社内不倫になぜハマってしまうのか…社内不倫のリスクとバレないためのマル秘テクニックを紹介!
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を鑑定結果をもとにお伝えいたしますね。

毎日顔を合わせる職場で既婚者が恋愛をしているのを見ると「リスクがあると分かっているはずなのに、社内不倫になぜハマってしまうのだろう」と疑問に感じる方も多いはずです。

不倫をしているカップルさえも、「バレてしまうかも知れない危険があると分かってはいても、止められない」と、当事者でも気持ちをコントロールできないもの。

社会的にNGとされている社内不倫になぜハマってしまうのか、その理由やリスクとともに解説していきましょう。

バレないためのテクニックなどもご紹介しますので、誰にも言えない恋愛をしていて、相談相手がいない方はぜひ読んで、参考にしてくださいね。

目次

社内不倫がはじまるきっかけは?

相談をすることで業務内容の悩みに共感する

同じ社内だからこそ、業務内容の悩みを相談すると共感してもらえるところから、不倫が始まるケースがあります。

やらなければいけないタスクがたくさんある中で、一人では問題解決できない事が目の前にやってきたとき、同僚や上司がとても頼りになるものです。

直接的な仕事をお願いする事は出来なくても、経験値がある人であればヒントをもらえたり、新しい視点を教えてくれたりします。

失敗に落ち込んだ時でも、「そういうことあるよね」「あの人に怒られるのは仕方がないよ」と共感してくれるからこそ、話し終えた後に心が癒されるところです。

業務上、多くの先輩が経験してきたことなら、突破口を知っています。

軽く乗り越える方法や気持ちを楽にする捉え方を教えてもらえると、悩んでいた側としては「やっぱり頼りになる」「救世主のおかげで、一瞬で解決できた」と思えるわけです。

悩んでいることが分かるからこそ、相談された側は「早く楽になってもらいたい」「経験の一つとして、通るべき道だから見守ってあげたい」と温かい想いでサポートしてくれます。

頼られる側と頼りにしたい側で、恋愛感情が芽生えるのです。

同じチームで仕事をしたことで一体感が生まれた

一体感は、不倫が始まりやすい状況が整う心理です。

会社という組織の中で、同じチームになると、目標数字や期日、目指すゴールが統一されます。

皆で一緒の方向を向いて力を合わせていると、青年時代の部活動のように一生懸命打ち込むことが楽しくなってくるものです。

切磋琢磨しながら、頑張っている姿に刺激を受け、応援する事もまた幸せに感じるため、常にチームの事が気になって仕方が無くなります。

特に、話しやすい異性とは仲が良くなりやすく、チーム一丸となって取り組んでいる一体感が、心と体の距離を近づけるわけです。

ボディタッチが増えたり、食事に行く回数が多くなったり、話をする距離が近くなるなど、グッと親しみが出てくるので、秘密のデートをしたくなる心理が沸き上がります。

チームの親睦と称して、気の合う異性と食事やお酒の場に行くという言い訳が出来るので、そのまま本格的デートになる可能性が高まるのです。

最初は仕事のミーティングのつもりでも、二人で会うための口実にしたい気持ちが生まれてきます。

二人きりの時間にキュン!一緒に出張に行った

二人で一緒の出張に出掛けると、仕事の合間時間にふと冷静に状況を見て、キュンとするところから不倫が始まります。

仕事とはいえ、遠方に出掛けるのは、日常とは離れる心理が強くなるものです。

宿泊準備をして、普段とは違う土地を歩くのですから、緊張感があるのは当然と言えます。

様々なピンチが起きたり、仕事の合間の息抜きでホッとしたりする感情を共有できる人がいるだけでも、とても癒しです。

知っている人が周りにいない場所ですから、話し相手や仕事が終わってプライベートの時間も共に過ごします。

普段聞かない話を教えてくれたり、隙間時間に観光をしたりと、一緒に行ったからこそたくさんの事を共有して、思い出になるのです。

疲れからすぐに寝たくても、一緒に見知らぬ土地にやってきた仲間が、どんな風に過ごしているのか気になるところから、夜更けまで話こむ事もあります。

特別な時間を過ごしたことで、仲間だけではない感情を抱き、戻ってからも急速に関係性が深くなるわけです。

社内の飲み会や二人で気分転換でバーに行く

会社の飲み会などでお酒を飲む機会を共有することで、不倫に発展します。

お酒は理性を崩してしまうと言われていますが、仕事で疲れているとアルコールで疲労を洗い流したい気持ちにもなるものです。

職場が開催する飲み会は、楽しい中にも若干の緊張感がありますが、残業が続く時の気分転換で「行く?」と飲み屋さんに出掛けるときには、完全にリラックスしています。

愚痴や不満を聞いてもらったり、自分がやりたいことを語ったりする中で、話しやすさが募っていく訳です。

疲れている時や緊張している時にお酒を飲むと、回り方も早くすぐに酔っぱらってしまう事も。

異性といるだけで、酔っぱらった状態の目には魅力的に見えますし、社会的に正しい判断が出来ない状態になっていますから、何も考えずにキスをしたり、ボディタッチが大胆になっていったりして、たがが外れてしまいます。

お互いに「このままだといけないな」と頭の片隅で思ってはいても、本能のままに体の関係になったり、体の距離が近いことに居心地の良さを覚えたりするので、中毒性が生まれるのです。

より詳しいきっかけや上手な接し方は、こちらの記事にも詳しくご紹介していますので参考にしてください。

社内イベントで非日常の体験

会社の中で行われるイベントがあれば、強制的に参加する形になりますので、非日常の体験をしてドキドキやワクワクの感情で、恋愛に進むことが多くあります。

デスクワーク、営業の外回り、社内の人事や業務内容を整える、など会社勤めの人は、自分の部署や肩書などで、請け負っている仕事内容が異なっているはずです。

割り当てられた仕事は、基本的には淡々と毎日同じことの繰り返し。

他の人との交流がある人もいれば、自分のタスクのみで完了する人もいます。

申し送りや連携などで関わる事はあっても、他の部署と積極的に交流がある部署も少ないはずです。

イベントがあると、別部署の人との交流が生まれますし、仕事中であるにも関わらず非常にリラックスした表情で、何気ない会話を繰り広げます。

お客様の集客イベントで、営業マンはモチベーションを高めていたとしても、接客から離れた瞬間、肩の荷が下りたように近くにいる人に心を開くものです。

非日常空間で、いつもと違う心の動きがあることによって、接した相手と一瞬で仲良くなれるので、誰にも知られずに恋愛に発展する事もよくあります。

社内不倫にハマってしまう理由

仕事をしている姿がかっこいいから

仕事をしている姿を毎日見られるのが、社内に好きな人がいる時のメリットでもあります。

家族を養うという責任を背負っている男性は、仕事に対しての責任感が非常に強くなっているものです。

人と関わる経験値も積んでいるので、上手に交渉をする姿もテキパキとしていて、非常にかっこよく見えます。

仕事をしている男性の姿は、女性が惚れる場面としても昔から有名です。

刺激的な間柄の入口に立ってしまえば、「仕事の姿を見られるのも、彼女の特典」と思えて、誰にも言えないからこそ特別な感情が昂ります。

結婚している人でも、仕事をしている時は家族と離れている時間であるため、一人の社会人男性として見ることが出来るのも嬉しい所。

「こんなにカッコいい姿を奥さんは知らない」と思えば、独り占め出来ているような気分にもなれます。

ビジネスをしている姿というのは、目標に向かって動いているわけですから、輝いて見えるのも当然です。

話しかけるチャンスも作れるので、いつでも近くでステキな姿を観察することが出来、就労時間中はずっと幸せに感じられます。

接触する回数が多いから

同じ会社の中にいる人なので、接触する回数が多い分、恋愛も本気になっていきます。

心理学的にも、接触頻度が高まるほど心の壁を取り払えると言われているので、姿を見る回数、会話をする数を積み重ねる程、相手との距離感を近く感じるものです。

社内の中でも、不倫に発展しやすいのは同じ部署にいる人同士が多いといわれています。

電話の取次ぎや伝言、業務連絡や日々の挨拶など、恋愛が絡まなくても小さな声かけがいくらでもできるわけです。

特別な会話ではなくても、挨拶を交わすだけ、電話を取り次ぐだけでも繋がれた感覚が持てるため毎日嬉しい瞬間が訪れています。

キュンとする回数が多い分だけ、次に話が出来るタイミングが楽しみになり、毎日ウキウキするのです。

上司と部下の関係であれば、仕事中ずっと報連相のやりとりをしているわけですから、目を合わせるだけで幸せな気分になります。

家族と過ごす時間よりも長い間一緒にいるので、相手に対して燃え上がるのも無理はありません。

不道徳だと分かっているからこそイケないことをしている感

いけない事だと分かっているからこその、心理的スリルが不倫を盛り上げます。

自分達が特別な関係という意識を持っていても、周りの人は二人のことを知りません。

周囲から見たら、ただの上司と部下であったり、同僚だったりですので、誰も怪しんでいないのも、興奮ポイントです。

結婚している人であれば、周囲の人は家族がいる人として見ているので、他の女性との色恋沙汰が起きているとは思っていないのが普通。

「誰にも知られてはいけない」と周りからの視線を気にして、気持ちが漏れないよう、バレないように必死で表情をコントロールします。

なるべく平常を装っている時も、心の中はドキドキです。

「これがスリルというものか」と思いながら、他の人がいる時には普通に会話をします。

「いけないと分かっているからこそ、絶対に隠し通さないとマズイ」と試練を自分に課すことが、ミッションとなっているのです。

不道徳さをプレッシャーと感じて、苦しみから恋愛を止めたくなる気持ちもありますが、刺激がある関係はそうそう手に入りませんから、状況に酔ってしまいます。

刺激のドキドキを勘違いしてしまう

刺激的なドキドキを相手に夢中になっている状態だと勘違いしてしまうのが、ハマって抜け出せない理由です。

「吊り橋効果」を聞いたことがある人も、少なくないはず。

心理学で、不安や恐怖を共有した者同士が、恋愛のドキドキだと勘違いして好きになることです。

不倫は、一度の過ちで体の関係から始まるケースも多くあります。

お酒の勢いや悩み相談をしている延長で、体を結んだことをきっかけに、何度会うようになるというカップルは、通常の恋愛の様に告白などはなく始まるものです。

「一線を越えてしまった」「結婚している人といけない関係になってしまった」と、背徳感からドキドキしていると、「私はもう、カレに夢中になっているんだ」「いつの間にかこんなに好きになっていた」と勘違いしてハマっていきます。

冷静に「一度の関係だけだった」と割り切れる人であれば、ハマる事もないのかもしれませんが、多くの人は人に言えないことをしていることに、不安や恐怖心を覚えるわけです。

恋愛をしていると仕事が楽しくなるから

好きな人が同じ職場にいるのは、相手が既婚者であろうと、自分自身が結婚している身であろうと、仕事が楽しく感じるのでウキウキを継続するために、楽しんで恋愛をするようになります。

結婚という枠組みに囚われていない人にとっては、いかに毎日を楽しめるかが重要だったり、関係を公に出来なくても好きな人といる時間があるだけで幸せだったりするものです。

好きな事を仕事に出来れば、誰しも本望ですが、多くの人は仕方なく働いています。

いつもは面白くない仕事を我慢して取り組み、同じ毎日の繰り返しで耐えているところです。

恋愛をしているだけで、毎日出勤するのが楽しくなり、「今日も一日、頑張るぞ」とやる気がみなぎってきます。

人間関係や仕事内容に不満がある人ほど、好きな人が出来るだけでモチベーションアップにつながり、イキイキと働きだす傾向にあるのです。

いかに楽しく日々を過ごすかで、人生の充実感が変わってきますので、恋愛をあまりいけないことだと捉えていないタイプが、この理由でハマります。

社内不倫がバレるきっかけ・行動

やたら距離が近い

仕事場が同じなだけなのに、やたら距離感が近くなっていくのを見た周りの人が、「二人は恋愛をしているのではないか」と疑い始めます。

職場での人との距離感は、立場的なものをのぞけば大抵同じはずです。

相手に尊敬の念を持ちつつも、仕事上のやりとりだけですので、社会人としての一般的な距離感を保ちます。

恋愛が始まると、アイコンタクトが増えたり会話の頻度が増えたりと、本人たちはバレていないと思っていても、つい近づこうとしてしまいがちです。

休憩がてら好きな人と話したいですし、少しでも仕事の疲れを労いたいと思って差し入れをすることも。

頑張っている人に「お疲れ様」と声を掛けたり、お茶を差し出したりするのも、他の人に同じようにしているようでも、どうしても端から見ると偏っているのが分かります。

「この前まで、そんなことしていなかったよね」と気が付けば、二人が怪しい関係だと思えて仕方がないところです。

観察すればするほど、話すときの距離やボディタッチの頻度などが、恋人のソレと思えてしまい、関係がバレてしまいます。

接し方がぎこちない

前項とは逆で、ぎこちなくなることがきっかけでも、バレてしまう事があります。

「この前まで普通に話をしていたよね」「頼んだのに、なかなか伝えてくれないのはどうして」と意識的に避けようとしている姿も、周囲から見ると不自然です。

ただの仕事仲間であれば、わざわざ遠ざける必要もありませんし、いい大人が適度な距離を持っている人と喧嘩をすることも少ないはず。

「何があったのかな」と違和感を覚えれば、「もしかして付き合っているのかな」「バレないようにわざと離れているのかも」と疑いが強くなります。

何もなければ離れる必要もありませんし、もし嫌いであっても、避けることはしないわけです。

わざわざ話しかけないようにしたり、反対方向に動いていたりすると、悪目立ちしてしまいバレる原因となります。

周りから見て、ケンカをする要因が見当たらない場合には、何かがあると思われて当然です。

男女の間で何かがあると疑われた時には、大抵の場合、恋愛と結び付けられます。

同じ日に休みを取る

同じ会社だからこそ、有給消化する日が重なることがきっかけで、周囲に関係を知られてしまいます。

既婚者は、休日に家族と過ごすことが一般的です。

仕事三昧の男性であれば、休日に接待や職場に出勤するケースもありますが、休みが取れる人であれば、家族と遊びに出かけたり、妻に休んでもらうため家事を行ったりします。

不倫が始まると、二人で会う時間を確保しなければデートが出来ませんので、時には会社を休んで遠出をすることも。

仕事が終わってから夜のデートばかりだけでなく、時には日中の仕事姿以外を見たいという気持ちも出てきますから、休みを取る必要があります。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

違う会社であれば、日程を合わせてそれぞれが休みを取得すれば済みますが、同じ職場なので、同じ日に欠勤することが何度も重なると、疑われるのも必然です。

有休消化や振り替え休日は、大抵人と重ならないように予定を組みます。

そのため、二人も休んでいると目立ってしまうのです。

一度なら、偶然と言っても通りますが、いくら間隔を開けたとしても回数が重なってくると、「わざと日にちを合わせている」と気が付きます。

休日デートを見かけてしまう

有給取得を合せずに、休日にどうにか都合をつけてデートをしたとしても、誰かに見られてしまったことがきっかけでバレてしまう事もあります。

誰かに見られてはいけないと分かってはいるため、もちろん職場の近くや既婚者の生活圏内でデートをすることは避けるところですが、思わぬ場面を見られてしまう事もあるものです。

待ち合わせている瞬間を誰かに見られたり、安全圏だと思っている場所でバッタリ知り合いに出くわしたりと、「不運だ」と思ってしまうような出来事が起きてしまいます。

隠し事をしようとするほど、運命のいたずらか、どうしてもモレてしまうのはよくある事。

家族と離れている事で、パートナーにも自由な時間があって動いているわけですので、「うちの車がある」「あの後姿は、夫だ」と、正面から出くわさなくても気配程度でバレてしまいます。

同じ会社の人、友人、妻の知り合いなど、結婚している事実も顏も知っている人は少なくないはずです。

誰かに見られて、その瞬間は勘違いだと思ってもらえたとしても、「先週の日曜日、知らない人と一緒にいたけど、親戚かな?」と確認されることがきっかけでバレてしまう事もあります。

話しているときの表情が明るい

会社の中にいて、話をしている時の表情でも関係性がバレてしまいます。

仕事関係の人と話をしていても、多くの場合は同僚としての顔を見せているものです。

談笑していたとしても、あくまで社会人同士の大人の会話の一部。

相手が恋人となると、一気に表情が変わります。

柔らかさが出てきて、目がハートに見えてしまうほどです。

会話の内容は、何でもない事なのに、何がそんなに面白いのか不思議に思えるくらい嬉しそうな表情を見せていると、「完全に好きだよね」と分かってしまいます。

片思いか両想いかは、双方の表情を見比べてみると分かるものです。

既婚者に対して片思いをするケースもありますが、そんな時には全く相手にしていない顔をしているはず。

笑ってはいても、社内の人の域を出る事はありません。

お互いに微笑みあい、テンションも高くやり取りをしている中に、優しさが見える時、噂される原因となるところです。

社内不倫のリスク

慰謝料の請求

不倫は法律違反ですので、バレてしまえば慰謝料を請求されるというリスクがあります。

お金で解決すればいいという問題ではありませんが、金銭的負担がかかってくるのは、非常に精神的にも大きなダメージです。

不倫で慰謝料を請求される時には、しっかりと証拠を集められているケースとなります。

同じ会社の中ですから、仕事での関わりかプライベートで仲が良いだけなのかは、一見するだけでは分かりません。

しかし、証拠集めをするのは大抵の場合、プロです。

同じ会社である方が、それぞれの日中から偵察する手間が減り、証拠集めをしやすい状況と言えます。

いくら仕事の範疇との判断が難しいとはいえ、夜中まで日々繰り返し会っていれば、すぐに現場を押さえる事は出来るものです。

同僚や同じ部署の上下関係で、ホテルに行く事はありませんから。

慰謝料の請求は、不倫の事実から3年以内は可能です。

「すぐに終わった関係だから、今さら怖いものはない」と思っていたら大間違いと言えます。

数回の関係でも、証拠が残っていれば慰謝料を求められる可能性があり、一般的には離婚を伴う場合で100万円から300万円ほどが相場です。

離婚をしなくても、50万円から100万円とされていますので、リスクは非常に大きくなります。

離婚の要求

抱えやすい問題と離婚率2

不倫が発覚した時には、当然配偶者から離婚を申し出られる可能性があります。

自身が既婚者であれば、家庭を失う覚悟をしなければいけません。

子供がいるなら、親権をパートナーにもたれる可能性が高いですので、一緒に暮らせなくなりますし、養育費の支払いも課せられます。

不倫相手が結婚しているケースでは、勝手に離婚する分にはあまり関係がないと思う人もいるかも知れませんが、好きな人の居場所を奪ってしまう怖さを想像すれば、どれだけのリスクか分かるはずです。

自分が原因で、相手の家族をバラバラにし、激しい修羅場があったことも容易に想像できますし、パートナーを傷つけてしまったことが身に沁みます。

「私が、あの家族を壊してしまった」と後悔しても、失われた居場所は元通りになる事はないのです。

離婚したからと言って、結婚する覚悟があるのかと問われれば、そこまでの勇気はモテないと言う人も多いもの。

結局、何も残らないという結果になります。

終わらせ方は、こちらから上手くいく方法を学んでおくとリスク計算まで出来るようになるので、読んでみてくださいね。

職場の同僚や部下からの信用低下

同じ企業内ですから、二人の事を知っている同僚や部下などから、信用されなくなってしまいます。

不倫を肯定的に捉えている人は、一般的にはほとんどいないと言っても過言ではないはずです。

仕事は、信頼のやりとりを行っている場ですから、婚姻関係にある状態なのに、パートナーを裏切っていた事実や、既婚者と分かっていながら身を引くことが出来なかった身勝手さで、信用度が無くなります。

人間としての在り方も問われるほど、重く受け止められるのが普通です。

「ただ好きになった人が、先に結婚していただけ」と不倫をするカップルはよく言いますが、周りからすると関係ありません。

制御するのが大人であり、多くの人は既婚者を好きにならないし、結婚すればパートナーを一番大事にするのが普通だというのが常識だからです。

「大事な仕事を任せても、裏切られるかもしれない」「影で何をしているか分からない人にお願いできない」と今まで行っていた仕事さえも、関わらせてもらえなくなります。

会社からの信用低下

会社そのものから、信用を失ってしまうリスクは非常に大きいです。

人のうわさは、あっという間に広がります。

社内でのご法度の恋愛ほど、恰好のネタはないはずです。

「○○さんと××さんは、不倫をしているらしい」という噂は、すぐに上層部にまで広がり、「このままにしておくわけにはいかない」という状態になります。

同じ部署に倫理違反を犯す人間を一緒に置いておくのは、周囲の社員の士気も下がりますし、取引先に知られれば会社の信用も下がるからです。

運が良ければ遠くの勤務地に転勤、最悪の場合は退職を迫られるというケースもあります。

不倫をするということは、嘘を吐ける人間だという事。

当然、仕事内容もどこまで誠実に取り組んでいたか、疑われてしまいます。

数字関連を始め、取引先との状態、社内の評価、人間関係の構築など、様々な面で査定されるはずです。

いい加減にしていた人は、「不倫をしていてもおかしくない」とレッテルを貼られ、まともに見てはもらえなくなりますし、逆に、とても真面目で周囲からの評判もいい人であれば「まさか、あの人が」と今までの好印象ががた落ちとなります。

特に、上司との関係は非常に危険が伴いますから、以下の記事からしっかりと学んでおきましょう。

退職に追いやられ転職先が決まらない

先ほどもご紹介したように、不倫が発覚した事で退職に追いやられることも珍しくありませんが、その先も大変な未来が待っています。

一度、揉め事で退職を経験していると、次の就職先が決まりにくいというケースがあるのです。

若い人であれば、仕事を辞めた理由が「一身上の都合」となっていても、「根気がないのかな」と思われて終わりですが、年齢を重ねていたり、勤務年数が長かったりすると、「どうして辞めたの?」と深堀されて聞かれます。

理由を明かさなければいけないことはありませんが、隠し事があればその時点で「信用に値しない」とされますし、正直に「恋愛でトラブルがありました」と言えばいいという問題でもありません。

適当に嘘を吐いたとしても、違和感を与えれば同じように「どこか信用しきれない」と思われます。

採用を担当している人事の人は、見る目が養われていますから、誠実かどうかはすぐにわかるはずです。

社内不倫をバレないようにする方法

社内で必要以上にコンタクトを取らない

社内では、必要以上にコンタクトを取らない様にしておくことが、バレないコツです。

先ほどもありましたように、あまりにもヨソヨソしくなってしまうと、これもバレる原因となりますので、程よい匙加減が大事になります。

目で追いかけるのもNGです。

誰にも見られていないと思っていても、案外、秘密事というのはバレるもの。

無意識の時ほど、目で追いかけてしまったり、電話の取次ぎでウキウキしたりしている状態になっていますので、知らない間に周りの人から見られています。

学生と違い、仕事の効率を上げるための休憩はそれぞれ自由にとれるのが社会です。

自由だからといって、しょっちゅう話しかけに行ったり、休憩のお茶に誘ったりしていれば、目に付くのも当然。

仕事のやり取りですらバレてしまう可能性がある事を念頭において、必要以上のコンタクトは避け、かといって頑なに関わらないように避けて過ごすのも無理がありますから、他の人と同じを目指すべきです。

自分が、他の人にどう接しているのかに目を向けて、同じような態度にしましょう。

一緒の日に休みを取らない

休みは、一緒にとってはいけません。

なかなか休日に会う事は出来ませんが、かといって同じ日に休みを取ってしまうと、前項であったように、すぐ他の人から怪しまれます。

勘のいい人は、一度の休みでさえピンとくるほどです。

一度目に誰にも何も言われなかったら、人間は「成功した」と思って、繰り返すもの。

想像しても分かるように、繰り返すと緩みが出てしまい、バレてしまうケースが多いので、最初からチャレンジしないことが無難です。

休日の一致を上手く誰にも察知されなかったとしても、誰かとの会話の時にデートの事を何気なく話していると「似たようなことを聞いたぞ」と一致してしまうことがあります。

本人同士は、相手の名前を言っていないからバレないであろうと思っていても、聞いている側は、「もしかして一緒にいたのかな」と察知してしまうのです。

一生懸命隠していても、楽しかったことは誰かに話したいし、経験した事は「いつ、誰と」の情報がなかったら言ってもいいと思ってしまいがちなので、些細なところから知られてしまいます。

お揃いはNG

不倫ではありえないと思われがちですが、意外と多いのがお揃いのアイテムでバレる事ですので、ペアものは絶対にNGです。

全く同じデザインでなくても、ペアものは共通点がありますから、似ている雰囲気が醸し出されるもの。

結婚している人は、パートナーと結婚指輪というペアリングをしていますから、少しでも心の繋がりを証明したい気持ちから、お揃いのアイテムを持ちたい願望が育ちます。

アクセサリーは目立ちますから、ボールペンや文房具などで、本人たちだけが楽しめるお揃いアイテムを持っていても、同じ空間の中で使っている人がいれば、気が付くところです。

たった一つのアイテムなら、偶然で済むものもありますが、秘密でお揃いを持つと、少しずつでも増やしていきたくなるのが恋人心理。

「これなら気づかれない」と思って厳選しているつもりでも、ペアが増えていくとやはり目立ってきます。

パッと見では分からないところで、ハンカチやファイル、パワーストーンやお守りなども、心の中で「一緒」と思っている意識次第で、気が付かれることもありますから、細心の注意が必要です。

誰にも話さない

不倫関係ですから、誰にも話さないことが原則です。

誰にも言えないからこそ、心から信用している人に相談してしまうのが、不倫でもあります。

「誰にも言わないでね」と前置きをしていたとして、話を聞く側も秘密にしておくつもりでも、その人が目で二人の事を観察して追いかけていたり、心配してヒソヒソと質問を投げかけたりしている姿をまたほかの誰かが見ていることもあるのです。

憶測を立てていて本当の事を知られてしまうギリギリの人と、事実を知っている人とでは、全く意味が違います。

二人の関係を知っている人は、やはり大事な友達が傷つきはしないか、家庭を壊してしまわないか心配をするモノです。

言葉に出さなくても、不安を抱えている人がさらに増えるということ。

ネガティブなエネルギーが、周囲に不穏な空気を与えます。

本当に困った時に相談できる相手がいるのは、心強いところですが、同じ社内だからこそリスクを最小限にするためには、一人でも知っている人がいない状態をキープする事です。

社外で会うときは職場から遠いところで会う

会社の外で会う時には、最低限社員に見られないところを選ぶべきです。

同じ場所を出発して、同じ目的地に行くのですから、なるべく近い所で合流しておきたい所。

特に、徒歩で行ける圏内で待ち合わせをして、身を隠せる場所に入ることを考えることが多くあります。

ただし、会社の外とはいえ、社員がどこにいるかはわかりません。

夜、暗くても、知っている人であれば何となくわかるものです。

職場の近くで車を止めておいて乗り込んだとしても、ドアを開ける瞬間を誰かに見られるかもしれませんし、密室だから大丈夫と思っていても、助手席に乗っている姿は目立ちますから、パッと見ただけでも分かってしまいます。

コンビニエンスストアに立ち寄るだけでも、知り合いに見られたら疑問を持たれるケースもあるところです。

待ち合わせ自体を職場から離れたところに設定しておけば、知り合いに遭遇する確率も下がりますし、後姿や話をしている様子を遠くから目撃されることも減らせます。

社内不倫はリスクあり!やめられるならやめるべき!

社内不倫になぜハマってしまうのか、理解しようと思っても当事者でなければ、スリルや背徳感は想像だけでは分からないものです。

「止めたいのに止められない」と悩んでいるとしても、どれだけ大きなリスクがあるのかを分かったうえで、どこまで責任を負えるのかまで想像すると、簡単にウキウキとデートが出来なくなります。

やめられるものなら早急に別れることが、お互いのためにはベストです。

同じ職場だからこそ、恋愛関係になりやすい状況ではありますが、既婚者はいるべき場所に帰るのが自然と言い聞かせましょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2022】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事