冷却期間
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

別れた元彼と復縁を望んでいる人の多くが「冷却期間が必要なのだ」とイメージしています。

たしかに、冷却期間は復縁をするためにはとても必要なことですが、実際どれくらいの期間を設けたらいいのかわからないと思っています。

平均としては3ヶ月ですが、それ以上やそれ以下でもOKな場合もあるんです。

そこで、復縁のために冷却期間が必要な理由や冷却期間中の元彼の心理や過ごし方など、いろんな視点でご紹介するので参考にしてみてください。

また、冷却期間をきちんと設けてその後アプローチするときのポイントもお伝えしていきます。

目次

復縁のために冷却期間を取らなくてはいけない訳

一度冷静な気持ちを取り戻すためには必要な時間

冷却期間を取らなくてはいけない訳1別れを選ぶ時、カップルによって度合いの差はあれどお互いを傷つけてしまっています。

思ってもいない言葉を吐いてしまったり、冷静な話し合いができずに別れてしまった、という場合も多いです。

慎重に話し合いを重ねた結果別れを選んだとしても、結局「もうあなたのことを好きではありません」と言われていることと同等だといえます。

つまり、どれだけ優しくしても冷たくしても、別れを選ぶということはお互いを傷付けているのです。

なので、別れた時にはひどく悲しく落ち込みます。

ただ、別れた時の気持ちというのは男女で少し違いがあり、男性の場合は別れた直後は1人になれたことに対して心のどこかで喜びを抱いています。

男性は基本的に恋人がいても、自分の時間を大事にしたいと思う傾向が強く、心のどこかで煩しさも感じているのです。

別れた後、今まで抱いていたもやもやとした感情が解放されて嬉しくなります。

でも、少しずつ元カノの存在が懐かしく思えてきて、だんだん2人で過ごした毎日がとても楽しかったんだな、ということに気付き寂しくなるんです。

一方で女性は、別れた直後は「こんなに辛いことは二度と起きないのでは?」というくらいに悲しくて、寂しい思いをします。

女性は強い、と言われる所以でもありますが、女性は月日が経つとどんどん前向きになります。

ずっと落ち込んで後ろ向きになっているという女性はほとんどいないのです。

多くの場合、徐々に心が前を向くので、元カノを恋しく思い始めた元彼と復縁するチャンスに恵まれやすくなります。

復縁の場合、男性の方が追いかけるような形にならないとなかなかうまくいきません。

そのため、別れてから冷却期間を設けないとお互いの気持ちが冷静になれていない状態なので、落ち着いてお互いを見つめ直すことができないです。

特に男性は、別れてすぐは元カノのことを恋しく思うことがないので、冷却期間を設けることによって、必要に感じてもらいやすくなります。

別れた時の負の感情をリセットさせる意味がある

冷却期間を取らなくてはいけない訳2ケンカ別れでもそうじゃなくても、別れを選ぶ時はどうしても悲しい気持ちや嫌な気持ちを引きずるものです。

いわゆる、負の感情を抱えたままでいるとどうしても復縁に向けて前向きな感情になることはありませんし、お互いに対しても良い感情を抱えることが難しくなります。

そのため、冷却期間を設けるとお互いが冷静な感情になっていくので気持ちの整理をつけやすいです。

冷却期間を設けずに、後悔の気持ちだけで復縁を望もうとすると、まだ負の感情を抱えている元彼にとってはあまり良い印象を受けません。

復縁、というのは相手にどれだけ気持ちを理解してもらえるのか、相手に受け入れてもらえるのかという点が非常に大事になってくるので、負の感情を抱いている相手だとそれだけ自分の感情が真っ直ぐに伝わらなくて不利となります。

復縁をスムーズに成功させるためには、冷却期間を利用して元彼の気持ちを汲み取ってあげることが必要です。

男性の中には、別れた時は元カノへの嫌悪感でいっぱいになっているという人も多くの、女性としては悲しい気持ちになってしまいますが、別れというのはそういう感情を抱えていてもおかしくないことなので一旦は仕方がありません。

こうした嫌悪感や負の感情というのは、いつまでも背負っているものではなくて、月日の経過でかなり軽減されるものなのでしっかりと意識しておきましょう。

冷却期間を設ける大きな意味としては、元彼の中での自分の印象が悪くても少しだけ良いものに変化させられる大事な時間と考えてください。

あなたにとっても元彼にとっても必要な期間です。

別れた直後は、誰しもが悲しい気持ちや別れた時の嫌な気持ちが残っています。

復縁したいと心の中で思っていても、どこか「また別れるのでは?」という不安感といつも戦っているものなので、冷却期間を設けることによって感情を一旦リセットすることが可能です。

自分を魅力的に成長させるために冷却期間が必要

冷却期間を取らなくてはいけない訳3別れた時、どちらか一方だけに理由があって別れるということはなかなかありません。

ですが、別れようと思うのには理由はあります。

こういうところが嫌だった、こういう感覚が合わない、などどれだけ好きで一緒にいたとしても、価値観や考え方の相違で別れてしまうカップルは多いです。

そのため、例えば別れた後にとても後悔してすぐに復縁を望んだとしても、元彼から言わせれば「何も変わってない人と一緒にいてもまた別れるだけ」という印象を与えてしまいます。

復縁したとして、また別れてしまってはお互いが無駄な時間を過ごした、と思わざるを得ないため、相手に対して改善して欲しい部分や「ここが嫌い」というような気持ちを持っていると、どうしても復縁しにくい状況となります。

一般的に、冷却期間を設ける大きな理由の1つに「別れた原因と向き合い、改善させる」という意味があります。

自分に置き換えて考えてみて欲しいのですが、例えばあなた自分が元彼に対して「こういう態度が嫌」とか「こういう言い方、ものの考え方が嫌」という気持ちを持っていたとします。

それが大きな原因となって別れを決断した場合、冷却期間もなくすぐに「復縁しよう」と言われたとして、どのような気持ちになるでしょうか。

「何も変わっていないのでは?」と思うはずです。

どうせ復縁しても、結局また嫌な部分を見ることになるのなら、復縁なんかしたくない、と誰しもが思うことなので、冷却期間をしっかりと設けて実際に自分の何が悪かったのかについて検討する時間が必要になります。

自分じゃわからない、と思うかもしれませんが、ケンカした時にこんなことを言われたな、とかいつも元彼からこういうことを言われていたな、ということを思い出すと少しはわかるはずです。

また、別れ話の時もきちんと理由を話してくれる人がほとんどなので、別れた時にどんなことを言われたんだっけ?と思い返してみましょう。

別れと向き合うことにより、自分でも変わりたいという感情が大きくなるので、自分をもっと魅力的にしたい!と冷却期間中に努力することが、復縁を成功させる大きなきっかけになります。

人は、馴染みのあるものも好きですが、目新しい新鮮な何かに触れることも大好きです。

元彼と再会した時に「自分と付き合っていた頃よりも魅力的だ」と思ってもらえたら、復縁に向けて一歩前進できたといえます。

真の意味で元彼に寄り添うことができる

冷却期間を取らなくてはいけない訳4別れた直後は、どうして別れることになってしまったのか、よく理解できないかもしれません。

表面上は「あなたの気持ちはわかった」と言っているかもしれませんが、実際は頭の中にクエスチョンがたくさん浮かんでいる、という女性も少なくありません。

ですが、元彼にとっては「本当にわかってる?」と不安になります。

多くの男性が別れる時もそうですが、付き合っている時も自分の感情を理解してくれる女性と一緒にいたい、と思っています。

もちろん、人間同士なので全てをわかり合うことは難しいですが、他の人には理解してもらえなくても、彼女には理解してもらいたいと思っている人がたくさんいるんです。

なので、復縁に関してもどうして元彼が別れを選んだのか、ということをきちんと理解する必要があります。

でも、別れた直後は動揺していたり、別れが悲しくて苦しんでいる女性がほとんどです。

そういった感情の中で、元彼がどうして自分との別れを選んだのか冷静に考えられる人は少なく、感情のコントロールもなかなか効かないので、復縁に対して前向きな気持ちで進むことは難しいです。

基本的に、復縁というのは前向きな感情が元彼に伝わった結果、成功するものだといえます。

人間は、必然的にマイナスな感情のそばには行きたくないと思っていて、プラスの感情を持っている人の周りに人間は集まってきます。

その感覚と同じで復縁の場合も、いつまでもネガティブに別れたことを悔やんでいる女性よりも、元彼と新しい気持ちで関係を築きたい!とポジティブに考えている女性の方が魅力的に見えるものです。

そこで、冷却期間を設けることによって冷静に「あの時、彼はこんなことを考えていたのかな」とか「あの時、彼は私のこういうところが嫌だったのかも」と本当の意味で元彼の気持ちに寄り添えるようになります。

人間は、多くことを後々になって理解し、今後に活かしたり後悔したりしながら生きていくものです。

復縁の場合、その後悔を前向きさに変えて「あの時のあなたの気持ちはよくわかる」と復縁アプローチの時に伝えると冷却期間を設けた意味があったと思われるかもしれません。

男性は、自分の気持ちに寄り添ってくれる女性が好きなので、冷却期間は無駄にしないようにしましょう。

離れることでお互いの必要性を考えられる

冷却期間を取らなくてはいけない訳5冷却期間は、一切お互い連絡を取らないことが一般的です。

少しでも連絡をとってしまうと、結局頭の中に元彼がたくさん浮かんでしまって、本来冷却期間が意味している役割は意味をなさなくなるからです。

冷却期間中は、お互いが1人になり、何をしているのかわからないという状況がベストです。

そして、離れることによってお互いが相手を「自分にとってはこんな存在だった」と感じるようになれば冷却期間が成功したともいえます。

元彼がどう考えているのかというのは、離れている間はわかりませんが、少なくともあなた自身は冷却期間中に元彼のことを考えた結果、やっぱり自分には元彼が必要と感じるかもしれません。

別れた時は負の感情に支配されていて、こんなに自分を傷つける存在なら一緒にいない方が幸せなのでは?と思う場合もありますが、それはただ単に感情的になっているっだけです。

男性も女性も感情的になると、本当は思っていないことも口走る傾向があるので、信頼性のおける言動ではありません。

そのため、一度離れて冷静に相手のことを考える時間が必要なのです。

別れる、という大きな決断をするほどお互いの存在は苦しいものになっていたのか、それでも自分は元彼のことが必要なのか?など考えることはたくさんあります。

別れた直後は、後悔の気持ちからすぐに元彼に連絡してしまいたくなるかもしれませんが、その行動は本当に元彼が必要だからしているとは限りません。

単に寂しいからつい追いかけてしまっている、という場合もあるので、冷却期間を設けて冷静に慎重に自分の気持ちと向き合い、本当に元彼じゃないとダメなのか必要なのかと考えてみましょう。

「やっぱり元彼しか考えられない!」とあなたが思う頃、元彼もあなたのことを思い出している可能性は十分にあります。

冷却期間の平均は3ヶ月。平均通りでOKなケースとより長い・短い期間が適しているケース

話し合いを繰り返した結果別れたりお互いの傷が浅い場合は平均通りでもOK

平均通りでOKなケースとより長い・短い期間が適しているケース1平均的な冷却期間である、3ヶ月程度置けば復縁アプローチをしても効果があると言われている別れ方は、冷静に別れた時です。

例えば、あなたの方から別れて欲しいと伝えた場合などは、元彼の方が悲しい気持ちになっているわけなので、3ヶ月程度時間を置いて「やっぱりあなたのことが忘れられない」と伝えたとしても、受け入れてもらいやすいです。

ただ、中には「振ったのに」と思う男性のいるので、元彼の性格をよく見極めることが大事です。

平均的な冷却期間でOKな場合の2人は、別れる時にどちらも傷つけ合うことなく別れた場合がほとんどになります。

お互い傷つけ合って別れてしまうと、当然ですが心に深い傷を負ってしまいます。

別れる時に負った傷はなかなかすぐには修復することが難しいので、冷却期間を長めにとる必要があるのです。

でも、お互い気を使い、別れたという事実だけが心の傷になっている場合は、平均的な冷却期間さえあれば、連絡を再開させた時も心の開き方が変わってきます。

冷却期間の見極めは、非常に重要なポイントなので、どのように自分達は別れたのかをよくよく考えてみましょう。

そんなに揉めたわけでもなく、どちらか一方がひどい行為をした、というような深い事情がない限り一般的な3ヶ月程度冷却期間を設けたら、少しお互いの感情が軟化しています。

3ヶ月、というのは冷却期間として短すぎず長すぎず、だけど付き合っていた2人にとっては初めてこんなに離れるというくらいの期間なので、しっかりとお互いの必要性について考えることができます。

ただ、あくまでこの平均は目安なので、やはり別れた時の雰囲気をよく検討した上で自分なりに冷却期間の定めを設けてみてください。

自分としては、すぐにでも復縁したい!と思うかもしれませんが、早い行動は自分が思っていない方向に相手から悪い印象をもたれることもあるので、よくよく意識する必要があります。

別れた時の印象がそこまで悪いものじゃなければ、平均的な冷却期間をまずは目安にして、その頃自分がどう感じているのか、何か変化をしているのか、などを踏まえて復縁アプローチに進みましょう。

別れの原因があなたにある場合は長期間の冷却期間が必要

平均通りでOKなケースとより長い・短い期間が適しているケース2冷却期間を平均の3ヶ月を超える期間置かなくてはいけない別れ方は、別れる原因があなただった場合です。

例えば、あなたが浮気をしてしまった、とか、あなたの日頃の言動に元彼側が疲れてしまって、結果的に別れたいと言われたなどが該当します。

付き合っていると、どうしても女性は男性に頼ってしまいがちなので、男性の性格によってはそういった女性からの心の負担が重たすぎてしまい、今後交際していくことに悩んでしまうという人も少なくありません。

特に男性は非常に繊細な人が多く、一度傷つけられるとしばらくその傷を引きずります。

傷の深さが深いだけ、心の修復に時間がかかるので、どれだけ女性の方から連絡が来ても心を閉ざしがちです。

女性としても、相手を深く傷つけてしまった、という自覚があるので、そう簡単に連絡を再開させようという気持ちにはなれません。

傷つけた相手にもう一度信頼してもらおうと思えば、それは非常に大きな努力が必要になります。

相手に対して「前の自分とは変わった」ということをきちんとアピールできなければ、元彼は全くあなたのことができないです。

何事も、自分に置き換えて考えると相手の気持ちがよくわかると言われていて、自分が元彼にひどく傷つけられた場合、そう簡単に復縁したいなという気持ちになれません。

むしろ、自分を傷つけたのによく復縁なんて言えるね、と怒りを感じる人すらいます。

そういった負の感情を元彼に抱かせないためにも、冷却期間は相当期間長く取る必要がありますし、その間のあなたは非常に多くの努力をしなくてはいけません。

このような場合は、外見の変化だけだと元彼の心を掴むことは難しいので、人間として成長するよう努力しましょう。

難しく感じるかもしれませんが、付き合っていた時の自分の欠点をよく振り返ってみてください。

付き合っていた時の嫌な部分を改善し、傷つけてしまったことへの謝罪がしっかりとできる自分になれるよう、冷却期間は努力することが大事です。

激しいケンカをしてそのまま別れた場合は平均よりも冷却期間はかなり短くした方が効果的

平均通りでOKなケースとより長い・短い期間が適しているケース3お互いが感情的になって、売り言葉に買い言葉のように「もう別れる!」「わかった!」なんて本当に別れたいから別れたわけではない場合、冷却期間は平均期間の3ヶ月まで要さなくてもいいです。

むしろ、1週間から1ヶ月くらいの期間でOKで、早めの対応が吉になります。

鉄は熱いうちに打て、という言葉があるように感情が熱くなり、冷静な判断能力を失った状態では後々冷静になると後悔の念に苛まれていきます。

ですが、男性って不思議なもので一度押してしまった自分の感情を後から「ごめん、やっぱり別れるのは無しで」と覆すことができません。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

かといって、別れると決めてすぐに元カノから「復縁したい」と言われると、なんとなく冷たい態度をとってしまう男性が多いです。

理由としては、すぐに元カノが復縁を口にすると「ケンカしたらこの子はすぐに別れるって言うのかな?」と無意識に不安に感じてしまうからです。

本当は早く仲直りして「別れるなんて嘘だ」と言ってあげたい気持ちと、感情的になって別れ話になってしまった手前すぐに自分の気持ちに素直になれなかったり、すぐに意見を変える元カノに不信感を持つなど、男性の感情は案外繊細だといえます。

そのため、全く冷却期間を置かずにすぐ復縁アプローチするのは逆効果です。

目安としては、お互いがケンカについて反省したり振り返るような時間ができる頃が良いので、1週間程度は必ず冷却期間が必要になります。

もしも、元カレが感情を引きずるようなタイプの男性であれば、1ヶ月もしくは平均冷却期間の3ヶ月でもいいかもしれません。

また、ケンカの度合いによっても冷却期間に変動があり、感情的になっていればなっているだけ早めの対処が必要です。

いつも同じようなケンカを繰り返していて、どちらかの堪忍袋の緒が切れた、というような状況なら少し長めの冷却期間を設けましょう。

冷却期間は、基本的にお互いの気持ちを冷静にして、きちんと向き合う状況を作り出すという意味があるので、別れた時のイライラやもやもやが残った状態では、どれだけ好きな気持ちや別れた後悔が残っていたとしても、復縁することが難しくなります。

すごく嫌いになった、とか、もう我慢できない!と別れたのではなければ、冷却期間を長く持てば持つだけ復縁に対しての気持ちが気まずくなっていってしまいます。

「いまさら言っても無駄かな」とか「もっと早く言えばよかった」なんて後悔を感じることも多く、言いにくい状況になっていくのです。

そうならないためにも、感情的な別れ方をした場合は冷却期間を短く持ちましょう。

そして、できる限り素直に自分の気持ちを伝え、誰かを責めたり誰かのせいにするようなことは避けてください。

復縁に成功した後は、同じようなケンカをしないことも復縁後、関係を長続きさせる秘訣でもあります。

復縁に向けて冷却期間を取っている間の元彼の心理変化

意外に変わりやすい?開放感と不安感の両極端

冷却期間を取っている間の元彼の心理変化2別れた最初の頃、実は男性の多くが「やっと1人になれた!」と開放感に満ち溢れています。

何か大きなことがあったり、女性に対して大きな不満があるというわけではなかったとしても、男性にとって恋人と毎日過ごす時間が苦痛に感じることもあるのです。

そこで、ふっと恋人と別れて1人になると、今まで恋人に気を使ってできなかったいろんなことができるようになるので、嬉しくなります。

例えば、友達と徹夜で遊んだり、異性の友人と仲良くしたり、それに毎日の出来事を報告するなどいろんな意味でのめんどうなことがなくなります。

1人だと、全てのことがスムーズに流れるように感じます。

「別れて良かったかも!」と直後はいろんな面で思うかもしれませんが、それでも徐々に寂しくなっていきます。

1人で楽しく過ごす時間というのは、いっときのものです。

散々好きに毎日を過ごした後、ふっと別れた元カノを思い出します。

そして、「元気だろうか?」「あの頃は2人でよくここに行って、こんなことをして楽しかった」などいろんなことを思い出すようになります。

元彼は、少しずつ開放感から不安感に変わっていき、そしてなんとなく寂しいな、やっぱり2人も楽しかったなと思うようになるのです。

ただ、男性の意地があるのでなかなか元カノに復縁の意思を伝えようはできないため、心のどこかで声をかけてくれないかな?と思っています。

男性は、繊細さもありますし、ここぞという時に憶病な人も多いので復縁に対して積極的に女性が行動してくれるのであれば、その方が嬉しいなと思うようになるんです。

誰しもが、最初は新しい環境になって楽しさを感じるかもしれませんが、徐々に現実的に寂しさが出てくる人がほとんどだといえます。

だからこそ、冷却期間は別れた2人にとって必要なものです。

「今何してるのかな?」別れてから月日が経つと元カノの動向が気になってくる

冷却期間を取っている間の元彼の心理変化1別れて、冷却期間を設けると元彼もだんだんと心が落ち着いてきます。

そのまま、新しい恋愛に踏み出そうという男性の方が多いかな?と思うかもしれませんが、実はそういうわけでもありません。

男性の多くが、別れてから月日が経つとふっと元カノのことが気になってくるんです。

「今何してるのかな?」「元気かな?」「もう新しい彼氏でもできたかな」そんな考えが頭を巡り、元カノのSNSを見たり探したりするような男性も意外に多いです。

そこで、全く元カノの情報を収集できないと、一層元カノのことが気になる!という人がほとんどだといえます。

別れてさっぱりしたはずなのに、何もわからない状況になるとなんとなく気になってしまう、というのは男性が本能的に女性を追いかけたい生き物だからです。

別れる前は、もちろん付き合っていたので自分の知る範囲でしか彼女は行動していなかったかもしれませんが、別れてしまえば一旦は別々の毎日を歩き出します。

そんな事実を頭の中では理解していても、なんとなく「気になる」と思ってしまうんです。

今まで把握できていた相手のことがわからなくなると、男性って急に焦り出します。

共通の友人がいれば別ですがそうでもない限り、元カノの情報が入ってくるわけはありません。

冷却期間を設けている間、元彼はこのようなモヤモヤを抱えることもあると理解しておくと、なんとなく復縁に対して前向きになれます。

元カノの存在を改めて考えるようになる

冷却期間を取っている間の元彼の心理変化3冷却期間もある程度月日が経ってくると、元彼も元カノのことを少し考える時間が増えます。

「こんな時、元カノはこんなことしてくれたな」とか「こんな風に接してくれたな」など、改めて元カノと過ごした毎日を考えるようになります。

すごく嫌な思いをして別れた2人、というわけじゃないのであれば、元彼も月日が経つと元カノのことを考えるのは、不思議なことではありません。

復縁したい、とまで思わなかったとしても、元カノのことを改めて考えるようになると元彼の中できちんと別れを整理することができて、気持ちが上向きになってきた証拠です。

1人の暮らしに慣れてきた頃が、人恋しくなる時期でもあるので、そんな時に元カノのことを思い出してしまう男性は非常に多いといえます。

改めて元カノのことを考えてみた時に、魅力的な人だったなと思えるような場合は、復縁に対しても非常に前向きに話が進んでいきます。

ただ、多くての男性が元カノに対して思いを馳せたとしても、なかなか行動はできないので、心理的に冷却期間を設けておくと元彼もあなたのことを考える機会が増える、くらいに思っておきましょう

そんな時に元カノから連絡が来て、もしも会った時に付き合っていた時よりも魅力的な女性になっていたら復縁しよう!と思ってもらえるかもしれません。

男性も女性も、冷却期間の間にどれだけ相手のことを考えて、どれだけその間に自分をスキルアップさせられるのかが復縁にとって大事なキーポイントになります。

逆にこの点が全くだめなら、復縁は非常に遠いものになってしまいますよ。

冷却期間の過ごし方とこの期間に絶対やっておく事

自分の改善点を探し、実際に改善させる

冷却期間の過ごし方とこの期間に絶対やっておく事1せっかく冷却期間を設けても、再会した時に何も変化のない女性だと元彼は途端に気持ちが冷めてしまいます。

「何も変わってない」「別れた時のままだ」と思われてしまうと、どうしても元彼の中で別れたいと思った時の負の感情が沸き起こってしまって、結局復縁につながることはありません。

なので、冷却期間の間はきちんと「なぜ別れてしまったのか?」ということは考えておきましょう。

その考えが正解かどうか、というのは元彼自身ではないのでわかりませんが、それでも元彼のことを考えて、何が悪かったのか、どう改善するべきなのかを女性なりに考えてみることがとても大事なんです。

冷却期間の過ごし方として、非常に健全ですし、いざ復縁しようと思った時にも元彼に「きちんと2人のことを考えてくれていたんだな」という印象につながるので、何も考えずにただ時間を過ごすよりもあれこれ思いを巡らせる方が、女性として成長します。

元彼もどんな些細なことだとしても、再会した時にあなたが「あれ?付き合ってた時と違う」と思うような人になっていたら、新しい魅力を見出してくれるかもしれません。

被害者意識は捨てよう!前向きに毎日を過ごすことが大切

冷却期間の過ごし方とこの期間に絶対やっておく事2あなたが振られて別れてしまった場合、どうしても女性は「私って可哀想」と思ってしまいます。

失恋した女性はたくさんいるのに、ここまで悲しい思いをしているのはきっと自分だけだ!と別れた状況を悲観して悲しんでいる場合も多いです。

そのような気持ちで冷却期間を過ごしていると、最初は悲しいだけだった気持ちがだんだんと「なんで私のことを降ったのだろう?」と怒りの感情が出てきます。

そこから復縁したい、と思ったところで本当の意味で元彼に対して素直に向き合うことはできません。

元彼も、いろんな理由があって別れを決意したと言えるので、もしも元カノからそういった感情を感じられると非常に嫌な気持ちになります。

別れる、というのは基本的にどちらか一方の責任ではありませんし、一方が被害者というわけでもありません。

この点をあまり理解できていないと、振られたのだからと自分が一番可哀想だと思ってしまいます。

そして、その感情は冷却期間を上手に使うことができなくて、結果的に復縁することが難しくなっていくのです。

冷却期間中は、振られたという被害者意識は捨てて、復縁に向けて前向きな自分で過ごすことが大切だといえます。

元彼への依存心を捨てるために自分の時間を大事にする

冷却期間の過ごし方とこの期間に絶対やっておく事3冷却期間を無駄にしている人の多くが、冷却期間中に元彼に依存しています。

「今彼は何をしているんだろう」「誰といるんだろう」「私といなくても平気なんだろうか?」こういうことばかりを考えてしまって、結局自分のことは何一つできません。

さらにいえば、別れた理由や復縁に向けて自分をアップデートしようという気持ちがないので、いつまでも魅力的な女性として元彼に見てもらえることがないんです。

なので、冷却期間を過ごしている間は元彼のことも気になるでしょうが、まずは自分の時間を大切にしてください。

元彼に依存している状態だと、あまり良いオーラが自分の身にまとわないので、復縁からも遠ざかっていきます。

復縁のためには、以前の自分とは変わらなくては元彼に見直してもらえないので、冷却期間中は自分に自信が持てるよう意識を集中してください。

自分磨きに一生懸命になっている間は元彼のことを考えなくなりますし、集中力が高まります。

それだけ、あなたの中で元彼や復縁に対しての執着心が薄れているということになります。

復縁というのは、実はあまり執着心を燃やしてしまうとどうにもうまく進まない傾向があります。

つまり、元彼に依存心や復縁に対して執着心があるうちは、思うように復縁が成功することはあり得ないので、復縁に向けての頑張りに集中しようという気持ちになってください。

冷却期間中は、新しい自分になることを目標に意識を集中させることがとても大事です。

冷却期間後に必要不可欠なもう一度好きになってもらうためのアプローチ

元彼が知らない表情を見せる

もう一度好きになってもらうためのアプローチ3一定期間の冷却期間を終えて、元彼があなたに期待していることは「何か変わっただろうか?」ということです。

劇的な変化がなかったとしても、付き合っている時にはしなかった言動などちょっとだけミステリアスな自分を演出しましょう。

女性の中には、交際している男性の意見を尊重しすぎる人もいますが、そのような場合はたまに自分の意見をしっかりと伝えるなどして、今までとは違うということを示してみてください。

男性は変わらないものよりも新しいものに目移りする傾向があるので、元カノが自分の知らない顔を持っていると気づけば興味惹かれるものです。

さらに、元カノという存在を男性は心のどこかでいつまでも自分のことを好きでいてくれると考えている傾向があります。

ですが、そう思っていた元彼のが冷却期間中に自分の知らない顔を持っていると、なぜか少し焦りの気持ちが出てきて追いかけてくなります。

そんな気持ちにさせられたら、元彼との復縁は近いものだと思ってください。

別れたことがなかったような何気ない雰囲気を出す

もう一度好きになってもらうためのアプローチ1いくら冷却期間を経過した後だったとしても、再会した時は気まずさがあるものです。

もちろん、最初から昔のような恋人の雰囲気を出すのは間違っていますが、少なくとも久しぶりに会った友人くらいの態度を出せるようにしましょう。

気まずさ、というのはお互いが感じていることですし、その気まずさを前面に出してしまうとどうしても関係性が良好にはなりません。

元彼の方からライクな雰囲気を出してくれたらいいのですが、そうじゃない場合は勇気を出して女性の方から気まずさを払拭してください。

元カノの気遣いだということも元彼はすぐに理解すると思うので、あなたの印象を上げるためにもちょっと恥ずかしいかもしれませんが頑張ってみる価値があります。

緊張も最初だけでだんだんと仲が修復されていくので、まずは頑張ってみましょう。

最初のアプローチは考えすぎないことが大事!

もう一度好きになってもらうためのアプローチ2元彼と会えるようになったり、会えなかったとしても元彼との連絡が再開するような場合、どうしても「復縁できるかな?」「元彼もまだ私のことが好きなのかな?」と期待してしまいます。

実際の元彼の気持ちは半々か、もしくはそこまで復縁に対して深く考えてはいないという状況がほとんどだといえます。

復縁を望んでいる側との温度差があるというのはきちんと理解しておきましょう。

そのため、元彼に対して過度の期待は厳禁です。

連絡を再開してすぐに復縁アプローチをしても元彼は「まだそんな気になれないよ!」と困惑してしまうかもしれませんし、「急すぎる」と思われるかもしれません。

連絡が再開できたというだけでもすごいことなので、焦ったりむりやり復縁にもっていかないようにしてください。

逆に考えすぎて何も行動できない、というのも復縁から遠のいていくだけなので注意が必要です。

大事なことは、徐々に距離感を縮めてお互いが「復縁できそう」と思えたタイミングを見極めることです。

見極めるためには、自分の気持ちを先行させないことがポイントになります。

冷却期間の必要性や過ごし方を知ると復縁が近づく

冷却期間 まとめ冷却期間中の過ごし方や元彼の気持ちの変化、必要な期間などをご紹介しました。

別れた2人にとって、冷却期間というのは相手の大切さを思い出させることや別れた時の負の感情を和らげるためにとても大事な期間です。

冷却期間を長くもたなくとも復縁できるカップルもいますが、別れの原因によってはまた結局破局してしまう可能性もあるので、自分達にはどれくらいの冷却期間が必要なのか?については慎重に見極める必要があります。

新しい関係を元彼と築けるように、少しずつ進んでいきましょう。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事