合鍵を返すタイミングは復縁に超重要!好印象を与える「持ったままの鍵を返したい」連絡の仕方&そのままやり直せる最高の返却時期
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

お別れしたあの人の家の合鍵を持ったままなのであれば、返すタイミングにフォーカスすると復縁に繋げる事が出来ます。

「ずっと持っていたから常識がないと思われたらどうしよう」「今さら返しても嫌な顔をされてしまうかな」と不安に思っているなら、心配ありません。

合鍵を返すタイミングをしっかりと抑えておけば、復縁できるという流れについて、詳しくご説明していきますね。

どんな風に連絡をすればいいのか、元彼と会って手渡すタイミングやそのままやり直せてしまう時期まで、細かく理解できますから、ぜひ実践してみてください。

家のカギを渡すほど信頼し合っていた二人なので、きっと心を通わせあい、もう一度一緒に未来を視る事が出来ますよ。

目次

別れた後合鍵を返さない女性に対して元彼が感じている事

まだ続いているつもりなのかな

カギを返そうとしない女性に対して、元カレは「まだ関係が続いているつもりなのかな」と感じています。

お互いに家を行き来していたカップルや、彼氏の家が主なデート場所で半分同棲のように自由に出入りが出来る付き合い方をしていた二人でも、終わりを迎えた段階で、会う事は無くなるハズです。

家の鍵を託すと言うのは、信頼関係があって成り立っている出来事。

恋愛関係でなくなってしまえば、勝手に入って来られても困る相手という事になります。

カギを持ったままの元カノの事を考えると、「もしかしたらまだ終わっていないと思っているかもしれない」と心配したり、「どうやって返してほしいって言えばいいのか分からない」と困惑したりしてしまっている状態です。

完全プライベート空間に入る事が出来るカギを持っていると、まだ繋がりがあると感じてしまいます。

気持ちではなく、モノを通して未練を感じてしまうため、次に進みづらいと思ってしまったり、いつまでも元カノの事を考えてしまったりと、カレ自身も関係が終わったように思えず、ストレスになる事もあるものです。

勝手に入って来られたらどうしよう

合鍵を元カノが持ったままの時、男性は「勝手に入って来られたらどうしよう」という不安を感じます。

家は、生活拠点であり安心安全であるべき場所です。

一日の仕事が終わり、精神的にも肉体的にも安全が確保される家に帰宅する事で、心底ほっとする事が出来ます。

恋人であれば、心の底から信頼している人なので、自由に出入りしたり、突然押しかけてきても受け入れられますが、もう破局した相手なら、アポなしはあり得ません。

用事があったとしても、事前に連絡を取り合って、家以外で会うように段取りを組むのが通常です。

既に、他人となってしまった女性が、カギを持ったままなので、プライベート空間の危険が脅かされているような気持になってしまいます。

執着するタイプや男性の気持ちを考えずに暴走する女性だったなら、「夜中に急に来たらどうしよう」「仕事に出ている間に、勝手に家の中に入って荷物を探っていたら怖いな」と考えてしまうはずです。

早く返してほしくても、激情型の女性であればトラブルになる事も予想されるので、回避したくてそのままにしてしまいます。

捨てられて他の人に利用されたら怖い

元彼女がカギを持ったままであれば、男性は「捨てられて他の人に利用されたら、怖いな」と考えています。

いつでも好きな時に会えるようにと渡した合鍵も、関係が終わってしまえば元カノにとっても不要なもの。

「どうやって処分しただろうか」「そのままゴミとして出していたら、誰かが拾ってしまうかも知れない」と考えだしたら、ネガティブな事ばかりが浮かんでしまいます。

ストーカーや強盗は、どんな方法を使ってでも家に侵入すると言われているものです。

ごみを漁られて、付き合っていた事実まで掴まれていたなら、男性に目を向けられてしまう可能性は捨てきれません。

「あの子が突然、家に来るのはまだいいとしても、知らない人に利用されていたら怖い」と想像が膨らんで恐怖に支配されてしまいます。

家の中には、現金があったり価値ある物が置いてあったり、銀行の預金通帳やハンコなど、大事なものの宝庫です。

悪い人の手に渡らない内に、早く返してほしいと願っています。

ケジメを付けられないのはだらしないな

鍵を持ったままの女性に対して、ケジメを付けられないのはだらしないと考えています。

何事もケジメをしっかり突けることで、心の切り替えが出来るようになるものです。

仕事においても、毎朝朝礼があったり、期のスタートで会社の方針を共有したりと気持ちを切り替えるためのケジメが存在します。

人間関係においても同じ。

付き合う時には、告白で気持ちを伝えて「今日から恋人だね」と同意をすることで、明確にカップルとして自覚できるようになります。

終わりも同じで、「今日で最後だよ」とお互いに認識して、恋人を解消するはずです。

終わりを迎えた時には、関連のあるもの全てを清算させることで、仕切り直せます。

いつまでも鍵を持ったままでいる女性は、ケジメが付けられていない人だと認識されているのです。

だらしなさや行動力の遅さに、苛立ちに近い感情を抱えています。

「借りたら返す」が基本であり、もう鍵を持っていてもいい立場の人ではない、という事を自覚しなくてはいけません。

新しい彼女に渡せないから次の合カギを作ろうかな

新しい彼女に渡せないから、次の合いかぎを作ってしまおうかと悩んでいる男性もいます。

恋愛が好きな人や無自覚にモテる男性は、次々に彼女が出来るのが普通です。

付き合った人には、すぐに家の合鍵を渡すのも抵抗がありません。

こういうタイプであれば、毎度新しく作ることが多いのですが、返してもらえなければ一応気には掛けるところ。

「まだ持っていたかな?」「返ってきたら、そのまま次の彼女に渡せるんだけどな」と考えながら、恋人が出来る時期と戻ってくるタイミングを図っています。

付き合っている人がいる時には、家に勝手に入ってもらうと楽だという認識。

料理を作るのが好きな女性もいるし、掃除を積極的にしてくれる人もいます。

男性自身は見られて困るようなものがないので、自由に入ってもらっていれば、円満に関係が成り立つと考えているのです。

一定期間持ったままになっているのであれば、既に、彼は新しい物を作っていると考えてもいいはず。

返したところで、あっさりと「ありがとう」と受け取り、そのまま予備キー軍の仲間入りとなります。

別れたのに合鍵を返してほしいと言ってこない男性心理

約束事と同じだから元カノに自分で気が付いて欲しい

男性の方から「返してほしいんだけど」と言ってこない時の心理は、大事な約束事と同じなのだから、女性から自分で気付いて欲しいと願っているというものがあります。

人の成長は、周りの人が指摘するばかりでは成し得ない時もあるもの。

親子関係でもよく言われるように、「○○しなさい」「○○はどうなったの?」と口うるさく言っても、相手は「うるさいな」「やればいいんでしょ」と投げやりな態度になるだけです。

大事なのは、自分で気づく事。

「○○をしていなかったから、結果こうなってしまった」「自分が未熟だったから、あの人に申し訳ない事をしてしまった」と気が付いて反省し、改善に向けて行動する事で、人は成長していけます。

自由に家に入る許可をもらったというのは、信頼関係の上で成り立っている契約です。

約束事と同じで、終了したのであれば返納するのもまた暗黙のルール。

言われてからするのではなく、自分で気付いて行動する事で、誠意を見せて欲しいと願っています。

必要なやりとりさえもしたくないくらい憎しみや怒りを抱えている

男性が、元カノに鍵について何も言わないのは、「やりとりしたくない」と強い憎しみや怒りを抱えているからです。

浮気問題や価値観の不一致、喧嘩など、恋人の間では様々な問題が起こるもの。

些細なことであれば、話し合いで解決したり「こういう考えの人だと理解しておこう」と受け入れたり出来ます。

ところが、生き方を覆されるほどの違いを感じた時や、裏切りがあった時には、「二度と顔もみたくない」「ラインを入れるのも嫌だ」「名前も記憶から消し去りたい」と思うほど、怒りに感情を支配されてしまうものです。

そこまでなると当然、相手に対して優しく接することも出来ないし、わざわざ自分がへりくだって連絡をしなければいけないと思う事すら、煩わしいと感じてしまいます。

恋愛中で、夢中になっている好きな人に声をかけるのは容易いもので、「しつこい」と言われても何度も連絡を入れてしまうものですが、腹が立ったり嫌悪感を抱いたりしている時には、通常のやりとりも難しいところです。

合鍵を渡したことをすっかり忘れている

元彼女に連絡をしない男性は、合鍵を渡したことをすっかり忘れているという状態です。

大事な事でもうっかり忘れてしまう人というのは、多くいます。

自宅の鍵がなくなっても、平気な人もいるくらいです。

男性の一人暮らし。

「取られるものは何もない」と考えて生活している人にとって、家の鍵はあまり意味のないモノとも言えます。

大好きな人に渡した後も、付き合っている時には、帰宅したら彼女がいるという状況に喜んでいたとしても、破局すれば姿が見えなくなるのも当然。

鍵がどうのという問題ではなく、彼女が待っていてくれなくなったという事実があるだけです。

既に、鍵が返ってきたかどうかも考えておらず、日常の時の流れの中で、すっかり忘れてしまっています。

言われれば思い出すという程度の記憶になっているので、自分から連絡をする事もありません。

むしろ、思い出したとしても「孤独死したら鍵を開けるのに使ってほしい」くらいに、開錠することに対して「活用できる」と気軽に考えています。

このタイプの男性に、鍵を返しても大きなリアクションはなく、そのまま部屋の片隅で無くなることが予想されるところです。

「勝手に使う事はないだろう」と信頼している

何も言わない元カレは、「あの子が勝手に使って部屋に入る事はないだろう」と信頼しているという心理状態です。

一度は心を許し合い、不在の時にも好きに入ってもいいと認めた人。

家には、サイフやスマホ、値段が張った小物など、様々なものがあっても、紛失したり壊れたりしたことが無いという実績から、絶大なる信頼を持ち続けています。

「あの子は、僕を裏切るようなことはしない」「恋人ではなくなったけど、マナーがきちんと守れる子だから、大丈夫」と信用しているのです。

付き合っている時に「好きな時に入っていいからね」と伝えていても、男性が在宅の時にしか来ないように徹底していたり、先に家に入る時には、前もって連絡を入れて、帰る時にも一言伝えるという事を徹底していた女性であれば、間違っても、急におかしなことをする事はないと思われています。

「何かある時には、連絡をくれるだろう」と考えているので、彼からわざわざ返却を求める事もありません。

引っ越しをするつもりだから関係がない

貸したものを返してほしいと言わない男性には、物自体の必要がなくなったというケースがあります。

家の鍵が必要なくなるケースというのは、引っ越しです。

別れてから環境を変えようと思って別の町に住むことにしたり、そもそもの破局の原因が遠い土地への転勤だったり。

家が変われば、カレにとって今ある鍵は必要なくなります。

同時に、元彼女に渡した鍵も無意味なのもとなることが確実です。

思い出として残しておくのも勝手ですが、退去してしまえば鍵も交換されてしまうので、使えなくなり、ただの小物となってしまいます。

引っ越しの日が迫っていたり、リミットが決まっていたりする場合には、急いで連絡を取り合って返してもらう必要もないので、そのまま放置してしまおうという考えです。

何か理由やきっかけがあって引っ越しをする人もいますが、住む家を変える事自体が好きな人もいます。

「そろそろ飽きたから別の所に住もうかな」「元カノとの思い出が詰まっているから、違うところに移ろうか」「使い勝手が悪かったから、別れて丁度良かった」と気楽に引っ越しを決めるタイプの人は、合鍵に対しても執着がないのも当然です。

合鍵を返すタイミングが復縁に超重要な理由

疎遠になっているなら連絡をするきっかけになる

復縁に重要なタイミングは、疎遠になっている元カレであれば、一つの物を通して連絡をするきっかけになるからです。

別々の道を生きるようになると、お互いに自分の生活で忙しくなり、離れてしまった人にまで気が回らなくなります。

大事なものを持っていたとしても、「いつか返そう」「落ち着いたら連絡しよう」と思っているうちに、どんどん月日が流れてしまうものです。

余りにも連絡をしなさ過ぎて、今度は何とメッセージを入れればいいのか分からなくなったり、「もう忘れてしまったかな」と違う不安が芽生えたりして、益々一歩が踏み出せなくなります。

アイテム一つ持っていれば、長い月日が経過していたとしても、「コンタクトを取ってもいい」という理由づけが出来、確実に話しかける話題を持っている事になるわけです。

最強の武器を手にしているのと同じ。

どれだけ冷却期間を過ごしても、怖くない状態と言えます。

会って改めて話が出来るチャンスになる

返却するタイミングが、復縁に重要な意味を持つのは、会って改めて話が出来るチャンスに出来るからです。

破局してしまえば、つい最近までいつも一緒に過ごしていた元カレでさえ、何を話ししていいのか分からなくなります。

むしろ、会ってもいいものなのか、連絡をしてもいいのか判断が出来ず、悶々とした日々を過ごしがちです。

返却するためには、事前に一言メッセージを伝えなければいけないし、大事なものだからこそ会って手渡した方が良いもの。

つまり、会う口実が出来るという事です。

絶対に会う事が出来ないと思っていた人でさえも、「直接渡したい」と言えるような品物だからこそ、復縁に繋げられる可能性が高まります。

顔を合わせて話をするため、タイミングを間違えると、喧嘩が再発してしまう可能性もあるし、今度こそ絶縁となってしまう事も考えられるからです。

ベストな時を見計らって、二人の関係が進展するような返却の仕方を計画しましょう。

会って話が出来る気持ちを整えておくことが、理想です。

友達に戻れた二人なら部屋に上がり込む理由ができる

タイミングが重要な理由は、友達に戻れた二人なら丁度いい時に返却する事で、部屋に上がり込む理由が出来るからです。

部屋に上がるという行為は、友達からステップアップする時の重要なポイント。

関係が終わってしまった間柄だからこそ、意識的に部屋にあげないようにするのが通常です。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

仲が良くても「部屋に入れてしまうと、体だけの関係になってしまうかも知れない」「距離感が曖昧になって本当に好きか分からなくなるかも」と心配が浮かびます。

こんな二人だからこそ、部屋で落ち合った方が早いというタイミングで「鍵は返しておくよ」「いい機会だから、勝手に入れないようにケジメを付けよう」と持ち掛けると、そのまま持っていてほしい感情が沸き上がったり、突き放されたようで寂しさを感じたりと、彼の心を揺さぶる事が出来るのです。

計算のままにタイミングを見つければ、恋愛感情を再燃させ、次のステップに進むことが可能になります。

相手のペースに合わせるだけでなく、自分から駆け引きを仕掛けるツールとして活用できるわけです。

男性の心理を読み取って気持ちを確認できる

男性の心理を読み取って、気持ちを確認できるため、タイミングはとても重要です。

何となく借りた物を返すという意識で持ち掛けてしまうと、元彼氏がどんな気持ちで受け取っているのか、次につなげるためには何をすればいいのかが、全く見えずに分からなくなります。

せっかく彼の大事な所有物を持っているのであれば、しっかりと活用するのがベスト。

タイミングさえ間違わなければ、彼の気持ちが手に取るように分かります。

男性の心が揺れ動く時期にはパターンがあり、行動にも表れるはずです。

心理と行動を見極めて、上手に合鍵を渡せば、彼を自由にコントロールする事も可能となります。

復縁を目指すためには、相手の気持ちや背景を理解する事がとても重要です。

あなたが切り出すタイミングで、彼が心を閉ざすか、オープンハートで分かりやすい反応を常に見せてくれるかが変わります。

スタートが計算通り進めば、復縁出来た後も思い通りの付き合い方が出来るのです。

新しい彼女がいるかチェックが可能

タイミングが復縁に対して重要なのは、元彼氏に新しい彼女がいるかチェックが出来るからです。

ただ、正義感や義務感だけで返したのでは、一つの出来事として通過して終わりになります。

いかに事象を通して、自分の恋愛を優位にするか、スムーズに次のステップに繋げられるかが、やり直したい人との間に必要な事です。

ラインや、電話をするにしても、今回のように家のキーを持ったままという事でも、一つの事案をきっかけに、急激に仲を良くすることは出来ます。

自分主導で、距離感を近づけ、理想の関係を築き上げられるのです。

次の恋愛をしているかどうかという情報は、前の彼女にはなかなか入ってこないもの。

SNSでも探ることが難しいタイプの男性も多くいます。

だからこそ、会ったり話したりできるツールとして、しっかりタイミングを見計らってアクションを起こす事で、相手の現在の状況を把握出来たり、未練があるかどうかを見極めたりする事も可能になるわけです。

「今じゃない」という時に、ぐいぐいと恋愛について探りを入れてしまうと、復縁はおろか、友達にすら戻れない可能性も出てきてしまいます。

元カレに好印象を与える「持ったままの鍵を返したい」という連絡の仕方

手紙を添えて郵送で返す

連絡の仕方は、手紙を添えて郵送で返すという方法を取り入れます。

郵送となれば、直接会うことも出来ずに、受け取って終わりという結末を想像する人も多いですが、デジタルな時代だからこそ、アナログが活きてくるものです。

文章をペンを使って書くことが少なくなっているからこそ、思いの丈や今までの感謝を手紙にしたためると、しっかりと温もりを伝える事が出来ます。

開封したくなるようなデザインのレターセットを準備するのですが、明るく元気に、かつ愛情を少し隠して含んでいるような柄を選ぶのです。

鍵を一緒に入れる時、手紙に貼り付けるとより手紙の価値を高めることが出来ます。

懸命に気持ちを伝えようとする文章が、彼の心に響いた時、返事をラインで送ってくれたり、感動して「会って話をしよう」と提案されたりと、行動力を刺激するはずです。

手書きの手紙だからこそ、想いの深さが伝わります。

渡していた実物の鍵が同封されているから、当時の記憶が瞬間的に思い出されるのです。

「わざわざ返してくれた」という感謝の気持ちを抱いてくれます。

反省して謝罪の言葉を伝えるのと同時

反省して謝罪の言葉を伝えるのと同時に「持っている物を返すよ」と言えば、好感度を高められます。

反省している時の言葉は、相手も素直に受け取ってくれるものです。

「しっかり考えてくれているんだな」「もう会っていないのに、ずっと一人で悩んできたのかな」とあなたの事を考えながら、気持ちに寄り添ってくれようとします。

このタイミングで「ずっと私が持っていたんだよ」と切り出せば、「気にかけてくれたのか」「悩みを一つ増やしてしまっていたな」と想いを汲んでくれるはずです。

この一言を言うために、どれだけ勇気が必要だったか、手渡してしまえば完全に終わってしまうような感覚も芽生えさせ、新たな関係に進みだすために向き合ってくれるようになります。

男性側が静かに気持ちを汲み取りながら、女性の心の内側に入ろうとしてくれる分、もう一度二人が理解し合うのに、時間がかからないのです。

「大切なものが捨てられなくて」と彼の物が近くにある事を伝える

「大切なものが捨てられなくて、どうしよう」と彼の物が、未だに女性の身近にある事を伝えると、好印象を残せます。

男性は、会わなくなってからも自分の事を想い続けて欲しいもの。

思いを巡らせるだけでなく、動作が伴っていると一層嬉しく感じます。

思い出の品を手に取って、見つめながら記憶を回想したり、未練を断ち切るために思い出の場所に一人で向かったり、と行動を伴っていれば、より大事にされているような気持ちになるからです。

彼女の部屋には、元彼氏との思い出の品がいっぱい転がっています。

「大事なものが捨てられない」という一言には、様々な思い出との対峙した風景や、ゆっくりと決別を決めながら処分している様子が目に浮かぶものです。

それでも、捨てられないものや思い出すと辛くて作業が止まってしまうものがあると知れば、いかに思われていたのか容易く想像できます。

「今もまだ辛い思いをしているのか」「どうしても忘れられない記憶って何だろう」と心の情景に興味を持つはずです。

もう一度二人で話し合う機会を作ったり、男性自身が家の中を見渡して、思い出の品を探したりという行動が見られるようになります。

ポジティブなメッセージと共にポストに入れる

好印象を残す方法は、ポジティブなメッセージと共に、ポストに入れる事です。

借りた物を返すという事自体は、至ってシンプルであり、簡単な事。

相手が傷つけあった人や気まずさがある人だから、渡し方や連絡方法に困っているだけです。

ただ、行動に移すだけ。

男性は、シンプルなシステムに心動かされます。

スキという気持ちが無くなってしまったり、喧嘩別れなどネガティブな要素が会ったりした場合には、わざわざ連絡を取り合って会うのも億劫になってしまうものです。

「返してほしいな」と思っていても、「小さい事を気にする男だと思われたくない」というプライドもあります。

要は、鍵を返す、それだけなのです。

足しげく通った彼の自宅に向かい、ポストの中に鍵を入れます。

この時、無機質なカギだけが無造作に入って入れば冷たい印象になってしまいますが、一言メッセージを添えるだけで、とても温かくて、優しい行動に変わるわけです。

明るく元気が出るポストカードや付箋でもいいので、ポジティブな言葉を添えて、そこに貼り付けます。

後は、自分で投函するだけ。

簡単でありながらも、メッセージを読んだカレは、心が温かくなり、「連絡をしてみようかな」という気持ちになります。

別れた次の日に誠意を込めて「渡しに行く」と告げる

別れた次の日に、誠意を込めて「渡しに行くよ」と告げると、好感度を高められます。

縁を切るタイミングが長引くほど、二人の状況が気になり、迷いや不安が沸き上がるものです。

決別したのなら、即刻清算するべき。

終わりを迎えたら、次の日には「カギはもうあなたの所に戻さないといけないね」と冷静に伝えると、誠意が伝わります。

彼の物だからこそ、蔑ろにせずに、ちゃんと分別を付けた行動が出来た事に、尊敬の念を抱かれることも。

貴重品なので、対面は当たり前です。

きちんと顔を見て手渡す基本の行動が出来る元カノに、清く正しい心を視る事が出来ます。

幸せになるためには、こういうちょっとした所がポイントになるものです。

誠意をもって行動すると、カレとの未来も切り拓かれます。

鍵を返すために会ってそのままやり直せる!最高の返却時期

勢いで別れてしまった2週間後

最高の返却時期は、勢いで別れてしまってから2週間後です。

思い切り喧嘩した時や、売り言葉に買い言葉で後に引けなくなってしまった時など、お互いに対立してしまった場合には、一旦気持ちの整理が必要になります。

冷静に話し合いが出来たのなら、次の日でもいいのですが、勢いのまま突っ走ったのなら、カレもあなたも冷静になる時間が必要です。

「もう無理」「終わりにしよう」と勢いよく終焉を迎えた後、家に帰ってから感情がジェットコースターのように次々と押し寄せてきたはず。

彼の事がやっぱり好き、余計な事を言ってしまった、冷静ではなくなっていたからもう一度話し合いたい、など様々な感情を乗り越えても、まだ会うには早い時期です。

しっかりと深呼吸を繰り返し、思い出しても涙が出なくなった頃になれば、対面して自分の気持ちを伝えるだけの余裕が生まれているはず。

二週間後くらいになれば、冷静に話し合いをするとしても、相手の言葉に耳を傾ける事が出来るようになっています。

勢いのまま「実は、持ったまま飛び出てきちゃった」と切り出せば、「結論は、話が終わってからにしよう」と向き合う事を優先してくれ、破局を迎えなくても済むようになるのです。

連絡が再開できて緊張が解けてきた頃

やり直せる返却時期は、連絡が再開でき、お互いに緊張が解けてきた頃がベストです。

具体的な日数よりも、相手との言葉の雰囲気が重要となります。

連絡が取りあえるようになるまでには、相当時間がかかったかもしれません。

それでも、今は友達としてやり取りが出来るようになったのなら、懐かしさで楽しいと感じ始めているとも言える時期です。

緊張が解けたおかげで、会話を楽しむことが出来、おふざけの一言で場を和ませたりという本来の良さを見せることも出来ます。

相手の恋愛話も、少しは冷静に聞けるようになれば、やり直しつつバランスを整えていくことが良い判断と言えるところです。

連絡が復活したのなら、印象を良くしつつ、カギについて話を切り出せば、そのままやり直すところまで進む可能性も高くなります。

むしろ、やり取りが出来るようになったのなら、早めに切り出しておかなければ、未練に気づかれて警戒心を強められてしまうはずです。

気持ちが落ち着く3か月後

やり直せる返却期間は、お別れを迎えてから気持ちが落ち着く3か月後です。

大好きな人であるほど、関係が終わってしまったことに絶望感を抱き、涙が止まらなくて、会社でも驚かれたという経験をした女性も少なくないはず。

筆者も、振られてから何日も泣いて過ごした経験があります。

破局の理由を告げられていても、感情が高ぶっている時には、冷静な思考回路ではなくなっているのです。

冷静に話し合いをしたいと望むのなら、ルールに従う必要があります。

どうして離れなければいけないのか、彼からのメッセージは何だったのか、宇宙の流れはどうなっているのか、何もかも総合的に考えて、彼の状態も少しは想像できるくらいまで整理を続けていくわけです。

ようやくどんな事が起きても対応できるほどの冷静さを取り戻す、3か月後が勝負。

返却の話を切り出しつつ、あなたの未来への展望や野望なども同時に伝えておくべきです。

すぐその場では実を結ばなくても、彼の心にはあなたからの話が残っています。

日を改めてもう一度会える約束が出来るので、冷静に話し合いが可能な3か月後に切り出せば、次につなげられるはずです。

意識してもらう事がキーポイント!自然消滅から半年後

意識してもらう事がキーポイントになるので、自然消滅の場合は半年後に連絡をしましょう。

カギを返すという一大プロジェクトを残したままでも、自然に連絡を取らなくなり、安否も分からなくなったりしたのであれば、カレにとって、家のキーは大した問題ではないことがわかります。

このまま連絡を閉ざしてしまえば、シレッと次の恋愛を始めたり結婚相手を見つけたりするのも不思議ではありません。

とにかく、存在を思い出してもらい、あなたという人物にフォーカスしてもらう事が重要です。

連絡をする手段の一つとして、ラッキーな事に家のキーを持っています。

「今さら必要ないかな」「もう忘れていて、面倒だと思われたくないな」という不安は、一旦忘れてしまいましょう。

彼の声を聞けて、考え方も垣間見ることが出来るのが、半年というタイミングです。

破局から1年経過したタイミング

破局から1年経過したタイミングであれば、十分なクールダウン出来ているし、今後どんな恋愛がしたいかというビジョンも少しずつ見えてくる時期です。

彼の事を想い続けているけど、接点が無くなってしまえば再び運命が交わるのは難しくなります。

冷却するための期間を取りつつ、運命を感じられる出来事があれば最高です。

仕事に打ち込んだり、違う人と出会って比べられたりと、様々な事が起こる1年間。

実質もう、カギは必要なくなっているはずです。

会う口実や連絡をするための手段として使わないのは、もったいないと言えます。

次の恋愛をしたくなっている時期でもあるし、思い出が美化されて「またあんなふうな人と付き合いたいな」と想いを馳せているタイミングでもあるのです。

恋人といた時にはできなかった事に挑戦していたり、雰囲気がガラリと変わっていたりする様子をアピールするチャンス。

もう一度興味を持ってもらいつつ、口実を活用してもう一度気の合う二人を取り戻しましょう。

どんな事にも意識を持って行動しよう

一緒に暮らしていたり、半同棲をしていたりのカップルが、合鍵を持ったまま別れた時には、「返す時に、うまく活用して復縁に繋げられないかな」と探りたくなるのも仕方がありません。

タイミングさえ理解しておけば、彼の気持ちに心から寄り添える女性に成長する事が出来ます。

上手に取り入れながら、破局という失敗を覆して、元彼氏から見て、振った元カノから、これからも大事にしたい女性へと変貌しましょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事