発達障害(ADHD)の彼氏に疲れた時の対処法。イライラを軽くする方法や特徴&傾向を踏まえた態度の取り方、一途さを依存に変えないコツ
あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット



あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット

宇宙が誕生したときから全ての記憶が眠っているとされる、アカシックレコード。「集合意識」や「宇宙の塊」とも呼ばれる存在で、この正解の過去の歴史・未来までもが全て記されているんです。

アカシックタロットは、タロットカードを用いてアカシックレコードにアクセスするリーディング方法。

誰もが知りたかった事実を、今読み解きます。

  • アカシックタロットを試す

  • 彼氏が少し変わっている、噛み合わなくて疲れたと感じることがあるなら、発達障害を抱えている可能性があります。

    既に症状の特徴を分かっていたとしても、頭と心は一致しないことも。

    発達障害、特にADHDの彼氏に疲れた時の対処法をご紹介しましょう。

    心に苛立ちを抱えたり、どう接していいか分からない局面があったりする恋人と、上手く付き合うためには、気持ちを軽くする方法や特徴や傾向を踏まえた態度の取り方を知るだけで、一緒にいる時間が飛躍的に楽しくなるものです。

    ADHDを持つ恋人の一途さに、「このまま依存されたらどうしよう」と不安になっている人にも、対応するコツをお伝えするので、参考にしてくださいね。

    二人の関係が良好にするもよし、疲れ切ってしまって別れるか悩んでしまうなら解決法を試して決断するのもスッキリできる方法です。

    あなたが、心地よく過ごせる方法を見つけましょう。

    目次

    発達障害(ADHD)の男性の特徴的な性格とは

    まさに才能!好奇心が強い

    ADHDを持つ男性の特徴的な性格には、好奇心が強いというものがあります。

    単なる多趣味というわけではなく、何に対しても本気で「知りたい」と思うことができ、気に入るととことん追求したくなる性格を持っているのです。

    そのため、専門分野に長けている人や研究者、哲学者、講師などの職業に就くと、能力を発揮できます。

    仕事に活かせなくても、日常生活の中で多くのことを知り記憶しているので、「あれなんだったけ」と思い出す場面では、すかさず細かい情報まで教えてくれるはずです。

    日常生活の中で「あれはどういう意味だろう」「どうなっているんだろう」と興味を持つ場面が多く、「やってみたい」「知りたい」という衝動に駆られます。

    一つのことを強いられると難しいですが、その間にも様々な興味を拾う事が可能なので、いつも刺激を求めるのです。

    気になる事を見つけたら、即座に目に入った場所に動きだしたり、確かめようとしたりするので、危険な目にあうことも。

    好奇心が次々湧くので、一つのことをきっかけに派生して、多くの情報を得ることができます。

    目に入ったモノや頭に浮かんだものが優先される

    ADHDを持つ男性の特徴的な性格は、目に入ったモノや頭に浮かんだものが優先されます。

    しなければいけないことがあっても、ふと思い出したことがあれば「そういえば、あれどうなっているんだろう」と気になり、すぐ言葉に出して「今、関係ないだろ」と空気が読めないと後ろ指刺されることも。

    多くの人の中にいても、興味を持ったことや目に入ったことが優先されるので、集合時間に遅れたり、何をするべきなのかを忘れたりします。

    皆で一つの作品を作っている場面や、恋人と食事をしている場面でも、初めは周囲に合わせて活動出来ていても、途中で気になる事を見つけたら、そのことに集中し、他の人の話を聞かなくなるので、作業や食事が遅れるのです。

    「この部分はどうなっているんだろう」「この布の縫い目が気になるな」と思ったら、ずっとその箇所を見て調べたり、派生して色々な箇所を確かめて回ったりします。

    協調性に欠けると言われるのは、こういった気になる部分に気を取られてしまうからです。

    得意な事で周りの人の役に立ちたい

    得意な事で周りの人の役に立ちたいと思うのが、発達障害の中でもADHDを持つ人の特徴的な性格です。

    幼少期から怒られる機会の多い発達障害の人は、自分の得意分野を見つけると「褒められる要素」として活用できることを、記憶します。

    「どうにかしてあげる」「これならできるよ」と得意げに名乗り出て、困っている人を助けようとするものです。

    相手の気持ちを考える事は苦手なので、時には、その親切が強い形となり、迷惑がられることも。

    親切の押し売りをすることで、「いい人なんだけど、一旦聞いてほしい」と言われがちです。

    「これは出来る」と思ったことに対して、衝動的に動くので、「もう少し様子を見よう」「この人の気持ちを確認してから動こう」という配慮が苦手と言えます。

    才能豊かな発達障害の人は、褒められる事が嬉しいだけでなく、出来ることは最大限にしたいと思うのです。

    ただ、他人の気持ちを汲み取ることは苦手で、強引に手伝われて迷惑をしていることにも言われなければ気づきません。

    うっかりミスが多く忘れっぽい

    うっかりミスが多く忘れっぽいのが、特徴的な性格としてあげられます。

    幼少期は、忘れ物ばかりの子供だったはず。

    大人になっても、大事な約束や仕事の予定を忘れてしまい、周囲に迷惑をかけることがあります。

    恋愛に関しても、記念日自体を大事に想えるかどうかで覚えられるかどうかが大きく変わるところです。

    「一緒にいる事が幸せ」と思うタイプの男性であれば、付き合い始めた日自体は、特に意味の無いものと判断され、記憶する事が難しいといえます。

    デートの約束を忘れてしまったり、「持ってきてね」「あそこに行こうね」と何気ない会話の中でした約束を忘れてしまったりするので、恋愛で困ることも多いはずです。

    頭では分かっていて、普段は出来る事であっても、一瞬気がそれてしまったために気力がなくなり、出来なくなることもあります。

    毎日必要な仕事道具も、準備している時に不測の事態が起これば、準備するのを忘れてしまうので、周囲や上司からやる気がないと思われがちです。

    ジッとするのが苦手で常に忙しそうに動いている

    ジッとするのが苦手で、常に忙しそうに動いているのが、ADHDがある男性の特徴的な性格です。

    発達障害の中でも、ADHDの特性の中には、多動性が含まれています。

    座って待つ、我慢するということが非常に苦手です。

    そのため、大人になって会議や人の話を聞かなければいけない場面では、頭ではその場にとどまる必要性を理解しているのですが、体が勝手に動き始めます。

    貧乏ゆすりや、手で体のあちこちを触るなどの行動が、目に付くと気になるはずです。

    体のどこか一部でも動かしていなければ、ムズムズして気持ち悪くなり、我慢を強いられると「動きたい」という激しい衝動に駆られます。

    仕事や休日の予定を常に入れていたり、疲れて帰って来ているのに家の中をあちこち動き回ったりといった行動を起こすのです。

    人生の中で幾度となく「ジッとしたら?」と言われてきているので、度重ねて同じことを言われるとストレスに感じます。

    自分の耐久時間を理解している人もいれば、無自覚で動いている人もいるので、理解度合いによって行動できることが大きく違うところです。

    発達障害(ADHD)の彼氏に感じるイライラ疲れを軽くする方法

    話を聞いてくれない?一旦その時間はなかったことにする

    発達障害を持つ彼氏に対してイライラ疲れを軽くする方法は、話を聞いてくれない時は、一旦その時間はなかったことにするという方法です。

    恋人であるあなたが一生懸命話をしているのに、「え?なんだって?」と切り返されたり、テレビやゲームに夢中で全く耳を貸さなかったりすると、イライラするのも当然。

    「なんで、彼女の話を聞いてくれないの?」「私のこと好きじゃないの?」と悲しみすら覚えてしまいますが、あまり深く考えなくても大丈夫です。

    元々男性は、何かをしながら同時進行で他のことを行う事が苦手なので、テレビやゲームを見ていたのなら、まず話は耳に届きにくいと考えておきます。

    何もしていなくても聞き返されたのなら、途中で何か気を取られてそのことを考えていたのでしょう。

    怒っていては、こちらの身が持ちません。

    あなたが一生懸命話したその時間を、一旦忘れてしまいましょう。

    話を聞いてもらえなかった事実はとても悲しいですが、「聞いていなかったのね」と軽く思うことが出来れば、「もう一度話せばいい」と切り替えられるはずです。

    一旦忘れたその時間分、一緒にいられたと思って幸せな感情に転換します。

    「彼は私のことが好き」と10回言葉にする

    発達障害をもつ彼氏にイライラした時に気持ちを軽くする方法は、「彼は私のことが好き」と10回言葉にすることです。

    人には出来る事や苦手な事が、それぞれ多かれ少なかれありますが、発達障害の人は、そのギャップがとても大きいのが特徴。

    そのため、「このくらい出来て当然」「出来なくても何とかするだろう」と思えることでも、苦手なことを克服するのは難しいため、周りの人はイライラすることも多くあります。

    ただ、わざと人が嫌がることをしているわけではないし、傷つけるつもりがあってデリカシーのない言葉を言っているわけではありません。

    恋人に対してそのような行動をとったとしても、彼の中で彼女のことを好きという気持ちは変わりなく持ち続けています。

    イライラした時には「彼は私のことが好き」と10回言葉に出して、自分自身に言い聞かせましょう。

    自分の感情を言葉にすることも苦手な人が多いADHD男性は、大切に思う気持ちをどう伝えていいのか分からないだけなので、「本当に好きなのかな」と不安に思う事もあるでしょうが、好きな気持ちに嘘はありません。

    恋人を試したりすることはむしろ不得手なタイプなので、「どういうつもりなの?」「怒らせたいの?」と思っても、彼が好きだと言い聞かせれば、冷静になれます。

    特性のせいにしてしまう

    彼氏に対してイライラしてしまったら、とりあえず特性のせいにしてしまいましょう。

    何でも特性のせいにして、発達障害差別だという人もいるかも知れませんが、恋人間でトラブルを解消するためなら、それも大いに結構。

    どんなカップルでも、イライラすることはあるし、衝突する事はあるはずです。

    「どうしてあなたはこうなの」と性格のせいだと思えば、イライラしてしまいますが、発達障害を持つ彼氏であれば、気持ちの逃げ道として活用しても大丈夫。

    要は、気持ちを落ち着かせて、冷静に対処できればいいのです。

    実際にADHDの特徴は言葉にすれば、どれも「そんなの誰だって持っているよ」と思えるような特性ばかりと言えます。

    誰もが持っている躓く事が極端に大きく、生活に支障が出てくるほど困る場面があるという強い個性です。

    何かが絶対に出来ない、禁止事項がある、など特別なものではなく、どこにでもありふれた苦手が多い人、といえます。

    隣で過ごす恋人や家族が「これは彼の特性だ」と思えれば、「仕方ないな」と気持ちを切り替えられ、イライラを解消できるのです。

    エネルギー発散不足だと認識する

    発達障害の彼氏にイライラしたら、エネルギー発散不足だと認識して対策しましょう。

    多動の一面を持つADHDの男性は、我慢を強いられるとストレスが溜まります。

    ゲームで必殺技を出す前のエンゲージを溜める様に、日常の中で様々我慢をしているだけで、エンゲージがグググっと上がっていっている状態です。

    イライラさせられるときは、彼自身もストレスが溜まっている状態。

    その上「あれはどうしたの」「また忘れたの」「ちょっとはゆっくりしようよ」と言葉を続けられると、責められているように感じます。

    そんな時には、彼の心に寄り添い、多動の衝動を発散させてあげることで、落ち着きを取り戻すことが可能です。

    一緒にスポーツをするなどして、体を動かし、汗を流すと、お互いに心も整理しやすくなります。

    その場を離れて仲良く過ごす方法を思い浮かべる

    復縁を考えるべきケース2

    障害を抱える彼氏に腹が立ったら、その場を離れて仲良く過ごす方法を思い浮かべましょう。

    ADHDを抱える彼氏に対して、変化を求めたり、色々要求するのは、難しいものです。

    そうでなくても、誰もが他人に色々言われるのは嫌なもの。

    ADHDの男性は、色々言われてしまうとパニックを起こし、どれも理解が難しくなります。

    周りの人や彼女にとっては、簡単な事を羅列しているだけでも「そんなに一度に言わないで」と思っているのです。

    一つづつ計画を立てて順序良くこなすことが難しく感じる事なので、一度に多くの情報を入れられると、何をしていいのか分からなくなります。

    イライラした時は、一度その場を離れて、いろいろ言いすぎていなかったか、どうしたら仲良く過ごせるか、計画して頭を冷やしましょう。

    同じ空間にいると、互いに気持ちが混ざり合い、何に対してイライラしていたのか分からなくなります。

    一旦離れて冷静になる事は、どんな場面でも有効です。

    発達障害(ADHD)の彼氏の傾向を理解して仲良く付き合っていくために取るべき態度

    「大変そうだね」と軽く受け流す

    理解して仲良く付き合っていくために取るべき態度は、「大変そうだね」と軽く受け流すことです。

    恋人なのだから何かしてあげなければいけない、好きな人だからサポートしてあげなければいけない、と気負っていては、彼女の方が疲れ切ってしまいます。

    苦手部分をサポートしてあげたり、一緒に道筋を考えたりするのは、とても助かる事だし、好きな人がしてくれると喜びも大きくなるものですが、すぐに命に係わる問題ではありません。

    むしろ、一生特性と付き合っていかなくてはいけないので、生きる術を身に着けていくほうが楽になります。

    特にADHDの人は、IQが高い人も多く、苦手部分を自覚しているからこそ、悩みを抱えている人も多いのです。

    そんな相手に「あなたのこんなところがダメなのよ」と言ってしまっては、プライドも傷つけることになります。

    イライラしている時は、思っていることが上手くできない時などなので、「大変そうだね」「手伝えることはあるかな?」と客観的に支援を申し出ましょう。

    受け流すことで、彼の問題を一緒に抱えることなく、ベストな道を見つけやすくなります。

    して欲しいことややるべき事を細かく分けて一つづつ伝える

    仲良く彼氏と過ごすためには、して欲しい事や、やるべき事を細かく分け、一つづつ伝える事です。

    ADHDの特性には、気持ちの切り替えが苦手、一度に多くの情報を処理できないというものがあります。

    多くのことを求められると、必然的に集中力が必要となるので、途切れた途端に何をするべきだったのか忘れてしまうのです。

    彼氏と関わる時には、あれこれ矢継ぎ早に話したり、して欲しいことを伝えるのではなく、まず、彼女自身が動作を一つづつ区切って伝えること。

    「来月の〇日に、遊園地にデートに行きたいから、その時の服を買いに行こうよ」と伝えたいのなら、そのまま言っても話を聞いてくれなかったり、約束を忘れたりします。

    まず、カレンダーにデートの予定を書き込んでもらい、「服を買いに行きたい」と伝えましょう。

    行動を分裂する事で、理解しやすくなり、スムーズに行動できるので、ケンカになることも予防できます。

    イライラした時こそ態度や言葉でたっぷり愛情を注ぐ

    彼氏と仲良くするには、イライラした時こそ態度や言葉でたっぷり愛情を注ぐようにしましょう。

    発達障害を持つ人は、先ほども述べたように、幼少期から怒られる体験を多くしてきています。

    期間限定
    復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

    もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

    「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

    「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

    と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

    ※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

    「何でできないの」「早くしなさい」「皆と同じように出来ないとダメだよ」と周囲の友達よりも多く叱られたことで、自己肯定感が低くなりがち。

    そのため、親からも愛情をあまり感じられなかったと思っている人も多くいます。

    人の記憶はマイナスなことほど鮮明に覚えているので、いつも怒られていた事ばかりを覚えているのです。

    そのため、彼氏に対してイライラした時感情のままに責めては「またか」と心を閉ざして離れてしまうこともあります。

    ギュッと抱きしめて「大好きだよ」と伝えたり、じっと目を見つめて彼氏の考えている事を汲み取ろうとしたりする態度が、安心感を生むわけです。

    どちらも冷静になれれば、「どうしようか」「いい方法を考えよう」と歩み寄ることが出来ます。

    欠点に見える部分を活かせる方法を見つける

    仲良く過ごす方法は、欠点に見える部分を活かせる方法を見つける事です。

    怒られやすいという事は、多くの人にとって欠点に見え易いということ。

    デート中にすぐどこかへ行ってしまうのも、彼が何かに興味を持ったという理由があるわけですが、その行動を制限しようとすると欠点となります。

    逆に、どこか行き始めたら「ついでに○○を探してきて」と何かお願いしたり、「すぐ帰って来てね」と伝えて近くでお茶をしたりすることで、イライラする頻度は少なくなるはずです。

    何かを探してもらうのは、忘れてしまう可能性はありますが、あまり期待をせずに伝えておくと、見つけてくれた時の喜びは大きくなります。

    また、多動性の部分から見ても、彼女の行動に付き合わされるだけのデートは、彼の中でじっとしている事と同じなので、退屈を感じるだけでなく、動きたくなる衝動に駆られるものです。

    どこかに行き始めたら「退屈していたのかな」との考えも視野に入れて、「何かしたいことがある?」「ちょっと好きな事しに行こうか」とデートプランを変更する事も効果的。

    予定を目いっぱい入れるデートではなく、彼の衝動を含めて時間に余裕があるデートを計画しましょう。

    話を聞いてもらえない時は書いておく

    恋人と上手く付き合っていくために、話をどうしても聞いてもらえない時には、紙に書くという方法を取り入れます。

    注意欠如という症状があるので、話の中に情報がたくさんあれば、会話に集中して相手のニーズを引き出すということはとても難しく感じる事です。

    会話から何か話し合いたいことがあったり、お願いしたいことがあれば、紙に箇条書きで書く事で、彼の中でも順序だてがしやすくなります。

    何について話をする、聞いてほしい事、お願いしたいこと、など具体的に書き出しましょう。

    「○○について」「だいたい○○」「○○くらい」と曖昧な表現は、ADHDの人は混乱します。

    人によってさじ加減が違う物に関しては、特に具体性を持つようにしましょう。

    「食事は適当に済ませといて」と言われると、適当が分からず、食べないこともあります。

    「食事は、コンビニに行って買って食べてね」「冷蔵庫に○○があるから、温めて食べてね」など具体的に伝えると、混乱を予防できるところです。

    大事な話をする時は、集中力を考慮して、1回の会話に1つとしましょう。

    発達障害(ADHD)の彼氏の一途さを依存に変えないコツ

    彼の夢ややりたいことを応援する

    ADHD彼氏の一途さを依存に変えないためには、夢ややりたいことを応援することです。

    好きな事に関しては、集中力が高まるので、彼女にだけ目が向いていれば依存になることもあります。

    カレは、好奇心旺盛だからこそ、やりたいことがたくさんあるはずです。

    夢ややりたいことを応援して、彼の人生が幸せになるように二人で方向性を定めておきます。

    女性は、好きな人に「幸せにしてもらいたい」という願望を持ちがちですが、彼のやるべき事が「彼女」にだけ向いてしまえば、他のことを疎かにしてしまうのです。

    対人関係が苦手なので、友だちが少ないと「好きでいてくれる人を手放したくない」と思うのは当然の心理。

    けれども、彼には素晴らしい才能が沢山あるので、成せることも多くあるのも事実です。

    彼自身が人生を謳歌できれば、一緒にいる彼女も勝手に幸せになります。

    何でも手伝わずに基本は自分の事は自分でしてもらう

    彼の一途さを依存にしないためには、何も手伝わずに基本は自分の事は自分でしてもらうことです。

    困りごとがあると、見放されたり屈辱を受けたりしてきたカレ。

    恋人が何でも苦手分野を助けてくれるようになれば、「彼女がいないとまた周りに迷惑をかける」と依存が生まれます。

    失敗したら気持ちを引きずる傾向があるので、彼女がいなければ立ち直れないと考え始めるのです。

    しかし、生きていく上で苦手を上手に回避する術は、本人がスキルとして持っておくべきこと。

    何でも手伝わずに、やって欲しいことを細かく分けて行動してもらい、成功体験を積み重ねてもらいましょう。

    「この場合は、こうすればいいのか」と気が付き、次に同じ場面で困りごとが出来た時に成功体験を思い出せるようになれば、本人が生きやすくなります。

    それは自立であり、自己肯定感を高める事でもあるのです。

    恋人は支援すること、サポートする事が役割ではありません。

    彼が幸せになるために、気が付いたことをフィードバック出来れば、それで十分です。

    「彼女なんだから」と気負わずに、過ごしましょう。

    楽しいことも終わりは来る。時間がきたらタイマーを鳴らす

    彼氏に依存されないコツは、時間がきたらタイマーを鳴らすという方法を取り入れましょう。

    ADEDの特性の中に、依存というものがあり、気持ちの切り替えが苦手という症状として表れます。

    好きな人と一緒にいる時間は、あっという間に過ぎていくもの。

    一般の人であれば、次の日に影響しないように行動を考えて、切り上げることが出来ますが、ADHDの依存が出ると「一緒にいたい」という感情を簡単に手放すことが出来ません。

    「まだ離れたくない」「楽しい時間を終わらせたくない」と思う気持ちが強くなることで、家に帰らずいつまでも過ごそうとします。

    しかし、いくら彼の愛情を感じられるとはいえ、デートのたびに帰れないのでは、体調を崩し兼ねない問題として困るはずです。

    デートの終わりの時間を分かっているし、次の日に眠いまま仕事をしたり移動したりするは困る事だと認識しているので、気持ちを切り替えれないことでジレンマを抱えます。

    「今日は〇時に帰るね」と目の前でタイマーをセットすることで、分かりやすい区切りが生まれるのです。

    アラームが鳴ったら、耳からも情報が入り、残り時間がなくなったタイマーを見る事で、目でも確認できます。

    「終わり」と認識しやすいので、スムーズに帰路に着けるわけです。

    会えない時には毅然と断る

    彼氏から依存されないコツは、会えない時には毅然と断ることです。

    好きな人と付き合っていると、彼女自身は自由に会ったり過ごせたりすると感じます。

    頭では恋人の時間を大事にすることは分かっていますが、離れている状態や言葉にしない気持ちは”察する”ということが苦手です。

    彼女がどんな気持ちなのか、推測することが出来ないので、困った表情を見せても感情を読み取ることが出来ません。

    いつでも会えると思っている彼氏は、勝手に予定を組むこともあり、それが実現されると信じています。

    デート出来ない日、会えない日、連絡が取れない日は、毅然とした態度で「この日は無理」と伝えましょう。

    彼は傷つくことなく、事実を受け入れてくれるので、顔色を見たり様子を窺っている方が、あなた自身傷つくことになります。

    「今度○○しよう」と提案されたら具体的に計画する

    恋人から依存を予防するコツは、「今度○○しよう」と提案されたら具体的に計画することです。

    よくカップルで「今度○○行こうね」「いつか○○したいね」といった、曖昧な約束のような希望を話すことがありますが、ADHDの男性は理解が難しいと感じます。

    いつか、今度、という言葉は、彼氏にとって不安要素です。

    「いつなの」「本当に行くの?」と見えない未来に対して、不安が押し寄せパニックになり、毎日のように予定を聞いてきます。

    この依存行動を回避するには、具体的に日時を決めて計画することです。

    詳細を決めて、楽しみにする目標として提案すれば、安心感が生まれます。

    毎日、同じことを質問され、予定を確認されれば、言われる方としてはストレスに感じるはずです。

    「〇月〇日にしよう」と決まると、不安がなくなり、言い続けることもなくなります。

    彼にとって不安なのは、約束が早く実行されない事ではなく、目途が立たない事です。

    見えない圧力をかけられている様な、焦燥感が襲い掛かります。

    発達障害(ADHD)の彼氏とはもう無理かも…別れるかどうか悩んだ時の解決法

    長所に目を向けて幸せを感じるなら特性について勉強する

    別れるかどうか悩んだ時には、彼氏の長所に目を向けて、幸せを感じるなら、ADHDのと癖について勉強するところから始めましょう。

    イライラすることや、何を考えているか分からず不安に感じることも多い彼氏でも、長所に目を向けると、素晴らしい面が沢山あります。

    一つの事に集中できないのは、短時間に沢山の物事に取り組めるという事、ジッと出来ないのは、アクティブに動けるという事です。

    それでも上手くいかない事もありますが、彼のことを思い出したときに「幸せ」という感情が沸き上がるなら、十分愛情がある証拠。

    発達障害の特性をしっかりと理解する事で、愛しい人の事をもっと深く理解できます。

    恋愛面だけでなく、日常の面や仕事面で困る事などを知ることで、交際の仕方を工夫することが出来るのです。

    支援してくれる団体や相談を受け付けている施設を探すことでも、心のモヤモヤを話してスッキリさせてくれる人と知り合えます。

    不満を抱えている事が、特性だと分かれば、腹立たしさも減少するはずです。

    彼氏の親から幼少期の話を聞いて成長を感じた上でもう一度考える

    付き合う事に疲れて来たら、彼氏の親から幼少期の話を聞いて、成長を感じ、その上でもう一度別れるかどうか考えましょう。

    ADHDの特性は、幼少期に強く現れます。

    社会のルールの認識や経験値がないことで、周りに合わせるスキルも乗り越える手段も持ち合わせていないからです。

    発達障害を持つ彼氏の母親は、とても子育てが大変だったと感じている人が多くいます。

    幼少期、どんな子供で、何に困っていたか、しっかりと話を聞きましょう。

    子供のころに強く見られた特性は、彼氏の根本的素質です。

    苦手な事、得意な事も分かりやすいといえます。

    そして、幼少期から比べると、ずいぶん成長した愛しい人の姿に気が付くものです。

    「苦手な部分が、今は気が付かないほど落ち着いている」「どうしても無理って言っていた事が、出来るようになっている」と気が付けば、彼の事も一層愛おしく感じます。

    その時点で、もう一度別れるかどうか考えることで、二人にとってベストな選択が出来るわけです。

    会う回数を減らしても愛情を感じられるならラブペースを考え直す

    両思いでおまじないすると気持ちが離れる理由2

    彼氏と別れるか悩んでいるなら、会う回数を減らして、愛情を感じられるかどうか観察しましょう。

    彼氏は、言ってくれば”クセが強い人”。

    個性が強くて、一癖あると感じる人とずっと一緒にいれば、疲れるタイミングが訪れてもおかしくありません。

    恋人同士とはいえ、距離感が近すぎることで、かのじょであるあなたも混乱を起こしているだけ、という場合もあります。

    経験した事のない人との人間関係や、次々おこる予測不可能な状況があれば、誰でもパニックになって当然です。

    まずは会う回数を減らして、冷静になり、彼から感じる依存と思える行動を思い返しましょう。

    恋人からの愛を感じるなら、方法を変えればいいだけです。

    二人にぴったりのペースを見つけることで、心地よく深い絆で繋がり合えます。

    疲れた、どうしていいか分からない、という感情だけで別れを考えるなら、付き合い方を見直す方法を取りましょう。

    疲れを癒し、恋人に対する愛情を温めれば、これからも仲良くやって行けます。

    彼の言動で傷付くことが多いなら別れる

    彼の言動で傷付くことが多いという理由で、離れるか悩んでいるなら、勇気を持って決断しましょう。

    好きな人の言動は、心に大きな影響を及ぼします。

    好きな人の一言で元気になれたり、癒されたりするものです。

    何も言葉を発さなくても、傍にいるだけで幸せと思えるのも恋人という存在。

    彼氏から傷つく事を言われたとしても、「彼には特性があるし、好きな気持ちがあれば平気」と思える人も多くいます。

    受け流すことが平気な人や、そもそも彼氏の言動に振り回されない人もいるのも事実。

    あなたが、彼氏の言動の至る所で傷付き、「辛い」と感じるなら、別れることが賢明です。

    想いを寄せ合う人は、傷つけあう存在ではありません。

    傷付いたとしても、関係を修復したいと思えるか、一緒にいたい気持ちが強いかが大事です。

    彼からの言動に傷つき、落ち込み、顔を見る度に思い出して心が重くなるのなら、もう気持ちの切り替えは難しいといえます。

    深い傷となり、トラウマとなる前に、彼の元を去りましょう。

    特性を知った上でもイライラが収まらないなら破局もあり

    彼氏と別れるか悩んでいる時には、特性を知った上でも、ずっとイライラが収まらないなら破局という選択もアリです。

    発達障害の彼氏の特性を知っても、日々の生活の中でイライラすることを全て避けて通ることは無理。

    いくら気にするなと言われても、腹が立つこともあれば、どうしていいのか頭を悩ませることもあります。

    疲れてしまう事もあるし、無理だと思う事も。

    それでも気持ちが落ち着けば、「やっぱり彼のことが好き」とまた別れを躊躇う気持ちが沸き上がります。

    感情のアップダウンを繰り返すうちに、本当に好きか分からなくなり、嫌いになることもあるものです。

    「もうこんなに疲れる気持ちは終わりにしたい」と思うのなら、新しい恋をして違う幸せを手に入れる事も一つの方法。

    辛いことが続くと感じるなら、逃げてもいい。

    恋は幸せになる為にするものであって、どうしてもイライラが収まらないなら、無理をして心を傷つけ続けなくてもいいのです。

    あなたが幸せになれる恋愛を見つけましょう。

    https://www.steedicons.com/elucidate-cause-nolove/

    彼氏と向き合う角度を変えてみよう

    付き合って半年の彼氏の心境

    発達障害を持つ彼氏と付き合うと、何が正解なのか、好きな人のことを理解しようと奮闘して悩みを多く抱えがちです。

    ADHDの特性を知る事も大切ですが、特別扱いではなく、彼氏の個性が少し人より強いと捉えるだけで、ずいぶんと気持ちが楽になります。

    困りごとに対して、正面から正解を見つけるのではなく、角度を変えて付き合ってみることで、愛し合える二人になれますよ。

    特徴やイライラの解消法を知ると、上手く問題を交わしながら、一緒に過ごせるので、試してみてくださいね。

     

    【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

    こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

    昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

    でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

    もしもあなたの心に、

    「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

    「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

    「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

    こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

    他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    予言占い2022】とは…
    クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

    雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

    この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



    ※20歳未満は利用できません。

     
    占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

    彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

    そんな、あなたに大切な質問をしますね。

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

    ・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

    こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

    友だち追加

    ※20才以下はご利用不可

    おすすめの記事