付き合えなかった女性への未練はどのくらい残る?いい感じだったのに付き合えなかった相手をもう一度手に入れたくなるタイミング
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

男性の心に、付き合えなかった女性への未練はどのくらい残るのか知りたいあなたへ。

この記事では、ある女性と付き合えそうで付き合えなかった男性が、悔しく感じるシチュエーションを見ていきたいと思います。

また、付き合えなかった女性への未練が男性の心に残っている期間って、いったいどれくらいなんでしょうか。気になりますよね。それも見ていきましょう。

さらに、男性の心の中に残り続ける落とせなかった女性に対するイメージっていったいどんなものなのでしょうか。その辺りも探っていきたいと思います。

そして、いい感じだったのに付き合えなかった女性をもう一度手に入れたくなるタイミングってどんな時なのかも見ていきたいと思います。

最後に、すれ違いで付き合えなかった男性には、もう連絡しないほうが良いケースについても、詳しくご紹介しています。

目次

付き合えそうで付き合えなかった…男性が悔しく感じるシチュエーション

いい感じだったのに、勇気がなくてアプローチできなかった

男女の仲って、はっきり口に出したわけではなくても、自分も相手が好きだと伝わっているし、向こうも自分にたぶん好意を持ってくれているな、と感じるときってありますよね。

それはもう、理屈ではなくて、ただ、自分と同じように、相手も自分のことを好きでいてくれると信じられる、そんな魔法のような瞬間なのではないでしょうか。そのままうまく流れに乗れれば、普通にお付き合いへと発展するのです。

ただ、その魔法のような瞬間に、どちらかがちょっと勇気を出して行動を起こしたり、背中を押すような出来事がないと、波にうまく乗れずに、結局お互いに好意があっても、付き合うこともないまま終わってしまう……ということもよくあることなのです。

後からそれを思いだして、「どうしてあの時、勇気を出してアクションを起こせなかったんだろう…」と悔やむことってありますよね。

男性にとってみれば、相手の女性も自分に好意があると思えたのですから、積極的にアプローチすればよかっただけなのに、自分に自信がなかったり、勇気がなくて、なにも行動に移せないと、後悔だけが残ってしまうのです。

草食系男子という言葉があるように、男性の中には、自分も好意があり、相手の女性からも十分に好意を感じていても、「どうせなら向こうから言ってくれないかな…」と、自分から行動しない男性も結構います。

仕事など、他のことには自信があっても、恋愛にだけはとても臆病な男の人って結構いますよね。

もちろん、相手が自分に好意があるなんて、100%確実なことではないでしょう。

自分だけが勝手にそう信じてしまったり、たとえ相手にも本当に好意があっても、告白してみたら、「今は付き合う気がない」とフラれてしまうことだってあるでしょう。

なので、こちらから勇気を出して告白しても、必ずしもうまく行くとは限りません。

でも、「それならそれで仕方ない」と割り切って考えられるかって、恋愛ではとても大事ですよね。

そういう、きっぱり割り切れる強い気持ちがないから、告白してフラれたら、今までのような友人関係にも戻れなくなると、怖がっている部分もあるのでしょう。

ただ単に、自分のプライドを傷つけられることだけを恐れていることもあります。

フラれることを異常なまでに恐れている男性って多いですよね。

でも、はっきり言ってしまえば、恋愛経験豊富でモテる男性って、「数うちゃ当たる」の精神があって、少しでも「好き」と思ったらすぐに告白しますし、意外と結構な数、フラれてもいます。

しかし、モテ男はそんなことをいちいち気にしていませんし、フラれることに耐性があるもの。

「当たって砕けろ」のいさぎよい部分があるからこそ、うまく行く回数も増えて、恋愛の経験値も上がるのでしょう。

一方、変なところでプライドが高い男性は、自分が相手から拒否されることを想像しただけで耐えられず、いつまでも告白できないまま、結局好きな女性とは付き合えずに終わるということも多いのです。

そういうタイプほど、後々まで「あのとき自分が何かアクションを起こしていれば…」なんて思うので、厄介なんですよね…。

告白するかどうかというときに、他の男といい感じになってしまった

いつ告白しようか迷っているときに、彼女に他の男が近づいてきて、目の前でかっさらわれてしまう、というような経験をすると、のちのちまで引きずりますよね…。

女性って結構強引な人が好きな人も多いじゃないですか。

だからこそ、女性からしてみても、何となくいい感じの男性がいても、彼はいつまで経っても「好き」と積極的に迫ってこないし、煮え切らない態度のまま接してこられたら、だんだんと気持ちが萎えてきてしまいます。

そんな煮え切らない男の人よりも、積極的に「君のことが好きで好きでたまらないんだ!」とアピールしてくる男性が現れたら、そういう人に強く惹かれるのが、女性というものではないでしょうか。

ただ、元々いい感じだった男性からしてみれば、向こうも自分に好意を持ってくれているんじゃないかなと思っていた女性を、目の前で別の男にかっさらわれてしまうのって、大きな精神的ダメージを受けますよね…。

そのときのことを、「あのとき、もっと自分ががんがん行っていれば違ってたのかな…」という風に、後悔してしまうこともあるでしょう。

そういう形で女性とうまく行かなかった場合は、自分の中の恋愛感情が行き場を失って、いつまでも相手女性への思いが消えないという状態にもなってしまうこともあるでしょう。

そんな風に、過去のいい感じになった女性とのことを、いつまでもこじらせてしまう男性って、結構いるのではないでしょうか。

二人のタイミングが微妙にずれて、一歩踏み出すことができなかった

どちらかが一歩踏み出していれば、絶対に付き合えていた関係だったのに、と後から思ったりすると、「あのときこうしていたら…」などと、悔やむことも尽きないのではないでしょうか。

単に縁がなかったというだけかもしれませんが、魅かれあっている男女でも、なぜかタイミングがずれて、お互いに想いを伝えあえないときってあるんですよね…。

例えば、今度二人きりでデートっぽい感じで出かけた時に告白しよう、とどちらかが思っていたのに、急な用事が入って、予定がキャンセルになってしまった。

そうなると、その日に告白しようと思っていた勇気がしぼんでしまい、次のチャンスを生かせないまま、そのうち人生の分岐点があって、なんとなく離れ離れになり、どちらかに違う恋人ができてしまった、なんてよくある話です。

そういう、人生の不思議なすれ違いって、そのときはそこまで重要に思っていなくても、後から考えてみれば、「ああ、あのタイミングだったんだ!」と思うことってありますよね。

例えば、旅行に行く約束までしていたけど、そんな時に限って、身内に何かあったりして、実家に帰らなければならず、旅行がドタキャンになったり…。

でも、後から考えてみれば、「あの時一緒に旅行に行っていれば、きっと付き合うことになっていたんだろうな…」というようなタイミングだったり。

そういうのって、その時はそこまで考えなくても、時間が経ってみた時、「あのときああいうことがあれば/なければ、今は全く違う人生を生きていたかもしれない…」と思えてきたりするので、あとあとまで引きずるものなんですよね…。

離れてから、色んな人に会ってみて、初めて彼女の良さに気づいた

彼女の方は、きっと自分から告白すれば、OKしてくれただろうな、という感触があったのに、若い頃って、まだこれから他にも出会いがあるなんて高をくくってしまい、最高のタイミングをスルーしてしまうことってあるんですよね…。

もちろん、そのときは強く惹かれたわけではなく、「いい子だな、話しやすいし一緒にいるとほっとするな」くらいに感じていたということもあるでしょう。

そして、若い頃って、恋愛にはもっと刺激的な異性を求めていたりするので、友達以上の関係には至らなかったということもあるでしょう。

でも、実際にその後いろいろな女性と出会い、それこそ刺激的な相手と激しい恋愛もしたけど、やっぱり心安らぐ相手は、あのとき、いい感じになっていた彼女だったんだな…と、ずいぶん大人になってから気づくこともあります。

もちろん、それって男女逆でもそうなのですが、若い頃って、ただ自分の感情が激しく動くことだけが恋愛の醍醐味みたいなところってありますよね。それが若さというものなので、仕方がない部分はあります。

性的にぐっと魅かれるとか、顔やスタイルが好みだから中身はどうでもいいなど、若い時の恋愛には、外見が大きく影響していますよね。

なので、「ずっといい関係のまま長く付き合えるか」とか、「結婚という生活を一緒にする相手としてはどうか」などとまでは深く考えませんから、一時の感情ですべてを決めてしまうところがあります。

でも、大人になるにつれて、色々な人と出会っていくうちに、あの時いい感じだった相手が、本当は長い一生を共にする相手としては、すごく相性が良かったんじゃないかと気づくことってあるんですよね…。

ただ、そう気づいた時にはすでに、相手はもう別の男性と結婚していたりして、後悔先に立たず、ということもあります。

しかし、一度そういう考えに取りつかれてしまうと、なかなか吹っ切ることもできないので、いつまでも未練がましく考えてしまうことってありますよね。

若い時から、将来像や結婚などを意識できない男性は多いですよね。

なので、だいぶ後から昔いい感じだった女性の良さに気づいて、後悔してしまうことってよくあるのではないでしょうか。

状況別:付き合えなかった女性への未練が男性の心に残っている期間

友だち以上恋人未満な状態で付き合わなかったなら、未練はそこまで深くない

友だち以上恋人未満の男女関係ほど、もどかしいものはありませんよね。

どちらかの気持ちが、強く「恋愛」の方に傾けば、告白するなどして関係は発展するのかもしれませんが、なんとなく異性として意識するのも気恥ずかしくて、恋人未満な関係に満足してしまうこともあります。

そういう場合は、お互いに友だちのままでよし、と思って納得している部分がありますから、そこまで長く未練を引きずるということはないでしょう。

そういう二人って、ずいぶん時間が経ってから再会したとしても、結局は同じように友達でいる方が居心地がよくて、よっぽど何かきっかけがない限り、友達のままでいることも多いのではないでしょうか。

結局は、お互いを異性として見ることが自然にできないと、恋愛へ進展するのは難しいのです。

ですから、友達以上恋人未満の関係だった女性への未練の度合いとしては、そこまで根深くなく、もっと過去を懐かしむような、綺麗な思い出として思いだすような感じと言えるでしょう。

本当に好きだったのに、相手にされないままで終わった場合は、何年も未練が残る

本当に相手の女性のことを好きだったのに、自分の気持ちを受け入れてもらえず、相手にされないままで終わった場合、何年も未練が残る男性は多いです。

男性の性格によっては、逆恨みして、ストーカーっぽくなる人もいるほどです。

そこまでの恨みまでは持たなくても、男性って「この人!」と決めたらしつこいところがあるので、何年経っても、相手の女性のことをずっと好きでいるという人もいます。

学校を卒業してから同窓会で再会して、10年くらい経っているのに、学生時代に好きだった人にいまでも未練タラタラというのは、女性よりも圧倒的に男性に多いのではないでしょうか。

女性はその10年があれば、他にもたくさんの恋愛経験を積んでいることでしょう。

男性のたくましい妄想の中では、好きだった女性が美化されて、神格化されていることもあります。

ですから、現実に見た目などが大きく変化していれば、すぐに目が覚めることもあるでしょうが、相手の女性が、外見的にあまり変化がなければ、さらに気持ちを強めてしまう場合もあります。

とくに、モテないタイプの男性は、しつこく一人の女性を理想化して追い求めるところがありますから、そういうタイプの男性にロックオンされてしまうと、自分が相手を異性として見ることができなければ、精神的な苦痛を感じてしまう女性もいるでしょう。

その後他の女性ともうまく行かなかった場合は、ずっと未練が残ったまま

「いいな…」とずっと思っている女性がいたけど、付き合いには至らなかった場合でも、男性の方のその後の恋愛がうまく行けば、そこまで未練を引きずることはないでしょう。

男性も、色々な恋愛経験を通して、過去は過去と割り切るようになっていくはずです。

しかし、その後の恋愛が、ことごとくうまく行かず、そもそも女性に相手にされなかったりして、こじらせ男子になってしまうと、昔うまく行きかけた女性にいまだに激しい未練を持っている場合もあります。

唯一自分を受け入れてくれた人、受け入れてくれたかもしれない人として、今でもその女性のことを好きでいるような男性もいます。

その辺りは男性の方がずっとロマンチストでしつこいですし、楽しかった過去を向きがちなので、現実的なタイプが多い女性とは相容れない部分かもしれません。

たとえば、女性なら、過去にどんなに好きな人がいても、今はもう自分のそばにいないのであれば、過去は過去と割り切って、身近な恋を求めるでしょう。妄想の中での恋愛を現実とごっちゃにすることはありません。

しかし男性は、どんなに時と場所が離れていても、自分の気持ちにこだわる人も多いので、何年たっても、昔好きだった人に同じような思いを抱ける人もいます。

そういう意味では、彼らの心の中では、昔の恋人が生々しい存在として生きているからではないでしょうか。ちょっと怖い部分もありますよね。

男性に恋人がいたり結婚している場合は、今は美しい思い出として残っている場合も

男性に今付き合っている人がいたり、すでに結婚していて幸せな場合は、どんなに以前好きだった人でも、きちんと思い出として整理できていて、そこまで未練が深いということもないでしょう。

美しい過去の思い出としてときどき懐かしむ程度で済んでいることも多いのではないでしょうか。

ただ、実際に昔好きだった女性と再会してしまうと、話は別なのです。

同窓会などで久しぶりに会って、顔を見たとたん、心の奥にしまいこんで、整理がついていたと思っていた気持ちが溢れてきて、実際に浮気や不倫をしようとするタイプの男性もいます。

普段は変わらない日常の中で淡々と生活していても、昔好きだった人の顔を見て、声を聴いたら、「この人とあのとき付き合えていたらどうなっていたんだろう」と、人生に迷い立ち止まってしまうこともあるでしょう。

そして、昔果たせなかった思いを、今果たそうと、自分のパートナーを裏切ってしまうような男性もいます。

男性の心の中に残り続ける落とせなかった女性に対するイメージ

自分の運命の相手は、その女性だったとある意味神格化する

いつまでも男性の心の中に残っている女性って、やっぱりどうしても、実際よりも何割増しで美化されてしまっているんですよね。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

これって、男女逆でもそうじゃないですか?

自分の記憶の中ではイケメンで、性格も非の打ち所がない男性、になっていても、実際会ってみると、「え? この人誰?」状態におちいることってありますよね。

外見の変化ももちろんありますが、話してみると、結構自分の記憶が補正されていたんだな、と苦笑いしてしまう経験がある女性も多いのではないでしょうか。

そんな風に、自分で勝手に作り替えることもできる記憶は美しいものです。

それに、好きだった人にまつわるものって、悪い面は都合よく排除されたりするので、どうしても、現実とはかなり乖離した、ある意味神格された存在として、昔好きだった女性のイメージを持つ男性もいるでしょう。

そのイメージに心が支配されてしまうと、「俺の運命の相手は彼女しかいない」などと、強く思ってしまう男性もいると思います。

ただ、正直言って、そう思われる方もそこまで美化されてしまうと、迷惑じゃないでしょうか…。

やっぱり、本当に付き合って結婚するような相手って、自分のいい面だけではなく、悪い面も分かっていて、許し合えるような人でしょう。

なので、男女ともに、相手に対して行き過ぎた神格化や美化をしてしまうと、現実にはうまく行かないことの方が多いのではないでしょうか。

自分と付き合っていればもっと幸せになれたはずと考えてしまう

昔いい感じになった女性が、他の男性と付き合っていたり、既に結婚しているなどしていると、別に彼女が不幸なわけでもなんでもないのに、「俺と付き合っていれば、もっと幸せになれたのに…」なんて勝手に不幸にしたがる男性もいます。

付き合えなかった人への未練って、ひどくゆがんだ形で男性の心に残っている場合もあります。

例えば、その男性が社会的に成功して、お金もそれなりに稼いでいたりすると、「夫の稼ぎが悪くて彼女がかわいそう」などと、自分が好きだった女性の現在のパートナーに勝っている点だけで、マウントを取りたがるでしょう。

そういう未練って、すごく醜いですよね。

やはり、昔いい感じになった人であれば、その人の幸せを素直に願ってあげられるのって、大事なことだと思います。

相性がバツグンによく、幸せな家庭を築けたはず、と勝手に想像している

たとえ、付き合う直前までいい感じになったとしても、結局は付き合えなかった相手って、性格や二人の相性など、本当のところは分かりませんよね。

でも、未練を持っている男性にとっては、その女性とは絶対に相性がバツグンで、いい家庭を築けたはずとか、なんでも自分の都合がいいようにとらえてしまうでしょう。

現実には、そこまで深い関係にならなかったのですから、相手の本性も分かりませんし、二人が実際にうまくいったのかどうかも定かではありませんよね。

これが、実際に付き合ってみると、ケンカばかりして、嫌な思いをして別れていたなら、そもそも未練など残らず、心の中に残り続けることもなかったでしょう。

そういう意味では、「手に入らかったものほど、輝いて見える」というのはやっぱり真理なのでしょう。

いい感じだったのに付き合えなかった女性をもう一度手に入れたくなるタイミング

社会的ステータスを得て、自分に自信がつき、今なら言葉にできると思う時

男性って、下世話な話ですが、稼ぎがよくなったり、社会的な地位が上がったり、有名になったりすると、とたんに男としての自信を持ち始めますよね。

もちろんそれは、ステータスやお金だけで男の人をちやほやする女性や周りも悪いのですが…。

お金があり、ステータスが上がったことで、昔は告白するのも自分に自信がなくてできなかった女性に、再度アタックしたい、と考える男性もいるのではないでしょうか。

男性の稼ぎや社会的地位って、女性の外見の美しさに似ているところがありますよね。

女性は、自分が綺麗になったと自信がもてると、男性に積極的にアタックしてみよう!と言う気になりますが、男性にとっては、お金やステータスなのではないでしょうか。

(もちろん、容姿の変化がきっかけで、女性に積極的になる男性もいます。それは後ほどご紹介します。)

ただ、どちらも本当の意味では、その人の根本的な人間としての価値にはあまり関係がありません。

例えば、女性が、男性のお金が目当てで付き合ったとしても、心の愛と言う部分では全く満たされないこともあるでしょう。

男性が、女性の美や若さだけを求めて付き合っても、女性も歳を取り、外見の美だけが全てではなくなったら、また別の若い美しい女性を求めていくのであれば、むなしいだけですよね。

なので、自分がお金持ちになった、有名になったからと、強気になって言い寄ってくるような男性とは、きちんと相性を見極めた上でお付き合いした方がいいでしょう。

好きだった女性と再会したとき、記憶のまま変わらず綺麗なままだったとき

好きだった女性が、自分の記憶のまま、もしくはそれ以上に美しかったりすると、「やっぱり俺はこの人が好きだ!」という気持ちが盛り上がるでしょう。

同窓会などで再会したのをきっかけに、また恋愛感情がぶり返すという男性も多いのではないでしょうか。

そのとき、あまりにも相手女性の容姿に変化があると、百年の恋も冷めるということはあるでしょう。

しかし、想像していた以上に、相手の女性が綺麗だったりすると、やっぱりこの人が自分の運命の人なんじゃないか、と考える男性も多いでしょう。
ただ、それも男性が独り身の場合です。

もし、男性がすでに結婚している場合や、恋人がいる場合は、いくら気持ちの上で盛り上がったところで、過去は過去と割り切ることができなければ、不倫や三角関係などの泥沼に女性が引きずり込まれることもあります。

ですから、男性の一方的な気持ちの盛り上がりに簡単にほだされないようにしましょう。

もちろん、男性も女性も双方ともに独身でフリーなのであれば、問題は全くありません。久しぶりに再会し、とんとん拍子でうまくいって結婚するパターンも多くありますよね。

なので、同窓会などがあるときは、事前に自分磨きに精を出すのもいいのではないでしょうか。

人生がうまく行っておらず、救いを求めるような気持ちのとき

男性側に、人生に落ち込むようなことがあり、そんな中で昔好きだった人に救いを求めるような気持ちで、もう一度アプローチしたくなることもあるでしょう。

恋愛に逃げているとも言えなくはないですが、辛い時に過去の幸せな時間を思い出すことって誰にでもありますよね。

昔好きだった女性と付き合えれば、人生が好転すると思ってしまうこともあるでしょう。

ただ、そんな風に、昔好きだった人への思いを遂げられれば、全てがうまくいくことはありませんし、逃げるような形で愛を求められる方の女性も困ってしまうだけですよね。

本当に再会したいと思っているなら、現状に悲観して逃げるような形ではない方が、お互いにとってもいいのではないでしょうか。

容姿的な部分で、自分に自信を持つようになったとき

たとえば、昔、男性が太っていたり、逆にガリガリで容姿に自信が持てなかったのが、体を鍛えてスマートになったり、筋肉がついて男らしい体になったことで、女性からモテるようになり、自信がつく人もいます。

お金やステータスと同様に、自分の見た目も男性の自信に大きく作用しますから、もともと見た目にコンプレックスがあった男性は、イメチェンができると、ようやく好きな人にアプローチする勇気が持てた、ということもあるでしょう。

久しぶりに会った時にがっかりするような外見になっていることもあれば、驚くほどカッコよくなっていることもありますよね。それはある意味、その彼の努力のたまものと言えるのではないでしょうか。

すれ違いで付き合えなかった男性にもう連絡しないほうが良いケース

周囲から、「彼は変わってしまった」といい噂を聞かない時

何年も会わないでいる男性が、昔のままとは限りません。

色々な経験を通して、多少なりとも変わるのが普通ですし、自分を振り返ってみても、彼と会わなくなってから、変化した部分はあるのではないでしょうか。

見た目はもちろん歳を取れば変わっていきますが、何よりも中身が変わってしまうことって、こちらもショックが大きいです。二人が会わない間に何を経験したかによっては、180度性格が変わってしまうこともあります。

たとえば、学生時代は、とても紳士的で優しかった男の人が、久し振りに会ったら、皮肉屋でいじけた人間になっていたということもあるのです。

会わなかった間に、様々な辛い思いをして、ひねくれてしまったり、人を騙すことを平気と思うような人に変わってしまうということは、残念ながらあるのです。久しぶりに会った同級生を詐欺で騙す話などもよく聞きますよね。

なので、いつまでも昔のままの彼でいるとは思わない方がいいこともあります。特に、周囲の噂から、いい話を聞かないときなどは、再会しない方がいいでしょう。

会ったことで、昔の楽しかった思い出を、以前のように思いだせなくなってしまうこともあります。思い出は、思い出のままだから美しいのです。

自分が今の恋人や夫と別れたいからという理由で彼に会いたいという場合

今、あなたに付き合っている人や夫がいて、そのパートナーと別れたいと思っているなら、そんな気持ちのときに、昔いい感じだった男性に会おうとはしない方がいいでしょう。

そんな形で昔いい感じだった人を頼っても、いい結果にはなりません。

今の生活が不満なら、きちんとそちらに片を付けてから、彼に会いに行けばいいのではないでしょうか。

先ほど逆のパターンもご紹介しましたが、彼が現実から逃げるように自分に救いを求めてきても、それは愛情ではないですよね。二人がうまく行くとはとても考えられません。

なので、あなたがもし、今の生活がイヤでたまらないから、昔好きだった人に会って現状を変えたいと思っているなら、彼には会わない方が彼のためでもあります。

イヤだ、逃げたいと感じていることの、根本的な原因が取り除かれない限り、幸せにはなれません。自分を幸せにできないなら、再会した彼を幸せにすることもできませんよね。

なので、昔のいい思い出を汚さないよう、まずは自分の人生に向き合いましょう。会うのはそれからでも遅くないのではないでしょうか。

相手の男性に既に家庭があったり、付き合っている女性がいる場合

どんなに昔を懐かしむ気持ちになっても、相手に既にパートナーがいるなら、ちょっかいをかけるのはご法度。

この世に男性は彼だけではないということをもう一度よく思いだしてください。

楽しかった二人の思い出が胸に蘇るたびに、「やっぱり彼と付き合っていたらよかった…」と思うのは全然悪いことではありません。

しかし、相手にはもう奥さんや子供がいたり、付き合っている女性がいるのを分かっていて、会いに行きたいと望むのはやりすぎです。

今は昔好きだった人のことで心がいっぱいで、視野が狭くなっているのかもしれません。でも、あの頃付き合えなかったのには理由があったはずです。
その理由を思いだしてみましょう。

さらに、縁がなかったのも事実ではないでしょうか。
縁があれば、結ばれていたはずです。

そう考えれば、相手のことはきっぱり諦めて、別の男性との出会いを求めていった方がずっと建設的でしょう。

男性の未練に引っ張られすぎないこと。過去はいつでも現在より美しいものです

うまく行きかけた女性とのことを引きずる男性も多いと思います。

特に、その後、女性との縁に恵まれなかった男性にとっては、一時うまく行きかけた女性のことは、いつも胸にあり、「あの時付き合っていればなあ…」と未練を持ってしまうこともあるでしょう。

しかし、です。

本当にあと一押しで付き合えるような関係だったとしたら、相手に対する本気の気持ちがあれば、ためらう気持ち以上に、つきうごかされるように行動を起こしたのではないでしょうか。

やはりどこかで、行動に起こすのをためらう気持ちがあったとしたら、それはそこまで本気の気持ちではなかった、ということも言えるのではないでしょうか。

本当に相手のことが好きで、絶対に手離したくないと思っていたなら、どんなにみっともないと思われようが、相手からフラれるリスクがあると思おうが、気持ちは伝えたはずです。

それをしなかったのは、その時の気持ちがそこまでの気持ちではなかったから、とも言えるのです。

それを、時間が経ったことで、思い出や相手のことを美化してしまい、自分の当時の気持ちも見誤っているに過ぎない、ということもあります。

なので、昔いい感じだった男性と再会することになったとしても、相手は思い出の中のあなたに未練があるだけかもしれません。そして、その思い出のあなたは、現実のあなたとはずいぶん乖離してしまっていることもあります。

勝手に期待され、実際に会ったら勝手にガッカリされるなんて、こちらからすれば、迷惑なだけですよね。それを考えると、あまり再会というものに期待を持ちすぎるのは、男女ともにNGではないでしょうか。

昔の思い出に浸りたいときって、誰にでもありますし、特に今のパートナーとうまく行っていなかったり、思うような恋愛ができていないときに、昔好きだった人にすがりたくなることってありますよね。

ただ、現実から逃げるために昔いい感じだった人を求めるのは、筋違いというもの。
逃げたいような原因をきちんと見極め、その問題を解決しない限り、どんな人と付き合ってもうまくいくはずはありません。

昔の思い出は誰にとっても美しいもの。ただ、それを再会という形で現実にしてしまえば、夢は冷めます。

そのリスクをおかしてでも、それでも相手に会いたいと思うなら、お互いがフリーであるなら、いいと思います。

ただ、どちらかにパートナーがいる場合は、相手の生活を壊す恐れもあることは覚えておきましょう。そこまでして、一人の男性や女性にこだわらなくても、広い世界には沢山いろんな人がいるのです。

自分が昔好きだった人のことばかり考えてしまうときは、少し広い視野を持って、一度気持ちを切り替えてみてください。昔のことにやけにこだわってしまう理由は、案外別のところにあることに気づけるかもしれません。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事