ペットロス中の彼氏に嫌われて別れる事になってしまう接し方&ペットを亡くして落ち込む男性から必要とされる対応法
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

猫や犬だけでなく、可愛がっている動物も生きているため、寿命が訪れるのは仕方のない事。

特にペットとして飼える動物は、ほとんどが人間よりも寿命が短く、命が尽きる現実を受け止めなければならない場面が訪れるものです。

酷く落ち込んでしまった恋人と、どう接すればいいのか分からない、と悩みを抱えているのなら、彼女として正しい対応知っておくことで、嫌われて別れる事になる事態を避けることが出来ます。

ペットロス中の彼氏に嫌われて別れる事になってしまう接し方と落ち込む男性から必要とされる対応法をご紹介しましょう。

ペットロスになりやすい男性の特徴や、落ち込んでいる彼氏をそっとしておく間に彼女として出来る事を知り、恋人の気持ちに寄り添い、一緒に元気になっていくための行動をしていく事で、二人の愛も深まるはずです。

間違えた対応をしてしまう事で、彼の愛情を失わないよう、ペットロスというナイーブな問題を上手に切り抜けましょう。

目次

ペットロスを経験すると酷く落ち込んでしまう男性の特徴

ペットを擬人化して家族にしている

ペットロスを経験すると酷く落ち込んでしまう男性の特徴は、飼っているペットを擬人化して、家族として接しています。

「弟」や「息子」と呼んだり、ペット用品ではなく、人間用の家具などを用意して、使わせているものです。

動物の世話をしているというよりも、一緒に暮らしているパートナーと考えているため、ペットの存在を尊重して生活しています。

出張で家を空ける時は、誰かにお願いをしたりペットホテルに依頼して、家に放置する事はありません。

プライベートな旅行であれば、ペットも可能な旅館を探して同伴したり、キャンプスタイルで車やテントで寝泊まりします。

服を着せ、日常生活のサイクルの全てがペット中心です。

家族として一緒にいるので、同じ空間にいることが当たり前となっています。

当然、恋人に対しても家族として紹介しており、デートの時も一緒に過ごすことも多くあるはずです。

ペットが病気やケガをすれば、すぐに病院に連れていき、仕事や恋愛も手に付かなくなります。

ペットが調子の悪い日が続けば、仕事を休むこともあるほどです。

人へも動物へも変わらない姿で愛情深く一途

ペットロスを経験すると酷く落ち込んでしまいやすい男性のタイプは、人へも動物へも変わらない姿で愛情深く、一途な人です。

全ての命が平等だという事を、心の底から理解しています。

そのため、人と動物という違いなく、接することがその人にとって通常です。

表情を見て考えている事や感じている事を読み取り、相手が望んでいる事をしようと思う思考回路を持っています。

基本的に慈愛の精神が強く、喜んでもらえる姿を見る事が好きです。

ペットに対しても、愛情をかけることが幸せだと感じています。

このタイプの男性は、恋人に対してもとても優しく接してくれることが特徴で、彼女に対して感情のままに怒る事はありません。

すれ違いが起きた時には、恋人の気持ちに耳を傾け、寄り添おうとする一途さを見せます。

浮気をする事がなく、一人の女性に尽くす姿勢。

ペットに対しても誠意をもって対応しているので、言葉かけをしたりたっぷり遊んでコミュニケーションをとったりと、時間と愛情を十分かけています。

社会の中で信用できる人間がほとんどいない

誘われた男性の心理1

ペットロスを経験すると酷く落ち込んでしまう男性の特徴は、社会の中で信用できる人間がほとんどいないというものです。

人間社会は複雑で、どんな方程式も当てはまるわけではありません。

対人関係をうまくこなせなければ、途端に孤独になってしまうほど、難しい社会です。

そんな社会の中で、人を信用するというのは勇気が必要な事。

傷付く覚悟がなければ、出来ない事だといえます。

成長する過程で、酷く傷ついてきた人や、裏切りに合ったトラウマを持っている人は、他人に対して心を開くことが出来ず、「信用しない」と決めていることも。

ペットを飼う事で、煩わしい人間関係からの逃げ場を手に入れられたのです。

疲れた心も、悩みも、悲しみも苦しみも、全てペットがいるからこそ乗り越えられます。

ペットは、単に一緒にいるだけの動物ではなく、心を支えてくれる大切なパートナーとなっているわけです。

ペットに癒しを求めている場合、しゃべらないからこそ、尊い存在だとも感じており、人間が持つ言葉の力を恐怖だと考えています。

死との対面に衝撃!動物を飼うことが初めて

ペットロスを経験すると酷く落ち込む男性の特徴は、動物を飼う事が初めての人です。

人生の中で、死と直面する場面はあるけれども、生きている中で経験したことがないという人もいるのも事実。

親戚や知り合いなどの葬儀に参列した事もなく、身近な人が亡くなったという事も経験していない人の場合、死の場面に直面した様子は想像しにくいことです。

ペットを飼ったことがなければ、自分が愛情をかけて育て、常に一緒にいた生き物がいなくなるという事実は、あまりにも衝撃的と言えます。

ペットの死は、とても身近な生命が消える経験を受け止めなければいけません。

命について深く考え、時間が有限であることや生きている事が奇跡だという事に気が付くきっかけとなります。

ペットを失う事で、初めて死に直面する男性は、ペットロスとなり、心をどう回復すればいいのかもわからず、落ち込んだままになってしまうのです。

特に赤ちゃんの頃から育ててきた犬や猫なら、成長をずっと見てきた分、親としての気持ちも育っており、目の前からいなくなることの悲しみを受け止めきれなくなります。

仕事が忙しくペットといることで癒されている

ペットロスを経験すると酷く落ち込む男性の特徴は、仕事が忙しくて、ペットといる事で癒されているというもの。

男性にとって仕事は、社会の中で求められる自分の役割であり、生きがいでもあります。

「力を認めてもらいたい」「挑戦して実力を試したい」と仕事に専念する男性にとって、ストレスの一因でもあるところです。

忙しくすればするほど、社会の中で求められている気持ちになり、自尊心は満たされますが、同時に身を削っていることで心は枯渇し、癒しを求めます。

ペットを飼うことで、家にいる時間に少しでも心の回復が出来るのです。

どれほど疲れていても、仕事で失敗をして落ち込んでいても、上司に怒られて悲しみを抱えていても、ペットが出迎えてくれた時の無邪気な表情を見ると、一瞬で心が癒されます。

仕事に生きがいを持っている人の、オアシスとなっているため、失う事は心をもぎ取られるような苦しみが生まれるわけです。

ペットが亡くなった時やその後彼がやらなくてはいけない事

死を受け入れて悲しむ

ペットが亡くなった時、彼がやらなくてはいけない事は、居なくなった事実を受け入れてしっかり悲しんで泣くことです。

よくあるパターンとしては、死が訪れた時には、現実を受け入れられないという事態が起こります。

自分の育て方が悪かったのではないか、気付いてあげられていなかった事が、あるのではないか、と生前の行動を振り返り自己嫌悪に陥ります。

自分を差し置いて先に死ぬなんて、と怒りが湧いてくることも。

もう居なくなったなんて嘘だ、と現実を受け入れられず、いつものように餌を用意したり、散歩の準備をしたりと逃避を始める事もよくある事です。

現実を受け入れられずにいると、その分現実とのギャップが生まれ、苦しみが大きくなり、幻覚が見えたり、精神錯乱状態に陥ったりと、心の病気になってしまいます。

ペットが亡くなったら、彼はその現実をきちんと受け止めることが必要です。

命が燃え尽きた事を受け入れ、「一緒にいてくれてありがとう」「心の中で大切に想っているよ」と気持ちの中に収められる事が大切になります。

葬儀や埋葬をどう行うか決める

ペットが亡くなった時、彼がやらなくてはいけない事は、葬儀や埋葬をどう行うか決める事です。

最近では、ペットの葬儀やお墓を作れる業者が多く存在しています。

葬儀では、生前好きだったお菓子やご飯、おもちゃ等を一緒に火葬することが出来るのです。

お花をたくさん準備したり、お供えもランクが沢山あり選べたりと、思い通りの葬儀を執り行えます。

火葬後の遺骨を、どう保管するかも決めることが可能。

賑やかな場所や他の犬や猫を見たらすぐに近づくようなペットなら、共同墓地や合同供養塔を準備したり、飼い主と個別のコミュニケーションをこれからも大切にしたいなら個別墓地にしたりと、希望のお墓も決められます。

どのように供養するかを決める事は、死を受け入れられたから出来る事であり、今後の向き合い方を決める大事な案件。

定期的にお墓に訪れて対話をするなら、出向くたびに楽しい記憶を思い出せる方法を選ぶ事がベストです。

葬儀をお願いする業者が、大切なペットを丁寧に扱ってくれるかどうかも、重要なポイント。

家族の一員として扱ってくれ、彼自身が心の整理を進められるペット霊園を探しましょう。

ぺットの遺品整理をする

男性から言い寄られる効果が最強2

ペットが亡くなって彼氏がするべき事は、遺品整理です。

亡くなってから初めてわかるのが、その子のために準備したモノの多さ。

ご飯やオヤツだけでなく、トイレと衛生用品の備蓄、首輪やリード、クッションやケージ、おもちゃ、ガードなど数多くの遺品が残っています。

「片付けてしまうと、楽しかった日々が無かったことになりそうで寂しい」と遺品整理をしない人もいますが、ペットロスになってしまうほど悲しみが募っている人であれば、気持ちの切り替えをするためにも、片づけを行った方が良いのです。

全ての物に目を通し、思いを馳せ、処分したり残すものを選んだりします。

遺品整理する事が、亡くなったペットの供養ともなるわけです。

日常の中に生前のペットの存在を感じるものが多いほど、ペットロスから抜け出すのは難しくなります。

整理を進める事で、必然的に体を動かすことにもなり、心と体のリハビリにもなるものです。

楽しかった日々を思い出す

男性が抱えている心の問題4

ペットロスに陥ってすぐは、悲しみの一点に心を支配されているので、様々な方向に思考回路を巡らすことが出来ません。

大切な存在がいなくなったことで、目の前は真っ暗になったように感じます。

下をうつむき、悲しみに暮れたままでいると、現実世界から引き離されてしまい、戻れなくなる恐れがあるのです。

大切な動物を失ったの時に大切なのは、今生きている自分の事を忘れない事。

居なくなった辛さで、時が止まってしまえば、明るい未来を見つける事が出来なくなります。

全てにおいてネガティブ思考になりかねないので、気持ちを切り替えるきっかけを作る必要があるのです。

ペットと一緒に暮らした日々、遊んだ事、駆け寄ってくれた嬉しそうな表情、お出かけをした思い出、様々な楽しかったことを思い出しましょう。

記憶の中だけでも、ペット共に楽しかった想いを再び蘇らせることで、自然と表情は柔らかくなり、笑顔がこぼれます。

すぐに明るい気持ちに切り替えることは難しくても、ペットとの記憶を思い出すことで、落ち込みすぎることを防ぎ、穏やかさを取り戻せるものです。

日常生活を乱さないように意識する

ペットが亡くなった時、彼がやらなくてはいけない事は、日常生活を乱さないように意識することです。

毎日同じ家で過ごしていた生き物がいなくなると、突然自分だけが取り残されように感じます。

置いていかれた悲しみや怒りが沸き上がり、鬱状態に陥る人も少なくありません。

生きている今の自分の事を忘れてしまい、ペットの幻覚を見ては、空想と記憶の世界に入り込みます。

「楽しい時間をまだ過ごしたい」「寝てしまうと、部屋にまだ残っている温もりさえ消えてしまいそうで怖い」と思う事で、睡眠さえしなくなる人も。

ペットを失って、きちんと弔うためには、彼自身が元気でいる必要があるものです。

正しい生活習慣を続け、きちんと寝る、食べる、人に会うという事を意識して行うことで、自分自身を見失わずに済みます。

人と会う事で、現実を感じることが出来、命を大切にしなければならない事を思い出せるはずです。

恋人が隣にいたり、食事を一緒に取ったりすることで、日常生活を続けられるように意識します。

ペットロス中の彼氏に嫌われて別れる事になってしまう接し方

「他にも動物はいっぱいいるから」勇気づける

ペットロス中の彼氏に嫌われて別れる事になってしまう接し方は、「他にも動物はいっぱいいるから、元気出してよ」と勇気づける事です。

動物に対する考え方は、様々なものがあります。

生き物の事を家族として接し、心から愛情を注いできた人からは、にわかに信じられない事ですが、動物は人間よりも価値が低いと考えている人がいるのも事実。

「動物は動物にすぎない、人間とは違う」と考えている人にとって、ペットは死んだら終わりだけど、替えが利くものと考えている事から、「他のペットでもいいじゃない」と伝えてしまいます。

また、軽く考えているつもりはなくても、あまりにも落ち込んでいる彼氏が可愛そうで、「他のペットがいれば、早く元気になるかもしれない」と思いつき、そう言葉にすることもあるところですが、受け取る側の結果は同じ。

まだ落ち込んで立ち直れていない相手に、他の動物を提案したり、亡くなったペットは替えがいると伝えたりすることは、彼氏の心を深く傷つけます。

動物が先に死ぬことは分かっている事だと説明する

ペットロスに陥っている彼氏に「動物が先に死ぬことは分かっている事でしょ」と説明する行為は、嫌われて別れる事になってしまう接し方です。

ペットとして飼える動物は、小動物ばかりで、主に犬や猫が多くなります。

亀は少し特殊で一概には言えませんが、たいていのペットは、寿命が人間よりも短いものです。

ペットを迎え入れる時、飼い主は当然そのことを理解していますが、いざ亡くなり目の前からいなくなると、覚悟していたはずの死は心に重くのしかかります。

そんな状態の彼氏に対して、「早く死ぬことは分かっているでしょ」「分かっていたのに、そんなに落ち込んでも仕方がないでしょ」と正論をぶつけて、早く立ち直らせようとしても、相手の怒りを買う事になりかねません。

心から大切にしていたペットが居なくなった現実と、ゆっくり向き合いたいと考えているし、寂しさやむなしさをゆっくり整理したいと考えています。

分かっている事を突きつけられると、「もう考えるな」と忘れることを急かされているようで、腹が立つのです。

「人間じゃないんだから、大げさ」と命を軽く見る

ペットロスになっている彼氏に「人間じゃないんだから、大げさ」と命を軽く見る言葉をかけると、嫌われて別れる事になってしまいます。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

ペットを飼ったことがない人、また経験があっても人間よりも劣っていると考えている人は、命の重さに序列をつける心理があるのです。

知恵と道具を持つ人間は、動物の中で一番優れているという考え方もあります。

ペットロスになっている彼氏に「大げさだよ」と言葉にするという事は、「動物に入れ込んでどうするの」と、今までペットを大切にしてきた、彼の気持ちそのものを否定することになるわけです。

彼氏の愛情、お世話してきた日々を否定する事は、ペットと共に過ごしてきた人生の時間もろとも拒絶する事と同じといえます。

「動物なんだから」と命を軽く見ることは、心の底から大切に思ってきたカレからすれば、ありえない事です。

彼女であろうと、十分嫌いになり、別れに相応する理由になります。

恋人である自分とペットのどちらが大事なのか問い詰める

ペットロス中の彼氏に嫌われて別れる事になる接し方は、恋人である自分とペットのどちらが大事なのか問い詰める事です。

ペットロスになると、毎日可愛がっていた動物の名前を呼んだり、思いを馳せたりして、記憶の世界に没頭します。

涙は枯れることなく流れ、笑う事はもちろん言葉を出す事さえも難しくなるほどです。

そんな彼氏を見ていると、「私と喧嘩をしてもそこまで気にしないくせに、どうしてそこまで夢中になれるの」「もし私が亡くなったら、こんなに悲しんでくれるかな」と怒りや不安からカレの心の中に、どれほど自分の存在が占めているのか確認したくなります。

「私の事はどれくらい大切に想ってくれているの?」「悲しいのは分かるけど、彼女であるワタシは見えているの?」と問い詰める事で、悲しむ時間を奪ってしまうのです。

ロスになっている男性にとっては、悲しむ事が供養の一つであり、しっかり思いを馳せる事で、元気に旅立ってほしいと願っています。

彼女から比べられる発言をされることで、その時間を邪魔されることになるわけです。

「こんな時に何を言っているんだよ」「そんなのは比べる事じゃないだろう」と腹が立ち、もう一緒にいられないと考えます。

彼氏の許可なく勝手にペットの遺品整理を進める

言われやすい女性のタイプ2

ペットロス中の彼氏に嫌われて別れる事になる接し方は、彼氏の許可なく勝手にペットの遺品整理を進める事です。

ペットロスになっていても、仕事には出勤出来ている彼氏であれば、悲しむ時間も遺品整理をする時間もなかなかゆっくりとは取れません。

時間が経過しても、心が癒えている様子が見えず、いつまでもいなくなったペットの遺品がそのままになっている様子は、彼女としても見るのは辛いところです。

「彼が出来ないなら、私が代わりにしてあげよう」「片付いていれば、自然に気持ちも楽になるかもしれない」と、良かれと思ってしたことでも、勝手に遺品整理をしてはいけないのです。

家に帰ってすっかり片付いた様子を見て、彼氏は「勝手に何をしてくれたんだ」「時間がかかっても自分でしたかった」と言うはず。

遺品整理は、大切なペットとの思い出の品を振り返る作業です。

残しておきたいものや、忘れられない思い出があるのは、当然の事。

勝手に片づけられると、裏切られたような気持になり、心無い事をされたと絶望します。

そんな彼女の事を簡単に許せないだけでなく、何を考えているのか分からないと恐怖が襲い、別れを選ぶのです。

ペットを亡くして落ち込む男性から必要とされる励まし方や対応法

恋人の役割は共感だから一緒に悲しむ

必要とされる励まし方や対応方は、一緒に悲しむことです。

飼っているペットの事をあまり深く知らなかったとしても、行う必要があります。

彼氏がペットロスになった時の恋人の役割は、共感する事。

悲しみを一緒に感じ、横に寄り添うだけで十分です。

余計な言葉も必要なければ、彼自身も彼女から変に元気づけて欲しいわけでもありません。

ただ、悲しいという感情を味わっている間、隣にいてもらえるだけで安心します。

そっと寄り添い、背中に手を回し、抱きしめるだけで、彼氏は安心して悲しみを感じることが出来るのです。

共感してくれる人がいるだけで、現実を受け止めやすくなり、十分悲しんだ後の次のステップに進めます。

亡くなったペットが彼氏と出会えて幸せだったと話す

落ち込む男性から必要とされる対応は、亡くなったペットが彼氏と出会えて幸せだったと話すことです。

ペットロスになっているカレは、「あの子は幸せだっただろうか」という不安を抱えています。

病気で亡くなったのであれば、「もっと早く気づいてあげられたら、病院に行ったりリハビリをしたり可能なことがもっとあっただろう」と考え、不慮の事故なら「気を付けてあげるべきだった」と考えるのです。

老衰であっても、「うちに来て幸せだったかな」「良い人生を歩めたかな」と不安を抱えています。

そんな彼には、「あの子はあなたと一緒だったから、幸せだったと思うよ」と伝えてあげましょう。

不安を払しょくし、ペットの目線で彼がいかにお世話をしてくれていたか、愛してくれていたかを伝えることで、彼自身も「そうだね、やるべきことはやっていた」「幸せだったと思ってくれていたら嬉しいな」とポジティブにとらえることが出来るようになります。

「あなたがしっかり愛していたことを、あの子も分かっていたはずだよ」と伝えると、心が通じ合えていたように感じ、嬉しさがこみ上げるはずです。

彼氏が葬儀屋やお墓を探している時にペットが喜びそうな場所を選ぶ

落ち込んでいる男性に必要とされる対応法は、彼氏が葬儀屋やお墓を探しているタイミングで、ペットが喜びそうな場所を選ぶ事です。

大切なのは、彼氏が探し始めたタイミングからスタートするという事。

先行して葬儀屋やお墓をピックアップして、提案しても「まるで準備していたみたいだな」と悲しみが怒りに変わります。

少し元気が出てきて葬儀屋を探し始めた時、「私も一緒に探すね」とスタートしましょう。

そして、ペット目線で喜んでもらえそうな場所を選びます。

「あなたのことが大好きだったから、家が見える墓地にしよう」「いつでもお墓参りに行けるように、交通の便のいいところはどうかな」と提案する事で、亡くなってもすぐそばに感じられるように、あの子と彼氏の絆を理解している事を伝えられるのです。

「お友達がたくさんできる様に、共同墓地もいいかもね」と向こうの世界でも楽しめるように寄り添って思考を巡らす事も、彼からすれば嬉しい提案と言えます。

精神的にも肉体的にも辛い時期だから一人にしない

落ち込む男性から必要とされる対応法は、精神的にも肉体的にも辛い時期だから一人にしないということです。

恋人同士は、お互いの生活もある為、同棲していない限りはいつも一緒にいられるわけではありません。

しかし、大切なペットが亡くなった時は特別です。

一人でいると精神的に参ってしまい、日常生活に戻れなくなることもあります。

また、本当に辛い時、誰かと一緒にいるだけで落ち込みすぎない、ネガティブになりすぎないため、元気になるのも早くなるものです。

「彼女には、悲しむ姿を見せたくない」と言われても、なるべく頻繁に顔を見る様に意識して、声を掛けましょう。

人の温もりは、思考回路を穏やかにする働きがあります。

好きな人が近くにいるだけで、精神的な辛さも、体の力が全て抜けてしまうような体力的な辛さも、取り去ってしまえるのです。

一人にしない、どうしても離れなければいけなくても、普段以上に顔を合わせる様にしましょう。

電話やラインなどは、強がって「大丈夫だよ」「もう平気だよ」と言いやすいので、信用できません。

スマホに頼らず、顔色を見ることを忘れない事です。

身の回りの生活をサポートする

落ち込む男性から必要とされる対応法は、身の回りの生活をサポートすることです。

深い悲しみの中にいる時、人は何もしたくなくなるもの。

それでも生きている人にとっては、毎日しなければいけない事もあります。

何もしたくない気持ちを尊重し、身の回りの生活をサポートしてあげましょう。

掃除や洗濯、食事の準備など、生活するために必要な事を助けることで、彼には時間が流れている事を自覚してもらいます。

温かい食事を食べれば、心がホッと癒され、視野が広くなるものです。

悲しみに浸りたいときには、サポートをする事で、存分に悲しませてあげます。

その後、少しづつ一緒に掃除や洗濯、料理をすることで、日常へのリハビリとなり、心の元気を取り戻すことが可能になるわけです。

急に元気を出すことも、忘れる事も無理ですが、徐々に回復していくために身の回りの事から寄り添う事で、少しづつ彼も笑顔を取り戻せます。

ペットを失って辛い彼をそっとしておく間彼女にできる事

一緒に落ち込まないようにポジティブをキープ

カレをそっとしておく間、彼女に出来る事は、一緒に落ち込まないようにポジティブをキープすることです。

恋人として彼に共感する事は大事ですが、悲しみを共有する事は必要ではありません。

二人で一緒に飼っているペットが亡くなり、共に傷付いてしまっているのなら別ですが、彼が落ち込んでいる間、そっとしておくなら、あなたはポジティブな状態をキープしておくべきです。

取り繕ったように、明るいワードを並び立てると不自然なのでNG。

一緒に落ち込んでしまえば、二人で重い空気の中、いつまでも回復できなくなります。

あなたがポジティブでいられれば、彼の心の整理が進んだ時に、あなたが引き上げることが出来るのです。

ペットの死を乗り越え、思い出にして前を向いて生きるためには、身近に引っ張ってくれる人が必要となります。

あなたが彼の希望となり、指針となることで、立ち直ることが出来るはずです。

一緒に悲しみを共感した後、気持ち的には少し離れたところで彼の回復を待ちましょう。

あなたまで悲しみや苦しみに取り込まれない様、強い気持ちを維持する意識が、「一緒にいたい」と思える力強さを生み出します。

耳に入ったら追い打ちとなるため派手な遊びを控える

落ち込む男性を待つ間に、彼女が出来る事は、派手な遊びを控えることです。

精神的に落ち込んでいる時、家から出たくない、誰とも会いたくないと引きこもることが多くなります。

そんな時、「彼氏が相手をしてくれないから暇だな」「今は何もしてあげられないから、別の人と遊ぼう」と空いた時間を派手な遊びに費やすと、後悔する事になるのです。

恋人とはいえ、時間は自由に使う権利があります。

けれど、彼氏が悲しい時に、クラブやパーティーなど派手な遊びに出歩いている彼女の動向を知れば、恋人がどんな風に感じるか考えてみましょう。

「俺がこんなに辛いのに、どうしてあんなに遊べるんだろう」「所詮他人事なんだよな」と彼女に対して強い怒りや、諦めの感情が湧きあがり、愛が冷めてしまいます。

逆に、同じように引きこもらなくても粛々と日常に努めている彼女であれば、「あの子も寄り添ってくれている」と感じるのです。

離れていても、悲しみに寄り添ってくれている事が伝わる態度をとっていれば、彼は「彼女のためにも早く元気になろう」「あの子がいてくれてよかった」と思えます。

元気が出る料理を練習しておく

落ち込む彼氏を待つ間に、彼女が出来る事は、元気が出る料理を練習しておくことです。

すぐに普段通りに復活する事を要求しても、無理な事は明白。

今はそっとしておく代わりに、彼女として出来る事をしておきましょう。

落ち込み続けて涙が枯れ果てたころ、ふと日常を取り戻そうと動き始める瞬間があります。

その時、温かい手料理や好きな食べ物、元気が出るメニューを食べる事は、心を満たすことに繋がるのです。

食事は、幸福度と直結しています。

心が満たされる料理は、幸せを感じ、悲しみを昇華するはずです。

彼の背中を押すきっかけを作るために、好きな食べ物や見た目から元気になるメニューを調べ、練習しておきましょう。

連絡を取れた時「最近何をしているの?」と彼が聞いてきたら、「あなたが元気になれる料理を練習しているよ」と伝えれば、離れていても恋人のことを想っている事が十分伝わるところです。

「せっかく自分のために頑張ってくれているなら、早く元気になろう」「食べてみたいな」と思う事で、一緒にペットロスを乗り越えることが出来ます。

気分転換が出来る場所をリストアップしておく

彼氏をそっとしておく間に出来る事は、気分転換が出来る場所をリストアップしておくことです。

悲しみや苦しみなど、感情がマイナスに偏り続けた時、気分転換すると考え方や視野を変えることが出来、世界が変わります。

うつむいてばかりいる時に、青空を見上げるだけでも気分は変わるものですが、「こんなところに行けばいいかもしれない」「あれを一緒にしてみると、楽しいって思えるかもしれない」と彼の事を考え、リストアップしておくと、その時に必要な場所を選んで行動に移すことが出来るのです。

元気の出方も人それぞれ。

「元気になりたいけど遠くには行きたくない」「思い切り羽を伸ばして異世界を感じたい」「ペットの思い出を巡れる場所に行きたい」とどんな気分でも対応できるように、たくさんリストアップしておきましょう。

思い出アルバムやアクセサリーを作る

そっとしておく間、彼女に出来る事は思い出アルバムやアクセサリーを作る事です。

最近では写真や使っていた遺品から、思い出の品を作る業者が増えています。

愛犬や愛猫をプリントしたクッションやひざ掛け、アクセサリーなどを作ることで、既にこの世にいなくなったペットを、毎日目で見れるようになるのです。

動いてはいないけど、「そこに確かに存在した」と証を残すことで、カレの苦しみや辛さは癒えていきます。

ハンコやキーホルダーなども作ることが出来るので、普段持ち歩くことも可能です。

家でまったりペットとの思い出に浸る品を準備するのもいいし、持ち運びが出来ていつも一緒にいる気分を味わえるアイテムをプレゼントするのも、気分が違っていいもの。

制作には時間がかかるので、そっと準備を進めておくと、落ち込んでいた男性に少し活力が出てきた頃、渡すことができます。

記憶の中に留めておくのと、目で見て思い出せるのとでは、気持ちの整理のスピードも切り替えの仕方も、ずいぶん違うのです。

思い出アルバムを作って、一つづつ写真を見ながら話をして、気持ちに寄り添いましょう。

彼氏の気持ちに寄り添う事が大事

大切にしていた動物がなくなってしまったら、ペットロスとなり落ち込んでしまう人も多くいます。

彼氏が酷く傷つき苦しんでいたら、気持ちに寄り添う事が何よりも大事です。

嫌われて別れる事になる間違った接し方を回避し、必要とされる対応法を実行して回復するためのサポートをしていきましょう。

一緒に落ち込まないように意識して、そっとしておく間に出来る事もしておくことで、大切なカレと共にロスを乗り越えることが出来ますよ。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事