不倫相手と喧嘩になる原因と対処法。既婚男性を逆上させてしまった時のなだめ方や前より絆を深めるコツ
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「不倫相手と喧嘩をしてしまった」「誰にも言えない関係なのにケンカをしたらどう修復したらいいのか分からない」と秘密の恋の相手とけんかをしてしまって、仲直りの仕方に悩んでいるあなた。

不倫相手と喧嘩になる原因と対処法をご紹介しましょう。

禁断の恋をしている相手なら、お互い何よりも大事なはずなのに、どうしてケンカになってしまうのか、原因が分かれば対処法も見えてきます。

男性に原因がある場合と女性側に原因がある場合、それぞれご紹介するのでカレとしてしまったけんかの原因と照らし合わせてみてくださいね。

相手の心理に寄り添ったなだめ方や、別れ話にまで発展してしまった時の破局の回避法、以前よりも絆を深めるコツまで深く掘り下げていくので、ぜひ参考にして行動に移してみましょう。

目次

喧嘩したいわけじゃないのに…女性の行動や言葉で不倫相手を怒らせてしまうきっかけ

奥さんへの不満を言い過ぎた

喧嘩したいわけではなくても相手を怒らせてしまうことというのはあるものです。

女性が奥さんへの不満を言い過ぎた時には、既婚男性を怒らせてしまいます。

不倫をしていても奥さんはカレにとって唯一の存在です。

今は愛情が薄くなっているかもしれませんが、「生涯守ろう」「この人を幸せにしたい」と思った人を悪く言われてしまうのは、やはり気分がいいものではありません。

ましてや一緒に住んでいるわけなので、カレが不満を言っていたところで日常が変わる訳でもなく、それに便乗して彼女が不満を言ってしまう事で、「普段の生活そのものが良くない」と否定されているような気分になってしまうはずです。

女性であっても、「自分はよくても人に言われるのは嫌」ということはたくさんあります。

それと同じように、既婚者の男性も妻のことを他人にとやかく言われるのは腹が立って当然です。

恋人だからこそ、身近な人の不満を言ってほしくないという願いもあるから、余計に気分を害してしまいます。

会えないことで寂しい思いをした愚痴を連ねてしまった

喧嘩をしたいわけではなくても、会えないことで寂しい思いをした愚痴を連ねてしまった時には、言い合いに発展してしまうことがあります。

会いたくても会えないという状況は、不倫にとっては当然の難関です。

既婚者の男性には、家庭という帰るべき場所であり居場所があります。

そして家族を養うために毎日必死に働いているのです。

日常の隙間を塗って恋愛をしているわけですから、なかなかデートの時間が作れなかったり、確実な約束が出来なかったりするのは当然。

もちろん不倫が始まるときに、あなたも覚悟していたはずです。

けれど恋愛をしているうちに人間は欲が出るもので「もっと会いたい」「相手からも会いたいって気持ちを示してほしい」と求めるようになります。

女性は「俺も会いたいよ」と感情を表してくれるだけで満足できるのですが、結果重視の男性は求められている事が”実際に会う事”だと思い込み、どうしようもないことを言われ続けていることで非難されている気分になるのです。

「俺だって努力しているよ」「仕方ないこと言わないでくれ」と腹を立てて責め立てます。

スマホに保存してある既婚男性の家族の写真を勝手に見ようとした

思いがけずケンカに発展してしまう女性側の原因は、スマホに保存してある既婚男性の家族の写真を勝手に見ようとしたというものがあります。

女性はつい嫉妬心から、好きな人のスマホを「覗き見たい」という衝動に駆られてしまうことがあるものです。

普通のカップルであれば「彼氏が浮気しているかも」「他の女の子と連絡取っていないか心配」という動機が主なものですが、不倫カップルの場合は少し違います。

「家ではどんな様子なんだろう」「奥さんや子供はどんな顔なのかな」「夫や父親としてのカレはどんな感じなんだろう」と自分が知る由もない世界を覗いてみたいという願望が沸き上がるからです。

浮気相手の女性は、結婚生活を見ることは出来ないので、彼が普段どんな様子なのか、家族はどんな顔をしているのか知りたくても知る機会がありません。

興味や愛されているか不安に感じる気持ちから、不倫相手の男性のスマホを勝手に見ようとすれば、当然見られたくないものなので怒り始めます。

プライベートを覗かせたくないという思いと、彼女を傷つけたくないという思いが両方混ざっているので、本気で「勝手に見ないでくれ」と叫ぶことも…。

男性の怒号は女性の精神には堪えるものがあるので、触発されてケンカになってしまいます。

奥さんからの電話中に存在感を出してしまった

やりあうつもりはなくてもケンカに発展しまう女性側の行動は、奥さんからの電話中に存在感を出してしまったという失敗があります。

既婚者のカレは奥さんから電話があれば、すべて無視していては怪しまれるので時折その場で応対することもあるものです。

その時に彼女は決して音を立ててはいけないし、存在感を出してもいけません。

無言で体を触っていても、奥さんの女の勘が働いてバレてしまうこともあるから。

気を付けていてもつい気配が出てしまうというのも致し方のないことですが、偶然起きた事でも不倫がバレる一大事となれば怒りが湧き出てしまいます。

彼女の家でくつろいでいる時に、奥さんから電話がなって、恋人がお風呂に入っているから大丈夫と思って電話に出た途端にお風呂から上がって声をかけた、などというシチュエーションは最悪です。

修羅場が待っているかもしれないと思ったら、気持ちを抑えることなく怒りに身を任せてしまいますが、言われた方もわざとではないのでただでは納得できずケンカに発展します。

浮気ではないけど他の男の影をちらつかせた

喧嘩するつもりはなくてもうっかり大事に発展してしまう女性側の原因は、浮気ではないけれどほかの男の影をちらつかせてしまったという態度にあります。

浮気相手としていつも待たなければいけない女性は、常に寂しい思いをしているものです。

不倫をしているのが独身女性ならば、既婚男性以外の男性と恋愛をするのも自由なはず。

けれどもやはり恋愛中のカレにとっては、他の男性の話題が出たり親しくなる様子を聞いたりするのは面白くありません。

ほんの気晴らしのつもりで他の男性と遊びに出かけても、恋人にとっては立派な浮気と解釈されてもおかしくないもの。

「何で他の男の話をするんだ」「別れたいっていうことなのか」と悲しみと怒りが入り交ざった感情をぶつけられ、「そんなつもりはない」と弁護してもむなしく響き渡ります。

不倫相手がケンカの火蓋を切ることも。既婚男性が作る喧嘩の原因

子供に早く会いたくて「帰りたい」と平気で何度も言う

既婚男性側が作る喧嘩の原因には、子供に早く会いたくてデート中にもかかわらず「早く帰りたい」と何度も平気で言ってしまう行動にあります。

不倫恋愛をしている男性は、家庭と恋愛は別物だと完全に割り切っている人も少なくありません。

ましてや子供のこととなれば、恋愛対象ではないので可愛くて仕方がなく、不倫相手にも自慢をしたいほどの存在です。

子煩悩なことはいいことですが、恋愛をしている最中である恋人にとっては、奥さんとの愛の結晶である子供の話を聞かされるのは胸が痛むこと。

「私の前では子供の話をしないで」と言っても、男性側はきょとんとしてしまいます。

我慢の限界が訪れた時「私とのデートがそんなにつまらないの」と言ってしま事も。

既婚男性も「今日もデートか。君のことも好きだけどあまり会おうとするのは遠慮してくれないか」とケンカを焚きつけることもあります。

妻とセックスしたことを話した

不倫相手が作る喧嘩の原因は、妻とセックスしたことを浮気相手の女性に話したことがきっかけです。

結婚している男女がセックスをすることは当然のこと。

一つ屋根の下で生活をしていれば、エッチをする機会も作り出しやすいものです。

けれどそれは浮気相手の女性には通用しない理論であり、決して伝えるべきではない事実と言えます。

夫婦であっても、彼女にとって奥さんはカレを所有している独占者であり、ライバルです。

同じベッドで寝ていることを知っていても、「どうか背中合わせで眠っていますように」と祈っています。

そんな彼女の気持ちを踏みにじるかのように「昨日のセックスで体が疲れてて」「夜嫁が寝かせてくれなかったから寝不足なんだよ」と平気な顔をして妻との営みを発表する男性に、憤りの言葉を浴びせるのです。

そんなことが平気でできてしまうのは、例え事実であっても絶対に耳に入れたくない情報を、愛する人の口から利かなければいけない屈辱をカレが理解していないから。

喧嘩になっても、あまり反省の色が見えないパターンのケンカです。

モテる自慢で浮気相手候補がたくさんいるとふざけた

不倫相手の男性に原因があるケンカは、モテる自慢で浮気相手候補が他にもたくさんいるとふざけた時です。

男という生き物は、何歳になってもモテたい願望があるもの。

願望どころか、自分が「モテている」と自慢したくて仕方のないのです。

交際中の女性側は、彼氏がモテてしまうのは嬉しい気持ちもありますが、それよりも嫉妬の気持ちの方が上回ってしまいます。

自分が一番愛されていたいし、一番愛していると自負しているからです。

けれどもお調子者の既婚者は、妻以外の女性と恋愛をしている時点で「俺はモテる」と自信をつけ、「その気になれば他にいくらでも彼女が出来る」とふざけてしまうこともあります。

男性にとっては、自分が良い男だとアピールしたいだけの発言でも、浮気相手の彼女からすれば「自分は用済み」と言われた気分でひどくショックを受けるはずです。

既婚者の彼の余計な一言で、言い争いになってしまいます。

他の女性に興味を持って嬉しそうにしていた

既婚男性側に原因があるケンカは、他の女性に興味を持ってうれしそうにしていたという態度が発端です。

可愛い子大好きな人は、奥さんも可愛くて彼女も可愛いという人がいます。

女の子に興味を抱きやすい性格で、惚れっぽいところもあるので、一緒に過ごすには注意が必要です。

一緒に過ごしていても、他の女性を目で追いかけたり、興味を持った子のことを嬉しそうに話したりして、彼女としては全く面白くない時間を過ごさなければいけません。

「あの子可愛いね」と悪びれる様子もなく言ってしまうその姿に、呆れつつも自分がそもそも浮気相手という立場なので愛しぬかれると意う自信を持てないのです。

本当の意味では、既婚者の彼氏のことを信用しきれていないのに、不安な気持ちを抱えている時他の女の子を「かわいい」「良い体しているね」と下心のある目で見ている様子を、胸を痛めながら聞いています。

あまりにもひどくなると「私は一体何?」「彼女を乗り換えたいっていう事?」と悲しみを大きく含んだ怒りを解き放つことで、言い争いへ発展するものです。

「本当は結婚したくなかった」離婚する気がないのに過去のことを後悔する

不倫相手の男側が起こすケンカの原因は、「本当結婚したくなかった」と離婚する気がないのに過去のことを後悔して、ウジウジ悩んでいる素振りを見せる事です。

禁断の恋をしている女性側からすれば、「結婚したくなかった」は聞きたくない言葉の一つ。

今現在既婚者である事実があるのに、過去のことをいちいち持ち出して「こうすればよかった、ああすればよかった」と悩むのは無意味なことです。

安易に結婚相手を決めてしまったのなら反省すべきですが、後悔してもどうしようもありません。

「結婚したくなかった」「嫁と出会わなければよかった」とネガティブな発言をするたびに、「じゃあ今すぐ離婚してくれればいいんじゃない」と詰め寄りたい気持ちになります。

離婚をする気もないのに、”たられば”話をされると、せっかく時間を割いて会っているデートの時間がもったいないものです。

不倫相手の男性がいつまでもウジウジ繰り返していると、「そんなあなたを好きになったんじゃない」とリミットが外れてしまいます。

男性が怒りを感じている心理を理解しよう!既婚男性を逆上させた時の上手ななだめ方

自分の考えを理解してもらいたいから話を聞いて受け入れる

カレが怒りを感じている心理を理解することで逆上させてしまった時のなだめ方は、じっくり話を聞いてあちらの主張を受け入れる事です。

いさかいがひどくなっている時というのは、相手は自分の考えを理解してもらいたいという強い気持ちを持っています。

結婚して家庭を持っているという状況に加えて恋愛をしている時点で、彼は常にどことなく時間や気持ち的に追い込まれているはずです。

効率よく愛情をはぐくみたい、分かりあいたいと思っているのに自分が考えていることをうまく伝えることが出来ない時、イライラが募ってしまい口調が荒くなります。

あの人が怒っているのは、今出来事が起きたからという理由だけではありません。

普段から「もっと深くわかりあいたい」「自分の立場も主張も理解してほしい」と願っている根底があるからこそ、感情が噴き出してしまうのです。

そんなあの人を落ち着かせるには、しっかりと話を聞いて受け入れる事。

何を伝えようとしているのか、どんな気持ちでいるのか、受け止める愛の表現を行いましょう。

プライドを傷つけられたから既婚男性の魅力を褒めちぎる

既婚者の恋人が逆上している時には、彼自身のプライドを傷つけられたからであり、あなたはその人の魅力を褒めちぎるという行動をとることで気持ちを静めることが出来ます。

男というのはプライドの生き物。

プライドが傷ついたら、途端に生きる気力すらなくしてしまうほど重要なものです。

プライドが傷つかないよう、自己防衛本能として”守るための攻撃”を行うようになり、それが怒りをぶつけるという行動になります。

あなたの前で怒りをあらわにしているその人は、傷つくことを恐れて怯えている子羊だと思いましょう。

本当はプルプルと震えて怖くて仕方がないのです。

自尊心を失いかけているカレには、あなたが感じるカレの魅力をたっぷりと言葉で浴びせてあげます。

次から次から湧き出るように魅力の言葉を伝え、心の中にあるプライドの泉を満たしてあげましょう。

いかに愛されているか、大事にされているか、どれだけ重要な人物かを実感することが出来れば怒りも収まっていきます。

思い通りに対するいら立ちからゆっくり二人で会える時間を改めて作る

既婚者の彼氏と喧嘩になってしまったときには、二人で会える時間を改めて作ることでなだめる方法があります。

とにもかくにも怒りや主張の一点のみに集中している状態では、落ち着いて話をすることも出来ません。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

あなたの話を冷静に聞いてもらうということも不可能。

頭を冷やしてもらうために冷却期間を作ります。

別れて距離を置くということではなく、交際中の二人に出来るのは”改めて日にちを設定する”ということ。

「その話はもう一回改めてしよう」「今日はもう時間が無くなっちゃった」と話を切り上げましょう。

怒りの感情が心を占めている時には、視野が狭く思考回路が停止している状態です。

そんな状態で解決しようとしても、時間がかかって仕方がなくなります。

そもそも不倫の二人には、じっくり何時間も話し合いに費やす自由な時間はないので、分割することが賢い選択です。

一旦切り上げる事で、時間が立てば冷静になり、相手も何に腹を立てていたのか道筋を立てて説明が出来るようになります。

一つ一つの怒りの要点を解消することで、なだめることに成功するはずです。

独占欲が爆発したのだからとにかく愛情を伝える

論争になってしまった相手の心理を理解してなだめるには、とにかく愛情を伝えることです。

結婚しているのに恋人を作った彼は、愛情に飢えています。

あなたに対する独占欲が爆発した結果が怒りとなって表れただけなので、恋人のことをとことん愛しているという証拠を見せられているだけなのです。

どんなに激しく怒っていても「愛されているんだ」と思っていれば、悩みにもなりません。

「そこまで私のことを想ってくれるなんて幸せ者だな」「家庭がある人なのにそんなことも忘れるくらい私でいっぱいなんだ」と受け止め、あなたの中にある愛情を伝えましょう。

相手はあなたから愛されている確証が欲しいだけ。

愛人が既婚男性に愛されているのか不安になるのと同じで、既婚者の彼もいつ他の男性に奪われるか分からない不安と戦っているのです。

興奮している時には話しが入ってこないから悪くなくてもとりあえずゆっくり謝る

逆上している相手をなだめる方法は、あなたが悪くなくてもとりあえずゆっくり謝るという方法があります。

「悪くないのに謝るなんて理不尽だ」「納得できない」と思ってしまうのは、実は女性に多い主張。

女性が怒り浸透している時に、多くの男性は「何に怒ってるか分からないけど謝っておこう」「謝って収まるなら安いもの」と思っている人は多くいます。

謝る行動は、人の感情を鎮静化させる働きがあるので、とりあえずはあなたときちんと向き合ってくれる準備が整うはずです。

このとき、「ごめんなさい、ごめんなさい」と何度も連呼してしまうのは絶対にNG。

何度も重ねて謝罪されると、「思ってもないことを言うな」と平謝りの姿にひ弱さを感じて苛立ちを感じてしまいます。

苛立ちは怒りの感情を増幅させてしまうので、逆効果です。

ゆっくりと目を見て「ごめんなさい」「ちゃんとあなたのことを理解したいの」と伝えましょう。

興奮している時に話が入ってこないので、ゆっくり謝る動作を目で追っているうちに相手も冷静さを取り戻していきます。

不倫の関係を解消したくないのに喧嘩が元で別れ話が出てしまった時の回避法

「本当に別れたくて言っているの?」とまっすぐ目を見つめて聞く

不倫の関係を解消したくないのにケンカがもとで別れ話が出てしまった時の回避法は、「本当に別れたくて言っているの?」とまっすぐ目を見つめて聞くことです。

ケンカをしている時というのは、冷静な状態を保つことができません。

全く思ってもいないことが口を突いて出てしまうということも珍しくないことです。

そのため、本心ではないのに「もう別れる」「終わりだ」と言ってしまうことがありますが、言ってしまった本人は「しまった」と後悔し始めていても取り返すことが出来ないことに焦っています。

すぐにその場で「今のは違うんだ」と言ってしまえば別れの局面を迎えなくて済むものを、プライドが邪魔をして訂正できない状態に陥っているはずです。

そんな彼には「本当に別れたいの?」「あなたの本当の気持ちが聞きたい」とまっすぐ目を見つめて伝えることで、虚栄心を打ちこわします。

それでも後に引けなくなっている様子なら、ひたすら目を見つめて「私はそうじゃないと思う」と彼の心を見抜いた言葉を伝えましょう。

見透かされた心は恥ずかしさを感じてしまいますが、訂正するチャンスを上手に生かすことが出来れば、「本当は別れたくない」という言葉を引き出すことが出来ます。

「ケンカしている時には別れない、一旦距離を置いてみよう」と冷静になる時間を与える

けんかが発端で別れ話になったときには、「ケンカしている時には別れない、一旦距離を置いてみよう」と冷静になる時間を与えることで回避できます。

けんかをしているときに別れを決断してしまうと、言い出した本人もそれを受けてしまったあなた自身も後悔が残るに違いありません。

一旦距離を置く、といっても不倫恋愛では普段からしょっちゅう会うことが出来ないので、一週間くらいでは全然足りるはずがなく、最低でも二週間は連絡を絶つようにします。

デートはもちろん、連絡する事もストップしている間に恋人はなぜ別れを言い出してしまったのか冷静に考えるはずです。

男性は自分に好意を寄せる人を手放すことがとても怖いと感じます。

二週間連絡を絶ったことで、「本当に別れてしまったらどうしよう」と不安が押し寄せてくる時期に突入です。

「別れないって言っていたし。でも距離を置くって言われたからもう終わりかもしれない」と不安になっているところ、あなたからデートのお誘いをしましょう。

ラインやメールでケンカの結末に向かってしまうと、また感情が高ぶって間違った方向に進んでしまうので、必ず話は会ってから行うようにするべきです。

「そんなつもりないでしょ?」と気に留めない

けんか発端で別れ話になってしまった時には、「そんなつもりないでしょ?」と気に留めないことが一番です。

言い争いになった時というのは、売り言葉に買い言葉でどんどん自分の思ってもみない言葉を紡ぎだしてしまうことがあり、後から後悔しても取り戻せないという局面はよくある話。

彼が本当は何を考えているのか、恋人であるあなたは一番よく分かっているはずです。

「別れる事なんてできないでしょ」「言い合い程度で別れるくらいなら、最初から不倫になんてならないよ」と相手にしないことで、よほど気持ちがつながりあっていることを伝えることが出来ます。

既婚者との恋は、勢いだけでは続けられないもの。

流れで始まった関係だとしても、遊びの関係ならケンカにすらなりません。

けんかになること自体、お互い好きあっている証拠なのです。

自分が切り出してしまったなら「しまった」と思ったタイミングですぐに会う

言い争いが発端で別れ話になってしまったとき、自分が切り出してしまったなら「しまった」と思ったタイミングですぐに会うことです。

その場では興奮状態で別れを切り出したことに「スッキリした」「これで不倫のリスクからも解放される」と思っていたとしても、少し時間が立てば「しまった」と後悔する事も少なくありません。

謝ることが苦手だったとしても、カレとの関係を回復させるには謝るしかないのです。

「ものすごく後悔しているの」「ちゃんと謝りたいから会いたい」ときちんと打診しましょう。

既婚者の彼は、「かわいいやつだな」と受け入れてくれるはずです。

意地を張り続けてしまっても、関係修復は不可能。

あなたの気持ちをきちんと態度と言葉で示さなければ、無言を貫きながら「分かってよ」という態度では伝わらないので要注意です。

つい「別れる」と言った時相手が目の前にいるなら抱きしめる

つい「別れる」と言った時に相手が目の前にいる状況なら、そのまま抱きしめてみるという方法で破局を回避することが出来ます。

別れ話がつい口を突いて出てきたときに、その瞬間「ヤバイ」と気が付くこともあるものです。

そんなときには、すかさず目の前の彼を抱きしめてください。

とっさの行動に彼は驚きを隠せないはずですが、この行動を行うことでお互いに冷静になることができます。

「ここまで熱くなることないのに」「お互い好きなのにどうしてこんなことになったんだろう」と気持ちを落ち着かせた後、言ってしまった言葉の反省を丁寧に伝えることで、相手と分かりあうことが出来るのです。

別れの言葉を瞬時に訂正されることで、「そうだよね、別れるほどのことじゃないよね」と気持ちに向き合う準備をしていきます。

お互い終わりの時を意識したことで、愛情が深くなるわけです。

けんかをしたことで「別れたくない」と強く思うようになり、これからどう付き合っていけばけんかにならずに済むのか解決策を共に探せます。

不倫相手の既婚男性とのケンカをうまく収めて仲直りし前より絆を深めるコツ

ケンカになるほど愛していることを認め合う

不倫相手との喧嘩をうまく終息させて仲直りし恋人としての絆を深めるコツは、ケンカになるほど二人が愛し合っていることを認め合うというものです。

言い争いになるのは何も自分よがりの考えだから、という理由ばかりではありません。

「自分の気持ちを分かってほしい、相手の気持ちも十分わかっている、だけどもどかしい」そんな葛藤があるからこそ、相手との意見交換がヒートアップしてしまいます。

不倫という関係が始まり、ケンカをするほどまでお互いに深い仲になっているということを認識し、これからも繋がり続けたいと願っていることを理解しあえば、必ず愛情が深まるものです。

相手のことをどうでもいいと思っている人たちにケンカは起こらないもの。

恋愛関係はそれほどまでに、気持ちに沿った現実が起こるわけです。

「もっと一緒にいたい」「好きな人に家庭がある現実が苦しい」「自分のことをたくさん愛して欲しい」そんな深い愛情があるからこそ、伝えたい思いも膨らんでいることを納得できれば、意見の食い違いが起こらずもっと深く愛し合うことが出来ます。

「そんなときもあるよね」と人間臭い部分も愛する

うまく仲たがいを収めて仲直りして、さらに絆を強くするためには、「そんなときもあるよね」と人間臭い部分も愛するように意識を向ける事です。

不倫恋愛は、理想の恋愛を求めがち。

既婚者の彼は、家庭生活の中で嫁の素の姿や生活感あふれる様子を見ているので、外での恋愛くらいは美しいものを見たいと望んでいるからです。

けれどお互い人間であることに変わりなく、人間臭い部分があることは仕方のないこと。

喜怒哀楽を持っていて、いつも笑ってばかりはいられないのがリアルな世界です。

人間臭い感情に支配されている恋人を受け入れることで、愛情を深く感じることが出来ます。

刹那的な情愛を自分に捧げてくれていることは、奇跡です。

既婚という現実をはねのけてまで、愛をはぐくむ二人は強いきずなで結ばれているということを確認しあった出来事だと受け入れましょう。

争いごとの出来事を笑って話せるようになれば、現実に負けない結びつきを確認しあうことが出来、まことの愛を手に入れます。

「雨降って地固まるだね」と二人にとっていい経験だったことを認識してもらう

論争を収めて絆を深めるためには、「雨降って地固まるだね」と二人にとっていいケ池なったことを認識してもらうことです。

男の人にとって、ケンカは”気分を害する出来事”でしかありません。

そこから学ぼうという思いよりも、「もうこんなことはコリゴリだ」と逃げ出したくなる気持ちに駆られています。

そんな可愛いヒトには、ぶつかりあった事が二人にとって必要な経験だったことを伝えましょう。

論争にならなければ、相手の本音を聞き出すこともなかったし、あなたが我慢していたことをさらけ出すこともなかったはずです。

我慢し続けていいことはないということを身をもって経験した二人は、言い合ったことで気持ちがすっきりできています。

人間として広い心を持つ人に一歩成長したということです。

何でも言葉にすればいいわけではないし、ケンカをすればいいというわけでもないですが、二人にとっていい経験となったと思えるポイントが一つはあるので探してみましょう。

ケンカしたことで見つけた相手のいい部分を伝える

ケンカしたことで見つけた相手が自分を想ってくれていた部分を伝えることで、これからの二人は一層絆を深めることが出来ます。

「けんかした相手のいいところを見つけるのは難しい」と感じるかもしれませんが、二人の間で意見の食い違いや気持ちの衝突が起こったのは必ず意味のあることです。

あなたは相手に求めていたことがあったはずだし、あっちも求めてきたことがあったはず。

その根底の気持ちは何なのか、言い方はどうだったのか。

良く思い返せば、”ケンカしちゃった”という事実で頭がいっぱいになって、相手の言動が見えていないことがあります。

一方的にあなたの方が責め立てたのに相手はしっかりと受け止めてくれていた、大好きすぎるからこそ束縛が強くなっていた、ひどい言葉をたくさん連ねていたけど恋人の悪口は一切入っていなかった、など優しさや関わり方が見えてくるものです。

ゆっくりと喧嘩の発端から、終わりまで一言一句思い出しながら、相手の態度なども振り返ってみましょう。

いいところが見つかったら、ぜひ大好きな彼に伝えてあげてください。

そうすることで、自分自身の気持ちの振り返りにもなり、わざわざ不倫をしている二人の愛情を確かめ合うことが出来ます。

ケンカしたのに受け入れてくれたことの感謝を伝える

今回のことを丸く収めて絆を深くするためには、ケンカしたのに受け入れてくれたことの感謝を伝える事です。

私たちは文明が発達しすぎたおかげで言葉に支配されがち。

ケンカに発展してしまった時というのは、どうにも美しい言葉からかけ離れてしまいます。

泣きわめいたり、怒鳴ったり、怒りがふつふつ沸き上がっているのを必死で抑えながら話すなど、通常の状態ではいられなかったはずです。

そんな状態を共に経験したにも関わらず、別れ話をどうにか切り抜けて一緒にいることを選んでくれる彼には、感謝の気持ちを伝えましょう。

好きな人と一緒にいられることがどれほど奇跡なのか、相手が既婚者だからこそよけいにそのありがたみを感じていることを伝えるのです。

奥さんがいても過ごす時間を捻出してくれる彼は、多大な努力をしてくれています。

喧嘩になっても、まだ一緒にいたいという願いを伝え続け、胸をときめかせていることを大事にしましょう。

不倫相手と喧嘩になるのは愛し合っているから

既婚者の恋人と言い争いになってしまっても、内容が他の恋愛と全く異なるので対応できないと悩んでしまいます。

けれどもそれはお互いに愛し合っているからです。

結婚してる事実よりも、相手への関心が強いからこそ思いが高ぶってしまったということ。

愛されている喜びを改めて感じ取りながら、怒りを鎮静して幸せになる為の行動を行いましょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事