真顔で見つめる男性心理を知って脈ありかなしか判断しよう!会話中じっと見てくる場合や遠くから見つめてくる男性の気持ち
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「真顔で見つめるあの人の気持ちを教えて欲しい」「男性の心理を知って恋愛に繋げる反応を身に着けたい」とカレの表情や動作から関係性を作りたいと思っている方へ。

会話をしていたり、職場で過ごしていたりすれば、ふと視線が重なりどうすればいいのか分からなくなることは珍しくありません。

相手が好きな人なら、この先恋愛に発展する可能性があるのかどうか、脈あり判定したいところ。

そんなあなたに、真顔で見つめる男性心理についてご紹介しますので、相手の本音を知る為の参考にして下さいね。

相手からの態度が脈ありなものだと判断できれば、好印象を残す対応についてもお伝えしているので、カレの気持ちを掴むために実行してみましょう。

目次

会話中にふと真顔になりじっと見つめる時の彼の気持ち

全然関係のない事を思い出してしまって表情がフリーズ

会話をしている中でふと真顔になり、じっと見つめる時の彼の気持ちは、話の内容とは全然関係のない事を思い出してしまったというもの。

多くの人は、言葉を発している時には言語に集中しているもので、話題に沿った思考になっています。

相槌程度しか行っていなければ、別の事を考えている人も。

積極的に発言していたとしても、言葉のやり取りの中に忘れてしまっていたキーワードが出てきたのが発端で、全く関係のない記憶を呼び覚ます事もあります。

業務の合間に社内の同僚と話している時、休みの日に何をしているかという話題なのに、「○○上司はどんな趣味なんだろうね」など言った事がきっかけで、その上司から依頼されている仕事を思い出したり、呼び出されているのにうっかり忘れていたことに気づいたりと、脳内が一転するのです。

その一瞬で、思考回路は「そうだった」「ヤバイ」など、思い出した方に支配され、もはや会話の続行は不可能となります。

ふと真面目な顔になった時は、瞬間的に記憶が呼び戻った印。

決して忘れてはいけない事を思い出した時ほど、その表情は鬼気迫るものであり、冷や汗なども出てきます。

冗談ではなくて本当に好きだと伝わらないのがもどかしい

ふと真顔になる時のカレの気持ちは、冗談ではなくて本当に好きだと伝わらないのがもどかしいというもの。

会話の中のやり取りで、既に男性は女性に対して好意的であることを何度か伝えています。

しかし、女性側は冗談としか受け取っておらず、一向に進展する気配がありません。

カレの心中は、「どうして本気にしてくれないのかな」「本当は分かっているのに、脈なしだからはぐらかしているのかな」と女性の気持ちを知りたくて仕方がない状態です。

気持ちを伝えていても、冗談とばかり受け取られるタイプの男性は、普段から軽口を叩いている人やかなり社交的で交友関係が広くて恋愛対象に困っていない様な人に多いと言えます。

女性側からすれば、「私の事なんて好きになるわけないよね」「喜ばせるような事ばかり言って、女の人の扱いが本当に上手だな」と考えてしまうようなタイプです。

男性の気持ちはストレートに伝わらず、いくら本気になってもこれ以上どうアピールすればいいのかもどかしい気持ちになっている時、真剣な表情で心を察して欲しいと願っています。

相手の女性に対して好きな気持ちを持っているから見とれている

言葉のやり取りをしている時にふと真顔になる男性は、相手の女性に対して好きな気持ちを持っているから、「かわいいな」「綺麗だな」と見とれている感情に支配されています。

思いを寄せる人と対峙しているだけで、彼にとってはとても幸福な時間。

話に集中出来なくても無理はありません。

せっかく会話をしているのに、ふと真剣な表情をして見つめられても、聞いてくれているのかどうかの方が気になる事もあるものです。

カレの頭の中には、会話の内容よりも目の前にいる女性を観察して、ひたすら「かわいいな」「好きだな」と思っているだけ。

見とれているうちに、どんどん話が進んでいるので、正直なところスピードについていけていないはずです。

質問を投げかけられると「何だっけ?」と聞き返してきたり、「うん、そうそう」と適当に相槌をしたりと集中していない事は丸わかりになります。

細かいオシャレに気付いて観察している

対話をしている場面で、ふと真顔になる男性の気持ちは、細かいオシャレに気が付いて、「素敵なセンスだな」と観察しているというものです。

女性には、日替わりで観察できる要素が沢山あります。

服装に髪型、メイク、アクセサリーやバッグ、靴など、身にまとうもの全て、ずっと統一している人もいれば、毎日気分や服装に合わせてコーディネートを楽しんでいるいる人も。

細かい部分にまでこだわってオシャレをしている女性は、いつ見かけても飽きる事はありません。

男性も「いつもおしゃれだな」と感心している人の一人で、対面して話を進めている最中に、細かいポイントに気が付いたということです。

ピアスやメイクの細かい部分などは、遠目からはよく分からない部分と言えます。

至近距離で実物を見ながら話しているからこそ、気付く事もあるのです。

「よく見たら可愛いピアスしているな」「新しいリングが増えているぞ」と装飾品のチェックから、「メイクの雰囲気が変わったけど良い事があったのかな」などお化粧のテイストから近況を推測する事もあります。

話したいことがあるからタイミングを窺っている

対面して話をしている時にふと真剣な表情になるのは、カレ自身が話したいことがあり、タイミングを狙っているというものであり、「いつ切り出そうかな」という気持ちで一杯になっています。

双方に話したいことがあっても、いざ対面して会話を始めると、言葉が饒舌な方がリードをしたり、立場が上の人の話題を優先させたりするもの。

彼が、おしゃべりが苦手な場合には、言いたいことがあっても相手のペースに割り込んで切り出す勇気もなく、言葉を飲み込んでしまいます。

大した用事でなければ、「またの機会にしよう」と思えるものですが、それも何度も繰り返されることで、「いつになったら話せるのかな」「そろそろ本当に切り出したい」と思いを募らせるところです。

女性に対しての思い、重要な決断、誰にも言えない秘密など、言いたいけど言えない場面が積み重なると、タイミングを切り出すのにも気構えてしまいます。

真顔になった瞬間は、「今回は話したいな」と自分の話題の方に思考が向いている瞬間です。

遠くからこちらを見たまま視線を外さない男性の心境

「近づいてきてくれないかな」と待っている

遠くからこちらを見たまま視線を外さない男性の心境は、「近くに来てくれないかな」と相手の行動を待っているものです。

距離を近づけたいと密かに思っている場合や、仲良くなり始めたばかりで相手からどの程度親しく思われているのか気になっている時など、女性側の気持ちが少し知りたいと思っていると、行動を待つという態度を取ります。

本当は、自分から話しかけに向かいたいけど、それでは自分ばかりが仲良しになっているつもりのような気がして、少し不公平感を抱いているところです。

「あの子も話しかけようと思ってくれるかな」「こっちに気付いたのだから近づいてきてくれないかな」と期待しています。

自分から積極的に行動するのは簡単だけど、相手からも好かれていると分かった状態で友達関係を築いていたほうが、安心して傍に居られるものです。

遠くで目が合ったからこそ、仲良くなりかけの人の気持ちを知るチャンスだと考えています。

一瞬で目をそらしてしまえば、何もなかったかのように立ち去ってしまうので、行動を起こしてほしい願いが強い分、しばらく現状を維持しているわけです。

どのくらい目を合わせ続けられるかで相手の反応を観察している

遠くで目が合った時に見つめ続けるのは、どのくらい目を合わせ続けられるかで相手の反応を観察しているというものです。

男の人と女の人では、考え方や感じ方も細かい部分で様々違うため、自分の思いとは食い違っている事もよくあります。

同じ社内、友達関係、知人、などどんな間柄であっても、自分の事を嫌っている人と一緒にいるのは辛く感じるところです。

目が合った瞬間、相手の反応を見て自分への好感度や嫌悪感を確認しようと考えています。

嫌いな人と目が合うと、多くの人が「しまった」と言わんばかりに、すぐに目をそらすはずです。

また、顔をしかめたり、背を向けたりと明らかに拒絶する心境が、態度に表れます。

フラットな関係であれば、軽く微笑んだり会釈をして、すぐその場を立ち去るところ。

友好的が思いが働いているのであれば、じっと目を見つめ返してきたり、手を振って来て離れていてもコミュニケーションを試みます。

女性に自分がどう映っているのか知りたくて、反応を確認しているのです。

どんな行動をしているのか見ていたい

遠くにいるのに視線を外さないのは、女性がどんな行動をしているのか見ていたいという心境が働いています。

カレは、相手の女性からすぐ目を逸らされてもいいと考えている状況です。

むしろ、こちらは気にせず、普段通り行動して欲しいとすら願っています。

なぜなら、あの人にとって、今は観察の時間。

視線の先にいる女性が、何をしているのか、見ていたいと思っているからです。

男性の心の中に、相手の方への好意があるのかどうかはまだ分からない状態ですが、少なくとも興味を持っていて、「知りたい」と思っています。

相手の女性の仕事ぶりを見たいのか、どんな人と仲が良いのか知りたいと思っているのか、それとも、いつもスマートな仕草だから、どこかに失敗するタイミングがないか、あら捜しをしているという事も。

女性の行動を観察して、どんな人なのか今以上に知りたいのです。

人気の高い女性であれば、その秘訣を探して、自分にも取り入れられる要素はないかと考えている可能性もあります。

興味を持っているので、今は見ているだけでいいと思っていますが、今後は話をしてみたいと考えるようにもなるはずです。

「あの子が話している人は誰だろう?」交友関係を知りたい

遠くにいるのに視線を外さないのは、「あの子が話している人は誰だろう?」と女性の交友関係を知りたいという心境だからです。

直接会話をしていると、相手の女性の事を知るのは早いですが、近すぎることで見えないこともあります。

遠くから見る事で、男性とは関わったことのない人と仲が良いとも分かったり、二人で会話している時には見せない表情をしたりと、よりあの子の色んな面を知ることが出来るのです。

知り合いや仲良しの人を見かけると、心がウキウキして、声を掛けようと思いますが、自分と知らない人と会話している最中であれば、話しかけるのは止めようと考えます。

遠慮する心理が働くからですが、それは他の人でも同じ。

自分以外と話をしている姿を見て、交友関係を知り、話題を広げたり紹介して欲しい人を見つけたりと、新しい世界を広げられます。

文句を言いたいけど遠すぎて言えない

遠くの方から視線を外さない男性は、文句を言いたいけど遠すぎて言えないという心境になっています。

見つめる先の女性に対して不満を抱いていますが、見つけた時点での二人の距離は声を掛けられるほどのものではありません。

呼び出してまで注意をするほどの重大な事ではないけど、近くにいれば必ず小言程度にはグチグチ言ってしまうようなもの。

机の上が整理できていなくて見栄えが悪い、気が利かないからお客様に不愉快な思いをさせていないか心配、小さなケアレスミスを繰り返しているから仕事に対して真剣さが見えてこない、などです。

つい顔を見るとイライラして不満を言ってしまいますが、遠くに見つけてしまったのでは文句も言えないので、心の中だけでいら立ちが募ります。

後輩のお世話をしている育成係の人にとっては、あの子のミスが自分の失敗として責任を追及されることになるのです。

少しでも成長させようと思うほど、細かい部分に目がいき、小言を言ってしまいます。

遠くに見つめても心配な気持ちは変わらないので、ついその後の行動を監視する意味でじっと目をそらさずに見てしまうわけです。

女性に気があって真顔でガン見してくる男性が出す脈ありサイン

わざわざ間を取って微笑む

女性に気が合って真顔でガン見してくる男性が出す脈ありサインは、わざわざ間を取って微笑むという動作です。

相手の方に対して「振り向かせたい」「興味を抱かせたい」と思っているため、いかに好印象を残すか、また気になる存在になるかどうか、勝負所となります。

モテる男性ほど、表情や仕草で気を引かせようとするもの。

軽く微笑んだり、「やぁ、調子はどう?」と女性側にしゃべる機会を与えたりなど、余裕のある動作です。

あの人の方からじっと目を見つめてくるような仕草をしたのに、敢えて何も話さず微笑むだけという態度をすると、女性としては「素敵」「大人の余裕のある人だ」と感じやすいと言えます。

じっと目を合わせることで、「何か用事かな?」と思わせておいて、笑顔だけしかないので、見つめていた出来事が際立つのです。

視線だけで女性を落とすには、かなりの玄人でなければ難しいテクニック。

男性は、多くの女性をこの方法で虜にしてきたはずです。

じっくり顔を見た後に「かわいいね」

じっくり顔を見た後に、「かわいいね」と言ってくるのは、脈アリな場合に見せる態度です。

顔をガン見する時点で、女性側の心境は驚きと不安に支配されます。

「何か悪い事をしたかな」「機嫌を損ねるようなことを言ってしまったのかも知れない」と不安になったところで、「可愛いね」と一言放たれると、女性は拍子抜けして一気に気持ちが緩むはずです。

男女の恋愛が始まるのは、感情の落差が大きい時。

緊張感から解放され、突然容姿を褒められたとなると、彼女の心は急激に高まります。

「そんな風に想ってくれていたなんて、ビックリ」「怒られるのかと思って、驚いた」と気持ちの変化を言葉にすれば、「君に見とれていたんだよ」とダメ押しの一言。

女性の心は一気に彼に惹き付けられます。

男性は女性を落とそうとしているため、自信たっぷりの態度で接してきていて、余計に魅力を感じるところです。

あの人に好きな思いを持っているなら、嫌われたくないと考えているため、緊張感はより高いものとなり、落差は大きくなるので恋愛が急加速します。

髪や顔に触れてくる

ガン見してくる男性の脈ありの行動は、髪や顔に触れてくるというもの。

どの部位であっても、触るという行為は嫌いな人にはまず行いません。

最低限、嫌いではないという事です。

愛しい思いが募った時には、自然と相手に触れたいという願望が生まれ、無意識のうちに手が伸びていることもあります。

髪や顔は、女性にとって特に入念にケアを行っている部位。

綺麗に見せるために身だしなみを整えて、何度も鏡を覗き込み確認する時に、映っている箇所です。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

女性が丁寧に扱っている髪や顔に触れるという事は、大切に扱いたいという心理の表れでもあります。

顔をじっくりと覗き込み、さらに手を差し伸べてくるのは、もうキスしたいという気持ちにまで高まっている可能性も。

愛しい思いを心の中に留めておくだけでは、物足りなくなっているという行為です。

遊びかどうかを見極めるためには、同じ状況になっても、何度かはそっと手を解いたり、恥ずかしさを装って距離を取ったりすることで、本気の人だけ諦めずに繰り返してくれるという選別が出来ます。

見た目や性格などいろんな角度で誉めてくる

見た目や性格など、いろんな角度で誉めてくるときには、顔を覗き込んでくるカレの脈ありの行為と言えます。

誉め言葉をいう時には、好きな気持ちがある場合と、お世辞のパターンがあるもの。

お世辞であれば、顔を見つめる必要もなく、表面上の言葉だけでいくらでも相手を喜ばせることが出来ます。

けれども、一度ガン見してきているという動作が入っている事で、同じ褒めるという行為にも重みが生まれるのです。

彼の心の中には、どうにかして本人に魅力がある事を伝えたい、自分が普段思っている事を包み隠さず教えてあげたいという気持ちが芽生えています。

女性が自分の魅力に無頓着だったり、自信が持てなくてネガティブな発言ばかりしていたりと、彼から見るととても「もったいない」と思う事ばかりしているはずです。

卑下する必要がない事、味方がいる事を伝えて、「元気になってもらいたい」「笑顔になって欲しい」と心から願っています。

そのために、表面上な事だけではなく、性格や普段の様子など、褒められるものは全て伝えようとするのです。

「ドキっとした?」とイタズラ発言をする

ガン見してくる男性の脈ありサインは、「ドキッとした?」とイタズラ発言をするものです。

大好きな子を前にして、思わず見とれてしまったり、楽しい妄想を膨らませたりしてしまう間、思考に集中しているため、自分の視線にまで注意が回っていません。

いつの間にか、好きな子の事をガン見してしまっている自分に気づき、どうにか不自然さを解消しようと言い訳を考えます。

「ドキッとした?」と質問を投げかけ、わざと静止していたことにすれば、頭の中の恥ずかしい発想はバレずに済むはずです。

しかも、女性に手慣れている感じも出せて、男としてはとてもセクシーな魅力を醸し出せるとも考えます。

男性は、女の子慣れしていない事をとても恥ずかしいと感じるものなので、余裕があるように見せかけるのです。

イタズラ発言をし、あの子を茶化すつもりだったことにすれば、本当はただ見とれていただけという事実を隠蔽できます。

好意を隠したいうちは、全て冗談ということにしてごまかすところです。

彼が真顔でじっと見てくる理由は好意ではなかった!脈なしのケース

「鏡を見てきておいで」は親切!メイク崩れや鼻毛が出ているケース

脈なしのケースは、「鏡を見てきておいで」と言われた場合です。

女性としてはとても恥ずかしい事ですが、どれだけ気を付けているつもりでも、自覚がないままメイクが崩れてしまっていたり、鼻毛が出てしまっていたりすることも、たまには起こります。

指摘をしてくれるかどうかは、意見が分かれるところですが、教えてくれたとしても、決して嫌がらせではありません。

「他の人に見られて恥ずかしい思いをするよりは、早く教えてあげよう」という親切心。

つけまつげのグルーが取れて浮き上がっていたり、口紅が歯についていたり、ランチで食べたものが付いたままという事も。

「さっきチェックした時には無かったのに!」とショックを受けてしまう場面ではありますが、人間は常に動いているものなので、仕方がない事です。

じっと見つめていたのは、あなたの異変に気付いて教えるべきか悩んでいたから。

ガン見する間に、視線がきっかけになって、自分で気が付いてくれれば一番いいとさえ、考えてくれています。

地雷を踏んで腹を立てているケース

ガン見してきたのに脈なしのケースは、地雷を踏んでしまって腹を立てているという時です。

目を見開いて何か言いたそうに見つめていても、それは好意ではなく懸命に怒りを抑えているということもあります。

人には様々な過去がある為、他人には分からない心の傷を抱えているという事も少なくありません。

トラウマ的な深刻なものでなくても、「話題にしたくない」「最近で一番嫌な出来事だった」という、流動的な怒りである場合もあります。

自分にとって、タブーな話が何かを触れ回っている人はいないので、心の奥底にそっとしまっておくものです。

会話の流れで、思いがけずタブーに触れてしまい、彼がひとりで沸き上がる感情を抑え込んでいる事も。

わざわざ言葉にして「僕の地雷を踏んだね」とは教えてくれないので、周りの人からすれば何が起こっているのか分からない状態という事になります。

会話がぴたりと止まってしまい、ピリピリした雰囲気が漂えば、早々にその場を切り上げましょう。

カレの恋人が嫌っている相手だったケース

彼の恋人が嫌っている相手だったケースでは、ガン見してきても脈はないと言えます。

大人になると、恋人がいるかいないか、さほど興味を持たなくなったり、気になっても聞けなくなったりするものです。

思いを寄せる男性であっても、実は彼女がいるけど、周りの人には誰にも言っていないので、恋人がいない人だと思われていることもあります。

周りの人が誰も知らないカレの彼女が、嫌っている相手は、恋人の男性も自然と警戒してしまうもの。

女性同士では、軽い段階で人に対して好き嫌いを言うことが多く、少し意見が合わなかったり、雰囲気が苦手だったりするだけで「あの人嫌い」と彼氏に伝える事も珍しくないはずです。

彼の心の中では、「彼女が嫌いって言っていた子だ」と、謎の敵対心を持って、見てきます。

ガン見して、彼女の代わりに威嚇行為をする事もあるのです。

恋人を守りたいという心理からくる行動で、好きな彼女からの評価を高めたいというものでもあります。

女性に対して敵視しているので、現時点で恋愛に発展する事はまずありません。

友人が好きな相手でアドバイスのための観察をしていたケース

友人が好きな相手だから、恋愛のアドバイスをするため女性を観察していたというケースでは、彼本人との脈はないと言えます。

男性同士の友情は、とても強い絆があり、恋愛相談を持ち掛けられると、その人と幸せになってもらいたいと心から願うものです。

親友であるほど、友達の好きな人を横からとるわけにはいきません。

彼がガン見してきたのは、友達に情報を渡すための収拾をしているから。

何が好きでどんな話をして、休日には何をしているか、恋人はいるのか、結婚願望はあるのか、など詳しく聞き出します。

カレ自身が好意を持っているわけではないけれど、友だちの為なら些細な情報もしっかり収拾しようとしているのです。

また、情報を集めながら「この子のどんなところが好きなのかな」と友達の気持ちにも、女性の人物像にも興味を持っています。

せっかく見かける機会があるのだから、何か話題はないかと考えるはずです。

友達が聞きたそうなことを問いかけるので、質問の仕方がインタビュー風になってしまう事もあります。

似ている人を知っているから感心しているケース

ガン見してくるけど脈ありなわけではないケースは、似ている人を知っているから、感心しているという場合です。

世の中、自分に似ている人が3人は存在すると言われています。

「友達の彼女に似ている」「昔の知り合いとそっくり」「親戚のお姉さんみたい」等と言われたことがある人も、少なくないはずです。

ガン見してくるカレは、記憶の中にある人物と目の前の女性が同一人物ではないか、違う人か見極めています。

「本当にそっくりだけど、今は外国にいるって聞いているから違う人だ」「似ているけど、名前が違うな」など、記憶の相手と同一ではないことを確認すると、次に感心が起きるのです。

「違う人だけど、こうも似ている人がいるのか」と。

彼の記憶の中の人と見比べられている間、目の前ではガン見されるという状況が起きていますが、わざわざ言葉にして伝える程の事でもありません。

実際に知り合いだった場合、話題を広げるには名前や関係性などもセットで思い出さなければ、会話が続きません。

好きというわけではないので、どれだけ長い時間目が合っていても、恋愛に発展するものではないのです。

男性に真顔で見つめられた時に女性が取ると好印象な対応

「恥ずかしい」と照れながら体に触れる

女性が取ると好印象な対応は、「恥ずかしい」と照れながら体に触れるというもの。

女の子が照れる姿は、男性からすれば、とてもかわいいと感じられる仕草の一つです。

真面目な顔で見られるときには、その相手が好きな人であるほど、本当に恥ずかしくなります。

「メイクが崩れていないかな」「変な顔していなかったかな」など、失敗しなかったかどうか気になるものです。

そんな慌てふためく様子も、男性からすれば「かわいい」と思う要素。

何気なく見ていたとしても、恥ずかしがって「ヤダ、そんなに見ないでよ」と彼の腕にポンと触れると、突然女性として意識し始めるということもあります。

応対一つで、好意を生み出すことも可能という事です。

ジッと顔を覗き込まれているのに、あなたも同じ表情で見返していれば、動物同士の威嚇の様にも感じられます。

体や表情の反応を大きくすることで、現状を変化させ、相手の意識を動かしましょう。

微笑んで「何かいいことでもあるのかな?」

女性が取ると好印象な反応は、微笑んで「何かいいことでもあるのかな?」と質問を投げかけるというものです。

ガン見されている事に気づいた瞬間、微笑む事で、相手の心を穏やかにすることが出来ます。

そして、良い事があるという前提で話しかける事で、とてもポジティブな印象を与える事も可能。

「何かいいことがあるの?」「嬉しい報告でも聞かせてくれるの?」と問われると、何もなくても嬉しくなる話題はないかと思いを巡らせ始めてくれます。

自然に、心の中はウキウキする出来事が溢れかえり、「一緒にいると楽しい」という感情を生み出すのです。

嫌な事を想定されて質問されるより、良い事前提で話を展開する方が、誰にとってもハッピーになるもの。

いつでも幸せを感じながら毎日を過ごしているというアピールにもなり、「この子と付き合ったら、幸せそうだな」と想像を膨らませる事にも繋がります。

男性は、女性にいつも笑顔でいてほしいと願っているものです。

一緒に過ごす時間が長い恋人であれば、尚更ポジティブな人の方が良いと望みます。

顔を近づけて「好きになった?」

顔を近づけて「好きになった?」と質問を投げかけるのは、いい女の印象を残す反応となります。

とても自信のある女性だと、たった一言で分かるはずです。

女性が自分に自信を持っている場合、多くの経験を積んでいたり、自分磨きに余念がなかったりと、努力の姿勢がある人がほとんど。

中には、根っからモテるタイプだから、男性はみんな自分の事を好きだと思っている人もいますが、やはりそんな女性の、自信たっぷりな態度は周りの人を魅了します。

男性からの視線を感じたからといって、自信がなければ自ら顔を近づけることは出来ません。

グッと距離感を詰めて、「私の事好きになったの?」「素敵だなって見とれていたの?」と聞くことで、「そんな風に思ってもいいんだ」と考えを肯定できるのです。

言動や行動、考え方など、自信のある女の人は、女性であることを自負しており、満喫しています。

女であることを楽しんでいる様子は、消極的で自信がない人よりも遥かに魅力的であり、惹きつけられるのも当然です。

両手で顔を隠して「見せない!」

両手で顔を隠して「見せない!」と意地悪するのは、実は見つめてくる男性にとって好印象を与える仕草です。

意識的なのか無意識なのか定かでなくても、両手で顔を隠して、「見せないよ」とすることで、カレ自身が見つめていた行為を自覚することになります。

「彼女にそんな風に言われるほど見つめていたのか」と自覚する事で、あちらの方が羞恥心を抱き始めるはずです。

女の子のいたずらは、男の人にとって愛しさを感じやすいもの。

無邪気さや幼さを感じるため、守ってあげたい願望が生まれます。

男性の中に芽生えた護衛本能は、愛情に発展しやすいので、大切な存在へと変化するのです。

「見せてあげないよ」とイタズラされた瞬間、彼の心はキュンとして、もっと見たいという衝動に突き動かされます。

「ちゃんと見せろよ」とじゃれ合いが始まり、手を掴んで顔から引き離そうとするスキンシップから、自然と距離感も近くなるはずです。

二人の顔同士が近づいた瞬間、再びキュンのタイミングが訪れ、ドキドキの関係が発展していきます。

一旦視線を外してから、再び合わせる

真面目な表情で見られた時には、視線を外してから、再度合わせると、好印象を残せます。

視線を動かすだけの動作ですが、これだけで十分恥ずかしさと興味を持っている事を伝えることが出来るのです。

一旦逸らす事で、見られていた事実に気づいたという印、恥ずかしくて現状を維持することが出来ないという心境を示します。

一呼吸置いて、再び視線を戻す事で、「まだ見てくれているのかな」という興味と「これからどうすればいいのかな」という不安を表現するのです。

男性が好意を持って視線を向けてくれていたのなら、熱いまなざしを重ね合わせる事で、心まで通じ合えます。

互いに見え隠れする戸惑いは、次のステップに進みたいという願望さえも表現する上級テクニック。

思いを寄せる人からの同じ気持ちを感じる時には、自分の好意をスマートに伝えられる目の動きを、マスターしておきましょう。

目は口程に物を言うと言われるように、視線一つで、彼の心をグッと掴むことが出来ます。

再度目を合わせる時に、体ごと正面を向いてまっすぐ見つめることが、気持ちを乗せるポイントです。

脈がありか、なしかを見極めよう

やけにリアルな夢を見る時の意味2

視線を感じて振り向いた時や会話をしている途中でふと、真顔で見つめる男性がいたら、何を意味するものなのか心理を知りたくなるところです。

相手が好きな人なら、視線の意味を知って脈があるのかどうか確認したくなるのも当然の事。

恋愛に発展できるタイプの行動なら、目の奥から彼の気持ちを感じ取れるはずです。

目以外に動作や言葉がないか、観察をしてあの人の気持ちを確認しましょう。

好きな人と新しい関係を始めるきっかけになるよう、好意的な対応もマスターすれば、素敵な恋がスタートできます。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事