離婚したくない時こそ焦りは禁物!夫が別れを決心した本当の理由を知って説得よりも効果的に夫婦関係を修復する秘策
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

一生添い遂げるつもりで夫婦になったのに、夫婦生活をしていると様々なドラマがあるものです。

「離婚したい」と夫から告げられたと時、同じ気持ちになっていなければ、すんなり相手の意向に沿うのは悲しすぎます。

「離婚したくない」「旦那の本音が知りたい」と思っているあなたに、夫婦関係を修復する秘策をご紹介しましょう。

離婚したくない時こそ焦りは禁物です。

夫が別れを決心した本当の理由を知るための、冷静に掘り下げる方法、気持ちが本物なのかを見極める方法をお伝えしていきます。

不機嫌な行動の本気で離婚したい時にだけ取る行動や、すぐ説得するのは逆効果な理由も合わせてお伝えしていくので、普段は深く語り合えないパートナーと向き合うための参考にしてくださいね。

離婚したくないと思う気持ちを持っている以上、お互い納得できる未来を見つけられるよう、ベストなタイミングで話し合いをして、夫婦関係を修復しましょう。

目次

夫の不機嫌な行動のうち本気で離婚したい時にだけ取る態度

話をしている最中に家を出ていく

夫の不機嫌な行動のうち、話をしている最中にも家を出ていくという態度があれば、本気で離婚したがっているといえます。

夫婦というのは、同じ屋根の下に住んでいるから仲直りも出来るし、やり直すことも出来るのです。

それは、家が自分の居場所だという前提があるからこそ。

話をしている最中に、家を出ていくという行動は、「居心地の悪さ」「その場から逃げ出したい」という心理を意味しています。

家の中にいるのに、居心地悪く感じていたり、落ち着く場所が他にあると思っていたりするのは、妻に対して完全に心を閉ざしているからです。

「これ以上話をしたくない」「向き合う必要がない相手」と思っているため、再び心を開いて話合うためには、相当な労力が必要。

旦那の中で「今の状況をどうにかしないといけない」「時間がかかっても仲直りしよう」という基本的な感情がなくなってしまえば、結婚生活を続けていくのは難しいと言えます。

離婚を考えている人は、この先の事を深く考えなくなるので、簡単に逃げる動作を見せるのです。

自分の負担が大きいと感じている事ばかりを言う

夫の不機嫌な態度の中でも、言葉に着目する事で離婚まで考えているかどうかが分かります。

自分の負担が大きいと感じている事ばかりを言うようになっていれば、心のゆとりはかなりなくなっている状態です。

妻に対して不満を並べて伝えてくるのは、「直してほしい」「こうなってくれれば、もっと良くなる」と未来に期待しているから。

逆に「男の俺ばかり辛い目に合っている」「家族を支える俺の身にもなれよ」と自分が辛いと思っている事ばかりを伝えてくるのは、相手のことを考える余裕がなくなっている証拠です。

何をしても「辛い」「苦しい」と思っていると同時に、「あいつはいいよな、楽で」「女はずるい」と悪者扱いをし、奥さんが普段自分のために何もしてくれていないと考えています。

理解しようとする気力さえなくしている状態です。

夫婦として一緒に乗り越えようという気持ちがないので、離れることでしか自分は楽になれないと思っています。

「幸せになる事は、気持ちも体も楽になる事だ」と幸せの形を勘違いしている状態と言えるのです。

家に帰ってきたくない理由を並べる

夫が不機嫌になっていて、家に帰ってきたくない理由を並べている時には、離婚を考えている時だといえます。

社会が戦場となっている男性にとって、家に帰るのは癒しの時間。

共働きだとしても、心の中に根付いている理想は変わりません。

家に帰ったら、温かい食事とすぐに入れるお風呂が用意してあって、妻と子供が笑顔で出迎えてくれる。

そんな理想を持っています。

実際には、共働き夫婦が増えている事で、女性も社会でストレスを抱え、育児と仕事の両立で、時間に追われてバタバタしているし、心に余裕がない事で子供とギャーギャー戦争が繰り広げられている家の中。

帰った途端にため息が出ます。

それでも、妻や家族の存在があるから頑張れると思えている男性は、耐えることが出来るのです。

家に帰ってきたくない理由を次々と並べているのは、パートナーに帰ってきたくないことを納得してもらいたいから。

「帰ってこなくても仕方がないな」と思ってもらうためです。

離婚する理由に納得してもらうための、工作と言えます。

1ヶ月以上顔を合わせないように行動している

1ヶ月以上顔を合わせないように意識して動いているパートナーは、離婚を考えています。

妻と一緒にいる事が苦痛に感じている男性は、顔を見る事さえもストレスの原因と感じているものです。

「声も聴きたくない」「顔を見たら腹が立つ」といつも意識しているので、どうにかストレスを回避するために、姿を見ないように生活をします。

妻が起きる前に出勤したり、家族全員寝てから帰宅したりと、仕事を理由に時間帯をコントロールして、心の健康を手に入れようとしているわけです。

妻と顔を合わせるくらいなら、仕事で感じるストレスの方がよほどマシだという思考回路になっているので、関係修復するつもりは毛頭ありません。

結婚してしまったことを後悔し、新婚の時の楽しかった時期を思い返しては、現状にガッカリしています。

顔を合わせない事が習慣となり、なぜ嫌に思っているのかも忘れてしまうほど、人生に必要のない人だと思っているはずです。

「子供は自分だけでも育てられる」と言い始める

夫が不機嫌になっている時、「子供は自分だけでも育てられる」という言葉が頻繁に聞かれるようになると、離婚を考えているといえます。

男の人が仕事と育児を両立させることは、かなり難しいことです。

そもそも、女性だけが育児をするものではありませんが、社会では「母親なんだから当然」という風潮はいまだに消えていません。

女性は、社会の冷たい風辺りにも耐えながら仕事と育児の両立をこなしているのですが、男性は「経済力があれば子供は育つ」と考えている人が多くいます。

仕事はきちんとしている、大きくなるために必要な学資は準備できる、子供たちも自分のことはするだろう、と考えていることから、「母親がいなくても子供は育つ」という考えが育っていくのです。

妻に対して不満が募っている時、この考えが大きく育ち、言葉として発信されます。

「俺だけでも大丈夫」「子供たちに母親は必要ない」という言葉が繰り返されるようになれば、完全に離婚してシングルファーザーとなるつもりと言えます。

離婚したいと言う夫の決心が本物なのかを見極める方法

同じ空間にいることに対する嫌悪感を確認

離婚したいと言う夫の決心が本物なのかを見極めるには、同じ空間にいることに対する嫌悪感を確認することです。

家に帰ってきてリビングで顔を合わせた時の表情、休みの時に予定がない時の過ごし方、などパートナーの反応をしっかりと観察しましょう。

顔をしかめたり、同じ空間からすぐに出ようとしたときには、一緒に過ごすことが既に苦痛だと感じている状態です。

夫婦生活を続けていくためには、顔を突き合わせて問題を乗り越える必要があります。

その場から逃げようとしたり、「同じ空気を吸うのも嫌だ」と思っているようでは、思考的な問題だけではなくなっており、「生理的に受け付けなくなった」「ストレスを感じる」という状況にまで追い込まれている証拠。

本気で離婚したい心理を決定付ける反応と言えます。

表情やため息、動作などから夫の本音を探りましょう。

嫌悪感を抱いていても、同じ空間に留まったり、時々でも会話をしようとするようなら修復出来る可能性があります。

ケンカの流れから出た言葉かどうか

本気で離婚したいと言っているのか見極める方法は、ケンカが発端かどうかという原因を考えましょう。

頻繁に意見がぶつかり、そのたびに「今度という今度は離婚だ」と出た言葉なら、今まで我慢を積み重ねてきた心理が見えます。

今まで修復出来てきた分、二人の間には固い絆が出来ているのも事実。

夫もまた、修復する方法を考えているはずです。

珍しくケンカをした拍子に出た言葉でも、実は離婚という深刻な事態は近くありません。

今まで我慢してきたことが、爆発してケンカになった時、感情のコントロールが制御不能となります。

普段から自分の思っている事を言い慣れていない分、心にもない言葉を吐き出してしまいがちです。

こんな時には、なかなか仲直りが出来なくても心の中で反省している事がほとんど。

離婚と思わず言ってしまったけれど、取り消したいと思っていることも、珍しくないものです。

喧嘩を発端として離婚したいと言われたのであれば、一度しっかりと話し合いをする事で解決することが出来る場合が多いと言えます。

彼の本気度もそれほど高くはないので、素直になれるタイミングを見計らいましょう。

親の将来のことを考え始めている様子を観察

決心が本気かどうか見極めるには、親の将来のことを考え始めているかどうか観察しましょう。

離婚問題は、夫婦だけの話ではなくなります。

結婚したことで様々な事を二人で構築してきたように、離婚は積み上げてきたことを考え直す必要があるのです。

大きな問題として親の老後があります。

勢いのまま言ってしまったものや、深く考えずに言葉にしてしまったことなら、親の将来のことまで考えることはなく、二人の問題から思考回路が離れません。

妻に対する不満や子供との関わり方から、不満や話し合いの議題がそれる事はないはずです。

しかし、親の老後について、お金や施設を具体的に考えて提案してきたのであれば、夫の覚悟は本気。

着実に調べを進めて、肉親である親が不便のないように考えます。

介護の話やお墓の継承の話を含めて、財産分与の話を持ち出すのです。

二人の問題だけでなく、家系の問題にまで発展していれば、気持ちを覆すのは難しいといえます。

ちょっとした用事で電話をかける

ちょっとした用事で電話を掛けると、夫の離婚の決心が本気かどうか見極められます。

夫婦生活が長くなると、ちょっとした用事なら「家に帰って来てから話そう」「相手の機嫌のいい時に言おう」と話題によってタイミングを考えるようになるものです。

そのため、夫婦間において、用事で電話を掛ける事は少なくなります。

離婚を言い出された時、ちょっとした用事で電話をかけてみると、相手の反応から気持ちを探ることが出来るのです。

いつでもいい話題だからこそ、反応があからさまに見られます。

通話になる前に電話を切られたり、「そんなこと勝手に決めろよ」と冷たくさじを投げられたりするのは、あなたの話を聞きたくなくなっている証拠。

話を聞いて、相談を受けるという姿勢は全くなくなっています。

何でもない用事でも、耳を傾けてくれたり「その話は、帰ってからゆっくり話そうか」と提案してくれたりするなら、会話をする気持ちがあるサインです。

些細な事でも向き合う心境になってくれたということは、やり直すチャンスは十分にあります。

暴力的な感情が繰り返し見えるか

夫の離婚話の本気度を見極めるには、態度をよく観察することです。

暴力的な感情が繰り返し見える時には、完全に離婚を考えているサインと言えます。

DV気質の男性は、思い通りにならなかったら暴力を振るう事で解決しようとします。

そうでない男性は、感情をコントロールするために、怒りや苛立ちを抑えようとするサインが見られるのです。

もう離れてしまいたいと考えている人と会話をすると、誰でも感情が動きます。

イライラしたり、「もう話したくないな」と思ったりするのは当然のことです。

その感情から、少し過剰な暴力的な面が見えるようなら離婚は本気である証拠。

壁を殴る、こぶしを強く握りしめる、ドアを勢いよく閉める、などの態度が一度だけでなく何度も繰り返されるのは、よほど感情コントロールが難しくなっているといえます。

物を壊す、大声を上げるなどの暴力的な面が頻繁に見られるようになったら、あなた自身のみを守るためにも離婚の話を早く進めることです。

離婚が本気ではないなら、同じサインもすぐに消えてなくなります。

離婚したくないと思ったらすぐ旦那を説得するのは逆効果な理由

冷静に話し合うことが出来ないから

すぐ旦那を説得するのは逆効果になる理由は、冷静に話し合うことが出来ないからです。

離婚したくない一心で、すぐに話し合いの場を設ける事は、感情論のぶつけ合いになってしまいます。

お互いの言い分を譲ることなく伝えるのは、幸せに導く話し合いではありません。

感情的になる事で、相手を傷つけるだけでなく、自分自身も傷つくことに繋がります。

言いたいことばかりを言ってしまい、結局夫の言いたいことを聞けなければ、どうして離婚したいのか理由を掴めなくなるだけでなく、本音を話してくれないまま離婚話を進めてしまう事にも。

感情論で話し合いをして、良い展開になる事は、まず「ありえない」と覚えておきましょう。

男性は、感情的になると気持ちを言葉にすることが苦手な人が多いので、「言いたいことがうまく言えない」状況に苛立ちが増幅します。

気持ちを上手く伝えられない苛立ちが、話し合いをストップさせてしまい、「こんなの時間の無駄だ」と二度とあなたの言葉に耳を傾けてくれなくなるのです。

上手くいく方法が見つかっていないから

離婚したくないからとすぐに説得するのがよくない理由は、二人が上手くいく方法が見つかっていないからです。

話し合いをする場合、終着地点を見つけておくことが重要。

ビジネスシーンにおいても、恋愛においても、話の構成は基本的に変わりません。

交渉や審議をする場合には、議題、言い分、目標終着地を明確にしておかなければ、話は前に進まないものです。

離婚したいと伝えてきた夫に対して、あなたの言い分とパートナーの意見、それぞれ出したところで、「どうなりたいか」「何を目指した討論場か」が明確になっていなければ、ただの主張だけで終わります。

あなた自身は、「離婚したくない」という目標に向かっていたとしても、相手は「離婚したい」という目標があるので、折り合いをつけるのは不可能。

別々の道を進む事だけが解決の方法ではなく、一緒に夫婦をしていく上で、どうすればお互い幸せになれるのか、何を望んでいるのか、を明確にしておかなければいけないのです。

夫婦として上手くいくための方法を提案することが、話し合いの目的であり、離婚を回避する方法。

上手くいく方法が見えていないのに説得はできないといえます。

間違えた言葉を使ってしまうから

離婚したくないからと言ってすぐに説得させることが逆効果の理由は、間違えた言葉を使ってしまうからです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

人間は、言葉を使うようになったとはいえ、全ての人が上手に使いこなせているわけではありません。

小学生から国語の勉強はするけれど、場面ごとに適切な言葉の選び方や人の気持ちに寄り添ったしゃべり方を習うわけではないからです。

ビジネストークとして、またマナーとして言葉を習う人や、プロフェッショナルとして日本語を扱う人は別ですが、一般的には過去の経験をもとに会話は形成されています。

話し合いをするためには、ベストな言葉選びも重要です。

思い浮かんだままに会話をしたり、何も考えずに感情のままに言葉を連ねていれば、つい相手の弱点を突いて弱らせようという心理が現われます。

離婚したくない気持ちを押し通すために、言いくるめようと巧みに相手が反論できない事ばかりを言うなど、夫目線で見れば苦痛の時間。

相手の提案を受け入れられないと伝える事と、離婚を思いとどまってもらうために話し合いをするのとでは、全く意味が違います。

言葉選びを間違えれば、逆効果となり、一緒にいたくない想いが強くなるのです。

現状を把握していないから

離婚したくないからといって、そうそうに説得することが逆効果となってしまう理由は、現状を把握できていないからです。

夫が離婚を言い出したのには、相応の理由があるはず。

「離婚したい」と言われた言葉にすぐさま反応して「離婚したくない」と反論して、説得を試みても、なぜ彼がそんなことを言ったのか把握していないので、話し合いになりません。

お互い自分の気持ちを掘り下げられていない状態なので、夫自身も離婚という選択が正解なのかまだ迷っている状態だと言っても過言ではないのです。

問題把握をしていなければ、解決策も見つかるはずはなく、彼の意向を変更する事は不可能。

例えば「他に好きな人が出来たから離婚して欲しい」と言われたとしても、根本的原因は浮気ではないかもしれないのです。

妻から逃げた結果浮気になった、一度の過ちで妊娠させてしまって責任を求められた、子供が欲しかった、など背景には理由が隠されています。

旦那の本心やどうしたいのか、解決できる問題はないのかを話し合うためには、今置かれている現状や抱えているトラブルなどを把握して、整理することが先決です。

現状把握しない状態では、相手に本当の事情を隠されてしまい、要求を飲むしかなくなります。

罪悪感や遠慮から相手の言い分を受け入れやすいから

即座に説得に取り掛かることが逆効果になる理由は、罪悪感や遠慮から相手の言い分を受け入れやすいからです。

夫婦間においても、妻が夫に対して我慢ばかりをしてきた構図が出来上がっていたり、結婚生活を送ってきた過程で引け目を感じることがあったりすると、相手からの離婚の申し入れを否応なく受け入れざるを得ない状況が訪れます。

過去に妻が浮気をした経験がある、夫を騙して子供を作って結婚した、旦那に無理をさせすぎて我慢が爆発した、などの経緯があれば、夫から離婚を言われても今まで抱えてきた罪悪感や遠慮が冷静な話し合いを邪魔するのです。

「離婚したくない」と思って話し合おうとしても、夫の話を聞いているうちに「私には拒否する権利がない」と弱気になってしまい、受け入れてしまいます。

離婚したくないのなら、どんな引け目や遠慮があっても、話し合える覚悟をしてからにしましょう。

旦那自身も気付いていないかも。夫が別れを決心した本当の理由を冷静に掘り下げる方法

「どうして」を進展させていく

夫が別れを決心した本当の理由を冷静に掘り下げる方法は、「どうして」を進展させていく事です。

原因を追究することは、ビジネスでも活用されている方法。

なぜ、どうしてを繰り返すことで、本当の原因にたどり着くことが出来ます。

「離婚したい」という要求に対して、どうしてそう思ったのか、訊ねてみましょう。

「愛想が尽きたから」と言われたら、愛想が尽きた理由を尋ねます。

「不満ばかり言われて疲れる」「色気がなくなった」と一見、原因にたどり着いたかのように思い、たいていの人はここで諦めてしまいますが、もう一度なぜを持ち込むのです。

「どうして不満を言われて疲れると感じたの」「色気がなくなるとどうして嫌になったの」と。

ここまで来て、初めて夫の要求にたどり着きます。

その後夫が返してくる答えは「妻は癒してくれる存在であってほしい」「いつまでも女としていてほしい」と帰ってくれば、夫はどれだけ夫婦期間が長くなっても、恋をしていたいことが分かるはずです。

気持ちが変わり始めた時期に着目する

夫が別れを決心した本当の理由を掘り下げる方法は、気持ちが変わり始めた時期に着目することです。

なぜ離婚しようと思ったのか、その理由はとても気になるところですが、気持ちが変わり始めた時期も、実はとても重要。

結婚生活は、二人の感情が寄り添っているだけのものではなく、配偶者同士の人生が並んで進んでいる状態です。

仕事が忙しくなってミスが増えている時には、家にいても家族のちょっとした事が目に付いてしまうし、妻が出産したばかりの頃は二人とも寝不足で少しでも安息を得るために敬遠し合ってしまうこともあります。

昇進がかかっている時に、「接待は絶対にダメ」と言われ続けてジレンマが募っていた、セックスレスを解消できずに夫婦の在り方が分からなくなった、など生活の変化が大きく影響しているものです。

どの時期に、何を感じていたのか時系列でみていくことで、本当の気持ちを見つけられます。

周囲に話していた内容をリストアップ

別れを決心した本当の理由を知る為には、周囲に話していた内容をリストアップして、ポイントを可視化することです。

既婚男性は、家庭に不満を持つと同僚や後輩、友だちなど家庭の外の人に愚痴をこぼしてストレス発散しようとします。

愚痴の内容は、夫の本音そのもの。

「離婚して欲しい」という表面的な綺麗な言葉ではなく、愚痴こそが彼の心の叫びです。

どんなことを話していたのか、一つづつリストアップして紙に書いていきましょう。

感情のままに話していた言葉たちは、記憶に残りにくいので、旦那は思い出すのに時間がかかるでしょうが、焦らせてはいけません。

ゆっくりと向き合い、実際に使った言葉を再現することで、より鮮明な願望を拾い出すことが出来ます。

不満を明確化する事で、夫婦生活に何を望んでいて、どんなことが不足だと感じていたのか本人も気づいていない心理を引き出せるのです。

妻に言っていた言葉と、周囲に漏らしていた声は違うことがほとんど。

奥さんは初めて夫の本音を知れます。

不満の中にある本質を探す

別れを決めた本当の理由を知る為には、不満の中にある本質を探すことです。

男性は、基本的に結論主義なので、一人で考えて悩んで、最終決定だけを伝えてきます。

しかし、夫婦生活で大事なのは、過程です。

なぜ、離婚したいと思うようになったのか、掘り下げて知る為には、不満に思っている事から本質を探すことで見えてきます。

ただ、構ってほしかっただけ、労ってほしかっただけ、という事が多く、夫婦のコミュニケーション方法が改善されれば、最悪の事態を免れるもの。

「○○してくれないじゃないか」という不満は「構ってほしい」「気にかけて欲しい」の裏返しです。

夫が理想とする夫婦像とのギャップを知り、不足している部分を知ることも一つと言えます。

「結婚当初の約束を守ってもらえていない」「偉そうだ」という不満は、彼自身が妻の本質を分かっていない場合もあるはずです。

生活をしていれば必要不可欠な変化も、理想を捨てきれないばかりに受け入れられないだけ。

女性が妻から母となれば、強さも逞しさも生まれますが、いつまでも「可憐な頼りなさそうな女性が良い」と思っているのなら、夫に成長してもらう必要があります。

ありのままの妻を愛することが出来ないだけなので、夫が人との向き合い方が変われば夫婦として共に添い遂げる事は可能です。

大事にしたい事を絞っていく

別れを決めた本当の理由を知る為には、大事にしたいことを絞っていくことです。

不満を抱えていたり、見えない未来を望んでいたりする時、人はざっくりした要望だけをもって、本当の気持ちすら分からないまま突き進もうとすることがあります。

「幸せな家庭がいい」と望んで入れば、結婚当初より笑うことが減った現在を「不幸な家庭だ」と思ってしまう事も。

「いつまでも愛し合いたい」と願っていれば、セックスを拒まれたことで「夫婦としてありえない」と苦しみを抱えます。

ざっくりした希望ではなく、細かい望みを引き出していく事で、何が満たされれば幸せだと思えるのか、旦那自身も知れるのです。

「月に1度は最低セックスをする」「家族でそろって晩御飯を食べる」など、的を絞って満たされるポイントを見つけることで、不満を解消することも、幸せな家族の姿の想像もできます。

離婚したくないと訴えるよりも効果的に夫婦関係を修復する秘策

同じベッドで寝る

効果的に夫婦関係を修復する秘策は、同じベッドで寝る事です。

ラブラブ期には、同じ布団で寝ていた二人でも、「ゆっくり寝たい」「寝る時間がバラバラだから気を遣いたくない」「狭いのが嫌だ」と様々な理由で、別々になる夫婦が多くいます。

もちろん、毎日を過ごすうえで心地よく眠れる環境は非常に大事ですが、今は離婚危機の重要な局面。

こんな時だからこそ、一緒のベッドで眠るようにしましょう。

一緒に寝始めてすぐは、お互いイライラしたり、「寝にくいな」と居心地が悪く感じたりするものです。

けれど、繰り返し一緒に寝ることで、次第に相手を起こさないように気を付けたり、体が降れている部分から温もりを感じたり、心境の変化が訪れます。

これこそが二人が向き合うために大切な事。

妥協や思いやりを育むきっかけになります。

他人同士が一緒に暮らすというのは、ベッドで起きている事と同じです。

相手のことを思いやったり、譲り合ったり、自分の希望を優しく伝えることで、二人にとってベストな方法が見つかります。

お互いのために料理を作る機会を設ける

夫婦関係を修復する秘策は、お互いのために料理を作る機会を設ける事です。

一般的には、妻が夫のために料理を作る構図が成り立っています。

料理を全くしたことがない男性が多いのも事実。

例え嫌がったとしても、旦那にも料理をしてもらいましょう。

料理は、簡単なようで、そうではありません。

心がこもっていないと完成しないのです。

妻が何の料理が好きだったか、記憶を巡らせ、レシピを探し、材料を買いに行き、台所に立って、調理をする。

この一連の動作は、全て妻に向けられたもの。

料理をしているうちに、「こんなに妻のことを考えたのなんて、何年ぶりだろう」「この作業を毎日してくれていたのか」と改めて、当たり前だと思っていた妻の存在が、自分のために動いてくれていた一人の愛しい女性だという事に気が付きます。

関係を修復するためには、ここから話し合いが必要ではありますが、当たり前だと思っていた事がそうではないと分かってからでは、重みが違ってくるはずです。

妻の幸せを願えるようになっていれば、離婚回避と関係修復を望めます。

体ごと夫に向かって会話をする

夫婦関係を修復する秘策は、体ごと夫に向かって会話をする事です。

離婚を回避して夫婦仲を戻そうと思ったら、誰もが思いつくのが会話を増やすこと。

最も基本的な事であり、重要な事です。

しかし、ただ会話をすればいいわけではありません。

方法を間違えれば、夫の気持ちを逆なでして、亀裂を大きくしてしまう事にもなりかねないのです。

会話をする時には、流し聞きやダラダラその日にあったことを話すだけではなく、体ごと相手に向け、目を見ましょう。

何も言わなくても「あなたの話をちゃんと聞きますよ」という誠意を伝えられ、パートナーとしている意義を感じられます。

体を向ける事で、夫からも傷つかない言葉選びをしてもらえ、ゆっくりと会話を楽しめるはずです。

二人に無くなっていたのは、向き合う時間。

会話する事を通して、お互いの存在を認識して向かい合う時間を大切にすることで、関係修復に繋がります。

基本の挨拶を丁寧にする

夫婦関係を修復する秘策は、基本の挨拶を丁寧にすることです。

向き合う姿勢が大事なのは、先ほど伝えましたが、毎日の見逃しがちな挨拶にも当てはまります。

夫は毎日仕事に行くことが当たり前、家事をしながら家を出る旦那を横目で見るのが当然になってしまいがちな日常。

改めて、挨拶に着目しましょう。

「おはよう」「いってらっしゃい」「おかえりなさい」「おやすみなさい」と挨拶を丁寧に交わすことは、日常の中に小さな幸せが溢れていることを気付かされるチャンスが増えるという事。

家を後にした夫が無事に帰って来てくれることが、どれほどありがたい事か、一緒に人生を歩む人がいる事がどれだけ幸せな事か、心から喜びがこみ上げてきます。

感動は共鳴を生み出し、パートナーの心も日常の幸せに気付けるようになるのです。

帰る家がある事、迎えてくれる人がいる事、どんな自分も受け入れてくれる相手がある事、夫婦という形があることで、心のオアシスとなっている事を感じ取れれば、二人の関係は新たに進み始めます。

一日一回は夫を喜ばせる事をする

夫婦関係を修復する秘策は、一日一回は夫を喜ばせることをする事です。

付き合っていた頃を思い出せば、「何をしたら喜んでもらえるかな」「嬉しいって言ってもらえるだけで幸せ」と思っていた日々があったはず。

結婚し、相手のために行動する事が日常となったことで、喜ばせることよりもこなすことを優先させてしまう生活になります。

夫婦がお互いのために支え合う事は、必要だけれども義務ではありません。

二人の人生を幸せで満たすためには、喜びを感じられる時間をたくさん共有する事。

今まで蔑ろにしていた「喜び」にフォーカスして、夫を喜ばせることを毎日しましょう。

好きなご飯を作った時には「あなたに喜んでもらいたくて、このメニューにしたよ」と気持ちを伝えます。

夫が一人で晩酌している時には、そっと注ぐ役割を代わり、隣に座りましょう。

「今度の休みには、あなたの好きな事をしておいで」と家の用事ばかりを求めるばかりでなく、ご褒美の時間を楽しんでもらいます。

目で見える行動や対話で伝えるだけでなく、旦那が好きな香りを部屋に漂わせることも一つ。

疲れて帰ってきた彼が、「いい匂いがするな。癒される」と思ってもらえることも、家が居心地よくなる方法です。

自己主張を控えて喜ばせよう

婚姻生活に亀裂が生じて「離婚しよう」と言われたら、パニックになってしまい、涙ながらに縋ってしまう事も少なくありません。

感情的になるほど彼は離れていくばかりです。

自己主張をするのではなく、夫を喜ばせる行動に重点を置いて夫婦生活を見直しましょう。

夫婦としての理想をもう一度見つけ、現実とのギャップを知ることで、幸せな未来を歩めます。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事