ほっといて欲しい時の彼氏の心理&対処法。しばらく放置するべき期間や精神的に疲れた男性が彼女に望んでいる事
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「ほっといて欲しい時の彼氏の本心を知りたい」「一人でいたい時には私に何を望んでいるのかな」と彼女や妻として相手の心理が気になるあなた。

「ほっといて欲しい」と言われると、どう対応すればいいのか分からず不安になるものです。

「このまま別れてしまうのかな」「余計な事をしてしまったらどうしよう」「どのくらい放置すればいいのかな」などの心配は、男性心理や対処法を知ることで解消でき、関係を安定して維持させることが出来ます。

時々しばらく一人になりたくなる男性について、詳しくご紹介するので、無言のうちに望まれていることを、自発的に行動できる女性になりましょう。

彼氏や旦那が「ほっといて」と言っただけなのに、気持ちを汲み取って対応できるようになることで、今まで感じていた不安を抱くことなく、これからもずっと安心して傍にいられるようになりますよ。

目次

時々しばらく1人になりたくなる男性の性格

悩みやストレスを人に相談しないタイプ

時々しばらく1人になりたくなる男性の性格は、悩みやストレスを人に相談しないというもの。

女性は、自分の考えを親しい人に話、正しいか間違っているのか反応を見て、正解かどうかを導き出そうします。

一方で男性は、自分一人で最初から最後まで考えを完結させる人が多く、中でもひとりになりたがるタイプの人は、全く周囲に思考や価値観を話すことがありません。

悩みやストレスなど、社会の中で抱える問題も、他者には関係の無いものとして切り離して考えるため、相談することなく、自分の心の中で気持ちを切り替えたり、妥協点を見つけたりして、乗り越えます。

近くにいる彼女や妻からすれば、「相談して欲しい」と思うところですが、このタイプの男性は、相談する事に意味はないと考えているので、信頼の度合とは違う話。

自分の世界に巻き起こっている事を、他人に伝えたところで解決出来るものではないと考えているからです。

悩みやストレスを全て一人で抱え、自分の中でスッキリするまでは1人で過ごしたいと考えます。

がむしゃらに頑張る時と急激に何もできなくなる時の落差が大きい

時々しばらく1人になりたくなる男性の性格は、がむしゃらに頑張る時と急激に何もできなくなる時の落差が大きいというものがあります。

好きな事ややらなければいけないと責任感を強く持っている時に、集中力を高め、他の事に全く目を向けることが出来なくなる人。

これを過集中と呼びますが、一つのことに熱中するあまり、他の事とのバランスをとれなくなる人がいます。

そして、がむしゃらに夢中になり、全神経を注いだ結果、体力を出し尽くし、神経をすり減らし、一気に気力が落ちてしまうのです。

この時、まるで廃人のように何もできなくなり、無気力な状態に陥ります。

何も考えられない状態では、どれだけ親しい人でも近くにいて欲しくないと考えるところです。

過集中と無気力を繰り返す事は、本人にとっても生きづらいと感じる部分が多くありますが、実際力加減をコントロールする事が難しいと感じている人が多いのも事実。

どの程度の加減で努力すればいいものなのか、人との距離感はどのくらいが適度なのか、分かりにくい人なのです。

発達障害の人やグレーゾーンの人に多く見受けられ、日常のパワーバランスが分からないと感じます。

誰にも理解されなくてもいいと思っている趣味がある

時々しばらく1人になりたくなる男性の性格は、誰にも理解されなくてもいいと思っている趣味があるというもの。

趣味の領域に他人が口出しをすべきではありませんが、好きな事に熱中している時は、好きな人さえも邪魔者だと感じてしまう事があります。

アウトドアや大勢で楽しめる趣味なら、人との関わりありきのものですが、漫画やアニメ、フィギュアやゲームなど、1人で世界に入り込むタイプのものなら、外界とのつながりを完全に断ち切りたいと願うものです。

自分の趣味に関して、他人に指図されたりジャッジされることを嫌い、誰にも理解されなくてもいいと考えています。

自分の世界を大事にしているため、どれだけ忙しくても欠かせない時間。

精神面が荒れている時や不安を抱えている時など時々1人になり、心を整えるためにも趣味の時間を確保します。

彼女から「何が楽しいの」「私より趣味の方が大事なの」と言われることが何よりも嫌です。

人が多いところが苦手で疲れがたまると社会をシャットアウトしたくなる

時々しばらく1人になりたくなる男性の性格は、人が多いところが苦手で、疲れがたまると社会をシャットアウトしたくなるというもの。

大人になると、いくら人付き合いが苦手でも、仕事や付き合いで、全く親しくない人ともお酒を飲みに行ったり、接待で太鼓持ちをしなければいけなかったりと、苦痛の時間を強いられます。

人が多いところが苦手な人にとっては、数人集まるだけでもストレスを感じるところです。

本当は一人きりで過ごしたいと思っても、我慢しなければいけない時間を積み重ねるほど、疲れが溜まります。

社交的な人が1日中あちこち動き回って感じる肉体的疲労とは、全く別種類の疲れであるため、共感する事は難しいものです。

疲れがピークに到達し「これ以上人と関わりたくない」とボーダーラインを振り切れた時、1人になりたくなります。

この世に自分以外誰もいないと感じられるような、個室空間に閉じこもり、人との会話を避けて過ごすわけです。

自分の意見をまとめる時には集中したい

時々しばらく1人になりたくなる男性の性格は、自分の意見をまとめる時には集中したいというもの。

家の中にいても会社にいても、外にいても、何かしらの音が入ってきます。

音を完全にシャットダウンする事は難しいものですが、人の会話は特に言葉を理解出来る分脳内をかき乱す要因となるのです。

普段生活している時には、音に対してそこまで過敏になる事はないのですが、何か考え事をしている時や、仕事で大事なプレゼンをする前など、頭の中を整理するために静かな空間を求めます。

誰かにアドバイスを求めるわけでもなく、1人で集中するために、無音の環境を好むのは、周囲に自分と同じ考えと思えるほど、思考が似ている人がいないと考えていたり、納得できるだけの意見をもらえるような、心を許している人が少なかったりするわけです。

音に関して感覚過敏な部分もあるので、1人きりで静かな状況でなければ、考え事がまとまらないという性質を持っています。

「今日は考え事をしたい」「うるさい場所にいたくない」という時には、誰とも話さないように壁を作るのです。

構われたくない!ほっといて欲しい時の彼氏の心理

わざわざ伝えなくても様子から察して欲しい

ほっといて欲しい時の彼氏の心理は、わざわざ伝えなくても様子から察して欲しいというもの。

男性は、自分の状況をいちいち丁寧に説明する人は、ほぼいません。

女性のように、感情と共に「今日、こんなことがあって、こんな気持ちになっているから、放っておいて欲しい」など順を追って自分の説明をする事が苦手なのです。

何も言わずに機嫌が悪いように見えたり、「放っておいて」「構わないで」と一言ぶっきらぼうに伝えてくるときには、わざわざ「なぜ」「どうして」という事を知らせなくても、様子を見て臨機応変に対応して欲しいというのが本音。

そのため、構ってほしくないのに矢継ぎ早に話しかけられたり、男性の心境お構いなしにイチャイチャし始めたりすると、気持ちを理解されないことに腹が立ってしまいます。

「いちいち全部説明しないといけないのか」「様子を見て察しろよ」と思っても、ケンカをして相手とこれ以上長く関わることもしたくないので、言葉を飲み込むのです。

彼女に構う気力がない

ほっといて欲しい時の彼氏の心理は、彼女に構う気力がないというもの。

疲れやストレス、悩みや集中したいときなど、男性が放って欲しい時には何かしらの理由があります。

ただ、彼の心の中にある明確な理由を伝えることすらも、今のカレにとっては疲れる事。

無気力な状態の時、彼女と関わる事さえも気を遣うから嫌だと感じています。

女性のご機嫌取りは、男性にとって実はかなり気力がいる事です。

神経が磨り減ると感じる人もいます。

構ってほしくないと考えている時は、好きな女性ですら「話したくない」「傍にいたくない」と思っていて、彼女が近くにいても「ジェントルマンな行動がとれない」と考えているのです。

彼女と一緒にいれば、優しく気づかいをしなければいけないし、情けない姿は見せたくない、緊張感を持っていなければ普段の自分を保つことが難しいから。

男の人は、いつでも好きな人の前ではいい格好をしておきたいと願望を持っているので、1人にして欲しい時には、そこまで気を配れないという事を理解しましょう。

声を出したり誰かとやり取りする事さえ面倒

ほっといて欲しい時の彼氏の心理は、声を出したり誰かとやり取りしたりする事さえ面倒だというもの。

元気な時には、何をするにも気にならない事でも、心が疲れている時や集中力を高めたいと思っている時には、普段何気なくしている事さえも煩わしく感じます。

風邪を引いている時に、焼き肉を食べられない、徹夜で仕事をして疲れた後にバーベキューをする元気が無いように、気力が弱っている時に活力ある行動をするのは、非常に難しい事なのです。

声を発する動作さえも、極限まで疲れている時には出来なくなります。

話しかけられて、頷いたり応対したりも、労力を使うので避けたい事。

他人と話したくない、1人になりたいと考えている場面では、会話もやりとりも全てを放棄します。

そもそも、頭の中は思考回路も停止している無の状態なので、話しかけたとしてもまともな応答は得られないはずです。

面倒だという思いに駆られていると、応対も雑になるので、普段優しい男性さえもとても意地悪になったように見えます。

今は一人にして欲しいけど都合よく関わりを持ちたい

ほっといて欲しい時の彼氏の心理は、今は一人にして欲しいけど、都合よく関わりを持ちたいというもの。

人の心の中は、目に見えるものではないので、他人がすぐに判断できるものではありません。

誰もが自己中心的な考えを持っていて、寂しい時には誰かに寄り添って欲しかったり、熱中したいときには1人にして欲しいと願ったりするもの。

今は放置して欲しいと願っていても、丁度いいタイミングでいつものペースを取り戻せるようサポートして欲しいとも考えています。

「明日の朝になったら話しかけてくれないかな」「こっちからお願いするのは嫌だけど、部屋の外に食べ物だけ用意しておいてくれないかな」と勝手に都合よく願望を持っているのです。

声に出して伝えていないので、当然相手に伝わる事はありませんが、考えている事を察してくれない事で、また勝手に腹が立ったり、辛くなったりします。

自分発信はしないのに、「都合よく身の回りが動けばいいのに」とワガママな思考に陥っているところです。

自分の時間を大事にしているだけだから好き勝手言われるのは迷惑

ほっといて欲しい時の彼氏の心理は、自分の時間を大事にしているだけだから好き勝手言われるのは止めて欲しいというもの。

会話を避けて殻に閉じこもりたい時、1人きりの空間にこもりたいとき、男性はただ単純に自分の時間を満喫しているだけなのです。

周りから見ると、とても不機嫌で横柄な態度に見えるかも知れませんが、いざ空間の中にいるカレを観察すれば、とてもウキウキした状態を過ごしている事も少なくありません。

彼にとって、誰ともかかわらない時間を作る事は、自己管理の一つであり、重要なポジションを維持しているルーティンです。

欠かせないことをしているだけなのに、「また部屋にこもった」「ワガママ過ぎると思う」「不機嫌な態度取られても気分が悪い」など、周りの人からすれば不満の要因になります。

それらの言葉は、本人に届いていて、気持ちのすれ違いが生まれている事が分かるところです。

しかし、今は誰とも関わらない時間。

わざわざ大事な時間を割いてまで、自分を正当化する言い訳を伝えるのも面倒だと感じます。

精神的に疲れた男性が彼女や奥さんに望んでいる事

勝手に周囲の人にもそっとしておくように伝えて欲しい

精神的に疲れた男性が彼女や奥さんに望んでいる事は、勝手に周囲の人にもそっとしておくように伝えて欲しいというもの。

精神的に疲れている時には、親しい人にはまだ弱っている自分を見せられても、多くの人にまで気を遣える状態ではありません。

彼女の友達や親など、気を遣わなければいけない人と関わらなければいけない場面は、本当に苦痛です。

例えば所帯を持つ既婚男性なら、妻には自分の心境を伝えられるけど、子供の相手をする気力まではない状態。

そんな時には、奥さんから子供たちに「今日はパパをそっとしてあげようね」「静かに遊ぼうね」など声をかけて欲しいと願っています。

交際中であれば、二人並んで歩いている時に友達から声を掛けられれば、彼女が代わりに返答をして「カレはちょっと体調が優れないから、ごめんね」と断りを入れてくれれば、本人がしゃべらなくても済むのです。

信頼している彼女や妻だからこそ、自分の状態を理解して気を利かせて周りの人を遠ざけて欲しいと願っています。

何も聞かずに見守っていて欲しい

精神的に疲れた男性が彼女や奥さんに望んでいる事は、何も聞かずに見守っていてほしいというもの。

いくら好きな女性でも、弱っている時に根掘り葉掘り聞くのは、無神経な行為です。

何も話してくれなければ、恋人や夫婦としては不安になったり心配になったりするものですが、本人の気持ちを第一優先に考えて、そっと見守っていてほしいと願っています。

大切な人だからこそ、理解したいと思うのは当然の心境です。

女性は「カレの悩みを少しでも分かち合いたい」「話せばすっきりするはず」と考えて、質問をしたい気持ちになるものですが、男性は話しても解決策が見つからなければスッキリできない生き物。

共感されるだけでは、弱った心は回復しないのです。

男性は、心が弱っている時、大好きな人が近くにいてくれるだけで安心感を得られます。

「自分がこんな状態でも、傍にいてくれる」と思う事が信頼につながるわけです。

彼女が心配していることを知りながらも、何も話さない事を申し訳ないと思いつつ、そっと見守って欲しいと願っています。

一人でいたい時期が訪れる人だと理解して受け入れて欲しい

精神的に疲れた男性が彼女や奥さんに望んでいる事は、1人で痛い時期が訪れる人だと理解して受け入れて欲しいというもの。

男性は、自分の思考の癖や行動パターンを個性だと捉えて欲しいと考えています。

女性は、何か出来事があったから落ち込んでいる、原因を取り除けば悲しみを抱える事はないと考えがちですが、誰にでもバイオリズムはあるもので、パターンもあるもの。

毎回何か落ち込む事があったとしても、彼にとっては1人になる事が回復するための早道だと理解しています。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

「参っている時には、ひとりになりたがるタイプだと覚えて欲しい」「時々こんな時期が訪れる人だと割り切って欲しい」と願っているのです。

精神的に疲れて放っておいて欲しいと願っている時に、毎回心配をされたり、何かできないか聞かれたりするのは、正直面倒だと感じています。

個性として認めてくれれば、「あの時期に入ったから、そっとしておこう」と対処法を確立させられ、彼女にとっても気が楽になるはずです。

自分の事で、好きな人にまで迷惑を掛けたくないと考えています。

彼女や奥さんの友達との付き合いを強制しないで欲しい

精神的に疲れた男性が彼女や奥さんに望んでいる事は、彼女や奥さんの友達との付き合いを強制しないで欲しいというもの。

男性の心理面が「誰とも話したくない」「本当に疲れた」となっている時には、大切な人には心中を察して欲しいと思っています。

しかし、女性は人間関係を構築する中で、彼氏や夫を自分の付き合いに巻き込む事があるのです。

「友達が彼氏に会わせてっていうから、今度の日曜一緒に来て」「ママ友と家族みんなで遊びに行くから予定を空けておいてね」と一方的に要望を押し付ける事も。

彼の事を良く知っているなら、今がどんな心境で他人と関わりたくないと思っている時期か分かるはずなのに、平然と他者と共有する時間を強制してきます。

これには、怒る気力もわいてきませんが、当然乗り気でない事も、分かって欲しい所。

「前から決まっている事だからキャンセルできないよ」と言われても、メンタル面が追いつきません。

付き合いを大事にするのは理解できるけど、「今じゃなくてもいいのでは」「俺も大切にされたい」と思っていても言葉に出さずに飲み込んでいます。

ボディタッチで癒してほしい

精神的に疲れた男性が彼女や奥さんに望んでいる事は、ボディタッチで癒してほしいというもの。

これは、セックスをしたいという願望とはまた違います。

女性も、「疲れている時に抱きしめてくれるだけで、幸せになれる」と感じる人がいるのと同じように、男性もまた好きな人が触れているだけで心が満たされるのです。

体の触れ合いは、ヒーリング効果があります。

昔からお手当という言葉があるように、手から発せられるエネルギーは、傷付いた心や無理が祟った肉体を癒していく働きがあるもの。

エネルギーはプラスからマイナスの方に流れていき、バランスを調和していきます。

好きな人の手から伝わる温もりは、精神的に弱っているカレの全ての部分を癒し、整えていくわけです。

とても穏やかな時間であり、至福のひと時。

会話をしなくても、触れ合っているだけで心が回復していくのを感じられます。

彼氏や旦那に「ほっといて」と言われた時に放置すべき期間

喧嘩がきっかけなら24時間

彼氏や旦那に「ほっといて」と言われた時に、放置すべき期間は、ケンカがきっかけなら24時間。

些細な事がきっかけでケンカになる事も、良くある話です。

感情的になりやすい女性に対し、理論的に相手に納得してもらおうとする男性の間には、どうしても温度差が生まれます。

女性の主張が強すぎるカップルでも、内心男性は様々な事を考えているはずです。

どう結論付けるか、折り合い点はないか、妥協部分はどこか、二人のためになる結末は何か、多面的に考えることが出来るため、男性の思考回路はパンク状態。

それなのに、女性は畳みかけるように言葉を続けます。

最終的に彼の口から出てきた「ほっといて」というのは、考えがまとまらなかったサインです。

クールダウンのために、1人になる必要があると判断したという事。

彼なりの結論を出したり、まとまらなくてもヒートアップした思考回路を冷やしたりするには、24時間程度必要です。

あまり長引いてもぎくしゃくしてしまうので、ここは丸1日無視してから謝るか、再度話し合いをするなど、コンタクトを取りましょう。

仕事から帰ってすぐなら次の日の朝まで

彼氏や旦那に「ほっといて」と言われた時に、ほっておくべき期間は、仕事から帰ってすぐなら次の日の朝までです。

男性は、社会に出れば様々なモノと戦っています。

営業成績や取引先との心理戦、上司と円滑に働くための技術磨き、自分との闘いなど。

理不尽な怒られ方をすることもあるし、自分が悪くもないのに罪をかぶらなければいけない時もあります。

彼女や妻と関係ない部分で機嫌が悪くなり、「ほっといて」と言われた場合には、「私には関係ない」と完全に割り切ってとりあえず放置しましょう。

関係ないからと言って、自分の用事を押し付けたり、いつもと同じように話しかけるばかりでは、カレの気持ちを無視している事と同じ。

好きな人の気持ちを尊重するためにも、一旦は放置するのです。

そして、次の日の朝、何事も無かったかのようにお見送りをしたり、弁当を渡したり、デートの約束を伝えるなどの日常を提供する事で、「仕事と大切な人との時間は別物だ」「彼女のためにも今日も頑張るか」と気持ちを切り替えるきっかけになります。

ストレスを感じている様子なら3日間

彼氏や旦那に「ほっといて」と言われた時に、放置すべき期間は、ストレスを感じている様子なら3日間です。

男性がストレスを受けているかどうかは、一見しても非常にわかりづらいもの。

社会的に感情をストレートに出すことはご法度な世界で生きているため、表の顔を作ることが上手だからです。

懸命に表の顔を作っていても、ストレスは徐々に心を蝕みます。

心が疲れ切って「ほっといて」と言い始めた時には、仮面を作る気力すらなくなったという事です。

他人がとやかく出来る範囲を超えてしまっているので、まずは話しが出来る状態まで自己回復してもらう必要があります。

長いと感じるかも知れませんが、まずは3日は何も触れずにそっとしておきましょう。

カレの気持ちの切り替えが出来るのを、ひたすら待ちます。

3日待っても、何も変化が無いようなら気分転換を提案しましょう。

強引にあれこれポジティブな言葉を投げかけたり、普段と同じ日常を過ごさせようとしても苦しみが広がるばかりですが、のんびりできる場所に二人でいるだけで気分転換になることもあります。

温泉旅行に出かけたり、景色のいい所にドライブをして、何も聞かずにただ自然に身を任せるなどの行為は、心を切り替えやすくなる行動なので、実践してみましょう。

趣味に没頭する時間なら相手から話しかけられるまで

彼氏や旦那に「ほっといて」と言われた時に、放置すべき期間は、趣味に没頭する時間なら、相手から話しかけられるまでです。

男性はしたいことがある時に邪魔されることが、とにかく腹の立つことの一つ。

プラモデルが趣味の人なら、一つの作品が完成するまでは一歩も部屋を出たくないという人もいます。

パズルやゲームなども、自分の中で区切りのいいタイミングと言うのがあり、他人から取り上げられると、怒りがこみ上げるところです。

趣味の時間は、単に楽しんでいるだけに見えますが、実は楽しみに集中する事で、ストレス軽減や思考回路の回復、気力の向上など様々ないい面があります。

女性は無趣味の人も多いので、分かりにくいと感じる人も多いですが、趣味を持つ男性からその時間を奪うのは酷な事です。

カレの方から話しかけられるまで、1人の世界を楽しませてあげましょう。

機嫌が悪いだけならなるべくそっとしておくだけで深く気にしない

彼氏や旦那に「ほっといて」と言われた時に、放置すべき期間は、機嫌が悪いだけならなるべくそっとしておくだけで深く気にしない事です。

男性が1人になりたいオーラを醸し出している時、全てに対応しなければいけない訳ではありません。

単純に機嫌が悪いだけなら、あなたが気を利かせて話しかけないのは、ワガママを助長させることに繋がります。

二人でいる時は、お互いの人生の時間を割いている訳です。

一緒にいる人の気持ちも考えなければ、カレは人として成長できないことになります。

「パチンコに負けた」「上司に怒られた」「帰り道に、全部の信号に引っかかった」などただ機嫌が悪くなっているだけなら、全くあなたが気にする必要はありません。

火に油を注ぐ様な行為さえしなければ、自然に接して大丈夫です。

あまり気負い過ぎず、必要な事は話しかけ、急がない話題は後回しにするなどして、微調整しましょう。

彼氏を放っておく間の不安や心配な気持ちを軽くする方法

嫌いになったわけではないと信用する

彼氏をそっとしておく間の不安や心配な気持ちを緩和する方法は、嫌いになったわけではないと、相手の気持ちを信用することです。

「今は話しかけないで」「そっとして欲しい」と言われたら、内緒事を作られたような気分になり、時には拒絶されたような絶望を感じることもあります。

けれど、カレの心理には全くそんなことはありません。

心が傷ついた絶望をありのままにぶつけてしまえば、彼があなたの事を愛しているという気持ちすら信用していないことになります。

向こうにとっては「このくらいのワガママは受け入れてくれるだろう」と考えているから、あなたに距離をとってもらえるようお願いをしているのです。

メンタルが落ちている彼に、これ以上悩みを増やしては本当に破局になってしまいます。

「1人になるのは、またいつもみたいに笑顔で傍にいられるように回復するためだ」と理解し、受け入れましょう。

嫌いになられたわけではないので、責めてしまうのはお門違い。

不安をぶつける事も、彼にとっては責められているのと同じ意味なので、我慢しましょう。

一人の時間を奪うのは失礼だと考える

恋人が「構わないで」と言ってきたときの心のもやもやを軽くする方法は、1人の時間を奪うのは失礼だと考える事です。

恋人同士でも、永遠の愛を誓った夫婦でも、元はと言えば他人。

そもそも人間は親でも兄弟でも、全ての人格は別物であり、それぞれの人生を全うするために生まれています。

どれだけ深く理解しあって愛し合っているからと言って、個人の自由を奪うことは出来ません。

「ほっといて」と言われたなら、あまり公にしたくないであろう意思を伝えてくれた嬉しい事。

1人の時間を欲しているなら、望み通りにしてあげましょう。

「私と一緒にいるのに、1人になるって私に失礼」と思うのは間違いです。

1人の時間を欲している人に対して、拒絶するという事は、人格否定にも匹敵する失礼な事。

大切な人が望む事なら、喜んで受け入れましょう。

あの人は、あなたの寛容な姿を期待しています。

望んだことを受け入れることで、二人の愛はさらに深まるはずです。

戻ってきたときの居場所が心地いいようにキープする

孤立してしまいそうな恋人が離れてしまわないか心配な気持ちを和らげる方法は、戻ってきたときの居場所が心地いいようにキープするというもの。

別々に暮らしているカップルなら、いつあの人が気持ちを回復させ、また会ってくれるようになるのか、すぐに確かめることは出来ません。

しかし、いつでも戻って来られるようにしておくのが、居心地のいい彼女。

いつも笑顔でいる、安定した日常を継続して送っている、などは彼にとっても安心できる要素です。

また一緒に暮らしている同棲カップルや夫婦も、いつもと同じを維持する事は大事な事。

部屋をきれいにして空間を心地よくする、リラックスできる音楽を掛けながら料理をしている、返事がなくてもいつものように「おはよう」「行ってきます」「ただいま」「おやすみ」などの挨拶は声をかける、などを継続します。

精神的に疲れているカレも、いつでも戻れるホッとする空間があれば、回復も早いはずです。

また、いつもの日常に戻る事に恐怖を感じないよう、いつでも温かい笑顔でカレを迎えましょう。

彼の意識が自分に向いた時の為に少しいい女になっておく

彼氏を放っておく間の不安や心配な気持ちを軽くする方法は、カレの意識があなたに向いた時のために、少しいい女になっておくというもの。

あの人の脳内は無の状態になっていたり、自分の内側に向かっていたりします。

どれだけ近くにいても、どんなに心配しても、彼の目にあなたの姿はほとんど移っていないといえるはずです。

だからと言って、悲観する事はありません。

近くにいるのに見えていないという事は、ギャップを生み出すチャンスです。

構わないで欲しいと願う人の思考があなたから反れているうちに、いい女になって驚かせましょう。

言葉遣いや姿勢、いつもと違う服装が似合うようメイクやファッションについて勉強したり、将来の可能性を広げるために資格取得を目指したり。

あなたが他の事に向かって夢中になる事で、好きな彼の心配もほぼしなくて済むのです。

不安になる暇もなくあっという間に時間が経過し、彼自身の気持ちの整理がついてまたあなたの事を改めてみた時、女度がぐっと高まっている姿を目にします。

驚きと同時に、あなたを放置してしまっていた後悔を抱くはず。

二人の絆はさらに深まり、あなた自身も女性としての魅力を高められるベストな方法です。

彼の気持ちを尊重することで愛が育まれると心を満たす

彼氏を放っておく間の不安や心配な気持ちを軽くする方法は、彼の気持ちを尊重する事で愛が育まれると考え、心を満たすことです。

男性と女性は脳の作りが違うとよく言われますが、普段の生活の中ではなかなか実感しにくい部分。

確実に言えるのは、あなたと彼は同じ人間ではないという事です。

大好きな人だからこそ、あの人の気持ちを尊重する事を第一優先に考えましょう。

不安になるのは、「このまま私の事を見てくれなくなるのではないかな」「1人になりたいって本当は離れたいって事かな」と愛されている自信がなくなるからです。

愛するという事は、相手の幸せを願う事。

もちろん愛されたいと願う事も大切ですが、彼の心が不健康な状態で愛されて、あなたは満足できるかと言うと、そうではないはずです。

健康な心の状態で、しっかりと意思を持って愛されていると伝えてくれることに意味があります。

「ほっといて」と願っているなら、今そうしてもらう事があの人にとって安心できるという事を意味しているのです。

安心できる時間と場所を確保してあげるのも、愛のご奉仕。

二人の愛を育むために、とても大事な時間を積み重ねていると考え、心を満たしましょう。

望みを叶えることが彼女に出来る事

「ほっといて欲しい」時というのは誰にでもあるもの。

彼氏に言われると、愛に対する不安や恐怖が生まれ、途端にどう対処していいのか分からなくなります。

ベストなのは、好きな人の希望を叶える事です。

気持ちを理解し、寄り添い、望むことを提供する事が、彼女や妻にとって出来る事であり、二人の愛を育む土台にもなります。

彼の心の健康のためにも、1人になりたがる気持ちも含めて受け止めましょう。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事