好きかわからないけど誰かに取られたくないと思うのはなぜ?好きかわからない人と交際するときの注意点も
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を鑑定結果をもとにお伝えいたしますね。

好きかわからないけど、誰かに取られることを想像すると、モヤモヤしてしまうことってありますよね。

このような感情が生まれても独占欲が強い、都合のいい相手としてキープしていると思われてもおかしくない発言なので、なかなか人には相談できないのでは?

今回は相手のことが好きかわからないと感じてしまう理由や、好きかわからないけど取られたくない」という不思議な感情が芽生える原因を探っていきます。

目次

相手のことが好きかわからないと感じるのはなぜ?

相手の欠点ばかり目に付く

最初は相手に好意を抱いて、友人同士の付き合いを始めたのに、だんだんと相手を知っていくうちに、相手の欠点ばかりが目に付くということもあるのではないでしょうか。

最初から好意を抱いていると、その時点で相手を理想化してしまっているので、ちょっとでも自分の理想と違う点があると、それを欠点やマイナスに感じてしまう、ということはよくあります。

そして、そうやって、欠点ばかりが目に付いてしまうので、好きなのかどうか、分からなくなってしまうのではないでしょうか。

逆に、最初からマイナスで始まった相手の方が、だんだんと知っていくうちに意外な面を知って、印象がよくなっていくということもありますよね。

マンガなどでよくあるパターンですが、最初は反発していた相手だったのに、相手を知っていくうちに、だんだんと魅かれていく、という流れです。

誰かに好意を抱くときって、人それぞれ。
周囲からの好感度が高い人を好きになる人もいれば、ちょっと人からは理解されないような、変わった人を好きになる人もいるでしょう。

ただ、最初から期待度高で接してしまうと、どうしても減点方式になっていき、相手の欠点ばかりを見てしまうのではないでしょうか。

そして、自分の中でも最初に抱いた好意が消えてしまい、「彼のことが本当に好きなのだろうか、欠点だらけなのに…」という感じで、ネガティブに考えてしまうのでしょう。

まずは、最初からハードルを上げすぎていなかったか、振り返ってみては?
そうすれば、彼のことを厳しく見すぎていた、ということに気づくこともあるのではないでしょうか。

会いたいと思わなくなった

知り合ったころは、「次にいつ会えるのかな~」なんて、会うことを楽しみにしていた彼。だからこそ、会えない日が続くと、寂しいなと思ったり…。

まだ恋人として付き合っているわけではなくても、異性としての好意があり、会うのが楽しみだったはずなのに…。

それが、相手に慣れてきたのか、なぜか何日も会えなくても全然平気になってしまった、ということもありますよね。

それが、二人の間に信頼関係ができたことによる、安心感から来るものであればいいのですが、「別に相手の顔を見たいと思わないから」という理由からだと、「相手のことが好きか分からない…」と悩んでしまうこともあるでしょう。

これがもし、恋愛関係で付き合っている相手なら、やっぱり急に会いたいと思わなくなるというのは、何か二人の間にトラブルがあったとか、どちらかに原因がある、なども考えられますよね。

でも、ただの知人や友人であれば、そこまで深く考えなくてもいいのかも…。
二人の生活のリズムやタイミングもあるのかもしれません。

お互いに仕事などで忙しくなったりすると、知人や友人と会う時間って、優先順位が低くなるのも仕方ないですよね。

まだ恋人同士ではないからこそ、最優先に時間を使わないだけ、ということもあります。

なので、二人の関係性が違ってくれば、また感じ方も変化してくるのではないでしょうか。

彼氏に会いたくないのは冷めたのとは違う…その違いについて知りたい人は、こちらの記事もどうぞ。

一緒に過ごしていても楽しくない

一緒に過ごす時間が楽しくない、それどころか苦痛になってきた、というケースもあるでしょう。

たとえば、会えばモラハラっぽい嫌味を言われる、彼がメンヘラ気味で会っていても暗くなる…などなど…。

もし、二人で一緒にいるのが楽しくない理由が、あなたの中ではっきりしているのなら、もうそれ以上彼との関係を発展させるのは難しいかもしれません。別の恋に向かったほうがお互いのためになることもあります。

一方、さしたる理由もないのに、彼と一緒に過ごしているのが全く楽しいと思えないのであれば、根本的な相性の問題もあるかもしれません。

どうしても話が噛み合わないとか、呼吸が合わない相手っていますよね。相手が悪いとか自分が悪いとかではなく、もう相性の問題なので、合わない人がいても気にすることはありません。

相性がいい相手に出会えば、付き合ってどれだけ時間が経っても、話題が尽きませんし、楽しく一緒に過ごせます。なので、相手と自分の性格が合わないのであれば、ムリしないで別の相手を探した方がいいのです。

ときめきがない

すでに彼とは付き合っているけど、ときめきがなくなってしまったというのも、相手への自分の気持ちが分からなくなってしまう原因の一つではないでしょうか。

ただ、恋愛でドキドキするときめきを感じられるのって、本当に初期のうちですよね。

よほど、相手の顔が好みだったり、声にドキンとする、という相手でもなければ、時間が経てば経つほど、そのうち相手の存在に慣れていき、ときめくことはなくなっていく、というのが普通のことではないでしょうか。

そして、それは悪いことばかりではありません。

ときめきと引き換えに、「安心」を手に入れることもあります。

一緒にいて、穏やかな時間が過ごせる相手というのも、とても貴重な存在です。

ときめきだけを求めて異性と付き合っていると、結局、付き合いが長くなって、相手にときめかなくなったらすぐに別れる、ということを繰り返すことになってしまうでしょう。

そんな風に相手をコロコロ変えていると、誰とも長く付き合うことができないまま、歳だけ取ってしまう…という負のループに陥ることも…。

もちろん、世の中には、歳を取ってもずーっとパートナーにときめきを感じている、という稀有なカップルもいます。少なくとも片方の側は、相手にときめきを感じているカップルも多いと思います。

ただそれも、ただときめきを感じるのではなく、そう感じられるように、相手のいい面を探したり、感謝することで、努力してキープしているという部分も必ずあるもの。

ですから、自分が一生ときめくことを努力できる相手を探す、というのも一つの手かもしれません。しかし、努力もせずに、出会ったころのテンションをキープしたまま、何年も付き合えることってめったにありません。

それに、恋愛は、相手にドキドキしなくなったところから、どれだけ愛情というテンションを上げていけるか、そこからが勝負です。

実際に、長年うまくいっている夫婦やカップルは、少なくともどちらかは相手に対して愛情を保つ努力をしているはずです。

恋愛における「好き」という感情はとても移ろいやすいです。そこは、性欲にもかかわってくる部分なので、自然に任せていると、だんだんと薄れていくのです。

そこを、努力でカバーしていくことも、長いパートナーシップでは大切なのではないでしょうか。

長らく進展がなくマンネリを感じる

こちらには元々相手に対して好意があって、それから友人として長く付き合っているけど、全く恋愛関係になるような進展がないと、好意もしぼんでいきますよね…。

友人から恋人へステップアップしていこうと思っていたなら、なおさら、相手との関係性に変化がないと、いずれ諦めの気持ちになって、相手のことも、もう好きかどうかさえ分からなくなってくるかもしれません。

異性の友人関係で、一方が恋愛感情を持っている場合、好意を持っている方は、態度や口ぶりから、その気持ちを相手にアピールしているものです。

そこに気づかないのは鈍感すぎますし、あえてその好意に気づかぬフリをしているのは、恋愛関係になりたくないという意思表示でもあるのでしょう。

ただ、ずっと相手にされないと、いずれ別の人に目が行くようになりますし、自分の好意もなくなってくるものですよね…。それも仕方がない流れではないでしょうか。

また、二人が恋人として付き合っていたとしても、二人の間に将来に対する明確な約束がなく、なんとなくダラダラ付き合っている感じになってくると、マンネリ感も漂いますよね…。

これが、お互いに「結婚」という意思確認をしあって、それが目標になると、付き合いにも張りが出ます。

それこそ様々なイベント(家族への紹介、結婚式の計画、将来に関しての具体的な話し合い)が先に控えていますから、二人の間にマンネリを感じることもあまりないでしょう。

なので、若いころの恋愛でもないかぎり、ある程度の年齢の男女が付き合っている過程で、全く将来の話が出てこないのは、特に女性には不安感を与えますし、気持ちが男性から離れてしまう原因にもなりますよね。

ですから、恋愛関係で付き合っている中でも、二人の関係性が段階を踏んでステップアップするような、はっきりとした変化がなければ、マンネリ化しますし、二人の関係にとってプラスにはなりません。

結婚したいと考えている女性の中には、出産を意識して、年齢を加味した漠然とした人生計画を抱いている人もいますよね。

それなのに、相手は全く将来のことを考えない様子で淡々と同じような毎日を過ごしているだけだと、不信感も膨らみます。そうなってくると、相手のことを好きかどうか、分からなくなってしまうということもあると思います。

好きかわからないときは「好き」とは何か考えよう!

スキンシップをしたいと思う

では、自分が相手を好きかどうか、判断する方法ってあるんでしょうか?

まず、あなたが積極的に彼と触れ合いたいかどうかは、好きかどうかの大きな基準になるでしょう。

たとえば、好きじゃない相手、はっきり言うと嫌いな相手には、絶対に触れたくありませんし、触れられたくもありませんよね。

そして、相手から触れられることに対して、想像しただけで虫唾が気持ち悪さがあるような場合は、それは相手を好きとは絶対に言えません。

どんなに相手がいい人だったとしても、生理的にスキンシップはムリ!と思ってしまうこともありますし、こればかりは男女としての相性もかかわってくるのではないでしょうか。

逆に、積極的に相手とスキンシップを取りたいと思うのであれば、それは異性としてかなり好きという証拠でしょう。

ただ、その気持ちが一時の性欲から来るものなのか、愛情が基盤になっていて、長く続くものなのかどうかは、よく考えてみた方がいいと思います。

具体的には、彼とのキスが想像できるか、というのもポイントでしょう。

キスを想像するとドキドキしてときめくのか、気持ち悪くてそれ以上想像できないのか…かなり、相手への自分の気持ちがはっきりする方法ではないでしょうか。

自分がどう思われているのか気になる

嫌いな相手からも好かれたい、と思う人も、世の中にはいるかもしれません。

でも、本当に嫌いだと、相手の存在自体を自分の中から消したいと思って、できるだけその人のことを考えないようにしますよね。そして、そんな風に頭に浮かべたくもない人なら、別に好かれたいとも思わないのではないでしょうか。

なので、もし、あなたの方が、相手からどう思われているか気になる、できれば好かれていたい、という心境であれば、それはまだ相手のことが気になっているからとも言えるでしょう。

100%「好き」とは言い切れないまでも、相手のことを全く無関係な人にはしたくない、という状態ではないでしょうか。

二人きりになりたい

あなたが、相手と二人きりになりたい、じっくりと向き合って時間を過ごしたいと思うのであれば、相手に対する好意は強くあると言ってもいいのでは?

もう好きじゃない相手や、嫌いな相手なら、できれば二人きりになりたくないと思うものですよね。普通は、そういう相手と二人きりになりそうになると、さっと席を立ったり、その場を離れるのではないでしょうか。

なので、積極的に二人きりになりたいと思うのは、好意があるからと言っていいと思います。

嫌いな相手なら、同じ空間にいるのも嫌ですし、なんとも思っていない相手なら、二人きりになりたいとは思いません。

時間を共有したいと思える

一緒に映画を見たり、ゆっくり公園を散歩するなど、時間を共有したい、と思うのは、相手のことを好きだからでしょう。

だって、嫌いな相手とは、一分一秒でも同じ空気を吸っていたくないですよね?

時間を共有したいと思うのは、相手のことが好きだからではないでしょうか。

嫌いとまでは行かなくても、別に好きでもない相手と、同じ場所で同じ時間を過ごすのって、なんとなく自分の時間をムダにしていると感じませんか?

この人と一緒にいると、時間をムダにしてしまっているなと感じる相手って、好きじゃないってことだと思います。

自分の時間って、特に忙しい人にとっては、何よりも貴重なもの。
それを相手と一緒に分け合いたいと思えるかって、すごく大切なポイントではないでしょうか。

一緒にいると落ち着く

一緒にいると、刺激は減ったけど、気持ちが落ち着くのであれば、それは「好き」が「愛情」に変わってきているからかもしれません。

一緒にいると落ち着く相手って、自分から探してもなかなか見つかりませんよね。

でも、人間って、バカなところがあって、落ち着く相手よりも、つい刺激的な相手を選んでしまうこともあるんですよね…。

落ち着ける相手を、ただ刺激が足りないからと、あっさり手放してしまうこともあります。

特に若いころは、そういう傾向があるかもしれません。でも、それを後悔するのは年を取ってからだったりします。

「あの時、彼と別れていなかったら、今頃…」と思ったことがある女性もいるのではないでしょうか。そういうときの「彼」って、一緒にいて落ち着く相手だったはずです。

そして、ただ刺激や、面白さだけを追求して選んだ相手ほど、関係が長続きしないことも多いです。

逆に、一緒にいて安らぎを感じるような人は、じわじわと二人の仲が深まっていくので、長く安定していい関係を築くことができるのではないでしょうか。

ですから、一緒に落ち着ける相手が彼なら、手放さないようにしてください。

相手の体調が悪いときに寄り添ってあげたいと感じる

相手が風邪をひいたときやケガをしたときなどに、世話をしてあげたい、と思うのは、相手のことを好きだから、ということが多いと思います。

もし好きでもない相手なら、心配はしても、実際に看病に行ったり、寄り添いたいと思うことはありませんよね。

でも、具体的に自分が行動を起こして、相手の世話をしてあげたいと思うなら、それは相手のことが好きだからに違いありません。

もちろん、あなたがとても優しい人で、どんな人でも困っている人は助けてあげたい、世話をしてあげたいというタイプであれば、それがイコール「好き」ということにはならないので注意が必要です。

「好きかわからないけど取られたくない」という不思議な感情が生まれる理由

自分のことが好きなはずなのに他の人に感情が向いていることが許せない

相手のことをはっきり好きだという自覚はないけど、彼が他の女性のことを褒めたり、気になっているような口ぶりだと、腹が立つ、ということもあるでしょう。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

そこには、「彼の気持ちは自分に向いているはず」という思いがあるからではないでしょうか。

自分が好きという気持ちよりも、「相手から好かれている」という気持ちの方に、フォーカスが当たっているのです。

誰にでも、自分のものを人に取られたくない気持ちってありますよね。

それが、誰かからの好意であっても、自分に向けられたものを、他の人に向けられるのはイヤ、と思ってしまうのではないでしょうか。

こういった、所有欲のような気持ちだと、あまり自分の相手への好意には関係ないところがあるので、そこにこだわりすぎるのもよくないかな、とは思います。

大事なのは、相手からの好意ではなく、自分が相手をどう思うか、ではないでしょうか。

そこを見間違えると、相手のことを本当は好きじゃないのに、ただ自分のことを好きでいて欲しいからという理由だけで追いかけてしまうことにもなってしまいます。そんなことをしても自分の心は満たされずむなしいだけ。

大切なのは、彼があなたをどう思っているかではなく、あなたが彼をどう思っているかではないでしょうか。

そう考えて、所有欲のようなものはさっさと捨てましょう。そうすれば、もっと自分の気持ちに素直に生きられるのではないでしょうか。

友達として取られたくないと感じている

異性としてではなく、彼を仲のいい友人として、誰かに取られたくないな、と思ってしまうこともあるでしょう。

それは、同性の友人にも感じるような気持ちかもしれません。

たとえば、自分が一番の親友だと思っている女性の友人が、他の女友達と仲良くしていたら、つい嫉妬してしまった、という経験をしたことがある女性もいるのではないでしょうか。

それと同じようなことが、異性の友人だとしても起こりえます。

まず、そもそも、異性で本当に仲良くなれる友人って、なかなか作るのは難しいですよね。

そんな風に、異性の友人に、好きな人ができて、誰かのものになってしまうと、やっとできた仲の良い友達を取られるようで寂しい…と思うことだってあるでしょう。

そして、同性と違って、異性だと、恋愛と友情の境がどこかあいまいなこともあるので、もっと複雑な感情が沸いてしまうこともあるかもしれません。

どんなに仲が良くても、異性は同性と違い、恋愛感情という別のものが生まれることがないわけではありません。なので、なんとなくきっぱり割り切れない、という人もいるのではないでしょうか。

自分が一番仲のいい人でいたい

恋愛関係ではなくても、自分が相手にとって、一番の仲良しでいたい、と思うことってありますよね。

自分が相手のことを、恋愛感情ではないけど、すごく人として好きで、そんな相手だからこそ、相手にも自分を一番好きでいて欲しい、と思ってしまう。

それは相手が同性であれ、異性であれ、よくあることではないでしょうか。

だからこそ、相手に自分よりもっと親し気な人ができるのはイヤ…というのは、いくつになってもあると思います。

幼いころであれば、それを素直に言葉にすることができたのではないでしょうか。
「他の子と仲良くしたらダメ!」なんて風に。

でも、いい歳をした大人になって、そんな子供じみたことは言えませんから、ぐっと胸の内に秘めていると、余計、こじらせた感情になってしまうことも…。

相手を、異性としてではないけど、純粋に人として好き、という気持ちに、独占欲のようなものが入ってしまうので、あまりにごちゃごちゃしてしまって、「自分の気持ちがわからない…」と思う原因にもなってしまうのではないでしょうか。

好きになりかけていて不安定な状態

相手のことを、恋愛として好きになりかけているときも、はっきり自分が好きなのか分からないけど、他の誰かに取られたくない、という気持ちになりやすいのではないでしょうか。

相手のことをはっきり「好き」と意識するタイミングって、人それぞれですよね。

それまでは仲のいい友達として付き合っていたのに、ある日急に、「私ってこの人のこと、異性として好きかも…」と自覚することもあります。

ただ、そこに至るまでの間、なんとなく言葉にできない、モヤモヤするけどキュンともするような、複雑な感情を積み重ねてきたはずです。

そういう不安定なときに、誰か他の人が彼にちょっかいをかけてきたり、彼が他の女性に興味があるような口ぶりをすると、自覚がない嫉妬心に火がついて、モヤっとしてしまうのだと思います。

そして、ある日突然、「この人を取られるのはイヤ!」という強い感情が沸いてきて、自分でも驚いてしまう、ということはあるのではないでしょうか。

恋愛感情にはっきりと変化するきっかけが分かる場合もあれば、いつの間にかどうしようもなく好きになっていた、ということもあるのが人間ですよね。

なので、その都度、自分の気持ちを確認していくのも、必要なのかもしれません。

他にも気になる異性がいる

同時期に、複数の人に心惹かれる、ということもないわけではありませんよね。

モテ期というのか、自分の周りに、急に恋愛対象になりそうな異性が沢山出現するときってあるものです。あなたの異性を引き付ける魅力がアップしているのでしょう。

そんなときは、自分の気持ちが本当は一番誰に向いているのかよく分からず、色んな人に可能性を見出してしまって、一人に絞れず、戸惑ってしまうこともあるのではないでしょうか。

そして、はっきり「この人を好き!」とは思えなくても、恋愛候補の一人、と思っている人がいれば、その人を誰かに取られたくないと思ってしまうのも仕方がないこと…。その人と恋に落ちる可能性がゼロではないのですから。

ただ、恋愛対象の候補が複数人いる場合は、時間が経つにつれ、自然に自分の気持ちははっきりしてくると思います。

でも、そんなときこそ、彼が他の女性からのアプローチで持っていかれてしまう、ということもよくあること。

後から、一番好きだった男性を持っていかれてしまった!と気づくとショックも大きいです。

ですから、複数の異性に目移りしてしまうときは、できるだけ早めに自分の気持ちを確かめることも大切。

他の女性の目も節穴ではないですから、後から考えてみれば、一番いい男をかっさらわれてしまうことってあるんです…。そのあたりだけは気を付けて。

好きかわからないけど取られたくないという感情が生まれたときの対処法

連絡を控える

自分の気持ちを確かめるためにも、「他の女性に取られたくない」という感情が生まれた相手とは少し連絡を控えてみる、というのも一つのやり方ではないでしょうか。

連絡を控えることで、自分の相手に対する本当の気持ちが分かることがあります。
失ってから気づくのは辛すぎますよね。ですから、きちんと自分の心と向き合いましょう。

また、そうすることで、相手からのリアクションも見ることができますよね。
恋愛は自分の一方通行の思いだけでは成立しませんから、このタイミングで相手の気持ちを確かめるのもいいのではないでしょうか。

会うのを控える

いつも顔を合わせていると、相手の存在が近すぎて当たり前になってしまうことも…。

彼のいい面も悪い面も、近すぎるとよく見えてきません。自分の気持ちも、彼と顔を合わせているときほど、見えなくなってしまうこともあります。

ですから、思い切って、彼に会わない時間を作ってみる、というのもいいと思います。じっくり自分の気持ちと向き合ってみてください。

相手の好きなところと嫌いなところを考える

相手の好きなところと悪いところを、実際に紙に書いてみるのもいいのではないでしょうか。

相手がどういう人なのかを客観的に見てみると、自分が相手をどう思っているのか、よく見えてくるのではないでしょうか。

同時に、自分の好きなところと嫌いなところも書いてみると、「自分はこういうところがあるから、彼のことが気になっているのかな」など、より一層、自分の気持ちが把握しやすいでしょう。

恋愛以外のことに力を入れてみる

自分の気持ちがぐちゃぐちゃになってよく分からなくなってしまった…というのであれば、一旦、思い切って、恋愛から離れてみるのもいいのではないでしょうか。

相手のことを考えても答えが出ないときは、全く別のことに集中してみると、問題だったことが、意外とあっさり解決してしまうこともよくあります。

恋愛にばかり集中しすぎると、視野が狭くなってしまい、遠くまで見渡すことができなくなってしまいます。心が疲弊してしまうこともあります。

ですから、スポーツや温泉旅行など、思いっきりリラックスできることをやってみて自分を癒すことに注力するとか、ぜひ、自分の心と体がリフレッシュできることをしてみましょう。

他の異性とくらべてみると好きな気持ちに気づけることも

彼と他の異性をじっくり比べてみることで、「やっぱり彼が好き!」と気づけることもあるのではないでしょうか。

別の男性と、デートまでする必要はありません。仲間内で飲むとか、仲間と一緒に出掛けてみるだけでも、他の男性と彼を比べることはできます。

やっぱり、好きな人との方が何をしていても楽しいですし、居心地の良さを感じることもあるでしょう。そして、彼がそこにいないことを寂しいと感じることもあると思います。

そんな寂しさを通して、「自分は彼のことを好きだったんだなあ」と思うこともあると思います。逆に、それほど彼が好きではなかったとしたら、他の男性に魅かれることもあるでしょう。

そんな風に、自分の気持ちを確かめるためには、色々な人と会ってみる、というのも必要なプロセスになるときがあります。

好きかわからないけど付き合うのはあり!ただしなんとなくはNG

好きかわからないときは交際前に何度か長時間デートをしてみよう

好きかよく分からないけど、他の人に取られるのはイヤだな…と思う相手とは、とりあえず付き合ってみる前に、何度かデートをしてみるのもいいのではないでしょうか。

それも、短い時間のデートではなく、何時間も往復にかかるドライブデートや、テーマパークなどがおススメ。

長時間一緒に過ごすことで、お互いの素が見えやすいですし、渋滞や行列などに遭遇したとき、相手がどういう態度を見せるかって、結構重要です。

すぐにイライラしたり、自分が思うようにいかないとあなたに当たったりする人なら、付き合わない方がベター。付き合っても、苦労すると思います。

ちゃんと付き合うかを決めるために、デートをしてみて、彼の性格が本当に自分に合っているか、二人の相性を確かめてみましょう。

嫌な一面を見る覚悟があるなら付き合ってみて

相手の嫌な面を受け入れる覚悟があるなら、とりあえず付き合ってみる、というのもいいと思います。

誰でも完璧ではありませんから、長所もあれば、必ず短所もありますよね。
なので、どんな人と付き合っても、相手の悪いところを受け入れることは必要になってきます。

そして、とりあえず付き合ってみるということは、そういう相手の嫌な一面を見ることでもあるのです。それを受け入れるという覚悟がないと、必ず関係は破たんしてしまうでしょう。

逆に、相手のすべてを受け入れるという覚悟が決まっているなら、付き合ってみるのもいいのではないでしょうか。

相手のために時間が作ることが苦にならないならOK

付き合うということは、相手のために自分の時間を使うということです。

特に、仕事や趣味に忙しい人にとっては、貴重な時間を相手に捧げるという意味でもあります。

なので、一緒にいてつまらないと感じたり、苦痛を感じる相手なら、自分の時間もムダになってしまった、と感じますよね。

でも、自分の時間を費やしても嬉しいとか幸せと思い、苦にならない相手であれば、付き合ってみるのもいいと思います。

直感も大切に!頭で深く考えすぎたり分析しすぎたりするのはよくない

感じるままに、直感で決めるのもいいのではないでしょうか。

好きかどうか、はっきり分からなくても、どこかで相手に魅かれているのが間違いないのであれば、失敗を恐れず飛び込んでみる、という手もあります。

もちろん、相手が危険な人物である可能性がないわけではないので、そのあたりだけはきちんと確かめた方がいいと思います。

ただ、ごく普通の男性であれば、たとえその彼と付き合ってみてうまく行かなくても、一つ恋愛経験を重ねただけ。「この恋が人生最後の恋!」と思っているわけでもなければ、とりあえず付き合ってみる、というのもいいと思います。

考えすぎると、たいてい、思考がこんがらがってしまい、正しい答えを出せなくなってしまうもの…。案ずるより産むがやすし、ということわざもありますよね。

失敗してもいいから、自分の直感を信じてみる、というのも時には大切ではないでしょうか。

積極的にスキンシップをしたいと思えないなら付き合わない方がいい

先ほども書いた通り、スキンシップしたくない相手のことは、本能的に好きではないのでしょう。男女としての相性というのも、大事ですよね。

もちろん、性的な部分だけで惹かれ合うのも、あまり長くいい関係を築けない場合もありますが、わざわざ男として好きになれない人と付き合う必要もありません。

男としても人としても好き、というのがベストだとは思いますが、人として好きでも男としてはNG、という人とはやっぱりうまく行きませんよね。

いくら条件がいい相手だったり、友人としては楽しい相手だったとしても、やっぱり男として惹かれない人とは付き合っても相手に寂しい思いをさせるだけかもしれません。

そのあたりは、自分の直感にもかかわる部分ですから、妥協しない方がいいと思います。

好きかわからないときは自分の気持ちとしっかり向き合うことが大切!

好きか分からないけど、相手を誰かに取られたくない…ということもあるのではないでしょうか。

自分の気持ちがよく分からないときは、じっくり自分と向き合うことも大切。
それでも分からないと思うなら、他の異性とグループなどで出かけてみるなどして、彼と他の男性を比べてみるのもいいのではないでしょうか。

彼を誰かに取られて、初めてその大切さに気づいても遅いのです。

ですから、あなたにとって大切な人かどうかの判断は、なるべく早くつけた方がいいのではないでしょうか。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2022】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事