彼氏が情緒不安定?付き合う前にわかる感情がコントロールできない男性の特徴と対処法
あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット



あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット

宇宙が誕生したときから全ての記憶が眠っているとされる、アカシックレコード。「集合意識」や「宇宙の塊」とも呼ばれる存在で、この正解の過去の歴史・未来までもが全て記されているんです。

アカシックタロットは、タロットカードを用いてアカシックレコードにアクセスするリーディング方法。

誰もが知りたかった事実を、今読み解きます。

  • アカシックタロットを試す

  • 「彼氏が情緒不安定だけど、どう対応したらいいの?」「女性なら分かるけど、男性のメンタルが安定していないのはどうして?」と恋人に対して不満を抱いている方へ。

    女の人はホルモンバランスや感情面の揺らぎなどで、日によって表情がコロコロ変わるものですが、常に情緒が不安定になっている彼氏と付き合っていると、どんな声掛けをしていいものか考えてしまいます。

    「私の彼氏は情緒不安定かも」と思う時、そんな男性の特徴や性格、行動パターンなども理解しておく事で寄り添う事が出来るので、お伝えしていきましょう。

    どうも話が通じない、感情の起伏が激しくてどうすればいいのか分からないと感じているなら、対処法を手に入れられることで、穏やかな日常に向けていい関係性を作っていけるはずです。

    目次

    彼氏にしたら苦労する?情緒不安定な男性はどんな性格?

    プライドが高すぎる

    プライドを持っている男性は、男らしさや自信もありますのでステキに見えることも多いですが、過剰になってしまうと情緒が不安定になる事もあります。

    プライドとは、自分の才能や努力して出来るようになったスキルなどを正当に評価してもらう事に強いこだわりを持っている事です。

    能力や実行力は、リーダーシップにも繋がりますので周りの人に憧れられたり、団結力を生み出したりすることも可能。

    ただし、過剰になってしまうと承認欲求も強くなります。

    正当に評価してもらうことにこだわりすぎて、自分の枠から外れた意見やタイプの人を毛嫌いする事もあるはずです。

    少しでも「受け入れられなかった」と感じてしまえば、怒りの感情に任せて、攻撃的になってしまう事もあるため、恋人としては非常に居心地が悪く感じてしまいます。

    周りに流されやすい

    周りに流されやすい男性は、情緒が安定しにくいといえます。

    世の中には、十人十色で本当に様々な人がいるものです。

    育ってきた環境、関わってきた人、経験して失敗や成功してきたことなど、全てが違うからこそ化学反応が起こって面白くなります。

    逆を返せば、全く違う事を受け入れていないだけで、共感出来ない部分にばかりフォーカスして、苦しくなることも。

    どちらにも属さないのが、流される人です。

    自分の中のこだわりや正解がない状態で、色んな人の考え方それぞれに流されていると、日替わりで近い関係性の人の影響を受けやすくなります。

    職場の上司がイライラしていると、同じように心が狭くなり苛立ち続けてしまいますし、仲のいい人にハッピーが訪れれば自分の事の様に喜びますので、気分や感情が安定しません。

    失敗するとすぐに落ち込む

    感情のアップダウンが激しい人は、失敗に対して過剰な反応を見せます。

    事業の成功者や悟りを開いている僧侶などは、感情が安定しているはずです。

    これは、世の中の出来事は全て必然だと知っているからであり、学びを得るために起きていると理解しているから。

    どんなことが起こっても、失敗だと受け止める事はありません。

    しかし、一般的には頑張っている事が上手くいかなかったら失敗だと思いますし、思い描いていたゴールにたどり着けない事で「ダメだった」とジャッジします。

    失敗だと感じた時に、次に生かせる方法を見つける思考回路に切り替えることが出来るのであれば、悲しんで落ち込んで、前に進みだせなくなるという事は無くなるはずです。

    一つの失敗で、この世の終わりが来たくらいに落ち込んでしまうのは、冗長不安定の男性の特徴と言えます。

    ネガティブな発想が多い

    ネガティブな発想ばかりしてしまうのは、精神面が安定しづらい原因です。

    一つの事象に対して、どう受け止めるかは本人の自由。

    常にポジティブな考えをしている人は、何でも「ラッキー」と思いますし、ネガティブな人は「最悪だ」と自分や周りを責めてしまいます。

    他にも、6割の人は出来事に対して、良くも悪くもその時の受け止め方によって変化するものです。

    ポジティブな捉え方が出来る場面もあるため、落ち込みすぎなくて済みます。

    何でもマイナスに捉えてしまう人は、いつでも悲劇だと感じてしまうため、落ち着きや安心を抱きにくく、気持ちを安定させることが難しいところです。

    辛い現状ばかりだと感じてしまっている日々ですから、落ち込み具合は拍車がかかって自己コントロールが出来なくなります。

    飽きっぽい

    感情の波が落ち着かない人は、飽きっぽいという一面も持っています。

    一つの事を継続できるのは集中力があるだけでなく、自分の精神面の状態も自覚しているからです。

    逆に、飽きっぽい人はどんなところに興味を持って取り組み始めたのか、何が気に入っていて、自分と合わないものは何かを分かっていないといえます。

    感情の波がある分、どの自分が安定しているのかを把握できていないので、何に対してもはまり込むことが出来ず、モチベーションを維持するのも難しいのです。

    遊ぶ友達、外食で行く場所などがコロコロ変わります。

    付き合っていると変化があって楽しいのですが、飽きが自分に向かう可能性があると考えると恐怖を感じるはずです。

    「もう一緒に居ても楽しくなくなった」と平気で言葉にしてしまうタイプですので、どこに意識を向けているのかを把握しておきます。

    女性を見下すような発言が多い

    女性を見下す発言が多い男性は、感情に左右されやすい人だといえます。

    男性が自分のご機嫌を取れない人であれば、周りの人や環境に不満を持ち、感情のままに文句を口にするものです。

    自分が常に正しいと考えており、考えや行動に賛同できない人は「ダメな奴だ」というレッテルを貼ります。

    環境に目を向けている分、社会との繋がりが強い男性の方が優秀だと考えがちです。

    女性に対して見下すクセがついていますので、会話の中でもすぐに文句や不満を言ったり、「だから○○なんだ」と悪い前提があるような言葉が出たりします。

    付き合っていると、何でも代わりにやってくれたり、引っ張ってくれたりするので、「優しい人」「頼りがいがある」と思うこともありますが、「彼女に任せるとロクなことにならない」「どうせ出来ないだろう」という前提があるのです。

    彼氏になる前でもわかる?情緒不安定な男性の特徴は行動にも表れる!

    嘘をついたり話を盛りすぎたりする

    感情コントロールが苦手な人と関わっていると、会話に違和感が出てくることがあります。

    どうでもいいことでも嘘を吐いたり、話を盛りすぎたりして、自分を守ろうとする傾向が見られるところです。

    どんなメリットがあるのか分からないウソを言うのは、普段から自分を守りたいという庇護欲があるから。

    「嫌われたくない」「悪く思われたくない」という感情が根底にあるので、日々の基準が全てここに合わせられています。

    今は友達であれば、嘘があろうと話を盛っていようと、「面白い人だな」という程度で済みますが、お付き合いするとなるとコミュニケーションが難しくなるのは明白です。

    常に、自分の事ばかりを考えている男性といると、カレの気分のアップダウンに左右されて疲れてしまいます。

    何でも否定から入る

    何でも否定から入ってしまう男性は、理想の姿が高い割にはそこに向かって行動していないタイプと言えます。

    世の中、良い事もあれば悪い事もあるのは当たり前です。

    上手くいかなくても「今から、ここから」と思えれば悲しむこともありませんし、落ち込んで立ち止まってしまう事もありません。

    理想の姿は思い浮かんでいるのに、行動が出来ない時には、動いていない自分を正当化しようとします。

    そのためには、出来ない理由があると説明するはずです。

    まず否定するところから、「自分の知っている世界にはなかった」「無理に決まっている」と前置きをすれば、何も動かなくて良くなります。

    正当化し続ける人は、悲しい事も苦しい事も言い訳をしますので、右往左往しながら感情も安定しないといえるところです。

    自分を大きく見せるため自慢話をする

    アップダウンが大きい人は、自慢話が多いと言えます。

    自分を大きく見せようとする気持ちがあるため、少しでも不利な状況や悪く見られていると感じた時などは、感情に任せて言葉や行動を起こすはずです。

    いつでも「自分はすごい」「上手くいっている」「人も環境も選んだ事は間違いない」という自信を持っています。

    自慢話を受け入れてくれる人には、優しくなったり手を掛けたりとプラスの関わり方をしますが、「そんなの偶然でしょ」「ラッキーだったね」と拒絶する人には、冷たく当たったり怒りをぶつけたりとマイナスの態度を見せるのです。

    自慢をするのは、人の反応が気になることが根底にあるわけですので、想定から外れたら気分が変動してしまいます。

    承認を求めるような発言をする

    承認を求める発言が目立つ人は、心が安定しにくいと言えます。

    自己承認を求めるのは、自然な感情です。

    頑張ることが美徳となっていますし、仕事と子育てを両立させようと余裕なく必死になってきた両親から育てられた世代からすると、愛されたい欲求がとても大きくなっています。

    心の奥底に愛されたい願望があるので、会話の中でも無意識のうちに承認を求める発言をしているはずです。

    同意を求める、共感をしてくれているか確認する、などの行為も見られます。

    周りの人に理解してもらえている、大事にされているという証拠を求めていますので、ちょっとしたことで孤独感も感じられやすいとも言えるところです。

    会話の中で承認を得られないと感じたら、落ち込んだり悲しくなったり、この世で一人ぼっちになってしまったような気分になったりと、周りの人が気を遣うほど暗くなってしまいます。

    自分よりも立場の弱い人に強気

    人間関係の中で瞬時に上下関係を作って、態度を変えるような人は心が揺らぎやすい人です。

    自分よりも立場が弱い、上手くいっていない、環境が恵まれていない人に対して、こちらの方が優れているとマウントを取ろうとします。

    弱い部分を見せたくないという気持ちがありますので、いつでも強くて周りの人に頼られている自分でいたい願望が強いのです。

    理想の自分に対して、周りからどう見られているかを比べているので、ウソや見栄も増えてきます。

    等身大でいることが怖いので、優位に立てる人を探して強気でいられる自分を演じているはずです。

    劣等感を持っていますので、仕事や恋愛で上手くいっている人や数多くの経験値を持っている人とは、端から張り合おうとはせず、静かに自分のターンが来るのを待っています。

    彼氏になると束縛が激しい

    恋人になると、途端に束縛が激しくなる場面が多々見られます。

    友達と恋人のはざまの時には、好きな人を手に入れるために必死なので、目標に向かって懸命に頑張っている分、感情が安定しているはずです。

    女性の気持ちが自分に向いていると分かった途端に、「離れてしまわないか」と不安に心を奪われてしまうので、ネガティブな方に揺らいでいきます。

    どうにか両想いをキープしなければいけないという状況は、強迫観念にも似たものとなり、必死で繋ぎ止めるための言動をし始めるのです。

    相手の行動を常に把握しようとしたり、気持ちをいつも確認したり、他の異性との関わりに制限を掛けるなど、リスクを極限まで減らして、彼女の感じ方よりも安心する事を第一優先にします。

    学生時代の友達が少なすぎる

    好意を感じた時の男性心理3

    嬉しい事や悲しい事に全力で振り回される人は、学生時代の友達が少ないという背景が見えてきます。

    社会人になってから出来る友達と違い、学生時代の友人はどれだけ気が合うか、一緒に居て楽な関係を築けるかが大きな要因となるところです。

    共通の趣味や似たような考え方、近い境遇や相手のことなら何でも受け入れられると感じる関係性など、本質の部分が繋がっている間柄と言えます。

    大人になると、時期ごとに必要な繋がりがあったり、メリットや条件で人を選んでしまう事も否めません。

    学生時代の友人は、それだけありのままの自分を見ているというわけです。

    そのころの友達が少ないのは、多くの人に受け入れられなかったという背景が見えます。

    狭く付き合っている人は、それだけ理解してくれる友達が傍に居てくれていたわけですので、深い付き合いだとも言えるはずです。

    SNSは大半ネガティブ投稿

    感じた事や見た景色をそのままネガティブな視点でSNS投稿してしまう人は、心の動きに敏感だからそうなっているといえます。

    見ている世界で小さな喜びや感謝を見つけられている人は、関わる人や幸せな気持ちにフォーカスしてテキスト作成を行うものです。

    心の動きに敏感で、自分軸がずれてしまう人は、見ている世界でどう感じて、いかに反省するべき点があるか、周りに迷惑をかけているか、上手くいかない理由は何か、細かくネガティブに拾っています。

    テンションも安定しませんし、多くが暗い発言となっていますので、見ている人も心配になってしまっているはずです。

    「何か落ち込んでいるのかな」「悩みがなかなか解決しないのかな」と見ている人に心配をかけているのは、優しいとは言えません。

    ありのまま表現することよりも、明るい世界観を発信しようとする心が落ち着きを作っていきます。

    男性が情緒不安定になる原因とは?一時的なものも?

    過度なストレス

    過度なストレスがかかると、情緒不安定になってしまうことも少なくありません。

    仕事に恋愛、人生設計や親との関係性など、悩みが尽きない現代人。

    真面目に一つづつ向き合って、全部ひとりでどうにかしなければいけないと気負っている人ほど、ストレスが過剰にかかってしまいます。

    適度なストレスは、刺激となり目標に向かって頑張る力を生み出しますので、必要と言えますが、積み重なって慢性的になったり、突発的に激しく加重されたりすると、平常心を保てなくなるところです。

    正常な判断が出来なくなり、未来をイメージするのが難しくなり、目の前の事をこなすことで精一杯になってしまいます。

    睡眠不足

    睡眠不足が続くと、心も疲れてしまいます。

    睡眠は、人生の3分の1を費やしていると言われているくらい、動物にとって必要な要素です。

    日中動かしていた筋肉や臓器を休め、五感で集めた情報を整理します。

    人間の脳はスーパーコンピューター並みに働いているとも言われますから、休ませなければオーバーヒートしてしまいます。

    やらなければいけないことが増えると、睡眠時間を削ってタスクをこなそうとする人も多いですが、休ませていない分、心も体も正常な働きが出来なくなるのです。

    自律神経も乱れてしまい、ちょっとしたことでイライラしたり、悲しくなったり、逆に喜びすぎて涙が出るなど、自分の体ではないように感じるケースも出てきます。

    仕事や人間関係にストレスを感じやすい世の中ですから、考えすぎているせいで眠れなくなるということもあるので、思考をクリアにすることも平行して行う必要があるところです。

    彼女に甘えたい欲求が強いとき

    期間限定
    復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

    もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

    「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

    「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

    と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

    ※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

    彼女に「甘えたい」という気持ちが瞬発的に高まった時には、感情を全面的に表現する男性も少なくありません。

    普段は、クールで落ち着いている人も、顔をくしゃくしゃにして笑ったり、下心全開で体をくっつけてきたりと、衝動のままに行動に移します。

    「普段、こんな事絶対にしないのにどうしたの?」「二人でいる時には、別人みたいになるけどカレは大丈夫?」と心配しているなら、無用です。

    大好きな気持ちの表れですし、好きな人に甘えたいという気持ちは誰もが持っていることですので、否定することでもありませんので、受け入れてあげましょう。

    頼りがいのある男性が甘えてくると、ギャップが大きくて戸惑うかも知れませんが、恋愛の場面ではよくあると知っておくと喜びが沸き上がるはずです。

    自信をなくしてしまったとき

    自信を無くして落ち込んでいる時には、弱音を吐いたり前向きな発言をしたりと一貫性が無くなることがあります。

    会話の中で発言の揺らぎが見えると「さっきまでこの世の終わりくらい落ち込んでいたのに、急に元気を出して精神的にどうなっているの?」と不安になってしまうかも知れませんが、カレは心の中を整理して自己解決しようとしているだけですので、問題ありません。

    女性は、感情の生き物ですから、悲しい事も苦しい事も感じ切るところまで浸る人も多いですが、男の人は早く社会に立ち向かって戦える状態に戻さなければいけないというプレッシャーを抱えています。

    遺伝子的に狩人ですから、精神的に参っている状態が長く続くほど、自分の身が危険だと感じ始めるからです。

    心は弱っているけれど、いつまでも悲しんでもいられないという複雑な心境がそのまま言葉として表れています。

    彼女がすべてを受け入れてくれると過信しているとき

    彼女の受け入れ態勢が完璧に整っていると信じ切っている時にも、心に浮かぶまま言葉を出してしまいます。

    男性は、会話をしている時や発言する時には、自分の中で正しいと思える結論を言おうとするものです。

    余計な理屈よりも、最終ゴールがどこになるのかを端的に伝えたいものですし、説明をするにしても必要なポイントを押さえています。

    結論に至るまでは、あらゆるパターンを頭に浮かべて、「ああでもない、こうでもない」とグズグズした思考が巡っているはずです。

    しかし、途中経過のぐらついている思考は格好良くないと思ってしまい、言葉に出す事はありません。

    お付き合いしている彼女が、どんな自分でも受け入れてくれると信じ切っている時には、グラグラしている迷っている状態でも見せていいと思ってしまい、つい何でも話してしまいます。

    聞く側は、出口のない迷った発言に、「どういう状態なの」と戸惑ってしまうところです。

    頭の中に在るイメージと目の前にいるカレが違えば、「何が起きているの?」と不安になってしまいます。

    こちらの記事では、日によって態度が違う男性について好き避けや本音など詳しくご紹介していますので、戸惑いを感じているなら参考にしてくださいね。

    彼氏が情緒不安定になっているのであれば支えてあげて!対処方法を伝授

    彼氏の話を聞いてあげる

    話を聞いてあげるのが、今すぐできる対処法です。

    男の人は、自分から気持ちをさらけ出すのが苦手と感じている人が少なくありません。

    けれども心が乱れている時には、一人で整理できない状況になっているわけですから、言葉にしながら冷静になるきっかけを作ってあげると効果的です。

    「話してごらん」と投げかけても、やせ我慢をして「大丈夫」と言って一人で抱え込んだり、気分のムラの影響を受けて収拾がつかなくなったりします。

    質問をして考えや気持ちを整えられるように、導いてあげましょう。

    細かい質問にするほど、相手は答えやすくなりますので、話をしているうちにいつの間にかスッキリしているという状態に持っていけます。

    不安に思っていることを一緒に解決しようと提案する

    一緒に乗り越える提案をすることが、カレの役に立てる方法でありながら、愛情が深まるやり方となります。

    好きな人が戸惑い、困っている状態を見るのは、恋人としても辛いものです。

    「話してみて」「頑張って」と言っても、一人で乗り越えるには限界があります。

    恋人だからこそ、「いい方法を一緒に考えてみよう」「私に出来る事があれば、手伝いたいな」と提案する事で、彼は愛情を感じてくれますし、一人で重荷を背負わなくていいと気持ちが軽くなるはずです。

    気を引きたくても刺激になるようなことはしない

    刺激にならないように意識しておくことは必要です。

    言動に波がある時には、好きな人の気を引きたくても構ってほしくても、刺激になる事よりも、癒しや安心感にフォーカスしていきます。

    恋人としてこのタイミングで出来るのは、愛情を深めたりドキドキさせたりするのではなく、「この子と一緒に居てよかった」と思ってもらえる、包容力を発揮することです。

    相手の悪い所を指摘したり、ピンポイントで求められていないアドバイスをしたりすれば、刺激となりストレスが強くなります。

    ストレスが原因で自分を見失っているかも知れませんので、そっとしてあげるのが優しさです。

    親しい友人に相談してみる

    相談したいと感じる瞬間2

    彼氏の事で悩んでいる時には、親しい友人に意見を求めるのも一つの方法。

    あなたのことを誰よりも理解している人に話を聞いてもらえば、カレがどうというよりも、客観的に見てどう対処すればいいのか、性格を加味した上でアドバイスしてくれます。

    あなたの考え方やベストな距離感などを知ってくれている友達だからこそ、無理をしない範囲を教えてくれるはずです。

    無理をしてまでカレに合わせていては、いくら恋人の事を愛していても、こちらの精神が疲弊してしまいます。

    どんな受け止め方をするのが不安を和らげられるのか、あなたが楽でいられる方法を一緒に考えてくれるに違いありません。

    あなたの身の振り方さえ理解していれば、カレがどんな状態でも対応する事が出来ます。

    一緒にいるから全てに影響を受けて振り回されるのではなく、ありたい姿を貫き、長続きできる関係性を築けるのです。

    嫌なことは伝える

    相談したいと感じる瞬間4

    カレと一緒に居て、精神の乱れからくる言動に対して嫌な事があれば、ちゃんと本人に伝えるのも大事です。

    好きな人と同じ時間を過ごすなら、お互いに快適で幸せに過ごしたいと願っているはず。

    恋人の精神状態に左右されて、せっかくのデートが台無しになるばかりでは、あなた自身も辛くなってしまうところです。

    何もかも拒絶して、あなたの思い通りにしようとコントロールするのは優しさが欠けているといえますが、あなた自身が自分の時間を大事にするのも大切になります。

    「あなたが辛いなら傍に居るけど、イライラしているなら別々に過ごした方がいいと思う」とあなたが思う最善策を提案してみましょう。

    悲しみや苦しみを感じているなら、支えてあげるのも役目ですが、一緒に苛立ちを共有する必要はありません。

    嫌な事はNOと告げる事で、カレもハッと自身の態度に気が付いてくれるはずです。

    少しだけ距離を置く

    様子がなかなか落ち着かないようであれば、少し距離を置くのも対処法として間違ってはいません。

    好きな人が怒ったり追い詰められたりしている姿は、あまり見たくないと思う人も少なくないはずです。

    出来ることがあるなら助けになりたいと思うところですが、出口が見えない状態であれば無理にあれこれ手を尽くすよりは、時間が薬になるところもあります。

    落ち着いたらまた愛を育めばいい話ですし、二人で乗り越えていける方法を遠目で見て初めて見つけられる事もあるものです。

    どんな付き合い方がいいのか、カレのスイッチが切り替わるポイントはどこか、観察する側に立って、客観的分析をする役割と割り切ると、罪悪感を抱くことなく距離を取ることが出来ます。

    情緒不安定な状態が続き見下されたときは別れを考える

    最終的に見下されるような言動が増えてきたと感じた時には、無理に恋人関係を続ける必要はありません。

    困難を一緒に乗り越えたいと願うのがカップルではありますが、過酷な自己犠牲を払ってまで相手に尽くす必要はないのです。

    奉仕の精神は、確かに愛情を育む要員となることも多いですが、相手が救いの手を差し伸べている場合や、頑張っている時に見返りを求めず支えたくなるのが愛のある状態。

    相手から見下されて、邪見にされているのに、「今のカレは冷静さを欠いているだけ」「いつもとは違うから、多めに見てあげないといけない」と思い続けて、自分が辛い思いをするなら、離れてしまう方がお互いの為です。

    新しい恋を探すのもいいですが、離れて初めて冷静さを取り戻すケースもありますので、改めて二人のあり方を話し合うべきだといえます。

    男性だけじゃない!彼氏ができると情緒不安定になる女性の特徴もチェック

    彼女を最優先するのが当たり前だと思っている

    恋人同士になるメリット1

    女性の場合は、付き合い始めた事をきっかけに恋人である自分を最優先するのが男性の義務だと考えている人は、気分の揺らぎが大きいタイプと言えます。

    お姫様扱いされない時が済まないので、前提を崩されると「大事にされていない」「私の事を好きじゃないかもしれない」と一気に不安になってしまうのです。

    理想像に沿った行動をしてくれれば、愛されていると感じ、想像できないことに対してはすぐ「相性が合わない」「愛が足りない」と決めつけて、不安や怒り、戸惑いや悲しみに囚われて抜け出せなくなります。

    彼からすると「どうしてそんなことで」と思うような些細なことで取り乱してしまうので、ご機嫌を取るのが難しいと感じられてしまうはずです。

    彼氏を信用できない

    恋人同士に戻った後の上手な付き合い方3

    情緒不安定の女性は、彼氏でさえ信用できないという特徴を持っています。

    自分の中に芽生える不安感や恐れが何よりも大事な基準となっていますので、好きな人の言葉でさえ「私はこう思っている」「ネガティブなのはわかっているけど、これがワタシなの」と意見を付き通すものです。

    カレの意見やアドバイスを受け入れているようで、何よりも自分のことを最優先にしているので、人の言葉に耳を傾けていません。

    彼氏も信用していないため、どれだけ「愛しているよ」「キミはステキだよ」と伝えても「そんなことない」「本当は離れたいと思っているんでしょ」と思い込みを優先させて、相手を責めます。

    あからさまに信用していない発言をする事もありますし、「ありがとう」「優しいね」と受け入れているフリをしていながらも、自分の殻に閉じこもっていることもあるはずです。

    愛の深さを連絡の頻度やスキンシップの多さなど数で計ろうとする

    情緒不安定が出てくる女性は、何でも回数や他と比較した場合のことを口にして、愛情を図ろうとします。

    「最近、あんまり手を繋いでくれなくなったよね」「離れている時に、連絡が減ったよね」など、最初のラブラブ期と比べて減少した項目を並べて、愛されていない証拠として提示するのです。

    付き合いが長くなると刺激よりも落ち着きを求めるようになったり、安らぎから態度や言葉が変わったりしますが、自分の中の愛されている基準の行動と食い違っていると、それはカウントされません。

    手を繋がなくなったから、セックスをしない日があるから、名前を呼んでくれる回数が少なくなったから、デートのコースを決めるのがいつも女性側になってきたから、などあらゆるところが気になって、一人で落ち込んでいます。

    恋愛に対しネガティブ

    恋愛に対してネガティブな女性もいます。

    「どうせ」「だって」「でも」と口癖で言っている女性は、付き合っている彼氏に対しても感情を優先させて気持ちをぶつけるので、喧嘩をする事も多くなってくるものです。

    対して不満に感じていない事も、文句を言うような口調で言葉に出すので、男性側としても面白くありません。

    「イライラするなら会わない方がいい」と言われると、自覚がない分「何でそんなこと言うの?」「別に、怒ってないでしょ」と反論して、話が平行線になります。

    ネガティブな人は、ポジティブな考え方を取り入れようとすると、かなり気力を使いますから、すぐに居心地のいい考え癖がしっかりついているマイナス思考に流れていくわけです。

    悲しい前提でいると、辛いことが起きても傷が浅くて済みます。

    自衛手段としてネガティブな考えや言動を身につけている場合がありますので、自覚のない状態で不平不満や相手を突き放すようなことを言うのです。

    自分を否定することが多い

    ネガティブの最上級は自己否定です。

    「私なんて」と否定していれば、幸せな状態がふいに途切れたとしても「やっぱりね」「手に入れる価値がなかったのよ」と逃げることが出来ます。

    頑張らなくていいので楽をできますし、チャレンジするような場面を避けているので取り組まなくていいというメリットもあるところです。

    流されるまま恋愛をして、好きになってくれた人に尽くしているうちに情が湧いていきます。

    「自分から好きな人を選べる立場ではない」と思い込む事で、確実に愛してくれる人とだけ恋愛が可能です。

    価値を認められないと、常に悲しい状況を想定しているので、発言は後ろ向きで暗く、楽しい時間さえも刹那だと感じます。

    常に誰かといないと耐えられない

    人間に対して依存的なところをもつ特徴がある人は、心理面でも不安定になりやすいといえます。

    自分自身の信念が弱く、人に依存する事で居場所を確保しようとするタイプです。

    仲のいい人を作り、その人の生き方に寄り添っていると、色んな経験をすぐ近くで見られるし自分が傷つかなくてもいい最高のポジションを手に入れられます。

    自主性こそありませんが、まるでたくさんの経験値を積んで、世の中の事を知っていると感じているはずです。

    本当の自分は何も行動していないので、失敗もしませんし、経験値も積んでいるわけではありません。

    それでも、誰かといれば生きている実感が持てるので、常に一緒にいる人を抱えています。

    恋人、友人といなければ精神を保つことが難しいので、一人になると途端に不安や恐れに飲み込まれて急に泣き出したり、連絡が取れたらすぐに笑顔になったりと変化が激しいところです。

    情緒不安定の男性が彼氏になると振り回されるかも?

    不安になる女性心理3

    男の人はいつもドンと構えているというイメージを持っているかも知れませんが、恋愛をしている時や過去の経験から情緒不安定になる男性もいます。

    相手の事を心配しすぎても、どうにもならない事もありますが、気分の波のせいで辛い思いをしているなら、別れを考えるのもアリです。

    問題視するものではないケースもありますから、カレの様子を観察して、しっかりと心理面を汲み取って付き合っていきましょう。

    振り回されることが悲しいと感じるくらいなら、離れることも視野に入れて、あなた自身が幸せになることを考えて行くべきです。

     

    【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

    こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

    昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

    でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

    もしもあなたの心に、

    「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

    「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

    「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

    こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

    他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    予言占い2022】とは…
    クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

    雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

    この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



    ※20歳未満は利用できません。

     
    占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

    彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

    そんな、あなたに大切な質問をしますね。

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

    ・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

    こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

    友だち追加

    ※20才以下はご利用不可

    おすすめの記事