既婚男性が別れた後に感じる未練は独特。その気持ちの正体と会いたい・連絡したいサイン、復縁に至るケース
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

既婚者との恋愛は、二人がどんな恋愛をしているか誰も知らないからこそ燃え上がるもの。

不倫恋愛を終わらせたとしても、既婚男性は別れた後未練を持っていることも多いのです。

「不倫相手と別れたけれど彼は一体今どんな気持ちなの?」「別れた既婚男性が何か行動を起こしているみたいだけどどんな意味?」と別れた不倫相手の気持ちや行動がきになっているあなた。

不倫をしていた既婚男性が別れた後にどんな気持ちになっているのか、どんな行動を起こすのか知ることで彼の本音を見つけることが出来ます。

今回は、既婚男性が別れた後に感じる未練について詳しくご紹介しましょう。

既婚男性が未練を感じる気持ちは、通常の恋愛とは異なって独特です。

だからこそ、彼の本音を理解することが二人のこれからの関係を考えるきっかけになっていきます。

既婚男性に未練が残りやすい理由や既婚男性の未練の正体、連絡したいと思っているサインや会いたいと思っている言動などもお伝えするので、彼の本当の気持ちを知るための手掛かりにしてくださいね。

あなたの気持ちを整理して、別れた既婚者と復縁するかどうかしっかりと考えてから行動し、幸せになれる決断をしていきましょう。

目次

不倫は好きなまま別れる場合が多い!既婚男性に未練が残りやすい理由

奥バレで強制的に別れさせられたから

既婚男性に未練が残りやすい理由は、そもそも不倫が奥バレで強制的に別れさせられたからというものがあります。

不倫恋愛はいつでもリスクと隣り合わせです。

少しの油断が命取りとなります。

既婚男性の奥さんに関係がバレることで、「今すぐ別れるなら大事にはしない」と言われて、離婚を回避する代わりに関係を即座に破綻させられ、その後も監視をされ続けるという日々が訪れるのです。

こうなってしまっては、いくら両思いであっても強制終了。

未練を感じるには十分な状況です。

恋愛をしている当事者同士以外が原因で別れる事となれば、当然相手に対して「会いたい」「声が聴きたい」と恋心が募り、無理やり引き裂かれた状況を悔やみます。

そしてその無理やり引き裂かれた感じがまた、既婚男性の気持ちを燃え上がらせるのです。

「別れたくて別れたんじゃない」「本当は愛していると分かってほしい」と以前にも増して愛情を感じる事で、未練はより大きくなっていきます。

奥バレしたことで簡単によりを戻すこともできない二人は、永遠の別れを経験したような深い悲しみを背負うはずです。

相手のことを思って好きな気持ちを抑えて身を引いたから

既婚男性に未練が残りやすい理由は、不倫相手のことを思って自分の好きな気持ちを抑えて身を引いたからというものがあります。

不倫相手の女性が独身でも既婚者でも、不倫を続ける事は自分だけでなく相手にもリスクを負わせるということです。

愛しているからこそ、危険な思いをさせたくないという気持ちも芽生えてきます。

自分との不倫を終わらせることで、相手が独身女性であれば婚期に恵まれることもあれば、新しい彼氏が出来る可能性も広がるはずです。

また相手が既婚女性であっても、相手のパートナーとの関係を修復させて幸せな家庭を築くチャンスが訪れます。

不倫というゴールの見えない恋愛を続けるよりは、誰から見ても祝福される恋愛をする方が、大切な相手にとって幸せだと考えるのは当然の愛情です。

「彼女のためには、自分が身を引くことが一番だ」と相手のことを「好き」だと思っている恋愛感情よりも、思いやりを優先させることで自分の気持ちにふたをしてしまいます。

一度は納得した相手の幸せのための別れであっても、いざ好きな人が目の前からいなくなってしまえば蓋をしてしまった恋愛感情があふれてきて、「どうして手放してしまったんだ」「大切だけど傍にいたかった」と未練へと変わるのです。

好きな気持ちより罪悪感の方が勝ってしまったから

既婚男性に未練が残りやすい理由は、不倫相手のことを好きな気持ちよりも奥さんのことを裏切っている罪悪感の方が勝ってしまったからというものがあります。

不倫をしているといつでも天秤にかけられている感情の比率。

不倫相手のことを好きだから一緒にいたいという思いと、一生をかけて大事にすると約束した奥さんへの裏切りをした罪悪感の二つ。

既婚男性は「これ以上奥さんを裏切ることは出来ない」と思って、別れを選んだのです。

しかし実際に別れてしまっても、常に持ち続けた天秤のもう片方の感情「一緒にいたい」という気持ちは消えることはありません。

「どうして一緒にいられないんだ」「出会うのが遅すぎた」「奥さんを裏切ってまで一緒にいることを選んだ相手なのにこのままでいいのか」と別れたことに対する迷いが生まれます。

罪悪感を選んだ既婚男性も、時が経てばまた天秤はユラユラとバランスを取り直し、愛情の方が重くなることもあるのです。

不倫を続けたかったのに彼女に結婚を迫られて別れたから

既婚男性に未練が残りやすい理由は、不倫を続けたかったのに彼女に結婚を迫られてしまって面倒に感じて別れてしまったからというものがあります。

不倫をしている既婚男性は、「不倫のまま関係を続けたい」と思っている人がほとんどです。

既婚男性にとって不倫関係は美味しい所どりの魅力的な恋愛。

家に帰れば家族が自分のことを待ってくれていて、家の外では愛人が愛をささやいてくれる。

そんな理想の関係を、穏やかに続けていきたいと思っているのに、時に不倫相手の女性の愛情が大きくなりすぎることで彼の願いが打ち崩されてしまうのです。

「奥さんといつ別れてくれるの?」「私のこと本気で好き?」「私とは結婚してくれる気はないの?」と質問が続くことで、既婚男性の本音がバレないように別れを切り出します。

男の人はトラブルが大の苦手。

本音を隠して「忙しくなった」「奥さんにバレそう」など理由を付けて別れることで、不倫関係を終わらせるはずです。

しかし面倒だと思いながらも、彼女との心地いい関係は続けたいと思っていたため、「何で結婚なんかに執着しだしたんだ」「あのまま不倫続けてればずっと一緒にいられたのに」と別れたことをもったいないと考えています。

体の相性が良かったのに彼女が「辛い」と振ってきたから

既婚男性に未練が残りやすい理由は、不倫相手と体の相性が良かったのに彼女が「不倫を続けることが辛い」と振ってきたからというものがあります。

不倫を続ける理由は男女で異なることが多々あるものです。

不倫を続けたいと願う男性の理由で多いのは、体の相性が良かった点。

奥さんより、過去の彼女たちよりも体の相性がいいと感じた相手であれば「手放したくない」「ずっと愛人でいてほしい」と願うのは男として当然の性です。

一方女性の方は、心のつながりの方を重要視します。

「結婚しているけど彼から一番愛されているのは私」「奥さんよりも私を選んでくれている」と思うことで、普段会えない辛さも乗り越えることが出来るわけです。

しかし、女性の心が辛さに耐え切れなくなった時、彼のもとを去る決断をします。

「もう耐えられない」「いつも私が一番でいたいのに彼は奥さんの元に帰っていく」と辛い気持ちを彼にぶつけ、別れを告げるのです。

体の相性が良く、ずっと付き合っていたいと思っていた既婚男性にとっては、気持ちは二の次。

「別れなくてもいいじゃん」「結婚しているって知ってて付き合っているのに我慢してよ」と別れを決断したことに納得できずにいます。

既婚男性が別れた後に感じている未練の正体

自分だけの秘密のお人形をなくした気分

既婚男性が別れた後に感じている未練の正体は、自分だけの秘密のお人形をなくした気分と言えます。

既婚男性は不倫している間、秘密のお人形を持っているような感覚に陥っているはずです。

誰にも内緒で自分の好きなように会ったり、エッチをしたり、思う存分愛してもらうことが出来る大事なお人形。

誰にも秘密の関係だからこそ、彼女のことを特別に大切だと感じています。

しかし不倫関係が終わってしまうと、彼女はただの同僚であり知人の一人です。

他の女性と何も変わらない関係になってしまうことで、自分一人のものではなくなってしまいます。

突然自分専用のお人形を失くしてしまったことで、寂しさがこみ上げるのです。

自分だけの笑顔だったはずなのに、彼女の愛らしい笑顔は多くの人に向けられ、体の感触もほくろの位置も全部知っているのは自分だけのはずだったのに、いつ他の男に触れられるかもわからないと考えたら、居てもたってもいられなくなってしまいます。

自分の気持ちに関係なく別れる羽目になった被害者意識

既婚男性が別れた後に感じている未練の正体は、自分の気持ちに関係なく別れる羽目になったことで芽生えた被害者意識と言えます。

自分が別れることを選んだのならまだしも、奥バレや不倫相手の女性から別れを告げられた場合には、「別れたくなかったのに」という気持ちの方が大きくなってしまうものです。

自分の意思で決めた事ではないので、「何で人に決められなくちゃいけないんだ」と決定権が自分になかったことに憤りを感じています。

不倫なので、別れが来たら受け入れることは当然と思ってはいても、恋愛や家庭で主導権を握っている男性ほど、自分の意見で決めた別れではないことが不満で仕方ありません。

「別れさせられた」と命令されたような気分になり、自分はさも被害者だと感じてしまうことで、未練となります。

愛し合った人が他人になったような孤独感

既婚男性が別れた後に感じている未練の正体は、愛し合った人が他人になったような気持ちが生んだ孤独感と言えます。

ついこの前まで自分の腕の中で愛を語り合っていた彼女が、今はもう手の届かない人になってしまったような気持ちになっているはずです。

不倫関係は誰も知らないからこそ、「俺の元カノだ」と言葉にすることも出来ず、別れたことも誰にも相談できないことで、ストレスが溜まっていきます。

可愛がっていた近所の子供がお嫁に行ってしまったような、寂しさを感じるのです。

不倫をしている時には、秘密を共有している運命共同体のような感覚で一緒にいることが出来ましたが、別れたことで途端に他人になってしまったようで、孤独が強くなります。

「誰も俺の寂しさを分かってくれない」「この世で一人ぼっち」と感じてしまうことで、孤独感はより一層強くなってしまうわけです。

自分がいないと彼女はダメになるだろうと感じている独占欲

既婚男性が別れた後に感じている未練の正体は、「自分がいないと彼女はダメになってしまうだろう」と感じている独占欲と言えます。

男の人は恋愛関係にあった人は、いつまでも自分のものと思ってしまうものです。

恋愛をすることで、彼女は自分に惚れこんでいて、「きっと別れても自分がいないと彼女は寂しくて辛い思いをしているはずだ」「俺がいないとダメな子なのに、大丈夫かな」と心配になっています。

自分自身が既婚者だということはさておき、「彼女は自分のことしか愛せないのにこの先大丈夫か」と危惧しているのです。

この感情はまさに恋愛をしたからこその独占欲であり、別れてからも他の人に渡したくないという気持ちが生んだ幻想と言えます。

不倫が終われば彼女は自由に恋愛をすることができるのに、彼女の自由すら奪いかねない発想です。

「平凡な日々に戻ってしまう」と刺激を失った喪失感

既婚男性が別れた後に感じている未練の正体は、「また平凡な日々に戻ってしまう」と不倫の刺激を失ってしまって生まれた喪失感と言えます。

不倫恋愛は刺激の連続です。

いつバレてしまうか分からないリスク、いつでも会えるわけではない不安定さ、既婚者が束縛するわけにはいかないためすぐにでも離れて行ってしまいそうな繋がりの薄さが、不倫をする既婚者の心を刺激で満たしています。

「どれだけ彼女を繋ぎ止めることが出来るか」「いかに奥さんにバレずに大胆なことが出来るか」既婚男性は刺激を求めて、恋愛を楽しんでいたところです。

別れたことによって、刺激的な毎日は終わりを迎え、既婚者の男性はまた家庭と仕事の往復だけの毎日に逆戻り。

家庭を持つ男にとって、また代わり映えのない毎日が続くことは、心の中にぽっかり穴が開いた気分になってしまいます。

「心の穴を埋めたい」「刺激が欲しい」「やりがいのあることを失ってしまった」と喪失感が大きくなるほど、「彼女とまた一緒に過ごしたい」「スリル満点の恋愛をしたい」と未練になっていくのです。

既婚男性が元不倫相手に連絡したい時に出すサイン

突然ポツリと「おはよ」とLINE

既婚男性が元不倫相手に連絡したいときに出すサインは、突然ポツリと「おはよ」とLINEが入ってくるというものがあります。

連絡を再開したい既婚男性が、突然長文のラインを入れてくることはありません。

別れたのに連絡をしてもいいのか悩みながら、相手が返してくれるかどうか不安な気持ちで無難なラインを入れることで、まずは連絡を入れたいという自分の気持ちを整理していきます。

「おはよ」とLINEを入れておけば、特に相手から返信がなくても落ち込まなくても済むものです。

「挨拶だけだったしな」「特別に用事はないから返信がなくても大丈夫」と返信がなくても自分自身に言い訳をすることが出来ます。

連絡を入れたくても行動に移してもいいのかどうか、まだ決めきれていない時には自分の気持ちを定めることが先決です。

一言だけでもラインを入れておくことで、「もう一回LINEを入れたから、次にメッセージを入れても大丈夫」と次のメッセージを入れる事に対して勇気を出すことが出来ます。

突然ポツリと入ってきたラインは、受け取った側からしたら「何?どんな意味があるの?」と気になるところですが、相手の男性はこれから連絡を取り合いたいと思っているサインであり、自己満足の心の整理のためだけのLINEなのです。

元不倫相手のSNSにいいねやコメントをする

既婚男性が元不倫相手に連絡したいときに出すサインは、元不倫相手のSNSにいいねやコメントをするというものがあります。

連絡を取りたくなっている既婚男性は、元不倫相手の現状を知りたくてたまらない状態です。

まずはSNSで現状を把握したいと、投稿を細かくチェックしていきます。

別れてから彼氏はいるのか、休日はどう過ごしているのか、最近のメンタルはどんな状態か、今ハマっているものは付き合っていたころと変わっていないか、など彼女の情報を収集しているはずです。

投稿を見ているうちに、どんどん元不倫相手に連絡をしたくなって、彼女の投稿に足跡を残します。

いいねボタンを押したり、誰が見ても差し支えのないコメントを入れたりして、心はつながっていると思いたいのです。

「彼氏できた?」と聞いてくる

既婚男性が元不倫相手に連絡したいときに出すサインは、「彼氏できた?」と聞いてくるというものがあります。

別れた不倫相手と連絡を取りたいと思った時に、既婚男性が気にしてしまうのはどうしても次の恋愛をしているのかどうか。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

不倫を終わらせた彼女は、恋愛をする自由があります。

独身の男性と恋愛をしていても、咎めることは出来ないし、彼女の幸せを願うべきだと頭では分かっているものです。

彼氏がいる人に連絡をしてしまうのは忍びないと思う気持ちから、連絡をしたい気持ちを隠しながら、先に彼氏がいるかどうか確認したいという心理が働きます。

「彼氏できた?」と質問を投げかけ、相手の反応を見て連絡を入れてもいい状況かどうか確認しようとしているのです。

次の恋愛をしていなければ、すぐに既婚男性から連絡が入ってくると思って間違いありません。

スマホ2台持ちにしたことをさりげなく伝えてくる

既婚男性が元不倫相手に連絡したいときに出すサインは、スマホを2台持ちにしたことをさりげなく伝えてくるというものがあります。

不倫恋愛がバレてしまう原因の一つには、奥さんにスマホを見られてしまったというもの。

奥バレで不倫恋愛が終わってしまった二人にとって、連絡手段を考えることはとても重要な案件です。

特に既婚男性が「妻が知らないスマホを持てばバレることはない」と考えた場合、早く関係を戻したくて仕方のない状態になっています。

「連絡を取れるようになったことを早く伝えたい」「もう大丈夫だよって言いたい」と彼女に伝えたいあまり、まだ連絡を取り合う状態になっていないのに不倫をしたい匂わせを行うのです。

「このスマホ、奥さんは持っているの知らないよ」「こっちは通話専用だから証拠が残らない」と元不倫相手に連絡を取り合っても大丈夫だとアピールしています。

少し強引な既婚男性ともなれば、相手にも自分専用のスマホを準備して渡してくることもあるはずです。

奥さんとの不仲を元不倫相手の耳に入るよう周囲にアピール

既婚男性が元不倫相手に連絡したいときに出すサインは、奥さんとの不仲を元不倫相手の耳に入るよう周囲にアピールするというものがあります。

不倫をしていた相手に奥さんの不仲を直接伝えてしまえば、周りの人から「何であの子にだけそんなプライベートなこと教えてるの?」と不審がられてしまう可能性を心配する既婚男性は、周りへのアピールを活用するはずです。

元不倫相手の耳に入るよう、「実は最近めっきり妻と会話しなくなってさ」「家に帰っても居場所がないんだよね」「家庭内別居状態だよ」と不仲のアピールをしていきます。

周囲の人が既婚男性の夫婦不仲を周知していれば、話をしている時に相手の女性がいなくても、どこかのタイミングで「あの人奥さんと上手くいっていないらしいね」「あんまり家に帰っていないみたいだよ」と噂になるものです。

元不倫相手の女性に対して、ものすごく遠回りですが「いつでも連絡が取れるよ」というアピールでもあります。

男のプライドとして彼女に直接「やり直したい」と言うことは、自分が既婚者ということもあり躊躇うものですが、自分が連絡を取りやすい状況だとアピールすれば「彼女の方から連絡してほしい」と願っている気持ちが伝わるかもしれないと希望を持っているわけです。

別れた後既婚男性が元不倫相手に会いたい時に見せる言動

仕事のついでに「久しぶりに飲みに行く?」と軽く誘ってくる

別れた後既婚男性が元不倫相手に会いたいときに見せる言動には、仕事のついでに「久しぶりに飲みに行く?」と軽く誘ってくるというものがあります。

仕事でいい具合にプロジェクトが進んでいる時や残業で遅くなってしまった時、軽い感じで飲みに誘うことで二人きりになるチャンスを伺っているものです。

軽い感じで誘うことで相手の反応を見て、脈ありかどうか確認することもできます。

例え「いや無理ですよ」と断られたとしても、「だよな、言ってみただけ」とおふざけで終わらせることもできることもメリットです。

軽い感じで誘うことは、この先どう転んでも対応できる究極の誘い文句だといえます。

一緒にお酒を飲みに行くことが出来れば、その先ただの飲み会で終わらせることも出来るし、雰囲気が良ければそのまま不倫関係に戻すこともできるので、判断するタイミングが増えることになるのです。

「そろそろ俺が恋しいだろ」と茶化してくる

別れた後既婚男性が元不倫相手に会いたいときに見せる言動には、「そろそろ俺が恋しいだろ」と茶化してくるというものがあります。

別れた既婚男性は、恋人だった相手に何でも言ってもいいと思っている人も少なくありません。

セクハラともとれる発言も、元恋人だからただの冗談で済ますこともできます。

「そろそろ俺が恋しいだろ」という言葉は半分冗談、半分本気。

少しでも戸惑った表情を見せれば肯定したとみなして、不倫関係に戻ることが出来ます。

二人きりで会いたいと思っている男性にとって、二人きりになるチャンスをつかむ言葉でもあるのです。

全く未練のない女性であれば「冗談はよしてよ」と笑い飛ばすはず。

しかし、「それはそうだけど…」「私は我慢しているのに…」と少しでも女性が未練を見せればすぐにでも関係を戻すつもりです。

茶化して言うことで、ふざけただけということにもできるので自分にとっての逃げ道でもある方法と言えます。

視線が合うまで見つめてくる

別れた後既婚男性が元不倫相手に会いたいときに見せる言動には、視線が合うまで見つめてくるというものがあります。

既婚男性は自分から「会いたい」「やり直したい」と言葉にすることはありません。

言葉にはしませんが、相手に気持ちを伝えたくて仕方がない状態になっています。

男性は視線に想いを乗せることが多く、会いたいという気持ちを込めて彼女が気付くまで熱く見つめ続けるという方法をとるのです。

あなたが仕事をしていても、何かを鑑賞していても、彼はあなたの横顔をじっと見つめています。

その視線はまるで「愛している」と言っているかのよう。

彼女が視線に気づいた途端に、既婚者の彼の気持ちも察するはずです。

彼自身、「見つめ返してくれたらまた会える」と願掛けをしていることも。

元不倫相手の女性と会いたいと思っている男性は、彼女に分かるよう視線を投げかけ視線で思いが伝わるよう願っています。

誕生日プレゼントを渡して「お礼は今度でいいよ」と言ってくる

別れた後既婚男性が元不倫相手に会いたいときに見せる言動には、女性に誕生日プレゼントを渡して「お礼は今度でいいよ」と言ってくるというものがあります。

別れても好きな人の誕生日は絶好の接触チャンスです。

几帳面な男性であれば、不倫をしていた彼女の誕生日を忘れるはずがありません。

または、不倫恋愛の記念日も同様のチャンスと言えます。

既婚男性は誕生日や記念日を皮切りに、プレゼント攻撃をしてくるはずです。

プレゼントをすることで、自分のことを意識してほしいという願いを込めており、「お礼はまた今度」と付け加えることで、改めてゆっくり話をする機会を設けたいという気持ちを伝えています。

本当にお礼のプレゼントをもらいたいと思っているわけではありません。

プレゼントのお礼として、二人で会う時間を作ってほしいという見返りを求めています。

交際していた彼女なら、彼のそんな思惑もすぐに見抜くはず。

女性とは別れた後もお互いの考えていることを理解しあえると考えています。

「毎日することがなくて」と寂しい時間を過ごしているアピール

別れた後既婚男性が元不倫相手に会いたいときに見せる言動には、「毎日することがなくて」と寂しい時間を過ごしているアピールをするというものがあります。

不倫をする既婚男性にとって、不倫恋愛がなくなった日常は暇そのもの。

変わり映えのない仕事と責任ばかりの家庭生活は、男性にとって退屈な毎日です。

子供はどんどん大きくなりお金がかかることも増え、重大な局面で大事な選択を迫られる父親という役割に、うんざりすることもあります。

仕事では上司と部下の板挟みで、周りのご機嫌取りでへとへとです。

恋愛という楽しみを失ってしまった既婚男性にとって、責任とプレッシャー、楽しいと感じる事のない日常は、「暇」以外の何物でもありません。

「毎日することがなくて寂しい」という言葉は、「君と過ごしていた時間が楽しかった」と言い換えることが出来ます。

「二人でいた時間を取り戻したい」「また関係を結びたい」とアピールしているのと同じなのです。

既婚男性が別れたものの未練を抑えきれず不倫相手と復縁に至るケース

奥さんとの関係がいよいよ不仲になった

既婚男性が別れたものの未練を抑えきれず不倫相手と復縁に至るケースには、奥さんとの関係がいよいよ不仲になったというものがあります。

不倫恋愛をする既婚男性は、そもそも奥さんとの関係があまり良くない状態であることがほとんど。

「会話が減ってきた」「セックスに応じてくれなくなってきた」「男としてみてくれない」と不満を持っている時、親しくなった女性と不倫関係が始まるのです。

不倫関係が終わっても、奥さんとの関係が良くなることは稀と言えます。

奥バレすると不倫は終わるけれども夫婦関係はさらに悪化してしまうことも当然です。

奥バレ以外の理由で別れたとしても、不倫を終わらせても夫婦間での会話は一層無くなり、いてもいなくても同じという存在になってしまえば、「あのまま不倫を続けていたほうが良かったな」と思ってしまっても仕方がありません。

一つ屋根の下で生活をする夫婦の関係が良くならなければ、癒しを他に求めるのは必須です。

「不倫だったら男として愛してもらえる」「必要としてくれる人がいるならそっちと過ごしたい」と思うことで、不倫が復活します。

不倫相手と体の相性が良かった!妻とセックスレス

既婚男性が別れたものの未練を抑えきれず不倫相手と復縁に至るケースには、不倫相手と体の相性が良かったことで妻とセックスレスになったというものがあります。

そもそも奥さんとの夜の営みはそれほど頻度が少ないわけでもなく、不満を抱いていたわけではない既婚男性であっても、不倫をした相手との体の相性が良すぎると奥さんとのエッチに戻れなくなってしまうことがあるのです。

元不倫相手が「不倫が辛い」「結婚願望を諦められない」と不倫を終わらせても、既婚男性の方が手放したくないと思う気持ちが強すぎると、すぐに復縁するケースも多くあります。

彼女との体の相性が良すぎることで、奥さんとエッチをしても満足することが出来ず、元不倫相手のことばかりを思い出してしまうため、頭の中は「彼女を取り戻したい」という気持ちでいっぱいです。

奥さんとはセックスレスになり、今まで我慢して彼女に近づかないようにしていたとしても、どうしても彼女を取り戻したい気持ちが爆発することで、手を取り関係を結んでしまいます。

他の不倫相手を見つけてみたけど元カノの方が良かったことを実感

既婚男性が別れたものの未練を抑えきれず不倫相手と復縁に至るケースには、他の不倫相手を見つけてみたけど元カノの方が良かった事を実感したというものがあります。

不倫をする既婚男性は、他の女性とも不倫をすることに抵抗がありません。

奥さん以外と関係を結ぶことに慣れてしまった既婚男性にとって、不倫相手は彼女でなくても構わないのです。

しかし、他の不倫相手を見つけてみても必ずしも楽しい恋愛が出来るとも限らないのも事実。

彼女の性格や考え方が合わなければ、楽しい不倫恋愛を続けることは難しくなります。

既婚者の男性にとって不倫は、通常の恋愛とは違って自分が既婚者であることを理解してくれていて、会えなくても文句を言わず、自分が会いたいときには応じてくれる”完全に都合のいい女”でなくてはいけないからです。

しかし都合のいい女だけではいい関係を続けることは難しく、男性が魅力を感じ続けられるポジティブさや明るさを持ち合わせて、一緒に過ごすことが心地いいと感じる相手であると条件を加えれば、さらに不倫相手の条件は狭くなります。

他の不倫相手と付き合ってみたけど「元カノがいかに居心地よかったか実感した」「本当に大切な人になっていたことに気が付いた」と元不倫相手への愛情が大きくなっていたことに気が付いた時、復縁しようと行動に移すのです。

日常の中のストレスがマックスで吐き出さなければおかしくなりそう

既婚男性が別れたものの未練を抑えきれず不倫相手と復縁に至るケースには、日常の中のストレスがマックスで吐き出さなければおかしくなりそうというものがあります。

既婚男性にとって、不倫恋愛をしていることこそがストレス解消であり、彼女に癒されることで毎日を頑張ることが出来たわけです。

不倫恋愛を終わらせたことによって、既婚男性のストレスは行き場をなくし、発散方法を見失ってしまいます。

趣味をする時間もなく、家庭でゆっくりしたくても新たなストレスが生まれ、自分の人生で何が楽しいのか分からなくなってしまうのです。

「不倫をしていたころはそこまでストレスが溜まることはなかった」と気が付いた時、いかに彼女が自分にとって大事な存在だったのか実感します。

「彼女と過ごす時間で自分自身を立て直していた」と不倫をしていたことに価値を見つけた時、復縁につながるのです。

男としての承認欲求が強く愛されたい願望が強い

既婚男性が別れたものの未練を抑えきれず不倫相手と復縁に至るケースには、男としての承認欲求が強く愛されたい願望が強いからというものがあります。

男の人にとって、不倫恋愛は承認欲求を満たす重要な役割です。

男としてのプライドを持って生きていたのに、家庭を持ちさらに責任感を背負った割に称賛される機会がなくなり、頼られることもなくなり、家族のために働いているのに当たり前のように扱われてしまう毎日に、生きる気力を見失ってしまいます。

不倫恋愛をしている間は、「仕事が出来る人なのね」「素敵」「愛している」「傍にいたい」と称賛されたり求められたりと、彼女が明らかに自分を必要だと伝えてくれるため男としての承認欲求が満たされていくのです。

別れたことで、男性の承認欲求を満たす場がなくなり、再び「生きる気力を見失いそう」と不安になることで、彼女とよりを戻して自分を取り戻します。

既婚男性が別れた後に感じる未練を見つけよう

不倫恋愛が終わると既婚男性はどんなことを思っているのか、未練はあるのか気にしている女性は、彼が抱える本音を見つけることであなたの気持ちを整理することが出来るようになります。

お互いが未練を持っているのに離れている時間を過ごすのは、二人にとってとてもつらいことです。

別れた後の既婚男性の未練を見つけて、上手に関係を戻しましょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事