倦怠期はいつやってくる?
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

どれだけ仲良しだったとしても、情熱的な関わりを経て交際に発展したとしても、いずれは必ず気持ちが停滞する時がやってきます。

いわゆる、倦怠期がやってきた時に彼女として、カップルとして、何ができるのか?を考えておかなくてはいけません。

唐突に訪れた倦怠期におろおろしているだけだと、お互いの関係性が悪くなる一方です。

ここでは、倦怠期が訪れやすい時期やタイミングをご紹介していくので、冷静に2人の関係を見つめ直してみてください。

目次

カップルに訪れる倦怠期とはこんな期間の事を指します

一緒にいてもあまり笑わない

倦怠期とはこんな期間1倦怠期の大きな特徴は、2人一緒にいても楽しいと思えないことです。

一緒にいる時間は当然あるでしょうし、付き合いの長いカップルだと同棲していることもあり得ます。

2人でいる時間があったとしても、会話するよりゲームをしているとか、彼氏が「この話面白いでしょ!」と言わんばかりの内容のことを聞いても、全然面白いと受け取れなかったりするんです。

倦怠期を迎える前の2人だったら、どんな些細なことでも面白かったでしょうし、日常会話にも笑顔が絶えなかったといえます。

人間は不思議なもので、長年一緒にいる相手の話は初めて聞く話でもまるで「その話は昔聞いた」と言いたくなるくらいに鮮やかさを失っているのです。

本当はもっと楽しそうに話を聞かなくてはいけないのに、全然楽しくないし、面白くないと思ってしまいます。

ほとんどのカップルが「明日倦怠期が訪れます」とは言われていないので、急に「最近彼氏の話が楽しくないな」「一緒にいても、上手に笑えない…」ということに気づくのです。

倦怠期には大きな理由はありませんし、これが嫌だから倦怠期を迎えるのだ、ということはないです。

気づいた時には倦怠期を迎えていて、相手との会話に笑いがなくなっていた…という状態になります。

付き合いたてやちょっと前までは楽しく会話ができていたのに、急にどうしてこんなに楽しくないんだろう?面白いって感じないんだろう?と自分自身、気持ちが滅入っていることに理解ができないこともあるでしょう。

現実的に、倦怠期は理由がないからこそ悩みますし、改善方法が見出せなくてそのまま別れてしまう2人も多いです。

倦怠期が訪れることは悪いことだ!というわけではなく、単純に「一緒にいる時間が長ければ長いほど、誰にでも訪れるもの」なのです。

交際期間が短い2人でも、一緒にいる時間が多ければすぐに倦怠期に突入しますし、交際期間が長くても一緒にいる時間がそこまで取れなかった2人は、倦怠期が発生しないこともあります。

つまり、倦怠期というのは2人の関係性の濃度によっても訪れる訪れないが変わってくるので、ややこしいと言えるのです。

会わなくても連絡がなくても平気。むしろ忘れちゃう

倦怠期とはこんな期間2倦怠期を迎えている2人の場合、そばにいることに意味を見出せなくなります。

「別に会わなくてもいっか」「あれ?そういえば今日連絡きてないな、まあいっか」そんな感情がお互いの間を行き来しているのです。

すごく好きで付き合ったはずなのに、会わなくても連絡が来なくても平気なんて寂しいと思うかもしれませんが、倦怠期がやってくるとそういうものなのだ、と理解してください。

付き合っているけど、一緒にいなくても平気だし、連絡が来なくても心配にもならないという状態は通常のカップルではあり得ない感覚なので、2人には倦怠期が訪れていると思いましょう。

本来なら、付き合っている人から連絡が来ない状況というのは女性にとってはすごくヤキモキして夜も眠れないくらいの話です。

自分からも何度も連絡する人も多いですし、やっと彼氏から連絡がきたかと思ったら責めてたててしまうということすらあります。

一方で、倦怠期が訪れている場合は、女性の方も「あー今日連絡忘れちゃった」とそもそも彼氏に連絡をしていた日常を忘れてしまうんです。

嫌いだから連絡をしない、連絡をしたくないからしない、というわけではなくて素直に1日のうちに彼氏を思い出すことがなかった、というだけなのです。

なんの理由もなく相手に連絡をとらなくなる方が、非常に気持ちの変化として怖いといえます。

理由もなく連絡がない、自分もしない、といった感覚は結局「相手がいなくても自分の日常は問題ない」と遠巻きに言っているようなものなので、倦怠期の特徴だと思いましょう。

倦怠期が訪れると、お互いの存在の大きさだったり、価値だったりに気づけなくなります。

彼氏のことは嫌いじゃないけど、休みの日はちょっと1人で過ごしたいと思ったり、付き合い始めの頃は全く思ってもいなかった自分の趣味に没頭したい、という気持ちが芽生えることも多いです。

彼氏以外の趣味や楽しいことを見出して、自分の時間を楽しみたい!というような感覚になっています。

もちろん、あなたの人生なので自分の日々をきちんと輝かしい時間を過ごすことはとても大切です。

ただ、付き合っている時からその感覚になるまでの変化が顕著だったり、あまりにも彼氏を蔑ろにするような場合はちょっと注意が必要になります。

彼氏より彼女より大事なものがある

倦怠期とはこんな期間3恋愛体質の人はもちろんのこと、多くの人が恋愛をしている時は恋人が1番、恋人の都合に合わせて毎日を送っているということがほとんどです。

好きな人と一緒にいる毎日が自分の幸せ!と思うことは間違ってはいませんし、何1つ変なことでもないといえます。

多くの人が、自分の中で優先順位を決めていて、その時々の感覚で変動します。

たとえば、付き合いたてもしくは付き合うのでは?という微妙な時期ならほとんどの人が恋愛を重要視し、連絡もまめで毎日でも話がしたいと思っているものです。

一緒にいる毎日が輝かしくて愛おしく、変え難いものに感じるのです。

ちょっと付き合う期間が長くなってくると、彼氏彼女として近くにいることや笑顔を向け合うことは当たり前になっているので、このあたりから相手しか見てなかった視野が広くなります。

男性なら仕事を頑張ろうと思う時期ですし、女性なら自分のための時間が欲しいと思う時期です。

倦怠期が訪れた2人にとって、その時期は恋人と過ごす時間よりも自分の意識や能力を高めていく時期だと思ってください。

2人でいる時間が減ってしまうのは、恋人としてどうなの!?と不安になるかもしれませんが、その間に浮気をしているならまだしも、しっかりと仕事をして、自分の趣味をしてなど、有意義な時間の過ごし方をしているのであれば問題ありません。

自分を高める行動は、恋愛だけに集中していては難しいですし、逆に自分の質を下げてしまう可能性もあります。

恋愛をしてキレイになる人はたくさんいますが、もともとのスキルをあげるためには恋愛だけでは厳しいとこともあるのです。

倦怠期の間は、2人の感覚に冷えた空気が漂うでしょうし、一緒にいてもなんとなく普段の自分を出せないこともあるでしょう。

多くの人は、カップルに訪れるこうした嫌な空気、微妙な距離感を嫌がりますし、気まずくて「このまま別れた方がお互いのためかな」と思うこともあります。

1つ立ち止まって考えてみてほしいことは、絶対に1番が恋人じゃなくてはいけないってことはないのです。

同率1位で恋人と仕事、かもしれないし僅差で友人と遊ぶ方が楽しいかもしれないのは、人間として当然だといえます。

恋人との時間は大事、でも自分の時間も大事、そう思うのは間違っていません。

人の1番は常に変わり、永遠に変化のない気持ちはないのです。

根底に「恋人のことを大切に思っている」という気持ちがあれば、たとえ倦怠期が訪れて、その期間は今まで1番だった恋人が2番3番になろうとも、結局心の底で大事に思っているのであれば、問題はないといえます。

そのままを受け入れて、時が過ぎるのを待ってください。

その間は自分の魅力や能力を蓄積する時間だと思いましょう。

ほかの人といる方が楽しい

倦怠期とはこんな期間4そばにいても楽しくない、他の友人と一緒にいる時や職場の人とご飯を食べに行っている時の方が楽しい、と思うのも倦怠期の特徴です。

なんとなく、大きな理由がないのに彼氏と一緒にいてもつまらない、お互い笑うことも会話をすることもなくて空気が漂っているだけみたい…という雰囲気に倦怠期の2人は覆われています。

すごく好きで付き合ったはずなのにどうして?と悲しくなるかもしれませんが、マンネリ・倦怠期というのは実際そういうものなのです。

理由があれば、改善もできますが馴れ合いになっていて、新鮮さを失った2人には一旦冷静にお互いの存在の大きさや愛情に対して向き合う時期として訪れるのだと思いましょう。

そんな時なので、必然的にデートの回数が減ったり、連絡の頻度が減ったりします。

その間、お互いでしょうが恋人以外の人と時間を共にすることが増えていくものです。

「あー彼氏といる時より素直な自分が出せている」「2人でいるよりもだいぶテンション高い」と自分でもびっくりするかもしれません。

倦怠期のを迎えた2人はそのような状態になることは普通です。

気にした方がいいかどうか、というのは見極めがとっても重要になります。

同性同士で遊びに行っていたり、職場の飲み会に参加してちょっと砕ける程度の話であれば、全然問題はありません。

自分なりの楽しみを見つけることによって、気持ちの発散ができるというのはとても良いことです。

一方で、異性に甘えるようになったり、彼氏に内緒で異性との関係を築くようになればそれはアウトだといえます。

当然、逆でも同じことがいえて、あなた自身も異性との夜遊びが楽しくなってしまっては、彼氏を思い出す回数も減り、だんだんと楽しさが薄れていくのです。

そうなると、付き合う意味もなくなってしまうので、関係が悪くなります。

デートや記念日のお祝いが義務的

倦怠期とはこんな期間5付き合っている2人なので、定期的に会う、「おはよう」「おやすみ」の連絡をする、お互いの誕生日にお祝いをするなどの流れがあります。

好き同士なので会いたい気持ちもあるし、電話もメールもいつだってしたい!と思うのは普通のことです。

付き合っている時間が長くなり、だんだんとお互いの存在に慣れていくにつれて「今日はちょっと会いたくない」とか「友人とどこかに行きたい」と思うようになります。

恋人と過ごす時間よりも、他の誰かと一緒にいることの方に楽しさや新鮮さを見出して、だんだんと彼氏との時間は「恋人だから連絡しなくてはいけない、会わなくてはいけない」と義務的に感じるのです。

恋人だからといって「~なければいけない」ということはありません。

一般論として、恋人とは連絡を取り合う、定期的に会う、カップルイベントには一緒にいるという風潮があるだけで、全てのカップルに適用されるわけではないのです。

理解しておいて欲しいことは、「恋人だから」と義務感を抱いて会うのは変だということです。

会いたい、話したい、近くにいたい、お祝いしたい、こうした気持ちが好きなら自然と沸き起こりますし、お互いのことを思っているのであれば抱かざるを得ないといえます。

倦怠期のような距離感があるときは、必然的にこの感覚が迷子状態になってしまうので、義務的な気持ちが沸き起こります。

その場合は、自分なりに落ち着いて義務じゃなくて「会いたいな」「彼氏に話したいことがある」という時にデートのお誘いをしたり、LINEやメールをしてみましょう。

倦怠期を乗り越えるために大事なことは、無理をしないこと、自然体で相手に心を開くことです。

通常、恋人は最大のあなたの味方ですし、あなたも恋人の味方だといえます。

どれだけ距離感があいたとしても、倦怠期であれが一時的なものですし、そのうちまた密接な時間を過ごせるのです。

焦って距離感を縮めようとすると、月と太陽のように追いかける側と逃げる側となって、永遠にこちらを振り向いてくれなくなってしまいます。

恋人同士が倦怠期を迎えやすい時期やタイミング

魔の3周期

倦怠期を迎えやすい時期やタイミング1子供の反抗期を「イヤイヤ期」と呼びますが、イヤイヤ期は概ね3歳頃やってきます。

人間の気持ちの変化には3という数字が非常についてまわることが多く、子供の反抗期のように大人の恋愛も3が関わってくるのです。

最初に訪れる倦怠期で多いのは3ヶ月が経った頃になります。

「まだ数ヶ月じゃん!」と思うでしょうが、恋人との関わり方によりますが、付き合い始めは恋人になれたことがうれしくて、毎日一緒にいたい、暇さえあれば会いたい、話がしたいと思うものです。

気持ちが溢れて、濃密な時間を2人で過ごしているとたったの3ヶ月だったとしても、相手の全てを知ったような気分になります。

その時ふっと、倦怠期が訪れる場合が非常に多いです。

恋愛において、感情の盛り上がりを得られるのは、新鮮さがあるときや相手のことを知りたいという欲求が沸き起こっている時に限定されているので、相手に対して慣れてきたり、謎な面がない時はほぼドキドキしなくなります。

安定感を求める人は別ですが、恋愛に対しての刺激や高ぶりを求める人も多いでの、お互いの存在が当たり前になると数ヶ月の交際期間だったとしても倦怠期は発生するのです。

倦怠期は不思議なもので、一度乗り越えたとしてもまたやってくることが多く、人によっては3ヶ月周期でやってくる…なんてこともよくあります。

3ヶ月でやってこなかったとしても、大体の人が3年で一度倦怠期を経験することが多いです。

どれだけ一緒の時間がとれなかった2人でも、石の上にも3年という言葉があるように、3年間交際していれば、嫌でも相手のことを知り尽くします。

そこで、新鮮さを失い、倦怠期がやってくるのです。

あんなに好きだった相手のことをなぜ冷ややかな目で見てしまうのか?あんなに優しかった彼氏が、なんでこちらを見てくれないのか?と徐々に離れていく距離感を不安を感じたり、イライラを感じることもあるでしょう。

何の理由もなく、少しずつ関係が変化していったのであれば、それは倦怠期だといえます。

改善させるためには、なぜ?ではなくて、倦怠期だとまずは認識して自分達の関係を見つめなおすよい機会だととらえてください。

お互いに慣れた頃の半年

倦怠期を迎えやすい時期やタイミング23ヶ月は無事クリアして、仲良く過ごしていた2人だとしても、距離感の近いカップルの場合は、大体半年も経てば慣れます。

このケースは、女性よりも男性の方が多くて、彼女は全然倦怠期やマンネリ感を抱いていないのに彼氏が急に冷たくなってきたという感覚です。

なので、女性側としては「え?なんで急に彼氏がこんなに冷たいの?」と混乱してしまって、焦りを感じるきっかけにもなります。

彼女が焦って彼氏との関係性を変化させようと一生懸命にしたところで、逆効果ですし、倦怠期をきっかけに2人の関係が終わってしまう可能性も出てくるのです。

そうならないためにも、半年くらい経った時点で男性からマンネリを感じたら、ちょっと距離を置くとか普段行かないような旅行に行ってみるなど、彼氏のペースに合わせて行動してみましょう。

男性は不思議なもので、自分から追いかけることに関してはすごく積極的なのに反して、女性からグイグイ迫られるとなんだか腰が引けてしまう…という男性も多いので、距離感は大事にしてください。

ポイントは、「あれ?なんか彼氏の雰囲気が違うな?」と思ったときは、2つの対応をしてみましょう。

1つは彼氏に「最近気持ちの変化があった?」と直接聞いてみる、もう1つは「最近一緒にいるのが自然になってきたね」と遠回しに新鮮さがなくなっている現状を伝えることです。

彼氏の性格によって、受け取りかたが変わってきますが、直接聞いてみる方法の場合、怒りっぽい男性だと逆効果ですが、きちんと対話を大事にしてくれる男性の場合はしっかりと答えてくれます。

「そんなことないよ」「気のせいだよ」と逃げる場合は、彼氏としてもどう気持ちの対処をしたらいいのかわからないと思っているのだろうと思って、追求しないようにしてください。

もしも「一緒にいるのに慣れてしまった」と言われたとしても、ショックを受けたり怒ったりしないようにしましょう。

どうすれば倦怠期を乗り越えられるのか、2人で会話するのも必要です。

遠回しに言う方法の場合、鈍い男性だと気付きませんが一般的に「あれ、なんか彼女勘付いてるな」というのはわかるので、素直に話をしてくれるか、もしくは避けるかのどちらかです。

どの方法だとしても、避ける男性は多く、真正面からぶつかってこないケースがほとんどかもしれませんが、あなたの方から問いかけることによって、あなたが彼氏の気持ちの変化に気付いているのだというアピールができるので、重要です。

なにごとも言葉にせずに1人で悶々としている方が関係を悪化させる原因となるため、ちょっと釘を刺す意味だったり、気持ちをさりげなく伝える意味としても言葉にしてみましょう。

傷つけることを目的としているわけではないので、優しくやんわりと話し方や言葉を選ぶ時は注意してください。

ちょっとしたすれ違いが続いた時

倦怠期を迎えやすい時期やタイミング3付き合っている期間以外にも、倦怠期が訪れる瞬間はあります。

大人の男女でよくあるのは、仕事などでお互いが忙しい、もしくはどちらかが忙しくしていてアップアップになっている時に一緒にいる時間が必然的になくなってしまうものです。

仕事をしているのだから、会えない時間は仕方が無いのですが、男性も女性も遠い好きな人よりも目の前にいる楽しさのほうが魅力的に感じます。

会えない時間が愛を育てる、という言葉もありますが現実的は心を引き離してしまうことも多いので、倦怠期がやってくるきっかけにもなるのです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

忙しい方は「仕事なんだから仕方がない」と思っていますし、待たされている方は「もう少しこちらの方を気にしてくれてもいいのでは?」と思います。

こうした気持ちのすれ違いが、結果的にお互いの認識のズレを発生させて、だんだんと魅力を半減させていきます。

忙しくなると、周囲をよく見る力もなくなってしまいますし、恋人を気遣う気持ちもなくなります。

会社と自宅の往復を繰り返して、恋人に連絡もせずにもうすぐ眠ってしまうということもよくあるのです。

恋人としては「今自分がどのような状況に置かれているのかくらい教えて欲しい」と思っていても、そのことすら口に出せないような関係になってしまった場合、単純に感情が遠い恋人となります。

忙しさをきっかけに距離があいて倦怠期に突入するというのはよくある話です。

当てはまったら絶賛マンネリ中!倦怠期かチェックするポイント

返事が上の空

倦怠期かチェックするポイント1倦怠期の態度としてわかりやすいのは、あなたとの会話がほとんど上の空の時です。

「ねえ、聞いてる?」と言いたいくらいに、テレビを見ながら、スマホを見ながらのながら聞きしかしてくれません。

「ちゃんと話聞いてよ」と言ってみたところで「聞いてるよ」と逆ギレされる可能性も大いにありえます。

付き合いたてのときは、一生懸命相手を知ろうとしてお互い話を聞きますし、相手に質問をしていろんな話を引き出そうとするのです。

彼氏はもちろんのこと、あなたも付き合いが長くなるにつれて、だんだんと恋人に向けての興味が薄れていき、「どうせこんな感じでしょ」くらいの認識になってしまいます。

やはり、付き合い始めるときにとても距離感を縮めようとしてかなり急速なスピードで仲良くなったり、親密になるとそれだけ新鮮さが失われる速度も速くなるのです。

好きな気持ちはそのままだったとしても、結果的になんとなく感情が薄れて行ってしまう可能性が高くなります。

自分の話を聞いてくれないと誰でもイライラししまいますし、「ねえ、話聞いてんの?」とストレートに怒りをぶつけてしまうかもしれません。

逆も同じことが言えて、あなたが相手の話を上の空で聞いているのであれば、ケンカの種になることはわかりきったことです。

どちらが上の空でもケンカや揉め事のきっかけにはなってしまうので、いくら倦怠期だからといっても、せめて相手の話は聞くようにしましょう。

相手にも、自分の話を聞いてくれないと悲しいことは伝えてください。

自分にとって何がベストなのかをよくよく考えてみる必要があります。

倦怠期、という言葉で全てを濁さずに嫌なことは嫌だ、改善したいことはしたいとはっきり言うことは間違っていないです。

「そんな話し方だっけ?」と思うくらいに冷たい

倦怠期かチェックするポイント2お互い、付き合う前や付き合いたてでは出さないような冷たい声だったり、言葉遣いをする場合も、倦怠期が訪れた証拠です。

以前ならちょっと甘い声を出したり、まるで子供に接するみたいに優しい話し方をしていたカップルでも、倦怠期になった途端にとても言葉遣いが荒くなったり、ぶっきらぼうになったりします。

自分じゃなくて、相手だけがそんな風に変わってしまうと、すごく悲しくなりますし、一緒にいても楽しい会話ができません。

優しい口調を心がけてみても、相手に伝わらなければ意味がないので、もしも倦怠期によってすごく冷たい態度をとられたり、自分もしてしまうようであれば、会う頻度を下げましょう。

近い存在のままだと、お互いの配慮に欠けた言動をする可能性が高くなりますし、傷つけ合うだけなので、倦怠期なんだな…と実感した場合はそっと距離をあけてください。

デートの時に傷つくようなことを言われた場合、やんわり注意するか、もしくはそのまま無視する方が気持ちとして楽です。

倦怠期は一生続くわけではないので、ちょっと落ち着いた頃に自分の気持ちを正直に伝えてみましょう。

それでも直らない場合は、相手の本来の性格なのだということになるため、自分で「このまま付き合ってもいいか」といったことを丁寧に考えてみてください。

一時の感情に流されると、最終的に後悔するような判断にもなりかねないので、倦怠期のときは必ず自分の本当の気持ちと向き合いながら、行動しましょう。

お互いのスケジュールが気にならなくなった

倦怠期かチェックするポイント2付き合っている2人の場合、仕事が何時から始まって、何時に終わるということは明らかにわかりますし、休みの日は何をしているのか、1週間のスケジュールを把握していることが多いです。

この日は友人と会う、この日は実家に帰る、など細かくスケジュールは伝え合って、相手に不安がないように努めます。

しかし、すでに倦怠期になってしまっている2人の場合は、全然相手が何をしているのか、どこにいるのか、誰といるのかが気にならなくなっている状態です。

恋人が今何しているのかな?食事しているかな?など、些細なことでも倦怠期状態ではない2人なら気になるはずですし、休みの日は自分と一緒にいて欲しいと思っています。

倦怠期が訪れると、そういった甘酸っぱい感覚は失せていき、単純に恋人に連絡するのはある種の義務感と生存確認のような感じです。

相手が自分の知らないところで何をしているのか気にならない、というのは実はちょっと危険な感覚で、恋人が自分のことを気にしていないことがわかれば、人は自由を謳歌しようとします。

自由と暴走を履き違えてしまって、まるで自分には恋人がいないかのような振る舞いをする人も大勢いるのです。

性別関係なく、異性交流が盛んになったり、お酒の席に常に出席して流されるように浮気する人だっています。

倦怠期だと、あまり相手に興味を持つことは難しいかもしれませんが、今後も一緒にいたい、恋人として過ごしていたいと思うのであれば、休みは何をしてるのか、仕事が終わったら何をしているのかくらいは把握しておいたほうが良いです。

彼氏と話すよりも友達と話している方が楽しい

3倦怠期かチェックするポイント恋人と一緒にいるよりも、他の誰かと一緒にいる方が楽しいというのは倦怠期の特徴です。

好きな人といるのに、片手にスマホで友人とLINEで会話している方がクスリとできて楽しいな、と思うことも倦怠期だからこその感情だといえます。

本来なら、恋人と一緒にいる自分が一番好きという女性も多く、彼氏ができると友達付き合いが疎かになる人もたくさんいるのです。

そうこうしているうちに、倦怠期が訪れるとあんなに彼氏と一緒にいる時が幸せ!と思っていたにもかかわらず、視野を広く持とうとします。

他の人と一緒にいる時は、彼氏のことを忘れていますし、彼氏と2人だけでは体験できないような楽しいことがあるものです。

女性同士って、なんでも語り合えてとにかくわいわい楽しい時間を過ごせるので、彼氏一緒にいsるよりも本当の自分をさらけ出すことができる!と思っています。

そんな彼女に対して彼氏も、あまり追及することはありませんし、そもそもの予定を聞くこともありません。

倦怠期が訪れると、必然的に相手に興味がなくなるので、どんなに日々忙しく友人と遊び歩いても、聞いてないからわからないのです。

そんな自分に興味を持ってくれない相手の態度を見て、さらに自由度を増していく人も多くいます。

注意しなくてはいけないのは、自由はもちろんお互いに必要ですが、最低限度のスケジュールは把握しておきましょう。

何も知らない、というのは何が起きても全然理解できないことに繋がるので、恋人だからこそある程度は知っておくことが義務ではないですが、大事です。

連絡が来なくても思い出さない

倦怠期かチェックするポイント4恋人から連絡がないと男性も女性も「何かあったのかな?」とすごく不安になります。

1時間や2時間連絡が来ないくらいだったら別に心配にもならないでしょうが、1日2日と連絡がなければ、そりゃあ不安にもなりますし、心配にもなるものです。

なのに、ふっと思い出した時に「あ、彼氏ともう3日も連絡とってない」と思って慌てて連絡したり、逆に相手から「すっかり連絡がないね」と電話やLINEがきて、離れていたことに気付くなどそばにいないことがあたり前になることが多いです。

連絡をしない、声を聞かない、会わない、なのにそんな風になっていることに気付かない、ともなればかなり重症な倦怠期の訪れだと思ってください。

本来なら日常生活の一部になっているはずの恋人が、自分の生活から蚊帳の外になっているのだ、と感じたらそれはすごく悲しいことだと思いましょう。

しかし、倦怠期を感じた多くのカップルはこうした「いてもいなくても変わらない」という感覚を経験しています。

だからこそ、倦怠期を乗り越えるとある種同志のように今度は相手に尽くす人が多いのです。

両者がお互いを気にしなければ、問題もありませんがどちらか一方だけが日常生活から恋人を追い出してしまっている状態だと、かなりケンカになる確率が高いので、どちらかが不満に感じているのなら、話し合いの場は絶対に設けてください。

彼氏だけ倦怠期に突入してしまった時に彼女ができる事

なんてことない時に「好きだよ」と伝える

彼女ができる事1彼氏だけが急に倦怠期モードに入ってしまった場合、彼女としては自分の気持ちをしっかりと伝え続けることです。

倦怠期の場合は、彼氏から冷たい態度を取られたり、自分で思っている以上に傷つけられるようなことをたくさん言われる…なんてことはよくあります。

好きな人から心ない言葉を発せられたり、思いやりのない態度を取られると「もういっそ別れちゃおうかな?」と思う人も多いです。

確かに女性としては、自分を1番に思って欲しい、大事にして欲しいと言う気持ちは沸き起こるでしょうが、倦怠期モードの状態だと、男性としてもどうしてこんなに彼女に冷たくしてしまうのか、よく分からない事もあるのです。

本当は好きだけど、気持ちはそこまで変わってないけど、なんとなくつっけんどんな言い方になる…と彼氏も悩んでいる可能性があります。

あなたとしては、こうしたマンネリ状態に陥ったとしても、心の底では好きな気持ちがあるのなら、きちんと好きな気持ちは伝えましょう。

伝える時は、何か特別は方法は不要で、単純にLINEで伝えるとか一緒にいる時にふっと「私ね、あなたのことが好きだよ」と話してください。

心の中で思っているだけでは彼氏に伝わることはありませんし、倦怠期モードの状態では普段以上に気持ちが伝わりにくいので、はっきり言葉にすることで相手にまっすぐ届きます。

新鮮さを求めすぎない。そのままでもいいことだってある

彼女ができる事2倦怠期、と聞くとほとんどの人が「新鮮な気持ちを取り戻せばいい!」と思っています。

確かに、旅行に行ったり普段とは違うデート場所を選ぶ、というのは効果的な方法ですが、男性から引かれてしまうのは、普段よりもメイクを入念にしたり、急にセクシーな服装になたりすることです。

新鮮さ=体の触れ合い、外見的な魅力と思う人は多いですが、実際はそういうわけでもありません。

倦怠期だけど、彼氏の心の中では普段どおりのあなたに魅力を感じているわけなので、無理は禁物です。

無理をされると2人の関係がぎこちなくなってしまうかもしれないので、注意しましょう。

何事も新鮮さだけが楽しみではなく、ずっと変わらないものがあることを彼氏に教えてあげるのも、あなたの仕事です。

距離感を縮めようとはしない

彼女ができる事3倦怠期の場合、少しずつ彼氏と距離感を感じてしまうことでしょう。

ずっと、楽しい時間を過ごしてきたのに、急に彼氏の様子がおかしい…となれば、すごく悲しいです。

なので、女性としてはすぐにでも倦怠期を解消させて、前みたいな近い距離で彼氏と仲良くしたい!と感じています。

彼女の気持ちが痛いくらいにわかりますし、これからも付き合って生きたいと思っているのであれば、早く倦怠期なんて終わらせたいと思うのは普通のことです。

ここで問題になるのが、男性と女性の感覚の差になります。

女性は追いかけることも追われることもそこまで明確に「どちらが良い」とは思っていません。

しかし男性の場合は「できるなら男が追いかけたい」と思っています。

逆に女の人からガツガツ追いかけられると、男性はすごく混乱して逃げ出したくなるんです。

彼女から積極的に関係を修復していこうとすれば、なんとなく避けたい、逃げたいという感情が出てきて、逆にどんどん距離感が開いていってしまうため、女性としてできることは、焦らないことです。

倦怠期を感じると、彼氏が遠い彼方に行ってしまうんじゃないかと不安でしょうがないと思いますが、焦っても逆効果なので、距離感は徐々に縮めてください。

カップルで力を合わせて倦怠期を上手に脱出するための乗り越え方

旅行は心機一転のチャンス!

脱出するための乗り越え方1倦怠期になったカップルで一番必要なことは、新しい思い出です。

一緒にいる期間が長い2人の場合、デートコースが決まりきっていたり、会話もなんだか日々堂々巡りみたい…と悩んでいます。

さらに倦怠期になったものなら、今度はデートもしないし連絡もないなんてことになるため、彼氏彼女の関係が崩れるかもしれません。

そこで、1つ彼氏からでも彼女からでもいいので提案してみて欲しいことは、小旅行に行こうと誘う方法です。

ちょっと近くの温泉街に1泊するとか、新幹線や飛行機に乗って遠出をするなど旅行に行ってみると、近くても遠くても非現実的な時間を2人きりで過ごすことができて、気分が変わります。

気分転換をすることによって、普段話せないことも話せるでしょうし、雰囲気もよくなる場合が多いです。

時間が必要になることなので、提案から実行まで女性がリードしてあげても良いといえます。

素直に最近の2人の言動を振り返ってみる

脱出するための乗り越え方2一緒に食事をしている時やお酒をちょっと飲んでいるときなど、当然普段の話をすることになると思います。

その時、倦怠期の場合は会話がないとか2人でスマホを見ているなど不毛な時間を過ごすこともあるかもしれませんが、彼女として少し踏み込んだ話をするチャンスでもあるのです。

「最近どう?」「付き合ったときと、何か変わった?」いつもはしないような質問をしてみたり、ちょっと違う雰囲気を醸し出してみると、男性はすごく驚きます。

ここで、あまりプレッシャーになるような言い方をしないことと、責めるような目で見ないことです。

にこやかに接して、彼氏の動向をうかがいましょう。

逃げるような言い方をしたり、なんでか怒ってくるようなパターンもありますが、その場合は男性に覚悟がなかったり、感情の整理がついていない証拠だと思ってください。

本当にダメな場合は、うんともすんとも言わないことです。

それとなくその場を流すような男性は、本当にあなたのことに対して興味を失っている可能性があります。

付き合い始めのころによく行ったお店に行く

脱出するための乗り越え方3男性も女性も「懐かしい」とか「ノスタルジー」を感じるような場面、情景が大好きです。

「あの頃はよかった」と懐かしむ場合もありますし、彼女と一緒にそういった状況になれば、「ずっとこうして一緒にいてくれてうれしい」という反応にもなります。

多くの人は、恋人同士になること自体が奇跡的なものだということを忘れてしまうのです。

だからこそ、付き合えたときの感情を思い出すために、2人の思い出のお店に行ってみてください。

食事をするようなお店なら「久々にあの店の○○が食べたい」と誘いやすいので、おすすめです。

食事は最強のコミュニケーションともいえるので、試してみてください。

倦怠期は必ず訪れるものだと感じよう

倦怠期はいつやってくる? まとめ倦怠期について、お伝えしました。

どれだけ仲が良くても、どれだけ一緒にいる時間が少なくても、倦怠期というものは訪れます。

どちらか一方だけ、もしくは両方相手への愛情がちょっと冷める時期ってあるんです。

人間の愛情はずっと一定ではありませんし、その時々で変化するものだ、と理解しておくといざという時に慌てふためかない対応ができます。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事