すぐに既読になるのに返信なしの彼氏の本音と彼との会話のラリーをもっと増やすためにすべきこと
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

メッセージを送った時、すぐに既読になるのに返信なしの彼氏の本音が知りたいと思っているあなた。

なぜ読んだのにそのままにできるのか、画面の向こう側でどんな気持ちになっているのか知りたくなると同時に不安も駆け巡るはずです。

すぐに既読になるのに返信なしのまま放置してくる彼氏について、本音や理由について具体的に説明していますので、恋人の事をより理解するための参考にしてください。

試してみるべきことや、相手が返信しやすいラインの作り方についてもご紹介していますので、ぜひ実行してみましょう。

目次

すぐに既読になるのに返信しない彼氏のlineに対する考え方

lineは単なる連絡ツールの一つ

メッセージ自体は読んでも返信に繋がらないのは、カレが単なる連絡ツールとしか考えていないからです。

文章を通して心を通わせあっていると思っている人は、メッセージが届いた時に、目の前にやってきたような感覚を抱いています。

読んだ時には、返事を待っている彼女の顔が思い浮かんでいるはずです。

しかし、単なるツールだと考えている人は、文章は文章として情報を得るものとしか受け取っていません。

彼女から何を伝えられていても、こちらが文章を作って知らせなければいけない情報がない限りは、返信する必要がないと考えています。

入ってくるメッセージは、情報が届いているだけなので、読むだけで十分。

待っている彼女の心境など想像できていないので、返事を催促されると何を返せばいいのか迷ってしまうほどです。

近年では、ラインで入ってくる情報量はかなり多く、ビジネスでも街に溢れている店舗のお得なお知らせも、あれこれ入ってきます。

確認して返信が必要な物だけに絞っていくのは、情報過多なビジネスマンには必要なスキルとなっていると言えるところです。

用事もないのにメッセージを送りにくい

男性からすると、自分の用事がなければメッセージを送りにくいという心理があります。

入ってきたメッセージに返信するべき内容が含まれていたり、質問事項があったりしなければ、カレ自身が用事を抱えていない限りは伝えるべき要項がないと考えてしまうのです。

読んだ時に「うん」「わかった」と思えるような内容であれば、「この返事だけを送るのも変なのではないか」と考えてしまい、しり込みしてしまいます。

彼女としては、たった一言でも返信がある事に意味があると思っていても、男性にとっては内容の濃さや価値に重きを置いているので、「伝えるべき言葉がある場合にはメッセージを送るべきだ」と考え、単なる返事はしなくていいと判断しているというわけです。

彼の中で急ぎの用事がなければ、送られてくるメッセージは読み物であり、こちらが伝えるべき返信にまで頭が回っていません。

時間があるときにゆっくり送りたい

すぐに返信がない男性は、時間がある時にゆっくり送りたいという心理になっています。

彼女からのメッセージを大事に想っているからこそ、ちゃんと向き合っている証拠です。

メッセージが届いた時も、すぐに返信出来る状況でないけど「とりあえず見るだけ見ておきたい」という気持ちの表れ。

文字を目で追うのは時間がなくても出来るので、一瞬で見れるタイミングを窺って確認しているわけです。

長々と時間をかけてスマホを触ったり、文章を考えながら作ったりするとどうしても1・2分はすぐに経過してしまいます。

読むだけなら、10秒ほどで完了するため、彼女からの言葉を受け取るだけは可能なのです。

ちゃんと彼女のことを思いながら時間を取ってゆっくり送りたいと考えているカレとは、一日の終わりになるまで何もない事も多くなります。

TPOをわきまえているちゃんとした社会人である男性ほど、プライベートなメッセージは後回しにして返信することが多いと言えるところです。

「なんて返したらいいのかな」と悩んですぐに返信出来ない

返信するために文章を考えるのが苦手な男性であれば、悩む時間があるためすぐに行動に落とせないという理由があります。

仕事でも、ビジネス文書を作るのが苦手だから周りの女性に作成をお願いしている男性がいるのを見た事がある人もいるはず。

文章の組み立てに苦手意識を持っている人は多く、文字お越しをしなければいけないとなると途端に動けなくなってしまいます。

届いたメッセージは、読んだまま放置するようになるので、自分なりのやり方を見つける事も難しいと感じるところです。

頭の中で言葉が飛び交っている人であれば、思い浮かんだまま打ち込めばいいですが、会話をしていても自分が伝えたいことがまとまるまで口をつぐんだり、思考停止したりするタイプなら、当然ラインを前にしても同じ現象が起こります。

流れを読んだり正解を求めたりする完璧主義や慎重な人が多く、「自分の不注意で人を傷つけたくない」と考えている優しい性格の人もこの傾向があると言えるものです。

急ぎの用事じゃないから後回しにしておこう

行動に対して優先順位を考えている人は、読むだけで返信を後回しにすることが多くあります。

やるべきことが多い人は、常に頭の中で一日のスケジュールやウィークリーのTO DO リストが動いている状態です。

効率よく物事を進めながら、常にどれが一番にするべきかを考えているので、どうしてもプライベートなことは後回しになりがち。

恋人との時間ももちろん大事ですが、デートの日や決まった電話の時などに集中して心を通わせあっているので、隙間時間にやりとりをするメッセージには、重きを置いていません。

もちろん、どうでもいいという訳ではありませんから、読むのは読んでいますし、「後で返信しよう」とは考えています。

一分一秒のスケジュールで、次々と物事を終わらせていきたいので、休憩時間やランチタイムにまとめて確認することもありますが、リラックスしているときに見ておくべき資料やメッセージもたくさんあるので、どうしても見るだけで終わりになってしまうのです。

メッセージを返すのは面倒くさいし興味がない

そもそもスマホを活用して、やり取りをすること自体に、面倒くささを感じている男性は、読むだけで終わりにしているケースも少なくありません。

彼女の事は好きだし、メッセージが届くのは嬉しいと思っていたとしても、自分が返事を送ることに関しては、かなりハードルを感じている状態です。

彼女が勝手に送ってくれる分には、読む楽しさを感じていたり愛されている感覚に酔いしれたりすることもありますが、カレにとっては受け取るだけで十分となっています。

自分が作る文章を相手は待っていないし、興味がないだろうと考えているため、本人も力を入れて返信する事が出来ないのです。

愛情を伝えるにしても、直接会って伝えるので十分だし、わざわざ文字にするのは恥ずかしいと考えていますので、発信しようというつもりが、そもそもないということ。

質問が送られてきているとしても、「今度会った時に答えを伝えよう」と考えています。

相手が返事を待っていると思っていないので、「何か返さないといけない」という概念も持っていない状態です。

すぐに既読になるのに彼氏が返信しないときに考えられる理由

仕事で忙しい

あの人がすぐに返信をくれないのは、単純に仕事が忙しいからという理由があります。

男性は、「仕事が出来て一人前」と考えている人がほとんどで、プライベートとビジネスをしっかり割り切って考えていることが多いです。

男としての価値やプライドも、どれだけ仕事に対して本気で向き合っているかが大きく影響してきますので、恋人から通知が届いても、とりあえず急ぎの内容かどうかを確認するためだけに読むという傾向があります。

女性は、急ぎの内容でも電話でなくメッセージで済ませてしまうケースが多いので、中身を見てみないと急用か大したことではないのか、判断できません。

人と会っている時はもちろん、提出期限や次の予定の時間が迫っている時などは、なかなかゆっくり返信する事は出来ないので、メッセージの内容を確認するだけで終わってしまいます。

一旦確認してから、次の休憩の時に返信するか、仕事が終わってから電話を掛けるか判断するわけです。

スタンプで会話が終わったと思っている

lineスタンプで男性心理が分かっちゃう まとめ

カレが返信をしてこないのは、スタンプを送ったことで既に会話が終わったと思っているからです。

あなたがいう「何も反応がない」というのは、カレが文字を打ち込むことをもって一通のメッセージとみなしているのかも知れません。

ラインでは、昔の絵文字のような単調なイラストだけでなく、メッセージを含んだり組み合わせに意味を持たせたりして、スタンプだけで会話が進むという事も少なくないはずです。

スタンプに文字が入っていたり、表情がカレの内面を物語っていたりするのなら、「もう返事は送った」と完結している可能性があります。

あなたからすれば、あの人が文字を打ち込んでいるわけではないので、「手抜きだ」「カレの言葉がない」と不満を抱えていたとしても、相手が終わっているのなら、いくら待っても返事が来るはずがないのです。

いくら待っても、相手は次のあなたからのメッセージを待っていたり、完結しているから別の話題が入ってくるまで一旦離れて大丈夫と考えていたりするので、お互いに無言を貫きます。

既読した後にスマホを置いたままになっている

彼から反応がないのは、実はものすごくシンプルな事が起きているだけという可能性も十分ありえます。

あなたからのメッセージを読んで、返事をする間もなく次の用事があり、そのままロッカーや自宅にスマホを置いたままだとすれば、当然返信する事は出来ませんし、やきもきしている彼女の姿を思い浮かべてもどうすることも出来ません。

既読にしたのが、仕事の休憩中や移動中の束の間のホッとした瞬間、トイレに行って出る直前に見ただけ、などほんの一瞬しか見る時間が無かったら、当然返事を打つのは難しくなります。

ましてや、スマホを触ることが出来ない状況になっているのであれば、カレにはどうすることも出来ないので、時が過ぎるのを待つしかないのです。

スマホを置いてその場を立ち去った時、持ち歩けない状況である可能性が高いわけですから、当然見れない時間が長くなるということを意味しています。

仕事が終わって、何事も無かったかのように連絡をしてきたなら、仕方のなかった時間帯があったと判断しておくべきです。

読んだけどそのまま忘れている

読んだはいいけど、そのままアクションを起こすのを忘れてしまっているだけというケースもあります。

一つづつの行動がゆっくりしているタイプや慎重に判断して次のステップに進む人は、メッセージを読んでもすぐに返信する事はなく、一旦何を返そうか考える時間が発生するはずです。

すぐに考えがまとまればいいですが、上手く言葉に出来なかったり、伝えておくべき事と別の用事が混同してしまって訳が分からなくなったりすれば、「後回しにしよう」と考える事も珍しくありません。

その後仕事が忙しかったり、他の人と過ごしたりすることで、すっかり頭の中から抜け落ちてしまって、そのまま丸一日過ぎてしまったり、次の彼女からのメッセージが来るまでスマホを見なかったりすることで、悪気もなく忘れたまま終わったことになってしまいます。

質問以外は返信しなくていいと思っている

質問が来ていない限りは、必要性がないと考えている男性の場合は、何も返ってこなくても仕方がないと言えます。

男性の脳は、結論にたどり着くことを目的としていますから、女性同士の会話の様に出口のないやり取りは無駄だと考える傾向にあるのです。

彼女から送られてくるメッセージは、一方的に話したいことをしているだけで、自分が応える必要はないと考えています。

質問が来た時のみ、必要に駆られているわけですから、答えるのは当然の義務と考えますが、無利益な会話に意味を見つけられず、「要点を絞って欲しい」「単刀直入に言ってほしい」と願っているはずです。

デート中も、会話の中で結論を出そうとしたり、「だから、オレはそれを聞いてどうすればいいの?」と自分の役割をハッキリさせようとしたりします。

女性あるあるとしてよく言われる「ただ、聞いて欲しいだけ」の話題に共感出来ないので、話はほぼ右から左へ流して聞いていると言えるところです。

ラインの返事の速度一つで、カレに対する気持ちも変化してしまう事もあります。

彼氏からの返信が遅いと気持ちも冷めてしまうケースについて、以下の記事で詳しく解説していますので、心の変化を感じる人は読んでみてくださいね。

対処法やカレともっと仲良くなる方法までご紹介していますので、現在の関係性から変化させるための希望を見つけることが出来るはずです。

すぐに既読になるのに返信しない彼氏の本音

女性側の気持ちを確かめたいからわざと焦らしている

好意を感じた時の男性心理2

彼女の気持ちを試している時に、わざとラインを使ってタイムラグを作っているケースもあります。

女性は、恋人と連絡が取れなくなると、すぐにヤキモキする人が非常に多いもの。

「浮気をしているのかな」「何かあったのかもしれない」「私の事なんて後回しにするほどどうでもいいんだ」と喜怒哀楽が忙しいところです。

感情のアップダウンが激しい女性と付き合っていると、疲れて離れたくなる人もいますが、自分が好きな反応を見るためにわざと引き出せるようにしているケースもあります。

「寂しがってオレの重要さを認識して欲しい」「今我慢してもらっておけば次に会った時に絶対嬉しいはず」と予想を立てて、チャレンジしていくのです。

特に、寂しがりやヤキモチやきの彼女と付き合っている彼氏は、コロコロ変わる恋人の様子を面白がっている人もいます。

本気度を確かめるためにも、どれだけ自分に執着しているのかも見えてきますので、今後の長い付き合いを考えた時や結婚を意識した時に、相手の心の深さを知りたいと思って実行するわけです。

そもそも文章を考えるのが苦手

男性は文章を考えるのが苦手で、返信を求められても困ると言う心境を抱えている事があります。

思っている事を表現したり、相手にわかるように説明したりするのが難しく、言いたいことはたくさんあっても、スマホを手に取るとピタリと動きが止まってしまうのです。

返事を待っているのも分かっているし、付き合っているのなら頻繁にやり取りをするモノだと言う事も理解していますが、どうしても文章を作ろうとすると緊張してしまって、頭が真っ白になります。

正しさを求めているタイプの男性は、その時の最高の返信をするべきだと考えているので、失敗を恐れて「適当な事は言えない」と思ってしまっているわけです。

彼女の事を好きなほど、相手の求める言葉を選びたいと考えるため、余計に難しさを感じてしまいます。

嫌われないように文章を作る為には、完璧に仕上げることと、多少の戦略も必要ですので、頭を抱えて動けなくなるのです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

返信しにくい内容だからメッセージが送れない

彼女から入ってきたものに対する返事が、どうしても答えにくい内容であれば、しり込みするのも無理はありません。

過去の恋愛を掘り下げる質問や失敗ばかりして落ち込んでいる時の仕事のこと、純粋な彼女からの素朴な疑問、言いたくないトラウマのことなど。

「答えたくないな」「教えてもいいけど、メールで話をする内容ではない」と思っていると、とりあえずの返事すら何を送ればいいのか分からなくなります。

どこまで話せばいいのか迷ったり、本当に伝えるべきなのか分からなかったりと、すぐに判断できず、「次に会う時まで保留にしたい」と考えているはずです。

直接顔を合わせれば、答えにくい話でも言葉を選びながら伝えることも出来るし、その場の雰囲気でそのまま話さなくてもいい場合もあります。

彼女はすぐに返事をもらいたいものであっても、文章で伝えると誤解を生みかねないので、答えにくい内容に関してはそのまま放置しておきたい気持ちが強くなっているわけです。

けんかをした後で気持ちが収まらない

二人がケンカをした後なら、まだ気持ちの整理がついていなかったり怒りが収まっていなかったりして、対応する気にならないというのが正直なところです。

誤解や気持ちのすれ違い、言葉のチョイスミスなど些細な事から好きな人と言い争いになったり気まずい雰囲気になったりすることはあります。

トラブった後の解消方法も、人それぞれ異なっており、気持ちの整理ができるまでのプロセスも違うものです。

一日寝てしまえばすっかり忘れてしまう人もいれば、些細なトラブルは全て心の奥底に溜め込んで、表面的に笑顔を取り繕って接するようになる人もいます。

話し合って全てをぶつけ切らなければスッキリしない人もいますし、上手く自分の中で解消させて後引かない人まで。

心の中にわだかまりがある時には、少なからず態度に出るのが普通です。

彼女は、仲直りしたくてメッセージを送っていても、まだスッキリしていなければ名前を見た瞬間緊張して、どう対応しようか迷っているのかも知れません。

気持ちが冷めていてもう別れたい

恋愛感情が無くなってしまっている時にも、反応が無くなってしまいます。

付き合っているからといって、ずっと同じレベルの高さで好きでい続けているわけではなく、どのカップルも少なからず気持ちのアップダウンはあるもの。

友達としっかり遊びたい時期には彼女との時間を減らしたいと思うこともありますし、他の女性が気になり始めると「本当に好きなのかな」と気持ちの強さを意識し始めるのは当たり前の心の動きです。

彼女に対して「もう別れたいな」と思い始めている時には、今までと同じような対応は出来なくなります。

メッセージが来ても返信する気力が湧かなかったり、むしろかなり離れたい気持ちが強くなっているなら「対応するのが面倒くさい」と思ってしまうことも。

別れたい気持ちの強さによって、言葉数が減ったり無視されたりとカレからの対応が変わりますので、やりとりに今までとは違う変化が起きているなら心境に着目してみるべきです。

lineが苦手・メッセージのやりとりがしんどい

そもそもデジタル社会に苦手意識を持っている男性であれば、なかなかすぐには返事が出来ないのも無理はありません。

現代では一人一台スマートフォンを持つ時代ではありますが、そもそも「難しそう」「使いこなせる自信がない」という理由で、ガラケーを持ち続けている人もいるのですから、スマホを持っていてもただの連絡手段として持っているだけの人がいるのも当然の話です。

コミュニケーションツールとして、当たり前に使われているラインも、アナログ人間からすれば、プライバシーを侵害されている気分になったり、チャット形式の気軽さが理解できません。

一人の時間を作らなければ、息苦しさを感じるタイプの男性であれば、いつでもメッセージが次々入ってくるラインは、かなりしんどいもの。

干渉されているような気分になり、「見たくもない」と敬遠してしまう気持ちになります。

ラインが苦手で、読むだけ専用の人もたくさんいますし、返信しようと思ったらまた次のメッセージが次々来るから、タイミングが分からないという人もいるほど。

自分のペースを乱されるlineは、見て終わりになることが多くなります。

すぐに既読になるのに返信なしの彼に対する連絡の仕方

返信の催促はせず数日放置したり待ったりする

数日放置して待っていると、意外に返事が来るケースもあります。

前項でお伝えしたように、ゆっくりペースでしかメッセージと向き合えないタイプの人は、「送ろうと思ったら次々と入ってくるから、何も言えないまま会話が進んでいく」というジレンマを抱えている事があるのです。

あなたが「どうして読んでくれるのに、返事をくれないの?」「無視するなんてひどい」と意見を求めて質問を次々投げかけたり、不満をぶつけたりしている間に、相手は「どうすればいいんだ」と困惑していることもあります。

一旦相手のペースを窺うためにも、数日間放置してみましょう。

あなたからのメッセージが止まれば、「今、返信出来そうだな」と思って返してくれることもあります。

ぽつりと入ってきたら、同じペースでこちらも対応すれば、相手に負担をかけることなくやり取りを続けられるはずです。

返信をくれない理由を確認する

彼に、直接返事をくれない理由を確認してみると早い場合があります。

返信がないのですから、顔を合わせた時がベストです。

彼が受け取りやすいペースや、発信しやすいタイミングなど、物理的な流れを確認する事も大事ですし、内面と向き合う会話をしておくのもオススメ。

苦手意識を持っているのか、何か不満を抱えているのか、二人の関係性についてどう感じているのか、正直な気持ちを話し合い、あなたも不満を抱えないような付き合い方を見つけていくべきです。

お互い好きなのに、不満を持っていると、楽しい交際が出来なくなります。

最初から何もかも価値観が一致している事はありませんので、しっかりと話し合って「一緒に居たい」という気持ちを大事に出来る交際方法を見つけていきましょう。

空気感で察知して相手に合わせることが出来る人もいれば、言葉にして聞かないと分からない人もいますので、あなたが不満に感じた事をきっかけに、あの人を深く理解できるチャンスにすると愛情が深まります。

いつもはすぐに返信があるのに返信がないならもう一度送る

いつもと違うパターンで返信がないのなら、もしかするとシステム異常の可能性もあります。

何気なく信じ切っているライン。

それでも、デジタルの分野ですから、システム異常が発生する可能性はゼロではありません。

ライン自体は通常稼働していても、カレのスマホにバグが発生していたり、ネットワーク環境が悪かったりと、様々な理由でメッセージが届かないということも起こり得るものです。

「送ったから必ず相手は見ている」というのは、一つの思い込みという事を知っておきましょう。

この世の不満の多くは、思い込みから生れている事も確か。

見方を変えると、誰も悪くなかったり、何も問題が起きていなかったりすることも多々あります。

もう一度メッセージを送ってみて、「この前のは届いているのかな?」と最初からシステムのせいにしてしまうのも、一つの手です。

提供してくれている各ネット関係の会社には申し訳ないですが、どこかで止まってしまっているせいにするだけで、相手に角が立たずに質問する事が出来ます。

用事がないとレスがないなら彼氏の好きな話題や質問が効果的

男性が女性からの好意に気づく瞬間4

そもそも用事がないと返事がないタイプのカレで、「どうしても何か送って欲しい」と思うなら、興味がある事にフォーカスして話題を振るのが効果的です。

男性は、趣味の話や興味のあることに対しては、語りたくなる衝動に駆られます。

好きな子といえども、興味のあるところはそれぞれ違いますから、話が合わなくても仕方がありません。

デートをしている時には、お互い興味がありそうなことを自然に選んで話題に出していることが多いので、特に気にならないものですが、離れているときには、顔も声も感じることが出来ないので、つい自分のしたい話ばかりになりがちです。

相手からすれば、全く興味のない話を次々送って来られても、どう返せばいいのか分からなくて当然。

彼の目線に立って、何の話題だったら返事がしたくなるのか、むしろ積極的に話を盛り上げたくなるのか考えて、投げかけてみましょう。

すぐに既読になるのに返信なしの彼氏に返信してもらう方法

つぶやき系のトークは控える

彼に反応してもらうためには、あなたの送り方を見直してみるのも大事です。

ツイッターユーザーが増えている現代では、自分の心の内をつぶやくという話し方をする人がとても増えています。

「○○は、~だと思う」とつぶやき系のメッセージを送って、あなたは共感が欲しかったり、それに対する意見をもらいたかったりしていたとしても、相手に思いが伝わっていなければ、ただの独り言で終わってしまうはずです。

「なるほど」「そうなんだ」と画面越しに受け取って終わっている可能性があります。

何か反応して欲しければ、相手の意見を引き出す質問を加えたり、共感して欲しい感情を添えたりするのがポイントです。

「○○があって嬉しかったんだよ!一緒に喜んで欲しい!」「~だと思うんだけど、どう感じる?」と添えるだけで、相手は何を送るべきか言葉が明確になります。

伝えてきている言葉は理解できても、話題の本質的な部分で何が言いたいのか分からない時には、対応しづらい事を理解しておきましょう。

読むことにストレスを感じやすい長文はやめる

長文を読むことは、多少なりともストレスを感じるものですので、感情があふれるタイプの女性は、書き方に意識を向けるべきです。

文字を読むという行為は、流れを汲み取り、要点を読み取り、何を伝えたいのか理解した上で、どう対応するのか考えなければいけません。

ビジネス文書や仕事の報告書であれば仕方がありませんが、彼女とのやり取りでそこまで脳をフル活用するのは、疲労を感じてしまいます。

「何が言いたいの?」「簡単にして欲しい」と思うのと同時に、恋人間で長々した文章ばかりいつも送ってくる彼女に「面倒くさい」と思ってしまう可能性も出てくるはずです。

たくさん伝えたいことがあるのは分かりますが、長くなる話は基本的に対面した時に話すようにしましょう。

ラインは、デートの合間の連絡手段と捉えれば、長い文章を送る事はなくなります。

短文であっても、10個連続で送られてくれば、相手にはストレスですから、続けて送る場合はせめて2・3個までにしておくべきです。

文章は2・3行にまとめてコンパクトにする

相手にとって読みやすい文章を作る練習をすると、レスポンス率も高まります。

女の人は、感情に任せて文章を作る人が多いので、つい長文になってしまうという悩みを抱えている人も少なくないはずです。

「短くしたいのに、まとめられない」と悩んでいるなら、短文を作る練習をしてみましょう。

伝えたい事、言いたい事が出てきたときに、まず頭の中で送りたい文章をそのまま一度思い浮かべます。

その中で一番重要な事をピックアップしましょう。

最重要事項だけを送っても、何の脈絡もなく話が来れば相手はびっくりしてしまいますので、前後を最低限の情報でサンドイッチするのです。

例えば、ずっと頑張ってきた試験の結果を伝えたいとします。

重要事項は「結果が出た」ということ。

勉強を続けてきたことを知っている彼なら、それだけ送ってもいいですが、サンドイッチするなら「試験の結果が出たよ。会って伝えたい」となります。

「何の話の、どの部分(最重要事項)について、どうしたい」というテンプレートで文章を創れば、長文ばかりになってしまう女性も2・3行内にまとめられるはずです。

質問も返信しやすい内容で

相手にとって返信しやすい質問の仕方を工夫するのも大事です。

「彼の気持ちを知りたい」という複雑な内容が欲しくても、「どうなの?」という聞き方では相手も気持ちをさらけ出す気にはなりませんし、どうまとめて伝えるべきなのか分からずに、放置に繋がります。

あまりにもざっくりしすぎる質問は、答える範囲が広すぎて答えられないのです。

一番聞きたい事は何か、こちらはどう予想しているのか、など情報を伝えれば答えやすくなります。

言い争いになって気まずさが残っている彼氏に「あれから、どう?」「気持ちの変化はあった?」と投げやりな聞き方よりも、「この前ケンカをしたけど、まだ怒っている?」「私はもう気持ちの整理がついたから、仲直りしたいけど、まだモヤモヤしているなら話してほしい」と送りましょう。

何をすればいいのか、どんな言葉を返せばいいのか明確にしてあげると、相手も動きやすくなるのです。

送信前には何度も読み直す

誤字や脱字、読みやすさ、反応のしやすさなど、勢いに任せて送っただけでは見つけられないことが多いので、何度も読み返してから送信しましょう。

心の中の状態を文章化しているので、大抵の場合間違いがあるとは思っていませんし、相手に伝わっていると思い込みます。

後から見返したら、何が言いたいのかさっぱり分からないというケースも珍しくない事です。

頭の中では全ての流れが入っていますし、前後の出来事も全て知っているので、自分的には「分かるだろう」と思って送った文面でも、全体的な動きを見ていないカレからすればいきなり何の話が始まったのか分かりません。

相手にもあなたとは違う一日が流れていて、多くの情報が入っていますので、何についての会話なのかを最初に提示することが、スムーズなやりとりに繋がります。

二人だけの会話だとしても、いきなり質問だけ投げかけられても、分からないことがあるという事実を知っておくだけで、寄り添い方の会話が出来るようになるはずです。

すぐに既読になるのに返信が来ない時は深刻になりすぎない

ラブラブのカップルでも、お互いに別々の人格ですし、それぞれの人生を歩んでいますので、思った通りに事が動かないことがあっても仕方がありません。

すぐに既読になる割りに全然返信がないとしても、深刻になりすぎず「忙しいのかな」くらいで考えているだけで、気持ちは楽になります。

いつも繰り返して対応されないのであれば、あなたの送り方を振り返って、反応しやすい文章作りを心掛ける事も工夫の一つです。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2022】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事