恋が終わって家庭に帰るとき。男性が自分の居場所を不倫相手から家庭へと戻すきっかけと心理
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

そのうち終わると分かっていても、いざ本当に恋が終わってしまうと既婚者の男性はどんな心理なのか気になるところ。

「今まで続いた婚外恋愛の相手とは、今後一生関係はないの?」「家庭に帰ると、もう二度と奥さん以外に恋をすることはないのかな」と恋愛後の男性について知りたいなら、不倫が「終わった」と感じる場面や心理を理解すれば、彼の気持ちに寄り添うことが出来ます。

恋が終わって家庭に帰る時の男性について、詳しくご紹介していきましょう。

家族と過ごすようになったらどんなことを感じているのか、別れたあの人と繋がっているためにの交流方法などもお伝えしていますので、彼の気持ちに寄り添ってあなたが納得できる未来へ歩き始めるための参考にしてくださいね。

不倫恋愛を終わらせると決めた時の覚悟の背景には、彼なりのきっかけがあったことも見えてきます。

もう一度やり直したい、適度な距離で繋がり続けたい、など幸せの形は人それぞれなので、あなたなりの未来を見つけましょう。

目次

男性が不倫相手との婚外恋愛に対して本気で「終わった…」と感じる場面

妻が不倫相手の存在に気づき「もうお遊びは終わり」とくぎを刺された時

男性が不倫相手との婚外恋愛に対して本気で「終わった」と感じる場面は、妻が彼女の存在に気付いて別れるようにきつくお灸をすえられた時です。

自分の夫が不倫をしている時が付いた場合でも、奥さんがいきなり離婚を突きつけるというのは、あまりありません。

まずは、夫の行動を怪しみ、探りを入れて、確信を持ったところで、「もう終わ祖日は終わりにしてください」「ちゃんと別れて戻って来て」とくぎを刺します。

既婚男性は、隠し通せていると思っていた婚外恋愛が妻にバレていたと知っただけでも、震え上がるほど恐怖を感じているはずです。

今まで頑張ってきたアリバイ工作や嘘は、妻を前にしては全て無駄だったと知ります。

「完全に終わった」「この妻に隠し事は出来ない」と悟り、恋人に別れを告げる決心をするのです。

不倫を知ったうえで、婚姻関係を続けてくれる妻は、男性にとっては非常にありがたい存在と言えます。

彼女と別れさえすれば、世間体を守ることが出来、子供との生活を手放すことなく、弁護士費用や養育費などの金銭的負担も考えなくて済むからです。

許してもらえるうちに、そそくさと恋愛を終わらせて家庭に帰ります。

浮気相手と過ごしていても「面倒だな」と感じる事に気づいた時

既婚男性が完全に「終わった」と思う場面は、不倫している相手と過ごしていても気持ちが喜んでいないことを実感した時です。

不倫とは言え、その実態も様々。

交際期間の長さに関わらず、関係が成立した時点で相手に飽きてしまう事もよくあります。

いつも妻や周りの人にバレないようにコソコソと動きながら会っているくせに、いざデートをしていると「あれ、この子の何がそんなにいいのだろう」と魅力を見失ってしまっている事に気付けば、一緒にいる時間を続ける意味さえもなくなるものです。

もちろん長い期間不倫を続けてきたカップルのマンネリ化も同様と言えます。

不倫と言う刺激的な響きで盛り上がってしまったけれど、冷静に考えれば無理をしてまで一緒にいる相手ではないと気付いた時、「早々に終わらせよう」と考えるわけです。

好きな人とは言え、不倫と言う危険な遊びをしてみたかっただけという場合、急に熱が冷めてしまえば恋愛も失速して、終わりを告げます。

恋人に独身の彼氏が出来た時

既婚男性が婚外恋愛で「終わった」と思う場面は、婚外で一緒に過ごす人に独身の彼氏が出来た時です。

不倫恋愛は、期限付きの恋とも言える刹那的な関係。

家庭を持つ者の都合で破局が訪れる時もあれば、独身女性に見合う男性が現れた時にも終わりがやってきます。

恋人だからといって、完全に束縛できないのが婚外恋愛の辛いところ。

独身女性との恋愛は、好きな人を独り占めしたいと思う反面、彼女の幸せを考えれば恋人を積極的に作ってもらいたいとも考えます。

複雑な心境ながらも、自分には家族がいるので引き留めるわけにもいかず、「この子との関係もこれで終わりか」と腹をくくるのです。

独身女性は、まだ結婚や出産という未来を夢見る権利があります。

本音では「俺の女に手を出すな」「好きだって言っていたじゃないか」と腹立たしさも抱えていますが、言えた義理ではないことも重々承知しているわけです。

不倫を終わらせて、家族の元に帰ることを決めることで、彼女への未練も忘れようと努力します。

彼女からの愛情が大きくなり束縛し始めたとき

既婚男性が本気で終わったと感じる場面は、愛情のバランスが崩れてしまった時です。

婚外恋愛は、お互いが求めすぎない絶妙なバランスが必要な恋愛となります。

彼女からの愛情が大きくなり、束縛が始まると、既婚者の男性には重荷になってしまうもの。

結婚して家庭を持っている人は、一人で過ごせる自由な時間がそもそも少ないだけでなく、気持ちの面でも恋人の事ばかり考えるわけにはいきません。

「私だけを見て」「家に帰らないで」「奥さんとは会話しないで」と言われたところで、男性側にはどうしようもない話です。

究極は彼女から「あなたの子供が欲しい」と言われた時。

彼女との子供を作ってしまえば、完全に今の家庭を脅かす存在になることは明白です。

家族を守るためにも、彼女との交際を早い段階で打ち切る必要があります。

男性は本気の恋愛をしていると言葉で言ったところで、本当にその覚悟が出来ている人はごくわずかです。

彼女が彼の甘い言葉を鵜呑みにして、愛情を大きくしていくことで、男性の気持ちはどんどんと離れてしまいます。

妻が妊娠したことを告げたら不倫相手が取り乱したとき

既婚者の男性が婚外恋愛に対して本気で終わったと感じる場面は、妻が妊娠した時の彼女の反応を見た時です。

婚外恋愛をしている二人は、愛情表現がだいたいいつも同じような言葉や態度となります。

長い時間一緒にいられないこと、多くのデートスポットに行くことが出来ないことで、時間や場所に偏りが出ることが原因です。

いつも同じような愛の言葉を言い合っていれば、相手の本当の本気度は分からないもの。

妻の妊娠を告げた時、彼女の本当の気持ちを知ることになります。

恋人がいても、妻から子作りをお願いされたりコミュニケーションとして夫婦のセックスが行われたりすることで、妊娠はあることです。

妻の妊娠を知った彼女が荒れ狂うように取り乱したとき、「こんなに本気で好きだったのか」と知ると同時に、その気持ちの重さに耐えきれなくなってしまいます。

「そんなつもりじゃなかった」「彼女もそうだと思っていた」と自分の軽い気持ちと同等だと思っていた既婚男性は、急激に冷めてしまうのです。

逆に彼女が妻の妊娠をそのまま受け入れてしまうと、「こんな事態が起きても平気な人」と認識し、その後も関係が続きます。

恋が終わって家庭に帰るときの男性心理

これから戻る平凡な日常の繰り返しにウンザリ

恋が終わって家庭に帰る時の男性心理は、これから戻る平凡な日常の繰り返しにうんざりしているというものです。

安定した生活がある男性にとって、恋愛は日常のスパイス。

とても甘美なものであり、嫌な事から逃げられる場所でした。

不倫が終わって家族のところに帰るとなれば、また彼女がいる前の生活に戻ることを意味しています。

それはとても退屈で、変化のない毎日。

家族がいる事に不満はないけれど、些細な不満はたまるばかりで、発散させる趣味もなく、一人になる時間も許されない生活は、一度恋愛を経験した男性であれば地獄に感じてしまいます。

新しい趣味を見つけたり、仕事に打ち込んだりと気持ちを切り替えられる人であればいいですが、男性は簡単に切り替えが出来る人ばかりではありません。

今までの生活から彼女がいなくなった時間がぽっかりと浮かんで見え、虚無感に襲われてしまいます。

他の女性と恋愛のチャンスがないか探している

恋が終わって家庭に帰る男性の心理は、既に次の恋を探しているというものです。

男性にとって恋をしている時間は、とても楽しい時間でした。

彼女も可愛くて、妻以外の女性といる時間が自分をウキウキさせてくれることを知ったところです。

今回の恋は終わりを迎えたけれど、チャンスがあればまた他の女性と恋が出来るのではないかと期待しています。

淡い期待心は、つい周りの女性を下心のある目で見てしまい、「焦らないぞ」と自分に言い聞かせているはずです。

既婚者の男性が恋愛をするチャンスなど、そうそう簡単に転がっているものではありません。

周りの異性は、既婚者としてみているので基本的には、恋愛対象外。

きっかけがなければ恋愛するチャンスはないものです。

けれども一度不倫を経験しているため、「自分が本気になれば女を落とせる」と自信もついています。

自分がモテると勘違いしているわけです。

出会い系サイトやマッチングサイトなどの登録も、新しい恋愛の為なら抵抗なく行います。

家族のために心機一転!男としての役割を果たす

既婚男性が家庭に帰る時の心理は、家族のために心を入れ替えて役割を果たしたいというものです。

そもそも既婚者の男性は、役割を多く持っています。

社会人、男、父親、夫など男性を必要としている人は多くいて、それぞれの役割を全うすることで助かる人がいるのも事実です。

恋愛をしていたおかげで、父親としても夫としても影が薄くなってしまっているけれど、本来なら家の中で一番重要視されてもいい存在と言えます。

家族を蔑ろにしていた分、家の中では威厳も何もあったものではありません。

しかし、恋が終わって家に帰ると決めたのなら、今一度自分がいるべき場所のメンバーに必要とされる人になるべきです。

仕事を一生懸命頑張って、稼ぎを上げて養う力を高め、休日には家族サービスをして楽しい思い出を作ります。

行動を起こせば起こすほど、自分が恋愛をしている間家族に何もしてあげられていなかったことを痛感するはずです。

表面的には行っていても、思いやりが込められていなければ家族には伝わるもの。

「仕方なくやってくれている」事と、「家族のために喜ばせようとしてくれている」様子では、まったく印象が違うからです。

家族から喜ばれるために、自分の役割を全うしようと覚悟を決めます。

修羅場にならなかっただけマシ。気の迷いは黒歴史

既婚者の男性が恋を終わらせて家に帰る時の心理は、「これで済んで本当に良かった」という安堵です。

不倫をしていると、終わりを迎える時の不安はつきもの。

修羅場を迎えることも珍しいことではないからです。

けれども修羅場を迎えることなく別れることが出来たなら、既婚者の男性は心の底からすっきりとしています。

お酒の勢いで体を結んでしまった、彼女の好意に乗ってしまった、急接近したノリで始まった、など自分にとっては不倫をするつもりはなかったけれど、事故的な感覚で恋愛をしていたのであれば、修羅場にならずに別れられたことは、一番の安心ポイントです。

「絶対ややこしいことになると思っていた」「離婚になったら後悔してもしきれない」と別れる事が不安だった既婚男性は、ようやく訪れた終わりにほっと一安心しています。

「叶う事なら、この先も何もないように」と願いながら、気の迷いで始めてしまった不倫は黒歴史として記憶の片隅に追いやるはずです。

どうにもならない事実にガッカリ

既婚男性が婚外恋愛を終わらせて家庭に帰る時の心理は、どうにもならない事実にガッカリしているというものです。

結婚している人であっても、本気で人を愛してしまう時はあるもの。

今回別れを迎えた恋人は、結婚する前に出会いたかったと本気で思っている人です。

別れを決めた理由が自分の都合にしろ、彼女のことにしろ、もうどうにも止めることが出来ない事実に落胆しています。

本当は別れたくなかった気持ちが強いので、家族の前でも無理に笑顔を作ることが出来ません。

家に帰っても彼女の笑顔を見ることが出来ないのは、当然の事実。

「これから一生あの笑顔を近くで見ることが出来ないのか」と考えると、悲しみが癒えることはなく、家にいても居場所がないと感じてしまいます。

「この家族と本当に一緒に生きていくべきだろうか」と考え込むきっかけとなり、彼女と別れてしまっているのに、離婚をする原因ともなってしまうのです。

男性が自分の居場所を不倫相手から家庭へと戻すきっかけ

家計が厳しくなって生活が変化した

男性が自分の居場所を不倫相手から家庭へと戻すきっかけは、家計が厳しくなって生活が変化したからです。

男性は仕事を変わらないもの、というのは一昔前の常識。

現代では、男性であっても既婚者であっても転職することもあれば、職を失って家計がひっ迫する事もあるものです。

浮気をしている男性の仕事状況が変われば、二人の関係も変化していきます。

男性の転職や無職、また配置換えによる減給により、家計が厳しくなっている状況では、妻がパートを始めることで、生活サイクルが大きく変化。

慣れない家事をしなければいけない場面も増え、当然自由に使える小遣いも減額されます。

恋愛をしている場合ではなくなり、どうにか妻の稼ぎも上げるために、夫婦で協力して家事や育児の負担を減らさなければいけません。

場合によっては夫婦の立場が逆転して、専業主夫となってしまう事も。

浮気相手に入り浸っていた時間は、もはや過去の栄光です。

現実を生きていくために、家庭と向き合い、しっかりと生活の基盤を固めていく道を進みます。

彼女が感情に任せて怒ることが多くなった

既婚者のカレが不倫相手から家庭に居場所を戻すきっかけは、彼女が感情に任せて起こることが多くなったからです。

女性は感情の生き物とはいえ、それを受け止める男性側はよほど大きな懐でなければ受け止めきれない場合も少なくありません。

婚外恋愛をしている彼女が感情のままに怒るのは、彼のことを本気で好きになったからという原因が挙げられます。

四六時中好きな人のことを思い浮かべていて、その人には家で待っている人がいると考えると、心は張り裂けそうに辛くなってしまうものです。

少しでも長く一緒にいたいと思うからこそ、相手ののらりくらりとした態度や本気で愛してくれているのかよく分からない言動にイライラしてしまいます。

女性は、男性の全てを包み込みたいと考えているのに、男性側はそうではないようだと気が付いた時、怒りと恨みで怒りっぽくなってしまうわけです。

けれども不倫をしている二人の間に怒りの感情はご法度。

怒りっぽい彼女を見ながら「せっかくのデートが台無し」「仕方のないことばかり言われても最初から既婚者だってわかっているんだから困る」と気持ちが冷めてしまいます。

「もうこれ以上この子と一緒にいるのは無理だな」と見切りをつけるのです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

誰かにバレそうな予感がした

既婚者の男性が婚外恋愛を終わらせ、家に居場所を戻すのは、誰かにバレそうな予感がしたからです。

不倫が他人にバレてしまうと、噂はどんどんと広がってしまいます。

そのうちある事、ない事なんでも拡散され、自分の評判が下がってしまうはずです。

彼がヤバイと思っている時は、見た目で分かります。

口がへの字に固く結ばれていたり、無言のまま過ごす時間が増えたり、仕事の心配や周りからどう見られるかの評価など、彼女の事だけ考えている時間が無くなってしまうところです。

バレてしまう事だけは何としても阻止したいところですが、ふと「もしかしたらバレるかもしれない」と予感がする場合には、すぐさま彼女との距離を離します。

バレてしまった後の失う事の大きさに比べれば、恋人と別れる事など大した問題ではありません。

自分の直感を信じ、大人しく家族の元へ帰っていきます。

恋人が妊娠をして話し合った

男性が自分の居場所を不倫相手から家庭へと戻すきっかけは、恋人の妊娠があります。

既婚者にとって、妻以外の女性が妊娠する事は一大事です。

彼女のことを本気で愛していたとしても、出産を受け入れて家庭を築くというのは簡単な事ではありません。

彼女が出産をするためには、自分は離婚をするか二重生活をする生活の覚悟をしなければならず、養育費用が必要なだけでなく環境も大きく変わったり、不倫していることがバレたりと、自分の状況も今のままではいられなくなることは必須です。

遊びの関係だったのなら尚更、出産は受け入れがたい事実と言えます。

恋人からの妊娠のカミングアウトをきっかけに、二人の愛のカタチや彼女にとって幸せな未来についてじっくり話し合い、別れることを選択するのです。

二人が納得して別れを決意すれば、家庭に戻る時の心境も、「帰るべき場所は家庭だ」と覚悟を決めることが出来ます。

彼女がシングルマザーになる事を決めたのなら、二人の関係は終わったとしても、養育についてや彼女の生活について気にかけ続けるはずです。

妻が綺麗になって早く家に帰りたくなった

既婚男性が不倫相手から家庭へと居場所を戻すきっかけとなるのは、妻の変化が挙げられます。

夫婦関係が長くなっても、女性はいつまでも「キレイでいたい」「夫から愛されたい」と思うものです。

妻との関係が冷めきっていると思っていても、実は男性側の一方的な考えという事も珍しくない話。

夫は妻に対して愛情がなくなっていても、奥さんはずっと旦那のことを愛し続けているケースでは、意識を向けてもらいたいがために、アップデートを試行錯誤しています。

結婚してからも自分磨きを続け、見た目や内面を成長させることで、自分自身の幸せや夫からの愛情を手に入れようと努力を続けているのです。

最近では女性起業家が増えたことで、女性同士が気軽にプロのアドバイスを受けることが出来るようになっています。

個人経営の店舗も増えているので、大きな店構えの場所に出向かなくても、アットホームな環境で自分にぴったりの女子力アップを目指せる環境です。

奥さんは夫の愛情を再び得るために、カラー診断やファッションコンサル、メイク講座にエステサロンなど様々な場所に出向き、どんどんと綺麗になっていきます。

少しの変化は気が付きにくい男性でも、ガラリと雰囲気や放つ言葉が変わってくればさすがに気が付くもの。

「最近奥さんが魅力的だ」と感じた事をきっかけに、「ちゃんと妻を愛そう」と心を入れ替え、居場所を家庭に戻します。

不倫相手と離れて家庭に戻り家族と過ごすようになった男性が感じている事

帰る場所があるのは幸せだ

不倫相手と離れて家庭に戻り家族と過ごすようになった男性が感じている事は、「帰る場所があるのは幸せだ」というもの。

結婚を決めた時に、男性は覚悟を決めたはずです。

「これからは自分がこの人を幸せにする」「温かい家庭を築いて安心して暮らしたい」という決意から、自分を長として家族が増えるたびに喜びを感じた経験しています。

家庭生活に不満を抱くようになったり、日常がつまらなく思ってしまったりすることで、婚外恋愛を始めたけれど、その関係も終わりを迎えて改めて家に帰ることについてゆっくりと向き合っているのです。

「自分でこの家族を築き上げたんだ」「この人たちを守るのは俺の役目だった」と思い返すことで、幸せをしみじみ感じています。

恋愛よりも生涯のパートナーとの時間を有意義にするべきだ

男性が家庭に戻って日常を過ごすようになってからは、「恋愛よりも生涯のパートナーとの時間を有意義にするべきだ」と感じています。

結婚生活を送ってきた夫婦は、一緒に暮らすことが生活であり、共に生きることが日常となり、そのありがたみを忘れてしまいがちです。

刺激を求めて恋愛をしたけれど、実際に恋をして感じたのは「恋愛と結婚は違う」という事実。

確かに恋愛はドキドキするし、彼女はとにかく「可愛い」と感じるし、甘えるなんて行為は、妻はもうしてこないことだから新鮮です。

けれど刺激的な時間を毎日続けたいかというと、そうではありません。

妻が毎日食事を作ってくれ、家を清潔に保ってくれ、健康を気にして色々準備してくれるからこそ、快適に生活を送れるのです。

ドキドキしない時間こそが生きる上では重要であり、一生日常を共に過ごすと決めた生涯のパートナーこそ大事にするべきだと痛感します。

家の事で考えなければいけない事がたくさんあることに気づかなかった

婚外恋愛を終えて家庭に戻った男性が家族と過ごす中で感じる事は、家の中の事で考えなければいけない事の多さに驚いているというものです。

結婚して家族を持つという事は、将来の事にも責任を持つという事を意味します。

恋愛にうつつを抜かしているうちに、家庭内の環境も変化しているものです。

自分の親との関係が悪化していた、祖父母の死、子供の自立など親族内の状況が変われば、立場的にやらなければいけないことも変化します。

お墓の問題、遺産の問題、名前を受け継ぐ相続問題、子供の学校のいじめ、中高受験、乳卒学の資金準備、子供の一人暮らしの準備などなど、夫婦で話し合い次々訪れる家族への試練を乗り越えるための目標設定を決めなければいけないのです。

自分だけ知らないうちに、妻は様々な問題を一人で抱え込んでいたことを知り、後悔と反省の感情が心を埋め尽くします。

「ちゃんと夫婦で一緒に乗り越えないといけないな」「妻に負担をかけすぎていた」と感じているのです。

妻以外とセックスがしたい

不倫関係を終えて家庭に戻った既婚男性が感じている事は、妻以外とセックスがしたいという欲望です。

家庭に戻ったものの、長い間セックスレス夫婦となっている人や性行為はあるけどマンネリ化してしまっている人にとって、恋人との交わりがなくなったことは大きな痛手と言えます。

同じ人とセックスをすることは、新たな快楽の探求や幸せの境地にたどり着けるなどのメリットがある反面、そこまで深くのめりこめないと感じる人が出てくるのも事実。

不倫をする既婚男性の妻との関係は、結婚前から考えると軽く10年を超える人も多くいます。

男性側が変化を起こそうと思っても、二人で行う営みなので、お互いの歩み寄りがなければ変化は難しいものです。

「刺激的なセックスがしたい」と望んでも妻が応じてくれなければ、どうしても「奥さん以外の女性と熱い夜を過ごしたい」と感じてしまいます。

一人で性欲処理をした後の虚しさが、余計に妻との性の在り方を考えてしまうところです。

婚外恋愛の刺激が忘れられない

既婚男性が不倫相手との恋を終えて家庭に戻った後は、婚外恋愛の刺激が忘れられないと感じています。

家庭をもって安定した生活を送っている男性にとって、恋愛をした時間は刺激的なものでした。

愛があるのかもわからない妻と一緒に過ごす中で、いつでも「今すぐ会いたい」「ずっと一緒にいたい」と言葉に出してくれる彼女の言葉は、どれをとっても男性を喜ばせてくれていたのです。

承認欲求を満たしてくれて、プライドをくすぐられることで、男として常に「格好良くありたい」と向上心を持つことが出来ていたので、日常も背筋をただす思いで過ごせていたことを思い返します。

家庭で過ごしていると、下着だけでうろうろしても、お酒を飲みながらダラダラしても、許されてしまう家族の空気に甘えてしまい、向上心の欠片も失ってしまうところです。

「男として、俺はこのままでいいのかな」と自問自答したところで、家族のために格好いい夫になる努力はする気力が沸き上がりません。

「恋愛の刺激が忘れられない」と思い返しては、心がソワソワするのです。

不倫の恋を終わりにして家庭に帰った既婚男性と繋がっていたい時の交流方法

月に1度LINEをやりとりする

不倫の恋を終わりにして家庭に帰った既婚男性と繋がっていたい時の交流方法は、月に1度LINEをやり取りすることです。

別れてしまってからも、何でもない用事で連絡を入れてみると、男性は受け答えをしてくれるもの。

既婚者なのに不倫関係を持った男性は、いくら反省したとしても連絡を取るくらい平気だと考えているからです。

仕事の用事、誰かからの言付け、ちょっとした質問など、些細なメッセージを月に1度のペースで、時々送りましょう。

しつこいとも思われず、未練があるとも気付かれないペースで、忘れたころに入ってくるメッセージに、何となく繋がり続けている安心感を相手も抱いてくれるはずです。

あなたから時々送られてくる何でもないラインは、家庭に疲れた時の息抜きになったり、楽しかった恋愛を思い出したりするきっかけとなります。

再び二人の関係を再構築しなおし、時間をかけてあの人の大切な人になるには効果的な方法です。

同じ職場なら仕事でサポートする

不倫相手と別れた後も繋がり続ける交流方法は、仕事で積極的にかかわることです。

不倫相手として多くあげられるのが同じ社内の人。

仕事を通して親しくなり、プライベートでも交流を持つことから不倫が始まった二人は、別れた後も職場を理由に繋がり続けることが可能です。

ただ、同じ会社に勤めているというだけではなく、仕事でサポートすることが出来るのは最大のメリットと言えます。

「何か手伝う事はない?」「先にこの資料やっておいたよ」と彼が「助かる」と言ってくれることを率先して行動していきましょう。

恋愛関係は終わっても、仕事として積極的にかかわっていれば、一日の多くを意識してもらえる存在になれるということです。

いつも仕事をサポートして、信頼や尊敬を持ち合うことで、相手から「この人の役に立ちたい」と思ってもらえる人になる事は、恋愛相手と同等の価値があります。

一日の大半を過ごす会社内で固い絆で結ばれていれば、交際していなくても周りからも「あの二人息がぴったりだね」と認めてもらえる関係になれるのです。

悩み事を相談する

別れた不倫相手と繋がるための交流方法は、悩み事を相談することです。

一人の女性として、悩み事と言うのは絶えず大なり小なりあるもの。

恋愛をしていた相手だからこそ、言える内容も多くあり、相談を持ち掛けると「それは誰にでもいえる話ではないよね」と親身になって聞いてくれます。

家庭に帰る事を決めた後でも、困った元カノを見ると男性は放っておけないものです。

「どうにか幸せになってほしい」「自分に出来ることは可能な限りやってあげたい」と思う気持ちは、不倫というリスクある恋愛をさせてしまった彼女への贖罪のつもりでもあります。

家族の事や仕事の事、友達付き合いの事、生き方や考え方など、どんな悩みでも受け止めてくれるはずです。

男性は結果主義なので、悩みを持ちかけられるとどうにか結論付けてあげたいという気持ちになります。

女性は結果が欲しいわけではないにしても、男性に結論を言わせてあげることは、花を持たせることと同じ事です。

彼なりの”結論”を聞いて、「相談してよかった」「なるほど、そういう考え方があるのか」と新たな発見をしたように答えれば、相手も「相談に乗った甲斐があった」と満足します。

引っ越しを手伝ってもらう

不倫恋愛を終えて家庭に戻った彼との交流方法は、引っ越しを手伝ってもらう事です。

独身一人暮らしのあなたが既婚者と不倫をしていた時には、自分の自宅をデート場所として頻繁に使っていたはず。

彼にとっても思い出のある場所になっています。

「引っ越しをするから、力仕事手伝ってほしい」ともっともらしい理由で会う口実を作ることが出来る上、女の子からお願いされれば、力要因とはいえ喜んで手伝ってくれるところです。

実際に二人が愛を育んだ部屋をまじまじと目にする事で、「この部屋ともお別れか」と寂しさが募ります。

過去の思い出が走馬灯のように思い出され、本当に関係が終わってしまったことを実感するはずです。

言葉には出さなくても、二人とも同じことを考えています。

そして、新しい家に荷物を運びこんだ時、彼の好きなように配置してもらうのです。

「あなたの好きなように置いてくれていいよ」と軽く伝えるだけで、あっという間にあの人が「居心地良い」と感じる部屋が出来上がります。

さらには、新しい家の場所や内装が分かる事で、次にやってくる事も勝手に想像してしまうわけです。

あの人の頭の中では、既に新居でのあなたとの関係が始まっています。

周りの人を誘って飲み会を定期的に行う

不倫を終わらせた後の人と交流する方法は、周りの人を誘って飲み会を定期的に行う事です。

不倫が始まるきっかけで多いのが、お酒の勢い。

お酒を飲むと人は理性を失い、大胆な行動を起こしがちです。

二人きりでお酒を飲みに行くと、また不倫関係に逆戻りしてしまう事が容易に想像できるからこそ、決してそんな約束は成立しません。

けれども会社の人や友人を誘って、複数人でお酒を飲みに行く話となれば「他の人もいるから間違いはないだろう」と気を緩めます。

気持ちを緩めるということは、チャンスが生まれる事を意味するのです。

何事もなく自宅に帰ることを何度か繰り返すうちに「やっぱり他の人の目があれば間違いにはならない」という安心感が生まれ、さらにガードを緩めます。

完全に油断しきったところで、関係を戻したい人はアプローチをかけましょう。

そのままの関係で楽しい距離感を維持できるなら、一番幸せな交流方法と言えます。

男性は恋が終わると恋愛と結婚について考える

楽しく不倫関係を続けていた二人にも、恋が終わってしまえば、今までの生活に戻らざるを得なくなります。

家庭に帰る時、男性は恋愛と結婚について深く考えるようになるはずです。

どれだけ恋愛が心に甘い汁を与えていたか、結婚生活が人生の大きな軸であるか、改めて痛感した時、男性の意識は大きく変化します。

その時の答えが、再び恋愛を始めるか、二度と不倫をしないかの違いとなるのです。

彼との関係をあなた自身ももう一度見つめなおし、「恋愛でなくても交流出来るなら幸せ」と思えるなら、リスクのない関係性を築いていきましょう。

【期間限定】復縁や不倫の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁や不倫などの難しい恋愛の不安の解消法、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

難しい恋愛の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事