職場で不倫関係が始まる条件とは?きっかけや仕事中の上手な接し方、仕事に支障が出ない終わらせ方
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

毎日出勤する職場に好きな人がいると、仕事もいつも以上に楽しく感じるものです。

しかし恋愛している相手が既婚者となると、周りに知られるわけにはいきません。

職場で不倫関係を持っている人であれば、これからも絶対にバレないようにするために、不倫中に気を付けなければいけないことや終わり方を知ることで、交際に際しても今以上に注意を払うことが出来るようになります。

そもそも職場で不倫関係が始まる条件とはなんなのか、知っておくと周りにバレないポイントにすることも出来るので、詳しくご紹介していきましょう。

不倫のきっかけや仕事中の上手な接し方もお伝えするので、不倫恋愛をしている最中に気を付けるための参考にしてくださいね。

「もう不倫はやめたい」「職場不倫は気を遣うから終わらせよう」と思うのであれば、仕事に支障が出ない終わらせ方を行動に移してみましょう。

恋愛をきっかけに仕事を辞めるとなると、次の就職も考えるとかなり勇気が必要になります。

周りにバレることなく、かといって気まずくなることもない終わらせ方で元通りの職場環境を取り戻してください。

目次

職場内で不倫関係を持つ事に抵抗がない男性のタイプ

女性と仲良くしたいタイプ

職場内で不倫関係を持つ事に抵抗がないのは、女性と仲良くしたいと思っているタイプの男性です。

男性の中でも、女性と話すことが苦手で職場ではあまり女性と話をすることがないタイプの人と、常に女性と話していることが好きで女性にちょっかいばかりかけるタイプの人といます。

女性と仲良くしたいタイプの男性は、女性と何でもないことを会話する事を職場での楽しみと感じているものです。

そのため、職場の女性の髪形の変化や雰囲気の変化、お天気のことや社会情勢のことなどなんでも話題として話しかけてきます。

モテたいという願望を持っている人もいますが、女性と何でもない会話をすることで仕事のストレスから解放されているという人もいて、そういう人にとって女の人とのコミュニケーションは癒しの一つです。

仕事のついでに「ネイルキレイだね」「今日は嬉しそうだけど何かいいことあったの?」など話しかけることが好きな男性は、多くの女性社員と仲良くなることも多く、恋愛に発展する事にも抵抗がありません。

会社と家庭の往復だけでプライベートの時間がないタイプ

職場内で不倫関係を持つ事に抵抗がないのは、会社と家庭の往復だけでプライベートの時間がないタイプの男性です。

社会人の男性は、仕事に本腰を入れるほどプライベートな時間を侵食されてしまいます。

女性と違い、男性にとっての仕事は人生そのもの。

特に既婚者の男性は、仕事をすることで家族を養わなければいけません。

仕事に対する責任感も人一倍大きいはずです。

仕事に没頭するほど、誰よりも早く出社して、誰よりも遅く退社するようになり、大切な家族が待つ家に帰るのは寝るためだけになってしまうことも、珍しくない話。

会社と家庭の往復だけの人生になっていれば、休日の楽しみもなく、仕事後の楽しみもなく、心を休める暇がないのです。

このタイプの男性は、職場の人と関わることがプライベートな時間でもあり、仲良くなることで束の間の休息時間を得ることになります。

仕事とプライベートの線引きがなくなり、職場内の女性と不倫になっていっても、自分にとって仕事のことを分かってくれている人と一緒にいる時間は、とても気持ちが楽だと感じるわけです。

趣味がなく友達も少ないタイプ

職場内で不倫関係を持つ事に抵抗がないのは、趣味がなく友達も少ないタイプの男性です。

趣味を持たない人というのは男女問わずいるもの。

趣味を持っていたり、友達が多い人というのは、仕事のストレスや気分転換をするためにも遊びに行ったり楽しいことに没頭することで、気持ちを切り替えることが出来ます。

また家族がいる既婚男性にとって、家族と遊びに行くことが楽しい時間とも言えますが、一方でストレスを抱える原因となることも珍しくありません。

仕事で気を使ってあれこれ頭を使って疲れているのに、子供の相手や妻の身の回りの閉鎖的な会話に付き合わされることは、「家族といることもストレス」と感じてしまう人もいます。

一人の時間を持つことが出来れば理想ですが、仕事と家庭を抱えている既婚男性にとってそんな時間を作る余裕もないので、常にストレスマックスの状態です。

そんな時、職場で親しくなった女性や優しくしてくれる人がいれば、唯一の楽しい時間を持つことが出来るようになります。

社内恋愛で結婚したタイプ

職場内で不倫関係を持つ事に抵抗がないのは、社内恋愛で結婚したタイプの男性です。

社内恋愛で結婚した既婚男性は、奥さんのことを知っている職場の同僚も多くなります。

妻が仕事を辞めていれば「最近奥さん元気?」と妻のことで声をかけられることもあり、また奥さんが現役で働いていれば職場公認の夫婦なので、家庭事情が筒抜けになっていることも珍しくないものです。

家庭があまり上手くいかなくなっても、相談する人や愚痴をこぼす相手が多くいるので、ついついプライベートなことを話してしまうことも…。

周囲の人が自分の家庭環境を知っている、妻を知っているという状況は、既婚男性にとって愚痴をこぼしやすい状態になるのです。

職場の人が夫婦不仲を知っていれば、元気を出してもらおうと誘われることも増えるし、飲み歩く機会が増えても不思議に思いません。

また妻のことを知っていることで、周りの女性と奥さんの話題で話をすることもあり、親しくなるきっかけが多くあります。

コミュニケーションをとることが上手で常に周りに人がいるタイプ

職場内で不倫関係を持つ事に抵抗がないのは、コミュニケーションをとることが上手で常に周りに人がいるタイプの男性です。

社交性の高い男性というのは、どんな人とでも仲良くなることが上手な人。

生粋の営業向きの体質の人だといえます。

老若男女問わず、仲良くなりあらゆる人と話を合わせることが上手です。

そのため、こういったコミュニケーション能力の高い男性は、人を喜ばすことも上手だといえます。

周りの人は「あの人の話は面白い」「彼と話をすると嬉しくなる」と感じるため、話をするためにどんどん集まってくるのです。

コミュニケーション上手な既婚男性の周りにいる人は、みんな彼に対して好意を持っている人。

あらゆる人から好意を持たれている人気の彼は、恋愛感情を持たれることも少なくありません。

彼の気持ち次第で、いつでも恋愛をすることが出来、恋愛相手もよりどりみどり。

ただ注目度が高い分、不倫をしてしまえばバレてしまうリスクも高いといえます。

秘密を隠し通す能力も高いので、周りの人からの人気を落とさないためにも不倫を隠すことに長けているわけです。

仕事の場である職場で不倫関係が始まるきっかけ

同じチームで移動も一緒

仕事の場でもある職場で不倫関係が始まるきっかけは、同じチームで移動も一緒になっている時です。

同じ職場の中でも、チームが違えば役割が違い、仕事内容も行動も全く異なります。

逆に同じチーム内の人間であれば、細かな業務内容はそれぞれ違うとしても、会社としての大きな役割としては同じとなり、会議や業務をする場所も同じです。

例えば、人事部や経営戦略部、建設系であれば土木部やリフォーム部など、部署ごとで会社としての役目を与えられています。

同じ部署の人であれば、「部署会議」も同じ、「現場下見」も一緒に移動、など常に行動を共にするものです。

すると、移動中にプライベートの会話をすることも増え、親密になるきっかけとなります。

チームのみんなと一緒の行動をしている中でも、気があう人同士で自然にペア行動になるのも普通のこと。

同じ部署の人が男女二人きりで動いていても、既婚者とは誰も恋愛に発展するとは疑いません。

上司と部下の関係でプライベートな話で盛り上がった

仕事の場でもある職場で不倫関係が始まるきっかけは、上司と部下の関係でプライベートな話で盛り上がった時です。

同じ職場の中でも上司と部下の関係は特別。

仕事内容をすべて把握し、アドバイスをし、業務の監督をする上司のことを部下は尊敬し、指示に従ううちに親しみを持っていきます。

上司側も、毎日仕事を通して部下のことを見ているうちに、長所も短所も見えてきて、情が湧いてくるものです。

仕事という共通項目を通して会話をする二人は、休憩がてら冗談を交えながらプライベートの会話で盛り上がることもあります。

プライベートの話をしていると、同じ趣味を持っていることが分かったり、休日に行ってみた場所が良かったと感想を伝えあったりと盛り上がるものです。

常に真剣に仕事の話をする相手と、プライベートの会話がもりあがったとき、思いがけず男性らしいところを発見したり、女性らしい部分を垣間見たりすることで恋愛感情が沸き起こり、不倫へと発展します。

お互いに好意を持っていることが雰囲気で分かっている二人の休憩時間

仕事の場でもある職場で不倫関係が始まるきっかけは、お互いに好意を持っていることが雰囲気で分かっている二人の休憩時間の時です。

職場は仕事をする場所。

それは誰もが知っていることですが、やはり人間が集まるところには、好意が生まれることもあり、既婚者であっても例外ではありません。

お互いに好意を持っている二人は、雰囲気で両思いだと気が付くこともあり、理性で「これ以上近づいたら後戻りできなくなる」「不倫はダメだ」と自制しています。

しかし、仕事の合間の休憩時間に緊張感が抜けた瞬間に本音が出てくるもの。

デスクにいる間は、仕事の緊張感と共に理性を保つことが出来ますが、休憩時間に別部屋に行ったり、カフェスペースなどに行ったりすれば、頭は仕事から切り離されます。

思いがけず二人きりになることがあれば、デートの約束をしてしまうこともあり、不倫に発展していくのです。

お互いの好意に気が付いている時に二人きり、しかもデスクから離れていればそれは社内であってもデートと変わりない状況。

「この後、どっか行く?」と言葉少なく言っても、恋愛の始まりだと察します。

職場の飲み会で急接近

仕事の場でもある職場で不倫関係が始まるきっかけは、職場の飲み会で急接近した時です。

やはり職場の交流である飲み会は、男女の交流も促してしまいます。

お酒が入ると理性が崩れやすくなり、「既婚者だからあまり親しくなったらいけない」と距離感を離すよう意識したり、「結婚している人と話していると誤解されたら困る」と自分の身を守るために気を付けたりする気持ちも薄くなってしまうものです。

職場内の交流を深めることは、業務内容をスムーズに進めるためにも、職場の風通しを良くして新しい意見を吸い出したりするためには、とても有効な手段と言えます。

しかし、社会人の前に男女である人々にとって、お酒は理性を失うものでもあり、恋愛を助長させる手段ともなってしまうわけです。

お酒の席では普段話さないような人と仲良くなることもあり、プライベートな内容も暴露してしまいがち。

少しエッチな会話も、お酒の勢いで許されることもしばしばあります。

会社の飲み会でも、男女の雰囲気が盛り上がりそのまま別の場所に抜け出し不倫に発展するのです。

話の流れからプライベートで遊びに行く

仕事の場でもある職場で不倫関係が始まるきっかけは、話の流れからプライベートで遊びに行くことになった時です。

職場の人とは仕事の話しかしない、というのは幻想。

毎日顔を合わせていれば、お互いの好きな食べ物や好みや性格まで把握していくものです。

中でも趣味の話で盛り上がる相手であれば、既婚者であっても情報交換がコミュニケーションの重要な割合を占めていきます。

例えば美味しいご飯屋さん巡りが好きな人同士だと、「この前話したお店行ってみましたよ」「あの店は味はいいけど店員の接客がいまいちだった」などお店について情報を伝えあうことが出来るもの。

またシーズンものの遊びが趣味の人同士であれば、「そろそろサーフィンの時期だね」「今何釣りに行ってるの?」「今年もいい雪が降るかな」など趣味の話で盛り上がります。

趣味や好みが同じで話が盛り上がると、「一緒に行ってみよう」という流れになることも多く、プライベートで関わることが増えるほど距離感が近くなり不倫へと発展するのです。

同僚から男女の関係へ…社内不倫が始まりやすい条件

二人きりの空間

同僚だったはずなのに男女の関係へと社内不倫が始まってしまう条件として、二人きりの空間になるというものがあります。

多くの人が務める会社の中で、二人きりになる瞬間は少ないものです。

どこに行っても人の目があるので、恋愛どうこうの前に「あまり仕事に関係のない話をするとサボっていると思われる」という自制心が働き、仕事をこなすことに集中します。

しかし、ふとした瞬間に二人きりになると途端に、異性を意識してしまうところです。

「気まずい」「この人こんなに大きな背中だったかな」と異性として見てしまうことで、業務中に感じる事のなかった感情が芽生えます。

会議の準備や片付け、現場に早く到着して待つことになった、休憩している時になぜか人が一気にいなくなった、などふいに二人きりになったとき、急にドキドキしてしまうのは恋愛のセオリーです。

仕事とプライベートにギャップがある

同僚だったはずなのに男女の関係へと社内不倫が始まってしまう条件として、仕事とプライベートにギャップがあるというものがあります。

仕事をしている時、男性は一様に凛々しく見えるものです。

真剣なまなざしでパソコンに向かっている姿は、まさに”出来る男”そのもの。

男の人は女の人と違い、一つのことを始めるとすさまじい集中力を発揮します。

「仕事をしている姿が素敵だな」と思っている人とひとたび話をしてみると、色々なことを知っていて、とても気さくでユーモアがある人だということが分かれば、一気に印象が変わるわけです。

仕事の顔とプライベートの顔、どちらも違う魅力がある姿を見ることが出来れば、恋愛も急展開を見せます。

普段も真面目かと思っている人が、意外にも天然なところがあるなどカワイイ一面を見つけると、女性の心は奪われるものです。

その印象は逆も然り。

細かいところまで仕事が行き届いている女性社員が、実はプライベートで自分のことには無頓着でカワイイところを見てしまえば、男性の心は奪われ、不倫になりやすいのです。

プライベートのことを深く知る

同僚だったはずなのに男女の関係へと社内不倫が始まってしまう条件として、プライベートのことを深く知るというものがあります。

ただの同僚だけであれば、プライベートのことをあれこれ話をすることはありません。

ましてや既婚者の家庭のことなど、べらべらと他人に話をする男性は少ないものです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

ただ、いくら同僚であってもプライベートで辛いことや悲しいことがあれば、「ちょっと話を聞いてほしい」と思うこともあり、毎日職場で顔を合わせている人だからこそ、私生活で何か問題が起きれば雰囲気を見ただけで「様子がおかしい」と気が付きます。

同じ職場の仲間として、悩みを抱えている人を見過ごすことは出来ず、悩みを聞いていくうちにプライベートのことを深く知ることになり、放っておけなくなるわけです。

また逆に趣味や楽しい話でプライベートを深く知ることでも、「もっと知りたい」「話をたくさんしたい」という感情を引き寄せるので、親しくなりやすくなり不倫関係に発展しやすくなる条件となります。

既婚男性が家庭生活に不満を持っている

同僚だったはずなのに男女の関係へと社内不倫が始まってしまう条件として、既婚男性が家庭に不満を持っているというものがあります。

不倫が始まる条件として欠かせないのが、既婚男性の家庭環境です。

既婚者が家庭に何も不満を持っていないどころか、幸せそのものであればどれだけ男性にアプローチをしても一切なびくことはありません。

それどころか、ラブラブの夫婦関係を普段から職場の仲間に自慢をするので、周りの女性は取り付く島もない状態です。

一方、家庭生活に不満を持っている既婚男性は、その様子を社内で話すことはなく、家族の話を聞き出そうとしても詳しいことを話そうとしてくれないもの。

家族や奥さんの話をしたがらないことで、その分目の前にいる人との会話を重要視します。

周りの女性から好意を持たれても、拒否することなく「家に帰らなくてもいい理由が出来る」と不倫関係を喜んで受け入れるわけです。

一緒に行動しても不審がられない関係

同僚だったはずなのに男女の関係へと社内不倫が始まってしまう条件として、一緒に行動しても不審がられない関係というものがあります。

いくら同じ職場だと言っても、全く関わりのない部署の人同士が頻繁に会話をしていると、周りの人も「何であの二人が仲いいのかな」「仕事で関わらないのに何の話をしているんだろう」と疑問に思ってしまうものです。

不倫に発展する条件としては、常に話をしやすい環境にある、話をしていての周りの人から何も疑問を持たれない関係にある人、というものになります。

例えば同じ部署の人、上司と部下、営業マンとそれを受けて仕事をするクリエイティブな分野の人、など会話をすることで仕事を進めることが出来る関係の人。

仕事の話をする頻度の高い人ほど、プライベートに介入する機会も多く、親交を深めようとする気持ちも大きくなります。

周りの人から疑われるような人と、わざわざ不倫をする人はいないはず。

不倫を始める条件としては、「不倫を始めやすい人」という関係が必要になります。

仕事中、上司や会社の人には決して分からないように不倫相手と接する方法

職場にいる間はどんな会話でも全て敬語を使う

仕事中に上司や会社の人には決して分からないように不倫相手と接する方法は、職場にいる間はどんな会話でも全て敬語を使うことが挙げられます。

職場内で敬語を使う人というのは、社会人としてマナーを心得ているとして好印象を与えるものです。

どんなに親しくなった人とでも、敬語で話をすることで「私は一線を引いて接していますよ」というアピールにもなります。

特に相手は既婚者の人。

急に慣れ慣れしくなったり、タメ口になったりすれば「なんでいきなりあんなに親しくなっているのか」「二人は親密すぎないか」と怪しまれて当然です。

上司や会社の人にバレないようにするには、どんな話の内容であっても敬語で話すことがベストと言えます。

例え、会社の人数名と仕事と関係のない話をしている時でも、徹底して敬語を使いましょう。

敬語を使うことで、あなたの中で「バレてはいけない」という意識が常に働くことになります。

タメ口になってしまえば、意識しているつもりでもボロが出てしまうものです。

どれだけ盛り上がっても、「一線を引いていますよ」というアピールを欠かさず行うようにします。

仕事の会話以外は一切しない

仕事中に上司や会社の人には決して分からないように不倫相手と接する方法は、仕事の会話以外は一切しないことが挙げられます。

同じ会社の人と不倫をするのなら、絶対にバレないようにするためには一切仕事以外の会話をしないことが、やはりベストです。

仕事以外の会話をしていると「このくらいではバレないだろう」と思っていることが、周りには不自然に思えたり、「ご飯ぐらい行くでしょ」とデート内容を”同僚とのご飯”と話をすり替えていても、周りの人には「この二人おかしいぞ」と思われても仕方のない会話となったりします。

上司や会社の人にバレないように不倫相手と接するには、とにかくしゃべらない。

目も合わせない、一切見ない、と言葉だけでなく行動や態度にも意識を向けて、徹底しておくべきです。

ちょっとしたミスから会社の人にバレてしまえば、言い逃れ出来なくなってしまいます。

感情を表情に出さない

仕事中に上司や会社の人には決して分からないように不倫相手と接する方法は、感情を表情に絶対出さないことが挙げられます。

不倫恋愛を始めると、今まで気にしなかったことが全て気になり始めるものです。

例えば、他の女性社員とも多く話している人だった、話しているだけならまだしもボディタッチもする人だった、仕事中にセクハラ発言をする人だった、などあなた自身が恋愛に発展したきっかけを他の人にも行っていることが目に付くようになります。

「話の上手な人だな」「優しい人」と思っていたのに、いろんなことが見え始めると、急に嫉妬を感じてしまうことも。

また、大好きな人と同じ職場で働いていることに対して喜びが生まれ、愛しさから無意識に視線が彼を追いかけていることもあるはずです。

しかしこれらの嫉妬や愛しさは、周りの人から見れば違和感でしかありません。

「なんであんなに起こった表情をしているの」「あの視線の意味は何だろう」と少しの疑惑から、観察される日々が始まります。

一度疑問を持たれてしまうと、不倫関係がバレてしまうのも時間の問題です。

連絡を入れたいときにはトイレに隠れてメールかライン

仕事中に上司や会社の人には決して分からないように不倫相手と接する方法は、連絡を入れたいときには、トイレに隠れてメールかラインをすることが挙げられます。

社内不倫にありがちな連絡方法は、仕事の資料と一緒にメモを渡したり、社内メールを使って秘密裏に連絡を送ったりする方法です。

しかし、これらはリスクも伴う連絡手段。

そうはいってもデートの日にちが決まっていなくて、「今日は仕事早く終われそう。彼もそのはず」と思っている時に連絡がとれなかったら、自宅に帰られてしまう可能性があり、心はモヤモヤしてしまいます。

こんな時は、すばやくトイレに隠れてメールやラインを入れて連絡を取るようにしましょう。

連絡を入れる姿を人に見られることはNGです。

あなたがスマホを取ってメールを送った矢先に、不倫相手のスマホが鳴れば気が付く人は気が付きます。

また、トイレに隠れて電話もNG。

誰かに声を聴かれてしまえば、中にいる人はもちろん誰と会話をしているのかまで推測されてバレてしまう可能性があるからです。

同じ日に休みたいときには申請日を大幅にずらす

仕事中に上司や会社の人には決して分からないように不倫相手と接する方法は、デートのために同じ日に休みたいときには、休日の申請日をお互い大幅にずらすことが挙げられます。

不倫恋愛をしていると、どうしても「定時後のデートだけじゃ時間が足りない」「たまには二人で家族を気にせずゆっくりしたい」と思うこともあって当然です。

不倫関係でお泊りはタブーとされていますが、こっそりお泊りデートをしているカップルも実は多くいます。

同じ会社であれば、同じ日に有休をとるだけでもリスクを伴います。

ましてや同じ日に「有休ください」と言えば、疑惑が生まれてしまうはずです。

同じ日に休むのなら、少なくとも1カ月前には日程を決めて、一人はすぐに休日を申請し、もう一人は2週間以上空けてから休日申請を出しましょう。

そうすることで、休む日が同じであっても理由が違えば、二人が一緒に出掛けるとは思われずにすみます。

バレるのも気まずくなるのもNG!仕事に支障が出ない不倫の終わらせ方

嘘でも家庭を応援する形で身を引いたようにする

仕事に支障が出ない不倫の終わらせ方は、例え嘘でも家庭を応援する形で身を引いたようにすることです。

職場での不倫で別れた後、周りにバレてしまうのも気まずくなるのも避けたいもの。

一番平穏で、納得してもらえる別れ方は、既婚者にとって家族といることが一番の幸せだと諭すことです。

「あなたのことを好きになってしまったけど、やっぱり一生を共にするって決意した人と一緒にいるべき」「あなたを夫として父親として必要としてくれている人といることが幸せなんだよ」と辛い気持ちを抑えながら身を引く覚悟を伝えること。

あなたの決死の覚悟を受けて「彼女の決意を無駄にするわけにはいかない」と納得してくれ、美しい別れ方をすることが出来ます。

彼は家族の元に帰り、あなたは今まで通りの会社での過ごし方を手に入れることが可能なのです。

ただ、「相手の家族なんてどうでもいい」と思っていたとしても、別れ方に重点を置きたいのであれば、ここはぐっと我慢。

嘘も方便というように、あなたの今後のために思ってもいないことであっても、家族を応援すると伝えておきましょう。

不倫のデメリットである秘密にすることに疲れたと伝える

仕事に支障が出ない不倫の終わらせ方は、不倫のデメリットである「秘密にすることに疲れた」と伝えることです。

不倫をしていると必ず守らなければいけないルールは、「周りにバレないこと」であり、「二人の関係を秘密にしなければいけないこと」となります。

しかし、大好きな人と一緒にいることを誰にも知られないようにするには、なかなかの苦労が伴うものです。

デートがある日でも周りから誘われることもあれば、彼氏がいないと言い続けなければいけない割に彼氏の話は出来ない、待ち合わせをしている姿はもちろんデートをしている姿も見られてはいけない、など常に緊張感を持っていなければ職場の人との不倫は成り立ちません。

不倫をしている女性にとって、恋愛をひたかくしにすることはストレスそのもの。

「いつも待ってばっかりで嫌だ」「私だって堂々と恋愛したい」と思う気持ちが爆発したと伝えましょう。

既婚者の彼にとって、あなたの訴えはどうすることも出来ないことです。

納得して受け入れるしかできないはずなので、気まずくなることもない終わり方となります。

リスクの恐怖を改めて伝える

仕事に支障が出ない不倫の終わらせ方は、リスクの恐怖を改めて伝えることです。

不倫恋愛をしていると、最初は不倫のリスクのことを頭に入れて常に気を付けている状態であっても、交際期間が長くなってくるといつのまにか緊張感がなくなってしまいます。

いけないと分かってはいても、つい職場でデートの約束をこっそり会話してしまっていたり、飲み会でいつも隣の席をキープしてしまっていたり、と実は周りの人は不倫していると勘づいているということも少なくありません。

これでは、いつ大事に発展してもおかしくない状態です。

別れる決意を固めたのであれば、お互いのために別れるという言い方をすることで、気まずくならず関係を終わらせることができます。

職場の同僚である二人が不倫をすることが、いかにリスクの高いことなのかとことん伝えていきましょう。

「もう忘れちゃってるかもしれないけど、リスクはなくならないからね」と改めて伝えることで、「慣れてしまっていることが危険だね」と別れることに納得してくれます。

プライベートを充実させて空き時間を減らしていく

仕事に支障が出ない不倫の終わらせ方は、プライベートを充実させて空き時間を減らしていくことです。

不倫をするときには、少なくともあなたに不倫をする時間が必要となります。

それは仕事でもプライベートでもない、とてもグレーな時間。

悪い言い方をすれば”暇な時間”と言えます。

職場の不倫を終わらせたい、けど気まずくなることも別れる事で周囲にバレることも避けたいと思っているのなら、彼からの興味をなくすことに全力を尽くしましょう。

既婚者である彼は、あなたに興味を持っているから家庭を裏切ってまで不倫をしています。

彼には帰る場所があるので、遠慮なく会えない時間を増やして大丈夫です。

やってみたかったことや、友達と遊ぶ時間などを増やしてプライベートを充実させていきましょう。

デートをする時間がなくなれば、「最近いくら誘っても忙しそうで構ってくれない」とあなたへの興味を失っていきます。

はっきりと別れを告げた後も必要な会話は続けて肉体関係を断つ

仕事に支障が出ない不倫の終わらせ方は、はっきりと別れを告げた後も必要な会話は続けて肉体関係を断つことです。

不倫関係でありがちな「ズルズル続く関係」は、思わず体の関係を許してしまうから。

きっぱりと別れを告げても、相手はそもそも妻帯者なので、何も状況は変わりません。

「また誘ったら来てくれるかな」「触りたい」という願望もすぐに行動に移してきます。

しかし、一切体を触らせてくれないどころか、全く肉体関係を望めない雰囲気を悟れば、相手も「不倫はもうできない」と諦めてくれます。

仕事に関しては一切態度を変えず、きちんと必要な会話を続けていることで、気まずい雰囲気になることは避けることが出来るのです。

あなたの毅然とした態度を見て、「仕事がちゃんと今まで通りできるなら、いいか」と職場の同僚としての関係に納得して、あなたのスタイルに合わせてくれるようになります。

職場で不倫関係が始まるのはプライベートが関係する

職場で不倫関係が始まるのは、単純に仕事でよく関わるからという理由だけではありません。

仕事でよく関わることはもちろん、既婚者と不倫相手との間にプライベートな会話や時間が増えていくことで不倫という危険な恋愛に足を踏み入れやすくなるのです。

プライベートな会話が増えるほど、仕事で見ていた一面とは違う面を見ることが出来、その分魅力を感じやすくなります。

既婚者とはいえ、毎日同じ職場で顔を合わせている人の性格や趣味、考え方まで知るうちにただの男女として関わるようになるもの。

逆にプライベートで関わっていることを周りの人に見せなければ、二人の関係はバレずに済みますね。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事