子供が欲しくない男性の特徴と本音!子供がいらない男性と結婚すべきか別れるべきか&欲しいと思わせる方法
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

子供が欲しくない男性の心理・本音が知りたい!どんな男性が子供をいらないと考えるの?と気になっているあなたへ。

この記事では世の中に一定の割合で存在する子供が欲しくない男性の特徴をご紹介したいと思います。

子供が欲しくない男性の心理や本音、自分は生みたくても、子供がいらない彼氏と結婚すべきケースはあるのか。

さらに、子供をいらないと言う男性とは思い切って別れるべきケース、子供が欲しくない男性の意識を変化させて欲しいと思わせる方法について詳しくご紹介しています。

子どもがいるいらないという価値観の違いは、自分がしたい結婚の根本的な意味にも関わってきますので、自分の気持ちと相手の気持ちをよく見極め、考えてみてください。

目次

世の中に一定の割合で存在する!子供が欲しくない男性の特徴

条件はいいのになぜかいくつになっても独身で、子供が欲しくないと公言している

性格も見た目も悪いわけではなく、仕事も順調で家庭を持っても十分やっていけそうなのに、結婚せずに独身でいる男性もいますよね。

稼ぎが良くて、人当たりもソフトなので、モテないわけでもないので、定期的に彼女もできます。しかし、どの彼女とも長続きしない。その後、彼と別れた女性は結婚していくことも多い…。

そういう男性って、もちろん裏の顔があって女性が逃げていく…という場合もまれにありますが、中には、「子供が欲しくないから結婚しなくてもいいだろう」という考えの男性についていけず、女性から別れを告げるケースもあります。

もちろん、女性の中にも結婚しても子どもはいらない、と考えている人もいるでしょう。

しかし、たいていの場合、やはり結婚すれば子供を持ちたいな、と漠然とでも考えているのではないでしょうか。もちろん、絶対に子供が欲しいから結婚したい!という強い思いを持っている人もいるでしょう。

結婚したからと言って、子供ができないカップルもいますし、経済的な理由や、自身が病弱で子供は持てないかも…と思う人もいるでしょう。

ただ、結婚したいなと思う相手がいて、その相手が「結婚しても絶対に子供は欲しくない」とかたくなに考えている男性だとしたら、さすがに女性は「この人と結婚してもいいのかな…」と迷ってもしかたがないのではないでしょうか。

実家と疎遠で、家族仲がいい家庭で育っておらず、自分の子供を持つヴィジョンが持てない

「結婚してもいいけど子どもは欲しくない!」と言い切ってしまう男性の中には、自分自身が幸せな家庭とは言えない環境で育ち、子供時代に心に傷を負ってしまった人もいます。

それは男性に限らず、女性でもあることです。

「結婚したら子供を持って温かい家庭を築くんだ」と、漠然とでも思い描ける人は、自分がそこまで悲惨な子供時代を送っていない人なのです。

なので、彼の過去に「子供を持ちたくない」と思う原因があるなら、その心のキズを癒すのは、なかなか大変なことでしょう。

あまり人にも言いたくないことですし、たとえ恋人にでも過去の悲しい経験を話すのは、決意がいること。彼が実家のことになると口を閉ざしたり、親の話を苦々しい様子でするなら、あまりぐいぐい話を聞き出そうとしない方がいいでしょう。

自分の仕事・趣味に忙しく、そもそも結婚も真剣に考えたことがないので、子供なんて全く考えたこともない

自分の仕事や趣味で生活が最高に充実している!と感じている男性の中にも、結婚して子供を持てば自分の時間が無くなるから嫌だなと思っている人もいます。

職場や友人など、周囲に既婚男性がいて、小さな子供の子育て中であれば、子どもを育てる大変さなどを聞いたりして、余計尻込みしてしまうでしょう。

男性は、生物学的に父親になることはできても、それなりに自分よりも大切な存在を守る、という包容力がなければ、いい父親にはなれません。

何よりもまず自分が大切、人のことは家族でも二の次、というような性格の男性は、父親になったところでなかなか変わらないものなのです。

ただ、「子どもなんて別に欲しくない」と言っていたのに、自分の子どもが生まれたとたん、その可愛さに、人が変わったように子煩悩になる男性もいます。

ですが、根本的に自己中心的な男性は、気の向いた時しか子供をかわいがりませんので、彼の本質を見極めることは重要なのです。

言い分を知る事が大切!子供が欲しくない男性の心理や本音

子どもを持つということへの実感が薄いため、イメージが湧かない

男性は自分が妊娠して出産できませんから、そもそも子供を持つということがどこかひとごと・遠いことのように感じられるのではないでしょうか。

実際に10か月間、おなかの中で赤ちゃんが育っていくことを感じられないのですから、いきなり生まれてすぐに父親の実感を持てるかと言われれば、やはり人それぞれ。

生まれてすぐの子供は、顔も両親に似ているとはっきり分かることも少ないです。

痛みに耐えて産んだ母親は「この子がずっと自分のおなかにいたんだな…」と、母性を感じられたとしても、男性の方は「こういうところが似てるな」と思えるようになるまでは、まだおっかなびっくりという感じではないでしょうか。

そういう意味でも、元々子供好きなタイプだったり、家庭に強いあこがれを持っている男性でなければ、結婚する前から「子供が欲しいな~」と強く思う方が珍しいのではないでしょうか。

ただ、相手の女性のことを結婚したいほど好きだ、愛しているという気持ちがあれば、愛する人の願いを叶えてあげたいと思うものですよね。

なので、女性側がどうしても子供が欲しいと彼が理解しているなら、彼の気持ちも変化していくこともあるでしょう。

親との関係がうまくいっておらず、辛い子供時代を過ごし、家庭を持つことが怖い

世の中、家族みんな仲がいい家庭ばかりではありません…。

現実問題として、子供の虐待や家族同士の刃傷沙汰をニュースで聞くことは多いですし、絵に描いたような幸せな家庭ばかりではない、ということは分かりますよね。

もし、彼が「子どもは欲しくない」という理由が、彼の実家にあるなら、彼が子供が欲しくないと思うその根はなかなか深いと思った方がいいでしょう。

自分が子どもとして、幸せな家庭を経験していなければ、自分が子どもを持つことにいいイメージは持てませんよね。

もちろん、中には自分がひどい経験をしたからこそ、いい親になろうと思う人も沢山いますし、実際にそうなっている方々もいます。

ですが、子どもを持って育てることに対して、積極的になれず、結婚はしたいけど子供は欲しくないと思う人がいてもおかしいことではありません。

子どもの頃の辛い経験って、簡単に「乗り越えられるよ」などと周りの人が言えるようなことでもありませんから、なかなかに根が深い問題と言えるのです。

周囲の既婚男性の話を聞き、子どもは自分の自由な時間を削られる存在と思っている

既婚男性の中には、家庭や奥さんへの不平不満、愚痴を同僚に話すタイプの人もいます。

今は、男性の家事・育児への参加も求められる時代ですから、自分の父親世代がすべて母親任せだったのを見ていた人ほど、不満もあるのかもしれません。

ただ、現代は女性もフルタイムで働いていたり、家計も担う分、男性が家のことや子供の世話をするのは当然と言えば当然。

でも、慣れない家事や育児で、不満を募らせる男性も多いのです。そういう愚痴をついつい同僚の男性や、友人にこぼしてしまうこともあるでしょう。

ただ、そういうネガティブな話ばかり耳にしていると、結婚や家庭を持つことに対して「うらやましい」とは全く思えなくなり、逆に「子どもなんていらない」という考えにまで至ってしまうことがあるのも確か…。

「結婚はいいぞ~」と言ってくる既婚男性もいるでしょうが、そういうポジティブな話はあまり具体的ではないことが多く、逆にネガティブな話はリアルだったりするので、人の心にも刻まれやすいのです。

そんな風に、周りの影響を色濃く受けてしまい、結婚し、子供を持つと言うことに対して、明るい未来を抱けないという男性も多いのではないでしょうか。

いつまでも相手を男と女として意識できる夫婦として生きていきたいという理想がある

子どもができると、確かに男と女ではなく、父親、母親としての役割が増え、恋人同士のような甘い雰囲気のままでいられなくなるということもあります。

子どもの教育方針、しつけなどを巡って、今までほとんどケンカをしてこなかった夫婦が、ののしり合うような派手な言い争いをすることもざら。

子はかすがいといいますが、逆に子供が理由でもめることも増えるものなのです。

そういう実例を周囲のカップルで見聞きしてきた男性にとっては、愛する女性と結婚していつまでもラブラブでいたいと思うほど、「子どもは欲しくない」と思ったりするんですよね。

また、子供に妻の愛情を取られたと思い、我が子に嫉妬する男性もいます。

そういう男性にとっては、自分の愛情の順位は奥さんが1位、子供が2位なのです。

ただ、女性の愛情の順位は、子供ができると、一位が子供、次が夫、ということが多いため、奥さんの愛情を独り占めしたいから、結婚はしても子どもはいらない、という子供じみた考えにおちいる人もいるでしょう。

自分は生みたくても子供がいらない彼氏と結婚すべきケース

人の意見を聞ける男性なら、結婚後に「子どもを持ちたいな」と気持ちを変えてくれる可能性がある

もしあなたは絶対に子供を産みたい、子供が欲しいと思っているなら、「子どもは欲しくない」という彼の性格をよく見極めた方がいいでしょう。

彼の側にどんな理由があるにせよ、わざわざ結婚する前から「子供がいらない」、というアピールをしてくるなら、そこにはよほど根深い気持ちがあることは忘れてはいけません。

ですから、その気持ちを無理やり変えさせようとしてもなかなか難しいです。

しかし、男性の性格によっては、結婚後、愛する人との生活を通して、自然に「この人との子供なら欲しいな…」という気持ちになることもあるでしょう。

それはどういうタイプの男性かと言えば、
「人の話をきちんと聞けて、意見を受け入れられる人」です。

例えば、人の意見に最初から耳を貸そうとしなかったり、こだわりが強くて自分が絶対に正しいと思っている人は、これに該当しません。

そういう人には人の意見を受け入れる柔軟さに欠けています。

自分が間違っていたのかも、と自分を客観的に振り替えられる柔軟性のある男性なら、一つの考えに固執しませんし、相手の意見の方が正しいと思うなら、それを受け入れることができるのです。

これはどんな場面でも当てはまるので、彼の性格をよく見極めてみましょう。

例えば職場などでも、彼と同僚の間で意見の食い違いがあり、結果的には同僚の意見が正しかった時。彼は素直に自分の非を認めることができるタイプでしょうか。

もしくは、あなたとのデートの時。ちょっとしたことでもいいのです。入るお店、デートプランなど、彼は自分の意見を引き下げ、あなたを尊重してくれるでしょうか。

そういう言ったあたりに、男性の柔軟性は表れます。

いつも彼が自分の我を押し通し、自分の意見は絶対に正しいというタイプなら、こういうタイプの男性が一度「子供はいらない」と言いだしたら、なかなか考えを変えさせるのは難しいでしょう。

一方、柔軟性のある男性なら、愛するあなたが子供が欲しいと願っているのなら、あなたの願いをかなえてあげたいと思うのと同時に、「子供がいらない」というそもそもの考え自体を改める可能性は高いでしょう。

「子どもができる・できないかは絶対ではない」と考え、二人きりでの結婚生活も幸せだと思える

子供のできない夫婦もいますし、あえて作らない夫婦もいます。

結婚が子供を持つこととイコールの考えではない人は沢山いますよね。

本当に彼のことを愛していて、彼も自分のことを愛してくれていて、お互いが結婚したいと望んでいるなら、彼が子供が欲しくないと言っているからという理由だけで別れるのは残念なこと。

子供ができても離婚する夫婦も大勢いるということから、子供がいるからと言って夫婦仲がいい、とも言えません。

子供がいることが幸せな家庭の形、という枠にはめてしまうと、息苦しくなります。幸せの形は人それぞれ。

そう考えれば、「愛する男性と夫婦になり、仲良く生活できるのであれば、子供はいてもいなくてもいい」というのもアリだと思えませんか。

それに、夫婦としての生活があれば、絶対に赤ちゃんができないとは言い切れませんよね。

赤ちゃんは授かりもの。「欲しくない」と思っていても、普通に夫婦生活を送っていれば、授かることだってあるのです。

そうなれば、いくら「子供はいらない」と言っていた男性でも、愛している妻に対し、さすがに「おろしてくれ」ということはないでしょう。

もしそう言うような男性なら、その時別れを考えてもいいのではないでしょうか。

数年でも結婚生活をして、彼の気持ちが変わらなかったら離婚してもいいと腹をくくる

夫婦でずっと愛し合い、楽しく生活していくのもなかなか大変なこと…。最初のうちはラブラブでいられても、生活を共にしていけば相手にも慣れてしまい、出会ったころと同じテンションではいられなくなります。

それが、結婚と恋愛は別と言われるゆえんなのです。
ですから、どんなに激しく愛し合って結婚したとしても、結婚生活がうまくいくかは別問題。二人の本当の相性が試されるでしょう。

なので、彼のことを本当に好きでも、結婚してみないと一生この人と生きていきたい、と思えるかは正直「賭け」のようなところがあるのではないでしょうか。

もし、どうしても彼と結婚して一緒に暮らしたいと思うのであれば、その思いを貫き、生活を共にしてみるのもいいのではないでしょうか。

彼が「子供はいらない」と言っているからという理由で彼のことを思いきれるのであれば、もちろん別れを選ぶのもいいと思います。

でも、その点以外では彼のことが本当に好きで別れたくないと思うなら、実際に結婚してみて、子供のことはそれから考えるというのも悪い選択ではないでしょう。

結婚生活を共にして、二人で楽しく仲良く生活できて、相性がいいと分かれば、彼の方の考えも変わり、あなたと子供を作りたい、と思うようになる可能性もゼロではありません。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

もし、どうしても彼の気持ちが変わらず、あなたの方は出産を諦められないなら、あなたの気持ちを理解し、尊重する気はないのだ、と、その時に離婚を考えてもいいのではないでしょうか。

もちろん、出産には年齢的なリミットもありますから、そんな賭けには出られないというなら、最初から子供が欲しくない男性とは付き合わない方がいいでしょう。

ただ、まだそこまで出産のリミットがせまっておらず、彼とは別れたくない、彼の方も結婚したいと言ってくれているのであれば、まずは結婚というものにチャレンジしてみてもいいのでは?

それでもどうしても彼が子供を欲しくないという気持ちが変わらないのであれば、自分が妊娠・子育てする年齢などと照らし合わせて、別れを選ぶというのもアリではないでしょうか。

子供をいらないと言う男性とは思い切って別れるべきケース

女性の方の年齢的に、妊娠できるリミットがせまっており、どうしても子供が欲しいと望んでいる場合

女性の方は、実際に自分が子供を妊娠し、産む、という立場ですから、「悠長なことは言っていられない」という場合もありますよね…。年齢的にも、そろそろ子供を産んでおかないと、体力的に子育てはキツイ…と感じる人もいるでしょう。

それでも、女性も「子供は別にいてもいなくてもいい」という考えであれば、相手の男性が子供についてどう思っているか知る必要もありませんよね。

しかし、「どうしても子供が欲しい!」と、切望している女性なら、話は違います。

女性側が強い信念からそう思っているのであれば、さすがにわざわざ「子供は欲しくない」と公言している男性と付き合い、結婚するのはハイリスクですよね…。

結婚したら、すぐにでも子供を作りたい、と思っているのに、結婚生活の中で彼の気持ちの変化を待つのは苦痛でしかないでしょうし、そんな状態では夫婦仲がうまくいくとは思えません。

ですから、女性の年齢が30代後半にもなると、やはり相手の男性も、きちんと今後の妊活を一緒に考えてくれるような、協力的で、子育てに前向きな方がいいに決まっています。

子供が欲しいと望むアラフォー女性に対して、「俺は子供は欲しくない」と言ってくるのは、そもそもその女性の願いをないがしろにしているということ。

そんな相手と結婚しても、うまく行く可能性は低いでしょう。

相手が、人の意見を聞かず、頑固で自分の考えを絶対に曲げないタイプの男性の場合

「子供はいらない」と思っていた男性の気持ちが変わることもあるということは先ほど説明した通りですが、反対に、自分の考えに固執し、絶対に主張を曲げないタイプの男性もいます。

職場などでも、そのような男性を見たことはないでしょうか。(もちろん、男性に限らず、女性にも超がつく頑固者はいますが)

誰から見ても、その人の主張が間違っているのに、一度言い出したら、それを絶対に変えようとしない人。

もちろん、「子供がいらない」というのは、正しいとか間違いとかいう話ではありませんし、その人の自由です。

ただ、一旦言い出すと、周りのアドバイスや意見を一切聞かず、自分を貫き通そうとするような人は、「子供はいらない」と言いだせば、もうその一辺倒でしょう。

例えば、愛する女性の気持ちを汲んだり、意見に耳を貸して、「彼女がそんなに言うなら、子供を持つことを考えてもいいな…」という風にはならないでしょう。

そういう相手と分かっているなら、そもそも付き合っていても、いつも自分勝手な行動で恋人の女性を悩ませているはずですし、女性の方は辛い思いをすることも沢山あるでしょう。

人の意見を聞けない男性と結婚したとしても、いいことは何もありません。
結婚生活はお互いに譲歩したり、我慢したりすることも多いです。

相手が自分の主張ばかり繰り返し、結婚相手を自分のルールに従わせようとすれば、それはただのモラハラ。

結婚前にそういう彼の意固地なところが見えたなら、本当に彼との生活で幸せになれるのか、一度きちんと考えてみた方がいいでしょう。そうしないと、結婚後すぐに後悔することにもなりかねません。

あなたのことをほったらかしにしても、自分の趣味や友人づきあいを優先させるタイプの男性の場合

恋人であるあなたに何日も連絡を取らなくても平気だったり、自分の趣味や友人との飲み会などを優先させてばかりいるような男性も、結婚しても奥さんよりも自分の時間を大切にするでしょう。

そんな彼が「子供がいらない」と言っているなら、なおさら、結婚して子供に時間を取られたくないと思っている証拠です。

そういう男性はいつまでも自分が一番大事で、結婚しても変わらないことが多いです。仮に子供ができてしまえば、「おろせ」とまでは言わないまでも、育児に協力的なパパになる可能性はとても低いです。

そして、家事や育児にクタクタになっているあなたを尻目に、自分は趣味に飲み会に遊び歩く生活を続けるでしょう。

昔はそれでも許されたかもしれませんが、今は令和の時代。女性もフルタイムで働いていたり、男性が家事をしなくてもしょうがないと許される時代ではありませんよね。

結婚する前から、いい夫、いい父親になるような期待が持てない相手とは、結婚しない方がいいでしょう。

仮に、そんな彼が他の誰かと結婚して子供を作り、はた目にはいいパパに見えたとしても、実情は全く違っていたりするものなのです。

甥っ子・姪っ子に対しても全く興味を持っておらず、冷淡なタイプの男性の場合

彼に姪や甥がいる場合、彼らに対する彼の態度や行動を見れば、彼の本性が分かる場合があります。

彼が「子供はいらない」と言っていても、甥っ子・姪っ子には欠かさずお年玉をあげていたり、かわいがっている様子がうかがえるなら、実際は彼は子供ができたときは、いいパパになってくれる可能性が高いです。

しかし、自分の血が繋がっている甥や姪に対しても、全くかわいがっている様子がなく、邪魔な存在として感じているようなら、彼は本当に子供が好きではないのでしょう。

こういう男性が「子供はいらない、欲しくない」と言っているなら、結婚したとしても本当に子供を作ろうとはしないでしょうし、もしできてしまったときも、自分の子供ができて、心底嬉しい!という様子は見せないでしょう。

そんな彼には、子供が欲しくない、何か根深い理由があるか、そもそも自分が一番かわいいタイプで、子供は邪魔な存在にしか映らないのでしょう。

その彼の気持ちをひるがえすのは、なかなか大変なこと。

また、無理に変えさせようとすると二人の関係まで悪化してしまうでしょう。

そういう相手とは縁がなかった、と思って別れるのもお互いの幸せのためと言えるのではないでしょうか。

子供が欲しくない男性の意識を変化させて欲しいと思わせる方法

大きな公園などに行き、楽しく遊ぶ父親と子供の姿を何気なく見せる

赤ちゃんがいることのマイナス面ばかり同僚などから聞かされている男性の場合、父親と子供が楽しく仲良く過ごしているシーンを想像できないのかもしれません。

また、自分が父親とうまくいっておらず、小さい頃から父親に対していいイメージがない場合も、「自分が父親になっても、子供を可愛がれないのではないか」という迷いが出てしまい、子供が欲しいと言う気持ちには積極的になれないものです。

ですが、世の中を見渡せば、楽しく育児している男性も沢山いますよね。

広い公園などに行けば、理想的で、幸せそうに見える家族も大勢来ています。

ここで重要なのが、広い公園という点です。

近所にある狭い公園の場合、奥さんに頼まれて、イヤイヤながらも子供を連れてきていて、スマホなどをいじりながら目を離している男性も多いので、あまりいいイメージは持てません。

しかし、わざわざ広い公園に子供連れで来ている場合は、お父さんも子どもを広々としたところで遊ばせてあげたいと思っていて、自分も子どもと触れ合う気満々のパパさんたちが多いです。

広い公園に来て、自分だけスマホをいじっているお父さんってあまり見ません。(もちろん、いることはいますが…)

ですから、彼を散歩に誘い、楽しそうに子供と遊ぶ若いパパさんたちの姿を見せるだけでも、彼の中で子育てに対するポジティブな気持ちが少し芽生えることもあるでしょう。

なので、ポイントは、育児を楽しむ男性の姿を見せること、だと言えるでしょう。

もちろん、育児は楽しいことばかりではありません。

ファミレスやフードコートでギャン泣きする赤ちゃんをおろおろしながらあやすお母さんを尻目に、ふてくされた様子で自分はスマホを見てもくもくと自分だけ箸を進める父親などを見ると、女性だって育児に尻込みしてしまいますよね。

育児をする上で、そういう大変な部分は確かにあります。ですが、「子供はいらない」という男性の意識を少しでも変化させるためには、大変さを上回る楽しい部分、幸せな様子を見てもらうことが大切なのです。

ですから、カップルにも家族連れにも人気の公園などのスポットにデートに行き、育児を楽しむ男性の姿を見せるのは効果的なのです。

赤ちゃんがいる女友達に協力してもらい、あなたが子供の世話をしている姿を見せる

赤ちゃんを育てている女友達がいるなら、彼女に協力してもらい、あなたが赤ちゃんと触れ合う姿を見てもらうのもいいでしょう。ただ、あざとくなりすぎないように気を付けましょう。

男性だってバカじゃありませんから、あまりにわざとらしい感じでそういう場を設けると、「俺に対するプレッシャーかよ」とうんざりして、大事な部分を見過ごしてしまうでしょう。

なので、仲間が集まるホームパーティーなど、彼とあなたと赤ちゃんと女友達、という形にならない場面を作ってもらうのがいいでしょう。

自分の好きな彼女が、赤ちゃんを腕に抱く姿って、男性にとっては色々と思うところはある、印象に残るシーンになるでしょう。

結婚してあなたがお母さんになる姿、というのを具体的にイメージできますし、それによって彼の気持ちがはっきりすることもあるでしょう。

もし、あなたが赤ちゃんと触れ合う姿を見ても、何も感じない男性なら、彼との結婚は慎重になった方がいいと思います。

自分の愛している女性が赤ちゃんを抱いている姿を見れば、普通の男性なら少なからず心を動かされるものです。

それどろか、「ますます子供なんて欲しくないと思った」なんてことを感じていたら、やはり彼は父親にも夫にも向いていないのではないでしょうか。

子供がほしい・欲しくない、結婚したい・したくないは本人の自由ですから、子供を望まないからと言っておかしいと言いたいのではありません。

ただ、あなたが結婚して子供がほしい、温かい家庭を作りたいと思っているなら、それを望まない男性との生活がうまく行く可能性はとても低いということ…。

本気で彼が子供を欲しがっていないのかは、あなたが赤ちゃんを抱く姿を見た時、彼自身が気づくことではないでしょうか。

子供が成人してからも仲の良い親子に会わせて、遠い将来のイメージを抱かせる

赤ちゃんもいつかは大人になります。自分たちが歳を取れば、普通に成人した子供は、とても頼りがいのある存在であり、よき話し相手となるでしょう。

もちろん、子供が大人になる過程では、さまざまなことが起こり、困難もあります。
小さいうちはとにかく手がかかりますし、自分の自由になる時間がなくなって辛いと感じることもあるでしょう。

しかし、ずっとそんな不自由な時間は続きません。ずっと子育てしていたいと思っていても、時が流れれば子供は自立していくのです。

赤ちゃんや小さな子供時代にばかりとらわれていると、その子供が大人になったときをイメージできませんよね。

しかし、親と良好な関係を築いている大人は沢山いますよね。もしかすると、あなた自身がそうかもしれません。

彼が子供が欲しくないという原因が、自分が実の親と不仲だから、というところにあるなら、ちゃんと親と仲良くしている人間もいるということを知ってもらうのも重要でしょう。

「子供が欲しくない」という彼に対しては、少しずつ彼の心をほぐしていくのがベター

「子供が欲しくない」と公言していたり、恋人に対してはっきり言ってくる男性って、よほど子供時代に何かあったか、親との関係が悪いなど、理由があることも多いものです。

きちんと働いていて、見た目も性格も悪くなく、彼女もずっといないわけでもないのに、結婚していない男性の中には、彼が「子供がいらない」という主義をはっきりさせている人もいますよね。

なので、彼と付き合っても、「自分は子供がほしい」と思う女性側が、結局彼の気持ちを変えられず、離れていくというパターンも多く見られます。

ただ、男性が本気で相手の女性を愛していれば、自分が子供を欲しくないと思っていても、彼女が欲しがっているなら、と考えを変えることもあります。それ以上に、相手の女性を失いたくないと言う気持ちがあるからです。

ですが、女性の方から別れを選ぶパターンのときは、残念ながら、男性は自分の考えを変えてもいいから女性を引き留めたいと思うほどの情熱がないのでしょう…。

なので、彼が超がつく頑固ものだったり、人の意見を聞かないタイプの男性でないかぎり、将来的に「子供はいらない」という考えを変えないとは限りません。

しかし、女性側には年齢的な部分で、妊娠のリミットもありますし、全て彼の気持ち任せでいるわけにもいきませんよね。

なので、自分の状況をよく考え、何を優先するかはきちんと考えておきましょう。
彼のことを愛しているから、子供は諦めても彼の考えに合わせた上で結婚するのか、彼が自然に気持ちを変えてくれるのを待つ時間はあるのか、などなど…。

もし、彼の気持ちの変化を悠長に待っていられないというのであれば、彼に対しても、はっきりと、「自分は子供がほしいから、もしあなたがそれを望まないのであれば別れる」という意思をはっきりさせてもいいでしょう。

その時、「あ、そ、じゃあ、さようなら」と言って別れを選ぶような男性とは、早めに別れたほうが時間のムダになりません。そんな男性って、そもそもすべてに薄情ですよね…。

夫婦で協力しあって子供を育てるということは、男女ともに忍耐力も、相手への思いやりも必要になってくること。

そもそも初めから「子供はいらない」と言っている男性にそれを望むのは難しいと言えます。

そして、子供を持つ持たないなんて、最初からそこまでこだわりを持つことでもなく、愛し合う二人が結婚して、自然にさすがったり、どうしても授からなかったりするものなのです。

あまりにもこちらの意見を聞かず、自分の考えを最初から押し付けてくる男性とは、夫婦二人での結婚生活自体、うまくいかなくなる可能性もあります。

なので、相手の性格、二人の相性についてもっとよく考えてみてもいいのではないでしょうか。

子供は授かりもの。そういう謙虚な気持ちも必要なのです。もちろん、子供が欲しい・ほしくないというのも人それぞれの価値観ですから、どちらがいい悪いではありません。

ですが、その価値観が違う相手と、生活を共にしていけるか、ということは、結婚する前によく考えた方がいいのです。

【期間限定】復縁や不倫の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁や不倫などの難しい恋愛の不安の解消法、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

難しい恋愛の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事