彼氏に傷付いた気持ちを伝える!正しく伝える方法&気持ちを話せる女子が愛される理由
あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット



あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット

宇宙が誕生したときから全ての記憶が眠っているとされる、アカシックレコード。「集合意識」や「宇宙の塊」とも呼ばれる存在で、この正解の過去の歴史・未来までもが全て記されているんです。

アカシックタロットは、タロットカードを用いてアカシックレコードにアクセスするリーディング方法。

誰もが知りたかった事実を、今読み解きます。

  • アカシックタロットを試す

  • 彼氏の何気ない一言に傷ついて、なんだかモヤモヤするといった経験をした人は案外多いです。

    男性はデリカシーがない!と彼女から批判される傾向があり、言った本人は全然無意識に話してる時、すごく悲しい思いをした…という可能性は十分にあります。

    ただ、何も言わずに1人で悲しんでても、彼氏に伝わりにくいため、自身の思いは伝えることが大切です。

    穏便に伝える方法や何気ない言葉に振り回されない方法をお伝えし、これからの彼氏との向き合い方の参考にしてみてください。

    目次

    こんなことをされる・言われると彼女が傷つく彼氏の言動

    「付き合い始めとだいぶ体型変わったなぁ」としみじみ言われる

    傷つく彼氏の言動1最愛の彼氏に自身が変化したことを言われればすごく悲しいものです。

    特に容姿の良し悪しを言われると、彼氏はマイナス要因的に自身を見ているのでは?とショックを受けます。

    体型が変わった=太ったね、と同義語で、彼氏がそんなつもりはなく素直に「ちょっとふっくらした?」程度の考えでも、彼女は「魅力が損なわれた」とすごく悲しいんです。

    例えば「あれ?胸大きくなった?」といった、体型の変化にせよアピールしやすい胸の大きさなら、マイナス評価にはなりません。

    男性はいつも具体性が不足した言葉を伝えたり、はっきりと言い過ぎるので、彼女が傷ついても気づかないことが多いです。

    変化はプラスに作用することも多いですが体型については「痩せたね」「肌きれいになった?」などの明らかに喜びやすいワードを選ばなくては、ほとんどがマイナス要素に受け取られます。

    この点は男の人がよく理解できない女心で、感情のズレがケンカを引き起こしたり、無闇に彼女が傷つき、距離感ができる結果を引き起こしがちです。

    しみじみ言われると、彼女は「ずっと思ってた?」と不安感が発生し、急に焦り出します。

    体型の変化を指摘されて、急激なダイエット、自信が喪失して笑顔がなくなるといった、メンタル的な影響もあり、彼氏から放たれた他愛ない一言が、その先の彼女の苦しみを引き起こすことが多いです。

    「前付き合ってた人はこうだったのに」とケンカの勢いで言う

    傷つく彼氏の言動2男女問わず、これだけは恋人に言ってはいけない言葉があります。

    それは他人、特に元恋人と比べる言葉です。

    女性も「元彼なら〇〇の時は〇〇してくれた」「元彼はもっと〇〇だった」など、すでに別れている人間と現在付き合っている人を比べて、優劣をつける人はよくいます。

    男の人はプライドが高い生き物で、彼女から前の男性と比べられ、ある意味燃え上がる人もいますが、多くの場合が嫌な気分になりやすく、女の子も同じです。

    「じゃ、前の彼女とより戻せば?」と言いたくなるのです。

    男性はプライドを折られても、案外復活するのにそこまで時間がかかりませんが、女性のプライドは折られるとそのまま元に戻らないこともよくあります。

    そうなると、結局彼氏と一緒にいる時間が苦痛に感じ、楽しく会話ができなくなるのです。

    基本的に男性は端的な言葉が多く、女性はもっと具体的な言葉を求めています。

    求めるものの違いは、非常に決定的な違いであり、元恋人と比較することは彼氏は「変わってほしい要望」と考えても、彼女は単純に「嫌味」「元カノの方が好きなんだ」とあらぬ方向に話を持って行きがちです。

    彼が彼女に何か変わってほしい部分があるのなら、どこを変えてほしいのかを明確に伝えてください。

    その際に、以前の恋人はこうだったじゃなくて、他の異性の名前も出さずにきちんと彼女と向き合う時間を作ることが必要です。

    いくらケンカをした勢いでも誰が言われても悲しいと思う、不快に感じる言い方はしてはいけません。

    呆れたように「言い訳ばっかりだね」という

    傷つく彼氏の言動3女の子は女友達との会話でもそうですが、比較的会話が「愚痴っぽくなる人」も多いです。

    同性間なら、思う存分話を聞いてくれて、何か的確なアドバイスをするわけでもなく、ただただ共感してくれることが基本といえます。

    男の人って取り止めもない会話が苦手な場合が多く、結論の出ない愚痴は単なる「言い訳」に感じます。

    そのため、ある程度話を聞いていたとしても最終的にはしびれを切らして「それで何か解決するの?いつも言い訳ばっかり言って、解決向けて行動してないじゃん」と呆れ顔で言う人は結構います。

    彼氏からみると、彼女は現状の不満ばかりを口にして行動はしないじゃんって思いやすいんです。

    一方、彼女は「何か解決したいわけじゃない」「現状はこのままで別にいいんだけど、ちょっと話を聞いて欲しかった」程度の感覚だったりします。

    もちろん、彼氏は真剣に話を聞いているからこそ、彼女ののらりくらりとした愚痴に対してアドバイスをしてあげたい、そのためにはカノジョがどうしたいのか知りたいと思い、少しきつい言い方をしているのです。

    彼女は真剣にただ話を聞いてもらうだけで十分で、正論をかざされるとすごく嫌…と思ってしまいます。

    言い訳、というワードは彼女がまるで能力が低く、誇示しているだけといった感覚に受け取られるため、あまり良い印象は受けません。

    いきなり彼氏から、自身を否定する言い方をされると、以降彼女は何も話せなくなるんです。

    多くは、結論やアドバイスが得たいわけではなく話を聞いてて、といった感情が根底にあり、手厳しい言葉は心が折れるだけなのです。

    彼女の意見に対して「どうでもいい」とそっけない

    傷つく彼氏の言動4カップルにあるガチなのは、彼女は一生懸命彼氏に相談をしたり、何気ない愚痴や他愛のない会話を楽しもうとするものです。

    一方で男性は喜怒哀楽の話を重点的にします。

    そのため、女の子でありがちな最初から自身の中に結論が出ている話、回答を求めていない相談は非常に苦手なのです。

    男の人って、頼られると「こうした方がいい」「君のこんなところを直すべき」など、厳しいと受け取られるような話でも彼女のことを思うが故に非常に強く言います。

    全て彼女の悩みが解決するように…という気持ちを込めているからこそなのですが、あまり伝わりません。

    なぜなら、女性はアドバイスがいらず、寄り添い共感してもらいたいからです。

    「○○で辛かったね。わかるよ」「僕がいるから」と、甘い態度を期待してるんです。

    彼氏側は必死に彼女の悩みを解決したい、笑顔を取り戻したいと思って厳しく言うので、そこで彼女から「ちょっと言い方きついよね…」と言われると、もうめんどくさくなるんです。

    その際、改めて彼女からとりとめのない相談を受けると「正直どうでもいんだけど」とジョークのみたいに言う男性は結構います。

    傷つけるつもりはない、と彼氏は考えてますが、明らかに彼女に対してあきらめの感情があり、言っているのです。

    そんな彼氏の気持ちは十分に彼女に伝わり、興味がない、適当だと実感し、傷つきます。

    そのほかにも、デート場所についても相談し合いながら決めるカップルがほとんどですが、その際に「別にどこでもいい」「任せる」と言うのも、彼女を傷つけるんです。

    全体的に恋人を雑に扱い、どうでもいい存在として受け取っている感覚に襲われます。

    友人を名指しで「あの子可愛いよね」と褒める

    傷つく彼氏の言動5恋人の友人を紹介してもらう、写真を見せてもらうことはよくありますが、その際に「この子かわいい」「めっちゃいいね」など、テンション高めに友達を褒められるとほとんどの女性のテンションは下がります。

    素直に言ってるだけ、と男の人は不思議に感じますが、あくまで恋人の1番になりたいのです。

    もちろん、言葉が少ないだけで友人よりも彼女が1番可愛いって思っている人の方が多いですが、そういった何気ない言葉は本心から言われた気になり、すごく女性は傷つきます。

    こうした傷つくポイントに関して、男性はあまり気付かず、知らぬ間に彼女が不機嫌になっているのだけど、なんで?とすら感じます。

    彼女が、自身よりも友人を「超イケメン!」「付き合う人がうらやましい」などなど言われると、あまり良い気分にならない男性も多いです。

    ここで「別に平気だし」と強がるのが男性、正直に「不愉快」と悲しむのが女性です。

    こうした感覚の違い、同じ意識でも態度の違いが男女には顕著に表れるので、理解し合うことが難しい部分といえます。

    友達を褒められてどうしてうれしくないの?とケンカの勢いで言ってくる場合もあり、その際は理解しない男性に女性はものすごくイラつくでしょう。

    同じ褒める行為でも、容姿を褒めるのではなくて例えば「気が利くね」「キレイ好きだね」といった単純な内面の誉め言葉くらいにとどめてもらえたら女性はイライラしません。

    1番は彼女自身のみを褒める、もしくは友人については全く評価をしないことが波風を立てない秘訣です。

    女の子は男の人よりも嫉妬深く、少しでも異性を褒める、好感を持つなどあれば「そっちに気持ちがいくのでは!?」と嫌な気分になります。

    あくまで、彼女が第一!といった雰囲気を男性は出してください。

    彼氏に傷ついた気持ちを伝える方法

    「傷ついた」と話をする

    彼氏に傷ついた気持ちを伝える方法1どれだけ悲しんだとしても、何も言わなければ彼氏に心の奥底を伝えることはできません。

    男性はノリや流れで特に深く考えることもなく彼女にひどいことを言う場合も多いので、無意識に飛び出したナイフをだしたつもりがないんです。

    そのため、きちんと会話をしなくては、彼女の心もモヤが晴れませんし、彼氏も全く彼女を傷つけた実感も意識も浮かばず結局また傷つけ合う可能性が高いです。

    自身の感情も彼氏の感情も、何も言わずとも伝わるという感覚は違います。

    愛情があれば、心がわかるはず!と思う人も多いですが、実際は他人同士なので黙ってわかることなんて一握りもありません。

    ただ、自身が傷ついた話を恋人にするとき、話すことで彼が傷ついてしまわないか?ケンカに発展しないか?と不安に感じる人も多いです。

    確かに言い方によってはケンカに発展し、険悪なムードになることも考えられます。

    もめごとに発展するのは多くの場合が、言い方に問題があったのだといえるんです。

    例えば「なんでそんな言い方するの?」「最低だよね、その言い方」など、明らかに嫌悪感をあらわにして伝えると彼氏もむっとして素直に謝罪することはできません。

    感情的になってはいけないのですが、あまりにも簡潔にまとめてしまうと言葉に感情が乗り合わずに結果的に「そんなに気にしなくていっか」と彼氏は考えを処理してしまいます。

    しっかりと気持ちを伝えるためには「この前の○○、私はすごく悲しかった」「あんな風に言うなんて、嫌われたのかと悩んだよ」と真剣さと悲しみを丁寧に伝えてみましょう。

    ストレートな感情が乗り合った言葉には、受けた時すごく精神的にズシンとくるのです。

    一番身近な味方を傷つけてしまったのだな…と心底伝わるはずなので、丁寧に心の内に抱えていたものをよく伝えてください。

    あくまで感情を伝えることに意識を向け、彼氏を責めない方が良いです。

    傷ついたことを話し、彼氏の意見を聞く

    彼氏に傷ついた気持ちを伝える方法2いろいろ言われて傷ついた時、私の思いを彼氏は聞くべき!とイメージします。

    もちろん、恋人を傷つけたため、彼氏はあなたの話を丁寧に真摯に受け止めなくてはいけません。

    一方で、彼氏に何を言ったっていじゃん、彼の話なんて聞く耳持たない!という意見は間違ってるのです。

    カレも彼女に対して思うことがあった、何の気なしに言った悪気のない一言、などあらゆる感情の背景があって言葉を紡いでいるのです。

    そういった話も聞かず、事情も知らずにただただ1つの言葉やその時々の態度に対して「最低だよ」「よくも傷つけた」など、呪詛の言葉を並べ立てても一向に改善はしません。

    むしろ、散弾銃のように巻き散らかされた心の渦は、彼氏に届いた時不愉快な感情が支配して恋人はあなたに見切りをつけるかもしれません。

    恐ろしい形相で詰め寄る彼女を見て、ドン引きする可能性も高く「そんな感じなら、この先の付き合いを考えるべきだな…」と距離があく可能性もあります。

    そうならないためにも、まずは自身が思うここが悲しかった、辛かったといった心の本音を彼氏にぶつけてみて、話した上で「あなたはどう思う?」「どうしてそんな言い方したの?」とカレの意識も確認してみてください。

    その際に「何も考えていなかった」「配慮がなかった」など、彼女を傷つけたと言う人も多いです。

    そんな時は「次からは気を付けてよー」と、明るく話を終えましょう。

    「ちゃんと思いやりもって接してよ!」などとさらに怒りを心頭させるような言い方をすると、彼氏もムキになって「そんなことで怒る必要ないだろ!」と逆ギレしてきます。

    そうなれば、もう一巻の終わりで話し合いは平行線のまま、結局何が言いたかったんだっけ?とすら思うような不毛なやりとりが発生するので、せっかく気持ちを伝えた意味がありません。

    思っていることを話すのであれば、正直さは持ちつつも彼氏の話を聞き、多少納得できない理由でも一度は飲み込む心の余白をもってください。

    主語は自分、責めずに話す

    彼氏に傷ついた気持ちを伝える方法2彼氏に心情を伝えたい、ひどい言い方を後悔して欲しいと思い、感情をぶつけようとする人はたくさんいます。

    確かに、男性は自身が言った言葉に責任を取らない、言った先の彼女がどんな気持ちなるのか想像するのが難しいです。

    感覚で話している時と心底感情をこめて言っている時とそれぞれあり、一概に全てを真に受けるのは疑問点が残りますが、だけど彼氏によって感情が沈められる衝撃が体中を包み、悲しみのどん底に突き落とします。

    そのため、彼氏に感情を伝える際に「あなたがこうしたから」「あなたがこんなことを言うから」など、主体が彼氏の言い方をする人が非常に多いです。

    あなたのせいですと言うのは当然では?と思うかもしれませんが、このような言い方だと男性のプライドを傷つけます。

    「悪気がないのにそこまで言われる筋合いはない!」「言いすぎだろ」とイライラし、口論に発展しやすいです。

    心の底では、自分の発言が彼女を傷つけてしまったことへの後悔を抱いてても、彼女から散々責め立てられる言い方をすれば、感情に火がつきます。

    そこで、素直にまずは「ごめんね」と言えたらいいのですが、売り言葉に買い言葉…といった感覚でケンカになります。

    そんな風にならないためにも、主体は自分自身にしてください。

    「私は、悲しい気持ちになった」「私は、こう受け取った」と話をして、その上で彼氏の本心を聞くようにしましょう。

    誰だって、悪いことをしても一方的・感情的に「あなたのせいだ」と責められるなら、素直に謝ろうと思っていたことも全てがパーになります。

    話がこじれる話し方をすると、結局あなたの言いたい感情を伝えられず、彼氏の感情も理解することが難しいまま…という状況になりかねません。

    「私は」どう思い、どう感じたのか、その点だけを意識して言葉を重ね、彼氏を責める・中傷するような言い方は避けてください。

    少しだけ距離を置いて冷静に言葉をまとめる

    彼氏に傷ついた気持ちを伝える方法3女の子は、感受性が豊かな人が多く、傷ついたとき、すぐに伝えようと思っても感情的になりすぎて泣いて会話にならない、怒りに任せて話し自身でもあまり言葉の制御が効かなくなることは多いです

    特に彼氏に対し、基本的には信頼して心の底から好きだという思いがあるからこそ、些細な言動に傷つきますし、愛してくれていない!と憤慨します。

    男性にはそんなつもりはなくても、受ける側の主観なのだ!と怒りに狂うことが多いんです。

    彼女の性格によっても全然違ってきますが、つい感情的になる、つい彼氏にきつく当たると性格上自負しているのであれば、悲しいこと言われても一旦は落ち着き言葉を飲み込んでください。

    思うがままに話すことでお互いが傷つく可能性が高いので、言葉よりも先に理性を働かせることがポイントです。

    言わずにいられない!と感情的な女性は思いますが、今話をしてしまえば恋人関係に亀裂が入る、より辛い状況が待っていると思えば、待てるはずでしょう。

    感情の揺れ動きを真正面から受け止めると、彼氏もすごく疲弊しますし、苦しい思いをすることも多いです。

    情熱的な感情のぶつけ合いは、ポジティブな面のみならOKですがネガティブな面をぶつけ合うとただただお互いが疲れ、傷つくだけなので、十分に注意することがとても大切になります。

    別にいいじゃん!と思ったとしても、お互い人間なのでどう受け取るのか?に関しては、個人差があると理解しておきましょう。

    期間限定
    復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

    もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

    「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

    「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

    と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

    ※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

    実は気持ちを話した方が愛される?その理由

    ポジティブ・ネガティブ問わず感情表現が豊かでかわいい

    実は気持ちを話した方が愛される?その理由1女の子って、本当に好きな人だからこそ「わがまま言っちゃいけない…」と思って感情に蓋をしようとするのです。

    裏側には「ねえ、わかってよ」という彼氏に頼る気持ちがあるからです。

    女の人は異性同性関係なく、表情の変化などから思いを読み取ることが非常に得意と言えます。

    一方で男の人は目の前に起きていること、今発せられている言葉だけが世界の全てです。

    こうした違いが出るのはなぜなのか、については脳の違いといえます。

    感受性を司る右脳、論理性を司る左脳というように、人間の脳は2つに分かれ、男女で脳の使い方が違うのです。

    男性は左脳、女性は右脳を主体的に使うため、まるで感覚が違います。

    ケンカをするとよくわかりますが、右脳をよく使う人は常に感情論で話を進めて行きますが、左脳をよく使う人は冷静に建設的な話を進めて行きます。

    この違いは、非常に決定的な違いで、お互いを「理解し難い存在」と認識しやすい原因でもあるのです。

    よく知られてますが、実際に恋人と感情の差が生まれると、仕方ない…という感覚よりもなんでかな?と疑問視することがほとんどです。

    彼氏は全然普通の話をしてる感覚が、彼女は「は?」「どういう意味?」と憤慨することも多いです。

    怒りとか悲しいって感情を隠しても、彼氏が彼女の気持ちに気づくことは来世以降もありません。

    右脳・左脳の違いから、男性は明確に伝えてもらえないと汲み取る能力は非常に低いのです。

    一方で女性は感覚に優れていて、気持ちは言わずとも伝わるはず!って信じています。

    こうしたすれ違いはお互いにストレスを感じ、一緒にいる時間が苦痛です。

    全ての感情を丁寧に説明すると、彼氏は手に取るように彼女の感情が伝わってきますし、繰り返しポジティブ・ネガティブどちらも聞いていれば、どんなことをしたら彼女が嫌がる、喜ぶといった傾向が理解できるので、関係性も良くなっていきます。

    カップルにとって、大事なことは我慢や配慮だけではなくてお互いを良く知り、傾向を把握することです。

    自身にまっすぐ純粋さを感じる

    実は気持ちを話した方が愛される?その理由2感情に素直で、ひねくれた表現をせずにまっすぐ教えてくれる女性って、男性にはない魅力を感じます。

    男の人はプライドがあるので、こう言ったらカッコ悪いとかこの言い方をしないとカッコがつかない、と自身を低く見せたり、素直になることに対してすごく抵抗感があるのです。

    女の人も察してほしい、言わないことが奥ゆかしさと思う人もたくさんいますが、自身の感情にストレートな人の方が好感を持ってもらいやすいといえます。

    コロコロ話が変わったり、その時々の気分で話が変わる人はどうしてもめんどくさいって気持ちになるものです。

    素直さとめんどくささは似て非なるもので、めんどくさいタイプは言葉に信憑性はなく、今の気分では嫌、という自分勝手な思いが先行しているため、本心なのかについて見極めが男性も難しいと言えます。

    一方、素直な感情を常にぶつけてくれる女性は、本心なのがすぐに彼氏も理解できるので「この子は純粋」と思います。

    似たような意味に取る人も多いですが、実際は全然違うので素直さとめんどくささの違いは見誤らないようにしてください。

    彼氏を本当に信頼していると思える

    実は気持ちを話した方が愛される?その理由3基本的に、自身の心に素直な人ってうそをつけません。

    時々わざと計算して素直さを装う女性も存在してるのですが、そういった計算は男性にすぐバレてしまいます。

    あくまで、本気で正直にというのが大事で、本心をぶつけ嘘をつかないことは、好きな思いがあるゆえにできる行動だと言えます。

    彼氏なら、信頼している人なら、本心を伝えても嫌われない、きっと受け止めてくれるのだという強い安心感から、感情を吐するのです。

    そんな恋人からの信頼感を強く感じ、全て本心だから真面目に受け取らないと!と思います。

    ここで大事なことは「可愛いと思われる」のは事実ですが、一方で「とにかく感情をぶつける」ことは別と理解します。

    思ったことを言えばいいのだ、と勘違いされやすいですが何も考えずに吐き出したことは、単純にマシンガンみたいにワードを羅列しているだけです。

    むしろ、配慮のない女性として嫌われてしまう可能性すら出てきます。

    信頼関係があるからこそ、彼女は彼氏に頼り、なんでも言いたくなりますが、自身を理解して欲しいが故のワードと相手への配慮に欠けたワードは全然違うので、同じ「伝える」のを目的でも、違いは理解しておいてください。

    駆け引きなしが心地よい

    実は気持ちを話した方が愛される?その理由4恋愛に関して、多くの男女が駆け引きをしています。

    すぐに連絡をすると彼氏が安心してしまう、ジェラシーは必要など、雑誌やいろんな情報から手に入れる恋愛の話は駆け引きを多用することで、彼氏の気持ちを引くことが可能、もしくは恋愛に熱情を入れられると思われています。

    確かに、ジェラシーや駆け引きなどは恋愛のスパイスになりますし、2人の関係を強固なものにすることも可能です。

    ただ、何度も何度も駆け引きを試されると男の人ってつかれてしまいます。

    駆け引きは、ある意味人の気持ちを揺さぶり感情を縛り付けることにもなるので、試されている気持ちになって嫌な感覚になるのです。

    素直じゃない女性、何も言わない女性は、駆け引きをしているつもりがなかったとしても、それだけ相手に期待値を課しているため、彼氏はめんどくさいって感じるようになります。

    逆に素直に感情をあらわにする彼女は、まっすぐ自分にぶつかってきてくれる印象があるので、すごく可愛いって思うのです。

    多くの女性は駆け引きをすることを正しい恋愛方法だ、と考えています。

    そういった感覚を男性も理解し、ある程度の駆け引きは必然と感じますが、全く駆け引きもせず純粋に愛情表現をするとか不快に思ったことについて明確に言ってくれる女性は新鮮さがあるのです。

    「今どきこんな子いるんだ」と思うことで、今までの誰よりも可愛いって思えますし、素直に話をしてもらえたらなんだか信頼されている気になるのです。

    相手が素直なら自分も素直になろうと感じられる

    実は気持ちを話した方が愛される?その理由5自身と相手が思うことがまるで一緒、とはなりません。

    むしろほとんどの感情が別々って場合が多いので、互いを理解しようと努力します。

    こうした感覚はポジティブに働けば、非常良い関係を築くことができますが、ネガティブに動くこともあるのです。

    例えば自身は全く怒りを感じていなくとも、彼氏や彼女が怒り口調で話してくるとだんだんとその怒りが浸透していき、なんだかケンカ腰になってしまいます。

    ポジティブな感情も浸透しますが、ネガティブな感情はもっと早く、強く浸透していくのです。

    普段から何も言わずに感情を隠している女性は、男性側から見た時に「何考えてるんだろう」「好きじゃないのかな」など、ミステリアスを通り越して、不可解な存在と捉えられてしまいます。

    一方で自分の気持ちをしっかりと伝えてくれるなら自分も見せよう!と考えるようになるのです。

    お互いが本心・本音で対話することができれば、信頼し合え、感情を共有することができます。

    大人同士なので、なかなか素直になるって難しいですが本当に愛している恋人ならわかりあうために話し合いをしようと考えるようになるのです。

    彼氏の言葉にいちいち傷つきたくない!心を強くする方法

    言葉は受け取り方次第だと理解しよう

    心を強くする方法1自身誰かに伝える・もらう、全てにおいて「意味がある…」と感じる人がほとんどです。

    ただ、意味というのは受け手と実際に発した側とで相違する可能性も十分にありえます。

    基本的に受け手がどう思うのかによって、まるで意味合いが変わってきてしまうので、ポジティブ・ネガティブどちらになるのかは結局自身が決めることなのだ、ということです。

    例えば、彼氏が「君の仕事は楽そう。俺なんか毎日大変だよ…」と言ってきたとします。

    その時に、「私だって忙しいのに!」と憤慨するのか、それとも「〇〇くんの仕事は大変そうだものね…。疲れてない?大丈夫?」と話の主軸を変化させていくのかによって、全然その後の会話が変わります。

    もちろん、自身の仕事だって大変だよ!と伝えたい心はわかりますが、そう言ってきた彼氏はもしかすると彼女に仕事の大変さを話したいのかもしれません。

    なので急にどうしたの?と聞き出してあげると、気配りのできる彼女だって思われます。

    逆にワードをそのままの意味合いで捉えて、怒り出すと空気が読めないと思われることだってあるのです。

    この点は非常に注意しなくてはいけない部分で、言葉のその先を汲み取るのは難しいですが、想像や妄想が行き過ぎると単純にお互いが嫌な思いをするだけなので、できる限り受け取り方には柔軟性を持たせるようにしてください。

    彼氏の本音かどうか別としてただの「コトバ」として認識する

    心を強くする方法2恋人からもらう言葉は魔法のようによくも悪くも自身の心を支配していきます。

    日頃の会話の中で発せられるワードは、言われた側はすごく重大な話をされた気になることも多いです。

    彼氏にするとちょっとしたジョークめいた気持ちでも、言われた彼女は言葉の裏の裏まで考えて落ち込んでしまいます。

    落ち込む彼女の姿を見て彼氏は「いやいや、何そんなに落ち込んでるの?」と困惑することも多いです。

    繊細な感性を持っている女性の多くは、言葉には深い意味があると考えているので、そこからはまるで呪文のように少しずつ少しずつ頭から離れない言葉として残ることもよくあります。

    ただ、よくよく理解しておいてほしいのはどんな言葉だとしても、全てに本音が組み込まれているのかは限らないってことです。

    感情と一緒に言葉は吐き出されるのだから、きちんと意味があるはず!ジョークなんて言わない!と女性は思いますが、男性って強がりなどから思ってもいないことを口にする可能性はあるんです。

    言ったあとに「違う違う、そういう意味じゃない」と心の中で慌てている場合も多く、深く彼女を傷つけたとなればまた焦りの気持ちが出てきます。

    できれば「また適当なこと言ってー」くらいに済ませてほしいところが、感受性が豊かな彼女の場合は真面目に悩んで苦しむものです。

    そこで、あなたができる対策とすれば「彼氏はただ、コトバを吐き出してるだけ。魂は入ってない」と思うことです。

    深く考えても無駄なのだと意識すると、彼氏が真面目に話している時とそうじゃない時の区別をつけることが可能です。

    なんで?どうして?と悩むのはやめる

    心を強くする方法3話してくれている内容は彼女は全て意味がある、意図することがある、と思うものです。

    彼氏がこんなこと言ったのはきっとこういう意味だろう、とわかることもあれば、どうして?とイライラする場合もよくあります。

    デート終わりの帰る途中、就寝前などにふっと「なんでかな」「どうしてかな」と、どんどん深い方向に考えが及んでしまうのです。

    1人でもやもやして苦しみ、彼氏に伝えることもできず、心の中で処理しようと頑張っている状態になりやすいといえます。

    本当に彼が何か伝えたいことがあるのなら、男性って遠回しな言い方をすることはありません。

    なので、女の子は言葉の意味を考える必要もないくらいですが、後から意図を悩む言葉を言っているなら、実は意味を持っていない可能性が高いです。

    全てをはっきりさせる必要はなくて、何を考えてんだろ?って思う程度に済ませてあげる心の余裕が必要と言えます。

    傷付いた気持ちを伝えて伝わらなかった時の対処法

    先に謝って彼氏の気持ちを緩和させる

    傷付いた気持ちを伝えて伝わらなかった時の対処法1話してみたけど、絶対彼氏理解してないよね?って考えた場合、正直怒り心頭になりやすいです。

    話したことをわかってもらえないと、どうしてもイラだちの方が心に強く出てくるため、彼女は怒りをぶつけてしまいがちです。

    一般的に、自分の話をするというのは、丁寧に言葉を選び相手に伝わる話し方をしなくてはいけないのでとても神経を使います。

    そこまでして話をしても理解しないと「はあ!?」ってなるのは当然かもしれません。

    ここで怒りをぶつけたところで結局思いが伝わっていないから、仕方がないんです。

    むしろ怒られると同じくらい苛立った反応をすることもあります。

    結果的に話し合いをするつもりがケンカに発展して、不毛な話し合いになる可能性が高くなるのです。

    そのため、「あー話わかってない」と感じたら、その時はまず「ごめん、もし違ってたら悪いんだけど」と前段階で謝罪してください。

    謝罪を先に出されると、人は話に耳を傾けようとしてくれるので、男性も同じです。

    その後に「言いたかったこと、わかってもらえたかな?」と聞いてみるのです。

    そこで「〇〇ってこと?」など、何かしらの回答を得られるので、さらに話を進めてください。

    こうした建設的な話の進め方が、恋人同士がお互いをわかりあうためにはかなり重要な話になるので、意識するようにします。

    難しい言い方をせずに話す

    女性は時々詩的な言葉を使用し、抽象的な言い方をすることがあります。

    なぜなら、恋人同士の揉め事は彼女を悲劇のヒロインにさせてくれて、若干ナルシズムに浸る傾向があるのです。

    そのため、言葉が難しい言い方になりがちで、かなり遠回りな言い方をすることも多いです。

    男の人はとても理論的でわかりやすい会話を好むので、難しい言葉を羅列した話し合いよりも彼女の言葉で素直に話してくれる方がスムーズに心に届きます。

    「悲しかったんだよ」ということをどちらにせよ伝えたいのだから、ちょっとかっこいい言葉を使ったほうが悲しみを深く伝えられると女性の性格的に思う人もいますが、現実的には逆です。

    「で、結局何が言いたかったの?」と彼氏は困惑し、意図を汲み取れません。

    なのでできる限り端的に、わかりやすく説明してください。

    話を聞いてどう感じたか彼氏に聞いてみる

    傷付いた気持ちを伝えて伝わらなかった時の対処法3恋人にこんな風に思っているなどを伝えた後、よくありがちなのは「自分が言いたいことは全部言ったから、絶対彼氏は理解したはずだ」と思うことです。

    言いたいことはわかっても、彼氏の感じ方によって感覚のズレが生じることもあり得ます。

    あなたが言った時「こう感じてほしい」と思いながら彼氏に伝えていると思いますが、同様の感じ方を絶対彼氏がするとは限りません。

    「俺はこう思うんだけどな」と心の内側で思いつつも、彼女の気持ちを逆撫でしないように何も言わないって男性は多いです。

    そうなると彼女は「彼氏に伝わってない」と嫌な気分になります。

    そうならないためには、話し終えた後言ったことに満足せず、彼氏の意見も聞いてみてください。

    お互いが話し合うことによって、彼氏彼女双方の意見があるため、きちんと折り合いのつくところまで話すことが大事です。

    悲しい気持ちを一方的に伝えたところで、彼氏は軽く受け止めることもあります。

    ぴったり1mmも狂いなく意見が一致する、思いを理解してもらえるというのは不可能ですが、納得できるまで話をすることが大切です。

    彼氏に傷つけられることに過敏にならない!冷静さが大切

    彼氏に傷付いた気持ちを伝える! まとめ恋人との交際が長くなると、お互いに張り詰めた感情がなくなり、会話も雑になることはよくあります。

    そんな時、彼氏から発せられた言葉が自分をひどく傷つけた時、動揺して「もうだめだ!」と思うこともあるでしょうが、あまりにも過敏になってしまうと物事の本質を見逃してしまいがちです。

    冷静さを欠かさず、丁寧に彼氏とコミュニケーションを繰り返してください。

     

    【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

    こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

    昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

    でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

    もしもあなたの心に、

    「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

    「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

    「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

    こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

    他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    予言占い2022】とは…
    クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

    雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

    この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



    ※20歳未満は利用できません。

     
    占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

    彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

    そんな、あなたに大切な質問をしますね。

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

    ・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

    こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

    友だち追加

    ※20才以下はご利用不可

    おすすめの記事