エンパス・HSP体質だから恋愛できない…なんて事はない!
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

エンパスやHSP体質という言葉は聞いたことがないと思う人はたくさんいます。

共感力が高く、相手の喜びや悲しみが自分に起きた感情のように感じられる人のことを指します。

優しい人だと思われがちですが、本人たちはすごく苦しみを抱いていることも多いです。

特に恋愛に関しては、多くの人が悩みを感じていて、うまくいかないことが多かったり、そもそも恋愛が苦手、怖いと思っている人もたくさんいます。

今回は、なぜ恋愛が苦手なのか、失敗しがちな特徴をご紹介していきます。

本来、恋愛は自分の人生を豊かにしてくれるものなので、エンパスやHSP体質の人も「苦手」と内にこもらずに前をヒントを得てください。

目次

エンパスやHSP体質の人は恋愛が苦手だと言われる理由

目の前のことで手一杯になってしまう

恋愛が苦手だと言われる理由1非常に喜怒哀楽が激しく「今目の前の現実が世界の全て」に感じられます。

目の前のことで一生懸命になってしまうと、恋人の存在をついつい忘れてしまい、連絡せずにそのまま日数が経っていた!なんてことはよくある話です。

ところが、発生したものが終了すると、彼氏に頼ったり甘えるので、相手から「何考えてるの?」と言われてしまいます。

あなた自身は、自分の言葉によって彼氏が怒るのは嫌だったから言わないだけなのに、怒られてしまうとなおのこと怖くて何も言いたくなくなるのです。

恋愛中は相手に対して気配りを持ち、尽くしているのに、些細な言葉で恋人の怒りを買ってしまうのであれば、恋愛なんかしたくない…と考えてしまいます。

本来であれば恋人に対して「ごめんね、こういうことがあって大変だったんだ」と説明し、謝罪をするだけなのに、エンパスやHSP体質の人は考えすぎて逆に何も言えなくなってしまうんです。

彼氏のほうも何も言ってくれないから、想像力が膨らんでしまい「もういい!」と恋愛がうまくいかなくなることが多く、エンパスやHSP体質の女性はどんどん恋愛が苦手になってしまうのです。

自分が何を思っているのか本当に相手を好きなのかわからない

恋愛が苦手だと言われる理由2通常、恋愛においては「私はこの人のことが好き!」という自信を持って、交際をスタートさせます。

逆に全く「好き」という自信を持てずに、なんとなく「相手が自分を好きだと言ってくれているから交際することになった」といった状況では、十分に恋愛を楽しむことはできません。

そのため、恋愛をする前段階できちんと関わりをもって、認識を深めた上で彼氏彼女の関係になるものです。

相手の気持ちが手に取るように分かるので、自分に対して恋愛感情を抱かれているのだとすぐに気付きます。

その後、本格的にアプローチをされると彼の思いが浸透していってすでに恋愛がスタートした感覚に導かれていくのです。

恋愛前は楽しい気持ちや自分への真剣な感情が伝わってきて嬉しくなるので交際をOKしがちになります。

実際、交際が始まってみると「あれ?私この人の何が好きなんだっけ?」「っていうか、本当に好き?」と自分の気持ちに全く自信を持てなくなります。

それどころか、だんだんと一緒にいても疲れてしまう、デートに義務感を感じて嫌だ…と恋愛の悪いところばかりが見えてきて、気持ちがしぼんでしまうのです。

こういった「自分の心が見えない恋愛」に悩まされていて、彼氏のためを思って交際しているのか好きなのか不明なので、そもそも恋愛すること自体を拒否したいと思います。

だんだんと相手のことを疑うようになってしまう

恋愛が苦手だと言われる理由3エンパスやHSP体質の人は、かなり恋愛にのめりこみやすいです。

まず、こうした恋愛に飲み込まれてしまう自分が嫌で、恋愛に苦手意識がある人も多いのですが、「疑心暗鬼になる」人も多くいます。

一度恋をすると、交際相手一色の生活がスタートし、寝ても冷めても彼氏の面影を追い続けている人はたくさんいるのです。

ただ、恋愛というのはそれだけ好きな相手と一緒にいることだともいえるので、多くの人が恋愛に夢中になっています。

特徴的なのは、エンパスやHSP体質の人は好きが強くなり、愛しすぎてしまうと、だんだんと相手と自分の差やズレに敏感になりやすいです、

他人の一挙一動で気持ちを汲み取ることができるタイプなため、彼氏のちょっとした変化にもすぐに気付いてしまいます。

例えば、付き合う前はこういう表情をしない、こんな言い方しない、など普通なら気付かないような些細な部分でも感じることによって「もう嫌になった?私、いらない?」と思うんです。

男性自身も無意識に出てしまった言動でも、無意識だからこそ本当の気持ちが出てきていると思い込んで、イライラしてしまいます。

エンパスやHSP体質の人の特徴として、一度嫌になると気持ちが盛り返さない人がほとんどです。

そのため、気持ちをリセットさせるためには、別れしかないんです。

自分が我慢しなくちゃと自分を悪者にして心が苦しくなる

恋愛が苦手だと言われる理由4感情が手に取るようにわかる反面、自分に期待されていることもすぐに理解してしまいます。

そのため、何も言わないとか向こうの意見に従ってしまう、という人が多いです。

そんな自分に対して「情けない」「どうして私の感覚ををわかってもらえないんだろう」という気持ちが強くなっていって、だんだん恋愛すること自体が嫌になっていきます。

「自分さえ我慢していたら、仲良く交際ができる」と思うがゆえに、何も言えなくなるのです。

自分が思うことは胸のうちにしまっておき、嬉しくなくても喜んだふりをして、彼氏の機嫌を保とうとします。

喜んだ方が、彼氏が喜ぶことを知っているので、平気でうそをつくのです。

うそをつきたくてついていないし、彼氏に喜んで欲しいからこその優しいうそですが、女性の心の中では「彼氏が思うような反応をしてあげなくちゃ!」というある種のプレッシャーに押しつぶされてしまっています。

純粋に愛情を楽しむことができず、自分の気持ちも見失ってしまうものです。

我慢は永久的に続くものではなく、「誰かの期待に応えようと思っていたけど、結果的にダメになってしまった」といったような、良くない終わりを迎えることもあるので、恋愛自体に勇み足になるのです。

本来なら、お互いの雰囲気を壊したくない、仲良くしたいからこそ我慢ですが、自分だけが我慢し、相手はそんな自分に気付いてもくれない、となればなんだかむなしく感じてしまうこともあるでしょう。

自分に自信がもてなくなったり、自分のことが嫌いになるので恋愛が苦手なのです。

簡単に恋愛をする代わりにすぐに手放す

恋愛が苦手だと言われる理由5エンパスやHSP体質の人って、実はすごく復縁しやすいと考えられています。

共感力が高いので、いろんな人に好かれますし、好意を持たれることも多いため、恋愛のきっかけはたくさんあります。

相手から好意を持たれると、まるで自分が先に相手のことを好きになったかのように、盛り上がりすぐに恋愛関係に発展します。

一方で、恋愛がスタートするとなんとなく物足りなさを感じたり、「本当にこの人のことが好きなのかな?」と思うことも多いです。

そんな状況に陥ると、彼氏のことを受け付けられなくなって、良い顔をする演技ができますが、体の関係を持つことができなくなります。

体に触れられるのはもちろんのこと、キスも嫌、手を繋ぐのも嫌、という気持ちが沸き起こるのです。

その後も簡単に誰かに愛されたら交際してはみますが、やっぱり元彼氏の方がいいかも?と感じてよりを戻す2人も多いため、男性は振り回されているような感覚が強くなります。

向こうの気持ちを汲み取る能力に優れているので、元彼も自分に未練があるとか好意をまだもっているいないをすぐに察知できるため、復縁の成功率も高く、恋愛を簡単に手に入れることができます。

相手の些細な言動で浮き沈みが激しく疲れる

恋愛が苦手だと言われる理由6心も体も感受性が豊かなので、相手のちょっとした行動や言葉でひどく傷つき、何もかも嫌になることで、恋愛に拒否感を持つ人もたくさんいます。

同じように感受性や共感性の高い人と交際することで、少しでも不安感は消えるはずですが、そこは人間なので、自分にないものを持っている人に惹かれる傾向があります。

自分があまりにも相手のことばかりを考えてしまって、楽しめないから、自分が思うことをストレートに表現する人を好きになったりするのです。

自分にないものを持っている人って、すごくパワーを感じます。

いつもなら誰かから好かれることが多いエンパスやHSP体質の人が真逆のタイプの男性だと自分から積極的に恋愛に発展させる努力をするのが特徴的です。

もちろん、お互いにないところを埋め合えるような関係であれば良いのですが、もともと共感力が高いので徐々に「彼氏が気に入る行動をしなくちゃ」「喜ばせなくちゃ」という使命感が出てきて、恋愛を楽しめなくなります。

そんなあなたの気持ちを共感力が低い男性の場合は、全く気付いてあげることができないので、女性が1人で我慢して、1人で疲れて、別れたくなるのです。

結局、恋愛って何が楽しいのかエンパス・HSP体質の人はあまり理解できないまま、年齢だけを重ねていきます。

エンパス・HSP体質の女性が恋愛で特にやってしまいがちな失敗

相手に対して依存してしまい必要以上に頼る

特にやってしまいがちな失敗1恋愛に苦手意識をもっていながらも、非常に恋愛体質な女性が多いエンパス・HSP体質なので、一度交際をスタートさせると、自分でもブレーキがかからないほど、彼氏のことしか考えられなくなります。

とにかく、彼氏の思い描く「理想の女性」になろうと努力しますし、自分の時間はなくても良いんです。

彼氏が会いたいと言えば何時でも、誰といても会いに行きますし、性格までだんだんと相手に似てきてしまいます。

一般的に「恋は盲目」という言葉があるように、好きな人の好みの女性になりたい人はたくさんいますが、エンパス・HSP体質の人はいっそう気持ちが強く、自分でも分かっていないくらいに彼氏に依存するのです。

彼氏がいなければ、自分は生きていけない、彼氏が自分を好きでいてくれるうちは、誠心誠意尽くしたいという気持ちが自分でも知らないうちに強くなっていき、だんだんと男性から見れば「重たい」女性になってしまいます。

最初の頃は、尽くしてくれて可愛かった彼女でも、少しずつ依存心が女性から見えてくると男性はとたんにめんどくさいと思うのです。

そして、そんな男性の心の変化を敏感に察知する能力に優れているので、エンパス・HSP体質の女性は依存するにいいだけしてしまった彼氏に絶望し、もう二度と恋なんかしたくないと悲しくなります。

好きな人色に染まることは、女性として可愛らしいですし、魅力的になれる可能性も十分にありますが、自分の心を壊してしまう可能性もあるので、危機感を感じたら、エンパス・HSP体質の女性はすぐに交際を辞める傾向があります。

少しでも「ダメ」と思えばそこからは別れに一直線

特にやってしまいがちな失敗2カップルなので、付き合っていくうちに「こういうところはちょっと嫌い」なんて部分も当然出てきます。

好きな人でも、完璧な人間はどこにも存在しないので、自分の理想を押し付けたとしても楽しい結果は見出せません。

エンパス・HSP体質の人も当然その点は理解していますが、期待値が非常に高くなってしまう人も多いんです。

彼氏に対して「こんなに気持ちが盛り上がっているのだから、相手もそうに違いない」とか「付き合う時はあんなに好意を示していたのだから、私のことをずっと好きだ」など思っています。

確かに、彼女への愛がそう簡単に薄れるものではありませんし、長い年月を一緒にすごす人になる可能性だって高いです。

ただ、エンパス・HSP体質の女性の多くが、通常では気にならないような部分ですら、気になってしまうことが難点です。

一緒にいる時にちょっとつまらなさそうにしていた、時間を気にしていた、など「そんなこと?」と思うことでも、エンパス・HSP体質の人から見れば大事件になります。

相手の気持ちを汲み取ることができて、的確に見極めることができる自信を持っているからこそ不安が爆発してしまいます。

ちょっとでも不安感や不信感を自分に抱かせるような男性だった場合、ちょっとの嫌が大きな嫌に変化することに時間はかかりません。

指1本触れて欲しくない、と思う人も少なくないので、そのままお別れに一直線になりやすいです。

通常なら、話し合いを重ねて、お互いが納得する形でよい面と悪い面に折り合いを付けていくものですが、エンパス・HSP体質の人は一度「無理」と思ったら、もう二度と回復することがないため、別れるしか解決法がないなんてことはよくあります。

好きな相手なのに否定的な感情を常に持つようになる

特にやってしまいがちな失敗3エンパス・HSP体質の人は、とにかく誰かの役に立ちたい、みんなに好かれたいという気持ちが強いです。

その反面、そんな自分に疲れてしまってむやみに気持ちが傷ついてしまう傾向あがります。

良い子でありたい気持ちと「本当の自分はそうじゃない」「本当はそんなこと思っていない」という心の底からの叫びについて、悩んでいる人は多いです。

他人に対しては非常に細やかなケアができるのに、自分に対しては非常に心のケアが疎かになるため、気付いた時にはすごく心がボロボロになっていた、ということも多いです。

恋愛の場合は、だんだんそのような心の疲弊感が男性に対しての疑心暗鬼に繋がり、何を言われたとしても「本当にそんなこと思っているの?」と常に疑いの目で見てしまいます。

そんな風に彼女から疑われてしまうと、男性あってなかなか信頼関係を築けませんし、気まずい感情が沸き起こってしまうのです。

こうしたき気まずい環境の中、恋愛を進めていてもお互い楽しい気持ちにはならないですし、エンパス・HSP体質の人は基本的に一度ダメかもと思ったら、その先はありません。

気を使いすぎて、何も言えなかった状況が爆発した後は、彼氏への信頼感が薄れてしまうだけなので、恋愛が辛くなってしまいます。

自分の意見が言えなくなり、結果的に相手のことを嫌う

特にやってしまいがちな失敗4自分の意見が言えなくて、気持ちがモヤモヤしてしまう女性って、たくさんいます。

エンパスやHSP体質じゃなかったとしても、好意を持っている相手が自分の言葉を聞いてどう思うのか?というのは、非常に重要な部分ですし、それらの行き違いが決定的な別れの理由になることだってあるのです。

なので、言葉は慎重に丁寧に検討していく必要があるので、しっかりと言葉を選んでいかなくてはいけません。

一般的には、彼氏のことを配慮していればいいか、くらいに思っていますが、エンパスやHSP体質の人は全然違います。

あらゆる方向性で物事を検討し、彼氏の顔色の変化1つで何を思っているのか汲み取ってしまうので、いっそのこと「何も言わない」ことが正しいと思うようになるのです。

言葉がなくても愛情は伝わる、とまでは思っていなかったとしても、なんでも言葉にしてケンカをするよりはマシだと思っています。

好きな気持ちが強ければ強いほど、何も言えなくなってしまう人が多く、彼氏の意見に全てをゆだねてしまうことが多いです。

女性としては、余計な揉め事を避けるため、一緒に長くいられるような配慮として何も言わないという選択肢を設けているのですが、男性から見れば「何も言わないなんて自分の意見がない」「つまらない」と感じてしまいます。

本当に好きなのであれば、言わなくてはいけないことはきちんと伝えた方がよい、とあなた自身も感じているでしょうが、共感性の高さゆえ、言葉にすることを恐れているのです。

話してみれば、男性も「なんだそんなことか」と安心する可能性もあるのに、その点にはあまり気付けない人が多いです。

とにかく、彼氏を怒らせない、悲しませないことに意識が向いているので、非常によそよそしい態度をとることもあります。

そして、最終的に「こんな風に自分を偽らなくてはいけない人と一緒にいるのは無理」と彼氏のことを嫌いになる人もいるんです。

一度ケンカしたが最後もう二度と相手と話をしたくなくなる

特にやってしまいがちな失敗5エンパスやHSP体質の人は、基本的に心が優しくて感受性も豊かですが、心の真ん中がとても頑固な場合も多いです。

普段はふんわりとして優しい雰囲気を身にまとっていても、一度「この人は嫌だ」と思うと何をどうしても仲直りすることはできません。

友達同士であれば、少しは違いますが、彼氏ともなるとどうしても体の関係になったり、触れ合い、などが生じてくるため、ケンカをして嫌な面を見ると、もう彼氏に触られたくなくなります。

そのため、一度でもケンカをしたり、女性を幻滅させるようなことになると、途端にセックスレスになるのがエンパス・HSP体質の人と付き合った時の特徴です。

こうなると、どれだけ男性が謝ろうとも改善を試みようとも全く女性の心は動かずに「とにかく1人にして欲しい」と閉ざしてしまいます。

関係の改善を見込めない状態になることがほとんどなので、男性もそのうちあきらめて自然消滅するか、はっきりと別れることになります。

エンパス・HSP体質の場合、何かが起きるとそのまま破局してしまうことが多く、ケンカをするとすぐに別れて、ちょっと離れて気持ちを落ち着かせたらまた付き合うということも多いのです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

すぐに別れて、すぐに復縁して、また別れ…を繰り返していくうちに、自分も彼氏も心が疲れてしまい、お互いが苦しい恋愛をしている状況になりやすいので、男性を許してあげる、という気持ちの余白がなくなることはエンパス・HSP体質の人の悪いクセだと言えます。

自分のエンパスとしての特徴を理解して恋愛を楽しむ付き合い方

相手と自分は別の人間だと強く認識する

恋愛を楽しむ付き合い方1多くの女性が自分のことを「エンパスだ」と認識しているわけではありません。

中には「どうして私の恋愛はいつもうまくいかないの?」と悩んでいる人も多いです。

そのため、まずは自分の恋愛とエンパス・HSP体質の人の恋愛とを比較してみましょう。

すると、共通点に気付くはずなので、そこから「もしかすると私はエンパスなのかな?」と疑問にもつことがとても大事になります。

そこから、自分をまず受け入れてみましょう。

自分、というものを理解できるようになるとふっと気持ちが楽になる瞬間が訪れますし、何も変なことではなかったのだ、と今までの悩みが解消されます。

そして、恋愛に対しても今まで「どうしてうまくいかなかったんだろう?」と思っていたことにも理由が生まれるので納得できます。

しかし、「だから恋愛が苦手なのも仕方がない」と思うのではなくて、相手に共感しすぎてしまう自分の性格を受け止めた上で、それでも彼氏と自分は全く別の人間なのだから、全てがわかるわけでもないのだと思いましょう。

確かに、我がことのように感情が心の中に流れて来るとは思いますが、あなたと彼氏、好きな人は全く別の人間なので、まるっきり同じではありません。

時に疑ってしまうこともありますし、嫌なこともあるとは思いますが、他人同士が一緒にいるというのはそういうことなのです。

嫌なことも不満に感じることも、2人で乗り越えることで、お互いの信頼関係が芽生えていきますし、たくさんの思い出を作ることができます。

ゆっくりで良いので自分の気持ちを丁寧に伝える

恋愛を楽しむ付き合い方2一般的に、大人になると自分の意見を少しずつでも言えるようになっていきます。

むやみに言葉を羅列しても、結果的に人を傷つけてしまう可能性はありますが、「ここは言わなくてはいけない」という時にはしっかりと自分の言葉で伝える必要があるのです。

若い年代のうちは、相手のことを気にしすぎてしまうことも多いので、いっそのこと何も言わないほうが平和なのでは?と思って、言葉数が少なくなる人もたくさんいます。

人生の経験値を積んでいくことで、伝えたい人への配慮もしつつ、自分の気持ちを伝えられるようになっていくものです。

大人になる、ということはそういうことですが、共感力が高くて相手の感情が波のように自分の心の中に入ってくるエンパスの人達は、全てが理解できてしまう気がして、相手に気持ちを伝えることができません。

伝えてしまうと、なんだかお互いの関係が悪くなってしまいそうで、どうしても難しいのです。

このような感情は、恋愛を楽しめない理由の1つになり、自分の感情を内に秘めてしまうきっかけにもなります。

1人の方がよっぽど楽だと思うかもしれませんが、恋愛を楽しめた方が人生に色がつくので、苦手意識をなくし、恋愛を楽しむためには、やはり会話が必要です。

「言ったら相手がどう思うのか、わかっちゃうから怖い」と思うことでしょう。

しかし、言いたいことや言うべきことが言えない関係は、恋愛として成立していません。

結局、あなただけが自分の気持ちを抑えている状況になるので、別れたくなるのです。

別れてから後悔することも多いですし、次の恋愛に踏み出す勇気もなくなってしまうことでしょう。

そうならないためにも、人を好きになった時は丁寧にゆっくりと相手に気持ちを伝える努力をしてみてください。

最初のうちはすごく辛いですし、相手の反応が自分の思ったとおりであればがっかりもします。

ただ、少しずつ話をすることに慣れていけば気持ちは必ず伝わりますし、あなたのことを受け止めてくれる男性に出会えるものです。

何も言わない関係を続けていると男性の方から「何を考えているかわからないから怖い」と思われてしまい、別れを告げられることが多いです。

怖いでしょうし、緊張もするでしょうが、少しずつでも自分の気持ちを話せるようになってくると、だんだんと気持ちが楽になっていきます。

「誰かを好きになることは辛くない」とイメージトレーニングを重ねる

恋愛を楽しむ付き合い方3恋愛に苦手意識をもってしまう時、ほとんどが「好きになると辛いことしかない」と心や頭で考えてしまって、自然と避けています。

一方で、人の心なのでどんなに自分が「好きになりたくない」「恋愛をしたくない」と思っていたとしても、相手からの好意を感じたり「この人ステキだな」と思うことはよくあるものです。

絶対に恋をしない、と思ってもしてしまうのが人間です。

そんな時に「恋愛は辛い」「苦しい思いをしたくない」と、モヤモヤを抱いたまま人を好きになっても、自分にとって良い恋愛をすることはできません。

なので、自分の中で「この恋愛はうまくいく」「彼との恋はきっと楽しいはずだ」とイメージトレーニングをしてみましょう。

ポジティブなことを考えると、不思議と「なんだかこのままうまくいきそうな気がする」と思えてくるのです。

人の気持ちがわかるかわりに、自分の気持ちに対して鈍感な人も多いので、しっかりと自分の気持ちを穏やかにできるような心のトレーニングをしていけば、あなたにとって恋愛は怖いものではなくなります。

今まで、誰かを好きになってもうまくいかず、苦しい思いばかりをしていたかもしれませんが、あなたの中で燻っている自分の心を解放してあげましょう。

最初のうちは、イメージも沸かないことも多いですが、恋が題材の曲やドラマ、映画を聴いたり観たりしながら気持ちを膨らませていってください。

人よりも感受性が強いので、こうした間接的なイメージでも自分がその世界に迷いこんだのかな?と思うくらいにのめりこむので、十分にトレーニングが可能です。

気持ちが盛り上がると、すぐに感情が上向きになっていくので、恋愛が苦手な気持ちを克服することができます。

自分がこういう考えの人間で恋愛が苦手だと相手に話す

恋愛を楽しむ付き合い方4絶対に誰も好きにならない!と決めていても、結局恋って知らぬ間にしているいものです。

心底好きになってしまうことだってありますし、自分の感情をコントロールできなくなるのが人間だといえます。

無事、交際することができたとしても、だんだんと女性は彼氏の顔色ばかりをうかがってしまい、何も言えなくなるのです。

「言ったことで彼氏がいやな顔をしそう」「ケンカになりたくないし…」と言うべきことも言わなくなります。

そんな彼女の態度を見ていると、男性のほとんどは「何を考えているのかわからない」と逆に嫌な気分になって、彼女のことを疑ってしまうような人も多いです。

「自分のことを信用してないから何も言わないんだ」「信頼できない」と感じて、女性との関係が悪くなることもあるのです。

あなたとしては、円満に過ごすために話していないだけなのに、逆効果になっては悲しいし、また恋をすることにしり込みしてしまうことでしょう。

なので、大事なことはみんなに自分の気持ちを話せなかったとしても、せめて恋人くらいには自分がこういう人間だ、ということを伝えてみてください。

「エンパス、HSP体質って言われるタイプでね、自分の気持ちを言えなくなっちゃうんだ」と軽い感じで伝えるだけでも、あなたのことを本当に好きな相手なら「じゃあ、こうしてみよう!」と回答を得られるはずです。

逆に理解してもらえないような男性は、そもそもあなたとは縁がなかったとおもって、それこそ見切りをつけても良いといえます。

同じHSP体質同士の男女が恋人同士になるメリット

共感性が高くなるので情熱的な恋愛ができる

恋人同士になるメリット1同じタイプの人同士が付き合うメリットは、やはり「感覚が同じ」ということです。

共通の趣味・興味・話題が多く、とにかく一緒にいるだけで運命を感じるような2人になれます。

心のどこかで「この人とはずっと前から出会うべき人間だったのでは?」と思うことも多く、通常の男女が感じる引力よりも強く強く惹かれあいます。

パッと火がついたようにお互いを求めるので、周囲の人が驚くほどです。

もともとが似ている2人の間に、もしもマンネリが訪れてもすぐに仲良くなれます。

こんなに関係に波がおきない2人も珍しいのでは?と周囲からうらやましがられる2人になれますが、ひとたび方向性が逆を向いてしまうと、今までの愛情がいっぺんして憎しみが沸き起こるレベルになるため、激しい恋になることは間違いありません。

好き、と言っていた翌日には、大嫌い、と言っている可能性もあるので、周囲の人が振り回されてしまう可能性は非常に高いです。

恋愛なので、冷静にいようと思っていたとしてもなかなか難しいこともあり、時には周囲に頼ってしまうこともあるでしょうが、エンパス・HSP体質の人はお互いが顕著にその傾向があるため、共通の友人などからは「めんどくさい」と思われることもあります。

意見や方向が合致している時は、最高のカップルになれるので、何かと恋人に気を使ってしまいがちのタイプなため、恋愛への苦手意識もなくなりやすいです。

お互いの空気感やオーラを感じるだけで幸せになれる

恋人同士になるメリット2感覚が鋭い人同士なので、視界に入っていなくても、恋人が近くにいることを感じられたり、連絡が来るのでは?もうそろそろ会いたいって言われるのでは?という感覚がピタリと当たります。

自分たちでも怖いくらいに思っていますが、そばにいるだけで幸せ!と感じられるのです。

幸せとか好き、といった気持ちは目に見えるものではありませんし、言葉にされたとしても「ほんとに?」と疑ってしまえば、キリがありません。

恋愛に苦労しがちなエンパスの女性なので、すぐに男性のことを信用できずに「本当は私のことなんてそこまで真面目に考えていないんだ」と思い込んで、1人で落ち込むことがよくあります。

しかし、エンパス同士はそういった不安感は一切なく、そばにいるだけで、空気やオーラを感じられるだけで自分は幸せなのだ、と胸を張って言えるのです。

どうして言えるのか?と自分に問いかけてみても、明確な回答をすることはできません。

なぜなら、心がそう感じているからです。

いつもなら、いろんな不安を感じて苦しみながら恋をしていますが、エンパス同士なら、問題泣く心が満たされます。

お互いのオーラや波長が合う人が多いため、2人でいるだけで幸せだと思えるのは非常にメリットだと思いましょう。

世界に2人さえいればそれでいいと思えて気持ちが楽

恋人同士になるメリット3ドラマや映画でよく「幸せすぎて怖い」「彼と一緒にいられないならこの世にいない方がマシ!」なんて言葉を耳にします。

2人の世界に酔っている状態だといえますが、まさにエンパス同士の恋愛もこの感覚に近いものがあります。

出会った瞬間に恋に落ちることも多く、一緒にいるだけで安定する相手なので、必然的に「この人しか自分を分かってもらえない」「この人がいるから、世界が色づいている」とどこかポエムチックな気分になるのです。

好きでどうしようもなくなり、右も左も見えなくなって、世界の中心は2人でできているのだと思えます。

それだけ好きになれる、というのは幸せなことですし、素晴らしいことですが、時々周囲の人を巻き込んでしまうこともあるので、その点は注意しましょう。

せっかくわかり合える相手に出会えたのであれば、周囲の人にも祝福されるような恋愛の仕方が大人だといえます。

2人とも、自分よりも相手を優先的に考えるため、気を使い合いますが、ギブアンドテイクな関係になれるので、一歩通行ではありません。

以前であれば「自分ばかりが我慢している」と思っていたことでも、相手も自分を気遣うのであれば不満に感じることはないでしょう。

「彼さえいれば、もうほかに何もいらない」と思えるくらいにのめり込む相手になるので、一歩間違えると憎悪の対象になりかねないので、その点は注意が必要です。

ちょっとの言葉で相手の気持ちがわかる

恋人同士になるメリット4普通は、お互いが思っていることをきちんと言葉にして吐き出さなくては、相手に気持ちが伝わることはありません。

エンパスの場合は特に、相手に対して「あなたの今思っていることがわかるから、何も言いたくない」と思う傾向が強いので、逆にそういった態度が男性の反感を買うことも多いです。

一方で、お互いがエンパスなのであれば同じような感覚でお互いを見ているので、ちょっとした言葉を伝えるだけで、相手の言いたいことや思っていることを感じ合うことができます。

まるでテレパシーでも使っているのかな?と思うくらいに、お互いがお互いの感情に敏感で、前向きに捉えてあげることができるのです。

何も言わない、深く言葉にしないとしても、お互いが同じことを思っているため、不満には感じません。

他の男性だったらケンカや破局につながる特徴も、同じ性質同士であれば、何もかもがうまくいくのです。

このような感覚は、非常に心地よく感じられ、今まで恋愛で苦労してきた人なら、男性のことを「運命の人」と思うでしょうし、万一別れてしまったら、この世の終わりが来たような苦しみを抱きやすいです。

エンパスの女性やHSP体質の人が辛い恋に陥ってしまう相性が悪い男性のタイプ

自分の気持ちを突き通そうと思う相手

相性が悪い男性のタイプ1相手の感情が自分の中心になってしまいがちなため、つい自分の意見は後回しにして、ストレスを無意識のうちに溜めていってしまいます。

男性も本来であれば、女性に対して「何も言わない」と不満を持つまえに、相手の考えを知る機会をもうけるべきです。

とても好きな相手であれば、彼女がなにを考えているのか、2人でいる時に何を感じているのかということは非常に重要な部分だといえます。

そういった、女性の本音をゆっくりでもいいからわかろうとしてくれる男性は、とても信頼できる相手です。

一方で、あなたが何も言わないからといって、自分の意見がない女性と思い込んで自分の意見を突き通そうとする男性は全く相性が悪いです。

勇気を出してあなたが何か言おうとしても、このタイプの男性は「普段何も言わないんだからこういうときにだけ口出してくるなよ」と圧力をかけてきます。

自分の意見が正しい、と思っている人が多いので、女性の意見に聞く耳を持ちません。

そうなると、かなり女性は辛い思いをして恋愛が嫌になってしまうことでしょう。

「女はこうだ」と固定概念が強い

相性が悪い男性のタイプ2女性、男性、と性別は分けられているので、古い感覚の人であれば「女性らしさ」「男性らしさ」みたいなものに縛られていることも多いです。

多様性が生まれた現代で、そのような考え方は古いといえますが、男性の中には「女性とはこうあるべきだ」という固定概念が強い人もまだまだいます。

このようなタイプの男性は、明らかに態度に表してくるので、エンパスじゃなくても感じることができるくらいです。

好きな女性には特に自分の理想を押し付けてきがちなので、いろんな意味で恋愛に苦労するタイプの男性だといえます。

エンパスの女性は、自分の意見を引っ込めてしまう傾向があるので、最初のうちは男性から「しおらしい」と受け止められて、好意をもたれていきますが、最終的には「自分の意見がなくてつまらない」と思われるのです。

固定概念が強い男性にもよく好かれるので、自分をどんどん苦しめる恋愛しかできなくなります。

相手の意見を聞かずに「いいんじゃない?」と曖昧なことを言うタイプ

相性が悪い男性のタイプ3何でもかんでも意見を押し付けてくる男性は、女性を幸せにはしませんが、なんでもかんでも「いいんじゃない」で片付ける男性も信頼してはいけません。

本当に相手のことを思っている、愛しているのであれば、よくないと思うことは「それは違うんじゃないの?」と伝えるでしょうし、同意するのであれば「いいね!」ときちんと向き合った返答をします。

「いいんじゃない?」で済ませる、ということはそれだけ相手のことを考えずに、適当にやり過ごしているだけなので、愛情を感じることなく、エンパスのように感情を掴みやすい女性は傷ついた心を抱えてしまうのです。

エンパス・HSP体質でも考え方次第で恋愛は楽しめる!

エンパス・HSP体質だから恋愛できない…なんて事はない! まとめ恋人の気持ちを理解できてしまうから、自分を見失ってしまったり、期待に応えようと一生懸命になってしまうものです。

そういった感覚は、自分を苦しめてしまうことも多いので、少しずつでも相手に自分を理解してもらう努力、話をする努力をすることで、あなたの苦しみは解放されます。

言ってもいいのだろうか?と多くの人は不安に感じていますが、好きな相手の気持ちを知りたいと誰もが思っているので、不安に思うことはありません。

【期間限定】復縁や不倫の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁や不倫などの難しい恋愛の不安の解消法、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

難しい恋愛の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事