頑固な元彼と復縁するために一番重要な事
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

男性って自分なりのプライドが高かったり、なんとなく自分の意見を曲げずに女性に折れて欲しいというような雰囲気の人が多いです。

性別の違い、と言ってしまえばそれまでですが、男性が潜在的にもつ頑固さと性格的な頑固さは少し違いがあります。

復縁に向けてのアプローチが難しくなってくるので、頑固な男性と復縁したい女性は「一体どんな風に近づいたらいいんだろう?」と悩んでしまいます。

そこで、頑固な元彼と復縁するために重要なことや頑固な元彼の心を動かす方法をご紹介するので、参考にしてみてください。

目次

こんなサインがあったら頑固な男性確定!元彼の頑固度を診断するポイント

自分が間違いだったとしても認めないし気にしない

元彼の頑固度を診断するポイント1基本的に自分の意見が全てで、あんまり人の話に対して同調することはないんです。

そのため、意見の違いで揉めることは日常茶飯事ありますが、答えがAのものを勘違いしてBだと言った時に、実際の答えがAだと気付いても「でもBってこともあるんじゃないの」と言い訳をします。

「ごめん、Aだったんだ。勘違いしてた」と一言がどうしても言えないのです。

自分が間違った、と受け止めるのは負けたような気がする、自分が考えたことに間違いはないと思いたい気持ちが強く、そもそもAという答えだって嘘なのでは?とすら言い出しかねません。

間違いに気づいても引けない、というのは頑固さの特徴でもあり、逆にいえば認める勇気がないといえます。

謝ること、非を認めることは簡単なように見えても実はずっと難しいのです。

「ごめん」という一言が言えたらどれだけ気持ちが楽だろう、と頑固な人は心の中で思っています。

そのため、頑固な男性ほど女性に対して甘える気持ちが強く、自分のことを理解してほしい、認めて欲しいという気持ちが強いです。

会話をしているときに、何かと自分が間違っていたとしても非を認めない、むしろ「正解が間違ってる」と持論を展開していくような男性の場合は、気持ちが固執してるんだなぁと思ってください。

「若いのになんかすごい固定概念がある」とか「間違った認識が強すぎる」と思った時、それは頑固な表れかもしれません。

さらに言えば、頑固な人に「間違いだよ」とか「違うって」と正論を振りかざしたとしてもケンカになるだけです。

ケンカになって話し合いを繰り返したとしても、結局平行線のままなので、あまり意味をなしません。

ゲームでもなんでも負けたくない

元彼の頑固度を診断するポイント2頑固な人じゃなくても誰にも負けたくない、認めたくないと結構たくさんいて、態度に出やすい人もたくさんいます。

子供の頃は、何かと負けず嫌いな子は多く、ちょっとゲームに複数回負けただけでも「もういい!」と怒って輪の中から外れようとしたり、「つまんない」と場の空気を引っ掻き回す子もいます。

大人になるにつれて、そういう感覚はどんどんと減っていきますし、負けることも1つの経験だと理解する人がほとんどです。

しかし、中には「どうしても勝負事には負けたくない」と一生懸命になって、自分でも意識していないうちに勝負やゲームに対して夢中になっていきます。

特に頑固な人は、ゲーム以外でもとにかくイライラしてしまうのです。

例えば、料理や掃除などちょっとした家事でもうまくいかないと「なんで上手にできないんだろう」と投げやりになってしまう傾向があります。

卵がうまく割れない、洗い物の水がたくさん跳ねてしまった、というただそれだけでも嫌な気持ちになって全てを投げ出します。

人から見れば、「そんなことどうでも良くない?」とすら思う部分でも、頑固な男性は自分の理想と少しでも違うことは嫌なものなのでしょう。

見る人によっては、根性がない、と思ってしまうようなことをする人がたくさんいるのです。

頑固な人は、自分ならではのルールが多く人にそのことを理解してもらえないと怒ったり、口論に発展する人が多いです。

頑固かどうかは、ちょっとしたゲームをするだけでもすぐにわかりますので、ちょっと「この人頑固かも?」と思った時には試しにゲームをしてみてください。

数回負けたら「もういい!」と怒ったりする場合、頑固だと思いましょう。

他者にはあんまり理解できないマイルールがある

元彼の頑固度を診断するポイント3自分なりのルールって、意外に誰でにもあります。

例えば、食事を食べる順番、1日に行うルーティンなど誰にでもルールはあるものです。

ちょっとした自分だけのルールであれば誰でも持っていますが、頑固な男性の場合はそのこだわりが強すぎます。

こだわりに対して人が少しでもはみ出ると、まるで糾弾するような言い方で責め立てたり、「どうして理解できないんだよ」と怒ったりします。

「そんな感覚、人とズレてるよ」と伝えたとしても、何が変なのかを理解できませんし、変だと言われることによってさらに怒る可能性が高いんです。

人からすれば「この人なんで怒ってるんだろう?」「怒られるようなことしてないんだけど」と思って嫌な気分になります。

頑固な人の特徴として、こだわりが強すぎる自分のルールを持っていて人と分かり合えない、という部分があるのです。

しかも、頑固な男性に限って「理解してくれないなら別にいい」とか「わからない方がおかしい」とふいっと相手から逃げようとします。

頑固な男性のほとんどが、なんとなく子供っぽい印象が強く、自分の意見や主張が伝わらないと「なんでわかってくれないの!」と地団駄を踏み、ぷんぷんと怒るのです。

まるでママに甘える子供のようなものだと思ってください。

だからこそ、頑固な男性は自分を理解してくれる人を求めています。

基本的に女性も男性も、自分を認めてくれる人が大好きですし、認めてくれるのであれば愛されていると感じられると思っている人は多いです。

その中でも頑固な男性はかなり自己愛が強いため、相手に理解してくれない人は全て敵のような感覚になります。

話をしている時に「何を言ってるんだろう?」「常識とかなりかけ離れている」と思うような発言が続く場合、その人は頑固でこだわりが強い人だといえます。

人の話を聞かずに「でも」「だって」と自分の意見を言おうとする

元彼の頑固度を診断するポイント4頑固な人は、自分の気持ちに一途で忠実です。

逆にいえば、他人の考えはどうでもいいとすら思います。

仕事でもプライベートは話題でも、いろんな場面で人と対話をすることは多いです。

話をする、ということは人に対して自分を理解してもらうという意味もありますが、相手の意見も理解することにもつながります。

もちろん、意見の食い違いはありますし、人によっては相容れない意見もあるかもしれません。

ですが、会話をすることに意味があり、人との違いを感じることに意味があるので、本来は話が平行線であったとしても、仕方がないことですし、何度も繰り返し話をする忍耐強さが必要です。

頑固な男性って、自分の意見を通そうと思う気持ちが強すぎて、忍耐力は乏しいと言えます。

「理解しない向こうが悪い」と思い込んで、会話をし、心のどこかで「言い負かせてやろう」と思っています。

どれだけ相手が正論を伝えてきたとしても「でもこうじゃん」とか「だってこういうことあるじゃん」というように、反論をすることがほとんどです。

頑固な男性は「こういうこともあるかもしれない」とか「考え方の1つとしてあるかも」というような視野の広さは皆無だと言ってもおかしくはありません。

自分の考えを持つことはとても大事なことですが、人との調和はもっと大事です。

会話をする、お互いの考えを理解し、自分なりに咀嚼することは人として重要な成長ポイントです。

人は、ただ年齢を重ねていけば大人になるというわけでもありませんし、何も経験しないまま柔軟性を持つこともできません。

大人になるということ、人として成長するということはそれだけ経験値を重ねること、人との関わりに柔軟性を持たせることが大切です。

頑固な人は、心の成長が止まっているような部分もあり、子供のように「だってこう思うんだもん!間違ってないもん!」と思っているのと同じことだといえます。

だけど、成人男性が言っているからちょっとタチが悪く感じるのです。

「でも」「だって」「だから」といういわゆるD言葉と呼ばれるものは、非常に人から悪い印象を持たれやすいですし、言葉の真っ向から否定的に感じられることが多いので、あまり使ってはいけないと考えられています。

人と関わる業種の人は、このD言葉を使わず、相手に好感を持ってもらえるような言葉を選んでいるのです。

頑固な人は、こういった人に対する気遣いが低い傾向があります。

昔ながらを大事にしている

元彼の頑固度を診断するポイント5頑固な男性は、新しい考えを受け入れる気持ちがありません。

「自分がこうだった」「昔からこういうことだった」そんな風に昔からの習わしや自分の考え、はたまた自分が暮らした環境がこうだったからと、自分を取り巻く世界、考えが全てだと思っています。

確かに、昔ながらも風習や考え方というのは非常に大事なことで、守るべき大切な考えだとしても、少しずつ人は考えを変えていくものです。

歴史、というものは変わることはありませんが、考え方は変動していくものだと言っても過言ではありません。

その考え方に順応していく心の広さも人間には必要なことですし、男性としての頼り甲斐が出る部分でもあります。

人に対する理解力もそうですが、変化に柔軟な人は人間力があるとも思われていて、魅力的に見えるのです。

でも、頑固な人は頭の中では「変わってしまったものは仕方ないな」とわかっていても、どうしても行動ができません。

変化についていくことは、どこか自分が変わってしまったような気になってなんだか認めたくないのです。

変化についていけない、というのはどこか年齢が高すぎる人のすることですし、ましてやこれから新しい考えを身につけていかなければいけないような年代の場合は、いっそう固執した考え方以外にももっといろんな考えを吸収した方が良いといえます。

頑固な男性は、話している時に「いつの時代の考え方なの?」と思うくらいの発言をすることも多いので、ちょっと感覚が古いなと思うことがあれば、頑固なんだなと思うようにしましょう。

また、頑固な男性の特徴として自分の古い考えが間違っていないと主張する傾向があり、「昔はこういう考えだったけど、今は違うよ」と優しく伝えてみても、全く理解してもらえません。

「考え方に古いも新しいもない!」と断固として自分の考えや認識を曲げようとはしないのです。

昔ながらの考え方は悪いことではありませんが、それでも物事には柔軟性が必要となるので、固執することはよくありません。

男性が恋愛に関する自分の考えを一度決めたらなかなか曲げない理由

自分が正しいのだと信じたい

考えを曲げない理由1頑固な男性は、プライベートでも恋愛でも一度自分が決めたことに対して、意見を変化させることはできません。

なぜなら自分の意見は絶対的に正しいと思っているからです。

「もう別れるって決めたんだからそれでいい」「相手のことなんてどうでもいい」そういうことを考えています。

でも、心の底で「本当はまだ好き」「きっかけさえあれば復縁がしたい」と思っていることもよくある話です。

ただ、いくらそのように思っていたとしても、自分からは絶対に元カノにアプローチは絵きません。

好き、という感情よりも自分の頑固な感覚の方が勝っているのです。

「好きだけど、どうして自分からいかなくちゃいけない?」「もしも復縁したいって思うんだったら、向こうから声をかけてくるはずだ」という感覚が強く、受け身の人が多いことも頑固な男性の特徴だといえます。

自分の感覚や考えは正しい、自分の意見とは違う人のことは受け入れたくない、という男性が多いので、復縁に関してもそもそも恋愛観にしても、とにかく自分が1番で好きなら向こうから来るべき、という人が多いです。

好きな気持ちがあったとしても、自分から行きたくない、好かれているって信じたいという気持ちが強くて何も行動できません。

全体的に頑固な男性の場合、視野が狭く、怖がりな人が多いです。

そんな自分に気づいていても気づいていなくても、何もかも認めたくなくて強がっている人が頑固な男性だと思いましょう。

好きな男性が頑固だったとすると、非常に恋愛する上で困難な考え方なので女性側も柔軟に対応してあげなくてはいけないです。

プライドが高くて自分の能力を過信している

考えを曲げない理由2頑固な男性は、自分の考えを曲げられない絶対的に信じている、だからこそプライドが高いともいえます。

男性は、本能的にプライドが高い傾向があり、自分が1番とも思っているので頑固じゃなくても男の人は自分の意見を過信しがちですし、本当の能力よりも上に自分のことを考えているのです。

「自分にできないことはない」「みんなが自分の評価を見誤っている」と考えていて、本当の自分を見極めることもなかなかできません。

恋愛に関しても似たような感覚を持っていて、「自分はこんなに魅力的な男なんだから」とか「自分と別れるなんて愚かだ」と思っていたりします。

自分の感覚が第一優先なので、女性の気持ちをあまり考慮できません。

自分が1番なんだから、女性は自分の気持ちを考えるべき!彼女なんだから、自分を認めるべき!ということだけを考えています。

では逆に自分は彼女に対して何かしてあげられるのか、ということを考えていないのです。

恋愛は、育ってきた環境も感覚も違う人と一緒にいるものなので、分かり合えることは正直できません。

お互いの気持ちを受け止めることはできますが、正確に理解することはできないのです。

全く同じ環境で育ったとしても結局、それぞれの人生を生きているわけですから、お互いの価値観があるのは当然だといえます。

まるでお互いが同一人物のように全てを一緒に感じることができれば嬉しいでしょうが、そういうわけにもいきません。

頑固な男性は、それぞれが別人格でお互いがよい面を持っているということを理解していないことが多く、自分が1番それ以外は自分以下だと思っています。

その気持ちを隠しきれない人も多いので、周囲との軋轢を感じることもあるのです。

復縁に関しても自分と別れた相手だから、きっと自分の魅力を感じてないんだろうと思って、元カノの存在を恋しくなったとしても「でもなあ」と素直になれません。

恋人には自分のことを認めてほしい

考えを曲げない理由3頑固な男性の大きな特徴は、恋人に対しての期待感がすごく高いということです。

「自分の魅力をしっかりと理解しているから付き合っている」と考えて、女性と付き合い始めます。

頑固な男性の場合、自分から「この人が好き!」とアプローチするよりも、相手から「あなたのことが好きです」と言われたい願望が高いです。

男性も女性も、愛されたい人と愛したい人に分かれます。

でもどちらだったとしても、実は心の奥底では「自分のことを認めてほしい」って思っているんです。

愛されたい人は、愛してもらうことによって自分の存在の必要性を感じたい、と思っていますし、愛したい人は愛することで自分を必要だと思ってほしい、と感じています。

どちらにせよ、根底には「相手に必要とされたい」「自分の存在を認めてほしい」という気持ちから引き出されているのです。

頑固な男性はこうした「人から必要とされたい」という気持ちが強く、自分に対しての自信が高い故に恋人からだって認められて当然という気持ちが強く出ています。

もちろん、恋人のことを認める気持ちは強い人が多いですが、頑固な男性はその気持ちを追い求める感情が強すぎて、相手に対しての感情が追いついていません。

自分を認めてくれない女性は好きじゃない、ちょっとでも行き違いがあったら不満、そんな気持ちがあるので、復縁に対しても「別れを決意した人なんだから、もう一緒にいる必要がない」と思うことも多いです。

別れ、というのは、恋人から裏切られた感覚になっているので、頑固な男性は心の底で元カノのことを気にしていたとしても考えていないふりをして無視をします。

だからこそ、一度決めた別れに対して「裏切ったんだから復縁なんてないでしょ」と曲げられません。

恋人に対して優劣をつけたがりコントロールしたい

考えを曲げない理由4頑固な男性は、恋人に対して「自分の方が上」という感覚を持っています。

もちろん、男性の方が身体能力的に高い場合も多いですが、それ以外で女性と男性で優劣をつける必要はありません。

さらにいえば、自分が好きだと思った恋人に対して上だ下だと言うことは変な話です。

だけど、頑固な男性は心のどこかで「女は男の一歩後ろで歩くもの!」という感覚があるため、男性優位な考え方が根付いています。

そのため、女性に対して自分の意のままに物事を進めようとする傾向があり、自分に従わない女性には「なんでいうこと聞かないんだよ」と言ったり、人格を否定するようなことを言ったりする人もいるのです。

本当に大切なことは、お互いが平等であること、別の人格だということを認めることです。

恋愛といえども1人1人の考えがあり、思いがあるので、そこに優劣は存在しません。

一緒にいることが尊いことだと気付けなければ、頑固な男性って恋愛をうまくいかせられないんです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

頑固な男性の思うままに女性がコントロールされてしまうと、結局女性がずっと我慢せざるを得ない状態が続き、いつかは爆発してしまいます。

ただ、頑固な男性は女性に対しての気持ちが軽い傾向があり、自分の意見をより押し付けようとするので、女性にとっては窮屈に感じるかもしれません。

頑固な元彼と復縁するために最も重要な事

頑固な人は完璧主義者だということを理解する

復縁するために最も重要な事1頑固な男性は、自分のルールや感覚に忠実でそのどれにズレても許せない傾向があります。

ある意味自分の主張に対しては完璧主義者で、人がズレても自分がズレても嫌なのです。

そのため、元カノだからこそわかる元彼のルールをよく思い出してください。

そういえばこういうこと嫌がってたな、とかこういうことが好きだった、など元彼ならではの思い出があるはずなので、よくよく考えてみましょう。

ルールさえ思い出せたら、復縁に向けても元彼の機嫌を損ねることなく、進めることができます。

頑固な男性のマイルールに関しては、一般常識とか「普通はこうだ」という感覚からは変わってくるので、元彼なりの基本があるので復縁アピールの際はきちんと配慮して行動してください。

元彼に対して、ルールや感覚に寄り添った行動をすることで元彼も「やっぱり元カノと一緒にいると気分がいいな」とか「自分のことをわかってくれているな」と感じて、嬉しくなります。

相手のペースを乱さないようにする

復縁するために最も重要な事2頑固な男性は、とにかく女性を自分の意のままに動かしたい、思い通りにしたいという感覚が強いです。

そのため、ちょっと無邪気な女性に振り回されるというようなことが嫌いです。

男性の中にはわがままな女性に困らされることに対して嬉しさを感じたり、かわいいな、と思う人もいますが、頑固な男性の場合はとにかく「自分の好きにしたい」「自分に従ってほしい」と思っています。

ペースを崩されたくない、自分のことを考えてほしい、と思い、付き合う女性も自分のペースに合わせてくれる優しい人が多かったという感覚です。

元カノなので、あなた自身も元彼の好みであることに違いはありません。

なので、復縁したい!と焦らず、頑固な男性に対しては冷静に判断することが大事です。

男性は、頑固でもそうじゃなくても女性のヒステリーは苦手なので、恋愛の駆け引きをしたり、相手のライフスタイルを考えずにアプローチをするような女性は、好感を持てないのです。

まだ好きだし、一緒にいたいという気持ちが強くなりすぎると、どうしても相手の気持ちを蔑ろにしてしまう傾向があります。

元彼が頑固だ、ということは付き合っている段階でわかっているわけですから、相手のペースを乱さないことがとっても大事です。

駆け引きや恋愛のアピールとして、元彼をコントロールしないようにしましょう。

実は元カノに追いかけてきて欲しい

復縁するために最も重要な事3頑固な男性は、自分から「この人のことが好き」とアピールすることはしません。

好きだけど、相手から求められたい、必要とされたいという意識が強いので、積極的にアプローチをされたいんです。

元カノだったとしても自分を求めてほしいと思っています。

「復縁したいのであれば、しっかりと好意を表現してほしい」「自分のことを好きならちゃんとアピールしてほしい」と感じていて、はっきりと表現してくれないと嫌なのです。

それは、自分自身が元カノに対して未練があるなしにかかわらず、自分を好きだと思っているのであれば表現してほしいんです。

ちょっと女性的な感覚だともいえますが、頑固な男性のほとんどが「追いかけて欲しい。そういう人じゃないと好きになれない」と思っています。

元カノにも求められたい気持ちが強いので、復縁したい!と思っているのであれば、しっかりとアプローチすることは必須だと思っておきましょう。

追いかけてきてくれるのであれば、それだけ自分を必要としてくれていることの証拠ですし、愛されていると実感できます。

気持ちが頑固な人は、イメージ的に自分からアプローチして、受け身の女性が好きなのでは?と考えられますが、実は違うんです。

プライドや自信が高すぎて、自分が好きだと思っても行動することはカッコ悪く感じて、動けません。

好きなら自分から来て欲しい、好きな気持ちはあるけど相手の気持ちがわからないうちは嫌だなと思っています。

頑固な男性はコミュニケーション能力が低い

復縁するために最も重要な事4復縁は、黙っていても成立はしませんし、待っていても叶うものではありません。

しっかりとコミュニケーションを取り合って、徐々に関係性を改めて深めていくものです。

ただ、頑固な男性ってそもそもコミュニケーション能力が低く、自分の意見を曲げない人が多いので、どうしても少しずつ距離感を縮めていこうにも、真っ向から拒否されることも多いです。

「そんな言い方しなくても…」と思うくらいに、女性のことを否定してくるかもしれません。

最初から「何しに連絡してきたの?」と怖い言い方をしてくるかもしれません。

本当はあなたに興味があったとしても、本当はあなたと復縁したいなと心の底では思っていたとしても、最初のうちは全然まともに話すことができないといえます。

自分と別れた裏切り者だと元カノに対しては思っていることもあり、元カノから唐突に連絡がきても思うように話すことができません。

これは、元カノだからというわけではなくて、自分の周囲の人みんなに同じような態度をとります。

一度でも自分のことを裏切った、思うようにならなかった、と感じた時にはしばらく口のききたくないほど拒絶するのです。

元カノは特に付き合った上に別れたともなれば、あまり良い印象が残っていません。

どんなに良い別れ方だったとしても、頑固な人は元カノに対して良い印象が持てないんです。

本来なら、コミュニケーションをとって、誤解を解いたり理解したり、受け入れたりを繰り返して元カノとのことを決めようとします。

でもコミュニケーション能力が低い男性は、最初から対話を避ける傾向があるのでなかなすぐには復縁にたどり着けないことは理解しておきましょう。

復縁なんてありえない!と思っている意地っ張りな元彼の心を動かす方法

冷たくされてもとにかくめげない

意地っ張りな元彼の心を動かす方法1頑固な男性はとにかくずっと人に対して求めているものが多いです。

好き嫌い関係なく、自分のことを好きならしっかりと求めてほしいと考えています。

そのため、男性に対してしっかりと積極的にアプローチできるような女性が復縁にもっとも近いと思ってください。

冷たくされても、どれだけ無視されても、定期的にずっと連絡をし続けて、めげずに復縁に対してアプローチができるようにすることで頑固な元彼でも心が動かされます。

「求めてくれているのなら」「好きって言い続けてくれるのなら」そんな風に元彼に思ってもらうことで、復縁に一歩近づけるのです。

女性としては、どうしてもめげてしまうかもしれませんが、本当に復縁したいと思っているのであれば、ここぞとばかりに明るい顔をして、明るい声を出して、元彼に接してください。

心が折れそうな時は、復縁に対して前向きに思い続ける勇気が必要です。

好きとか愛というのは、目に見えてわかるものではありませんし、メジャーで測れるものでもありません。

だからこそ、表現が必要になるのです。

愛情も感情も全て行動と表現でできているので、それらをしなければ何にもなりませんし、相手にも伝わりません。

本当なら女性の方が愛されたい!という欲求が強いのですが、頑固な男性の場合は女性から愛してあげなくてはこちらを向いてくれないんです。

早めのアプローチが重要

意地っ張りな元彼の心を動かす方法2自分の考えに固執している人は、別れてから月日が経てば経つほど相手に対しての感情が固まってしまいます。

恋愛感情だけではなくて全てのことです。

そのため、一般的には別れてからの冷却期間は必要だと思われていますが、頑固な男性はちょっと違います。

別れてからの時間が長ければ長いほど、元カノに対しての考えが固まってしまうので、復縁が非常に難しくなってしまいます。

もう一度一緒にいる、と元彼に思ってもらうためには、早めのアプローチが肝心です。

気持ちが固まってしまう前に自分の気持ちを伝えることで、元彼も少しだけ柔軟な気持ちで元カノとの復縁を目指すことができます。

自分から振った、相手から振った、どちらの場合でも復縁を希望しているのであれば、早く行動することが必要です。

相手の気持ちが固まった時は、復縁に対して前向きになれないので、勇気が必要かも知れませんが、本当に復縁したいのであれば一歩踏み出して行動しましょう。

頑固な人でも頑固じゃなくても、相手が好意を感じられるように行動することは間違っていませんし、復縁を切望するなら勇気はどんな時だって必要です。

頑固な人は特に人から求めてほしい傾向があるので、意識して動いてみましょう。

理路整然としっかりと自分の気持ちを伝える

意地っ張りな元彼の心を動かす方法3もともと、男性は女性特有の右往左往する会話の流れが嫌いです。

「はっきり喋って」とイライラする可能性が高いので、復縁アプローチをする際は事前にたくさんシミュレーションしてください。

端的に自分の気持ちを伝えられるように、しっかりと意識して、練習しておくといざ元彼と話した時にも緊張はしません。

元彼としても、理路整然と自分の気持ちを伝えてくれる元カノに対しては「すごく決意が見える」と思ってくれるので、復縁に対しても理性的に考えてくれます。

頑固は男性は比較的感情論な部分が強めなので、冷静に話し合うことさえできれば、復縁に向けてもちょっとずつアピールすることが可能です。

復縁を意識していると、どうしても緊張してうまく自分の言葉で気持ちを伝えることはできない!と悩むかもしれません。

でも、事前に練習することで気持ちが落ち着きますし、理路整然と言葉を伝えられます。

普段は男性優位な考え方をしている人でも、きちんと自分の気持ちを落ち着いて話す元カノを見れば見直してくれるんです。

1番やってはいけないことは、感情がたかぶって泣いてしまったり、ヒステリーのような形になることです。

冷静に順序立てて会話をすることで、あなた自身も元彼への気持ちに自信が持てますし、元彼もあなたの気持ちを理解してくれるので、良いことづくめだといえます。

頑固な元彼とやり直して恋人同士に戻った後の上手な付き合い方

とにかくおおらかな気持ちで接しよう

恋人同士に戻った後の上手な付き合い方1自分の気持ちが譲れない、意見を曲げられないような人はどうしても人と衝突しがちです。

気持ちが頑ななのは、何も男性だけではなくて、頑として気持ちを譲らないのは女性も同じです。

性格の問題なので、今から変更してくださいと言ってもどうしようもありません。

お互いが自分の意見をぶつけて、自分の意見が絶対に正しいという感覚で話をしていては、どうしてもぶつかることしかできません。

本当に好きな相手なら、譲ってくれるものと似たもの同士だと思ってしまって、お互いが「いつか相手が譲ってくれる」と思い込み、そうなるまでずっと自分の意見を突き通そうとします。

でも、結局お互いが頑固であればわかりあう気もなく受け入れる気にもなれないのです。

そのため、もしも復縁ができたとしたら自分の気持ちを抑える、というよりも「まあいっか」というようなおおらかな気持ちで受け止めてあげてください。

頑固な男性は基本的に幼稚園児くらいにわがままですし、甘えたがりです。

そうやって甘えるのも、あなたのことを信頼しているからこそなので、自分にしか見せない姿なのだと理解してあげましょう。

あなたがおおらかな態度で元彼のことを受け止めてあげると、あなたに対して心底信頼し、「もう別れたくない」と思ってくれるようになります。

感情の波は緩やかにすることでバランスが取れる

恋人同士に戻った後の上手な付き合い方2女性は、比較的感情的で理論的には物事をあまり考えられません。

もちろん、冷静な女性もいますが、ほとんどの場合が感覚て物事を決めて、感情的に恋愛をします。

実は、頑固な男性ってそういう感覚的な部分が強く、恋愛に関しても「なんとなく好き」「付き合ってみたいかも」というような、明確な理由がなくても女性に惹かれることは多いです。

女性的な感覚を持っている男性というのは、女性にとっては「気持ちが理解し合えるかも!」と嬉しくなるでしょうが、現実的にはちょっとやっかいだったりします。

女性と同じくらいに感情の波が激しく、頑固な男性は今日の気分と明日の気分は違ってくることが多いです。

なので、お互いの感情の揺れが激しくてもまた同じように別れてしまう可能性が高いです。

我が強い者同士だと、一緒にいても疲れてしまって「やっぱり無理かも」と別れてしまいます。

感情の揺らぎが激しいのは仕方ないと思うでしょうが、長い期間一緒にいるということを考えたら当然穏やかに一緒にいる方が良いに決まっています。

ただ、「男性が譲ってよ」と思っても、そういうわけにはいきません。

なので、極力女性側が感情の波を平坦にする努力が必要です。

「そこまでしたくない」「どうして自分だけが我慢するの?」と思うこともあるかもしれませんが、好きな人に対して努力をすることは不平等ではないといえます。

確かに、男性側は何も変わっていないのに、自分だけどうして変化しなくちゃいけないの?と思うでしょうがあなたが変われば、男性も変わります。

例えば、別れる前はずっとお互いが自分を主張していてうまくいかなかったとしたら、復縁後にはそういった感情のぶつかり合いが減って、元彼としても「彼女が変化した」ということにはすぐに気づくのです。

いくら頑固な男性でも自分のために変化してくれた女性に対して悪い気持ちは抱きませんし、以前との変化に対しても無関心ということもありません。

あくまで、元彼の方も復縁後にあなたとの関係をしっかりと築いていきたいと思っている場合ではありますが、あなたの変化が伝わらないとか理解してもらえないことはないことがほとんどです。

お互いが少しずつ大人になれるように、先にあなたが変化するのはとても必要なことだといえます。

普段はほめてここぞというときにはしっかりと意見を伝える

恋人同士に戻った後の上手な付き合い方3自分の意見を曲げない、譲らないのに、なぜか女性が自分の意見を全て飲み込んでくれても、イライラしてしまうのです。

なんで?と思うでしょうが、全く自分に対して意見を述べてこない女性は単純に「つまらない」「自分の意見もいえないのか」と呆れられてしまいます。

女性としては、頑固だから相手の気持ちを尊重してあげているつもりなのに、それが逆効果になることもあるのです。

なのに、自己主張が強すぎるとケンカに発展してしまうので調整がかなり難しいと思ってください。

ポイントは、普段は常に彼氏のことを褒めてあげましょう。

「すごいね」「さすがだね」と無条件で褒めていると、男性は気分が良くなって、あなたに対しては素直な自分を曝け出すようになります。

関係性としてはとても魅力的ですが、ここで意識してほしいのは「ここぞ、という時は反対意見でも話す」ことです。

普段は彼氏の意見を全て受け入れ、褒めて、寄り添っていたとしても「これはどうしても譲れない」「違う」と思ったときは断固として、否定しましょう。

いつもと雰囲気が違うあなたの意見は、頑固な男性でも受け入れざるを得ないような気分になって、受け入れやすくなります。

アメとムチのようなメリハリのある態度をとっていると、自然と彼氏の手中にはまっているのではなくて、逆にあなたが手のひらで転がすくらいの心の広さを持ちましょう。

彼氏との関係を良好に保つためには、あなたが一枚上手じゃないといけません。

頑固な人って難しいようで意外にわかりやすいところもある

頑固な元彼と復縁するために一番重要な事 まとめ自分の意見を曲げない人、というのは非常に扱いにくい印象があります。

元カノとしては「復縁したいけど性格に難があるし…」と思ってしまうかもしれません。

ですが、考え方を変えれば比較的わかりやすい思考を持っているので、女性自信も変化をすれば復縁も近くなりますし、復縁をした後も関係を良好に継続することが可能です。

意地っ張りな男性でも、心が動かされる瞬間は必ずあるので慎重に行動しましょう。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事