傷つくのが怖いから恋愛は苦手…そんな気持ちの根本にある心理&考えが180°変わって恋が楽しくなるとっておきの方法
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

傷付くのが怖いという理由で恋愛を遠ざけている女性もいますが、本音では「積極的に恋をしてみたい」と思っている人も少なくありません。

興味を持っているけど、恐怖心や不安から行動に起こせない方でも、あなたの心の奥にある心理や考え方と向き合えば、楽しめる思考回路にチェンジすることが可能です。

そろそろ一歩を踏み出したいと願っている女性のために、傷付くのが怖いから恋愛は苦手と思っている方の心の中や、楽しくなるためのとっておきの方法を詳しくお伝えしていきますね。

恐怖を感じるようになる原因や根本の心理、いざ気持ちを切り替える時に避けるべき相手や心が沈んでしまった時に元気に回復する方法まで、しっかりとハウツーを公開していますので、新たな世界の扉を開くきっかけにしてください。

ステキな恋が出来れば、一人で卑屈になったり、孤独を感じて寂しくなったりすることもなくなるので、友人との話題が増えたり、男性との接し方も変わったりと世界を広げられますよ。

目次

恋愛に楽しさよりも傷つく恐怖を強く感じるようになる原因

友達としてものすごく仲が良い異性に「恋人にはしたくない」と言われた

恋愛に恐怖を感じるようになる原因は、友達としてものすごく仲が良い異性から「君は恋人にはしたくないタイプだね」と言われた経験が挙げられます。

男女の友情や深い絆とまでいかなくとも、友達として非常に仲が良い特定の相手がいれば、「何でも気を赦せて、居心地が良いな」「付き合ってはいないけど、彼氏が欲しいと思わないくらい穏やかな気持ちだ」と思えるものです。

ぬるま湯につかっているような心地いい関係は、恋愛を望んでいるわけでも、相手から異性として見られたいわけでもない、微妙な状態。

しかし、そんな男性からいざ「付き合いたいとは思わないね」「女性としての魅力は感じないよ」と言われるとショックを受けてしまいます。

「別にこの人と付き合いたいわけではないけど、そんなに魅力がないかな」「女性として欠落しているの?」と傷付き、自己肯定感を失ってしまうのです。

もちろん、男性は傷付けるつもりもなければ、対して酷い事を言ったつもりもありません。

お互い、不意打ちの状態で傷つく出来事が起きています。

大好きな人に遊ばれた経験がある

恋に対して恐怖を感じるようになるきっかけは、大好きになったヒトに遊ばれてしまった経験があるというもの。

誰でも最初は、恋愛初心者です。

手を繋いだり、見つめあったり、キスやハグ、エッチも初めの一回があります。

全てのカップルにおいて、最初の恋人同士が、初の相手というパターンではないはずです。

幾人も異性経験がある人と付き合っているなら、自然とコミュニケーションをリードしてもらう形になります。

大好きな人であれば、どんなことでも受け入れたいと思いたいものですし、初めての経験であれば、過去と比較が出来ないので「こういうものか」と考えるわけです。

好きで仕方がない相手に、全てを任せて、全面的に信頼していたのに、単なる遊びだったと分かった時のショックは計り知れません。

恋愛不振になるだけでなく、他人を信じられなくなったり、異性から触れられるのが怖くなるトラウマが生まれることもあります。

全身全霊愛していた人からの裏切りは、その後の恋に大きな影響を残すのです。

初めてのエッチが合意なく無理やりだった

初めて経験するエッチが、お互いの合意ではなく、相手から無理やりされたものであれば、恋自体が怖くなってしまいます。

カップルで経験する愛情表現の一つが、セックス。

お互いの合意の下、労わりあいながら相手を喜ばせたいという精神で行われるのがベストですが、性的欲求に突き動かされて行為を行うケースも少なくありません。

年齢が若ければ特に、その傾向が強く、「エッチがしたい」「気持ちよくなりたい」という気持ちばかりが先行して、自分のやってみたい体位やプレイを優先させてしまいがちです。

初めてのエッチの場面では、未知の経験をする訳なので、体をいたわりながら進めて欲しいという気持ちを持つのは当然の事。

女性は、痛みを伴うものでもあるので、優しく触れて欲しいと願っています。

男性側の欲望ばかりを押し付けられると、痛みを感じても、無理な体勢で苦しくても、怖くて止めて欲しいと思っている時でさえ、止めてもらえないことがあるのです。

セックスによって植え付けられた恐怖心は、「恋人を作りたくない」という気持ちに直結します。

既婚者と恋をしたことがある

恋人がほしくないと考えるヒトの中には、既婚者と恋をしたことがあるという経験者がいます。

人の心は、理性だけでコントロールできるものではありません。

衝動的に突き動かされる感情もあるため、いくら他言出来ない相手でも、引き込まれるように心を奪われる事があるものです。

家庭を持っている人を好きになると、自分の気持ちを告げる事が出来なかったり、想いが通じ合えても表立って付き合えなかったりと、辛い想いばかりが続きます。

どれだけ深く愛していても、自分はいつも二番手という苦しみや負い目は、女性としての自信を失っていったり、罪悪感から自己否定や自己嫌悪を繰り返して、日陰の人生を選ぶようになってしまうわけです。

「私はいけない事をしている」「人を傷つけている」という気持ちが、二度と誰かを好きになってはいけないという足かせを作ります。

既婚者との関係が成就しても、しなくても、心に大きな傷やトラウマを作ってしまうのです。

両親の不仲をずっと見て育ってきた

人を愛する事が怖いと感じるヒトは、両親の不仲をずっと幼いころから見て育ってきたという過去を背負っていることが多くあります。

両親の関係は、子供にとって大きな環境問題です。

子供は、どれだけ居心地が悪い空気の家であっても、そこに帰るしか方法がありません。

両親がとても仲良しであれば、子供はどんな時でも笑顔で、自己肯定感が高く、異性に対しても優しく接する事が出来ると言われています。

不仲の親を見て育っていると、人を愛する方法が分からなかったり、一番身近な人でさえ悪口を言うようになったりと、人間関係を構築するのが難しい場合が多々あるのです。

幼少期の心理状況は、性格を作っていく上で、大きな影響力を受けています。

ケンカばかりする姿や、パートナーの愚痴や不満ばかりを言っている日常を見ていると、異性に対して仲の良いイメージを持つことが出来ず、「恋をしたくない」「どうせ上手くいかない」と考えるようになるわけです。

当然、結婚に対しても希望を抱くことが出来ず、独身を長く貫くパターンも多く見られます。

傷つくのが怖くて恋愛できない女性の気持ちの根本にある心理

どうせ大切にしてくれる人なんていない

女性の気持ちの根本にある心理は、「どうせ私の事を大切にしてくれる人なんて、どこにもいないでしょ」というものです。

傷付くのが怖いという気持ちがあるのは、言い換えれば「これ以上傷付きたくない」という声の裏返しとなります。

今まで、たくさん傷付いてきた過去があり、精神状態が「これ以上は心が壊れてしまう」とSOSを出している状態です。

大切にしてもらえなかったという事実が、自己肯定感の低さに繋がり、特定の相手に対して「自分を突き放すのではないか」という不安となって、付きまといます。

最初から一人でいるべきだと考えていれば、誰かから傷つけられるリスクを避けられるという訳です。

「どうせ上手くいかない」「幸せになろうと思う事自体が、無駄」と期待しない心理を持っている事で、恋に発展しそうな状況が訪れても、自然と先に進むことを避けてしまいます。

傷付かないように自分を守る代わりに、幸せになるチャンスも掴めませんが、「今までのように悲しい想いをするよりは、マシ」と考えているはずです。

男は浮気をする生き物だ

男は浮気をする生き物だと根底で思っている人は、恋愛を遠ざけます。

過去の彼氏が浮気をしたという自分の体験や、父親が他所に愛人を作って家庭内がめちゃくちゃになったという生い立ちがあれば、男性に対して恋愛を継続するという期待を抱かなくなるものです。

「スキ」と盛り上がるのは、一過性の物であり、継続する事は不可能だと考え、達観しています。

全ての男の人が浮気をする訳ではありませんが、DNAレベルで子孫を多く残すように刻まれている所を考えると、多くの女性と体を性行為をしたがるというのも、あながち否定はできません。

女性側としては、大好きな人からは一途に愛されたいと願うのもまた、道理。

「一途に愛されないのなら、最初から好きと言わないで欲しい」「他の人と関係を持つなら、私は一緒に居たくない」と考えるのが、一般的です。

気持ちを切り替えて、次の恋愛に進めればいいですが、やはり精神的に大きなショックを受けた人は、「二度と同じ想いはしたくない」という気持ちから、ストップしてしまいます。

人を信じられない自分自身を受け入れたくない

人を信じられない自分自身を受け入れられないというヒトもまた、恋愛に二の足を踏んでしまいます。

傷付きたくないと言いながら、本当は周りにいる人や愛してくれる人を信じられないという心理状態です。

「どうせ浮気される」や「気持ちが冷めてしまうに決まっている」などの気持ちも含まれますが、相手を心から信用しきれていないことが原因と言えます。

信用できないのが直接的な原因となっている場合と、「私は、人を信じられない訳ではない」と認めたくないケースとがあるのです。

「自分自身は、良い人だと思いたい」「愛してくれる人を信じられないなんて失礼だ」と好きになったのに相手を否定してしまっている事実を受け入れられない状態であれば、理由に自覚がないまま、苦しみ続けることになります。

「相手が悪い」「いい人がいない」と思えば、自分を責めなくて済むので楽です。

心の歪みを認め、信じるというのは、勇気が必要な事。

周りのせいにして、苦しみから逃れようとしている限り、恋に対する恐怖心や辛さからは抜け出すことが出来ないはずです。

恋愛をする事で周りにいる人皆に嫌われそう

怖いという女性の中には、恋愛をする事で周りの人皆から嫌われてしまいそうという心理を根本的に持っている場合があります。

人の目を気にするタイプで、敵を作りたくないという感情が色濃く出ているのです。

子供の頃にイジメられていた経験や、家族の中に居場所がないと感じながら育ってきた過去があるなど、「寂しい」「人から見放されたくない」という気持ちが強い人。

自分自身にも自信を持つことが出来ず、何かをするたびに「笑われはしないかな」「変だと思われないかな」と怯えながら生きています。

よほど気を付けていない限りは、周囲の人に交際相手がいることくらいはバレてしまうものです。

特別な事情がない限り、隠す必要もないので、彼氏がいるという状況が周知されることも珍しくありません。

「あなたの彼氏、変な人だね」「あんなろくでもない男と付き合っているなんて、おかしいよ」と恋人も自分も、周囲の人から否定されることを何よりも恐れています。

胸を張って好きになった人を紹介する事が出来ないので、そもそもの原因となる相手すら欲しくないと考えてしまうところです。

恋愛相手にされない事が露呈されそう

傷付くのが怖いと感じる女性の根底にある心理は、恋愛相手にされないという事実が露呈されそうという不安があるというものです。

自分が好きになった人から嫌われてしまうのは、誰もが堪えがたい苦痛だと感じるもの。

嫌われるまでいかなくても、恋愛対象に見られない事も、自信のない女性にとっては辛い現実です。

「人から好かれる魅力なんてない」「私には何一つ良い所がない」と自己暗示をかけているので、異性から愛されるイメージが出来ません。

誰かを好きになれば、その人からどう思われているのか気になるのは当然の事です。

ただ、自信がないからこそ、相手の気持ちを確かめるのが怖くて仕方がなく、答えを知りたくないという心理になります。

人を好きにならなければ、相手の気持ちを気にしなくて済むし、ヤキモキしたり不安になったりという事も遭遇せずに済むはずです。

恋愛から逃げる事で、自分への評価を下される場面をとことん避けていると言えます。

傷つくのが怖い女性と相性の良くない避けるべき男性のタイプ

言葉に気を使わないタイプ

避けるべき男性のタイプは、言葉に気を使わないタイプです。

デリカシーがないともいうべき人であり、言葉によるトラブルが度々起こります。

言わなくてもいい一言をつい口に出してしまったり、伝え方を選ばないから横柄になったりと、相手の気持ちを考えずに自分の主張ばかりをしようとするため、失敗を招くのです。

男性に対して恐怖心を持っていたり、恋が怖いと思っていたりする女性からすれば、傷付ける要素をたくさん持っている男性なので、近づかない方が無難と言えます。

触らぬ神に祟りなしと言うように、関わらなければ不要なトラブルや傷付く出来ごとを回避できるはずです。

相手の気持ちを考えずにしゃべるタイプの男性は、命令口調になったり、気にしている事でもお構いなしに質問してきたりと、ズカズカと心に土足で入り込んでくるように感じられます。

「顔をもみたくない」「あの人といると自己否定してしまう」と感じる人とは、恋愛はおろか、生活の中でも離れていたほうがいいと言えるところです。

立場や状況で決めつけるタイプ

立場や状況から、物事を決めつけるタイプの人とは、関わらない方が良いと言えます。

恋で傷を負っている人は、既に人間関係に不安を抱いている状態です。

十人十色、環境や立場が違うため、それぞれの視点がありますが、譲歩してベストな部分を見つけていくのが社会というもの。

自分の考えを貫き通すという信念を持っていることは、素晴らしい事ではありますが、決めつけてしまったことを周りの人に押し付けるのであれば、適度な距離感を持ったまま接したほうがいい相手と言えます。

思い込みが激しいと言い換えることが出来る人。

恋人になれば、二人だけの世界が出来上がっていきます。

思い込みが激しい男性であれば、自分が嫉妬しているだけでも「浮気をしているだろう」「ウソをついているな」と責め立てられることもあるはずです。

臨機応変に対応出来る心の広さが無ければ、心の奥底にうごめいている闇を大きくしかねません。

決めつけてしまう人は、人の言う事を聞かないので、束縛が厳しくなり、新たなトラウマが生み出されることもあります。

交友関係が広くて恋愛よりも友達が大事なタイプ

交友関係が広くて、恋愛よりも友達が大事なタイプは、通常のカップルであれば問題ないような人ですが、心に傷を持っている女性の相手としては、不適切と言えます。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

友人が多い状態というのは、その人の人柄が良い事を意味していますが、恋が怖いと感じている女性にとっては、不安の種となってしまうのです。

自己肯定感が低く、自信を持てない女性なので、つい口癖のように「どうせ私は後回し」「愛されない」と考えてしまいます。

友達と出掛ける度に、友情と愛情を比べてしまい、落ち込んでしまう事も。

混ぜてもらえれば孤独を感じる事は減りますが、大勢の中で彼女として大事にされないことにまた、寂しさを感じる可能性が出てきます。

どう転んでも、不安や孤独に苦しめられてしまうので、ひたすらに愛情を彼女に向けてくれる人を選んで、恋のリハビリをしていった方が良いと言えるのです。

完全に彼氏を信じられるようになり、不安もなくなった状態であれば、友達が多い男性は人としての信頼度も高いことが腑に落ちて納得できます。

キレやすいタイプ

恋に対して恐怖心を持っている女性は、キレやすいタイプの男性と付き合うのは止めておきましょう。

キレてしまう男性は、我慢や辛抱が出来ない人です。

怒りの沸点が低いため、些細な事で感情をコントロールできなくなります。

こういったタイプの男性は、周りの人の言動や態度など、小さなことが気になって仕方がありません。

小さな枠組みの想定世界を持っていて、枠から外れた事は全て、未知との遭遇として恐怖を感じるからです。

想定外の出来事をポジティブに考えれられたり、受け止めてキャパを広げられたり出来るのなら、いいのですが、枠組みを壊すことが出来ず、自分の世界に執着しているので、キレるという態度に表れます。

恐怖心を持っている同士で付き合うと、相手に疑いを掛けたり、コントロールしようとしたり、苦しい関係になってしまうので、オススメではないと言えるのです。

キレた後の態度や言葉に、さらなるトラウマが重なり、男性恐怖症になる可能性が高まります。

人の気持ちに鈍感で言われても分からないタイプ

人の気持ちに鈍感なタイプで、誰かから言われても分からない人とは、付き合わない方が良いと言えます。

心に傷を持っていて、「一歩踏み出せない」と思っている女性は、自分の感情を言葉で表現する事も苦手です。

思っている事を伝えられないのに、相手の男性も汲み取ることが出来なければ、お互いに何を考えているのか分からないまま交際を続けることになります。

違和感を抱きつつも、どうすれば理解し合えるのかもわからないので、気持ちが冷めてしまうはずです。

人の気持ちが鈍感な人は、わざとではなくても傷をえぐるような言葉を言ってしまったり、無頓着が故に、何のフォローやサポートも出来なかったりと、女性が一人で苦しみを抱える状態になります。

彼氏が率先して、傷付く事から守ってくれるくらいの配慮が出来る人でなければ、恋愛への抵抗感を克服する事は出来ません。

「○○して欲しい」と言われても、なぜそうして欲しいのかが分からないので、結局紳士的に気を配ってくれることはないのです。

考えが180°変わって恋が楽しくなるとっておきの方法

相手に気持ちや行動の期待をしない

人を好きになるのが楽しくなる方法は、相手に気持ちや行動の期待をかけないことです。

「期待をしない」と言うと、冷たい印象を受けてしまいますが、恋人でも夫婦でも、相手に何かを求めてしまうと、叶えられなかった時に裏切られたように感じてしまいます。

好きな人から言葉や行動で愛を示してくれると、「大切にされているな」と実感出来るものです。

幸せを感じられる瞬間を少しでも増やすために、些細な期待を募らせていきます。

「手を繋いでもらいたい」「私が一番だと言ってほしい」「休みが決まったら一番に教えてくれて、デートの予定を立てて欲しい」と期待値が高くなっても、恋人は違う事を考えているかもしれません。

「人が多い所ではイチャイチャしたくない」「言わなくても大切な人だと伝わっているはずだ」「次の休日は、溜まっている洗濯物を片付けて模様替えをしたい」と自分の都合を考えている時には、気持ちのすり合わせが行われない事も。

お願い事があるのなら、キチンと言葉に出して伝え、淡い期待程度なら最初から持っておかない方が、傷付かずに恋を楽しむことが出来ます。

友達からのアドバイスは聞かない

友達からのアドバイスは、聞かない方が幸せな恋愛が出来ます。

恋に怯えている女性は、「一般的に、男性はどうなんだろう」「不安に感じる私がおかしいのかな」と思った時に、友達に相談する場合が多いはずです。

考えや経験を共有する事で、人生観を広げたり新しい思考が拓けたりと、役に立つ場面も多いですが、偏りが生まれるというデメリットもあります。

男女の交際は、それぞれ状況や考え方が違うため、必ずしもアドバイス通りに事が運ぶとは限らないからです。

ましてや、しばらく異性との交際を避けていた人にとっては、友達からのアドバイスもハードルが高いものばかりという事も。

「○○すればいいよ」「男の人は、○○だから」と伝えられるアドバイスは、その人の経験値であり、あなたのシチュエーションと同じではありません。

言われた通りにしようと思っても、震える程勇気が必要で、うまく進まなくなることもあるし、彼氏には当てはまらず関係が悪化する事もあるのです。

ようやく踏み出した一歩なら、少しずつでも自分なりの恋のルールや向き合い方を構築するべきと言えます。

自分の都合を優先させる

楽しい恋をしようと思うのなら、自分の都合を優先させる事です。

久しぶりや初めての彼氏であれば、「相手のペースに合わせよう」「私には分からないから、委ねてみよう」と思ってしまいがち。

心の奥にしっかりと住み着いている恐怖心は、簡単な事では取れません。

恋をするのが怖いと感じているのに、相手のペースで交際をすると、次第に彼氏の操り人形のように感じてきて、心が何を求めているのか分からなくなります。

自分が楽しいと感じる事、したいものの中の一つとして、恋愛を位置付けていないと、支配されている感覚が強くなり、再び恐怖心が蘇ってくるはずです。

友達と遊ぶ時間、趣味に没頭するとき、会いたいと思う人とのコミュニケーションタイム、家族と過ごす空間など、あなた自身の大事にしたい人や出来事を優先させる意識を持っておきましょう。

ワガママだと感じるとしても、あなたのペースに合わせてくれる人が、トラウマを抱えている女性にとってはピッタリの相手だと言えます。

受け入れてくれる人といつか出会えると信じる

受け入れてくれる人といつか出会えると信じていると、恋を楽しめるようになります。

目の前にいる異性を信じられなくても、自分がいつか必ずたどり着く未来を信じると、全てを俯瞰してみる事が出来るようになるからです。

人の視野は不思議なもので、出来事が起こると、瞬時に頭の中がいっぱいになり、目の前に大きな壁として現れたような感覚になります。

全力でぶつかるべき、乗り越えなければいけない、と感じてしまう事で、苦しくなったり、逃げ出したくなったりするのです。

他人から見ると、案外何でもないような事でも、すぐにキャパオーバーになってしまうことも珍しくありません。

あなたに起きる出来事を俯瞰して見れるようになると、辛いと感じる事象が極端に減っていくはずです。

あなたの未来には、必ず全てを丸々受け入れてくれる人が現れると信じれば、恋のチャンスが訪れても多くを求めず「この人だったらいいな」「幸せだと感じるポイントをたくさん見つけてみよう」と落ち着いて愛を受け取れるようになります。

気になる人や好きな人の話でさえも8割程度で聞く

気になる人や好きな男性の話でさえも、8割程度で聞く意識を持っておくと、楽しい恋を経験できます。

人間関係において、よく愚痴や不満を抱える時「あの人が○○って言った」「この人はこんな考え方だから、気持ちが分かり合えない」などと言う事がありますが、その多くは勘違いです。

ほとんどの人は、自分の人生で精一杯で、他人の事を考える余裕がありません。

関係する人に不満が生まれるのは、自分の都合のいいように動いて欲しいのに、そうならないから。

言葉は、思考している事のごく一部しか表現されていないものです。

言葉で相手の全てを理解しようと思ったり、感情をかき乱されたりするのは、時間の無駄と言えます。

8割程度で話を聞いていても、多くの場合はどうにかなります。

多くを聞き入れようとするから、不安が大きくなるわけです。

振り回されない精神を育てつつ、言葉による不安や恐怖を回避していきましょう。

恋愛で傷ついた時に実行すると心が不思議と元気になる回復方法

感動系の泣ける映画を見る

失恋した時におすすめの映画を紹介! まとめ

心が元気になる回復方法は、感動系の泣ける映画を見る事です。

不安な時や傷付いて悲しくなっている時には、心も体も流れが留まっている状態だと言えます。

いくら涙が流れても、心がすっきりしない時には、心が悲しみに支配されているからです。

悲しみ、苦しみの状態から脱するためには、違う感情を入れ込んで、淀んだネガティブエネルギーを排出する作業が必要となります。

「悔しいけど泣いたらダメだ」と我慢してしまっては、流れが生み出されないので、いつまでも改善されません。

涙は、心の浄化を行ってくれます。

浄化をするために流す涙は、悲しみや苦しみとは別の感情、つまり感動や喜びを溢れさせることが大事です。

どん底にいる時に、現実の出来事に感動する事は難しいですが、映画であれば非日常を体験しつつ、入り込むことが出来ます。

動物が元気になっていく映画や人が成長するストーリー、喜びが満ち溢れている映像などを通して、心を洗い流しましょう。

強制的にネガティブな思考が流されていき、心が生き返る感覚を味わえるはずです。

波の音を聞く

波の音を聞くと傷付いた心を癒して元気になります。

済んでいる地域が海に近ければ、直接波を見ながら音を楽しむとベストです。

波音は、人間が胎児だった頃の記憶を刺激します。

母親の心音や羊水に包まれていた感覚を思い出すため、守られているような気持になるからです。

傷付いた時には、安心できて、安全な場所でゆったり過ごすのが一番。

守られているような気持ちになれば、心の奥底から勇気が湧き出てきます。

それは、紛れもなく生きる勇気。

どれだけ傷付いても、私達は生きるために生まれてきたという事を思い出すはずです。

海に出向くことが出来ない環境であれば、音楽をダウンロードしたり、お風呂に耳まですっぽり浸かったりするのも、有効となります。

生活音から離れ、人の話し声や雑音などが聞こえない状況が望ましいです。

一人の人間として、大きな地球に包まれ、見守られていると感じれば、どんな事も乗り越えられるような気持ちが沸き上がってきます。

恋に疲れたら休憩すればいいだけ。

あなたを大切にしてくれる人は、必ず現れます。

傷付いた事と夢を書き出す

傷付いた事と、夢を書き出すと心が回復して元気になります。

悲しいことが起こると、お先真っ暗で未来が見えないと感じて、何も行動が出来なくなってしまうものです。

思考力と判断力の低下、処理能力や気力が失われてしまうから。

動画などの一時停止ボタンを押されている状態です。

私達は人間なので、次に動き出すためには、何か一つでも行動を起こさなければいけません。

ノートを広げ、まずは傷付いた出来事、相手の言葉や態度、どう感じたかなどをすべて書き出して、感情を吐き出しましょう。

感情をもう一度味わう事になるので、涙が止まらなくなったり、頭の中で再度体験して苦しみを感じたりしますが、書き終わった後には「これは、過去の出来事」と声に出すことで、処理出来ます。

この時点で、完全に過去に出来なくても大丈夫です。

次に、真っ白なページを出して、夢を書き出していきましょう。

「1年後、友達と旅行に行く」「3年後、やってみたかったアパレルの仕事が見つかり、毎日忙しいながらも楽しい」「私の性格を全て理解してくれて、応援してくれる異性と出会う」など、具体的にイメージできるように言葉を組み立てて、たくさん希望を書き連ねていきます。

イメージした事は必ず叶うように出来ているのが、宇宙のルールです。

幸せになれる相手との出会いが想像できた時に、傷付いた心は癒されていきます。

太陽を浴びて空を見上げる

太陽を浴びて空を見上げると、心の回復を早めることができます。

地球は、太陽を中心に成り立つ銀河系の一つであり、関係性はただの惑星という域を超えているものです。

適量の紫外線は、免疫機能を高める効果もあり、皮膚を強くするとも言われています。

太陽を浴びる時、自然と顔が上を向くはずです。

落ち込んでいる時には、目を伏せて下を向き、肩をがっくりと落として、全身の血流が悪くなります。

上を向いて太陽の光を全身で感じると、肺が広がるので呼吸がしやすくなり、吸い込んだ酸素は全身を駆け巡り、臓器を活発にしてくれるのです。

細胞レベルから元気になると、心は自然と回復していきます。

元気になる人と話をする

元気になる人を選んで、対面して会話をすると、素早く回復できます。

恋愛で落ち込んでいるからと言って、恋多き人に相談したり、人生の先輩として母親に話を聞いたりする必要はありません。

もちろん、あなたが「この人に会いたい」と思うのが、恋愛玄人の友人や母であれば、そうしましょう。

心が落ち込んでいても、脳の中では理由と事象がイコールで結びついているわけではないのです。

仕事の事や生き方の指南を示してくれる人など、「この人と話をすると元気が出る」「人生のヒントがもらえる」と思える相手を何人もリストアップしておきましょう。

落ち込んだ時には、気分によってリストの中から人を選び、話をするとバイオリズムを素早く整えることが出来ます。

落ち込んでいる状態から、すぐに立ち直れば、次の行動までの時間が早くなるので、現実を動かせるのです。

やりたいことが見つかったり、人と関わることが楽しいと思えたりすると、恋の悲しみは早く癒されることが多いと言えます。

未来を信じると許容範囲が大きくなる

傷付くのが怖いから恋愛が出来ないと悩んでいるなら、幸せになったあなた自身をしっかりと想像してみてください。

恐怖心がある時に、無理に恋愛をしなくてもいいけれど、今のあなたにぴったりの相手がいるというのも事実です。

避けておいた方がいい異性タイプをきちんと回避して、楽しめる考え方を取り入れれば、恋も人生経験の一つとして心を豊かにしてくれるものとなります。

相手を信じられないなら、自分自身の未来を信じれば大丈夫。

目の前の事だけでなく、「こんなこともあるのか」と俯瞰して見られるようになれば、楽しみながら幸せを見つけられるようになりますよ。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事