別れ話をすると彼氏に泣かれる…話が前に進まない時の対処法&別れ話で泣く男性の心理と号泣されないコツ
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

別れ話をすると泣かれる…そんな彼氏にどう対応したら良いのか悩んでいるあなたへ。

別れたくても、別れ話を切り出すと彼氏に泣きだされたら、結局ちゃんと話もできず、別れたくても別れられないというジレンマにおちいってしまいますよね。

この記事では男性が思わず泣いてしまう別れ話の切り出し方をまずは見ていきたいと思います。どういった別れ話をすると男性は泣いてしまうのでしょうか。

また、彼氏に泣かれて別れ話が前に進まない時の対処法や、別れ話で泣く男性の心理、2人の別れについて話す時に彼を号泣させてしまうNG行動も見ていきましょう。

そして、彼氏にも納得してもらいお互い前向きに別れるために伝えるべき事について詳しく解説しています。

目次

男性が思わず泣いてしまう別れ話の切り出し方

付き合い始めたころや二人の楽しかったときの思い出話から入ってしまう

誰だって、自分から相手を振るときは、できるだけ相手のことを傷つけたくないと思ってしまうものですよね…。

だから、嫌な話を切り出す時って、ついつい、二人の仲がうまく行っていた頃の楽しかった思い出や、付き合い始めたころのラブラブな時期の話などから入ってしまうこともありますよね。

ただ、いい話から入ってしまっても、結局はいきつくところは別れ話ですから、話はだんだんと「でもさ…」という感じで暗い方向に向いていくもの。なので、話す方も辛いですが、聞いてる方はもっと心がぐさぐさえぐられてしまいます。

相手の方は、まだあなたのことが好きなので、心の中では、ふたりの楽しかった思い出が懐かしく輝くのではないでしょうか。

そのうち、「俺はまだこんなに君のことが好きなのに…」と、感情がたかぶって、泣いてしまう、ということはよくあるのです。

今の時代は、昔のように、「男が人前で泣くなんてカッコ悪い」なんて言われることもなくなってきているので、素直に感情を出す男性も増えているのではないでしょうか。

ただ、二人きりならまだマシですが、これが他の人がいる公共の場所だと、ちょっと泣かれる女性も困ってしまうのではないでしょうか。

他に好きな人ができたなど、もう彼氏に気持ちがないことを言ってしまう

自分が付き合っている相手から、「他に好きな人ができたから別れたい」と言われるのは、誰だって辛いですよね…。

自分を愛してくれていると信じていた相手から、もう自分には気持ちがないと突き付けられるのって、本当にショックですし、自分の世界が目の前で突然ガラガラと音を立てて崩れていく感じがしますよね。

こういうとき、普通は、言われた瞬間すごくショックでも、「わっ」と泣き出すことはあまりありません。人目もあるので、そこはぐっと耐えて、後から一人で部屋に帰ってからようやく泣けるという人の方が多いのではないでしょうか。

しかし、感情的なタイプの男性の場合は、相手に「他に好きな人がいる」と聞かされると、感情のたかぶりが抑えられずに、泣きながら責めてたててきたりします。

相手のことを好きという気持ちよりも、相手に好かれていたことにあぐらをかいていたような男性ほど、「他に好きな人ができた」と言われると、ショックが大きいでしょう。

別れに対する女性の意思が固いということが分かった時

「私たち、あんまりうまく行っていないし、やっぱり別れた方がいいかなーと思って」という風に、「これはまだ確定的なことではない」というニュアンスで別れ話を切り出されると、ショックはショックでも、まだ心に余裕があります。

そういう言い方をされれば、「自分が変わって、相手の希望を叶えれば、まだ付き合い続けるチャンスはあるかも」と思えるからです。

もちろん、言ってる方は、「もう付き合い続けるつもりはない」と心に決めていたとしても、相手の心にグサッとナイフを突き立てるような言い方をしたくないから、そう言葉を濁していることもあるでしょう。

もし、その場で男の人に泣かれたくなければ、そういった感じでオブラートに包むのも一つの手ではあります。

たとえば、「もう今日で二度と会わないから」という風に、びしっと取り付く島もないような言い方をしてしまうと、男性も突然のことでパニックになってしまいます。そして、相手の女性のことを失いたくないと、泣いてでも止めようとするでしょう。

本当は、振るときはばっさり振ってあげた方が、相手は未練を早く断ち切ることができるので、相手のためではあるのですが、相手が言われて泣くようなタイプの男性だと、ちょっと工夫も必要です。

あなたが性格的に、振る相手には、きっぱり別れの言葉を告げたいのなら、事前に相手に対して「別れたい」ということを匂わせておくのがいいでしょう。

相手の方は、普通にうまく行っていると思っていたのに、何の前触れもなく、いきなり「他に好きな人ができたから別れたい」とか「あなたが嫌いになったから別れる」「もう二度と会わない」などと言ってしまうと、相手が受けるショックは計り知れません。

突然のことに頭がついていかず、泣き出してしまう男の人もいるでしょう。

なので、自分の言い方はいつもちょっとキツイかな、と思っている人は、別れ話では、はっきり言いたいのであれば、別れの事前予告はしておいた方が無難です。

別れ話をしようと決意したら、それからひと月ほどかけて、じわじわ「別れたいオーラ」を出し、連絡を減らしたり、会う回数を減らしていくことは重要です。

相手への感謝などを言って、女性の方も泣きながら別れ話をする

女性側が別れ話を持ち出した時に、泣きながら話をしてしまうと、男性もつられて泣いてしまう、というのはよくあるパターンではないでしょうか。

女性の方としては、恋愛関係としては別れたいけど、今まで付き合ってきたことに対しては、相手に対する感謝の気持ちはあり、それを伝えようとして思い余って泣いてしまうのかもしれませんが、それではかえって相手の涙を誘うだけ。

涙もろいタイプや、自分の感情を話し出すと涙が出てしまう女性は、気を付けた方がいいでしょう。事前に別れたい気持ちなどをLINEなどで送っておき、会って話すときは冷静でいることも大切です。

自分から別れ話を切り出すときは、やはり、どこか毅然とした態度で向かわないと、相手の男性もいたずらにだらだらと未練を残します。それが、彼をストーカー化させる恐れもあります。

なので、泣きながら相手に別れ話をしない、ということはとても大切と言えるでしょう。

彼氏に泣かれて別れ話が前に進まない時の対処法

しばらく会わない時間を置き、彼氏が別れを受け入れることができるまで少し待つ

初めて別れを切り出したときに、相手に泣いて止められてしまった…という場合は、少し会わない時間をおいて、相手が冷静さを取り戻すまで待ってみましょう。

たぶん、彼の方は、別れ話を切り出されるまで、あなたが自分と別れたがっているとは露ほども思わず、二人の関係はうまくいっていて、これからも安泰と思っていたのではないでしょうか。

相手の気持ちなどに鈍感な人も中にはいますから、自分の方は相手に対してそっけない態度を取っていたり、以前のように連絡を密にしないことで、別れを匂わせていたつもりでも、全く気づいていないということもあります。

その辺りは、男性のタイプによっても、匂わせ方を工夫する必要があるでしょう。

相手は自分に夢中だと思い込んでいる男性だとしたら、突然彼女から別れを突き付けられ、訳が分からないと思っているのかもしれません。混乱してしまって感情的になり、つい泣いてしまった、ということもありえます。

ただ、今回、一度きちんと別れたいという意思をはっきり口に出したのであれば、彼もあなたの気持ちが分かったので、一人になって色々と考えるはずです。

その上で、落ち着いてきたらまずはLINEなどでやりとりを再開してみましょう。

LINEなどでのやりとりを通じて、自分の気持ちをゆっくり伝える

男性の方が別れ話をされて泣いてしまうのは、彼の方がまだまだあなたを好きだからでしょう。

嫌いだったり、別れてもいいやくらいの気持ちしかなければ、泣かずにあっさり別れを受け入れてくれるはずです。

なので、男性が別れ話を出されて泣くのは、あなたの方は別れたくても、向こうは別れたくないということなのです。

逆の立場になってみれば分かるはずです。

もし自分が恋人から別れを告げられて、別れたくない、相手のことがまだ好きでたまらなければ、別れを告げられたら、やっぱり辛いしショックですよね。

「私は別れたくない!考え直して!」と、泣いて相手にすがりつきたくなってしまうのではないでしょうか。

なので、男性が別れ話をされて泣いてしまうということは、それくらい相手への気持ちが強いことの裏返しなのです。

では、それでも彼とは別れたい、というのであれば、どうすればいいのでしょうか。

やはり、彼が別れたいと言うあなたの気持ちを理解するまで、時間をかけて説得するしかありません。

男女問わず、自分が心の底から納得したとき、相手が言うことをストンと受け入れることができ、自分の中にある執着って消えていくもの。

逆に、納得できなければ、いつまでも恨みやつらみのような形で、自分の中に残ってしまいます。

なので、別れたいというあなたの気持ちに、彼が納得できなければ、別れ話はどんどん泥沼化していくでしょう。

別れるときって、本当に難しいですよね…。結婚と離婚のたとえにも似ていて、一緒になるのは簡単だけど、別れるのってすごく大変なのです。

すんなり別れ話が進まずに、こじらせてしまうと、別れたくない方がストーカーっぽくなってしまうことも多々あります。

そして、付き合っている男性の性格によっても、キレイに別れられるかって大きく左右されるでしょう。

たとえば、別れを切り出した時は、「別れるのはイヤだ!」と、取り乱して泣いたりわめいたりしても、案外時間が経てば、きちんと心を整理して、あっさり別れを受け入れてくれる人もいます。

逆に、別れ話をしたときは、冷静そうに振る舞っていても、相手に執着し、後々まで恨みを持つ、ストーカータイプの人もいます。

なので、別れるときは、彼をどこまで納得させられるかは、第一関門と言えるでしょう。

「今度泣いたらもう会わない」と約束させる

泣き落しで別れを阻止しようとするタイプの男性もいます。

「男が泣けば女は弱い」と思っているのです。(逆のことを考えている女性もいます)
お菓子を買って欲しがって、寝転がって泣いているスーパーの子供と同じ原理です。

こういう考え方が透けて見えるなら、「次泣いたらもう会わない」と約束させるのも効果的でしょう。

スーパーで泣く子どもと男の人の大きな違いは、言えば少なくとも言葉を理解できると言う点です。そこを利用しましょう。

泣くことで相手に言うことを聞かせようとするのは、とても幼稚です。

もし、そんな人と付き合いを続けて結婚でもすることになったら悲惨です。大人の男と女なのですから、きちんと会話でコミュニケーションを取り、理解を深めていくべきです。

二人きりではなく、人の目がある場所で別れ話をするようにする

いくらなんでも、人前で大泣きする男性は、現代でもあまりいないでしょう。そんな人がいるとしたら、相当なナルシストだったり、演技で泣いていることを楽しんでいるだけではないでしょうか。

普通は、人目があればギャン泣きはできませんし、涙が出てきたとしても周りの人に気づかれないようにするはずです。

なので、どちらかの部屋や広い公園の片隅など、ひっそりと人目がない場所で別れ話をするのではなく、耳を澄ませば隣の席の人の会話が聞こえるような場所で、敢えて別れ話をするのもいいでしょう。

もし、どこでも泣くような男性なら、やっぱりその時点で今後も付き合いとは思えないですよね。別れを決意して正解ではないでしょうか。

別れを阻止しようとしている場合も…別れ話で泣く男性の心理

別れを切り出されて初めて彼女の大切さに気づいた

男性って、バカなところがありますから、相手を失うと本気で感じて初めて、相手の大切さに気づいたりします。普段は相手の女性に甘えているのです。

また、自分のことは棚に上げて、勝手に
「この子は絶対に自分から離れていかない」
と思い込んでいたりします。

なので、とつぜん相手から別れを切り出されると、大変なショックを受けてしまうのです。

しかし、相手が別れたい理由を聞かされ、自分に非があると認めざるを得ないときは、自分の情けなさに涙が出てきてしまう、ということもあります。

「自分が彼女を大切にしなかったからだ…」
「自分が浮気したせいだ」
「今まで自分の都合に合わせてもらうばかりで、身勝手すぎた」

など、自分に思い当たる節があるからこそ、相手から別れを切り出されたとき、反省もし、涙が出てきたりするのです。自分が悪かった、と心から思う時、涙が出てくることってありますよね。

さらに、「この女性を失いたくない!」と、心から感じて、相手への愛しさがこみあげてきて泣いてしまう、という男性もいるでしょう。

引き留めようとして泣くのではなく、ただ別れたくない、相手を失いたくないと思って泣いてしまう男性もいるのです。

好きな人から自分を否定された気がして悲しくなってしまう

誰だって、自分が好きな相手から拒絶されたくはないですよね…。
自分に自信を失ってしまいますし、広い世界に独りぼっちで放り出されたような気持ちになったりします。

付き合っている相手から別れ話をされて、突然心細くなって、泣いてしまう繊細な男性もいます。男だからって、誰もが精神的に強いわけではありません。

また、男女限らず、相手に精神的にどっぷり依存しているような人だと、相手が自分から去ってしまう考えただけで、一人ぼっちになるのが怖くて仕方ないと感じる人もいます。

なので、別れ話をされたとき、「一人になりたくない!」と人目もはばからず泣いてしまう人もいるのです。男女逆でも、別れ話をされたとき、思わず泣いてしまう人って、結構いるのではないでしょうか。

自分を置き去りにして彼女だけが幸せになるのは許せない

彼女を自分の所有物のように感じていて、自分のものであるはずの女性から別れを切り出されたことで、「プライドが傷ついた」と感じる男性も少なからずいるでしょう。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

また、単に「あなたとはもう付き合いたくないから別れる」と言われたときより、「他の男性を好きになったから別れたい」と言われたときの方が、そういうタイプの男性は、傷つき度合いが深いと言えます。

そのとき、こういうタイプの男性が流す涙は、相手を愛しているというよりも、プライドを傷つけられた悔しさからの涙とも言えます。

さらにいえば、自分のものだと思っていた女性を他の男に取られるという、強烈な嫉妬心が湧いてきて、涙が出るほど悔しい、という気持ちにも繋がっていきます。

別れを告げた時、男性が悔しいから泣いているのか、別れるのが辛くて泣いているのかを見分けるには、男性の目元を見てみましょう。

別れる悲しみで泣いているときの目は、どこまでも優しいものですが、嫉妬心から涙を流すときの目は、憎しみで燃えていて、厳しくキツイ目をしているでしょう。その辺りで彼の本心を判断してみましょう。

嫉妬心を燃やすタイプは、別れた後もストーカー化するなどの危険を秘めていますので、十分気を付けましょう。

泣けば別れを諦めてくれるかも、という半ば芝居がかった気持ち

以前、不正をはたらき、号泣会見をした県議会議員がいましたね。

あれほどの大げさなものではないですが、恋人と別れたくないので、作戦として、別れ話をされると大泣きして、別れを回避しようとする卑怯な男性も全くいないわけではありません。

どちらかといえば、泣き落としって、女性側がするイメージが強いかもしれませんが、やはり、こればかりは性別関係なく、持って生まれた資質と環境が大きく関係しているので、男性でもする人はします。

たとえば、元々ずる賢かったり、幼い時から自分が泣けば思い通りになってきたような環境にいると、成長して体だけは大人になっても、やることは子供のときのまま、という人もいます。三つ子の魂百まで、と言うやつでしょう。

なので、目の前の彼女の気持ちを繋ぎとめるために、涙を流すくらいお手の物、という男性もいるのです。

ただ、そういう男って、付き合っているうちにそういう本性が見えてくるから、女性の方も別れたくなってくるんですよね…。

「コイツ、泣いてるけど、すごく芝居がかっているな」と感じるなら、相手が泣いてすがりつこうが、きっぱりした態度で別れてしまう方があなたの身のため。こういう男と付き合い続けてもろくなことにはならないでしょう。

2人の別れについて話す時に彼を号泣させてしまうNG行動

幸せだった二人の思い出を話したり相手に感謝すること

やはり、相手が優しい男性だったり、繊細なタイプの男性だったりすると、二人の思い出話をして幸せだった頃の二人を思いださせてしまったり、「あなたと一緒にいて楽しかった、今までありがとう」などとこちらから感謝すると、涙腺が崩壊してしまいます。

男性の性格をよく把握しているのであれば、「こんなことを言ったら相手が泣いちゃうよな…」ということは、別れの際には言わない方がいいのではないでしょうか。

なぜなら、相手がどんなに優しい人でも、別れたいという理由があなたにはあるんですよね。

だとしたら、最後はこちらはあくまでもクールでドライに、それでも冷酷な態度ではないというギリギリのラインで、別れたい理由を冷静に話し、相手に納得してもらう方がいいです。感情に訴えると、相手を泣かせてしまうだけ。

それに、別れたくて話をしているのに、相手のことを思いやるような態度を見せてしまうと、「まだ彼女は僕のことを嫌いになったわけじゃない」と、男性は変な期待感を持ってしまうでしょう。それでは彼が後々あなたへの未練で苦しむだけ。

それよりも、あなた自身がもう、過去ではなく未来を向いているときちんと説明し、お互いに前を向いて違う道を生きていくことを納得してもらいましょう。

「きっと自分よりあなたにふさわしい女性がいる」と言ってしまう

もし、あなたが恋人と別れるときに、向こうから「君には僕よりもふさわしい相手がいるよ」と言われたら、どう思うでしょうか。

「うるせー、余計なお世話だ。別れるお前にはもう関係ねー!」と思う人もいるのではないでしょうか。

特に女性は、もうこの恋が終わりだと判断したら、元カレから自分を気づかうような言葉をかけられても、腹が立ちますし、「キモイから今後一切関わらないで」と、反抗的な気持ちになる人も多いのではないでしょうか。

「あなたには私の魅力がわからなかったのね」と「フン!」と思う人もいるでしょう。

なので、「あなたには自分よりもふさわしい人がいる」という言葉は綺麗に聞こえますが、要するにこの言葉の真意は、「きみのこれからの人生にはもう自分はいないけど、はなむけに言っておくね」という無責任なものなのです。

気の強い人なら「うるせー」と思えますが、男性は素直で優しい人も多いので、こんな言葉を彼女からかけられると、「もう彼女は俺の元から去っていくんだ」と、ますます辛くなってきてしまいます。

言っている方は「いいこと言ったな」と満足できても、言われた方の立場になれば、「言わないでくれた方がよかった…」と思う言葉ってありますよね。

自分が振る立場になったときは、一度相手の立場にたってよく考えてから言葉を発するようにしたいですね。

「もう二度と会いたくない・会うつもりはない」とグサリと言ってしまう

別れるとき、「もう二度と相手に会うことはないだろう、会うつもりもない」と思っていたとしても、それをその場でズバッと言ってしまうと、相手を泣かせてしまうかもしれません。

別れる方は、心の中では相当な決意をしたからこそ、相手に別れを告げようとしていると思いますが、そのとき、相手の心の準備は本当にできているでしょうか?

別れ話をするときのタイミングって、とても大切です。

たとえば、あなたがせっかちなタイプの人なら、「別れたい!」と思ったら、すぐにでも相手にその気持ちを告げたいと思うでしょう。

「今すぐ別れたい!別れたら、もう二度と会いたくない!」と激しい気持ちに突き動かされて、別れ話をしようとしてしまう人もいるかもしれません。

でも、男性の方はなんの心構えもなく、いきなり、今もお互いに好きで付き合っていると思っている彼女から、「もう別れよう。別れたらもう二度と会わないから」と言われたら、びっくりするを通り越して、激しいショックを受けるでしょう。

逆の立場になって考えてみたら、泣いてしまうのも分かるのではないでしょうか。

「好き」というポジティブな言葉を伝える告白よりも、別れを告げる時の方が、ずっと事前の根回しは大切なのです。

そして、別れたら二度と会うつもりがなくても、それをあえて別れ話をしている席で、はっきり伝える必要もないでしょう。とにかく、つづかなく、別れ話をすることがまず大事です。

激しい言葉をぶつけたくなるようなケースもあるでしょう。例えば彼氏に浮気されたから、早く別れて、二度と顔も見たくないと思っていたり。

そういう風に、男性側に別れを告げられても仕方がない理由があれば、はっきり「もう二度と会わない」と言ってもいいでしょう。

しかし、そこまで相手に非はなく、自分の心変わりなどが原因で別れたいと思っているなら、わざわざ相手がショックを受けるような言葉を使う必要はないですよね。

いたずらに相手を傷つけるだけになってしまいますし、下手をすると、激しい恨みを買うでしょう。

もちろん、「二度と会わない」と心の中で決意し、その後実行に移すのは、あなたの好きにしていいのです。

ただ、相手にもメンツというものがありますから、別れの席で「二度とあなたの顔は見たくない」と言われてしまうと、悲しみとショック、そしてどうしても相手を憎む気持ちが湧いてきます。

なので、相手に別れを切り出す時は、少し前から準備をしておきましょう。

具体的には、彼と会う時間を少しずつ減らしていく、LINEなどの連絡も頻度を減らしていく、性的なスキンシップや愛情表現をしなくなる、など…。

相手がよほど鈍い人でなければ「あれ?彼女の態度、なんか前と違うな…」と違和感を抱くでしょうし、「もしかしたら、別れたいのかな?」と思うようになるでしょう。

そして、それが心の中でワンクッションになり、相手から別れを切り出されたとき、「やっぱりそうだったのか」と冷静に振り返ることができますし、あまりに突然のことでパニックになって泣きわめいたりすることも抑えられるのです。

別れを切り出した時泣かれたりするのって、相手にとってびっくりしたり、事前にそんなことを思いもしなかった、という場合も多いです。

なので、事前にそれなりに言動で別れたがっているという小さなアピールを積み重ねていくことも大切でしょう。

彼氏にも納得してもらいお互い前向きに別れるために伝えるべき事

冷静にどこで気持ちが変化したのかを丁寧に説明する

別れる時に修羅場になるカップルもいます。それはお互いに感情的になってしまうからでしょう。

そういうときって、相手の嫌なところや悪いところを言い合ってののしり合いになったりして、いいことは一つもありません。

ただ、別れたいと思ったのには必ず理由があるはずです。

ただぼんやり、別れたいと思ったから、という理由で別れる人はいないでしょう。

例えば、付き合っていても彼とは価値観が合わなくて、楽しくないとか、具体的にこんな苦労をしたとか、お金の使い方がイヤだなと思ったとか。

また、彼が無意識に自分を傷つけるようなひどいことを言ったからという、具体的な例があれば、そのことを、できるだけ感情的にならず、静かに伝えましょう。

ここで相手が冷静さを失って、「それは違う!」とか「そう意味じゃない!」とか「お前も悪い!」などと騒いで来たら、一旦話し合いを中断するか、その日は解散しましょう。

冷静に話し合えるまで、時間を置いた方がいいと判断したら、十分に日をあけてから、別れ話を再開すればいいのではないでしょうか。

その間に、LINEやメールで、彼と別れたいと思った理由を書いて送るのもいいでしょう。

とにかく、こちらはあくまでも冷静に、別れたいと思った原因を彼に伝える努力をしましょう。

彼があなたが伝えたことに対して、「確かに俺が悪かった…」と反省してくれれば、別れを受け入れてくれるでしょう。

逆に、「俺は悪くない!」と言い張って、あなたが言うことをすべて否定してくるようなら、それこそもう付き合っていく価値はありませんよね。

まともな男性なら、きちんと話せば、二人がこれから付き合っても上手くはいかないこと、あなたに我慢させてしまったことを反省するでしょう。

面と向かって話すのが怖いなら、LINEなどをうまく使ったり、信頼できる友人に同席してもらうなど、工夫してみてください。

自分の理想のカップル像をきちんと話して理解してもらう

もし、あなたが他に好きな人ができて、別れたいと思っているなら、あなたの理想のカップルとはどんなものなのか、きちんと彼に説明した方がいいでしょう。

たとえば、彼が自分勝手なことばかりしていて、あなたとの時間を大切にしてくれないのを、あなたがずっと不満に思っていたとしましょう。

そこへ、あなたのことを一番に考えてくれる男性との出会いがあり、好きになってしまった。それで彼と別れたいと思ったのなら。

その場合は、彼との別れ話で、単に「他に好きな人ができた」と漠然と言うよりも、「もっと自分のことを気づかってくれる男の人と出会った」と言った方が、彼には響くものがあるのではないでしょうか。

「他に好きな人ができた」と言われたときって、男女逆でもそうなのですが、最初に思うのは、その相手は、自分より美人とかカッコいいのかな?という外見的なものだったり、稼ぎがいいのかな?などというステータス的な部分だったりしますよね。

言われた方は、勝手にそんなことを考えてしまうので、全然違う理由だったとしても、妙な嫉妬心や恨みが生まれてしまうのでしょう。

でも、「もっと自分を大切にしてくれる」とか「あの人なら浮気はしないから」「私にひどいことを言わない」など言われると、言われた方は「自分にも反省すべき点がある」と思えるのです。

そうすれば、彼も自分がカッコ悪いからだ、とか、稼ぎが悪いからだ、など、変な方向で自分を卑下してしまうこともないですし、あなたの方が恨みを買うこともなくなるのではないでしょうか。

お互いの価値観の違いを挙げて冷静に説明する

やはり、相手と別れたいと思うのって、価値観の違いという部分は大きいですよね。

ここが合う人となら別れようとは思わないですし、普通なら、そのままうまくいって結婚するのではないでしょうか。

価値観と言っても、色々ありますが、女性が別れたいと思うくらいなら、きっと自分がここだけは譲れないと思う部分が、相手の男性と相容れないのでしょう。

しかし、相手の男性の方は、そのことにピンと来ていなかったり、気づいてもいないという場合も多いのです。

なので、その辺りを丁寧に説明し、「どうしてもこういう部分が受け入れられない」ということは伝えてみましょう。

男女逆でもそうなのですが、いつまでも引きずる別れって、結局、「自分の何がいけなかったんだろう?」と、相手が別れたかった原因が分からない時ではないでしょうか。

それが価値観の違いだったりするのであれば、きちんと説明して分かってもらった方がお互いにとっていい別れになるでしょう。

他に好きな人ができた場合も、やはり、彼にはない部分が、新しく好きな人にはあり、そこを好きになったからのはずです。

ただ、それを伝える際は、「あなたには○○なところが欠けている」という言い方ではなく、「好きになった人は、○○なところがあって、すごく惹かれた」という方が、いいでしょう。

男性はどういわれても傷つくとは思いますが、全く理由が分からず別れを告げられるよりはずっとマシ。いつまでも引きずるよりずっといいのです。

別れるときは事前予告も重要!いきなりドアをバタンと閉じるようなことはしないで

別れ話をしたときに男性に泣かれるのって、男性の方は、まさか別れたいと言われるなんて思いもしていなかったからではないでしょうか。

そう考えると、別れたいと思ったのなら、別れを告げる日のひと月前くらいから、彼との関係を今までとは違うものにしていった方がいいでしょう。

例えば、会えばいつもイチャイチャしていたのをやめる、毎晩LINEで連絡しあっていたのをやめる、会ってもセックスをしない、など。彼の方に、「あれ?いつもと違ってなんか変だぞ?」と感じさせることが必要です。

どんなに鈍い男の人でも、ラブラブだったときと比べて、相手の女性が白けてきているとか、自分に笑顔を振りまいてくれない、キスやセックスを拒絶する、などの明確な態度を示されれば、二人の関係がうまく行っていないことを察するはずです。

そういう心の準備があれば、別れ話をされたときも、どこか冷静に受け止められるのではないでしょうか。

いきなり、昨日までラブラブでエッチもしていた女性から「もう別れたい、二度と会いたくない」と言われたら、どんな人だってショックを受けるでしょう。そう考えれば、事前の匂わせが大切なのです。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事