恋愛で嫌われるのが怖い…彼に嫌われないか不安を感じる女性の心理状態&恋人に嫌われるのを恐れない心の育て方
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

恋愛をする時に嫌われるのが怖いと感じる女性には、対人関係や好きな人と関わる時の心理状態に共通点があるものです。

過去の経験や考え方が原因で、いつも「嫌われないかな」と不安になるから、恋愛が上手くいかないと悩んでいたり、彼氏に対して恐れてしまうのは自分だけなのか気になっていたりするあなたは、この記事を読み進める事で、不必要に恐れない心を育てる事が出来ます。

女性が、好きな人から嫌われるのが怖いと感じる心理や場面、心の育て方について詳しくお伝えしていきますので、不安に負けず恋愛を楽しめるように女性としての魅力を高めていきましょう。

嫌われる事に対して恐怖心を持たない女性とあなた自身の何が違うのかを比べて、「やってみよう」と思える事を見つけて、一つづつ身につけていってくださいね。

目次

好きな人や彼氏に嫌われないか不安を感じる女性の心理状態

相手を喜ばせる事が恋愛

不安を感じてしまう女性は、相手を喜ばせる事が恋愛だと思い込んでいる状態です。

好きな人に対する意識というものが、そもそも偏っており、「お互いに幸せになろう」「助け合える関係になりたい」というものではなく、「喜んでもらえなければ彼女の意味がない」と考えています。

そのため、自己犠牲を払ってでも彼のために行動する事が当然であり、自分の事はいつでも後回しにしてしまうのです。

相手を喜ばせることが出来なければ、恋人としての価値はないと考えているので、好きな人からの判断はとても重要なものとなります。

「私の行動は正しいのかな」「ちゃんと喜んでくれているかな」といつも顔色を見続けることになるわけです。

喜んでくれることを前提に動いているので、自分が幸せかどうかを振り返る余裕はありません。

嫌われてしまえば、即、別れに値すると思い込んでいるので、彼が喜んでくれるかどうかは、この女性に対して恋愛の死活問題です。

最初は、ボランティア精神で行っていた優しさも、評価という見返りを求めるようになってしまっています。

望まれることは全て受け入れるのが義務

想いを寄せる相手から嫌われる不安を抱く女性は、望まれることは全て受け入れることが義務だという心理を持っています。

男性に対して、絶対服従する意識があり、好きな人の言う事には従わなければ愛されないという思い込みが強くあるのです。

子供の頃見ていた両親に、主従関係があったり、亭主関白な父親に家族は何も逆らえない環境だったりと、男性に意見する事が赦されない状態が、普通だと思っています。

恋愛においては、男性の方が優位で、女性は従うことが幸せだと信じている状態です。

望まれることを行動に移すことで、愛される権利を得られると信じています。

心を赦している友達同士であれば、お願い事をしたり少々のワガママを言ったりも出来ますが、好きな人に対しては絶対服従の精神を解くことが出来ません。

同じ人間関係と捉えられず、別ものとして認識しているので、恋愛感情が生まれた段階で義務感が生まれます。

望まれているのは愛されている証拠。

喜んで彼の希望通りに動こうとします。

言葉の裏側や本音が気になる

言葉の裏側や本音が気になってしまう女性は、好きな人の気持ちに不安を感じてしまいます。

人のコミュニケーションは、言葉を介して行われることが多いですが、本当に心を通わせあえるのか疑問を持っている女性は、常に相手の本音を気にしているはずです。

「こう言っているけど、本当かな?」「今言った言葉の意味は、何?」と裏側を考えると、目の前に起きている出来事や会話だけが全てではないと疑ってやみません。

好きな人と付き合えているのに、愛をささやいてくれているのに、「本当はもう飽きているかもしれない」「他の人と出会うための踏み台にされている可能性もある」と考えてしまい、言葉を素直に受け取れないところです。

人間は、言葉を持ってしまったが故に、ずる賢く活用しようとしてしまいます。

嘘を吐いたり、計算高く罠を仕掛けたりする人がいるからこそ、辛い経験をする人が出てきて、大好きな人でさえ信じられないという事に繋がるのです。

相手の本音ばかりを気にするあまり、嫌われてしまう恐怖に変わってしまいます。

恋人の感情は好きか嫌いかしかないと考えてしまう

別れる本当の意味4

恋人という立場の人が持つ感情は、好きか嫌いの二択しかないと考えてしまう心理がある人は、嫌われたくないという恐怖心を感じてしまいます。

人間には、あらゆる感情がありますが、恋愛となれば、白か黒、好きか嫌いと二択から相手の気持ちを求めてしまう傾向があるものです。

仕事や友達との関わりの中では、「嫌な気持ちになったかな」「喜んでくれたかな」「あんまり興味がないかな」「面白がってくれているな」など、様々な気持ちを汲み取って、心を通わせあう事を楽しいと感じます。

ところが、恋愛に限っては二択の気持ちからしか選べなくなるので、「嫌われている」と考えてしまう確率が格段に高くなってしまうわけです。

もっと様々な場面を共有して、穏やかな気持ちや、何もない事が幸せだと思えたりする経験を積まなければ、恋人との過ごし方を楽しめません。

常に、好かれている自信があればいいのですが、「余計な事を言ったかな」「暇になってしまったかな」と小さな不安を抱いた時点で、「嫌われたかもしれない」と極論に結びつけてしまいます。

孤独が極端に怖い

不安に感じてしまう女性は、孤独な状態に対して、極端に弱いという心理を持っています。

人は、支え合って生きていくものですから、誰かと会話をし、顔を合わせて関わり合っていくのが生きる楽しみでもあるところです。

家の中に引きこもって、誰とも連絡を取らないまま過ごしていては、心が病んでしまう人も多くいます。

女性は、何かしらのコミュニティを持つことで、心の居場所を見つけたり、自己価値を見出したりするので、孤独に弱い生き物だと言えるはずです。

過去に、一人ぼっちだと悲しい思いをした人や、大切な人といても分かり合えない辛さを感じた人は、孤独感に対して、とても敏感になっています。

想いを寄せる男性と一緒にいても、「心が寄り添えているのかな」「一途に愛されているかな」と気になって、孤独になる恐怖に怯えるのです。

一人きりになりたくない、好きな人に見ていてもらいたいという気持ちが強くなると、嫌われたくないという感情が色濃く表れます。

嫌われるのが怖い女性がよく取る極端な行動

告白されても「付き合えない」と断る

極端な行動として挙げられるのは、誰かから告白されても「付き合えない」と断ってしまう事です。

嫌われないためには、そもそも付き合わなければいいという考え。

好きな人に同じ気持ちだと伝えられるのは、誰もが嬉しいに違いない事です。

二つ返事で「喜んで」と返答したくなるものですが、交際を始めるといつも近い距離に好きな人がいることになります。

意外な一面やステキな部分をたくさん見られるチャンスが広がる訳ですが、同時に自分の事もしっかりと観察されてしまう事を意味するのです。

距離感が近くなれば、その分知らなくてもいい事までバレてしまうし、自覚のない欠点まで見つけられてしまう可能性もあります。

今はまだ、同じ気持ちでいてくれる相手でも、付き合っているうちに嫌われてしまう可能性が高くなると考えて、躊躇するわけです。

「気持ちを受け入れたい」「付き合いたい」と強く望んでいるのに、恐怖心があるおかげで、拒絶してしまいます。

嫌われてしまう保証などどこにもないのに、自ら幸せになるチャンスを手放すのです。

付き合っていても好きすぎて別れる決断をする

大好きな人と付き合っていても、好きすぎて別れるという決断をしてしまうのも、極端な行動の表れと言えます。

大切な人を想う気持ちというのは、コントロールしづらく、不安定になってしまう人も多いため、心に振り回されて苦しむ人も多くいるものです。

好きすぎる事でも、「あの人がいなくなった事を考えたら、頭がおかしくなりそう」「いつ関係が終わってしまうか不安で、彼氏の気持ちをすぐに確認してしまう」など、行動に起こして困っている人もいます。

大抵の場合は、彼氏に素直に伝えて気持ちを落ち着かせたり、自分自身で折り合いをつけて乗り越えたりするところです。

嫌われる不安が大きい人は、怖すぎて現実から逃げてしまうという選択も取ってしまうというもの。

好きすぎて、相手から嫌われるのが怖くなって、「いっその事別れてしまえば、この恐怖心からは逃れられる」と考え、実行に移します。

せっかく両想いになって、幸せな時間を掴み取ったはずなのに、心の中にある不安の方が、相手からの愛情を信じる想いよりも勝ってしまうのです。

新しい出会いを求めず居心地いい人とだけ付き合う

新しい出会いを求めることなく、居心地の良い人とだけ付き合うように行動を制限するのも、極端な行動となります。

想いを募らせている人がいても、拒絶されてしまうのが何よりも不安であれば、古くから慣れ親しんだ人と過ごした方が良いと考えるタイプです。

幼馴染や女友達など、何もかもを受け入れてくれる人としか関わりを持とうとしません。

そのため、両想いになる確率も低くなり、いつの間にか気持ちが冷めてしまったと離れてしまう人も少なくないのです。

新しい出会いを求めて異性と食事や飲み会をするのも苦手で、決まった顔ぶれで過ごすのが一番心地いいと感じています。

周りの仲のいい人たちに恋人が出来たり、身近な人が結婚したりしても、自身は他の人に目を向けないので、一人取り残されてしまうものです。

片思いを繰り返しながらも、実際の距離は近づけることも出来ず、自然に心の中で昇華させていきます。

幼馴染の事を好きになっても、離れてしまうのを何よりも恐れているので、想いを伝えることなく友達のままでいようとするはずです。

何でも最初から疑ってかかる

何でも最初から疑ってかかってしまうのは、極端な行動として挙げられるものです。

嫌われたくないという気持ちは、裏返せば「好かれたい」「気に入られたい」「傍に居て欲しい」というのと同じ。

スキであるほど、「拒絶されるのが怖い」という感情が出てきて、苦しくなってしまいます。

好かれたいと思っている時には、相手の言葉や態度全てに疑ってかかるような場合もあるのです。

一人ぼっちになるのが怖くて、嫌われたくないから、好かれている証拠を並べて欲しくなります。

「本当に私の事が好き?」「絶対に浮気をしないって言い切れる?」「私が一番って言って」など、束縛が強くなることも。

好きでい続けて欲しいという願いは、執着や依存を生み出し、相手にプレッシャーを与える事も出てきます。

疑ってばかりいると、相手からの信用もなくなり、本当に嫌われてしまうかも知れませんが、不安が大きい時には、目の前の事しか考えられなくなるので、つい過剰に疑いを賭けてしまうところです。

自分の事を何も話さない

自分の事を何一つ話さないという態度も、極端な反応です。

嫌われたくないなら、要素をさらけ出さなければいいという考え。

自分の事を知られなければ、嫌われる心配もありません。

好きな人が居てくれるだけでいい、関われるだけで十分幸せだと考える事が出来る場合や、恋人になれて、気持ちを維持するだけが課題になっている時には、わざわざ自分の事をもっと知ってもらう必要がないと考えます。

会話でも、しゃべる担当と聞く方が好きなタイプとに分かれますが、後者に回ることが多い人です。

人の話を聞く事で、その場を楽しむことが出来るので、好きな人とも適度な距離を維持する事が出来ます。

聞くに徹していれば、余計な発言をする心配もないし、相手の承認欲求を満たすので、さらに求められる存在になるわけです。

自分の事を話してしまえば、地雷となる話題があるかもしれないし、プライドを傷つける一言を言ってしまうかも知れないと考えるよりは、発言しないポジションになったほうが気を楽に関われるようになります。

嫌われるのが怖い女性が「彼に嫌われたかも…」と感じてしまう場面

会話の途中でふと男性が黙り込んだ瞬間

嫌われたくない女性が「ヤバイ」と思ってしまう場面は、会話の途中で彼氏や好きな人がふと黙り込んでしまった瞬間です。

会話をしている時でさえ、人の性格はしっかり現れます。

ずっと目を見て相手の話をひたすら聞いている人、笑顔で相槌を打ちながら全く話を聞いていない人、会話をしながら次に自分がしゃべる事を考えている人、何も考えずに思いつくままにしゃべっているから全く記憶に残っていない人など。

様々な性格が垣間見える場面ではありますが、ふと男性が黙った時には、「もしかして悪い事を言ってしまったかな」「怒らせたかな」「嫌な事があった?」と心配が一気にこみ上げます。

単に考えているだけのこともあるし、本当に「今の一言は、ひっかかるな」と違和感と向き合っていることもあるので、正解は分かりません。

たいていは、何でもないことが多く、無言に感じた瞬間でさえ、本人は無自覚であることも多いはずです。

不安症の人は、敏感になっているので、少しの間でもわざと時間を空けたようにも感じてしまいます。

ラインの返信がこなくなった時

相手の心が離れてしまったかもと不安になるのは、彼氏からのラインの返信が来なくなった時です。

恋人とのコミュニケーションでも、気軽にいつでも短文メッセージを送れるラインは、非常に多く活用されています。

無料という点も好まれているポイントです。

発信自体が簡単で気軽だからこそ、相手からの返信もすぐに来るのが当然と錯覚してしまいます。

予定を確認したり、気持ちを伝えあったり、一日の流れの中で何をしているのか現在の状況を報告するなど、頻繁にラインでやりとりをしていると、ふいに返信が来なくなると「嫌われたのかな」「変なこと送ってしまったかな」と焦りを感じてしまうのです。

メッセージを見るタイミングは、受け取り側の自由であり、人と一緒にいる時や運転中などはすぐに返信出来ない状況になることもよくあります。

メッセージのやり取りをしている最中に、トイレに行く事もあれば、寝落ちしてしまう事も。

相手が見えないため、返信が来ているうちは、自分と同じ状況でいるように感じてしまいますが、そうではないことがほとんどというわけです。

なぜラインが途切れたのかすぐに分からない時には、元々持っている不安が急激に成長してしまいます。

男性がイライラしている様子を見た時

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

男性がイライラしている様子を見た時には、「私のせいかな」と恐怖を感じます。

人間は感情の生き物ですが、ちょっとした苛立ちやモヤモヤする違和感なども、立派に心が動いている証拠です。

自分の感情との向き合い方も人それぞれで、人に読み取られたくないとひた隠しにする人もいれば、周囲の目を一切気にすることなく、ありのままの心を体現する人も。

イライラを隠さないタイプの彼氏であれば、仕事でミスや注意された日や、予定が詰まっていて忙しさに心が休まっていない時など、言葉が乱暴になったり、ため息が増えたりなど態度に表してしまいます。

一緒にいる彼女からすれば、理由がわかっていれば気にせずに済むのですが、男性は原因を伝えないことがほとんどです。

「何で怒っているのかな」「何か気に障る事でもしてしまったのかな」と自分に原因を探し、苦しみます。

他の異性や趣味の話など自分以外の話題ばかりする時

彼氏が他の異性や趣味の話など、自分以外の話題ばかりをしている時には、相手の気持ちがわからなくて怖くなってしまいます。

恋愛で怯えてしまう女性は、愛されたい願望や承認欲求を強く持っているものです。

恋人には一途に自分だけを見て欲しいと願っているのは、誰もが同じ気持ちですが、承認欲求と相まって、強い願望として優先順位が高くなっています。

「二人で過ごしている時には、自分達の話だけをしてほしい」「誰か知らない人の話題は聞きたくない」「趣味があるのはいい事だけど、私が興味のない話をし続けるのは無視されているみたいに感じる」と彼の世界において、受け入れられない境界線を持っているはずです。

彼の会話の内容さえも、束縛したがっている自身の心理状態に気が付いていないので、何気ない言葉のやり取りでも、寂しさを感じる原因となってしまいます。

「私に興味がなくなったの?」「知らない話をするのは、仲間外れにしたいのかな」と自己都合で、何でもネガティブに考えてしまっているところです。

セックスの後に背中を向けられている場面

セックスの後に背中を向けられている場面では、急激に怖さが押し寄せます。

心の中に恐怖心を持っている女性は、相手の一挙手一投足に、かなり敏感です。

恋人との愛を確かめ合う方法の一つとして、セックスがありますが、最中や終わった後にも不安が付きまといます。

彼が触れてくれている時にも、「本当に愛してくれているのかな」「体目的だったらどうしよう」と疑ってしまうし、最中にも「喜んでくれているかな」「上手に出来なかったら飽きられてしまうかも知れない」と考えてしまう事も。

決定的に不安が強くなる瞬間は、終わった後のクールダウンタイムに訪れます。

興奮の収まり方は、男女で違いますが、体の状態や心理面を理解していなければ、多くの女性が不安になると言われているほどです。

男の人は、射精してしまえばその瞬間から興奮は落ち着きを取り戻し、冷静にその後の事を考え始めます。

女の人は、徐々に気持ちが静まっていくので、「まだ触れ合っていたい」「もっと愛をささやいて欲しい」と願うものです。

終わった直後に、背中を向けてタバコを吸い始めたり、シャワーに向かったりする姿を見た瞬間、愛されていないと感じて、嫌われたと考え始めてしまいます。

嫌われる怖さを感じない女性が身につけているもの

自分自身の気持ちを正直に言葉に出す勇気

恋愛において何事にも動じない女性は、自分自身の気持ちを正直に言葉に出して伝える勇気を常に持ち合わせています。

言葉で心境を表現するのは、恐怖心を持っている女性にとっては、かなりハードルの高い事です。

想いを伝えれば、相手の反応を如実に見ることになります。

人間関係に不安を抱きやすい人は、相手の感情を予測し、傷付くことを回避することに力を費やすはずです。

「あの人はきっとこう思っているから、この件は任せておいた方が良いだろうな」「起こっている感じだから、聞きたい事も後にしておこう」とベストな選択をしている気になります。

考えている事ややりたい事など、心にあるものをストレートに言葉にする人は、相手の思っている気持ちを予想するとしても、深く掘り下げて決めつける事はしません。

「この休日は、溜まった家事をしたいからデートはお昼からにしたいんだけど、どうかな」「仕事が終わったら連絡してね、その間に私は別のことしておくから」と自分の都合と相手にして欲しい事をセットで伝えます。

あれこれ考えて予想している事のほとんどは、勘違いであることが多く、不必要に後回しにしてしまっている事があるので、言葉で伝えておけばお互いのベストな状態をすぐに見つけ出すことが出来るのです。

ありのままで愛されるという自信

ありのままで「私は愛される」という自信を持っている女性は、不安になることがありません。

心に傷を負った経験がある人や、恋愛で嫌われたくないと思う女性は、理想の自分にならなければ愛される資格がないと考えてしまいがちです。

彼の好きなタイプになろうとしたり、「こんなところがステキだね」と言われた言葉に固執して、魅力や長所となる部分ばかりをアピールしようとしたり。

長所を伸ばすことは素敵な事ですが、義務と言わんばかりに目を向け続けていると、良い所以外は自己否定している事になります。

自己を拒絶し続けるのは、かなり辛いものであり、耐え忍ぶ体力が必要です。

誰から嫌われているわけでもないのに、勝手に制限を作っている状態となります。

「私はこの状態でなければ愛されない」と条件を作っているので、はみ出すことに恐怖心を抱くのです。

相手の感情を気にしない人は、「私はこのままで愛されている」という自信を持っています。

長所も短所も含めて自己肯定しているので、欠点を告げられても「そんな私も愛して欲しいな」と思えるため、幸福感が下がることが無いわけです。

自分と他の人との境界線を明確に持っている

自分と他の人との境界線を明確に持っている人は、揺るぎない自信を持っています。

社会の中にいると、多くの人と接するため、人の問題や感情も共感して、境界線が分からなくなることがあるのです。

特に、共感することで親しくなりやすい女性の社会では、常に人の話をしているという人も珍しくないはず。

「あの人の彼氏は、○○なんだって」「この人は、好きな人に○○って言われたんだって」と他の人の事をさも自分事のように会話している人は、境界線が分からなくなっている状態と言えます。

恋人と言っても、体も脳も別々の人間。

考えている事も違えば、行動も価値観も違って当然です。

彼女であっても、全てを理解するのは不可能だと分かっていれば、「場面ごとに対処していけばいいか」と楽観的に考えられるようになります。

人に好かれようとしない自分軸

人に好かれようとしない自分軸を持っている人は、怖いと感じずに恋人と過ごす事が出来ます。

好かれようとすると、どうしても相手の好みに合わせようとしたり、本当はしたい事も我慢したりと、自分を制限する事に繋がるはずです。

好きな人からもっと愛されたいと願うのは、当然の感情ですが、過剰になりすぎると、自分を見失う原因となります。

相手の好きな服装をして、いつも笑顔を向けてもらえる言葉を投げかけて、思ってもいない事を言いながら偽りの自分を作り上げていくと、恋愛の楽しさよりも疲れの方が大きくなってしまうのです。

嫌われる勇気と呼ばれるアドラー心理学がありますが、相手の顔色ばかりを窺って自分を押さえつけるよりも、「私はこんな考え方」「したい事はこれ」と明確に持っている方が、深く愛されるようになります。

確実に受け入れてもらえる居場所

恋愛で安定して愛されると信じられる女性は、確実に受け入れてもらえる居場所を持っています。

大好きな人とずっと一緒に居られて、お互い求め合い、必要不可欠な関係性で一生いられれば、紛れもない幸せが訪れるはずですが、現実において、その状態は難しいはずです。

お互いに仕事をしている時間もあれば、友達と過ごす時間もあるし、家族といるのも大切になります。

恋愛依存に陥っている時には、恋人がこの世の全てだと考えてしまい、たった一人に受け入れてもらうために全精力を注ぐものです。

恋愛に限らず、確実に受け入れてくれる友達や師匠と呼べるメンター、家族などの存在があれば、彼氏の感情に振り回されなくなります。

逃げ場とも言えるべき居場所を作り、孤独から解放されることが自己肯定につながるわけです。

「そのままでいいよ」「顔を見ると安心する」と言ってもらえる人を探しましょう。

恋人が出来ても、その人たちとの関わりを断つ必要はありません。

大切にしてくれる人に感謝し、居場所として安心感を持っておくべきです。

恋人に嫌われるのを不必要に恐れない心の育て方

他人の心はコントロールできないと理解する

他人の心はコントロールできないと理解する事が、心を育てられる方法です。

肉体が違えば、思考も違うのは当たり前。

この当たり前は、頭ではわかっていても、本当の意味で腑に落ちていない人が多くいます。

「○○してくれればいいのに」「何で○○するんだろう」これは、ただの不満のようで相手の行動や思考をコントロールしたいという願望の表れです。

実際の所、何もしないままどれだけ願ってもあなたの考えの通りに相手が変わる事は不可能で、不満はそのまま残り続けます。

変えられるのは、未来と自分自身だけ。

改善不可能なことに力を注ぐのではなく、変えられる部分に目を向けて行動を起こすだけで、面白いほど現実は変化していきます。

他人をコントロールしようとしている時には、不満ばかりが生まれ、願望ばかりが大きくなっていくはずです。

自分自身を変化させたいと望み、成長することに目を向けて行動を起こすと、「もっと積極的になりたい」「人に優しくなりたい」と目標が次々と浮かびます。

心はワクワクし始め、やりたいことでいっぱいになり、不安に振り回される時間が無くなるのです。

自分の良い所や魅力を部屋に貼り出す

心を育てる方法は、自分の良い所や魅力を壁に貼り出す事です。

人間は、五感を通して情報収集を行っています。

目から見たもの、鼻から香るもの、舌で味わう、耳で聞く、手や肌で触れる。

これらの感覚の中、一つから物体を理解しようとすると、危険なものなのか、その先に何があるのか、どんな背景があるのか、明らかに情報不足で不安が浮かび上がります。

自分自身さえも分からないので、自信が持てないのです。

自分の魅力や良い所、人から聞いた心に響いた言葉などを、A4サイズ位の紙に大きく書き出し、部屋のあちこちに貼り出しましょう。

視覚でとらえる度に、声に出して読む習慣をつければ、何度も耳からも聞くことになります。

声に出すと声帯が震え、肉体を使っている意識から、インプットしやすくなるのです。

自分の魅力を一日に何度も言葉に出していれば、誰かから認めてもらおうという欲求が減っていき、自己肯定感が高まります。

悩みを抱えている時にも時間を浪費していると考える

悩みを抱えている時にも、時間を浪費してしまっていると考える事で、心を強靭にしていくことが出来ます。

精神状態に精通している人の一説によると、人が悩みを抱えているのは、考える時間が有り余っているからだというものがあるのも、事実です。

確かに、仕事が忙しくてあれこれ段取りを汲んでいる時には、悩みを抱える暇がないと感じる人も少なくないはず。

好きな人がどう思っているか、自分が何をするべきか、分からなくて怖い、不安と感じる時には、とにかく行動を起こすべきです。

電話をしてみる、会いに行ってみる、デートの予定を立ててイメージを膨らませてみる、など行動を起こすと、目の前の事に集中するため、悩みが浮かぶ時間が減っている事に気が付きます。

「不安を抱えているのは時間のムダ」と考えると、少しでも楽しいことに人生を費やした方が、よほどハッピーだと理解できるはずです。

人間には、時間が平等に与えられていますが、同時に死へのカウントダウンも行われています。

人生の半分を悩んでいくのか、楽しかったことしか思い出せないように日々を積み重ねていくのかは、あなたの自由です。

愛を注ぐことを楽しみにする

愛を注ぐことを楽しみにすると、不安よりも幸福感に満たされるようになります。

心を育てる時には、自分が何に意味を見出すかを明確にしておくと、整理しやすくなるものです。

愛されたい、注目されたい、傷付きたくない、優しくされたい、と願望ばかりを並べても、誰に、いつ、どうやって、と次々と考えなければいけないことが出てきます。

一方で、「私が好きな人を愛する」と決めてしまえば、あなた自身が表現方法を考えて実践するだけですむはずです。

物事は、あっさりとシンプルになり、悩みよりも楽しみに変わります。

「どうやって伝えようかな」「一緒に居てくれて、本当に嬉しい」と彼から与えられている愛にも気が付くに違いありません。

心は満たされ、したいことが次々と浮かんで、ワクワクし始めます。

サプライズをしようか、手紙を書こうか、次に会った時には一番にキスをしてみようか、想像を膨らませ、ギブ&ギブの精神で接しましょう。

合わない時にはすれ違うようになっている

「合わない時にはすれ違うようになっている」と理解する事も、心の成長に繋がります。

好きな人と合わせようとするとき、ちょっとしたズレや勘違いも、全てネガティブにとらえて、嫌われてしまうかも知れないという不安になってしまうものです。

一旦深呼吸して、目を閉じ、心を静かにしてみましょう。

少し離れた場所から、自分のいる姿を観察してみましょう。

世の中は、なるようになっているのです。

全ては、宇宙の采配。

彼と出会えたことも、想いが通じ合えたことも、最初から望んで起きた現象ではないはずです。

「自然の流れに身を任せよう」と思えたら、気持ちがすれ違う事も怖くなくなります。

二人が離れる事はない運命だと思えたら、何があっても大丈夫と思えるし、合わない時には一気に崩れていく事も理解できるので、スムーズに受け入れられるわけです。

運命に逆らいたいと思わなくなるので、「どうにでもなる」と考えられるようになります。

むしろ、両想いになれているこの瞬間を十分味わいたいという気持ちになるに違いありません。

視野を広く持つと幸せに気付く

恋愛で嫌われるのが不安で怖いと感じる女性は、相手の気持ちに執着している状態だと言えます。

恐怖心を抱えている時には、視野が狭くなっていて、相手の気持ちを知りたくてたまらないはずです。

動じない心を育てるためには、今だけでなく未来や周りなど大きな視野を持つことがポイントになります。

自信を持てるようにトレーニングを積みながら、俯瞰して状況把握できるようになれば、不安から感謝へと変わり、大好きなカレと一層愛を深められるのです。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事