元彼がお金を返してくれない…借りたお金を返そうとしない男性心理&波風を立てずに返してもらう取り立て方・返済を諦める時に考える事
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「お金を返してくれない」「もう別れてしまったから諦めてしまわなければいけないのかな」と元彼と金銭トラブルを抱えて悩んでいるあなた。

借りたお金を返そうとしない男性は、付き合っていたあなただからこそ抱く心理があったり、返したい気持ちはあるのに出来ない事情があったりするものです。

元彼がお金を返してくれない時、今後どう返済してもらうか詳しくご紹介しましょう。

「相手の気持ちを考えると、無理に取り立てはしたくない」という優しいあなたのためにも、波風立てずに動いてもらう方法もお伝えしています。

もう諦めて気持ちを切り替えをしたい人のためにも、考えるべき事を伝授しますので、あなたの心をスッキリさせるために参考にしてくださいね。

白黒はっきりさせることも、すっぱり忘れてしまう事も、あなたの未来のためになる方を選び、行動に移しましょう。

目次

彼女に借りたお金や共同貯金していたお金を返そうとしない男性心理

恋人関係は一心同体だから自分にも使う権利がある

彼女に借りたお金や共同貯金していたお金を返そうとしない男性心理は、恋人関係は一心同体だから、自分にも使う権利があるというもの。

人を好きになるという事は同じでも、片思いと両思い、恋人という関係では大きく意味合いが違います。

交際をするという事に明確な定義はありませんが、それぞれ胸の中で「付き合うとはこういう事」と決めている事があるのは事実です。

ある人は、体の関係まで許してもいい人とし、また他の人は全てを知り許しあっている相手と定義していることも。

借りたものを返さないヒトの中には、彼女と共同貯金をしている段階で「二人の将来の為」「どちらかに何かトラブルがあったときの為」と考えながらしている人もいるので、女性側との意識にズレが生じている事があるのです。

女性がカレと共通認識だと思って「結婚資金」として貯めていたお金も、男性は「問題が起きた時には使っていい」と考えていた場合、自分に困りごとが起きた時に使ってしまいます。

そもそも緊急時を特例として受け入れるつもりで貯めているので、罪悪感はなく当然返済しなければいけないものだとも考えていません。

彼女たるもの好きな男の頼み事は黙って聞くべき

恋人のお金を返さない男性心理は、彼女たるもの好きな男の頼み事は黙って聞くべきだというものがあります。

古風な男の人は、亭主関白な考えを恋人の時点から強いるものです。

「俺のこと好きになったなら、文句を言うな」「男の言う事は絶対だ」と男尊女卑の考えが根付いています。

しかし、育った環境や教育状況から植え付けられている考えなので、本人も悪気があるわけではありません。

社会的にも女性の立場が確立されてきた現代では、「男女平等」という考えが当たり前になっていますが、心を許せる彼女相手にだからこそ、「そうあるべきだ」という根本的思考に支配されます。

用立てが必要な場面があれば、彼女がそっと用意しておくもの、と考えているので、返済を迫られている事は、愛情がなくなったと感じてしまうのです。

「好きな男が使う金に何の不満があるんだ」「好きなら喜んで差し出すはずだ」と彼女からの愛情を信じているからこそ、返済義務はないと考えています。

お金があって助かった事実があるのだから出所は忘れて欲しい

借りた金を返さない男性心理は、お金があって助かった事実があるのだから、出所はもう忘れて欲しいというもの。

一緒に貯めていた引っ越しのための資金や結婚準備金、二人で生きていくための生活資金など、共同で管理していたモノに対して、とても大切に使いたいと考えている人も、お金を返さない場合があるのです。

突然の事故で賠償金が必要になった、病気の発覚で緊急手術をしなければいけない、親が倒れて施設への入所のためにすぐまとまったお金がいる、など想定外の出費は誰にでも起こり得ます。

せっかく二人のためにと貯めたものであっても、「お願いだから使わせてほしい」とそちらに回すことも。

この時には、急な出費に対応することが出来、心から安心したはずです。

その後二人の関係が悪化した時に、「二人でためたお金なんだから私に返してよ」「あの時出してあげた分、別れる前に清算してよね」と女性側から切り出されても、男性としては寝耳に水状態。

「わざわざ話題に出すなんて」「あの時助かったんだから、その話は終わりにしよう」と使った事を蒸し返されることに困惑します。

そもそも自分の好きなように使おうと思っていた

共同貯金や彼女のお金を返さない男性心理は、そもそも自分の好きなように使おうと思っていたというものがあります。

金銭に対しての執着が強く、愛情よりもお金が大事な人。

彼女と付き合い始めた理由も、親が金持ちで「自由に遊べそう」「何でも買ってくれそう」という理由もあります。

「二人の未来のために貯めよう」とは口ばかりで、そもそも最初から全て自分が遊ぶ金欲しさに彼女に頑張ってもらっていただけです。

結婚詐欺などもこれに当たります。

確かに愛情はあっても、好きな男にはいくらでも貢ぐ女性は、金に固執する人からすれば格好の餌食。

少し借りるつもりが、いくらでも渡してくれたり、予想以上に羽振りが良かったりする様子を見ているうちに、どんどんむしり取ろうという考えが浮かびます。

当然、返そうという考えはないので、彼女がいくら返済を迫ったところで、聞く耳を持たないはずです。

自分が覚えていないことは受け入れられない

返そうとしない男性心理は、自分が覚えていない事は受け入れられないというものです。

お金と言うものは、非常に厄介で人間関係をダメにすることが多々あります。

特に、貸し借りは知り合い同士でするべきではありません。

貸した方は例え100円でも覚えていますが、借りた方はすぐに忘れてしまうのが関の山。

知り合い同士、ましてや恋人間では借用書や覚書までする人もいないので、借りた側はいつも忘れてしまうという状態が続きます。

「あの時の1万円返してよ」と問い詰めても、相手側からすれば「いつの話?」「そんな記憶ないよ」と水掛け論となるのです。

お金に困っている人は、頻繁に金欠状態になることが多いだけでなく、彼女だけでなく周囲の友達や親にも助けてもらっている事もあるので、そのうちの一回や二回などの助けは記憶に残らなくても仕方ないといえます。

しょっちゅう「お金がない」「食べるものもない」と言っている人に対して、お金を貸したところで、記憶に残っていると期待できるものではないわけです。

別れてから返してもらえない可能性が高いお金を貸した時の理由

見込みのないものへの投資「夢を応援したい」

別れてからも返してもらえない可能性が高いお金を課した時の理由は、見込みのないものへの投資で「彼の夢を応援したい」というものです。

お金が動く時には、しっかり計画性を持って貯め込んだものを使う時と、未来への投資として今あるなけなしのお金を投げ込むときとあります。

起業や知識を持ったうえでの株投資などは、将来帰ってくる見込みのあるお金だと振り分けることが出来るはずです。

しかし、「ここで一発当てれば夢を追いかけて上京出来る」「一攫千金狙って、好きなものを手に入れたい」などギャンブルや努力していない状態での夢を語る場面では、帰ってくる見込みがないといえます。

競馬やボートレース、パチンコなどギャンブルに億万長者の夢を託すヒトは多いですが、リアルに考えれば、よほどの強運の持ち主か、抜群のセンス、ずば抜けた知能がなければ難しいといえるものです。

努力や経験値を積んだ上での投資でない限りは、戻ってくる可能性は低いものだと判断できます。

生活をするための必要経費「困っているカレを助けてあげたい」

戻ってくる可能性のない現金を渡した時の理由は、生活をするための必要経費です。

どうしても就職先が決まらない、バイトを掛け持ちしても赤字生活が続いている、など生きていくためのお金に困窮している場合、彼女としては「どうしても困っているカレを助けてあげたい」という心理になります。

「このお金は貸してあげるんだから、働けるようになったら返してね」「今は生活費を出してあげるけど、いつかは私に返してね」など、いわゆる出世払いを期待して渡したとしても、その日の生活で精一杯の人に未来の期待をかけるのは酷な話です。

今は電気がある生活が当たり前で、何もかも簡単に手に入れられる時代になりました。

だからこそ、電気がない、水が出ない、ネット環境がない生活はそれだけでものすごく不便に感じるもの。

貧乏の基準値も、人それぞれボーダーラインが異なるようになっているはずです。

彼女が「これは困っている」と思っても意外に本人は平気な事も。

生活に対して助けてあげたい一心で出したお金は、受け取る側は単に親切だと感じやすいので、戻ってくる可能性が低いといえます。

借金返済のための資金「自分だけに頼ってくれる事が嬉しい」

返してくれる可能性が低い貸したときの理由は、借金返済のための資金です。

付き合っている彼氏が、過去に大きな借金をしている事が分かった場合や、知らない間にデート資金としてや隠れてギャンブルなどをしていて金融業者から借りていた時、「彼女なんだからどうにかしてあげたい」「自分にだけ頼ってくれる事が嬉しい」と思えば、自分の懐から援助することもあります。

恋人ならではの絆を、金銭で繋げられている気持ちになり、「彼氏の役に立ててうれしい」「他の人には言えない事を話してくれた」と喜びを感じる女性もいるものです。

男性の借金返済のために、今まで働いて貯めてきた貯金を使ったり、親からの仕送りをそのまま彼氏に渡したりするのは、その時はよくても後々トラブルを生むことになります。

彼女のおかげで完済した後やせっかく彼の為と用立てたのに浮気が発覚した等の場合、「今までのお金を返して」と言ったところで、男性にお金を作る能力はありません。

お金を作る能力がない人にいくら訴えたところで、現実が動くものではないのです。

失敗したことで必要となった賠償金「彼の失敗の責任をとるのは彼女として当然」

戻ってくる可能性の低い貸したときの理由は、失敗したことで必要となった賠償金です。

男性が仕事で失敗をして必要となった損失額は、想定外の出費にも程があります。

「お客さんの大事な絵画を傷付けてしまった」「事故を起こして逮捕された」など、本人でも予想外の臨時出費は、蓄えがある人でなければ即座に出せるものではありません。

周囲の人に頭を下げて、お金をかき集めて対応する人もいるくらいなので、彼女にお願いをするのも男性としては一つの方法です。

「彼の失敗の責任を取るのは彼女として当然」と考えて、賠償金に支払う金額を補填したなら、もう返ってくるものではないと考えましょう。

毎日の生活をする中で、大きな貯金額を確保できている人は、ほんのわずかです。

普段貯金を出来ていない人が、今の生活にプラスして、返済分の恋人用に金額を間引くなど、現実問題として、できないところ。

今後も見込みが出来ないものと言えます。

迷惑をかけない事の代償「この人の気持が済むなら手切れ金のつもりで」

戻ってくる見込みの低い貸したときの理由は、迷惑をかけない事の代償というもの。

暴力的で攻撃的な彼氏の場合、あらゆる理由をつけて彼女からお金をとろうとしてきます。

DVやギャンブル好きなどから「これが最後にするからお金貸して」「手を上げないと約束するからお小遣い出して」と要求するのです。

自分が恋人を傷付けている自覚があるので、その代償として金銭を「借りる」という名目で要求してきますが、到底返す気持ちはありません。

他の女性にプレゼントを買って浮気をしていたり、好きなだけお酒を買って溺れたりと、堕落している男性。

逃げることが出来ず、「この人の気持が済むなら手切れ金のつもりで渡そう」「暴力は振るわないって言ってくれているからお金を渡して信じよう」など、男性に洗脳されている状態にすら気付かないところです。

もちろん、お金を渡したからと言ってこの手の男性は、暴力を辞める事もないし迷惑をかけ続ける事を何とも思っていないと言えます。

元カノにお金を返したい気持ちはあっても返せない元彼の事情

いつまで経っても返済できる所まで貯まらない

元カノにお金を返したい気持ちはあっても返せない元彼の事情は、いつまで経っても返済できる所まで貯まらないというものがあります。

お金は簡単に手に入れられる人と、いくら頑張っても労働の割に低い対価としてしか入ってこない人といるものです。

金銭的余裕がない人は、後者の人が圧倒的に多く、一日寝る間も惜しんで働いても、ようやく生活していく事で精一杯という人がほとんど。

生きている限り、衣食住は整えていなければいけないし、贅沢していなくてもお金はかかるもの。

「早く返したい」と思ってはいても、自分の生活を優先するとどうしても貯めることが出来ません。

今以上の労働を強いられると身体が壊れるし、すぐに時給や月給をあげてもらえるわけでもないのが現状。

前に付き合っていた人だから強制的な取り立てもなく、「待ってくれる」という状況があるため、どうしても返済の方までお金を回す事が出来ないのです。

普段の生活サイクルの中で、生活費以上に収入を大きくするのは、よほどの覚悟と計画性が必要と言えます。

やりたいことが次々に出てくるから後回しにしてしまう

元カノに返したい気持ちはあっても、出来ない元カレの事情は、やりたいことが次々に出てくるから、後回しにしてしまうというもの。

男性にとって、人生はチャレンジの連続です。

自分の才能を見つけて活かしたい、成功を掴みたい、どこまで出来るのか力を試したい、など好奇心旺盛で向上心のある男性ほど、夢を多く見つけます。

例えば「デザイン関係の仕事をしたい」と思って、専門学校に通い始めたところ、「現場でも修業を積みたい」と就職先を決め、「建築士の資格を本格的に取得したい」と勉強、さらには「事務所を構えたい」と経営の勉強をプラスしていくなど。

人生は同じことの連続ではありません。

常にアップデートをしていくことで、人として成長し、豊かで実りある生き方が出来るのですが、その為には資金が必要と言う事も事実。

元カノから借りた軍資金も、次のステップに進めば返す間もなく、また別に準備する必要が出てきます。

次々にやりたいことが増えるため、返済する前に先に進みたい気持ちが大きくなり、後回しにしてしまうのです。

元カノに未練を持っているから会う口実として残す

返したい気持ちはあるのに出来ない男性の事情は、元カノに未練を持っているから会う口実として借金を残し続けるというもの。

別れてしまっても借金が残っていれば、返済のために会うことが出来ます。

相手が怒っているとしても、元彼としては会えること自体が嬉しい出来事です。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

完全に気持ちがないと感じられる元カノであればなおさら、理由がなければ絶対に会ってくれません。

お金の問題はデリケートで、本当は早く終わりにした方が良いとは重々承知していながらも、元カノとつながりとして唯一の接点となっているお金。

最後の一万円など、いよいよ口実がなくなることが惜しくて返したくなくなります。

不器用な男性に多く、気持ちを素直に言えないタイプです。

本当はものすごく好きなのに、彼女からお金を借りたばかりに破局を迎えた、というカップルは、男性の未練を拭い去るきっかけも掴めないままの状態。

「失敗したな」と後悔しながらも、どうにか繋がり続けられる方法はないかともがいています。

どうせなら利子をつけてプラスで返したい

返したくても出来ない男性の事情は、どうせなら利子をつけてプラスで戻したいというものがあります。

お金を借りるというのは、男性にとってもプライドを傷つけられることです。

自分の失敗であっても、彼女に迷惑をかけた事を非常に申し訳ないと考えています。

どうにかして挽回したい、迷惑をかけた分相手を喜ばせたいと考えている男性は、元金分に利子をつけてプラスで戻す事が、一つの方法だと考え着くのです。

20万貸してもらったなら、「30万まで貯めて渡そう」と大盤振る舞いの金額設定をしますが、なかなかハードルの高いものでもあります。

男の意地として、「本当はこのくらい出来るんだぞ」と実力を示したい場面でもあるのですが、目標をクリアするのは難しい状況。

元カノはそこまで望んでいないのですが、だからこそサプライズで喜ばせたいという気持ちもあります。

元恋人に「どうなっているの」と質問されても、目標達成してから驚かせたいと思っているので「もう少し待って」「まだダメなんだ」とはぐらかし、女性側からは意図が見えません。

仕事が決まらず収入がないからどうしても返せない

返したくても返せない男性の事情は、仕事が決まらず収入がないからどうしても返せないというもの。

このご時世、仕事先が見つかることも当たり前ではなくなりました。

ましてや、人が必要とされない時代に突入しています。

ロボット参入やIT技術で、人為的な仕事がどんどん減っているのです。

逆にクリエイティブな分野では、才能ある人やリーダシップのある即戦力として使える人材が多く求められています。

カリスマ性や深い専門知識など、ハードルが高いのも事実で、資格がなくて一般の勉強しかしてこなかった人にとっては、受け入れ先がないのも事実。

アルバイトや派遣社員など、その日暮らしの生活が精一杯やネットカフェ難民となっている男性にとって、仕事が決まらない事で無収入が続いているので、元彼女にお金を返すどころの話ではないのです。

悪いことをしたわけでもなくても、収入格差がある日本。

貸したものを返さないからと言って、非道な人だと責める事もできないのも悲しいところです。

お金を返してくれない元彼から波風を立てずに返してもらう取り立て方

月に一度食事を奢ってもらって返済分とする

波風を立てずに返してもらう取り立て方は、月に一度食事をおごってもらうことで、返済分とするというもの。

お金の使い方は自由です。

好きなものを買ってもいいし、美味しい食事を食べてもいいので、通貨は何にでも変化できるモノとも言えます。

お金を貸したからそのまま現金で戻してもらわなければいけないというのは、通常のルール。

けれど、返してもらったお金をあなたは何に使うのか考えてみましょう。

あなたの好きな服に変化するか、仕事で使う文具になるか、結婚式などのご祝儀に変わる事も。

中でも必ず必要となるものが、食べ物です。

月に一度くらいは外食もするでしょう。

波風を立てたくないなら、外食費用に充てるお金を返してもらうと考えて、元彼に奢ってもらうのです。

月に一度一緒に食事をする約束をし、その時の代金は払ってもらう話を先に付けておきます。

現金を渡すことに抵抗はあっても、ご飯を一緒に食べて代金を払う事に対しては、ハードルが低いと感じるわけです。

近況を聞くことも出来るし、楽しい時間を過ごせることにもなります。

返済分とするので、食事代金はメモして置き、自宅で計算をしておきましょう。

500円玉を貯金箱に入れてもらう

波風立てずに取り立てる方法は、500円玉を貯金箱に入れてもらうというもの。

手軽にできる貯金として、500円玉を貯める人が多くいますが、返済として活用するなら、この方法が簡単です。

貯金箱を元彼に渡して「これが一杯になるまで頑張ってね」と言っても、順調に進む人はほぼいません。

頑張れと言われたら頑張れない人が多いという事を理解し、相手の行動に任せてはゴールが全く見えないということも知っておきましょう。

この方法を活用する時には、貯金箱をあなたが管理します。

月に何度か、また長いスパンでも構わないのなら数カ月に一度でも構いません。

遊びに行く予定やただ話をするだけでもいいので、会う都合をつけましょう。

その時に、財布の中にある500円玉や1000円札を可能な限り入れてもらいます。

集金するのは、「その時出せる限り」をルールとする事が、無理なく取り立てられるコツです。

キャッシュレスの時代なので、現金を持ち合わせていない人も増えてきています。

基本的に現金を持たない主義の人には、不向きな方法ですが、会う時だけでも持ってきてもらうことで、返済の意識を低くしたまま返してもらえるはずです。

新しい彼女が出来たら借金を伝えると宣言しておく

波風立てずに帰してもらう方法は、新しい彼女が出来たら借金を伝えると宣言しておくことです。

男性はプライドが高く、人に弱みを見せたくない生き物。

好きな女性にはなおさらです。

元彼女として、心を許してくれたあなたにだからこそお金をお願いしたかもしれませんが、好きになったばかりの相手や付き合いたての恋人に、経済的に困っている事を知られるのは男の恥。

次の恋人が出来たら借金があることを伝えると前もって宣言しておくことで、「恋愛の邪魔をされたくない」と焦りを感じます。

「あの子にだけは知られたくないから早く返そう」「情けない男だと思われてしまうのは辛い」と元彼氏の罪悪感を引き出すことで、自主的に動いてもらえるのです。

一緒にアルバイトを始める

波風立てずに取り立てる方法は、一緒にアルバイトを始める事です。

何をしても逃げ癖がある男性と言うのは、約束事が守れない場面が多くあります。

元彼氏と会うこと自体が苦痛でなければ、一緒にアルバイトを始め、監視下に置きつつ収入を確保することです。

もちろんアルバイトの目的は、借金返済。

女性自身も働くことが苦痛でない事が前提になりますが、「元彼氏のためにも、しっかり生きられる人になって欲しい」と母性が働くなら、この方法でも温かい気持ちでカレを見守れます。

同じ職場で働くことで、収入を見積もることが出来るので、どのくらい返してもらえるかのめども立つはずです。

副業であれば、基本的にはアルバイト料の半分以上は返してもらいましょう。

全額取り上げてしまうと、働く意欲を削がれて、勝手に辞めたり逃げたりしてしまう可能性があるので、いくらかは相手にも残るようにすることがポイント。

半分、三割でも受け取ることで、心のわだかまりが無くなっていき、あなた自身も収入が増えることで余裕が生まれます。

キャッシュレス決済で送金してもらう

波風立てずに取り立てる方法は、キャッシュレス決済で送金してもらう事です。

スマートフォン一つで、お金のやり取りが可能な時代に突入しました。

世の中の支払いはキャッシュレスで行えるところがかなり増え、飲み会などの支払い時も割り勘機能や送金が出来るシステムが使えるはずです。

離れていてもお金を送りあえる送金機能を使い、週に一度1000円など金額を決めて送ってもらいましょう。

現金を持つ事に抵抗がある人も増えていたり、現物を貯金して渡すというのはなかなか難しいと感じたりするもの。

「10万円借りたけど全然貯まらない」「ゴールが遠すぎてやる気にならない」と問題を後回しにする理由にもなります。

その点1000円であれば、自由に動かせるタイミングも多く、スマホ内であれば「使っている」という感覚も少ないので、気軽に送金できるのがメリットです。

「今週分の1000円送ってね」「送金のタイミングが来たよ」と一言メッセージを送るだけで、サッと送られてきます。

お金を返してくれない元彼からの返済を諦める時に考える事

好きな男にお金を出した時点で惚れたもの負け

戻ってくることを諦める時に考えるのは、好きな男にお金を出した時点で惚れたもの負けというものです。

好きな人には何でもしてあげたくなるのが、女の性。

困っている人を助けたいと思うボランティア精神や彼の気持ちを引き留めたいというあざとい考えなど、現金の貸し借りを恋人間で行う時には様々な感情が動いています。

今はお金を返してほしいという執着だけの気持ちが残っているとしても、渡したときには「この人のためになるなら」などの優しさがあったはずです。

恋愛感情を抱く相手には、弱くなるのが人の心理というもの。

返してくれないなら、その時に優しさや慈悲で現金を渡した自分の責任だと考えましょう。

惚れたもの負けという言葉がありますが、恋心を抱けば何でも受け入れてしまうのも、世のカップルによくみられる問題です。

「そんな人を好きになってしまったんだから仕方ない」「返さない人だと知っていたら好きにならなかったかな?やっぱり違う事で好きになっていた」と惚れてしまった事を罪だと考え、お金に対する執着を手放しましょう。

正式な手続きなしに貸したのだから仕方がない

諦める時に考える事は、正式な手続きなしに課したのだから仕方ないというもの。

赤の他人同士がお金の貸し借りをするのは、正式に借用書などの書類がなければトラブルが起こるのは当然の事です。

例えば、道行く人に「これから起業するから500万融資してください」と言われて、何の担保もなく渡す人はいないはず。

銀行に行けば、必ず書類を揃えて提出し、「融資をしても返済の見込みがあるか」と調査が入り、多くの人のチェックを経て現金が渡されます。

ところが恋人同士となれば、途端にその厳しい一連の流れを飛ばしてしまうのです。

彼氏と言えども、他人。

本来なら、個人間の融資をするべきではなかったと、トラブルが起きてから分かります。

正式な手続きをせずに、返済のめども立たない相手にお金を渡してしまった事が、そもそも間違いだったと考え、経験した事への反省を込めて考えを辞めると、未練を断ち切ることが出来るわけです。

お金にだらしない人とは縁を切るべき

諦める時に考えるべき事は、お金にだらしない人とは縁を切るべきというもの。

好きになった人がお金にルーズか、しっかりした金銭感覚を持っているかというのは、実際に付き合い始めてデートを重ねてから分かる事です。

食事代を奢ってくれたり、割り勘にしたりなどの場面から感覚を知ったり、旅行費用を一緒にためたり親に援助してもらったりなどのシチュエーションから、その人のお金の流れ方についても理解できます。

金銭感覚についてしっかり分かった時に、別れられるうちならまだ良かったのですが、しっかり好きになって、現金を渡してしまう程惚れこんでしまっていたのなら、今からでも縁を切るべきです。

縁を切ることに遅いことはありません。

今、ハッキリ「あの人はルーズだ」と気が付いたのなら、早急に縁を切るよう気持ちを切り替えましょう。

取り立てでいつまでも関係を続けていては、あなたにとって悪い影響を及ぼす可能性があります。

あなたの明るい未来のために、気付いたタイミングで、縁を切り、お金は諦めましょう。

別れてよかった!勉強代として経験値をゲット

諦める時に考えるべき事は、勉強代として経験値をゲットしたということです。

お金に関しての勉強は、小学生になって数の勉強をする時、実際社会に出て稼げるようになった時、自分で生活をし始めて支出を意識した時、ファイナンシャルプランナーとして他の人の役に立ちたいと思った時、と数少ない場面でしかありません。

お金に関して使い方や稼ぎ方を教えてくれる人もいますが、関心を持って学びに行かない限りは、プロとの出会いも自然にはない程です。

恋人として現れた相手から、金銭感覚や使い方、人とのやり取りについて学ばせてもらえたことは、貴重な体験と言えます。

「私に借金を作って」と友達にお願いしたところで、友情にひびが入るようなことに相手をしてくれる人もいないはず。

辛い思いをたくさんした事、しっかりとお金について向き合う時間を作れたこと、全てはあなたにとって学びとなりました。

嫌な役を引き受けてくれた元彼に、感謝の気持ちさえも抱けます。

二度と他人にお金を渡すことはしないでしょうし、信頼している人も裏切るという事を学んだ出来事は、あなたの財産になっているのです。

勉強代だと思って、笑顔で卒業しましょう。

血肉を分ける程大切な人だったのなら素敵な事

諦める時に考える事は、血肉を分ける程大切な人だったのなら素敵な事というものです。

お金は、血液そのものと考える人もいます。

労働、食料や生活、利便性などの対価、と生きていく中で必要なものとして使っていますが、お金は時に人を狂わせるものです。

なければ生きていけない、価値がない人だと判断される、弱者として競合出来ない、など「お金さえあれば」と悔しい思いをする誰かがいるものまた事実。

使い方に気を付けるべきだと知っているから、大切に活用しようと思うものですが、間違えると人間関係の崩壊を招き、理性さえも奪ってしまいかねません。

基本的に貸し借りはしない事が望ましいですが、「この人の為なら」と我が身の血肉でもあるお金を分けてあげたいと思えた人がいるなら、それは素敵な事だとも言えます。

自分の大切な血液を分けてまで、助けてあげようと思えた相手と巡り合えたそのキセキに、喜びを感じることも出来るのです。

「絶対に金銭トラブルは避けたい」と思っていた人なら尚更、覚悟して分け与えた事実がある事を思い出しましょう。

上手に取り立てる方法を実践しよう

恋人同士であれば、つい甘えが出てしまうものですが、金銭トラブルになると急激に関係悪化してしまうのもよくある話です。

相手の気持ちを知り、お金を返してくれない事情などもしっかりと調査しましょう。

元彼の性格や価値観から、上手に取り立てる方法を実践する事で、波風立てずに完済してもらう事も可能です。

諦める事を決める時には、一つ大人になる考え方を取り入れることで、女性としてもステップアップできますよ。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事