カップルの月ごとの変化を全て公開!ラブラブな期間や倦怠期がやってくる平均タイミング&付き合ってから結婚までの流れ
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

カップルの月ごとの気持ちや関係性の変化について、詳しく知りたいと思っているあなたへ。

カップルも最初は周囲から冷やかされるくらいにラブラブだったとしても、月日が経てば関係は必ず変化していくものです。

そして、そんな変化を知ることで、有意義なこともあります。

そこで、この記事ではまず、カップルの関係が月ごとにどう変化するのか知っておくと長続きしやすい理由を見ていきたいと思います。

さらに、具体的に、付き合いたて~3ヶ月、6ヶ月~1年、2年~5年以上付き合ったカップルの変化、2人の気持ちや感情の動きで見る付き合ってから結婚までの流れについて詳しくご紹介しています。

目次

カップルの関係が月ごとにどう変化するのか知っておくと長続きしやすい理由

いずれ倦怠期が来ることを事前に理解しておけば、そういうものだとうまくかわせる

倦怠期って、夫婦関係でよく使われる言葉ですが、付き合いが長くなれば結婚前のカップルにも訪れるもの。

そして、どんなに最初はラブラブなカップルにも、いずれ倦怠期というものは来るのです。

もちろん、何年経っても、最初に出会ったときのテンションのまま、お互いのことを熱烈に「好き!」と思うような人も、中にはいるかもしれません。でもそれは、ごくごく少数と言えるでしょう。

普通は、カップルの仲がどんなに良くても、時間が経てば、お互いの存在が当たり前になってきて、ちょっと相手に飽きてくるような時期って、必ず訪れるのです。

人間ですから、何でも当たり前だと思うと、ありがたみってなくなりますよね。

ただ、そんな倦怠期を乗り越えればこそ、さらに仲が良くなるカップルも多いのではないでしょうか。そこを乗りこれられないなら、別れるしかありません…。

そう考えると、付き合ってどれくらい経てば、二人の関係がどんなふうに変化していくのかを事前に知ることで、倦怠期など停滞期への心構えもできますし、それが普通のことだし、起きて当たり前、と言うふうに気楽に構えることもできるでしょう。

そして、二人の仲が一生トーンダウンしたまま続いていくわけでもないと分かれば、うまくそんな停滞期をかわすこともできるのではないでしょうか。

関係が落ち着いていくことを知っていれば、愛が冷めたと嘆かずに済む

どんなカップルも、激しい情熱をぶつけ合うような初期のころを過ぎると、だんだんと関係は落ち着いていくものです。

それを、いつも最初のころの気持ちと比べて、「彼の愛はもう冷めてしまった…」と嘆いていたら、うまくいくものもいきませんよね。

もうラブラブではなくなったから、といちいち別れていたら、結局誰とも長くは付き合えないですよね。

いつもベッタリ一緒にいて、暇さえあればキスしたりイチャイチャしていた時期はそう長くは続かないもの。

人間なので、同じことを繰り返していれば飽きがくるのは必然なのです。

ただ、体だけを求めあうような激しい時期を過ぎ、そこからさらに精神的な繋がりを強め、仲良く付き合っていくカップルもいます。

そういうカップルなら、自然とお互いに結婚を意識することもあるでしょう。

相手の体に飽きた、セックスが単調になってきた、という理由で別れるようなカップルもいますが、そんなことをしていれば、結局誰とも長続きしないまま、歳を取った時には一人ぼっちになっていたりすることも…。

なので、どんなに熱烈にお互いを求めていた関係も、いつかは熱が少しずつ冷め、そこから本当の意味で愛が試される、と思って付き合った方が、妙な期待をせずに済むと言えるでしょう。

あまりに初期から二人の関係がつまづくようならきっぱり別れる覚悟もできる

長くうまく行くカップルなら、やはり最初のラブラブのうちは、派手なケンカをして傷つけあったり、価値観の違いを感じて辛い気持ちになったりはしないものです。

まだ付き合って数週間しか経たないのに、何日も口も利かないような陰湿なケンカをしたり、もめ事が耐えないとしたら、やはり早期のうちに二人の関係を見直した方がお互いのためと言えます。

もちろん、付き合っていくうちに価値観が似てくるカップルもいますが、最初から激しくぶつかるようなら、根本的に何かが合わないと思っていた方がいいのではないでしょうか。

なので、カップルの月ごとの変化を知ることで、あまりに最初からうまく行かないと、今後訪れるであろう色々な危機は乗り越えられないかも、という予測がつきます。

もし、あまりにも自分たちが付き合いたてなのに衝突ばかりしている、陰湿なケンカが多い、と感じるなら、さらに傷を深めないうちに、前向きに別れを選ぶこともできるのではないでしょうか。

結婚を意識するタイミングを把握しておけば、時間を無駄にしなくて済む

相性のいい二人なら、早い段階からお互いを人生のパートナーとして意識するものです。

男性が「結婚なんてまだまだ」という、のんきなタイプでも、相手の女性のことを本当に思っていれば、相手の年齢から婚期や出産適齢期なども考えてくれるもの。

カップルの月ごとの意識の変化などを知ることで、自分の彼氏が本気で自分との将来を考えてくれるのかを推測することは可能です。

悲しいことですが、何年もダラダラと付き合ったまま、結局は長年付き合った彼女を捨て、ぽっと出会った若い女性と結婚するような卑怯な男性っているんですよね…。

なので、ある程度、付き合った年数でのカップルの意識というものを把握することで、その辺りで「結婚」の二文字を全く出してこない男性には、期待しても無駄と考え、別れることもきちんと考えるタイミングを知っておいた方が自分のため。

女性は何歳でも子供が産めるわけではありませんし、子供がほしいなら、当然出産する年齢なども考えて、結婚したいと思っている女性も多いでしょう。

そんな貴重な時期を、結婚する気なんてサラサラない男と付き合っているのはもったいないです。

後から、「あの男に自分の貴重な時間を奪われた!」と後悔しないためにも、カップルの意識が変化する時期などをきちんとふまえ、行動するようにしてはいかがでしょうか。

カップルの月ごとの変化:付き合いたて~3ヶ月

付き合って1ヶ月目:ラブラブで相手の何もかもが新鮮で愛おしい

付き合って一か月目は、カップルとして一番心がおどるような毎日をすごせる時期でしょう。うまく行っているカップルなら、何をしても新鮮で、「楽しい!」という気持ちにしかならないですよね。

顔を見ただけでうれしいし、一緒に時間を過ごせるだけで心が満たされます。ケンカもほとんどなく、それよりも相手を気づかう気持ちが強いです。

性的にもまだ新鮮で、いつもイチャイチャしていたり、会えばセックスばかりしているカップルもいるのではないでしょうか。

また、相手のことはまだまだ知らないことが多いので、相手の全てが新鮮に映ります。そこに愛おしさしか感じません。

ですから、付き合ってからの一か月間は、あっという間に過ぎてしまったと感じることも多いでしょう。

逆に、この時期にケンカばかりしているとか、相手への気持ちがイマイチ盛り上がらないのであれば、どこか自分に無理をして相手と付き合っているのではないか?と自分を見つめなおしたほうがいいかもしれません。

もしかしたら、自分は相手のステータスや稼ぎに目がくらんでいて、相手を丸ごと好きじゃないのでは?と気づくこともあるでしょう。

一番ラブラブ度が高い初期に、違和感を感じながら付き合いを続けても、あまりいい結果にはなりません。

これから長くうまくいくカップルは、最初の一か月目でつまづくことはほとんどないからです。

相手を気づかい、思いやるからこそ、無駄な衝突が避けられるもの。
最初からそれがない関係なら、そのまま付き合っても、互いを傷つけあってしまうだけでしょう。

※注※
一か月に数回しか会えないようなカップルと、ほぼ毎日会っているカップルであれば、一か月の意味あいは当然違ってきます。

一か月に数回しか会えないカップルは、三か月くらいかかって、ようやく頻繁に会っているカップルの一か月と考えてもいいのではないでしょうか。その辺りは、自分と彼氏の会える頻度を考えて当てはめてみてください。

付き合って2ヶ月:お互いへの思いは熱いまま、相手への慣れも出てくる

付き合って二か月も経つと、相手のこともだんだんと分かってきて、信頼感も生まれてくるものではないでしょうか。

まだまだ相手への熱量は衰えるところを知らず、関係は熱いままでしょう。

ただ、付き合いたての頃よりは相手のことを分かってきているので、より関係もスムーズになり、お互いの性格や体にも慣れてきたころではないでしょうか。

その分、相手に対する甘えが少しずつ出てくる人もいるかもしれません。

今まで気をつかいすぎるくらいだった分、相手がちょっとしたわがままを見せた時に、「こういうところもあるんだ」と、驚きを抱いてしまうことも…。

その態度がひどいものであれば、別れへ一直線となるかもしれませんが、許せる範囲の言動であれば、「人間いい面もあれば悪い面もある」と、受け入れてもいいのではないでしょうか。

付き合って3ヶ月:二人の関係の基礎ができてくるころ。未来への期待も生まれる

付き合って三か月くらい経つと、二人の関係性にも一定の方向性が見えてくるころでしょう。

そのまま仲睦まじく付き合っていけるか、それとも「あまり相性が良くないから、この辺でやめとこうか」と早い結論を出すカップルもいるでしょう。

そして、この三か月間、お互いに関係が非常にうまく行っていると感じているのであれば、先のことも考えてしまいますよね。

特に女性の方が、結婚したい気持ちが強いなら、相手に対して、結婚相手としてどうだろう?という視線で見てしまうのは全く早くありません。

実際、すごく相性がいい二人であれば、半年以内でお互いを今後の人生のパートナーとして認識し合うことも多いです。同棲を考えるカップルもいるでしょう。

逆に、一年以上経っても先のことを考えられないなら、そのままずるずる結婚しないで付き合っていくことも…。

三か月って、短いようで、お互いの人となりや二人の相性を知るには十分な時間。(もちろん、一週間に何度か会うという前提ですが)

そして、鉄は熱いうちに打て、というように、一番恋愛が盛り上がっている三か月目くらいまでに、相手との将来を夢見ることができないのなら、その先は気持ちも落ち着いてくるので、イマイチ盛り上がることができなくなってしまうのです。

気持ちが盛り上がらないと、結婚へのハードルは高くなってしまうので、勝負は三か月目、ということも言えるのです。

カップルの月ごとの変化:6ヶ月~1年

付き合って6ヶ月目:別れに繋がるような激しいケンカをするカップルも増える

付き合って半年も経てば、そろそろ相手の存在が「いて当たり前」というような、わがままな気持ちが出てくるころではないでしょうか。

それなりに色々なことを一緒に経験し、相手のこともよく分かってきたころでしょう。

本音もぼちぼち言い合えるようになってきていますから、衝突も生まれやすい時期。

今までしたこともないような激しい言い争いやケンカを初めてするのも、付き合って半年くらい経ち、お互いの存在に慣れてきたころではないでしょうか。

ただ、そのケンカをきっかけに、より二人の関係が密になるか、徹底的な亀裂になって別れる原因になるかは、本人たちの気持ち次第。

本当に相手のことを愛しているなら、多少の衝突があるのは仕方がありません。もし結婚するようなことがあれば、生活の中で、避けては通れないことです。

ですが、本音を言い合ったときでも、どこかに相手への気づかいと、二人で今後もやっていきたいという気持ちがあれば、相手を徹底的に叩きのめすような物言いはしませんよね。

そういう意味では、二人のケンカの仕方を学ぶ頃、と言ってもいいのではないでしょうか。

ただ、人間の本性って、そういう衝突したときに出やすいもの。
キレやすいタイプの人は男女問わずいますし、手が出るDV気質の人もいるでしょう。

なので、付き合って半年くらい経ち、お互いに本性がじわじわ出てきたときのケンカって、激しいものになったり、それが別れるきっかけになることもあるのです。

それに、DV気質の人などを見抜く機会でもあるので、下手に結婚しない方が幸せなこともあります。もしひどい暴力を一度でも振るうような相手なら、この辺で離れた方がいいでしょう。

付き合って9ヶ月くらい経つと、そろそろ二人の本当の相性が分かってくる

九か月も経てば、相手の性格もずいぶん把握でき、行動パターンや生き方なども見えてくるころではないでしょうか。

この頃になると、頻繁に会っているカップルなら、付き合いたての頃のラブラブな情熱はかなり落ち着いてきていて、会う回数もちょっと減ってきているかもしれません。

これはもちろん、男性の性格にもよるところです。

たとえば、男性が浮気性なタイプなら、付き合って9か月も経てば、彼女とのセックスにも飽きがきて、他の女性によそ見することもあります。(もっと早い段階でそうなる浮気男も多いです)

一方、あまり恋愛経験がない男性なら、9か月経っても、情熱の部分ではまだまだ衰えてこないでしょう。初めてできた彼女ならなおさら、大切にしてくれているのではないでしょうか。

そんな風に、男性の恋愛経験によっても、カップルのラブラブ度は同じ月日が経っていても、かなり違う部分はあります。

時間が経てば経つほど、男性の恋愛経験の差が大きくでてしまうこともあるでしょう。

一方、女性は付き合うと相手の男性に一途になってしまうことが多いので、よほど飽きっぽい女性でもないかぎり、9か月くらいでは、時間が経ったからと言って、相手に飽きて他に目移りすることは少ないと言えます。

また、もうすぐ一年という、9か月くらい経った時、カップルの本当の相性も見えてきます。

相性のいいカップルなら何も考えずに通り過ぎてしまう時期ですが、相性が悪いと、それまでは自分にウソをついてでも我慢して付き合えたとしても、もう一緒にいるのが耐えられなくなる頃なのです。

なので、このくらいの頃は、自分の心に正直になって、別れを決断することもあるでしょう。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

付き合って1年:会う回数が平均的なカップルなら将来への具体的な行動を起こす

付き合って一年って、ある意味カップルには記念日的な意味あいを持ちますよね。

カップルの年齢にもよりますが、女性の方がアラサーなど、もう十分に結婚を意識してもおかしくない年齢だったら、付き合いが一年続けば、今後、「結婚」という二文字も見えてくる頃と言えるでしょう。

男性の方も、相手の女性が結婚を望んでいると分かっていて、その女性のことを本気で愛しているなら、具体的に結婚への一歩を踏み出す決心をする頃と言えるでしょう。

まだ学生のカップルだとか、女性も男性も全く結婚願望がなく付き合っている場合なら、一年経っても将来のことは何も考えなくてもOKなのかもしれません。

しかし、社会人のカップルで、特に女性の方が結婚したい、家庭を持ちたいと思っているなら、女性は折に触れ、そのアピールはしてきているはずです。

相手の女性が感じているのを分かっていながら、まるで先のことを考えてくれない男性は、正直頼りないですし、彼には結婚願望がないか、女性のことを本気で思っていないのでしょう。

ひどい場合は、「俺は結婚する気はないから、結婚したいなら別の男見つけてね」などと、事前に予防線を張ってくること男もいます。

もし、女性側に結婚願望があるなら、そんな男と付き合っていても時間のムダでしょう。

いつか彼の気持ちも変わるかもしれない、と期待してしまうかもしれませんが、それを待っていたとしても、彼が気持ちを変えた時の相手はあなたではないことも大いにあり得ます。

長く付き合っていた彼女とは結婚せず、短い交際期間で別の女性と結婚する男って、よくいます。

そんなとき、長く付き合っていた女性はとても傷つきますよね。でも、結婚って、ある程度気持ちの勢いが必要なのも事実です。

自分が今後どうしたいか、相手との関係性もよく見極めながら決断するタイミングとして、一年という区切りは分かりやすいです。

きちんと自分の心と向き合い、相手の男性がこれからのことをどう思っているのかは確認が必要なタイミングでしょう。

カップルの月ごとの変化:2年~5年以上

付き合って2年目:相手への信頼感も生まれてきてお互いの自由を楽しむことも

一年目はカップルとして色々なイベントも目新しいものですよね。

お互いの誕生日やクリスマスやバレンタインデー、花見や、夏にはお祭りや花火大会など、イベントが目白押し。

二人でそんなイベントを過ごすのも初めてなので、盛り上がりには事欠きません。

一方、そんな心躍るイベントも、二年目になると、一年目のような新鮮な輝きは少しトーンダウンし、がむしゃらに絶対二人きりで過ごさないといけない、という縛りも緩まるでしょう。

もちろん、クリスマスイブや誕生日、バレンタインデーなど、女性が彼氏とどうしても二人きりで過ごしたいというイベントはありますが、夏祭りなど、他のイベントに関しては、ムリしなくてもいいかな、という気持ちが出てきます。

例えば、二人きりじゃなくても、仲間も一緒になったり、仕事で忙しいなら行けなくても仕方ないかな、という余裕も出てくる頃でしょう。

関係がうまく行っているカップルなら、付き合って二年も経てば信頼感も十分あるので、お互いが一人で自由に過ごす時間も少しずつ増えてくるでしょう。

それまでは、自分と相手の休みが合えば、必ず会って一緒に過ごさなければいけない、というような気持ちでいたのが、「久しぶりに友達と会おうかな」と、自分の時間を楽しもうという考えも生まれてくるのです。

特に女性は、恋人と付き合い始めて一年目って、今まで頻繁に会っていた友だちとも疎遠になってしまう人は多いですよね。

でも、恋人との付き合いが安定していき、二年目にもなると、不義理を働いていた友人とも連絡を取っておかなきゃと、ふと周囲が見えてくるもの。

女性って、最初のうちは、ひたすら恋人のことしか目に入っていない、ということはよくありますよね。

付き合って3年目:三年付き合っても結婚の話が出てこないなら別れを選択する女性も多い

付き合って三年目に別れるカップルって、それなりにいますよね…。

一年目は相手の事しか目に入らず、恋に夢中になっていますし、二年目も落ち着きが出てくるけど、まだ相手への好意だけで付き合いも続けられます。

しかし、付き合いが三年目になると、相手と自分の関係が、このままどうなっていくんだろう、と、自分たちの関係を客観的に見ることができるようになってくる頃。

周りの友人が結婚し始めたり、家庭を築き始めたりすると、よけい、付き合って三年目って、色々考えだす頃なのです。

普通は、年単位で付き合うようになったころには、よほど結婚したくないタイプの男性でもないかぎり、男の人の方も、結婚を意識するものです。

相手の女性を愛していれば、その女性が結婚したがっているどうかは分かりますから、相手の気持ちを尊重したい、という思いを抱くのがまともな男性です。

女性が自分の仕事に夢中で全く結婚したいと思っていないとか、特別な理由があって結婚はイヤと思っているなら別ですが、相手の女性からは結婚したいオーラがすごく出ているとしたら、鈍い男性だって色々考えるでしょう。

女性からしてみれば、自分は結婚したアピールをしているのに、男性がそれをガン無視したり、「俺は結婚する気はないから」とはっきり壁を作られたら、ショックですし、自分は本気で愛されていないんだな、と思っても仕方ありません。

それなりの年齢のカップルだとして、女性の方が結婚したアピールをガンガンしているのに、3年経っても、全く結婚の話が出ないとしたら、女性も「縁がないのかもしれない…」と、そっと別れを決意することもあるでしょう。

結婚したくないけど、付き合いは続けたいと思っている男は、突然別れを切り出されて焦ることもあるでしょう。でも、相手の望みを分かっていて無視してきたのは自分です。

相手を失うより、自分が結婚したくないという気持ちの方が大事なら、そっと相手のことを手離してあげるのも、愛の一つの形ですよね。

付き合って5年以上:倦怠期にもなり、何かきっかけがないと結婚へと舵を切れない

結婚もせず、5年以上付き合っているカップルであれば、そろそろ倦怠期にどっぷりハマるころかもしれません。

3年目くらいに、二人の関係をこれからどうしていくかというのは、話題になったのではないでしょうか。

どちらかが結婚したい気持ちがあっても、片方が受け入れずに、そのまま付き合ってきていたとしたら、結婚したかった方は、それからずっと我慢して付き合ってきたのかもしれません。

結婚したいけど、ただ結婚したいわけではなく、付き合っている相手と結婚したいのだとしたら、相手の気持ちが変わるまで待つしかないので、辛いですよね…。

それに、五年以上も付き合ってくると、結婚していなくても、もう夫婦のような関係になっていることも多いでしょう。

相手との関係にマンネリを感じますし、セックスレスになるカップルもいます。

それでも、情があつい方が、長く付き合った相手と別れることができなかったり、相手と別れたら他の人が見つからないかも、という不安から付き合いを続けていることもあるのではないでしょうか。

ただ、何か特別なきっかけがないかぎり、5年以上も結婚せず付き合っていたカップルが、突然「結婚しよう!」という気持ちにはならないもの。

例えば、妊娠したとか、どちらかがケガや大病をして、相手に献身的に看病してもらって、結婚したいと強く思うようになったなど、何かがないと、結婚への勢いがつかない、ということもあるでしょう。

また、結婚をしぶっていた方が、べつの異性と運命的な出会いをして、電撃的に結婚してしまう、というパターンもよくあるのです。

それくらい、結婚って、気持ちの勢いがあるうちに、とんとん拍子で進んで行かないと、なかなかスムーズに行きません。

もし、あなたが早く結婚したいと思っているのに、彼の方はまるでその気がなく、時間だけが過ぎていくように感じているなら、まず一度真剣に彼と話し合ってみましょう。

あなたが彼と結婚したいと思っている気持ちを、全く受け入れてくれず、「そんなに結婚したいなら他の男を見つければ」などと言ってくるのなら、ばっさり別れてもいいと思います。

本当に彼があなたのことを愛しているなら、あなたから別れを切り出されたとき、失うものの大きさに驚き、考えを改めることもあるでしょう。

もし、別れを切り出しても何も変化がないなら、彼の気持ちはとっくに冷めているのかも。そんな相手とこれ以上一緒に時間を過ごしても、いいことはありません。

相手に慣れることと、愛し続けることは全く違うこと。そこをよく考えてみましょう。

2人の気持ちや感情の動きで見る付き合ってから結婚までの流れ

二人の相性がバッチリなら、一年くらいの交際でも結婚する人はする

恋愛を何度か経験すると、相手との相性がいいか悪いかの判断って、割と早くつきますよね。

相性が悪い人とは、どんなに自分が努力をしてもうまく行かないものです。
それが分かっていれば、そこまで相手に固執することもありませんから、すっぱり別れを選ぶこともできます。

逆に、相性がいい人とは、何をしていても心から楽しいですし、一緒にいて居心地がいいもの。自分らしく振舞っても相手は「そこが好きだよ」と言ってくれます。

そういう相性の良さって、努力ではどうすることもできません。ただ、そういう相手と出会えれば、お互いに自然と結婚するのが当たり前の雰囲気になって、あれこれ考えなくてもとんとん拍子に話は進んでいくでしょう。

そこに至るまで、付き合って一年以内ということも相性のいいカップルにはよく見られます。結婚まではある程度の勢いも必要ですから、短い期間に結婚に至ることは自然なことなのです。

昔から知っているように感じる二人なら、自然と意識は結婚へと向く

出会ったばかりの人なのに、まるで昔から知っている人のように、すぐに親しくなれる相手っていますよね。

そういう男性と出会い、付き合うことになれば、相手に何かをアピールしたり求めることもないまま、結婚までごく自然に進むこともあるでしょう。

そういう相手って、お互いに価値観が似ていたり、見ている方向が同じということなので、一緒に生活していきたい、という気持ちになりやすいのです。

なので、自分が結婚したいと思っている時期なら、相手も「そうしよう!」と乗り気になってくれるもの。それくらい、お互いが感じていることが似ているのではないでしょうか。

そういう人との結婚生活は、うまく行くことが多いです。結婚後にどちらかが豹変しない限り、価値観の似ている相手との生活は居心地がいいものなのです。

付き合い始めから「この人しかいない」と感じるなら、スムーズに結婚できる

自分だけが感じているだけではダメですが、お互いに相手のことを「この人しかいない」と感じているなら、結婚までスムーズに進むのは必然。

そういうのって、もう付き合いたての頃になんとなく感じるものです。

一方、何年付き合っても相手のことをそういう風に思えない、もしくは相手にそう思ってもらえないのなら、そのままズルズル付き合っていてもただ時間が過ぎていくだけ…。

男性にも結婚願望の強い人はいますが、一般的に見ると、やはり女性の方が結婚に憧れを抱く気持ちが強いですし、誰かと付き合うとすぐ結婚を意識してしまうこともありますよね。

ただ、男性の中には、女性とは付き合ってもいいけど、結婚まではすぐには考えられないと言う人も多いです。何歳になっても子どもが作れる男性と、出産適齢期がある女性とは根本的に結婚への考え方も違います。

そんな男性の気持ちが大きく結婚に傾くとしたら、やはり相手の女性に対して、「この人を他の誰にも取られたくない!」という強い気持ちでしょう。

逆にそういう風に思わなければ、色々と面倒なプロセスもある結婚に対して、重い腰をあげません。

なので、もしあなたの方が彼と結婚したいという気持ちがあるなら、相手にあまり長い時間の猶予を与えず、「きちんと考えてくれないと、他に行くよ」という毅然とした態度を見せるのも重要です。

「こいつはいつまでも俺を待っているはず」と思わせるのが一番よくありません。忍耐は結婚を待つときではなく、結婚してからの生活の中でもっと必要なものなのですから、ここで使うのはやめましょう。

結婚を意識している人こそ、時間を無駄にしないためにもカップルの変化を知ろう

カップルの気持ちや関係性の変化についてみてきました。

やはり、女性には結婚したい年齢ってそれぞれありますよね。子供を産みたいと思っている人には、具体的な人生プランもあるでしょう。

中高生のような、未来がまだまだ無限に長く感じるときには、カップルの変化なんて関係ないと思いますが、ある程度の年齢で、結婚をしたいと思っている人なら、貴重な時間を無駄にはできないでしょう。

カップルって、ある程度初期の頃に、「この人とはうまくやっていけそう」という判断はつきやすいのではないでしょうか。

もちろん、そこにはある程度の恋愛経験も必要かもしれませんが、最初からうまく行かない相手とは、どんなにこちらが努力して合わせようとしても、拭いきれない違和感があるものです。

そんな相手に無理して固執しない方が、新しい出会いのチャンスも増えるのではないでしょうか。

例えば、あなたが婚活をしていて、条件のいい男性とマッチングして付き合うことになったけど、まだ付き合いはじめなのに、彼とはケンカが多かったり、一緒にいても楽しくないのなら、今後、突然一緒にいて楽しくなることはありません。

それはもう、相性と言える部分なので、どちらが悪いと言うことでもないのです。

一方で、相性のいい男性となら、別に特別な場所に出かけなくても、家でまったり過ごしているだけで楽しく居心地のいい時間を過ごせるものです。

もちろん、相手への気遣いは多少は必要ですが、自分に無理をしなくても、相手が自分を受け入れてくれる関係って、結婚生活にはとても重要な部分です。

なので、結婚を意識して付き合う人ほど、初期の違和感や相性の悪さに目をつむらず、早い段階で手離すことも、長い目で見れば自分にとっていいこと、ということもあるのです。

また、自分は結婚したいと思っているのに、彼氏は一向にその気持ちをくまず、自分勝手な言動を続けるのであれば、年単位で付き合っていたとしても、すっぱり別れを選ぶのもいいと思います。

何年も付き合った相手と別れるのは、寂しい部分もありますし、次の相手が見つかるのかと不安なこともありますよね。

でも、自分を心から愛してくれない相手と付き合い続けても、結局虚しさは残るのではないでしょうか。

それなら、いっそのこと、きっぱり腐れ縁を断ち、新しい出会いを求める方が、自分のためにはずっといいはずです。

もし、彼があなたと別れたとたん、べつの女性と電撃婚をしたとしても、それはそれ。自分とは本当に縁がなかったんだ、と肩から憑き物が落ちたように、身軽に感じる人もいるのではないでしょうか。

そんな風に、情だけで付き合いを続けず、まずは自分の幸せを求める姿勢を取り戻しましょう。きっと幸せになれます。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事