

電話連絡ができない場合、突然相手の家に行ってみるくらいしか手立てがなくて別れを受け入れた…という流れです。

でも、今は携帯電話があるのでSNSだったりメールやLINEなどあらゆる連絡の手立てがあります。

そう考えると自然消滅はなくなって、LINEでもいいから一言はあるんじゃないと思いますが、現在で自然消滅はあるんです。

ある日突然、LINEも未読のまま、電話もつながらない、メールアドレスも変えられていて、SNSはブロックされているという状態になることがあります。

あまりのことで驚いてしまうかもしれませんが、その行為が元彼の「別れたい」という意思表示です。

何か言ったりするとどうしても話し合いをしなくてはいけなかったり、一言でも言葉をかけることで逆に揉めることにもなりかねません。

そういったやりとりをするのが面倒な男性の場合、最初から全て連絡手段を絶ってしまえばいいと思っています。

女性としては「いきなりどうしたの?」とびっくりしてしまいますし、心配になるものです。

でも、もう元彼と連絡が取れないのでどうしようもなく別れを受け入れるしかない状況になります。

モヤモヤしたはっきりしない状態のまま、連絡もつかない元彼のことをついつい考えてしまって女性としては「なんでこんなことするんだろう」と憤慨してしまいます。

何も言わずに自然消滅を狙われてしまうと、今まで付き合っていた自分たちの時間もなかったことにされたような気持ちになって、むかつくんです。

「別れられてよかった」など捨て台詞を吐かれる

ムカムカ腹が立つ別れ方5「死ねばいい!」と思うくらいにむかつく場合、ほとんどが元彼からフラれた時に思います。

意外かもしれませんが、女性側がフッた時にもイラッとする瞬間があるんです。

それは、別れる時に捨て台詞を吐かれた時だといえます。

別れたくない腹いせに言っていることも多いですが、別れる時に「お前と別れられて本当によかった」とか「別れたいと思っていた」なんてことを言う男性もいるんです。

そんなことを別れる時に言われてしまうと、女性は自分がフッたにもかかわらず元彼にフラれた気分になってしまいます。

女性が別れたいと言う時、本気で別れたいと思っていたとしても男性から「え、ちょっと待ってよ」って引き止めて欲しいと願っているものです。

別れたいと思っていても、引き止めてもらうことで相手からの愛情を確認して気持ちが変わることもありますし、もう少し冷静な気持ちなろうと思うこともあります。

もちろん、「わかった」とそのまま理解してもらうことも女性は望んでいますが捨て台詞を言われると単純にむかつくものです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

別れた後も、なんとなく捨て台詞が心の中に残っていて、思うように気持ちが切り替えられない!とどんどん元彼に対して怒りが湧いてきます。

「気にしてほしい」気持ちの裏返しかも。元彼がむかつく本当の理由

期待している気持ちの裏返し

元彼がむかつく本当の理由1別れた時にとても嫌な気持ちになったとか、むかつく別れ方をしたということでも元彼に対してムカついたりイライラするものです。

でもそれ以上に「元彼は私にこんなことをした」「元彼は私を苦しめた」そんなことを思うようになっています。

元彼に対して、きちんと自分の気持ちをわかって欲しい、こんなに苦しんでいるのにどうして気にしてくれないの?と思っているからこそ、元彼がむかつく!と思うんです。

付き合っていたのだから、元彼が自分の気持ちを理解理解して尊重してくれるのは当然のことだろうと思っていて、その気持ちを元彼に伝えられないことにモヤモヤしています。

別れる時や別れた後も、傷ついたあなたに対して気にかけることがない元彼に「私のことを愛してないの?」「好きだと言ったのは嘘だったの?」と怒りを感じます。

元彼なら自分の気持ちを理解してくれる、考えてくれると期待しているからこそ、思うようにいかない元彼に対してイライラしてしまうのです。

その気持ちは、元彼のことがとても好きだった人ならなおさら怒りの力が強くなり、いつまでも忘れられません。

怒りは悲しみよりも継続しやすいので、元彼と別れたことで苦しんでいる自分のことを気にして欲しいという期待が怒りを引き起こしています。

まるで欲しいおもちゃが手に入らなくて駄々をこねているような状態

元彼がむかつく本当の理由2元彼、という存在はどこか家族にも似ています。

信頼して、甘えられるような、そんな存在です。

でも付き合っている時に、本当の気持ちを元彼に言えていなかったり、元彼の顔色ばかりを伺ってしまい満足のいく交際ができなかった人も多くいます。

元彼と付き合っていた頃の自分に対して、「自分には価値がない」と思っていたり、自分を肯定してあげることができなくなっていることも多いんです。

恋愛は、いつでも素直に自分の気持ちを話せたり、愛情を無条件に注いでもらえるものではありません。

そういう恋愛もありますが、そればかりではないんです。

だから、いつも彼氏に対して気を使いすぎてしまったり、愛されている実感がないまま付き合っていることもあります。

家族でも同じことが言えて、親の期待に応えられるように自分の本心を隠したり、親に構って欲しくて悪いことをするような人もいるものです。

家族との関係が悪かった女性は、恋愛に依存する傾向があり、付き合っている時は心から元彼を信頼しています。

そこで、元彼と別れると「元彼まで私を否定するんだ」という絶望感に似た怒りを感じます。

「私は元彼のことが好きだったのに!」「もっと一緒にいてくれると思っていたのに」など、いろんな感情が渦巻いて元彼を求める気持ちがまるでおもちゃを欲している子供のような態度になってしまうのです。

怒ることで何かを手に入れられるとも思っていないですが、それでもどうしようもないイライラ感が募っていき、いつまでも地団駄を踏んで気持ちを拗らせてしまいます。

寂しくて悲しすぎるから怒りになっている

元彼がむかつく本当の理由3人は、あまりにも悲しいことや辛いことが起きると感情のリセットや切り替えができなくなって、怒りを感じるようになります。

その気持ちは、元彼のことを好きな気持ちがずっと残っているからです。

しっかりと気持ちを奮い立たせるために元彼へ怒りの気持ちを持つことで均等を取ろうとします。

矛盾に感じますが、人間は本当の気持ちを隠すために感情の上塗りをすることはよくあるのです。

元彼を責めることによって自分の気持ちのバランスを取ったり、怒ることで悲しさを忘れられます。

悲しみや寂しさが大きければ大きいほど、怒りも大きくなり、まるで本当の自分を忘れてしまったような感覚になるかもしれません。

感情は、いろんな思いが巡れば巡るだけ深く傷ついていきますし、元彼との思い出を繰り返し考えることで、寂しさが再燃して苦しみから逃れるために怒りを引き起こしています。

でも、怒りを感じることで余計元カレへの気持ちに縛られてしまいます。

元彼のことをむかつくと思っている時間が長ければ長いほど、付き合っていた時の記憶が深く残り頭から離れなくなります。

忘れたいと思って怒りに気持ちを変化させているのに、余計忘れられなくなるというのはとても不毛な話です。

自分の気持ちを守るためには、本来であれば新しい恋愛をしたり、自分のために生きることが必要だといえます。

元彼と付き合っている時の自分がバカらしい気がした

元彼がむかつく本当の理由4別れ方が最悪だった元彼に対して、怒りを感じてしまっているとだんだんと元彼と付き合っていた毎日がバカみたいな気分になります。

「仲良しだと思っていたのは私だけだったのか」とか「あの言葉は嘘だったの」といろんなことを考え、なんだか元彼のことを素敵な人とだと思っていた自分が情けないとすら思うんです。

本当は、恋愛が終わってしまうのは過ちではない、ということはわかっていてもそうしなくては自分のことを肯定できなくなってしまいます。

人間は、悲しいことや辛いことに直面すると自分を責める傾向があります。

自分がもっと美人だったら、もっと優しかったら、もっと魅力的だったら…いろんなことを考えて、元彼と別れてしまったことを後悔したり、悲しんだりして自分を責めてしまうのです。

時間が経つにつれて、自分のことを責めている状況が辛くなり、それでも元彼に対してモヤモヤした感情がつきまとっている時、今度は元彼に対して怒りを感じることで自分を責める気持ちを抑えています。

ただ、付き合っていた時の自分を否定して今現在の自分を肯定することは、いつか感情が揺らいでしまうものです。

付き合っている時の記憶を蘇らせても、結局寂しさは募っていきますし、さらに寂しくなってしまいます。

「こんな風に苦しいのは元彼が悪い」「今までの自分はなんだかバカみたい」とイライラして、怒りがどんどん増していきます。

時間が経つにつれて、「こんなバカらしい毎日とサヨナラできたのだからいいや」と思うようになるかもしれません。

付き合っていたことが馬鹿馬鹿しいと思って怒るのは、元彼と別れた年齢が重なっていればいるだけ強いです。

また1から恋愛を始めることに疲れてしまう

元彼がむかつく本当の理由5いろんな理由があるかもしれませんが、元彼に怒りを感じる大きな原因は「また1から恋愛をしなくちゃいけないの?」という思いです。

恋愛、というのは出会いから交際スタートまで、あっという間に進む人もいれば時間がたくさん必要な人もいます。

男性は交際自体を楽しんだり、一夜だけの関係で女性と過ごすことで自分の寂しさを紛らわすことができます。

そして徐々に寂しさを感じて、やっと新しい恋愛に踏み出そうと思うものです。

ここまで時間がかかったとしても、男性は結婚適齢期が比較的遅く、女性との差があります。

ですが一方で女性の場合は、結婚以外にも子供が欲しいと思えば年齢の問題も出てきます。

そのため、恋愛が1つ終わると「ああ、また1から恋愛を始めなきゃいけないのか…」とため息が出てしまうのです。

ある程度の年齢に達していると、「この恋で最後にしたい」とか「もしかしたらこのまま結婚するかも?」と期待しながら恋愛をしています。

でも、その恋が終わってしまえば、また恋愛を探さなくてはいけません。

結婚をしたいと思っているのであれば、誰でもいいから恋をするわけではなく、慎重に一歩踏み出すものです。

そんな風に最初からまた恋愛をしなければいけない、とうんざりしてしまうんです。

そこで、「なんで私のことを思ってくれなかったんだろう」と元彼に対してイライラしてしまいます。

私と同じくらい傷ついて不幸になれ!と思うなら。仕返しする方法

元彼のことなんて考えずに楽しく毎日を過ごす

仕返しする方法1元彼に対して、何かをする方法で仕返しするのもアリですが、結局行動したところでなんとなく後味の悪い結末になりやすいです。

そうなるとせっかく仕返しができたとしても、気持ちがスッキリせずに「どうしてあんなことしたんだろう」と後悔することもよくあります。

1番の仕返しは、元彼のことなんてキレイさっぱり忘れることです。

「そんなことができるならとっくにしてる!」と思うかもしれませんが、心の中に元彼がいたり、付き合っていた頃の2人が頭の中に染み付いているからこそ、考えてイライラしてしまいます。

人間が、1番物事を考えてしまう瞬間というのは、1人でいる時です。

眠れない夜、1人でほっと一息ついている時など、ぼんやりしたり物事を考える時間的余裕があると、ついつい余計なことを考えてしまうものです。

元彼のことも考えなきゃいいのに、「今頃誰かと付き合っているのかな?」「私はこんなに傷つけられたのに」などあらゆる方向に意識が向いてしまって、結局元彼のことばかり考えてしまいます。

せっかくの1人の時間をイライラで費やしてしまうのは、勿体ないです。

じゃあ、どうやったら忘れられるの?ということですが、とにかくスケジュールを埋めてください。

友達と遊びまわるでもいいですし、旅行に行くでもOKです。

1人にならない、もしくはとても体を疲れさせることによって、考える時間を減らしていきましょう。

最初から元彼なんていないくらいの気持ちで自分の毎日を充実させ、頭の中から元彼を追い出してください。

元彼もあなたのことを意識している可能性もあるので、楽しく毎日を過ごしている様子をSNSで投稿するのもOKです。

いつまでも悶々とした気持ちを抱えているよりも、元彼のことなんて考えずに楽しく遊んでいることが、1番の仕返しですよ。

容姿・年収などわかりやすいメリットが多い男性と付き合う

仕返しする方法2男性のほとんどがプライドが高いと考えられています。

そんなのことない、という人もいますが、誰にも頭を下げないようなプライドの高さを持っている人から、内に秘めたプライドの高さを持っている人もいるのです。

誰しもがプライドを持っていますが、女性が思わずむかつく!と思うような別れ方をする男性も非常にプライドが高いといえます。

自分のプライドを守るために女性を傷つけている人もいるので、そのような男性に対してはよりステータスの高い男性と付き合うことが仕返し効果があります。

誰もが認めるイケメンや年収が高い男性と交際して、元彼に見せつけたり、友人経由で知らせるのも1つの仕返しです。

ただ、ステータスの高い男性というのは、それなりに女性に対しても求めるレベルが高いので、この方法で仕返しをしようと思ったら、あなた自身も相当努力しなくてはいけません。

元彼をどうにか傷つけてやりたい、自分が悲しい思いをした時同様、もしくはそれ以上にプライドを傷つけてやりたい、という気持ちを強く持って、頑張ってください。

自分に対しても成長ができるので、ステータスの高い男性と知り合うための努力は無駄なものではないです。

元彼の友達と仲良くなってどれだけ自分が傷付いたか話す

仕返しする方法3元彼と共通の友人がいる時に効果的な仕返し方法は、別れてから共通の友人とより仲良くなることです。

もともと知人・友人であれば、遊びや食事に誘うことだって変な話ではありませんし、誰と付き合っているのかも別れたのかも知っているので、気まずい雰囲気になりません。

この時、多くの友人に言うように、恋愛の愚痴を話してみましょう。

「こんな感じで別れたんだけど、どう思う?」「すごく悲しかった」といったように、元彼と別れたことによって受けた傷を遠回しにでも伝えてみます。

恋愛が終わった経験はほとんどの人がしているので、どれだけあなたが悲しい思いをしたのか、傷付いたのかというのはよく理解できるはずです。

どれだけ悲しいとか辛いと話しても相手に理解してもらえなければ共感をしてもらうこともできません

でも、恋愛の終わりというのは誰もが悲しいと思う出来事なので、共感してもらいやすいです。

共感してもらえるとあなたの味方になってくれて、あなたを傷つけた元彼に対して嫌悪感を抱きます。

友人達から「そういう人なんだ」と思われることによって、元彼は肩身の狭い思いをするので仕返し方法としておすすめです。

ポイントは、異性の友人と仲良くするよりも同性の友人と仲良くした方が共感を得やすいです。

異性だと元カレ寄りの意見の人もいるので、分かり合えないことも多い可能性があります。

むかつくのに疲れた時は。心が楽になる元カレへの怒りの手放し方

「私はよくやった」と自分を認める

元カレへの怒りの手放し方1元彼に対してイライラしてしまう人は、心のどこかで自分のことも責めています。

もっとこんな風にできた、など、色々考えた結果自分も悪いところがあったし、反省するべき点はあったと思っているんです。

でももうどうすることもできないから、元彼への怒りに変えて、自分の心を保っています。

そんな自分に疲れた時、入浴をしている時や眠る前に目をつぶり、自分を褒めてください。

元彼に対する怒りは、その瞬間は一旦抑えて、付き合っていた頃に自分がどれだけ元彼のことを思って行動してきたのか、別れてからも元彼のことをどれだけ考えていたのかを振り返ってみましょう。

「私はとてもたくさん元彼のことを思っていた」「別れてしまったけど、私はよくやった」と自分を認めてみると、心の荷物がすっと降りていきます。

自己肯定感が低くなっていることも多いので、自分を認めることで失われた肯定感を引き戻してあげてください。

結局、1人になった時にあなたを1番認めてあげて、慰めてくれるのは自分自身だったりするので、あまり無理せずに自分を認めてあげることはとても大切です。

「こんなに怒るほど好きだったんだ」と元彼への思いを認める

元カレへの怒りの手放し方2怒りを持ち続けていると、自分自身でも制御がつかない時は必ずあります。

そんな時ふと「なんでこんなに怒っているんだろう」と思う人も中にはいるのです。

自分の気持ちなのにどうしてわからないのか、と不安に感じますが、人間の感情は複雑にできていて、1本の線で引くことはできません。

自分で自分のことがよくわからないと思う人も多くいます。

なので、元彼に対する気持ちを怒りや悲しみ全て含めて「好きだったからだな」と認めてください。

とても元彼のことが好きだったからこそ、別れた事実がとても苦しくて、今でも寂しいと思っているのだ、とわかればあなたも心が軽くなるはずです。

本当はもっと一緒に痛かったし、行きたいところもあったのに、もういない、と思うことはとても悲しくて、このままじゃ自分でいられなくなる、と怒りにすることで元彼のことを思っている可能性もあります。

一度、あなた自身が元彼に抱いている思いを整理することが、怒りを手放す方法として非常に大きなポイントです。

「もういい加減変わりたいな」と思うようにする

元カレへの怒りの手放し方3元彼に対して怒りを持っている自分のことが嫌い、と思っている人も案外多くいます。

いつまでも怒りを理由に元彼のことを考えてしまう自分に、どうしてだろう、と悩む場合もあり、そんな時は元彼のことも含めて自分を否定してしまうかもしれません。

そこで、怒りを手放す方法としては「もう変わりたい」と自分自身に伝えることです。

自分が変わりたい、と強く願わなくては行動ができませんし、気持ちの切り替えもできないといえます。

元彼への怒りが消えていない状態だとしても、自分が変わりたい、もう元彼のことなんてどうでもいいと思いたい、と強く考えることで自然に忘れられるような行動を取れるようになるんです。

潜在意識、というものが人間にはあり、心の中で考えることが自然に行動に出るようになります。

元彼に怒りを感じている人は、潜在意識の中でも元彼のことをずっと考えているからこそ、離れられないので、心の中からしっかりと「元彼のことに怒っている自分を変えたい」と思うようにしましょう。

元彼がむかつくのはそれだけあなたが真剣だった証拠

元彼がむかつくのは「気にしてよ」の裏返し? まとめ元彼がむかつく理由や怒りを手放す方法をご紹介しました。

恋愛は1つの感情が全てではありません。

いろんな感情が渦巻いていて、怒りの中にもいろんな気持ちは入り組んでいます。

自分でも「そんなこと思ってたのかな」と感じるかもしれませんが、よくよく自分の感情と向き合って、元彼への怒りを手放してみてください。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事