別れて1ヶ月すると振った側の気持ちはこう動く!冷却期間一ヶ月頃の男性心理&自分から振ったのに連絡してくるケース
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

別れて1か月だと振った側はどんな気持ちなの?」「破局からの期間で心理は違うものなのか知りたい」と思っているあなた。

好きだった人との交際期間の中で、様々な出来事や心の変化があり、長くは続けられないカップルもいます。

一大決心をした後には、期間ごとにどんな心理の変化があるのか理解しておくと、後悔した場合にも復縁に繋げることも出来るのです。

別れて1か月という期間に着目して、振った側の気持ちをお伝えしていきますので、元カレとの関係を修復したり、理解を深めたりする参考にしてください。

冷却期間として一カ月置いた時の男性の思いや、自分が終わりを告げた側なのに連絡してくるケース、あなたが終わらせた場合の復縁アプローチをする際の注意点までご紹介していますので、この期間ならではの心の動きをキャッチしていきましょう。

目次

別れて1ヶ月経ったころ振った側の元彼の心に初めて生まれる気持ち

苦境を乗り越える事でカップルは成長するメカニズムに気付く

離れてしまってから1か月経過したころに初めて生まれる感情は、長続きしているカップルの信頼関係がどうやって積み重ねられているかのメカニズムです。

長続きを経験して事が無かったり、初めてのトラブルですぐに別れを決めてしまったりした場合、衝動的に終わりを迎えてしまってからしばらくして、ようやく乗り越える事の意味を知ります。

自分のように、感情的になってはいけない事や相手を思いやる気持ちが大事な事、二人に必要なルールや距離感を学びながら感じ取っていく事など、一朝一夕では成り立たない事をようやく理解するはずです。

感情が高ぶっている時には、どちらが悪いとか、相性が合わなかったとか、理由を積み重ねますが、どんな言い訳をしても、結局気持ちが大事だという事に気がつく頃。

現実的な付き合い方と、好きという感情の折り合いをどう付けていくか、そんなやりとりが必要なのだと気付いてからがスタートだと悟ります。

大人になる事を知ったカレは、これからどう行動するのかを考え始めるタイミングです。

自分のワガママだった所を思い出して驚く

1か月経過して初めて感じる気持ちは、自分のワガママだったところを思い出して、驚くというものです。

男性は、自分の非を認めるのがとても苦手。

相手のせいにしたいと思うか、そもそも合わなかったと考える方が、楽だからです。

自分に悪い所があったと気が付いてしまえば、彼女に対してどう思えばいいのか、途端に分からなくなってしまいます。

相手を悪者にしたい心理を持っているので、「時間にルーズなところが嫌だ」「言葉遣いがいちいち癪に障る」など、不満を言っては、自分が正論だとアピールしていたはずです。

時間の経過とともに、冷静になって考える事が出来、会話のやり取りや彼女が伝えてきた言葉を思い出し、自分のワガママがあったことにようやく気が付きます。

客観的に見た時に、自分が悪いと気付いた時には、とても驚き、「盲点だった」と反省し始めるのです。

誰でも、自分の都合のいい事しか見たくないし、考えたくないもの。

ワガママな自分を発見してしまって、申し訳ない気持ちになっています。

彼女の魅力にようやく気が付いて手放したことを後悔

彼女の魅力にようやく気が付き、手放してしまったことを後悔するのが、30日後くらいです。

男性が女性を好きになるポイントの大きな要因が、外見。

「可愛いな」「笑顔が素敵だな」「明るくて楽しそうだな」と印象から好きになり、観察するにつれて優しい所や積極的な部分に惹かれていきます。

付き合い始めると、多くの男性は、自分の都合のいいように動いてくれることを期待して、合わせられる彼女を望むのです。

片思いの時には、どんな場面を見ても「いいな」「ステキだな」と思っていたのに、彼女になると、合わせられない、嫌な部分ばかりを見つけ始めます。

終わりを告げる原因となるのも、不満からですが、時間の経過とともに、内面の魅力を思い出し、とても素晴らしい彼女だったことを改めて痛感するところです。

頭の中に思い浮かぶのは、彼女のいいところばかり。

「惜しい事をした」「大事なのは中身なのに、どうして自分の願いばかりを求めてしまったのかな」と後悔し始めます。

人柄の良さは、後からじわじわと染みてくるもの。

他の女性では代わりにならない事を、ようやく気付き始めています。

気持ちを切り替えて元気を出さないといけないと気合を入れる

「気持ちを切り替えて、元気を出さないといけない」と気合を入れ始めるのが、この時期。

恋人とお別れしてすぐに、「さあ、次の恋をするぞ」「仕事に打ち込もう」と切り替えが出来るのは、女性の方が得意です。

男性は、環境が変わった時に、即座に対応するのが苦手で、特に、恋愛に関しては気持ちの整理に時間がかかってしまいます。

一日中ボーっとして、仕事に身が入らなかったり、友達と一緒に過ごしていても上の空で空笑いをしたりと、様子がおかしい事が見てわかる時期が続くのです。

悲しみに浸っている機関と言っても過言ではありません。

彼の方から振ったとしても、環境が変わったことで、大きな決断をしたことや相手を傷つけてしまった罪悪感などから、気持ちが沈んでしまいます。

毎日の繰り返しがあるおかげで、ようやくこの時期になって、「よし、気持ちを切り替えるか」「仕事にでも集中して、やれることをやっておこう」とポジティブに考える事が出来るようになるところです。

振った側なのにショックを受けている事に気が付く

振った側なのにショックを受けている事に気が付くのが、このタイミングです。

彼の方からお別れを告げたのなら、ひょうひょうとしていても可笑しくないはずなのに、心の中がザワザワして、居心地の悪さを感じているカレ。

「彼女を傷付けてしまった」という罪悪感を持っていると理解はしていても、それだけではない虚無感に気付いています。

「自分は、自由を手に入れたから、嬉しいはず」「二人は、合わなかったんだから、別れが来るのは仕方がない事だった」と思っていても、なぜかスッキリしない気分に疑問を持ち続けていたわけです。

毎日のように、元カノとの別れや自分を納得させる理由を考えて行きついたのは、振った側なのにショックを受けているという事実。

「どうして自分が傷ついているんだろう」「嬉しいはずなのに、何で悲しいんだろう」と心の状態が整理できずにいます。

振った側も、傷付くという事を知らない彼は、心のもやもやがピークに大きくなっている時期だと言えるのです。

別れてすぐは感じていたのに1カ月が過ぎるといつの間にか元彼の胸から消えている感情

元カノに対しての怒り

いつの間にか消えている感情は、元カノに対しての怒りです。

喧嘩別れはもちろんの事、不満を抱えていたり、気持ちが読み取れなかったりすることに対して、モヤモヤするだけに留まらず、怒りが沸き上がります。

思い描く理想は、叶えられるものだと考えているため、上手くいかないことがあると、イライラしてしまうのです。

好きな人と付き合っているのだから、「相手も愛してくれていて当然」「自分の思っている事は伝わっているに違いない」と思っているのに、何故か上手くいかない現状に苛立ちを募らせ、破局を迎えます。

苛立ちは怒りとなり、相手を攻撃する言葉が浮かんだり、自分を防御しようと拒絶したりと、心が激しく動きを見せているはずです。

日にちの経過とともに静まっていき、落ち着きを取り戻していきます。

30日も経てば、怒りはすっかりなくなり、何に対して怒っていたのかすら忘れ始めていくほどです。

心の状態が変化する事で、考えや行動が変わってきます。

浮気の疑いからくる悲しみ

浮気の疑いを持つことで沸き上がっている悲しみは、時間が経つにつれて、いつの間にか消えていきます。

好きな人と過ごす時間というのは、とても幸せを感じられる一方で、相手の気持ちを全て自分だけのものにしたいという束縛心も生みだし、苦しみも感じる人が多くいる野も事実です。

いくら「あなただけよ」「大好きだよ」と言い合っていても、心の状態は目に見えるものではないので、彼女の言葉が本当なのか信じられなくなってしまいます。

好きな気持ちが大きいほど、自分と同じだけのものなのか、確かめたくなり、見えない心に苦しみを感じるのです。

「本当は、他の誰かの事が気になっているのかもしれない」「彼女は可愛いから、会っていない時には、男からアプローチされそう」と浮気や心配から、心が崩壊しそうなほどの悲しみを抱えます。

本当は浮気もしていなくても、疑いをかけた時点で二人の関係はぎくしゃくしてしまい、破綻を迎えるところです。

頭の中を埋め尽くしていた疑いも、離れてしまえば徐々に冷静さを取り戻し、取り越し苦労だったことや過剰な心配だったと反省します。

急に一人になった寂しさや孤独感

急に一人になった寂しさや孤独感は、別れてすぐの時には強く感じるものですが、いつの間にかなくなっていきます。

恋人と過ごす時間は、一人で部屋にいる時にも、頭の中にいる笑っている姿や、楽しいデートの思い出や余韻、ほのかに残る彼女の気配などから、まるで一緒にいるように感じる場面も多いはずです。

好きな人と過ごせる時間があると言うだけで、何倍にも強くなったような気持ちになるし、何でもできるような気分にもなれます。

恋人を失い一人になり、思いを巡らせて今までの幸福感が瞬時によみがえると、現在とのギャップを大きく感じるところです。

孤独感や寂しさが募り、誰からも忘れられてしまったかのように感じます。

何も手に付かなくなってしまう人も多いですが、少しずつ回復をしていき、ひと月も経つ頃には、一人のベッドも週末も慣れてしまうものなのです。

全く寂しくない訳ではないですが、現実の状況を受け入れられる事で、違和感が無くなっていきます。

愛を失った絶望感

愛を失った絶望感は、いつの間にかなくなる感情の一つです。

自分が振ったとしても、彼女から別れを告げられたとしても、二人の間に確かに存在した愛がなくなることに変わりはありません。

目を見つめるだけで幸せと思えた時間や、どうにかして喜ばせようかと考えた日々、運命だと感じて笑顔を思い出すだけで心がドキドキした気持ちなど、彼女との出会いから経験できた愛は、とても多くの爪跡を残しているはずです。

愛されることは、自分を認めてもらえる事であり、男性にとってはプライドや自信をつける重要な要素。

愛する事は、人として成長する事であり、情熱的な心を育むこととなるので、本気で想いを向けられた相手がいるというだけでも、エネルギッシュでパワフルな日々を過ごしたことになります。

自身の価値を認めてもらえる相手を失ったことは、絶望感を生み出すのです。

「誰も認めてくれなくなるかもしれない」「情熱を燃やす対象を失って、自己価値が見いだせない」と絶望感に浸っていても、いつまでも長くは続かないので、次第に自信を取り戻していきます。

「全て受け入れられない自分が情けない」と感じる自己否定

「全て受け入れられない自分が情けない」と彼女の欠点を気にしてしまった人間性の小ささに、情けなさを感じ、自己否定をしてしまっていた感情も、いつの間にか消えていきます。

男性は、「彼女を幸せにするのは、男の役割だ」「幸せにしてあげなければいけない」と交際するに当たって、責任感を持っている人が少なくないものです。

どちらかが一方的に与えるものではないのですが、長く続いてきた”男性が女性を引っ張る”スタイルの恋愛の思い込みが染みついています。

「上手くいかなかったのは、彼女の欠点を受け止めきれなかった自分のせい」と自己否定をしてしまう男性も珍しくはありませんが、徐々に「仕方がなかった」と思う事が出来るようになるはずです。

「無理をしてまで合わせる必要はないと、気付けただけでも良かった」「二人で作り上げていく関係だから、一人で責任を感じる事はない」と気持ちを切り替えられていくと、卑下する事もなくなっていきます。

冷却期間を一ヶ月置いた時に男性が抱く元カノへの思い

もう一度会って話せば何か違う未来が浮かぶかもしれない

冷却期間を置くと、「もう一度会って話せば何か違う未来が、思い浮かぶかもしれない」と元カノに対して考えるようになります。

昂っていた感情も、冷静さを取り戻してくると、「あの時の話し合いは、果たして正解だろうか」「言い残した言葉があったり、今だから分かる事が見つかったりするのではないか」と考えるようになるのです。

仕事に関しても、一つのプロジェクトを進めていくときに、一発本番でGOサインを出すことは、ほぼありません。

企画段階から、何度も話し合いを重ねて、試作やシミュレーションを繰り返して、完成に近づけていく事を、ビジネスを通して男性は知っています。

「何事も同じはず」「恋愛でも、彼女と何度も話し合えば違う案や考え方が浮かぶかもしれない」と思うと、確かめずにはいられなくなるはずです。

会わないことには、現実も変化しないので、顔を合わせて言いたいことをもう一度話し合いたい気持ちが募っていきます。

まだ元カノは自分の事を好きなままでいるはず

冷却期間を置くと、「まだ元カノは自分の事を好きなままでいるはず」という思いを抱きます。

離れることを決めてからすぐは、自分の事で頭がいっぱいで、相手の感情にまで気を回すことが出来ません。

「離れたい」「距離を置きたい」という気持ちばかりが先行しているので、終わりを決めた事は正解だったと自分を納得させます。

実際に、会わなかったり、連絡を取らなかったりすることで、一番の欲求だった「離れたい」という気持ちが満たされ、なくなるはずです。

メインで感じていた感情が無くなると、ようやく気持ちの面に意識が向くようになります。

男性は、元カノは別れてからも自分の事を好きだと思いたがる傾向があるため、「未練を持っているはずだ」と考え始めるのです。

離れて過ごしたことで、「そろそろ寂しがっているかもしれない」「まだ悲しんでいるに違いない」と自分の気持ちが冷静になったことで、相手の心を想像する余裕が生まれています。

都合のいいように愛されている前提が多く、心配などの感情を抱くようになるところです。

別れてから分かった反省点を伝えたい

「別れてから分かった反省点を伝えたい」という気持ちを抱きます。

冷却期間があったことで、彼なりに交際中の日々を思い出し、自分の発言や行動、彼女との関わり方など、恋人としてどうだったかジャッジしてきたはずです。

何もかもを彼女のせいにしていた事でさえ、反省すべき点が自分にあったと気がつき、申し訳なさも沸き上がっています。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

恋は盲目と言うように、相手の良い所や好きな人の事ばかりで頭がいっぱいになるものですが、同じように、自分がどんな態度や行動をしているのかも分かりにくくなるものです。

男らしさを出すために、横柄な態度になっていたり、忙しく仕事で頼られている事を見せるために、ピリピリしたまま彼女と過ごしたりと、結果的に恋人を傷つけていたことに、後から気が付きます。

「あんな態度を取っていたら、嫌になるのも当たり前だ」「愚痴ばかり言われて腹が立っていたけど、自分が原因だった」と気付いた反省点をきちんと謝罪したいと考えるようになるところです。

幸せになってもらいたいと心から願う

一カ月の冷却期間があると、男性は元カノに対して「幸せになってもらいたい」と心から願えるようになります。

自分の元から離れて行った元カノの事を、敵だと感じる期間を超えると、今度は、相手の幸せを願えるようになってくるものです。

「自分には、彼女を幸せにしてあげられる事が出来なかったけど、きっと誰かいい人がいるはず」「あの子なら、きっといい人と出会えるに違いない」と一歩引いた目線で見る事が出来るようになります。

恋人同士は、二人で一緒に幸せを作り上げていくものですが、自分達には叶わなかった事を冷静に受け止められるようになっている訳です。

付き合い始めの頃、「彼女を幸せにしたい」と思うけれども、思い通りに動かすのとは全く違います。

恋愛をしていると、なぜか相手の事をコントロールできると勘違いしてしまい、意思疎通がうまく取れなくなるのは、よくある話です。

お互いに思い合えるようになるのは、相性もタイミングも大事。

だからこそ、自分以外の人となら上手くいくと信じて、温かく見守る事が出来るようになります。

冷静さを取り戻すと好きな気持ちが残っている事に気付いた

冷静さを取り戻すと、元カノの事を好きな気持ちが残っている事に気づいたというのが、冷却期間後の男性の気持ちです。

落ち着いて考えると、自分の本当の気持ちと向き合えるようになります。

人は、見栄やプライド、思い込みなどから、自分の心の声から目を背けて、体裁や聞こえのいい綺麗ごとばかりに囚われるようになることが多いものです。

何かしら理由をつけて「もうダメだ」「冷めてしまった」と思っていても、物理的に距離を取り、冷静になる事が出来れば、そう思い込もうとしていただけだと気が付けます。

「自分の嫌な部分を見たくなかっただけだった」「彼女にイライラしていたのは、鏡のように思っていたからだ」と心理面で起きていたことを理解し、本心を見つめる事が出来るようになると、まだ想いが残っていた事も思い知らされるわけです。

今さら気が付いても、どうすればいいのか分からず、今後の事に付いて考え始めるタイミングとなります。

別れから1ヶ月ごろ自分から振ったのに元カレが連絡してくるケース

「本当に離れてしまう事を知らせたい」引っ越しの連絡

男性側から連絡してくるケースは、引っ越しが決まり「本当に離れてしまう事を知らせたい」というものです。

終わってしまった関係の相手に、引っ越し情報を伝える必要はありませんが、微妙な別れ方だったり、今後展開がありそうな気配があったりすれば、自分の体が物理的に遠くなってしまう事を伝えておきたいと考えます。

住んでいる所が、近いか遠いかという問題は、実質的には影響がなくても、精神面に大きく関わってくるところです。

余りにも遠いところへ引っ越しすると聞けば、「一生会えない」とさえ思うから。

いつでも連絡を取り合える時代だし、別れたのなら頻繁に会う事はないけれど、近くにいるかどうかは、会いやすいと思える感覚が違ってきます。

「また今度、顔を合わせた時にでも聞いてみよう」「すぐに友達に戻れる」と思っている場合には、特に「知らせなければいけない」という使命感が強くなるはずです。

遠くへ引っ越しする知らせをきっかけに、「時々でも、やり取りが再開できたらいいな」と期待を持っています。

付き合っていた頃に迷惑をかけた思い出もある仕事で昇進した

ひと月したくらいで、男性が連絡をして来るケースは、付き合っていた頃に、迷惑をかけた思い出もある仕事で、昇進を手にした報告をしにくる場合です。

恋人たちがケンカになったり、考え方の違いが露呈したりするのは、男性の仕事に対する姿勢が大きな要因となる場合が多くあります。

彼女を放置してまで、仕事に没頭したり、休日のデート中なのに会社から呼び出しがあって中断せざるをえなかったりと、付き合っている身としては、「迷惑だな」「ちゃんと休ませてくれたらいいのに」と不満を抱える事も少なくないものです。

男性側は、自分のやるべき事なので、「仕方がない」と割り切れますが、彼女としてはやりきれない思いで、待ちぼうけとなってしまいます。

時間の使い方や考え方の違いなどから、主に仕事が理由で別れる事になったなら、同じ会社で成果を上げた事は、報告するべき事だと考える人もいるわけです。

「あの時、迷惑かけてごめんね。おかげでトップの成績を取ることが出来たよ」「我慢してくれていたおかげで、集中して取り組めたよ。昇進したんだ。」と恋愛は犠牲になってしまったけど、そのため仕事では成功を収めたという事を伝えます。

飲み会や食事会がある事を伝えるついでに近況を質問

終わりを迎えてから1か月くらいで連絡をしてくるのは、飲み会や食事会がある事を伝えるついでに、近況を質問してくるという場合です。

このパターンは、「恋人としては終わったけど、友達として早く話せる関係になりたい」「振ったけど、よりを戻したい」と思っていることが多く、早々に距離感を詰めたいと考えている事からの行動と言えます。

同じ職場や仲間内などで、飲み会や食事会がある事を、自ら率先して元カノに伝える役目を買って出るはずです。

あくまでも、話しかけるきっかけ作り。

「○○日に会社の飲み会があるよ。行くでしょ?行こうよ!久しぶりにゆっくり話したいしさ。」など、破局後の日常や心境の変化などを聞きたいと、身を乗り出している状態です。

対して大きな変化が起こる事は少ない1か月という期間。

身近な存在であれば、状況も把握できる間柄であっても「最近、どう?」と質問してきます。

偶然見かけたけど声を掛けられなかった

元彼から連絡をしてくるケースは、街中や店で偶然見かけたけど、声を掛けられなかったからというもの。

街やお店の中で、偶然知っている人を見かけると、声をかけるかどうか迷う人は少なくないはずです。

とても親しい間柄の友達や、連絡をしようと思っていた人、最近は会っていなかった昔仲が良かった人などなら、すぐに駆け寄って「久しぶり」「こんなところで会うなんて、偶然だね」と声を掛けられます。

逆に、知っているけどあまり親しくない人、喧嘩をしたり対立したりしている立場で気まずい人、声を掛けたいけど相手の気持ちが分からないから反応が不安、という場合には、声をかけるのを躊躇い、気付かなかったふりをして通り過ぎる事も。

別れ話から一カ月経過したくらいの元カノというのは、非常に微妙な相手。

声を掛けようと思っても、「新しい彼氏といたらどうしよう」「楽しい気分を台無しにしたら申し訳ないな」と一瞬よぎる不安が、足を止めてしまいます。

声を掛けられなかったことを悔やみ、帰宅して落ち着いてから、「実は、今日の昼間、君を見かけたんだ」と出来事を伝えるのです。

元カノが忘れていった私物をまとめられた

元カノが忘れて行った私物をまとめられた連絡のために、ラインや電話をしてくるというケースがあります。

お別れをするというのは、とてもエネルギーを使う事です。

自分が振る側でも、話が終わった後には、とてもぐったりするほど疲れを感じます。

しばらくは、元カノに繋がる事を遠ざけたり、ラインのメッセージ記録を消したりと、現状に目を向けて行動を起こすはずです。

少しすると、身の回りや過去など視野を広げて、整理をしていけるようになります。

過去の写真を消したり、忘れていた私物をまとめたりして、自分の生活の中から元カノの余韻が少しずつなくなっていくのです。

ひと月経過したくらいには、すっかり荷物もまとまり、後は、返すだけという状態。

「取りに来てもらおうか、持っていこうか?」「宅配で送ろうか?」など、受け渡しの方法を選んでもらうために、連絡をしてきます。

【自分が振った側の場合】別れて1ヶ月後に復縁アプローチをする時の注意点

誤解があればすべて解消しておく

自分が振った相手に復縁アプローチをするなら、誤解部分をすべて解消しておくことが大事です。

人間は、言葉を持ったばかりに、感覚よりも情報に頼ろうとする習性が身に付いてしまっています。

本当は、ただの誤解なのに、小さなすれ違いが積み重なって、取り返しのつかないほどの事態になってしまう事は、よくあること。

それが破局の原因だとすれば、尚更、解消する必要があります。

心で感じていれば、何が本当か、どんな真意があるのか、など時間をかけてでも分かち合おうとするはずですが、人間はプライドがあったり、自己防衛本能があったりすることから、うっかり心とは違う言葉を言ってしまう事もあるのです。

大好きな相手なのに、「どうして私だけが我慢しないといけないの?もう付き合いきれない」と過剰に怒りをぶつけて、自分から破滅の道へと進んでしまっています。

過去を振り返る事は恥ずかしい事ではありません。

過ぎてしまっているのに、見栄を張り続ける事の方が、よほど格好悪いと言えます。

「本当は、ただ好きなだけです」と心に正直になるところから、始めましょう。

意地を張らない事を意識する

振った側がよりを戻すアプローチをする時の注意点は、意地を張らない事を意識する事です。

過去ではなく、現在進行形でも、意地を張らない事はとても重要な事。

時々、「あなたがそこまで言うなら、やり直してあげてもいいけど」と上から目線で言う人もいますが、相手からすると「そんなにお願いをしているわけではない」と白けてしまう原因となります。

駆け引き一つとってもそうですが、「あっちがラインを送ってくるまで、絶対にこっちからはアクションを起こさない」「あの人が謝るまで、絶対に許さない」など、恋人に戻りたいのに、相手次第と意地を張っている場合は、進展しなくても当然です。

いくら付き合っていた人で、良く知っている相手だからと言っても、コントロールできるわけではないし、何も言わずに気持ちが伝わるわけではありません。

変えられるのは、未来と自分だけ。

また好きになってもらいたいなら、自ら歩み寄る姿勢と謙虚さを持って、取り組みましょう。

相手の言い分をきちんと受け止める

相手の言い分をきちんと受け止める事は、振った人が好きな人との関係を取り戻すために必要な事です。

特に女性は、言葉によるコミュニケーションが得意なので、しゃべるのが苦手な男性よりも口を動かすことが多くなります。

気が付けば、いつも一方的にしゃべっていて、聞き役は彼ばかりになっていたのなら、アプローチする際にも要注意です。

自分の気持ちばかりを押し付けてしまっては、元カレの本当の気持ちを拾い出すことは出来なくなってしまいます。

話を聞く姿勢を取り、言い分を受け止める気持ちの準備をして、取り組むのです。

相手の言い分を聞き入れる準備が出来ていなくて、一方的に気持ちを押し付けるばかりでは、もう一度別れ話をした時の雰囲気になってしまう可能性が高まります。

言い負かすのが、ゴールではありません。

分かち合い、受け入れることがスタートラインです。

どんな二人になりたいのかを想像し、彼が幸せになるためにはどうすればいいのかを考えて行動しましょう。

駆け引きをしようとしない

駆け引きしようとしないと言うのが、振った側の注意点です。

恋愛に駆け引きは必要ですが、自分が振った相手の気持ちを取り戻すためには、素直になる事が一番。

駆け引きをすればするほど、あなたの気持ちが見えなくなり、元カレは混乱してしまいます。

「俺のこと好きなの?嫌いなの?」「どうなりたいの?」と混乱してしまえば、関わること自体が面倒になり、絶縁を言い渡される可能性もあるのです。

大胆な駆け引きは、勝算があるならしてもいいですが、一歩間違うと信頼を失う事になってしまうので、選別が必要となります。

気持ちを確かめるようなことや、相手の方から告白させるようにするテクニックは、バレてしまうと告白を避けているずるい女と思われかねないところです。

未練タラタラで縋るのはNGですが、相手に動向をゆだねるのも、失礼となります。

タイミングを見極め、素直になれる時に、キチンと向き合えるようにしましょう。

話し合いをする時には言葉を丁寧に心がける

話し合いをする時には、言葉を丁寧に心がけると言うのが、自分から振った人が関係修復を目指すときの注意点です。

付き合っていた人と話をする時や、ラインのやり取りをする時には、つい砕けた話し方になってしまいます。

突然、敬語を使う必要はありませんが、ラブラブ期のように、あまりにも馴れ馴れしい言葉遣いは、誠意が見られないと判断されることもあるので要注意です。

終わりを迎えたのだから、既に二人は恋人同士ではありません。

「あんた」「お前」などの呼び名はもちろんダメですし、「~しろ」「~をやれ」などの命令口調も男性を怒らせる原因となります。

話し合いをする事になったのなら尚更、「時間を作ってくれてありがとう」という感謝の気持ちを持って、接する事がとても大切です。

心の面は、言葉にも反映されます。

時々、「ですよね」「なんですよ」など、敬語を織り交ぜるくらいの、緊張感があるくらいがちょうどいいと覚えておきましょう。

言葉の乱れは、心のミダレ。

新たな誤解を生みだしたり、憎しみを作ったりしないよう、美しい日本語の素晴らしさを存分に活用しましょう。

変化に合わせて対応しよう

別れて1か月だと、お互い冷静になり、直後には感じていた気持ちがなくなったり、時間が経ったから沸き上がる感情があったりするものです。

心境の変化に合わせて、言葉や行動を考えることが、これからの関係性を安定させるためには重要となります。

あなたがサヨナラを告げた側なら、尚の事、相手の気持ちに寄り添う事が大事です。

やり直そうと思っているなら、注意点を踏まえて、アプローチに取り掛かりましょう。

冷却期間をもう少し長くとるのも、上手くいくための一つの方法。

今のタイミングで、もう少し時間が必要だと感じるなら、冷却の延長をする事も考えてみましょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事