dv男の顔には特徴がある。外見で見抜く方法&セリフや態度で診断する方法とdv男に傷つけられない女になるコツ
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「私の好きな人は女の子に暴力振るうことはないよね?」「彼氏から殴られたり蹴られたりするけど、いつか変わってくれる?」と恋人同士の暴力を考える事があるあなた。

愛し合っているはずの恋人から暴力を受けるのを、dvと言いますが当事者は「いつかは終わる」と思って、現実から目を逸らし、我慢し続ける人もいます。

dv男の顔の特徴で見抜く方法が存在するのか、攻撃の気質がある人なのか、具体的に診断できる方法をピックアップしてご紹介。

実際に暴力を振るわれたことはないけど、「もしかしてDV彼氏かな?」と不安に思う瞬間がある人は、相手の顔の特徴を見て見抜く力を付けましょう。

まだ交際に発展していない相手であれば、近づかないようにし、恋人がdv男だと診断できたなら、思い通りにならない女になることが大切です。

DVされやすい女性の特徴や傷付かない女になるコツもお伝えしますので、傷つけられるばかりでなく、暴力ではない方法で愛してくれる人との未来を見つけましょう。

目次

dvする男性はいつか本当に優しい男性へと変わってくれる?その可能性

自分のトラウマを克服出来たら変われる

dv男性はいつか優しい男性に変わる可能性は、トラウマを克服できたらない話とは言い切れません。

男性は女性よりも力が勝っているため、優しい人なら女性に力仕事はさせない、力によって威圧的に感じさせない、などの配慮をしてくれます。

Dv男性は、トラウマを抱えている人が多く、普段は蓋をしている忘れたい過去へのスイッチが押されて、感情が爆発してしまうと暴力という方法で自分を正当化しようとするものです。

そのため、トラウマが解消されない限りは彼の暴力は無くならないと言えます。

トラウマの種類は、「自分が暴力を振るわれていた」というものもありますが、それだけではないはずです。

愛されたいのに存在拒否され続けてきた、壮絶ないじめをされて人からの攻撃に対して過度な反応をしてしまう、自尊心がズタボロにされた経験から認めて欲しい時に我を見失う、など往々にして自己否定された経験が大きく影響しています。

古い記憶から根付いてきたものなので、トラウマを解消することは容易ではなく、本人でさえ暴力のスイッチが何か分かっていないこともあるのです。

カウンセリングや大きな転機が訪れて、もしトラウマが克服できることがあれば、優しい男性に変わる可能性も見えてきます。

正直なところ、とても難しい問題です。

愛をきっかけに自分で改善する意思を持てたら変われる可能性が見える

彼女のことを力で支配しようとしている男が今後変わるには、愛に目覚めるしかありません。

暴力を使う男の人は、いつも自分に目を向けている人です。

彼女の気持ちや立場よりも、自分がどう感じたか、立場は守られるかなどを気にしています。

自分が傷つくことに極度に不安を感じ、受け入れられないことへの恐怖が色濃く現れた時、暴力という手段で周りねじ伏せる行動に出るのです。

思考回路が常に「俺」に向かっているので、暴力でその場を乗り越えれたら「俺は傷つかずに済んだ」という成功体験を積んだことになります。

歪んだ成功体験でも、その人にとっては誇り高き問題です。

いつも同じ方法で自分を認めてもらえるよう、主張し続けます。

動物の雄の本能の中には、オス同士でより強い方がモテる概念がありますが、dv男は対象者が自分の恋人であっても成立しているのです。

とにかく勝ちたい、上に立ちたい、認められたい、誰よりも。

けれども何時しか本当の愛に目覚め、慈しみや労り、思いやりを理解することが出来れば、変わることも期待できます。

彼女に執着心を持たなくなったら変わる可能性もある

「もう二度としない」と繰り返す恋人が、本当に変われるかどうかは、あなたに対する執着心と関係があります。

恋人に対する執着心と支配欲が高まることで、暴力でコントロールしようとするのがDV。

その人が暴力を振るわなくなるのは、あなたに対する愛がなくなった時です。

想っている気持ちの表現として恋人を殴ったり蹴ったりすることは、彼にとって必死の行為。

あなたを服従させ、自分の支配下に置き、唯一の見方として手放さないための手段です。

あなたへの愛や執着がなくなれば、支配する意味もなくなり、傍にいてもメリットのない相手となります。

彼からの興味関心を他所に逸らし、捨てられるくらいの覚悟を持てば、恋人から支配される毎日からは離れることが出来るはずです。

何もされなくなったとしても男の気質が変わったからかと言えば、そうとは言えません。

dv中は頭の中真っ白!まるで他人が乗り移ったようになるから変わらない

恋人に対して攻撃をする男が、愛のために心を入れ替えてくれるかという期待は、dv中の状況を知ることで諦めがつきます。

攻撃をしている最中は、頭の中が真っ白になっていて、本人も何をしているのか自覚がありません。

まるで他人が乗り移ったかのように、表情や言葉も一変します。

「普段は絶対にそんなこと言わないのに、どうして」「どちらかというと優しい人なのに急にキレて怖い」と恋人のあなたでさえ、どう対応していいのか戸惑うものです。

この間、相手側も自分の行動を記憶から抹消している事が多く、勢いのまま暴力を振るい、気持ちが落ち着いてふと顔を上げたら、ボロボロのあなたが目の前にいて、パニックになります。

「これは自分がやったのか?」「何でこんなことをしたんだ」と訳が分からない状態に陥るので、「ごめんね」「もう絶対にしないよ」「愛しているから離れないで」と懇願するはずです。

自分でも制御できない状態になっているので、心を入れ替えようと思っても無理。

彼自身の努力だけでは、どうにもならない問題です。

既に自分が恋人を傷つけている事を自覚しているからこの先も見込みなし

恋人を傷つけている男は、自分自身が彼女を追い込んでいる事を自覚しているので、この先も変化の見込みはありません。

「俺がこいつの飼い主だ」「ここまでしないと、言う事を聞かない」と、明確な意思を持って攻撃をしているタイプのdv男は、暴力によって征服欲を満たしているので、一生涯今のままでいいと思っている人です。

恋人を傷つけることでしか繋ぎ止めることが出来ず、相手の全てを把握することが愛情だと考えています。

根っからの攻撃性のある性格で、優しさや慈悲の心が薄いタイプです。

恋人を傷つけることに快感を持っている性癖の持ち主なので、変わることは不可能。

彼女が傷つき泣きわめく姿を見たくて、暴力を続けています。

サディスティックな面が激しく出ている人なので、自分が間違っているとも思っていません。

思い通りに生き、快感と快楽を糧として人生を歩んでいる人なので、自分以外の人間がどうなろうと興味もないし、むしろ他人を踏み台にしてしまおうと思っている程です。

dvされやすい女性の特徴

自分が悪くなくてもすぐに謝る

DVされやすい女性の特徴は、自分が悪くなくてもすぐに謝る癖のある人です。

自分が関わっていなくても、責め立てられると口答えが出来ず、受け入れてしまうので、人のミスも抱え込んでしまいがち。

心の中では「この場が早く収まってほしい」という一心で、謝り続けます。

見ている側は、反省の色もなくただ謝られても、逆に腹が立ってしまうばかりで、攻撃性が増してしまうのです。

何でも自分が抱えてしまう事で、いつでも不幸に見舞われていて、周りの人も助け舟を出すどころか、「本人が受け入れるなら、それでいい」と感じ始めてしまいます。

”謝れば済む”と思っている訳ではないですが、他人からはそのつもりに見えてしまうので、神経を逆なでされて「何に謝っているのか理由を言え」「自分はどうしたいのか言ってみろ」などさらに追い打ちをかけて問い詰めるところです。

キレやすい彼氏にとっては、すぐに「ごめんなさい」と彼女の謝る言葉さえも、暴力へのトリガーとなってしまいます。

目を合わせて会話が出来ない

DVされやすい女性の特徴には、目を合わせて会話が出来ないというものがあります。

今まで生きてきた中で、人格否定をされてきた人や「何をしても失敗をしてしまう」とネガティブな思い込みをしている人は、人と目を合わせる事に恐怖を感じるものです。

自信を持つことが出来ないので、他人の目を見て会話をすると、自信のなさを読み取られそうで怖いと感じます。

また、否定された時にいち早く耳を塞げるように、防御の体制をとる準備でもあるのです。

彼氏に対しても、対等に渡り合おうと考えてはおらず、常にお伺いを立てるような言動を行います。

「○○してもいいかな?」「○○はダメ?」と機嫌を窺い、顔色を見ることで、自信のない自分が嫌われないように努力しているところです。

しかし、攻撃的な男性にとって、自分の顔色をあからさまに窺われる態度と言うのは気に食わないもの。

強気に出られると嫌な癖に、オドオドした女性は余計に腹が立ってdvのきっかけとなるわけです。

過去に手を挙げたことがない男性でも、気質がある人がこのオドオドタイプの目を合わせられない女性と一緒に過ごすことで、傷つける行為が始まることもあります。

dv彼氏に依存している

彼氏に傷つけられやすい女性の特徴には、dv彼氏に依存しているというものがあります。

彼氏に依存する女性は、好きな人がどんな状態でも傍にいて欲しいと願う人です。

自分が傷つけられることすら、「彼なりの愛情表現」と思ってしまいます。

また、暴力を振るわれているうちは、自分に関心を持ってくれていると考えるので、「まだ私のこと好きでいてくれている」と愛情の確認行動が出来、喜ぶ節もあるのです。

彼のご機嫌取りをすることは日常であり、彼女にとって自分を見てくれる恋人がいなくなってしまう事は耐えられないこと。

暴力を受けいている間は「じっとこの時が過ぎるのを待てば、また愛してくれる」と考え、痛い時間を耐えるだけがミッションだと思っているので、表ざたにすることはありません。

むしろ殴られている間は愛されているから、痛みを伴う愛がなくなることの方が怖いと感じます。

恋人の目が狂気の目つきであっても、「今だけは私だけを見てくれている」と幸せな気持ちになるのです。

自分の意見を持たずにその場に流される

恋人に攻撃されやすい女性は、自分の意見を持たずにその場に流されるという特徴があります。

積極的かつ明瞭で、発言力がある女性は、自分を傷付ける男性を許せません。

ところが、自分の意見を持たず、周りに流されのらりくらりと生きてきた人にとっては、今の彼氏が今の自分に必要な相手です。

彼氏色に染まることで、自分の人生を歩んでいきます。

暴力を振るう事を重要視していないので、彼氏の機嫌が悪くなり傷つけ始めると「またはじまった」と好きな人の一つの癖として受け入れているのです。

「自分を否定されている」「傷つけられている」ということに気が付かず、ただ一つの出来事として受け入れています。

自分自身、信念があるわけではないので、酷い言葉を言われても「そうなんだ」と受け入れるため、彼氏側は服従してくれていると思って、意のままに操るはずです。

サディスティックな調教をすることに快楽を与え、調子に乗らせるタイプの女性と言えます。

コミュニケーションをとるのが下手で友達が少ない

恋人から傷つけられやすい女性の特徴は、コミュニケーションをとるのが下手で、友達が少ない人です。

友達が多い女性は、恋人との付き合い方や愚痴、関係性をすぐに誰かに話し、他人からの評価を聞くことで、異性に対しての判断基準が育ちます。

しかし、コミュニケーションが苦手で、友達が少なければ、他人の考え方や価値観を知る機会が極端に経験なく、狭い視野かつ偏った世界の中で生きているはずです。

悩みを話せる相手もいないので、自分が傷ついても「これは我慢するべきなのかな」「彼が言うように、私が悪いのかな」と疑問を感じても、確認することが出来ません。

他人と関わることが苦手なのに、恋人になってくれている彼氏に対して負い目があるので、「あの人には感謝している」と間違った部分で執着心が生まれます。

暴力を受けた時の痣や傷も、誰にもばれないので、dvもエスカレートしていくのです。

他人との関わりがないことで、二人だけの世界で生きているため、彼の言う事が全てで、嫌だと感じたところで、逃げ出す道は考えられなくなります。

第三者が気が付き声をかけても、元々コミュニケーションが苦手なので、自分の身に起きている事を上手く伝えられず、秘密にしてしまうはずです。

dv男の顔の特徴を知って外見で見抜く方法

目頭が尖っている

Dv男は目頭が尖っているので、外見で見抜くことが出来ます。

物事を切り込んで見極める時に”鋭い視線”などと表現しますが、痛みを与える行為に頼って自己顕示欲を示す男は、常に周りに対して警戒している状態です。

「バカにされていないか」「見下されていないか」と他人を信用できない心理が、尖った視線を生み出します。

視点が細かく、ちょっとした他人のミスも見逃しません。

常に力が入っている状態で、眼球周りの筋肉が鍛えられ、目頭が鋭く尖った形になります。

目の際がくっきりしていることで、顔の印象が強く残るはずです。

どことなく「怖い」「何かを考えていそう」と感じ、観察力のある女性であれば避けて通りやすい男性の顔と言えます。

一方で、目頭が尖っていることは、対峙した時に「私をしっかり見てくれている」と感じる人もいるもの。

男性の意思に従うタイプや愛情を欲している人は、その眼力に魅了されます。

唇が薄い

唇が薄い人は、パッと見てヤバイ男だと見抜くことが出来ます。

一般的に人相学で、唇は愛情の深さと関係していると言われている場所です。

唇が厚ければ愛情深く、逆に薄ければ愛情も薄い人。

他の人に対して心を開いているかどうか、信頼しているかの表れでもあります。

唇が薄い人は、人を簡単に信用することなく、常に愛が枯渇している状態。

自分が愛で満たされていなければ、他人に対しても愛情を注ぐことは出来ません。

現実的で、目先の利益ばかりを見て、周りの人の愛情や好意に興味を抱かないのです。

嘘をつくことも平気なので、恋人に対してもすぐ適当な言葉で繋ぎ止めようとします。

心の底から伝えようとする愛の言葉でなくても、「愛しているよ」「君じゃなきゃいけない」などスラスラ言うことが出来るので、ナンパも上手です。

淡泊なので、恋人と言っても簡単に受け入れることはなく、自分のしたいことだけを実行して交際を続けます。

相手が自分の思い通りにならなければイライラする感情をストレートにぶつけるため、攻撃的な発展をすれば暴力となるのです。

目が笑っていないのに口角は上がっている

目が笑っていないのに口角は上がっている男性は、DV気質と言えます。

心の中では怒っていたりイラついていたりしても、表面上簡単に出すことはありしません。

いつもグッと本音を抑え堪える習慣がついているため、愛想笑いが上手になっています。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

外面がいいため、端から見れば「いつも笑っている」と囚われがち。

しかしよく見ると、目の奥深くは笑っていないことが分かるはずです。

心の中では、今起こっていることに対する愚痴を考えて、ストレスを抱えています。

根本的に人を見下しているので、営業スマイルが身についている分、我慢をしなくていい相手に対しては本領発揮してしまうのです。

暴言だけでなく抑えきれなくなったエネルギーを発散させるためには、行動を起こさなくては気持ちが落ち着かず、モノを壊したり、人を傷つけたりします。

誰にも心を許していないので、自分以外全員が敵だと思っていますが、恋人にだけ見せる怒りの感情で彼女に対しては「本当の自分を見せられる特別な人」という感情も強くなるところです。

攻撃をした後、「愛しているのは君だけだよ」と特別感を言葉にすることで、全て受け入れてもらえると考えています。

眉間に力が入っていてシワがある

眉間に力が入っていてシワがある人は、dv男と見極められるポイントです。

いつも怒りの感情で満たされている心は、表情を硬くしてしまいます。

筋肉はこわばり、力を入れている場所は深くしわが刻み込まれるのです。

起こった時や考えている時、不満を抱えている時など、人は眉間に強く力がこもります。

グッと力を入れ込んで、脳内の情報を整理しようとするからです。

一方で、眉間にシワがあることで、威厳があるように見えることも特徴。

男性の場合は、「将来の事や周りの人のこともしっかり考えていそう」「頼りがいがありそう」などプラスの印象を与えることもあります。

しかし、「なぜこの人は眉間にシワがあるのだろう」と考えれば、普段から常に考え事をし、不満ばかり抱えていることが分かるはずです。

恋人になってデートしても、命令口調や何もしゃべらないといった事態になる事も、珍しくありません。

鼻が高く整った顔立ち

鼻が高く整った顔立ちの男性は、dvをする外見の特徴の人です。

鼻が高いのはプライドが高い印。

整った顔立ちなので、常にモテる人生を歩んできたはずです。

モテる人生を歩んできた男性は、「道を踏み外したらいけない」と自分自身で強い暗示をかけています。

「完璧な自分でなければ求められない」「常に周りは俺のことを見ている」と感じることで、周囲の視線が監視されているようにも感じるものです。

自尊心の塊となっている男性は、自分の失敗すらも許せません。

プライドが高いため、常に無理をしてしまう環境にあり、ストレスが溜まり彼女を攻撃することで心の均等を保とうとします。

心のバランスを崩してしまうと、自分が自分でなくなると感じ、将来に恐怖心を抱えやすい人とも言えるのです。

また、成功体験ばかりを経験しているので挫折経験が少なく、心が折れやすい人とも言えます。

少しでも「自分が負けた」と感じると、すぐに優位な自分を取り戻そうと彼女を征服するわけです。

恋人を従わせることで、心の安定を図ります。

dv気質の男性かどうかセリフや態度で診断する方法

口下手で自分の考えをうまく伝えられない

口下手で自分の考えをうまく伝えられない人は、彼女を傷つける気質があると診断できます。

言葉が饒舌で、考えや気持ちをうまく表現できる人は、普段から周りに自分のことをアピールすることが出来るので、ストレスをあまり溜めずに済むものです。

ところが口下手な人は、自分の中に不満やストレスがあっても、「どう伝えたらいいのか分からない」「適当な言葉が見つからない」としり込みして我慢をしてしまうので、沸き上がった負の感情が発散されることなく、蓄積されていきます。

人は苦しみや不快感をずっと我慢できるほど大きな器ではありません。

自分を表現できないことは、存在しないこととな児だと考える人もいるくらい、言葉の発信力があるのは重要なことです。

口下手であることで、いつも考えを伝えることが出来ず、周りの人の意見に賛同するしかできない男性は、自己承認欲求を満たされることがないので常に心の中で「俺はここにいる」「認めて欲しい」と思っています。

積み重ねてきた我慢を、恋人という心許せる相手に対して発散したり、親しいからこそ何気なく言ってしまった言葉に反応して、激高してしまうのです。

イライラすると見てすぐわかる!貧乏ゆすりやすぐこぶしを握る

Dv気質の男性は、イライラしていると見てすぐわかる態度をとります。

貧乏ゆすりやこぶしを握るなど、態度に出やすいので「今イライラしているな」「怒っているな」と分かるのはずです。

しかし、その場が社交場であったり会社であったりと、視線が多いところであれば、世間体を気にして感情を抑え込もうとします。

感情の高ぶりと共に攻撃性が高まる男性は、一定ラインまでは内に秘める事が可能です。

しかし、我慢している事すらも屈辱だと感じているので、そのままなかったことにはできません。

我慢をしているとき、貧乏ゆすりやこぶしを握るなどの態度に出るのは、ささやかな犯行の態度。

「我慢してやっている」という高圧的な感情の表れなのです。

普段から常に天下を取っているような気分でいるので、「このくらいで怒る俺様ではない」とある程度のゆとりがあるつもりでいます。

端から見れば、些細なトラブルであっても、彼にとって屈辱の時間が長く続くと人格否定をされているような気分です。

感情の抑え込みが出来る一定ラインを超えた途端、コントロールを産品ます。

自分の責任でミスを受け入れない「俺が悪いって言いたいの?」

恋人に対して攻撃的な男性は、自分の責任ではないとセリフで言い放ちます。

何かトラブルが起きた時、そこに男性が関わっていたとしても、すぐに「俺が悪いって言いたいの?」と自分のせいではないと、他人事にしてしまうものです。

自分のせいでトラブルが起きる事は、dv男の中ではあり得ません。

常に他人のせいで自分のプライドが傷つけられ、時間を無駄にし、人生を邪魔されたと感じて生きています。

自分が関わっている出来事であっても、問題が発覚した時には必ず外的要因が存在すると考えているので、決してミスを認めないのです。

「俺が悪いって言いたいの?」「つまりそれは、俺を責めているっていう事?」と責任の所在を確かめようとした相手は、攻撃対象となってしまいます。

自分は常に被害者で我慢の連続「どれだけ我慢していると思っているの」

「どれだけ我慢していると思っているの?」と常に被害者意識を表に出すのが、女を傷つける男のセリフ。

暴力で自分の感情を発散させる男は、常に気持ちを押し殺している日々の連続を過ごしています。

”俺様”的考えなので、いつも最優先されなければ気がすみません。

お店が混んでいて少し待たなければいけなかった時、会社の同僚のミスで仕事が少し増えてしまった時、彼女が約束時間に遅れてしまった時、行きたい所が違って恋人の願いを優先させてあげた時、などどれだけ些細な時間のロスや労力が必要になった時でも、被害者意識は激しく高ぶります。

「お互い様」という意識は全く持っていないので、「俺がしてやった」「自分が我慢したからアイツは良い思いをした」と恨みを募らせるものです。

もちろんレディーファーストという考え方はなく、自分がサプライズで彼女に送ったプレゼントさえも「俺があの時買ってやった」と恩義を着せます。

「常に自分が我慢をしているから周りの人は上手くやっていけている」と考えているので、いつも不満そうな顔をしているところです。

束縛は言葉の呪縛にも表れる「俺の彼女」

dv男の特徴である「俺の彼女」というセリフは、恋人を完全に束縛してしまう呪文です。

言葉の呪縛は、彼女を徐々に追い詰め、メンタルから逃れられないようにしていきます。

普段から感情を抑え込み、攻撃性を隠している男にとって、恋人は唯一の発散相手。

束縛するのは、それが愛のしるしだと考えているからです。

友達と一緒にいる時もわざわざ「俺の彼女」と何度も確認するように伝え、会話の中にも盛り込みます。

自分の所有物であることを自慢するかのように、「こいつは俺のもの」と刷り込んでいくのです。

恋人を抱え込むのは、所有欲を満たしたいから。

自分の傍に置いておくことで、「こいつだけは俺の苦労を分かっている」「俺の彼女なんだから体の一部と同じだ」と考え、馬車馬のように動かします。

彼女の存在を周りにアピールすることは、自分を男として立てることが目的でもあり、「俺のために忠誠心を持った女がいる」という自慢でもあるところです。

彼女は、その言葉に縛られ「絶対に逃げられない」と思い込みます。

暴力に負けない!dv男に傷つけられない女になるコツ

いつも笑顔で声を出して笑う

dv男に傷つけられない女になるコツは、いつも笑顔で声を出して笑うことです。

実は笑顔と言うのは種類によって、気持ちの持ち方が大きく変化するものでもあります。

何にも声を発さずに、口角を上げて微笑むのは、見た目には美しいですが、感情を表現できてはいないので、心の中で相反する気持ちを抱え込みやすい笑顔と言えるものです。

微笑むだけの笑顔は、感情を隠して表面的に笑っているような感じで、陰湿にも見えることから、dv男からの暴力が激しくなってしまいます。

ところが、声に出して顔をくしゃっと崩して笑う笑顔は、プラスのエネルギーを発する笑顔です。

内にある気を声と共に外に発散させることが出来るので、周りから見てもポジティブで明るい印象を受けます。

攻撃をする男性は、明るくて強そうな女性が苦手です。

自分の支配下におけないなら、やり方を変えざるを得ないから。

女性自身がプラスのエネルギーを外に向けて発することが出来れば、「彼女を攻撃しても傷ついた顔を見せてくれない」と予測し、それはつまり言う事を聞かせられないことを意味するので、傷つける行為がなくなっていきます。

友達をたくさん作って頻繁に色んな人と会う

傷つけられない女になるコツは、友達をたくさん作って頻繁に色んな人と会うことです。

暴力で彼女を支配している男は、決して人に見られる可能性のある場所に傷をつけることはありません。

Dv被害に遭っている女性のほとんどが、顔以外の服で隠れる場所をケガしているはずです。

しかも、閉鎖的な関係にすることで相談相手をなくし、より暴力がバレないようにしていきます。

友達が多い彼女であれば、どれだけ取り繕っても、傷跡を見られてしまう可能性が高まり、すなわち自分が恋人を傷つけていることがバレてしまう危機に陥るのです。

なるべく色んな人に会うようになることで、彼氏に「暴力がバレるかも」という不安を煽ることができ、痛めつけられる可能性が格段に減ります。

傷が出来ても、隠すことなく半袖を着ることで、dv被害を受けている事を公にしてしまいましょう。

彼氏にとって怖いのは、社会的に否定されてしまう事。

無言の圧力または本気の声のトーンで「誰かに言うなよ」と脅されているはずです。

堂々と暴力を受けている事を公表することが、負けない女になるために大事な事だといえます。

彼氏の親と仲良くなる

傷つけられない女になるコツは、彼氏の親と仲良くなることです。

いくらいつも強気な彼氏でも、親の前では所詮人の子供。

親に対して偉そうな態度や言葉だとしても、自分が女性を傷つけているという事実は知られたくないものです。

彼氏の親と仲良くなり、二人きりで食事や買い物に行く仲にまでなれば、男性は「いつ親にバラされるか分からない」という不安でいっぱいになります。

母親にまで暴力を振るう男であれば、父親と仲良くなるのも一つの方法です。

あなた自身の味方を彼氏の血縁の中で増やしていく事で、逃げ道や相談相手として十分だといえます。

親が息子の暴力を知った時、母親は涙を流すはずです。

母親の涙は、息子にとってどうしようもなく心が痛むもの。

その涙を彼氏に見せると、更生させるきっかけにもなるので、機会をうかがっていましょう。

会えない時間を増やすことで愛情に目を向ける

傷つけられない女になるコツは、会えない時間を増やすことです。

基本的にdv男は恋人のことを手放したくないと考えています。

愛情があればいい方ですが、たいていの理由は自分にそこまで従ってくれる人は他にいないから。

会えない時間を増やすことで、愛情がなければ「思い通りにならないなら、別れる」と選択する可能性が出てきます。

そのまま別れられればラッキーですが、彼に少しでも愛情があるなら、「愛が足りないのかもしれない」と関係性を見直すきっかけにもなるはずです。

傷つけられても離れることが出来ないあなたは、彼の良いところを見ているから。

彼自身もあなたの良いところをたくさん見つけてくれるようになれば、暴力に頼らなくても愛を確かめ合える二人になる可能性が高まります。

近くにいすぎることが、暴力を助長させる原因です。

仕事など理由をつけて。一度距離をとって離れてみましょう。

この時中途半端な態度をすると、「何で会えないとか勝手な事を言うの」とイラつかせる原因となってしまい、暴力を激しくさせてしまうので、距離をとるなら徐々に会わないようにしてまったく会えない週も作る必要があります。

dvは愛があるからではない!自分が求める愛情と向き合う

傷つけられない女になるコツは、あなた自身の気持ちと向き合う事です。

「暴力以外は、本当に彼はいい人なの」「怒らせている原因はこっちだから、あの人のDVは私が悪い」と必要以上に彼をかばってしまうのが、彼女の特徴。

「愛しているのに、こんなことさせないでくれ」「ごめんね、二度としないから」など彼が何と言おうと、DVは愛があるから行っているのではありません。

我慢すれば成立する愛は、タイミングや距離の問題だけです。

暴力で愛は伝えられるものではなく、彼の機嫌を窺うのが恋人の正しい姿ではないはずです。

あなたが本当に求める愛の形を、今一度思い返してみましょう。

彼氏に守られたい、そっと傍に寄り添ってもらいたい、一緒に過ごす時間が穏やかだったら嬉しい、など恋人に求める理想は様々あるものです。

暴力は愛の形ではないことを踏まえ、彼と理想の恋愛が続けられるのか向き合ってみることで、あなたの本当の気持ちに気が付きます。

いつの間にか、恋人の奴隷になっていなかったか、服従することが愛だと刷り込まれていないか、都合のいい駒にされていないか、冷静に状況を判断してみましょう。

顔の特徴から自分が傷つけられないよう見抜く力を育てる

自分の彼氏がdv男なのか、好きな男性に攻撃的な一面があるのか、見抜く力を育てる事は、あなた自身を守る事にも繋がります。

既にDV被害に遭っている女性も、「もしかしたら彼氏がキレたらヤバイ人かも」と思っている人も、顔の特徴や態度やセリフから相手の本性を見抜く力を育てましょう。

傷つけられて幸せになる人はいません。

あなたが求める愛を一緒に築き上げられる相手かどうか、しっかり選別して恋愛をしていきましょう。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事