恋愛への執着を手放す方法!収着してしまう原因や心理を知って自分をもっと好きになる
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

彼以外の人はもう好きにならない!と思い込んでいませんか?

片思いや不倫、復縁を望んでいる時などは特に、その男性に執着していることがありますよね。

恋愛や男性に執着すると苦しくなることが分かっているのに、気持ちを手放せない人はぜひこの記事を読んでみてください。

そして、恋愛に執着する原因やしやすい人の心理や特徴、対処方法を紹介しているので、自分を客観視してみるヒントにしてみてください。

目次

元彼との恋愛に執着してしまう女性の心理

「この人しかいない」 彼以外の人とは巡り合えないと思ってしまう

まずは、元カレとの恋愛に執着してしまうのはどうしてなのか、見てきましょう。

失った恋愛って、美しい部分だけが繰り返し思い出されるものですよね。

なぜか、二人の間の気持ちのすれ違いや醜いケンカ、浮気など、ネガティブなことや都合の悪い出来事はあまり思い出しません。

そのせいか、元カレと別れた後、一人さみしい時などに、元カレとの美しい思い出ばかりがよみがえって、「彼が自分の運命の人だったかも…」という思考回路になりがち。

元カレの悪い面や二人の相性の悪さはそこに思い浮かばないので、元カレが完璧な男性としてだんだん心に刻まれていきます。それが繰り返されていくうちに、元カレへの執着が生まれてくるのです。

つまり、執着の大部分は、自分の都合のいい空想の上に成り立っている、と考えてみれば、少し冷静になることもできるのではないでしょうか。

私より彼の方が「好き」が大きかったのに、今は彼を追いかける立場なのが悔しい

元カレと別れてからは、自分だけが元カレへの未練に引きずられている、と感じている女性もいるのではないでしょうか。

一方、元カレの方はといえば、自分と別れた後、自由を満喫した様子でワイワイ仲間と楽しくやっていたり、すぐに新しい彼女と付き合ったりして幸せそう…。

そういう元カレを目にするたび、「あんなに私のこと好きだって言ってくれたのに…」と悔しくなってしまう人もいると思います。その悔しさが、元カレへの執着に繋がっていくこともあるでしょう。

特に、もともとは、元カレの方から熱烈なアプローチを受けて付き合うことになった場合などは、別れてからは自分の元カレへの気持ちの方が大きくなって、元カレを追う立ち場になっていることに気づき、ショックを受けることもあるかもしれません。

「どうして、もともとは追われる立場だったのに、別れてからは追う立場になってしまったんだろう…」と、納得できなくて、その気持ちがしこりのようになり、「こだわり」が生まれてしまいます。

いつの間にか、元カレのことばかり考えてしまい、どんどん執着が強くなっていく…。それはもはや、恋愛感情ではなく、「悔しい」とか「納得できない」という、別の感情になっているのです。

なので、これは恋とか愛とかは関係なく、ただの「こだわり」だと割り切ると、ずいぶん楽になると思います。

そういう自分の心の動きを、ちゃんと頭が理解できるようになってくると、執着を手放していけるようになるのではないでしょうか。

彼がいないと自分が幸せになれないと思い込んでいる

元カレと過ごした時間は、確かに幸せだったのかもしれません。でも、別れに至る原因は確かにあり、二人でそのまま一緒にいるよりも、別れた方がお互いのためと思って、二人は別れを選んだのではないでしょうか。

そう冷静に考えてみると、元カレと別れたことで、あなたは不幸になったわけではなく、逆に幸せになったといえるのです。

それなのに、一人になった寂しさから、二人でいて楽しかったころのことばかり思い出して、「彼がいないと自分は幸せにはなれない」と思い込んでしまっているのでは?

「彼がいないから幸せになれない」のではなく、単に「久しぶりに一人の時間が増えて暇になり、寂しいだけ」と考えてみれば、腑に落ちることもたくさんあるのではないでしょうか。

もし、一人でいる時間をもてあましているのであれば、友人に会ったり、新しい出会いを探したり、趣味を見つけて一人でも楽しく過ごせるようにすればいいだけ!

一人でも充実した時間を過ごすことができれば、いつの間にか元カレのことを思い出さなくなっていきます。さらに、自分が積極的に動くことで、出会いも増え、新しい恋愛のチャンスも増えます。

そうなって初めて、「元カレにこだわり、執着する必要はどこにもなかった」と気づくことができるのではないでしょうか。

不倫や過去の恋愛、片思いの相手に執着してしまう原因

好きだけど付き合えないことが、余計に執着を生んでしまう

不倫では、お互いに好きだという気持ちがあっても、許される恋ではないため、基本的には付き合うことはできません。

もし、不倫関係として付き合ったとしても、いつかは必ず終わりが来るでしょう。

もちろん、略奪婚などもありますが、よほどのこと(奥さん側にも非があるとか、夫婦関係が完全に終わっている場合など)がないと、既婚男性は離婚してまで不倫相手と再婚することはないでしょう。

それくらい、離婚するにはエネルギーがいりますし、自分の子供はカワイイものなので、家族を壊してまで不倫相手と一緒になろうとするケースはまれだと思っていた方がいいのです。

そんな風に、不倫は結ばれない恋で終わるケースがとても多いです。

もちろん、不倫中は、二人がお互いしか見えないくらい、愛し合っていたのは確かでしょう。でも、それでも別れるときがきてしまった…。そんな風に、気持ちが不完全燃焼のまま終わりを迎えた関係って、結構後々まで引きずりますよね…。

不倫が終わってしばらく時間が経ち、また他の男性と交際したとしても、不倫相手の方がよかった、愛し愛されていた、と常に比べてしまい、新しい恋人とうまくいかなくなったりすることもあります。

そして、いつまでも、「あの人の奥さんよりも自分が早く出会えていたら、自分が彼と結婚していたのに…」などとくよくよ考えてしまうことも…。

現実はもちろん、そううまくはいかないので、自分の空想の中での話なのですが、それが余計に、相手への恋心をくすぶらせ、執着を生んでしまうのです。

過去の恋愛や、片思いで終わった相手に対してもそう。

やはり、きちんと結婚という形で結ばれないと、その後、一緒に暮らしたときに起こる壮絶なケンカや倦怠期などを経験しないため、付き合ってさえいれば、いつまでも幸せに愛し合えていた、と想像しがち。

さらに、どんなにいい男でも、悪い面も当然あったはずです。

でも、都合よくそんな嫌な面は忘れて、出会ったころのときめきや、付き合い出したころの楽しさなどしか記憶に残らないので、余計未練が残ります。

「もしあのとき別れなければ、そのまま一生ラブラブで過ごせたはず…」というイメージが都合よく作られてしまうため、いつまでも相手へ思いがつのり、過去に執着してしまうのでしょう。

でも、一人の人と長くどっぷり付き合った経験がある人は分かると思うのですが、長く付き合えば付き合うほど、相手への不満が出てきてきたり、異性として飽きてきたりして、ラブラブとは程遠くなることもよくあること。

だからこそ、夫婦間や同棲カップルのセックスレスも生まれますし、だんだんと異性というより友人関係のようなカップルになっていく人たちも多いのです。

なので、過去の結ばれなかった相手との恋愛が美しく見えるのは仕方がないですが、現実はそう甘くないということを理解しましょう。

そして、その気持ちを執着と思わず、つらい時の空想のタネと考えてみるのもいいのではないでしょうか。辛い時や寂しい時、一種の現実逃避だと理解した上で空想する分には、自分の心を慰めてくれることもあります。

なので、執着を自分の中で完結できるなら、いくらでも結ばれなかった相手との幸せな恋愛を空想し、自分を癒すのは悪いことではありません。

たとえば、夫や今の彼氏との関係がうまくいかなかったり、一人でさみしいとき、過去の恋愛や、ずっと片思いしていた人への気持ちを思い出し、幸せな気持ちを思い出したりするのは、誰にも迷惑をかけません。

ですから、結ばれなかった人との空想は、自分の娯楽として楽しめばいいと思います。

それを執着とまでとらえず、現実的にストーカーになったりなど、周りに迷惑をかけるものでなければ、うまく自分の掌の中で遊ばせて生活の活力にすることもできるのです。

なので、空想は空想ときちんと割り切り、執着をうまく手なずけてみるのも一つのやり方と言えます。

付き合っていても、前向きな未来がない関係だと認めたくない

不倫などをしていると、前向きな将来は見えづらいものですよね。

いつか関係が終わったり、奥さんにバレて泥沼化して職を失ったり、いつもとても不安定な状態で生きていくことになります。

ただ、それを認めてしまえば、別れる以外の選択肢がなくなってしまうので、逆に相手への執着を一層強める方向に視線を向けて、いつか来る別れを考えるのをやめようとしているのです。

人やモノに執着する人って、性格的も頑固な一面があるのではないでしょうか。
特有のこだわりがある人もいるでしょう。「これじゃなきゃダメ」とか、極端な思考を持っていることも。

一方、何事にも執着しない人もいますよね。そういうタイプの人は、考え方が結構柔軟ですし、「これがダメならあれがある」という風に、いつも広い視点で物事を見ています。それに、人やモノに対して、受けいれる心の幅も広いですよね。

そういう人って、まさに、「来るもの拒まず、去るもの追わず」というところがあるので、いつも沢山の人に囲まれていて楽しそうに生きています。

ですから、「絶対にこれじゃなきゃだめ、この人じゃなきゃだめ」という視野の狭い考え方をやめるのって、執着を捨てるためには大切なこと。

まずは選択肢が無限にあることを認め、一つの未来にこだわらないことも、とても大事なことなのではないでしょうか。

時には、周囲にいる、執着しないタイプの人を観察してみましょう。

もちろん、そういう人にだっていい面だけではなく、悪い面もあるでしょう。(何事も長く続かないなど)しかし、大いに参考にできる部分はあると思います。自分の視野の狭さに気づかされることもあるでしょう。

なので、自分が元カレや不倫相手に執着しているな、そのことが辛いなと思ったら、いつも何事にもこだわらずに生きている、自由な友人や知人と話をしてみるのもいいと思います。

体の関係だけなのか、付き合っているかわからない不安感

相手にセフレと思われているんじゃないか、とか、付き合っているのかはっきりしていないとき、不安になりますよね…。

だからこそ余計に、「彼と自分は体だけの関係じゃない。愛し合っているんだ」と思いたくて、相手に執着してしまうということはあると思います。

なので、相手から「付き合おう」と言われていなかったり、自分が「これって付き合っているんだよね?」と聞いても、彼が二人の関係を恋人だとはっきり認めようとしないのであれば、執着するのではなく、いっそのこと、彼から離れてみては?

彼があなたとの関係を体だけの関係と思っていれば、そのままあなたのことを放っておくでしょう。逆にもし、ちゃんと愛しているのであれば、追いかけてくるでしょう。

普通は女性なら誰だって、体だけの関係なんてイヤですよね。(もちろん、それだけを求める女性もいるとは思いますが…)

なので、不安になって相手にすがりつくように執着してしまうのは仕方がないこと。

でも執着する自分が嫌でたまらないのなら、そういう相手とはまず離れてみることをお勧めします。

付き合えないけれど両想いや復縁のわずかな可能性に期待する

「片思いしているけど、いつか両想いになれるかもしれない…」とか、「元カレとそのうち復縁できるかもしれない…」と考え続けていると、いつかそれが本当に実現可能な未来のように思えてきてしまう、ということはあると思います。

ただ、そんな想像はひとりよがりで終わる場合も多いのも事実…。
そして、なかなかそれが実現しないため、いつの間にか執着するようになってしまう、ということもあるでしょう。

片思いから両想いになる、とか、復縁できる、というのは、やはり「賞味期限」というものがあるのではないでしょうか。

何年も片思いしているなら、どこかできっぱりと、「結局は彼は自分に関心を持っていないんだ」と、自覚することも大事ですよね。

どんなに相手のことが好きだとしても、やはり時間は有限ですから、その時間がもったいないです。

それに、長年の片思いって、時が経つにつれ、ただの純粋な気持ちではなく、「何年も好きだったんだから今までの時間を無駄だと思いたくない」などと、損得勘定で考えるようになってくることもあるのです。

復縁も同じ。復縁は特に、一度壊れた関係ですから、ヨリを戻したところで、ずっとうまくいく可能性高いというわけではありません。

それに、相手の男性は、あなたが両想いになりたいとか、復縁したいと思っている間、ずっと一人でいるわけではないでしょう。

別の女性と付き合うこともあるでしょうし、もしかしたら、そのまま結婚することだってあります。

そうなると、それまでずっと好きだった自分は傷つきますし、相手への執着が恨みへと変化していくこともあるでしょう。

ですから、片思いも復縁も、自分で期限や条件を決めておくといいのでは?

例えば、相手に恋人ができたら、速攻で諦める。または、1年以上経っても関係を進展させられない場合は、すっぱり諦める、など。

もちろん、人を好きな気持ちって、そう簡単には割り切れない感情だとは思いますが、本当に縁のある男女なら、一年以上も片思いが続くことはほとんどありません。
(例外もありますが…長くても二年以内でしょうか)

それよりも、運命の相手であれば、出会ったときから急速に惹かれ合い、お付き合いに進展する可能性が高いです。

そうならないのは、残念ですが、やはり相手の男性があなたに関心がないということもあるでしょう。

そういう相手に貴重な時間を使うのは、ムダなのです。

ですから、片思いするのも復縁を願うのも、きちんと期限をつけることは大切なのです。後から、「あんな男に時間をかけてムダだった…」と後悔しないためにも。

元彼に依存してしまうという人は、この記事もチェックしてみてくださいね!!!

相手が少し受け入れてくれただけなのに全てを受け入れてもらえたと思ってしまう

それまでなんとも思っていなかった男性からちょっかいを出されて、とたんにこちらの方が夢中になってしまうことってありますよね。

ちょっかいとは言えなくても、たとえば何気なく彼があなたに言った一言で、「彼は私のことを理解してくれている!」と、舞い上がってしまったり。

相手の男性からしてみれば、あなたを熱烈に愛しているからちょっかいをかけたとか、言葉をかけたというわけでもなく、ちょっとした暇つぶしだったのに、あなたからぐいぐい来られたら、戸惑ってしまいますよね。

「1」しかされていないのに、「10」を期待してしまう気持ちって誰にでもあります。

特に、自分がさみしいときや弱っているときは、誰かのちょっとした優しさが胸にしみますよね。

でも、相手にその気がないのであれば、こちらだけが夢中になってもいいことはありません。相手から利用されたり、疎ましがられたりして傷つくこともあります。

そうやって、自分が相手にされないことで、余計執着してしまうこともあるので、誰にでも軽口を言うようなタイプの男性には、あまり心を許しすぎるのはやめましょう。

元彼や不倫の恋愛で執着してしまう人の特徴

恋愛経験が少なく、女性としての自分に自信がない

では、元カレや不倫に執着してしまう女性って、どんなタイプなのでしょうか。

まずは、恋愛経験自体が少ないと、初めて付き合った相手には、どうしても適度な距離感が分かりませんから、しつこくしてしまったり、常に浮気を疑うなど、執着してしまう傾向はあると思います。

さらに、恋愛経験が少ない時って、女性としての自分にもなかなか自信が持てませんよね。なので、「この恋愛を失ったら、もう次はないかも…」と思い込んでしまい、相手に執着することもあるでしょう。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

相手に嫌われるのが怖い

別れた後も相手に嫌われるのが怖くて、常に顔色をうかがってしまうという女性もいるのではないでしょうか。

本当は、別れた相手なんて、本当はムシしてもいいくらいの存在。

それなのに、相手に嫌われるのが怖くて、つい、別れた後も相手がどう過ごしているのか気になったり、心配したりしてしまいます。

別れても嫌われたくないから、相手から精神的に離れられないなら、それはある種の執着と言えるでしょう。

恋愛なんて、別れてしまえば、あとはもう自分には関係がない人、という割り切りも時には必要です。

恋愛や不倫が終わった後、その相手から嫌われることまで恐れていては、本当に自分らしく生きることはできませんよね。

プライドが高いが自己肯定感が低い

プライドが高い割に、自己肯定感が低い女性も、元カレや不倫相手に執着しやすいのではないでしょうか。

プライドが高いので、別れた後も、「相手はまだ自分のことを好きなのでは?」と期待を持ちやすいです。一方で、自己肯定感は低いので、常に誰かに精神的に依存していたい気持ちは強いのです。

こういう女性にとって、元カレは、いつまでも自分のことを思っていてほしい存在ですし、また、こういうタイプの女性が不倫をすると、不倫相手の奥さんとも張り合おうとします。

「彼は奥さんよりも自分のことが好き」と思いたがるので、不倫相手からしてみれば、厄介な相手とも言えるでしょう。

こういう女性は、別れた後も、元カレや不倫相手にとって、自分が一番の存在でありたいと思うので、執着を持ってしまいます。

もし、自己肯定感が高ければ、次の恋愛にも前向きになれて、別れた相手への執着を捨てられるのですが、そこが低いので、いつも後ろばかり振り返ってしまい、過去の相手に固執してしまうのです。

他人からの評価が気になる

別れた後、周囲からどう思われているのかな、などと気になるタイプの女性も、元カレに執着しがち。

常に人からの評価を気にしているので、周囲に「元カレから振られた」と思われたくないとか、自分の気持ち以外のところに視点を置きがち。

なので、元カレがすぐに新しい彼女を作ったりすることが許せませんし、相手への執着を持ち続けてしまうのです。

また、不倫をしている場合は、周囲にはバレたくないのと同時に、「別に自分は誰からも愛されていないわけではない」というアピールをしたい気持ちのはざまで常に不安定。その不安定さが、不倫相手への執着を生んだりします。

恋愛以外でも人から嫌われるのが怖い

恋愛以外でも、他人から嫌われることを極度に恐れているタイプの女性は、元カレや不倫相手などに執着を持ちやすいでしょう。

他人から嫌われるのを恐れていると、毎日結構疲れますよね。職場などでも、あらゆる方面に気を使い、精神的にヘトヘトになることも多いのではないでしょうか。

そういう人にとっては、一度でも自分のことを好きになってくれた相手だと、気を許せるところがあるでしょう。なので、つい、人間関係で辛いことがあると、元カレに会いたくなったり、甘えたくなったりするのです。

それは、元カレに新しい彼女がいたとしても、おかまいなし。そんな風に自分の都合だけで元カレに連絡を入れたりしていたら、それはもう立派な執着と言えます。

恋愛の執着を手放す方法~自問自答でチェック

彼から嫌われることが何よりも怖いと思う

恋愛への依存度が高すぎて、他の人間関係がおろそかになっていませんか?彼から嫌われたら、すべて終わり。自分は独りぼっちと思っていないでしょうか。

彼以外にも世の中には信頼できる人はいますし、いろいろな男性がいます。

「自分には彼しかいない」と考えていて、自分の自由な時間をすべて彼のために使っているなら、しばらく彼に会わない時間を作ってみましょう。

そうすることで、自分の視野を少し広げてみて。

そうした方が、あなた自身がさらに魅力的になりますし、彼との関係も息苦しさのない、もっと自由で信頼感で結ばれた関係にステップアップできるでしょう。

彼の好きな所は?

彼の好きなところは?と聞かれて、たくさん思い浮かぶのはいいことだと思います。

ただそれが、彼自身の人間性の部分ではなく、「自分のことを愛してくれるから」とか「自分のために時間を使ってくれる」など、あなたとの関係においてのことばかりであれば、恋愛への執着が強まっている証拠。

彼はあなたの所有物などではなく、別の一人の人間である、ということをきちんと理解しないで付き合うのは危険です。

まずは、彼の好きなところは?と聞かれたときは、彼の個性に関する答えが出てくる方が、健全な付き合いと言えるのではないでしょうか。

彼とほかの人が違う所はどこ?

彼とほかの人が違うところは何だろう?と考えてみましょう。

もし、自分にとって彼に特別魅力があるわけではない、と思うなら、ただ単に彼に執着しているだけかも、と考えてみるのもいいでしょう。

彼以外の人には本当に魅力を感じないか?

彼以外に、魅力を感じる男性はほかにいませんか?

実は、客観的になって周囲を見回してみると、彼以外にもすごく素敵な人がたくさんいる、と気づくことができれば、執着を少し手放せたということ。

彼の条件で好きになっていないか?

彼に執着してしまうのは、彼のスペックが気に入っているから、ということはないでしょうか?年収や職業、家柄など、彼個人の中身ではなく、外側だけに執着していないでしょうか。

もしそこに気づいたなら、そういうスペックをすべて失った彼のことを想像してみてください。それでもあなたは彼が好きでしょうか。YESなら、それは真の愛情と言えるでしょう。

でもNOであれば、スペックというのはいつでもなくなる可能性があるもの、と理解した方がいいと思います。

同じ条件なら他の男性でも好きになれる可能性は?

条件が同じなら、ほかの男性でもいいと思うのであれば、あなたは彼の条件だけに固執している可能性があります。

どんなに条件がいい男性でも、その条件を失うときは失います。どんなにいい会社に勤めていても、リストラにあうこともあります。業績によっては、年収ががくんと下がることもあるでしょう。

外見の良さだけが気に入っているのであれば、年を取ればどんなカッコいい男性も、見た目は変化していきます。それは女性も同じ。

なので、条件だけを重要視し、執着するのはとてもリスキー。結局最後まで変わらないのは、その人の中身の本質的な部分なのです。そのことに気づきましょう。

もっと恋愛への執着を手放す簡単な習慣で自分を癒す

彼に執着している事を認める

執着を手放す最も簡単な方法は、まずは執着していることを認めることでしょう。

執着しすぎているときは、自分が執着していることに気づきませんし、認めようとしません。

「わたし、もしかして彼に執着してるのかな?」と気づけたあなたは、すでに執着を手放し始めているのではないでしょうか。

執着がいいことであれば、誰も執着している自分をわざわざ認めたりしませんよね。

やはり、執着が人間の醜い部分や弱さの裏返しだと気づいているからではないでしょうか。

自分の良い所を書き出す

自分に自信がなくて、元カレを忘れられないとか、今の彼氏と絶対に別れたくないと思っているなら、まずは自分のいいところを紙でもスマホのメモでもなんでもいいので、思いつく限り書き出してみましょう。

自分に自信がない人って、自分のいいところを認めるのが苦手なだけなんじゃないでしょうか。いい人間だからこそ、「もっともっと」と上を目指してしまい、自信を無くす、という悪循環にはまってしまうのかもしれません。

悪い人間は、自分を振り返ったり反省しませんから、自分に自信を持っているタイプが多いですよね。

なので、自分に自信がない人ほど、自分のいいところを自分がもっと褒めてあげてほしいのです。

自分のいいところをきちんと認めると、他者への依存心や執着心がすーっと無くなることってよくあります。

日々の生活を丁寧に過ごす

執着に心とらわれていると、毎日の生活がどうしてもおざなりになってしまいます。

執着対象のことばかり考えて、部屋はぐちゃぐちゃ、食生活はめちゃくちゃ、眠れなくて睡眠不足、など、基本的な生活が雑になってしまうのです。

そうなると、余計、自分の心が不安定になり、ますます執着対象に気持ちを傾ける、という負のループに陥ってしまいます。

ですから、執着を断ち切りたい、と思うときほど、生活を丁寧にする努力を。

そのためには、規則正しい生活、栄養バランスを考えた食事、きちんと片付いた部屋で過ごすなど、基本的なことを大切にしましょう。

自分が「丁寧に生きているな」と思えると、自己肯定感も増しますし、精神的に何かや誰かに依存しなくても大丈夫な心が鍛えられます。

もっと自分を大切にしてみましょう。

成功した経験を思い出す

恋愛に執着してしまうのは、「もう失敗したくない!」という、過去の苦い経験からきている場合もあります。

失恋を経験した人なら、もう二度と、あんな苦しい思いをしたくないと思いますよね。
なので、余計、今付き合っている相手と別れたくない、としがみついてしまいます。どんなに苦しい関係でも…。

ですが、自分が付き合っていて辛い、苦しいと感じる相手なら、やはり別れたほうが自分の幸せのためなのです。

もし、あなたがかつて、幸せな恋愛をしたことがあるなら、それを思い出してみましょう。そのときと、今の執着状態とは決定的に違うことが分かるはずです。

もし、恋愛で幸せだった経験をしたことがないという人は、ほかのことでもいいので、心が満たされた状態になったことを思い出してみましょう。家族でもいいですし、ペットとの関係でもいいのです。仕事での成功体験でもいいでしょう。

心が満たされる状態というのは、執着しているときの「焦燥感」や「いらだち」とは正反対ですよね。

そう考えれば、自分にとって執着はいい感情ではないし、こういう感情を抱いてしまう状況はよくないな、とわかるでしょう。

自分を幸せにするためだけに、行動しましょう。

人と比べない

人と比べると、余計に恋愛に執着したり、相手に依存したりすることになります。

他人は他人。
それに、隣の芝生は青く見えるとはよく言ったもので、どんなに幸せそうに見える人でも、悩みはあるものです。

それに、誰かの幸せとあなたの幸せは違ってもいいのではないでしょうか。

幸せな恋愛をすることが人生の目標であったとしても、今付き合っている人や不倫相手とは幸せな恋愛ができない、と思うのであれば、「今はその時ではない」と考えて、恋愛を手放すのも大事なこと。

人が幸せそうに恋愛していようが、究極的にはあなたには何の関係もないこと。
そう割り切って、自分の幸せを追求しましょう。

出来る事や簡単なことを毎日続ける 継続している自分を褒める

継続は力なり、と言いますよね。

何か、有益なことを毎日続けるのも、恋愛への執着から離れるいいきっかけになるでしょう。

毎日ジョギングするとか、ストレッチをする、英会話のラジオを聴くなど、自分のためになることを始めてみるのはいかがでしょうか。

そのうち、一人でやっているのでは物足りなくなり、マラソン大会に出てみるとか、ヨガの教室に通う、英会話教室に行くなど、世界が広がるかもしれません。

そして、毎日自分のために継続できている自分をたくさんほめてあげてください。
恋愛に執着しなくても、自分で楽しみを見つけて、毎日続けられる幸せを思う存分味わいましょう。

恋愛への執着を手放すのは考え方を変えることから始める

恋愛に執着してしまうときって、視野がすごく狭くなっていることが多いです。

よく、恋愛のもつれで刃傷沙汰などが起きて、ニュースになったりすると、「一人の異性にそこまでこだわって人生を棒に振るなんてもったいない…」などと、思ったりしませんか?

それは完全に他人の目線で、客観視しているから抱く感想なのではないでしょうか。

人のことなら、いくらでも客観的に見ることができて、視野も広いのに、いざ自分の恋愛になると、「彼しかいない!」と思い込んでいることってありますよね。

なので、どうしても、今付き合っている彼だったり、別れた元カレだったり、不倫相手への執着が捨てられないという人は、一度、本当に他人の目で自分の恋愛を客観視してみてください。

自分という女性を一人の他人の女性として見たとき、素直に感じることはなんでしょうか?また、その女性が執着している男性のことも、他人の目線で見てみてください。
彼のことをどう思いますか?

徹底的に他人目線になれば、
「どうしてこんな男にこだわっているのかしら?」
「彼の方は遊びなのに気づいていないのは女性だけ」
などと、いろいろと辛らつな意見も浮かんでくるでしょう。

そうやって物事の見方を変えたり、考え方を変えてみることで、意外とすんなり執着を手放すことができることもあります。まずは、自分が執着していることを認め、そんな自分と取り巻く環境を冷静に他人の目になって見てみましょう。

思い浮かんだままに、感想をノートに書きつけるのもいいのではないでしょうか。いろいろやっていくうちに、必ず執着を手放すことができるようになっているでしょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2022】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事