明らかに両思いなのに…もどかしい両片思いの特徴&理由!両片思いを発展させる方法
あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット



あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット

宇宙が誕生したときから全ての記憶が眠っているとされる、アカシックレコード。「集合意識」や「宇宙の塊」とも呼ばれる存在で、この正解の過去の歴史・未来までもが全て記されているんです。

アカシックタロットは、タロットカードを用いてアカシックレコードにアクセスするリーディング方法。

誰もが知りたかった事実を、今読み解きます。

  • アカシックタロットを試す

  • 他人から見るとどう考えても「両思いなのでは?」と感じるのに、なぜか当の本人達は「片想いをしている」と思い込んでいることが多々あります。

    こうした現象は「両片思い」と呼ばれるもので、学生よりも社会人に多くいるのです。

    良い大人がなんで?と思うでしょうが、大人だからこそ相手の言動を素直に受け取っていいのか悩むものだったりします。

    ここでは、もどかしくなる両片思いの特徴や両片思いになってしまう理由をお伝えするので、恋愛の参考にしてみてください。

    目次

    両片思いって何?よくある特徴

    自分たちだけが片想いだと思い込んでいる

    よくある特徴1両片思いのわかりやすい特徴は、他の誰が見ても「この2人は両思い」と思っていますが、当人たちは「全然思い合えていない」と考えているところです。

    こうした感情は完全に思い込みであり、周囲の人から見れば「どうしてあんなに親密なのに、交際に発展していないのか?」と疑問に思われていることがほとんどです。

    自分たちと周囲の認識が全く違うことが、両片思いの特徴で、当人たち以外は非常にヤキモキしてしまう状態を指しています。

    「ああ!もどかしい!」「さっさと付き合えばいいのに」と周りの人から言われたとしても、お互い「そんなわけないよ…」と気持ちが引っ込んでいるのです。

    一方通行の片思いよりは切ない思いをしていないはずですが、両者がそれぞれの気持ちに気づいていないので、むやみに心が落ち込んだりもします。

    恋は盲目状態となっているため、いくら友人や知人が「絶対あの人はあなたのことが好きだよ」と後押ししてくれたとしても、自信がなく行動もできません。

    ただ、本来はお互いに片想いしている状態なので、いざ気持ちに気づけば、いざ少々の行動を取ることで、すぐに恋人関係に発展する可能性はとても高いです。

    両思い、片思いときっぱり分かれているのなら気持ちも汲み取りやすいのに、お互いでお互いに片思いをしているため、とても感情を読み取りにくいのです。

    「普段から優しいけど、誰にでも優しい?」「いつもニコニコしているけど、誰といても?」など、一般的な脈ありのセオリー通りだとしても疑心暗鬼に陥っています。

    両方の気持ちに自信が持てないから、何をどうされても自信につながらないのです。

    自信がないからいつまでも心に秘めたままの片想い状態なので、友人や知人から見ると「いつまであの状態なの?」とモヤモヤします。

    普段から一緒にいることが自然なのに気持ちに気づけない

    よくある特徴2両片思いの場合、好き同士なので一緒にいる時間や話している時間が他の人よりもだいぶ長いです。

    好意を持っているのだから当然とも思えますが、お互い片思い状態だと考えているので、一緒にいるだけで幸せな気持ちになります。

    この点でちょっと一般的な恋愛の考え方とズレが生じていることに、気づけていません。

    特に男の人の場合は、興味もない好意もない女の人に優しくはしませんし、会話するのもめんどくさい…と考えるものですが、逆の彼女を持っていたらそれはそれは積極的に行動します。

    好意を持っている人のことを素晴らしい人間だと思っているものなので、とにかく捕まえたい、自分だけのものにしたい、と考えることから異性の周辺をウロつきます。

    自分がいない間に他の異性が、彼女をとってしまわないか不安だからです。

    一方で女性も、気になる男性であれば毎日話をしたいし、やりとりをめんどくさいと思うことはありません。

    ただ、女性は男性と違って基本的に多くの人に優しい顔をするものなので、男性にとってはあまり好意の判断として捉えにくいといえます。

    誰にでも優しい人は、男性も女性も「好かれているのだろうか?その他大勢の1人なのだろうか?」と混乱するのです。

    はっきりと他者との態度が違うのであればわかりやすいものの、女性は比較的誰とでもにこやかに接するものですし、相当嫌いな人じゃない限りわかりません。

    こうした感覚の違いが、両片思いを引き起こしてる要因の1つだともいえます。

    しかし、原点にかえってみると「好意もないのに普段から一緒にはいない」ということに気づくものなので、その時がくるまでは両方の気持ちがよく分からなくてもモヤモヤしてしまうのです。

    密なやりとりをしている

    よくある特徴3Lineや電話など、普段から会っているにもかかわらず、離れている間も密にやりとりをしている場合は単に仲良しというだけでは説明がつきません。

    女性は、lineや電話のことをコミュニケーションツールとして捉えていますし、最近では男の人も友人同士のやり取りでよく使用されるものです。

    男性は直接話す方が良い、という感覚の人が多いと思われてきましたが、現在では若い世代だとこうした感覚は減少していっています。

    口下手な男性も増えているので、lineで伝える方が気持ちが楽と考えているため、電話や直接会うなどしなくても良いのが便利と利用が増えているのです。

    そのため、男女関係なく友人たちとの連絡ツールとしてlineを使用している人も多いですが、くだらない会話をしたり、会うことも多いのに時々電話で話すといった場合はちょっと他の人よりも好感度が高いことがわかります。

    しかし、日頃やりとりをしているとコミュニケーションをすることが当たり前になっていると「こういうタイプの人なんだ」とお互いのことを認識するため、自分が特別な存在だとは思わないのです。

    他の人とはある程度会話が終わればlineはしなくなったとしても、好意のある相手であればずっと話をし続けます。

    他の人との会話を知らないからこそ、両方とも「やりとりがマメな性格なんだな…」といまいち好感があるなしについて考えられなくなるのです。

    普段の相手を見ていたとしても、両片思いの場合は当然お互いのことを好きなので、まるでカップルのように相性が良いといえます。

    そのため、他の人との差を見極めようとしたとしても一緒にいる時間が長いので比べる余裕もなく、何が違うのかもわかりにくいのが難点です。

    どう見ても両思いなのに好きが強すぎてすれ違う

    よくある特徴4両片思いは、基本的に自分たち以外の人は「この人たちが恋人同士じゃないって信じられない」と思っています。

    それくらい、両片思いの2人は雰囲気も良く相性も良さそうな感じがオーラとして纏っているのです。

    なぜ気づかないの?と周りから見れば不思議ですが、人間って少し天邪鬼な部分が誰にでもあって、好きが強すぎるせいで「こんなに上手く行くわけない」「いつも気にかけてくれているのはあの人が優しい性格だから」と思ってしまいます。

    もっと素直に相手の感情、自分の気持ちを受け止めたら良いとは当人同士も思っていますが、いかんせん「恋愛ってもっと紆余曲折するもの」という感覚が拭えずに、相手の気持ちを素直にみることができません。

    好意をあからさまに表現されていたとしても、単純に優しいだけだ、みんなに似たような態度をとっていると思い込んで、自分の都合の悪い方向に突き進んでしまうのです。

    さらに、相手が他の異性と少しでも話していると「ほらやっぱり!こちらの勘違いだ。よかった、真剣にならなくて」と思って、勝手に自分の片想いとして気持ちを処理しています。

    本来なら当人同士で向き合って、両方の気持ちを確かめてからじゃないと諦めようもありませんが、両片思いに陥っていると自分の気持ちにも相手の気持ちにも自信がなく、マイナスな受け取り方しかできなくなります。

    好きだという気持ちに素直になれば、もう少し違った感覚で相手を見ることができますが、気づけていないうちは自信の付け方すらわかりません。

    そのため、ちょっとしたことでも大袈裟に傷ついて、すれ違うことが多いのも特徴です。

    相手の気持ちに配慮し過ぎてしまう

    よくある特徴5恋愛において、相手の気持ちを配慮し、言葉や行動を選ぶことは非常に重要だといえます。

    自分本位の感覚で相手と接していても、印象は悪いですし、自分勝手だと思われて恋愛がうまく進まないです。

    最悪好意を持っていたとしても嫌われてしまうことも多いので、できるかぎり自分ファーストを捨てる必要があります。

    相手のことを思い、寄り添った行動ができれば、行為をそれとなく伝えることもできますし、向こうの気持ちも変化していくものです。

    両片思いの2人も当然お互いを好きなので相手が嫌な気分にならないように、傷つかないように配慮した行動を取りますが、結果的にあまりにも配慮し過ぎて逆に気持ちが伝わらないことも多いんです。

    「こんなことを言ったら負担になるかな」「こんなことしたら強引だろうか」など、男女共に相手のことを大切にし過ぎて心が迷子になります。

    好きだからこそ、何も言えない、何もできない状況が続き全く関係も進展しないまま年月だけが経っていく…ということです。

    そのうち、両片思い状態に気づかないまま、相手に片想いし続けていることに疲れて全く別の相手と付き合ってしまう人も多いので、こうならないためにも、本来なら配慮と大胆さは両方持ち合わせていくことが大事だと言えます。

    時々強引になる大胆さも持ち合わせながら、普段は相手を配慮する言動を行っていると、関係を進展させるきっかけを掴める可能性が高まるのです。

    両片思いの場合、後少しの勇気と行動がとっても大事になるので、いろんなきっかけやタイミングを確実に利用することが必要です。

    明らかに両思いなのに両片思いになってしまう理由

    基本的に恋愛に奥手

    両片思いになってしまう理由1明らかに両思いだとしても、自分に自信がない、相手の気持ちが汲み取れない…など多くの要因が積み重なって、全く恋愛が進展しないことが多いのです。

    よくある原因は、恋愛経験が乏しいことによる自信のなさだと言えます。

    たくさん恋愛していればいい、という問題ではありませんが、交際経験が1度か2度程度だと、そもそも恋愛の仕方を忘れていてもおかしくないです。

    「あれ?これって人を好きになったってこと?」「単純に良い人だなって思ってるだけ?」など、自分の感情がこんがらがってしまいます。

    恋愛経験をいくつか重ねていれば、「こういうとき異性はこんな風に思っている」「他の人と比べてみよう」といった感じで、多角的にお互いを見つめることができますが、ほとんど恋愛をしてこなかった人は、こんな感覚は皆無です。

    女性であれば、そこまで恋愛経験がなくても男性がリードしてあげたら良いと言えますが、両片思いになるような男性は、しっかりと女性と恋愛したのは初めてなんてこともよくあります。

    今までは遊びの女性だけだったから、気軽に声もかけられたし、そこまで深く考えたことはないけど、本命の女性に出会ってしまうと「こんなときどうしたらいいんだ?」と行動がぎこちなくなってしまうんです。

    遊びと本気は恋愛の数だけでは計り知れないものなので、どれだけ真剣に恋と向き合ってきたかによっても違いがあります。

    近年、奥手な男性が増えてきていて、ちょっと気になる女性を褒めたり、アクティブに誘うなどすれば「軽い男」と思われてしまわないか不安に感じているのです。

    むやみに触れたり、褒めることは恥ずかしいことだって思ってしまうので、女性との関係を壊したくなくて踏み出すことができません。

    後一歩の確証がない

    両片思いになってしまう理由2恋愛って、実は「もう絶対にいける!」「確実にお互い好意を持っている!」といった自信がなければ進むことができないのです。

    特に、両片思いをするタイプの人自分から告白をしたり、恋愛に向けて一歩踏み出すことに対して恐怖心を持っています。

    「付き合えなかったら気まずくなって今の関係が壊れる」と思うことで、踏み込むことができないのです。

    いくら周囲から「きっとあの子はあなたが好きだよ」と言われたとしても、これといった確証がないので難しく感じます。

    それなら今くらいの不安定な関係の方が、お互いなにも始まっていないから終わることもないだろうと現状維持を求める傾向上がるんです。

    通常なら付き合えずにモヤモヤして、いつか他の誰かに相手が取られてしまうことを怖がりますが、両片思いのまま月日を過ごしている人は、多くが保守的であり、行動せずにそのまま平坦な関係を築きたいと思っています。

    リスクを負って好きな人を失うかもしれないなら、恋人にはなれないけど仲良しのままだから安心するのです。

    弱腰すぎる!と思われるでしょうが、好きすぎるからこその恐怖心なので、無理をすれば自分自身を見失う可能性だってあり得ます。

    学生時代みたいに勢いで恋愛するにはすでに大人になってしまっているため、傷を負いたくないというのが正直な気持ちでしょう。

    過去の恋愛にトラウマがある

    両片思いになってしまう理由3例えば、以前付き合っていた人に浮気をされた、ひどい暴言を吐かれた、冷たくされたなど恋愛においてものすごく傷つき、ショックを受けた経験があると頭では忘れた気になっているのに、心の奥底ではまだ苦しみを引きずっていることもあります。

    トラウマ状態が続いていると、どれだけ好きな人だったとしても「また傷ついてしまうのでは?」「裏切られるのでは?」と心から異性を信用することができずに、好きな気持ちがあっても向こう側の気持ちに鈍感になってしまいがちです。

    両片思いに陥りやすい人の特徴として、自分の過小評価していることや素直に恋愛感情を抱くことができません。

    本当はすごく好きだと想っている、素敵な人だと想っているのに好意を抱くことが怖いと想っています。

    恋愛にトラウマを感じていると、どれだけ好きな人に出会ったとしても、傷つきたくない、ひどい別れ方をまた経験したくないという気持ちから、恋愛に臆病になってしまうのです。

    向こうも自分に良い印象を与えてくれているけど、信頼していいかわからない…と本当に好きな気持ちがグラグラ不安定に考えてしまっているのです。

    だからこそ、一歩踏み込めばすぐに2人の良好だった関係がガラガラと崩れ落ちていくのではないだろうか、といった恐怖心が恋愛に踏み出す勇気を失わせています。

    本来なら、相手の気持ちも見えてくるところが、なかなか汲み取れないのは、過去のトラウマのせいだというのはよくある話です。

    付き合っても幸せになれるのか不安

    両片思いになってしまう理由4人間誰しも、幸せな恋愛をしたいと思っています。

    自分が幸せになるために、誰かを好きになる人もいますし、将来を考えて恋愛をする人もいるものです。

    どんな気持ちで恋愛をスタートさせても間違いではありませんが、不幸な恋愛を繰り返してきた人も少数ながらいます。

    誰と付き合っても、心の安心感や満足感を得られることができなかった人は、ステキな人に出会ったとしてもあまり積極的になれないのです。

    相手の気持ちがなんとなくわかるけど、でも信じていいんだろうか?傷つきたくないな…などの理由から、恋愛に踏み出すことができません。

    両片思いになってしまう多くの人が、自分の恋愛に不安を抱いているのです。

    2人とも絶対にそうだ、とは言い切れませんが片方の雰囲気を感じ取って「好かれてないのかな…」とこちらも不安になっています。

    もっとお互いが「大丈夫!好きだよ!」というオーラをまとうことができれば別ですが、両片思いになる2人の場合はどちらも自信がなく、相手を信頼していいかも足踏みしている状態なので、不安定な関係が続くのです。

    両片思いの場合は、どちらか一方がグッと踏み込んでくるのなら、もっとすぐに愛情を確認できます。

    しかし、なぜか配慮しすぎる気持ちや不安感などに覆われて、全く踏み出せない状態なのです。

    明らかに両思いがバレバレ!職場内で起きやすい両片思いの雰囲気

    何かにつけて声をかけ合う

    職場内で起きやすい両片思いの雰囲気1仕事なので、無言で集中する時もあれば誰かと少々話をしながら進めていくこともあります。

    通常、仕事中は自分の業務に関係ある人と会話を行うものですが、最低限の会話のみがほとんどです。

    しかし、両片思いの場合はとにかくお互いに視線が向くので、何かと会話が弾んでしまいます。

    業務の話、ちょっとした愚痴、全然関係ないプライベートな話など、何でもかんでもお互い話したくなるんです。

    他の従業員から見れば「いや、デキてるでしょ」と苦笑いが出てきそうな雰囲気だとしても「全然違います!」と当事者は理解していません。

    同じ業務をしていなかったとしても、仕事の相談は真っ先にお互いに声をかけますし、少しでも困った様子があればすぐに助けに行こうとします。

    期間限定
    復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

    もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

    「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

    「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

    と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

    ※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

    もちろん、面倒見の良い人という可能性もありますが、そんな時は周囲との違いを比較してみましょう。

    どんな人ともずっとしゃべっている人って、絶対にいません。

    なぜなら、そのようなタイプの人は仕事ができないと思われているからです。

    上司から見ると「友達でも作りに来ているのか?」と仕事をしていないといった印象になるので、自分の評価が下がってしまいます。

    そのため、ほとんどの人は業務上必要な会話しかしないものです。

    一方で、自分と話すときは私生活の悩みや最近はまっていることなどより深い話をしてくれるし、仕事についても自分が関わっている業務じゃなくても支えになってくれます。

    さらにいえば、自分自身も業務中だけどどうしてもあの人にこんな話をしたい、きっと彼はこういう話が好きだなどを考えて、いつでも会話をしたくなるんです。

    そんな2人を見ていると、周囲の人は「絶対に付き合ってるよね?」と思ってしまうのも仕方がありません。

    他の人とは全く違う、親密な雰囲気が2人から見え隠れするわけです。

    当人だけが、片思いしている…と悩んじゃっているといえます。

    笑いや怒りのタイミングが一緒

    職場内で起きやすい両片思いの雰囲気2心理学で有名や「ミラーリング」という言葉があります。

    まるで鏡のようにお互いが同じ動作、言動を行うことで、自然に合うこともあれば意図的に合わせるテクニックにも使えます。

    基本的に両片思いの2人は、あまり恋愛の駆け引きを利用しません。

    2人とも自分は片思いをしているのだ、と思っているので余計なことをして逆効果になっては困るからです。

    一方で、本当ならすでに両思いの2人でもあるのでお互いのクセや行動は無意識に把握しています。

    そのため、自然と言動や仕草が似てしまうんです。

    ミラーリングは、自分の感情のほかにも相手の感情を映し出す鏡でもあるので、お互いが笑っていれば一緒にいて楽しい表れ、イライラするタイミングも同じだったりするんです。

    ミラーリングが発生すると、恋愛効果として2人の距離感が近くなり、どんどん関係が深くなります。

    わざとミラーリングをしても恋愛効果バツグンと評判なので、自然に似た行動や表情になればより一層恋愛感情が高まります。

    あとは、お互いが気持ちに気付くだけなんです。

    ポイントは、駆け引きで使っている人の場合は非常にわざとらしさがあることです。

    自分の方を見て欲しいからミラーリングを使っているだけなので、周囲の人もなんとなくわかってしまいます。

    ですが、お互いが自然とだんだん似てくるのであればやはり「カップルみたい」と思われてもしかたがありません。

    恋人同士、夫婦は雰囲気が似てくるとも考えられているので、そんな空気感が2人の間に漂っているんです。

    男性側の共感力がすごい

    職場内で起きやすい両片思いの雰囲気3相手の言葉や気持ちに寄り添う能力を「共感力」と言います。

    一般的に、この能力は女性の方が優れていると考えられていて、男性は鈍感なものだという考えがほとんどです。

    昔であれば、鈍感な男性を女性が支えているのが当然だと思われていましたが、現在では女性もどんどん社会に出てきているので、お互いがお互いを支えていく必要が出てきました。

    しかし、なかなか女心だけではなくて人の気持ちを共感してあげたり、理解してあげられないのが男性です。

    男性は昔から、仕事に追われている傾向があり、人の話をゆっくり真剣に聞く時間や心構えがありません。

    だからこそ、共感力のある男性はすごくモテます。

    なぜなら、なかなかいないからです。

    職場でも、共感力の高い男性ってとても印象が良いですが数は非常に少ないです。

    しかし、両片思いの男性は好きな女性に対してはものすごく共感力が高いんです。

    「普段全然あんな感じじゃないのに、どうしてあの子のときだけ?」と職場の人が面食らうくらいの違いだといえます。

    相手の欲しいリアクションや言葉を瞬時に言えたり、できるなどは通常の男性が最も苦手とすることです。

    何も言わなくてもわかって欲しいというのが男性の本音ですが、本当に好意をもっている人にはとにかく味方をしてあげたいといった素青な思いが共感力に繋がっています。

    こうした能力は男性の場合、誰でも彼でも発揮するのではないため、周囲から「あー好きなんだね!」とバレるのです。

    しかし、共感されている本人は「優しいな」くらいの認識なのが恋愛が発展しない要因だといえます。

    わかっていないのは自分達だけ?両思いの2人だけが出すサイン

    集団の中でも楽しそうなのは2人だけ

    職両思いの2人だけが出すサイン1両思いって、いくらそれぞれが隠そうとしても隠し切れるものではありません。

    ついつい浮かれた気分になるものでしょうし、好みの人が目の前にいれば当然テンションMAXになります。

    2人きりの場合もそうですが、例えば友人たちと集まっている時、職場の飲み会の時などでも「2人の世界に浸ってる!」と周囲が思うくらいに盛り上がっています。

    両片思いの場合は、たくさんの言葉を交わしていますし、2人以上に2人のことを理解している人は親くらいなのでは?と思うほどです。

    ここまで距離感が近ければ、もちろんあとは付き合うだけ!ですが、両片思いの2人は周囲が考えているほど簡単にはいきません。

    しかし、両者ともに話をするだけで嬉しくて、後のことは二の次と考えているため、どれだけたくさんの人がいようとも、2人で盛り上がりやすいといえます。

    周囲から「盛り上がっちゃってー!」と言われるような関係になっていたら、少し「両片思いかも?」と自分なりに予測をつけてみてもいいです。

    仕事やプライベートで自信がある人でも、恋愛に関しては小鳥みたいにしゅんとしちゃう人もたくさんいるので、常に2人の世界に盛り上がれるようであれば、ちょっと勇気を出してみましょう。

    沈黙でも居心地が良い

    職両思いの2人だけが出すサイン2通常、男女関係なく友人同士で集まった時には、とりとめもなく話をするものです。

    もしも途切れてしまったら、ちょっと気まずくなってしまいますし、次の話題をきっかけが登場するまで携帯電話でも見てよう…とする人がたくさんいます。

    話題はむこう任せ、自分から話を切り出すのはなんかめんどくさい、でも沈黙は嫌だ…とだんだん一緒にいること自体が嫌になってくることも多いです。

    黙っている時間を平和に過ごすためには、それなりの信頼関係が出来上がっている必要があります。

    熟年夫婦のように、言葉がなくても隣にいるだけで幸せを感じる2人もいれば、会話がないと居た堪れなくなる2人もいます。

    両片思いの場合は、近くにいるだけで相手の存在を感じるだけですごく幸せな気持ちになれるのです。

    そのため、沈黙だろうと心地よく、自然とまた会話が盛り上がる関係だといえます。

    話をするだけ、隣にいてくれるだけで心が穏やかになるので、ある意味お互いが似たような気持ちであれば、それは両思いだと思っても自意識過剰じゃないのです。

    距離感がかなり近い

    職両思いの2人だけが出すサイン3恋人でもない相手と近い距離で会話をしたり、笑い合うような関係にはそもそもなりにくいのです。

    恋愛の駆け引きでわざと近くに行って相手を翻弄させようという人もいますが、両片思い中の2人はむやみに相手の気持ちを不安定にさせない努力をしているので、そばに来るのは、そばに行きたくなるのは自然の感覚です。

    人間にはそれぞれパーソナルスペースと呼ばれるものがあり、親密度によって自分のそばに来てもいい距離感が違います。

    比較的女性はパーソナルスペースが広く、心を許したら、自分の懐に来ても問題ないと思っている傾向が高いです。

    一方で、男性は女性以上に警戒心が強いため、パーソナルスペースもかなり狭い人がほとんどです。

    つまり、距離感をつめていくためには、友達以上の気持ちになってもらう必要があります。

    そこで女性が特に注目していて欲しいのは、片思いの状態だと自分が思っている時、男性の距離感はどうなっているのか?という点です。

    ドキドキするくらいにすごく近いと感じるのであれば、それはあなたに対して通常の友人や職場の同僚とは全く別の感情を抱いていると思ってください。

    距離の近い遠いは、思いの表れでもあるので良く見極めましょう。

    恋愛の話を避けてしまう

    職両思いの2人だけが出すサイン2両片思いだと、あと一歩踏み出せば恋人関係になるかな?と思いますが、その一歩が踏み出せないからそのままでいるのです。

    そのため、異性に対して魅力を感じても、近い距離感だと思っても「勘違いだったら大事故だ…」と思ってしまって、友人関係のままということがほとんどだといえます。

    わかりやすい両片思いのサインとしては、あまりお互いの恋愛話をしたがらないところです。

    理由としては、恋愛の話をすると自ずとお互いの関係性について結論を出したくなってしまいます。

    好きとか嫌いとかをはっきりさせることによって、得られるメリットは交際できるかどうかだけであり、逆にダメだった時はもう以前のように笑い合えない、デメリットの方が大きく感じてしまうのです。

    また、恋愛の話は過去相手が付き合っていた人の話にもなるので、嫉妬してしまう可能性があるんです。

    その場合、ダメな自分を露見させてしまうので極力恋愛とは関係のない話で楽しみたいと思っているので、会話に偏りがあるのが特徴敵です。

    もしも、少しは関係を進展させたいと考えているのならば、思い切って恋愛の話を振ってみても良いと言えます。

    両片思いに対してもどかしさを感じているようなら、どちらかが勇気を出さないと恋愛には発展しないので、恋愛の話は良いスパイスになるでしょう。

    くだらない連絡を繰り返している

    職両思いの2人だけが出すサイン4両片思いはほぼ両思いと同じなので、お互いにとって相手がいる生活、2人の会話を繰り広げる生活が当たり前の日常になっています。

    逆に言えば、相手と連絡が取れなくなったり終話してしまうことがすごく怖いんです。

    話が終わってしまったら、もう一度会話を再開させるためにはどうするべきなのか?再度連絡したら鬱陶しいって思われないだろうか?など、いろんな考えが頭を巡るので、お互いにそろりそろりと連絡をやめない方向に話題を持っていきます。

    例えば、夜におやすみを言わずに朝のおはようから連絡を始めてずっと話をしているとか、今日のお昼は何を食べたよ、など好きでもなければ「そんな話はしない」と思われるような内容を繰り返し話しているのです。

    周りから見ればくだらない話もお互いにとってはコミュニケーションの一環なので、離れたくないわけです。

    通常、男性も女性も興味のない人との連絡のやりとりは苦痛に感じるため、「もう寝るね」「またね」「お仕事行ってくる」などと、何かにつけて終話させようとするのが普通です。

    そういったことはせずに、くだらない内容の連絡だとしても延々と繰り返し対応してくれるのは、相手が好意を持っていることに他なりません。

    女性も興味がない人に延々と相手をするわけではないので、やはりお互いが気になっている異性ということになります。

    好き同士だからこそ、離れるのが嫌なのです。

    両片思いを脱却したい!晴れて両思いになれる方法

    相手への配慮は一旦置いておく!2人で会う回数を増やす

    晴れて両思いになれる方法1両片思いの場合、どうしても相手の感情に配慮しがちです。

    もちろん、思いやる気持ちはとっても大事ですが、それ以上に自分の恋愛を成就させることも大事だと思ってください。

    ただ、思っているだけでは気持ちは伝わりませんし、そのうち相手が他の誰かに奪われてしまう可能性だってあるのです。

    両片思いだとしても、片想いは嫌だ!どちらにせよ、恋愛関係になりたい!という強い気持ちがあれば、やはりきちんと行動しなくてはダメです。

    相手の気持ちを考慮してばかりではなく、時にはわがままに「土日どっちも空けておいてよ」など、思わず相手がびっくりするようなことを言ってみましょう。

    サプライズと同じで、驚きが大きいほど気持ちのドキドキ感も全然違うものになるので、誘ってみてください。

    電話やLINEなどでのコミュニケーションももちろんいいですが、やっぱり最終最後はお互いの顔を見て、会うことがとっても大事だと言えます。

    男性は特に視覚で恋をするので、可愛い服装やメイクをした女性に一層心奪われる可能性が高いですし、女性も会う回数が増えたらその分恋人っぽい雰囲気にもなるので、告白する勇気が湧いてくる可能性があります。

    ポイントは、ただ友達と遊んでいる雰囲気を出すのではなくて、ちゃんと異性とのデートをしているような雰囲気を出すことです。

    果敢に恋愛の話を振ってみる

    晴れて両思いになれる方法2両片思いの男女は、恋人になりたい気持ちはかなり強いのに、なぜか一歩も行動できない人が多いです。

    恋愛の話をして、お互いの恋愛観を教え合うとか、過去の恋愛について語るなどもなんとなく遠ざけている人がほとんどです。

    本来なら、異性として見ている相手にはしっかりと自分の恋愛観を話し、相手の気持ちも教えてもらうことがベストになります。

    単純にに、好き嫌いの話になっていくとどうしても結論を出さなくてはいけなくなるから、怖いと感じて踏み込んだ話はしません。

    ですが、せっかくなら恋を成就させたい!と考えた時に、やはり恋愛の話は不可欠だと言えます。

    恋愛の話をしていると、なんとなくドキドキしますし、お互いの恋愛について知ると、関係性が深くなったような気分になるのです。

    そのため、言いにくい・聞きにくいかもしれませんが、勇気を出してお互いの恋愛の話を掘り下げてみてください。

    注意しなくてはいけないことは、わざわざ「え?」と思われるような話まではしないことです。

    例えば、ある意味以前の恋人の惚気だったり、未練でもあるのか?と思うような発言は避けましょう。

    こうした過去の恋愛の影が見え隠れすると、スッと気持ちが冷めてしまう人も多いので、言葉の選び方や話し方には要注意です。

    「あなたといるときの私が本当の私」などドキッとする一言を伝える

    晴れて両思いになれる方法3男性も女性も不意打ちの人ことで相手にメロメロになってしまう可能性は非常に高いです。

    両片思い状態の2人は、すでに相手への好感度は最高潮になっているので、自然とちょっとした言葉でも「あれ?」と思うようになります。

    例えば「こんなに楽しいのはあなただからだよ」とか「○○くんしか頼れない」などお、特別感をアピールしてください。

    女性に向けては単純に「すごく可愛い」「優しくて気が利くよね」など、相手をよく見ているよ、と伝えてあげることで急な言葉にドキドキしちゃうんです。

    普段から会話が多い傾向のあるため、何か色っぽいことを言おうとしたところで「変に思われるのではないだろうか?」と不安感月乗りますが、恋愛をスタートさせるのはハプニングがとっても重要になります。

    そのため、歯が浮くような言葉でも「急にどうしたの?」と思うような言葉でも、不意打ちならドキドキしていたたまれなくなるんです。

    褒めたり、甘えたり、ちょっと印象付けるような話し方をすると、お互い特別な存在だと再認識をして、ちょっと距離が縮まっていきます。

    恋愛において、ドキドキさせること、もしかして自分のことが好きなのかな?と思わせることはすごく大事なポイントになるので、会話に織り込んでみると意外な反応が返ってくることでしょう。

    両片思いは早めに卒業しよう

    明らかに両思いなのに…もどかしい両片思い まとめ両片思い状態は、とてももどかしい気持ちになるので苦しい…と悩んでいる人は多いです。

    しかし、周囲の人から見れば「絶対両思いなのに、どうしてそんなに悩んでいるの?」と不思議に思うくらいなので、あと一歩勇気を出せたら恋人になれる状態だと思って、勇気を出してみてください。

    お互い他の人よりも自分たちが仲が良いことは理解しているはずなので、しっかりと交流することが大事です。

     

    【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

    こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

    昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

    でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

    もしもあなたの心に、

    「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

    「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

    「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

    こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

    他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    予言占い2022】とは…
    クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

    雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

    この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



    ※20歳未満は利用できません。

     
    占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

    彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

    そんな、あなたに大切な質問をしますね。

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

    ・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

    こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

    友だち追加

    ※20才以下はご利用不可

    おすすめの記事