男は惚れた女に弱いって本当?彼がマジ惚れしている女性に対する態度とマインドで周囲と区別する男性心理
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

男は惚れた女に弱いと言われますが、どんな心理になっているのか、他の人とどう違うのか気になる人も少なくないはずです。

付き合っているけど、彼氏からの愛情が信じられない人、気になるあの人にマジ惚れして欲しいと願っている人は、男の人の心の中で何が起きているのか知っていきましょう。

心のやり取りである恋愛の中でも、男は惚れた女に弱いという理由を具体的にお伝えしていきます。

本気で好きになっている人への態度やマインド、別の人と区別する男性心理、また惚れられやすい女性の特徴などから、絶対に手放したくない恋人の心や片思いのあの人の想いをしっかりと掴みましょう。

目次

男は惚れた女に弱い?男性に惚れられやすい女性の特徴

外見が多くの男性の好みと一致する

惚れられやすい女性の特徴は、外見が男性の好みに当てはまりやすいというものです。

異性を好きになるポイントは、それぞれありますが、第一印象で「良いな」と思われる人や多くの人から好感を持たれる人には、共通点があります。

個性的なポイントを好きになる人もいますが、多くの男性が「ステキだな」と思える魅力を持っている人は、それだけたくさんの注目を浴びているという事です。

笑顔が素敵だったり、服装が万人受けするものだったり、積極的に人と関わって愛想がいい人など。

内面的な物よりも外見で好印象を残せる人は、よりたくさんの異性から着目されるため、惚れられやすくなります。

髪の長さやメイク、服装やアクセサリーなど、パッと一目で見た時の印象が左右するものです。

モテる女性というのは、男性が好む外見を網羅していることが多く、誰が見ても「ステキな人だね」と評価を受けます。

人は、3秒で印象が決まると言われていますから、見た目の印象や雰囲気はモテ度に直結するわけです。

あざとい仕草がデフォルト

近年では、あざとさが自然にある女性が惚れられやすいと言えます。

少し前までは、あざとい女性は、男女ともに嫌われやすい傾向にありましたが、実は、分かりやすいぶりっ子や甘える仕草と言うのは、男性が好む態度の一つです。

「ぶりっこ」と呼ばれていた頃は、あからさまな態度が嫌われていましたが、「あざとい」という言葉が広まってからは、個性の一つとして受け入れられてきています。

口をとがらせて起こる表情を作ったり、首をかしげて笑顔を強調したりすることで、「可愛いな」と思う機会を分かりやすく与えてくれているわけです。

好きな男の人の前だけでアピールしていたぶりっ子女子と違い、あざと可愛い女性は、男女平等に態度を崩しません。

女性から嫌われようとも気にもしないのが、あざと可愛い女性の強さです。

どんな場面でも自分のスタイルを貫き通す「私らしさ」が魅力の一つとなり、男性を次々と虜にしていきます。

外見や態度など、見た目で惚れてしまうと、恋愛対象になってはいけない相手だとしても、気持ちを抑えることが難しくなります。

「好きになってはいけない相手だ」と思いながらも惹かれてしまう男性の心理について、こちらの記事では理由を具体的に解説しているので、参考にして下さい。

女性が無意識のうちに、男性を惹き込んでいる可能性もありますから、恋愛をするつもりがないのに、よく告白をされる方は身に覚えがないか確認してみましょう。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力の高い女性は、やはり男の人に惚れられやすいタイプだと言えます。

言葉によるコミュニケーションが苦手な男性だからこそ、自分の気持ちを代弁してくれたり、言わなくても分かってくれる女性は、心から救われホッとする気持ちになるものです。

多くの人との関わりが苦手な男性であれば、コミュニケーション能力の高い女性が一人いるだけで、たくさんの人と円滑な人間関係が築けます。

社交的に初めての人の場に出向くことも出来、出会いも多く、どんなパターンの人とも会話を合わせることが出来る能力の高さは、目の前の人を飽きさせることがありません。

誰とでも楽しくやり取りが出来るその姿は、「あそこにも連れて行きたい」「あの人にも紹介したい」と行動を共にしたい衝動が沸き起こります。

「もっと話がしたい」「色んな事を聞いてみたい」と会話自体に興味を持つことで、二人きりになるチャンスが多く生まれる訳です。

誰に対しても同じ姿勢で接する事が出来るので、不快になる人もおらず、皆好印象を持ちます。

てきぱきしているのに出来ないことがある時のギャップ萌え

ギャップがあるのも惚れられやすい特徴です。

行動面でのギャップは、男性が最も可愛いと感じる部分でもあります。

普段はテキパキしているのに、出来ない事があったり、抜けていたり、そそっかしい一面があるなど、「あれ、完璧じゃないんだ」と思った瞬間に、心を奪われるのです。

社会に出ていると、ミスが多い人は疎まれますが、何でも完璧にこなしきる人もまた「関わりづらいな」と思ってしまわれるもの。

計算して天然を演じる必要はありませんが、「しっかりしているな」と好印象を持っている人が「こればっかりは苦手なんです」とはにかみながら告白すると、好感度は急上昇です。

一気に「可愛い」と思うようになるのは、一瞬の隙を見せたからであり、頼ってもらえる部分を見つけられた喜びでもあります。

男の人は、結局女性から頼られることを求めているわけです。

女性が完璧であれば、男としての役割を奪われたようにも感じます。

出来ないところを見つけると、「フォローしてあげたい」「支えてあげよう」とバックアップしたい庇護欲が加わる為、好きになりやすいと言えるのです。

一生懸命さと無邪気さが同居

一生懸命でありながら、無邪気な女性は、非常に男の人から好かれます。

男性は、純粋に頑張る女の子が大好きです。

小さな命が懸命に生きている姿に、心を打たれる感覚と似ています。

「頑張れ」と応援したくなる気持ちと、「無邪気な笑顔を守りたい」という男としての本能が恋愛スイッチを稼働させるのです。

仕事は一生懸命するけど、遊びに行くと何でも無邪気にチャレンジして、失敗してしまっても笑ってしまえるタフさは、男の人からすれば堪らなく抱きしめたくなるもの。

何もかも投げやりで無気力な人よりも、断然好感が持てますし、「仲良くなりたい」「一緒に過ごしたい」と思う気持ちを高めます。

天真爛漫という言葉がぴったりだけど、やることはやるというメリハリが、人としての魅力を増幅させているわけです。

「この子と一緒にいると心が洗われる」と感じる事で、疲れた時ほど心の癒しとなります。

自分を信じて自分だけを見てくれているのがわかる

男性から見て、自分だけを見てくれているのがハッキリわかる女性は、惚れられやすいといえます。

まっすぐ見つめる瞳が特徴的です。

「目は口程に物を言う」という言葉がありますが、視線や目の動き、目力など、考えている事が伝わってきそうなアイコンタクトというのがあります。

何も言わなくても真っすぐ目を見つめて、瞳の奥を見ているような状態は「あなたの事を信じています」と言っているかのようです。

恋愛関係になくても、上司と部下、友情など、あらゆる関係性で「信頼」は重要なポイントとなります。

「この子は、僕の事を信頼してくれている」と感じる事が出来れば、同じように心をゆだねることも出来るものです。

心の掛け合いは、相手から全幅の信頼を寄せられる事で、こちらも心を開いてもいいと思えるようになるもの。

目力で、「しっかりと見てくれている」「信頼してくれている」と感じられる女性は、男性の心を掴んで放しません。

「男は惚れた女に弱い」と思う男性心理

わがままも全部かわいい

惚れた女に関しては、わがままを言われたとしても「全部可愛い」と感じるのが男心。

何をしても、かわいいと感じるのは、自分の手の中にいると思える安心感があるからです。

対等な立場で恋愛を楽しむのではなく、男の人は好きになった時点で、まるで小動物を見ているような気分になるもの。

ただのおっちょこちょいやミスも、わがままでさえ「かわいい」と目がトロンとしてしまいます。

惚れた相手は、とにかく可愛いの一言でまとめることができ、何でも見ていたいと感じるところです。

自分にだけ向けられるワガママなら、「全部受け止めてあげたい」とさえ思っています。

むしろ、自分に向けて言葉を発してくれるなら、「存在を見てくれている」と思えるので、ラッキーとも感じる程です。

好きな人から意識を向けられる事は、それがどんな言葉であっても嬉しくなります。

頼られているとも感じれて嬉しいので、感じたままにどんどん意識を向けて欲しいと願うのです。

愛しくてどうしようもないと夢中になっている時には、どんな欠点も見えなくなります。

自分にしか見せない甘えた態度が嬉しい

惚れた女に弱くなるのは、甘えた態度を見るのが嬉しいからです。

恋人同士になると、他の人には見せない姿を見れるようになります。

いつもは強気な女性も、好きな人の前となると、シュンとした姿も見せるものです。

甘えたり、ワガママも、恋人である自分だけが見れる特権だと思えば、嬉しいと感じられます。

女の人も、社会に出れば胸を張って生きなければいけません。

男性と対等に渡り合うほど、気を張り詰めて、努力をしなければいけませんし、女性だからこそ不利な事もたくさんあります。

世の中の不条理に負けることなく、社会で精一杯活躍する中で、作り笑顔や鎧を身につけていくものです。

好きな人の前でくらい、ありのままの自分でいたいという気持ちがあるため、恋人の前では甘えたり、弱音を吐いたりと、普段とは違う姿をさらけ出します。

そんな様子が、彼氏としてはとても嬉しいのも事実。

自分しか見る事のない彼女の可愛い様子を愛おしいと感じますし、一層守りたい気持ちが強くなります。

彼女を夢中にさせたい

好きになったからこそ、より一層彼女を夢中にさせたいという気持ちが、惚れた人に弱いという心理に繋がっています。

本気で好きになってしまってはもう、お手上げ状態です。

無条件降伏。

あの人の気持ちを独り占めしたいという欲望と同時に、誰よりも夢中にさせたいという願望がむくむくと大きくなります。

何でも、言う事を聞きたいという白旗状態と同時に、征服欲が共存しているので、心の中はパニックです。

結果的に、何でも言う事を聞くことで嫌われない、相手にとって都合のいい相手になることで、夢中にさせていきます。

意のままに操れる人間が目の前にいれば、多くの人は支配しようとするものです。

コントロールできる傀儡のような人間がいれば、どこまで言う事を聞いてくれるか夢中になります。

女性が男性に夢中になる事で、結果的に独り占めする事が叶うわけです。

好きな子を虜にするために、自らの身を差し出し、夢中にさせます。

自分の心を満たしてくれる存在

惚れた女に弱くなるのは、心を満たしてくれる存在だからです。

世知辛い世の中、悔しい事も苦しい事もたくさん起こります。

理不尽に怒られたり、納得のいかない事でも受け入れなければいけなかったりと、社会の中では、自分の意見を飲み込まなければいけない場面も多々あるものです。

「辛い」「逃げ出したい」と思ったとしても、男性はなかなか言葉に出したり実行に移したりするわけにはいきません。

癒しの存在がいるだけで、日々の心の疲れをリセットでき、また明日への活力にする事が出来ます。

好きな人は、心を満たすオアシス的な存在です。

汚れてしまった心を浄化し、枯渇したハートを満たしてくれます。

好きな人を失う事は、生きる気力の源が無くなるのと同じことです。

絶対に必要な存在であり、いつまでも傍に居て、心を癒してもらいたいと願っています。

彼女を失わないためには、何でも受け入れたいし、大切にしていこうと思うものです。

高嶺の花であるずっと想い続けた女性をやっと射止めた

やっとの思いで高嶺の花を落とした男性にとっては、世界で一番の幸せを手に入れたのと同じことです。

ずっと思い続けた人が恋人になるという奇跡は、夢を見ているような気分にさえなるはず。

そんな人を簡単に手放すわけにはいかないし、男性にとっては何よりも大切な存在なので、有無を言わさず何でも受け入れたいと思うのも当然です。

思い続けた人と一緒にいられる事の幸せを手放さないためには、どんなことでも苦ではありません。

達成感があるため、「これ以上の幸せはない」と感じており、今の環境を守る為なら何でもできると考えられます。

手放したくない執着心も相まって、どんな事をしてでも、他の人には渡さない覚悟を持っているのです。

何を言われても、積極的に「やってあげたい」と思うため、先読み行動が得意になります。

「疲れていない?」「困っていないかな?」「気を付けてね」と先回りしてリスクなどを心配して頻繁に声をかけるので、彼女にしてみれば至れり尽くせりの状態です。

男が惚れた女にだけ取る行動

いつでも優しい男でいようとする

惚れた女にだけ取る行動には、いつでも優しい男でいようとする気持ちと努力があります。

恋人たるもの、どんな時でも味方でいたいものです。

女性のワガママや弱音も受け止められるほどの余裕を持つのが、男の魅力だと考える事も少なくありません。

誠実さの表現にもなりますので、一番の味方であり優しさを全面的にアピールしようとします。

食事をおごるのも、優しさが含まれている行為です。

格好つけたいという気持ちと、優しさアピールでもっと惚れて欲しいと思っていることが心理にあります。

好きな人にだけは、どれだけ優しくしても疲れる事はなく、態度にも言葉にも出していけるところです。

彼女の悩みを真剣に聞く姿勢や困ることが無いように色々調べたり先回りして手配してくれたりするのも、好きだからこそだと言えます。

「この子には、何でもしてあげたい」「優しい男でいたい」と思う気持ちが、行動力を高めるわけです。

頼りになる彼氏としてあることが、使命だとも考えています。

他の人に対する厳しさと区別

好きな人に対しては、他の人に対する厳しさと彼女に対しての毅然とした態度は、しっかりと区別しています。

何でもいいなりの男性ばかりではありません。

好きだからこそ、厳しく叱る事もあります。

彼女に幸せになって欲しいからこそ、間違っている事は、しっかりと指摘してくれるのです。

周りの人に対する厳しさは、社会的なジャッジ。

自分の正義を貫くために意見が合わない人に対しては、辛辣な指摘をしていくこともあるはずです。

彼女に対しては違います。

この先の人生でも困る事のない様に、一緒にいない時でもしっかりとした人間性を持っていられるように、判断基準や考え方の部分の指南をすることがあるのです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

男性の方が社会の厳しさを知っていることが多いので、「その考え方だと、人を傷つけることがあるよ」「今の態度は、将来いつか困る事があるよ」と彼女の幸せをベースに厳しい指導という形で伝えます。

他人から怒られることに驚く女性もいますが、「愛されていると感じた」と評価されることも多いのは、心が籠っているからに他なりません。

他の男性に取られたくないからけん制する

周りの男性に「俺の彼女を取るなよ」とけん制するのも、本気の時ならではの行動です。

彼女が出来ると、自慢したくて周りの人を次々紹介したり、彼女がしたいと言う事は何でもさせてあげたりと、動きが軽やかで派手になるもの。

そんな時期を通り過ぎていくと、誰かと関わると、必ず異性がいることに気が付き始めます。

「待てよ、他の男に取られる可能性が出てくるのでは?」と気付くと、途端に動きが固まるものです。

良かれと思って多くの知人に紹介をしてきたのも全て、ライバルを増やす事に繋がると感じ、今までの行動を反省します。

「誰にも渡したくない」という気持ちが強くなるほど、異性に対してにらみを利かせ、近づかないように対策を講じようとするわけです。

次第に束縛が強くなったり、嫉妬心が大きくなったりするのも、男の目を気にしているから。

彼女が大好きだからこそ、「他にも絶対好きになる人がいるに決まっている」と考えて、守り抜こうとします。

高額なプレゼントや花束を贈る

プレゼントの金額が上がっていったり、花束を送るようになったりするのは、本気で惚れているからこそ。

恋人になると、イベントごとや記念日などでプレゼントをする機会が出てきますが、男の人にとっては、金額と気持ちが比例していると言っても過言ではありません。

女性は、相手にとっての利便性の良いものや記憶に残るモノをプレゼントしようとしますが、男の人は経済活動に積極的に参加しているからか、高価なものほど本気度が高い証だと考える傾向にあります。

だからこそ、婚約指輪は大きなダイヤを付けようとしていたり、ここぞという時にはブランドもののアクセサリーをあげようとしたりするのです。

花束は、言葉が苦手な男性が気持ちを表現するのに最適なプレゼント。

見た目で可愛らしく、豪華な花束は、一瞬で彼女を笑顔にしてくれます。

恋人が幸せそうな笑顔になってくれるのが一番の報酬というわけです。

送迎を自ら買ってでる

出掛ける時には、自ら送迎しようとするのは、マジ惚れしている人と片時も離れたくないからです。

車を持っているのは、男の人にとって大きなステータス。

地方では、車がなければ生活できませんが、都会の人にとっては必要に差し迫る事もありません。

けれども、車を持っていると、どんなところでも彼女と一緒に動くことが出来るという最大のメリットがあります。

彼女だけの用事でも現地まで送り届け、迎えに行く事で、誰よりも長い間、恋人の顔を見る事が出来るわけです。

一緒に出掛けている時にも、一分一秒も長く一緒に居られて、二人だけの世界に入る事が出来ます。

可動式の部屋と考えれば、いつでも密室空間になれるのです。

送迎する事で、周りの人にも自分が彼氏だとアピールすることも出来ます。

前項でもありました「彼氏がいるから近づくな」というけん制にも繋がるところです。

彼女の行動を把握できるというメリットもある為、何でも送迎しようとします。

男は惚れた女に弱いのは本当!彼が彼女にマジ惚れのマインド

彼女に対してはすべて肯定的

とことん惚れこんでいる時には、彼女に対して全て肯定的に捉える事が出来ます。

人は、長所も短所も持ち合わせているものですが、好きすぎる時には、全てが魅力に見えるものです。

短所だと言われる部分さえも、可愛くて仕方がないので、欠点でも落ち度でもなく、愛すべきポイントになるだけ。

時間が守れない彼女だとしても、待ち合わせに遅れてきたときには「しっかりとオシャレをしてきてくれようとしたのかな」と嬉しくなりますし、小さなウソに気付いた時にも「正直に言うのが怖かったのかもしれない」と庇護したくなる気持ちが沸き上がります。

どんなことも肯定的に受け止められると、一層愛情が大きくなるわけです。

愛しくて仕方がないので、より絆が深まります。

困っている事があっても、一緒に解決しようと寄り添う事が出来、放してくれることに対して肯定的にアドバイスが可能です。

二人分の知恵が活かされるので、抱えている困難をクリアできるのも早く、信頼関係も積み上げられます。

おせっかいを焼きたい・尽くしたい

相手が求めてきていないことまで、何でもやってあげたくなるのがマジ惚れマインドです。

女性にも多く見られる行動ですが、好きだからこそ世話好きになってしまうタイプもいます。

例え、相手から「そこまでしなくていいよ」「余計なお世話だよ」と言われたとしても、何でもしてあげたい衝動を抑えきれません。

送迎もそうですが、道路側を歩いたり、荷物をすべて持ってあげたりなども、男らしさとして喜ぶ女性もいますが、中には恥ずかしいと感じる人もいます。

「自分の事ぐらいできるからいいよ」「女の子扱いしなくていいよ」と照れながら言いますが、男性としては守りたい気持ちでいっぱいですから、引くわけにはいかないところです。

誠意を尽くして守りたいという気持ちが強いので、何でもやってあげたくて仕方がない状態になっています。

家電の修理やDIYなど、自ら「やってあげるよ」とすぐに引き受けて、実行してくれるのもありがたい行動です。

お風呂上がりの髪の毛を乾かしたり、夏の暑い日差しの中でも日陰を作って扇いであげたりと、言葉に出して望んでいなくても喜ばせたい気持ちが行動に表れます。

愛する女性が生活のすべて

ライフスタイルの全てにおいて、彼女の存在を中心に回そうとするのがマジ惚れマインドと言えます。

女性が陥りやすいパターンではありますが、男の人にも当てはまる事があるのです。

彼女がいない時には、仕事と家の往復が基本で、時々友達と遊んで息抜きをするというルーティンが決まっていたとしても、本気で好きになった人がいると、生活の全てに彼女が入り込んできます。

モーニングメッセージから、休憩時間に電話を入れたり、仕事が終わればすぐに会いたくなり、休日はデートで埋め尽くそうとするものです。

離れているだけで寂しさと不安が押し寄せて、「生涯、離れられない」と本気で思います。

食事をしていても、「今度の休みには彼女が好きなものを食べに行きたいな」と連想しますし、友人と趣味の話をしても「あの子は、楽しんでくれるかな」と一緒に出来るか考えるほどです。

些細な事にも嫉妬する

嫉妬心が強くなってくるのも、本気で好きになった人の定め。

「嫉妬するのは格好悪い」と考えている男性は少なくありませんが、マジで惚れている状態になれば、気持ちのコントロールは出来なくなるものです。

他の男性と話をしていたら気になるし、今までの恋愛遍歴も聞きたいような、聞きたくない様な、複雑な心境でいます。

彼女からの話の中に、異性がいるだけで「どんな関係性の人だろう」「仲はいいのかな」「今日はどのくらいしゃべったのかな」と気になって仕方がありません。

全部を言葉に出して確かめようとする男性もいますし、自分の中だけで何とか抑えようとする人もいますが、表情まではコントロールが難しいので、嫉妬が見て取れます。

怪訝な表情になり、「こんなことでも嫉妬するの?」と驚くほど。

過去の恋愛は、「終わったことだから」と考えて話をする女性が多いですが、男性にとっては、好きな子と関係があった男の話なんて聞きたくないものです。

過去であろうと、触れたであろう話やイチャイチャしている姿を想像しそうな時ほど、苛立つ事はないと言えます。

男が惚れた女に取るマーキング行動

二人にしかわからない話をしようとする

二人にしか分からない話をしようとするのは、マーキング行動の一つです。

周りに他の人がいたとしても、二人にしか通じない話題を持ってくるのは、本来ならナンセンス。

配慮が足りないし、空気が読めない人だと思われても仕方がない行為です。

「周りから何と思われようと構わない」という心理になっているのが、マーキング中の彼で、とにかく特別な人だとアピールしている状態になります。

「君たちの知らない話を持っているぞ」「誰にも話していない事も把握できているぞ」とアピールする事で、かなり親しいと伝えているつもりです。

現場の空気としては、当然分からない話をされると入れないし、二人の世界になっていくので、面白くはありません。

一人、また一人とその場を去っていく様子を見て、彼氏は「やった」と勝利した気分になります。

間に立たされる女性としては、「勘弁してよ」と思ってしまいますが、愛されているが故の行動ですので、可愛いものです。

会話を他の人の前でする

二人きりの時を見計らうのではなく、わざわざ他の人がいる空間を狙って二人で会話をするのも、マウント行動です。

自分が話をしている姿を周囲に見せることが目的となります。

会話というのは、その人の心を自分に向けている証でもあるので、話をしていること自体が、彼にとっては十分自慢になっているのです。

会話の内容は別として、「この子の意識は、今俺に向かっている」と自覚する事が嬉しいのであって、一人でも多くの人に、この事実を伝えたいとすら考えています。

会話を通して彼女が笑っていたり、大きなリアクションをとっていたりすると、余計に嬉しい気持ちでいっぱいになるはずです。

「これだけ喜ばせれている」「自分に夢中になっている」と実感できるし、誰かが見ている事で、評価されているとも受け取れます。

二人きりの空間で会話をする事も嬉しいですが、誰かに見られる事で一層喜びが大きくなるのです。

ペアルックを身につけようとする

ペアルック好きの男性は、マウントを取りたがっていると判断できます。

服や靴、小物などファッションの中にペアアイテムを取り入れると、端から見てすぐに「カップルだな」と分かるものです。

しかも「仲が良いんだろうな」と予想されます。

彼女大好きなカレにとって、これほど嬉しい評価はありません。

彼女からも信頼されているような気になりますし、同じアイテムを通して気持ちまで通じ合えているような感覚にもなります。

同じ価値観、視点で過ごしていると感じられ、一心同体になったような居心地の良さに満たされるのです。

アイテムがパッと見で分かりやすいものほど、マウンティング心理が大きいとも判断できます。

セーターやキャップなど、同じアイテムを身につけて、なるべく人が多い所に出かけようとするはずです。

たくさんの人に見られてこそ、ペアルックの価値が高まります。

一緒に写真を撮って記録に残したり、奇抜なペアルックで目立とうとしたりするのは、独占欲の表れでもあるのです。

見えるところや彼氏しか見れないところにキスマークを付ける

キスマークもまた、マウント行為になります。

支配欲、独占欲からキスマークを残そうとする男性は多くいるものです。

見えるところに残そうとするのは、モテる女性に対する虫よけ。

他の男性が見た時に「彼氏がいるのか」と諦めたり、「手を出したら怖い男がいる」とキスマークで威圧感を抱かせたりすることも出来ます。

彼氏しか見れないところにつけるのもまた、マウント行為です。

お腹や太ももなど、服をめくらなければ見えないところは、誰かに見られる心配はまずありませんが、浮気防止になります。

彼女は恥ずかしさから、露出度の高い服装を控えるようになるため、他の男の視線から逃れることも出来るわけです。

好きな女の子の体は、誰にも見せたくないと思うのが男性心理。

ミニスカートや丈の短いトップスは、いくらオシャレでも着てほしくないのが本音です。

キスマークを残せば、恥ずかしさを利用してファッションさえコントロールが可能になります。

彼女の友達や家族に会いたがる

近い関係性の人たちと人脈を持っておこうとするのも、マウント行動といえます。

自分を知ってもらう事が第一目的です。

「彼氏の○○です」と自己紹介する事で、彼女の近い人から信頼してもらえる一歩を踏み出せます。

親族や親友など近い人と仲良くなることで、より長い付き合いになる事を連想させることが出来るわけです。

仲良くなれば、二人の危機にも間に入って取り持ってくれる可能性もありますし、結婚の話が出た時もスムーズに進められる可能性が高まります。

軽い付き合いではない事をアピールできるし、今まで紹介されなかった彼氏との差別化にもなるはずです。

過去の男とは違うとアピールすることで、「将来的に身近な人とも長く交流していきたい」という意思を伝える事が出来ます。

彼女としても、自分の信頼している人たちから認められるのは嬉しいもの。

簡単に別れられなくなりますし、家族との交流が増えると安心して付き合うことも出来ます。

彼の方から手を握る

惚れこんでいる人に対して、彼の方から積極的にスキンシップを取って手を握ってくるのも、マウントの一つ。

体の接触は、男の人が積極的に起こさなければ、なかなか前に進みづらい場面でもあります。

性欲の強い女性やしっかりボディコミュニケーションが取れているカップルであれば、彼女の方から体を寄り添わせたり、手を繋いだりすることも多くありますが、男の人は気持ちに比例してどんな場面でも触ろうとするものです。

常に触れていたい気持ちが強いので、ずっと手を繋いでいようとします。

手を繋いでいると、ペアルックの時と同じで、ひと目でカップルだと分かるはずです。

他の男性から狙われることもなくなりますし、痴漢などから守ることも出来ます。

「あの子には男がいる」と思われるだけで、ずいぶんと男の視線を回避できるわけです。

友達の前でも手を繋いでくるのは、けん制している心理の表れと言えます。

友達が男であれば「渡さないぞ」という意味になりますし、女性であれば「しっかり幸せにするから安心して」というメッセージにもなるのです。

男は惚れた女に弱い!女性中心の生活でも彼は大満足している

惚れた女に弱いと聞くと男の人の立場がないと思ってしまう人もいるかも知れませんが、当の本人は大満足しています。

女性中心の生活になったとしても、カレ自身が望んでいる事なので、大満足なのです。

周りに対するアピールも大きくなってくるので、どれほど大切に思われているのかが目で見てわかりやすく、しっかり愛情を感じ取ることが出来ます。

恥ずかしいと思わず、愛される喜びに酔いしれて、幸せで満たされましょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2022】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事