別れのメールに返信しない男の心理や特徴&返事を待つべき期間と未読無視か既読無視かで分かる彼の本音・リアクションの引き出し方
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「彼氏と連絡が取れないってどういうこと?」「別れたいってメールしたのに何もリアクションがない」と返信しない男に、苛立ちや悩みを抱えているあなた。

恋愛をしている相手なのに、終わりという大事な局面で返信してくれない彼氏なら、ショックが隠し切れないものです。

別れのメールに返信しない男の心理や特徴をご紹介しますので、相手の状況を理解したうえでベストなアクションを起こしましょう。

「いつまで返事を待てばいいの?」「同じLINE無視でも未読と既読では、気持ちが違うの?」と、相手の返事を待っている時に感じる疑問も解説していきます。

今の状況と照らし合わせると、相手の本音を汲み取ることが出来るはずです。

別れのメールにノーリアクションの男から、無理なくリアクションを引き出す方法を実践して、納得できる終わりを迎えましょう。

目次

さよならの一言もくれないの…?別れのメールやLINEに返信しない男の特徴

仕事が忙しくてプライベートの時間がほとんどない

終わりを告げるメールやLINEに無反応な男の特徴は、仕事が忙しくてプライベートの時間がほとんどない人です。

「仕事命」というほど、熱心に取り組んでいる人は、プライベートの時間との区切りを明確に持っておらず、常に頭の中はビジネスのことでいっぱいになっています。

デート中であってもビジネスの電話がかかってくれば、そのまま現場に急行することも。

そんな仕事人間な男は、恋愛の優先順位が低いため、彼女からメールやLINEを基本的にあまり返信しない傾向にあります。

何でもない会話を交わしたかと思えば、ふと返信が止まったり、「連絡する」と言っていたのにいつまでも来なかったり、など日常茶飯事です。

プライベートでゆったりとする時間がほとんどない男性は、別れをメールで伝えられても、そもそも見ていない可能性もあるし、返事を考えているうちに仕事に追われて後回しにしている場合もあります。

ただ、忙しすぎるこのタイプの男性は、仕事と恋愛は別物で考えていて、恋人に対して愛情がない事が原因ではないので、返信がないからと言って別れる事を受け入れているとも限りません。

現実に生きる男!スマホ依存していない

スマホに依存していない男性は、終わりのメールやlineをそのままにする男性の特徴と言えます。

そもそも男の人は、スマホで文字を入力してまで自分の気持ちを表現する事が、とても苦手としている人が多いものです。

文字を打ち込む手間が煩わしく、自分の言いたいこととずれてしまうので、基本的に心を通わせあうのは、対面の時の会話か電話のみ。

スマホに依存しない事で、人間らしい付き合いを望んでいます。

メールやラインが普及したことで、手軽に言いたいことを伝えられる手段として活用しているうちに、「電話が苦手」「早く伝えたいから、会うまで言いたいことを我慢できない」という女性も増えているのが現状です。

メールで、クイックレスポンスを求める女性と、会ってじっくり話し合いたい男性とでは、求めるスピードが違うので、別れを告げた彼女は返信がない時点でヤキモキします。

スマホに依存していない男性は、メールやラインでの別れは、成立しないと考えているはずです。

付き合っている時の連絡手段は電話がメイン

付き合っている時の連絡手段は電話がメインの男性は、破局の時のメッセージにリアクションしないといえます。

電話は、離れていても相手の声が聞こえる素晴らしい機能です。

スマートフォンを使い始めた事で、固定場所だけでなく移動中や仕事の合間にも電話を掛けることが出来るようになりました。

「大切な人との連絡は、声を聴きながら相手を感じて会話をしたい」と思っている男性は、親友や家族、そして恋人とは電話でやりとりをしたいと願うのです。

何でもない連絡事項であれば、メッセージで十分ですが、声を聞くことが出来る電話を使うことで、声色から相手の感情を読み取ることも出来るし、間を掴むことで、心が通じ合っているかどうか確認しながら会話が出来ます。

顔を見ていなくても表情が手に取るようにわかるのは、相手の声を聴くからこそ。

付き合っている相手とは、絶対に電話をメインにしたいと思っている人であれば、最後を文字で言われたとしても、その言葉を鵜呑みにすることはありません。

優柔不断で物事を決めるのに時間がかかる

破局を告げたメールやラインに返信しない男性の特徴は、優柔不断で物事を決めるのに時間がかかるというものです。

心優しくて周りの人に気を遣うばかりする人や、自分の事を決められない人は、大事なメッセージが届いてもすぐに対応することが出来ません。

好きな人からの別れであれば、自分の返信がとても重要な決断となるものです。

無視するわけではありませんが、「返事をしようと思っても出来ない」というのが、正直なところ。

優柔不断な男性は、別れを告げられても「どうしてそんな事を言ってきたんだろう」という疑問を考えるところから始まり、「素直に受けるべきか、反対するべきか、相手の望む答えは何だろう」と自分の気持ち以外の部分でも悩みます。

どれも答えが出ないまま、自分の気持ちと向き合っても、出口のない迷路に入り込んだように、悩む日々から抜け出せないのです。

一番相談したいはずの彼女からの破局の話なので、自分一人で決めなければいけない事にプレッシャーも感じています。

都合の悪い事はさりげなくかわす場面が多い

都合の悪い事は、さりげなくかわす場面が多い男性であれば、終わりを告げるメッセージに返信しないといえます。

自分の調子のいいように人生を潜り抜けてきた男性は、大事な決断を下すという場面を極力避けてきた人です。

怒られることや責められるなんて事は、もっての外。

人から非難されることや否定されることは、プライドが傷つくので、最初から出くわさないように生きています。

そんな彼は、彼女からメールで終わりを言われたところで、「どうにか気持ちを変えてもらおう」と楽観的に考えているのです。

いつも笑顔で冗談ばかりを言っていることも、特徴の一つと言えます。

周りの人もカレの本心が分からず、本音を見せないことで「いい加減な人」という印象を持たれている事もしばしば。

彼女に対しても、なんとか別れずに楽しい恋愛を続けられる方法を考えています。

そのため、次のデートの約束をしてきたり、アポなしで会いに来たりと、驚かせる行動を起こすところです。

彼氏は何と返信するか悩んでいるだけかも!返事を待つべき期間

すぐにでも白黒はっきりつけたいタイプは1日

返事を待つべき期間は、すぐにでも白黒はっきりつけたいタイプのカレなら、1日で何かしらの反応が来るはずです。

白黒つけなければ納得しないタイプの男性は、別れを告げられたら一人でモヤモヤ考えるという事をしません。

すぐに電話をしてきて「どういうこと?」「何が問題なの?」と思っている事を尋ねたり、「今すぐ会いに行く」と顔を見て直接話をしようとアクションを起こしたりするはずです。

別れの予感があった二人であれば、メールで伝えた時点で「やっぱりそうなんだね」「ついにこの日が来たか」と自分もそうではないかと予想していた事を伝えてくれます。

何もレスポンスなしなら、まだメッセージを見れていないか、驚いてすぐに連絡したいと思ってはいるけど、今はスマホを触れない状態だということ。

白黒つけたい、自分の気持ちをスパッと伝えられる男性なら、時間が出来た段階で向こうからしてきてくれるので、相手からの動きを待ちましょう。

相手も、思っている事をきちんと伝えるために、「電話をするならゆっくり時間を作ってからしよう」と考えている可能性もあります。

LINEがリアルタイムに返信してくれる人なら3日

LINEがリアルタイムに返信してくれる人なら3日は待ってみましょう。

電話することは少ないけれど、LINEであればだいたいすぐに返信をしてくれるというタイプの男性であれば、文字でどう気持ちを表現すればいいのか、考えているという可能性があります。

LINEでの連絡が取りやすい男性というのは、スマホをいつもチェックしている人です。

そんな人が返信をしないという選択は考えにくいもの。

大事な事だからこそ、自分の気持ちが彼女に誤解の内容伝わるよう、文章を練っていると考えられます。

メッセージで別れを告げられているので、直接会ったり電話をしたりという違う方法をとる考えは浮かんでいないはずなので、LINEで応えるに当たって、彼女を傷つけない言葉や自分の考えている事が上手く伝わる方法を熟考しているはずです。

いつもならリアルタイムで返信をくれる彼であれば、LINEは何でも話しやすいと捉えているツールなので、文字に起こすことが難しいというよりも、自分の内面と先に向き合っているといえます。

優柔不断なタイプの彼氏は1週間で経過を聞いてみてもOK

優柔不断なタイプの彼氏なら、1週間経った時点で、考えている経過を聞いてみるのも一つの方法です。

何に対しても慎重派な彼氏は、別れを告げられたことで驚き、ショックを受け、先が分からなくなってしまっているに違いありません。

優柔不断な人は、考えることを途中でやめてしまう事も多く、「大事な事だからこそ簡単に結論を出すよりは、もう少しゆっくり考えてみよう」と自分のペースに落とし込んでしまうことがあります。

「返事を待たせている」という意識はなく、自分が納得のいく答え、お互い幸せになれる選択をしたいと思っているので、急ぐ必要はないとさえ考えているはずです。

「どうしようかな」「別れたいのか、自分は本当にそれでいいのかな」と考え始めますが、一向に思考回路が進まず、時間ばかりが過ぎていきます。

「今日も何もわからなかった」と一日を終えても、悔しさは感じないので、同じ状態から次の日も考え始めるのです。

優柔不断のカレを焦らせるのは禁物ですが、相手のペースのまま待ち続けても、次に進めないので、一週間くらいで「考えてくれているかな?」と聞いてみましょう。

デート以外で会える場があるならどう返事をしていいのか悩んでいるから2週間

デート以外で会える場があるなら、2週間は相手の様子を見ながら待ってみましょう。

学校や職場など、メールで別れを告げても絶対に顔を合わせる相手であれば、返事を急がせるわけでもなく、とりあえず様子を見る事がベスト。

絶対に顔を合わせる環境であれば、慌てて返事をして別れを受け入れても「やっぱり別れたくない」と気持ちが変わって復縁し、「でもやっぱり無理だ」とまた別れて、などと納得できないまま現実が動き、結果二人の関係がドロドロしてしまいかねません。

下手に恋愛をこじらせてしまうと、今後学校や職場という場所自体、行きにくくなってしまいます。

「メールで別れを告げられたけど、直接返事をした方が良いのか」「LINEで返信をするべきなのか」と返答の仕方を悩んでいるかもしれないので、ゆったりとした気持ちで待ちましょう。

そもそもLINEが億劫なタイプならロング期間1ヶ月は待ってもOK

そもそもLINEが億劫なタイプなら、しっかりと待って1ヶ月は様子を見てもいいといえます。

仕事が忙しく、LINEもあまり返信がないようなタイプの男性なら、まず別れを伝えるメッセージさえ見るタイミングが遅れるという可能性があるところです。

「もう3日も待っているんだけど」とヤキモキしている間も、実は相手からすれば「別れを告げられたなんて知らない」という状況のこともあります。

メッセージを見たとして、返信をするのに悩み初め、考えているうちに日常に飲まれて日にちが経ってしまっているというケースでは、1週間があっという間に過ぎてしまうものです。

返事の催促をしても「まだ考えているよ」「こないだもらったばかりのメッセージなのに、急がせるなよ」とあたふたしてしまいます。

ラインが億劫だと感じている人は、時間感覚がゆっくり。

到底リアルタイムチャットとは言えないペースなので、まずは理解しましょう。

メッセージを見て、ゆっくり相手の気持ちが整理できて、伝えられるようになるまで、相当な時間がかかることを覚悟しておくことが無難です。

別れのメールやlineを未読無視にしたまま返信しない男性の本音

気が付かなかったことにしよう

別れのメールやLINEを読まずに無視したまま行動しないのは、「気付かなかったことにしよう」という男性の本音が隠れています。

未読でもポップアップメッセージですぐに別れを告げるものだと分かった場合、「トーク画面を開かなかったら、気づいていないって思うよね」「既読にしなかったら、とりあえず彼女の気持ちは知らないってことになるはず」と思っている確信犯です。

忙しさに追い込まれていると、ゆっくりラインを見る時間が作れません。

誰かと一緒にいる時も同じ。

仕事中や友達と食事中に、ゆっくり別れのメッセージの返信をしている場合ではないからです。

「今メッセージを開いたら、すぐに返信しないといけなくなる」「今はそういう場面じゃない」と思っている時に、男性は自分の状況を差し置いてまで返信をすることはないのです。

目の前にいる人が最優先相手。

なので、メッセージに気が付いたとしても、彼女という立場だからこそ後回しにされます。

既に興味がなくなっているからメッセージを開く気にならない

既に彼女に対する興味がなくなっているという本音を持っていれば、彼氏はメッセージを開く気にすらなっていないという状況です。

ラインが入って来ていても、「後でいいか」「めんどうだな」と手間だと感じている場合は、トーク画面を開く気にならず、気が乗るまで放置し続けられます。

彼女に対する興味がなくなってしまう原因は、ラインの数が多すぎて、やりとりするのが嫌になっていたり、相手がLINEに頼りすぎていて会話をしようとしていない事に腹を立てていたりする事から。

「ちょっと距離を開けておきたいな」と思っている間は、メッセージが届いていても放置したままになります。

彼女とは別れようと思っているから、自分が送ろうと思った時のついでにメッセージを見ようとしている可能性もあるところです。

そうなっていれば、相手も別れるための言葉を考えていたり、タイミングを考えているので、メッセージを開けばすぐに同意してくれます。

自分のペースで物事を進めたいという気持ちが強くなっている時期なので、送った文章を読む気になるまで待つしかありません。

嫌な予感がするから怖くて開けない

未読のまま放っておかれている場合は、彼氏が「嫌な予感がするから怖くて開けない」と思っている場合があります。

「最近、不満ばかりを送ってくる」「大好きなのに気持ちがすれ違っている気がする」と思っている場合、あなたからメッセージが届いた時点で、彼氏は別れの予感を抱いていることも。

「このメッセージを開いたら、全てが終わってしまうと思う」「なんだか嫌な予感がするから怖い」と未読の数字が重くのしかかっています。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

プレッシャーに打ち勝つことでしか、次に進めませんが、最近の彼女の様子や言葉の感じから、「別れ話だったら嫌だな」と思っていれば、なかなか開けなくて当然です。

彼氏は別れたくないと思っているのに、気持ちの整理がつかないまま返事をしてしまいそうで、破局の可能性から逃げているといえます。

彼女に対して「怒らせると怖い」「揉め事になったら嫌だな」と思っているなら、なおさら、メッセージを読んでしまったら次のアクションを起こさなければいけなくなるので、踏ん切りがつかないのです。

大事な事なら改めて言ってくるだろう

送ったメッセージをそのままにされている時、彼は「大事な事なら改めて言ってくるだろう」と考えています。

この場面では、スマホが壊れたり、ラインアプリが消えてしまったりしたことで、一時的に彼女からのメッセージを見ることが出来ない場合に起こる事です。

「ラインで送ってくるほどの事なんて、大したことのない話だと思う」「どうしても伝えたい事だったら直接言ってくるよね」と、送られてきたメッセージが重要なものだと気付いていません。

そのため、「急いでアカウントを再開設しなければいけない」と慌てる様子もないはずです。

スマホ内でのことは、アクシデントが起きても仕方のない事なので、「大事な事はラインで言うべきではない」と基本的に考えている人でもあります。

そのため、「あのメッセージ、見れていないけど何だった?」と質問する事もなく、何事もなかったかのように過ごしているのです。

謝りたいならこっちの気持ちの整理がつくまで待ってもらおう

なかなか返信をくれないとき、「謝りたいならこっちの気持ちが整理がつくまで待ってもらおう」と、勘違いをしていることで間違った行動を起こしている場合があります。

この時の男性の本音は「自分のタイミングで現実を動かしたい」というもの。

直近にケンカをしたり、意見の食い違いがあったりして、「きっとこのメッセージは、あの時のことを謝りたいんだな」と言いたいことを勘違いしています。

まさか別れ話が盛り込まれているとは思っていないので、急いで開封しなければいけないという義務感も持ち合わせていません。

「こっちだって怒っているんだってことを、分かってもらおう」「あのことに関しては、ゆっくり時間をとって話し合う必要があるから、ラインなんかで終わらせられない」と自分が今後アクションを起こす予定でいます。

ただ、考えている内容は、勘違いしているので、彼女の真意を知った時には再び考え込んでしまうはずです。

いたずら心から、わざと返事を遅らせるという気持ちも沸き上がっているので、簡単に返事をくれることはないといえます。

さよならメールやラインを既読無視する男性の心理

返信しなかったら話が進まないから別れずに済む

さよならの言葉を既読無視する男性の心理は、「返信しなかったら話が進まないからその間は別れずに済む」というものです。

文章だけで終わりを告げられたくない男性は、メールで伝えられたことにショックを受けています。

「何で直接言ってくれないんだろう」「こんな大事な話、文字ですることじゃないよね」と思っているので、返事をしなければ成立しないとも思っているところです。

「返事を待っている間、彼女は自分のことを考え続けてくれるはず」「承諾していないんだから、別れてはいないことになる」と少しでも、恋人との関係を持続させたい気持ちを強く持っています。

話を進めたくないから故の抵抗であり、彼にはまだ伝えたいことが沢山あると判断できるものです。

別れずに済む方法がないか、もう一度考えてもいい相手でもあるので、あちらの動きを待つ間に、気持ちが変わったら素直に伝えましょう。

「別れたくない」と強く願っている人は、どんな困難も二人で乗り越えたいと願っている人。

一緒にいて心強いパートナーとも言えます。

彼女の気持ちが変わって「別れのメールを取り消す」と言い出してほしい

男性が抱えている心の問題4

既読したのに何もしない男性の心理は、「どうにか別れを取り消さないかな」というものです。

彼女の気持ちの変化を望んでいて「別れのメールを取り消す」と言い出してくれることを待っています。

彼女が日頃、感情的に物事を言い放ったり、言う事をころころ変えたりするなら、別れのラインに関しても、「また意見が変わるかもしれないから、もう少し様子を見よう」と思っていても何も不思議ではありません。

「いつもの気まぐれかな」「1週間後に同じことを言っているとは限らないし…」と恋人からの文章を鵜呑みにしない術を知っています。

彼女の本気度を確かめてから返事をしても遅くないと考えているので、「気持ちが変わらないかな」「やっぱりやめたって言うかな」と動向を探っているのです。

出来れば、別れを受け入れたくないという心理も見えてきます。

コロコロ話が変わることに、嫌気がさして相手も別れたいと思っているなら、既読の時点ですぐ承諾しているからです。

意見が変わるのを待っているのは、まだ別れたくないと思っている証拠とだといえます。

別れを伝えたなら返信せずとも成立している

ひどいことを言う男性心理に隠されているのは実は弱さ まとめ

「あっちが別れを伝えたなら、返信しなくても成立しているでしょ」というのが、既読してもそのままになっている彼氏の心理です。

自分の意見をあまり持たず、彼女の考えていることをそのまま受け入れるタイプの彼氏なら、別れのラインを受け取った時点で「自分たちはもう終わったんだ」と思っています。

別れ話に抗ったり、改めて話をしたりなど、ジタバタするのはみっともないとも考えている人です。

「彼女が決めたんなら、もう覆ることはない」と思っているので、自分の意見を改めて伝える必要はないと考えています。

「もう終了だと伝えてきた時点で、話しは終わっている」「返信する必要はない」と考えているので、ここからいくら待ってもリアクションはありません。

このタイプの男性に「メッセージ見てくれたのにどうして返事くれないの?」と尋ねたところで、「何と返事をして欲しいの?」と返されて困ってしまうことも。

普段から彼の言動を観察して、返信をくれるタイプかどうか見極めておかないと「自分だけがいつまでも返信を待ってモヤモヤしている」という事態になってしまいます。

直接会って話をするまで適当な事は言えない

わざと返信しないのは、直接会って話をするまで適当な事は言えないという心理があります。

彼女の気持ちをきちんと受け止め、考えているからこそ、「一言でも返信してしまえば、自分の気持ちが変に伝わってしまうかも知れない」と危惧しているのです。

メッセージのやりとりだけで愛してきた日々を終わらせることは出来ないと考えている人。

そのため、きちんと会って話をするために、気持ちの整理をつけています。

「一言でも余計な事を伝えてしまえば、会った時にちゃんと話し合いが出来なくなるかもしれない」と心配なのです。

言葉は人を傷つける凶器となる事を知っている、傷付いた経験のある人と言えます。

彼女の気持ちを大事にしつつ、自分の伝えたいこともちゃんと受け止めて欲しいと考えながら、話し合う内容に悩んでいるはずです。

「LINEで伝えるなんて意味が分からない」バカにされたみたいで怒り中

わざと何もアクション起こさないのは、「LINEで伝えるなんて意味が分からない」と大事な事をないがしろにされているような気分になって、怒っているからです。

恋人とは好きだからこそ何でも分かち合いたいと考えている人なので、別れ話もお互いが納得して、本当に「もう一緒に入られない」となった時に訪れる出来事だと思っています。

二人で一緒にいる時に、別れ話が発生するものだと考えているため、文字で別れを告げるなんてことは、彼の中であり得ない事。

「彼氏をバカにしているのか」「どうして文字一つで終わらせられると思っているんだ」と怒り心頭で返事をする気にもならないという状態です。

向こうの気持ちが少し落ち着いて、冷静に話し合うことが出来るまでは、行動が起こることはありません。

「いつまで待っても返事がない」とショックを受ける前に、突然告げたものではなかったか、話し合いを大事にする人ではないのか、よく考えましょう。

冷静になってもあちらからお伺いを立ててくれることはないので、周りの友達に聞いたり、しばらくして電話をしてみたりなど、自分から次の行動を起こすことが必要です。

別れのメールに返信をくれない彼から無理なくリアクションを引き出す方法

「会いたい」と伝える

無理なくリアクションを引き出すには、「会いたい」と伝えましょう。

文章で返事がないのなら、やはり体を動かすべきです。

恋人たるもの、顔を突き合わせて本音を言える関係であることが理想。

「顔を見て別れを告げることが出来ないからこそ文字に託した」という人も、多いはずですが、向こうの動きがないのなら、やはり自分が動くべきです。

「指先一つで終わらせるのは、都合のいい考えだった」と気持ちを切り替えて、話し合う方向で切り替えましょう。

ノーリアクションの相手に話し合いを持ちかけるには、やはり会う事を提案する事です。

「会いたい」と伝えることで、ようやく向こうも「そうだろう」「それが本当の順序だよね」と動いてくれます。

「会いたい」という言葉には、自ら顔を合わせたいという願望を含めていることになるので、嫌々日程を決めるようなそぶりを見せないよう、丁寧に言葉を続けることがポイントです。

電話をかけて出なかったら留守電に「メッセージ入れておいたから」と残す

無理なくリアクションを引き出すには、電話をかけてみる、それでも出なかったら留守電に「メッセージを入れておいたから」と残すことです。

送ったものに対して無視されている状況は、相手の感情がまだ掴めていないということ。

まだ別れ話の存在を知らないだけということもあれば、怒っているかもしれないし、悲しみで何も動けないかも知れないのです。

電話をかけて声の調子を確認するところから始めましょう。

それでも、出てくれなかったら、留守電にメッセージを残します。

「伝えた文章を読んで欲しい」という意図を伝えるだけの、簡単なメッセージを残すだけで、少なくとも未読の状態からは動くはずです。

そこからのアクションは、また時間が経過してから同じように、電話で声色を窺って、次の方法を選択することがベスト。

電話で話を進めるか、直接会うか、彼の意向も大事にしましょう。

それまでの気持ちの変化や、待っている時の心情なども合わせて伝えると、より相手と向き合った話し合いになるに違いありません。

「1週間後までに返事がなかったら別れたと受け取るね」とメッセージを入れる

無理なくリアクションを引き出す方法は、「1週間後までに返事がなかったら別れたと受け取るね」と次のメッセージを入れる事です。

恋人同士、1週間あれば忙しくてもラインやメールを見てくれる時間はあるはず。

追加で期限を送ることで、そのまま放置するわけにはいかなくなります。

「このまま返事をしなかったら別れてしまうの?」と焦ったなら、すぐに返信や電話をくれるし、「じゃあ、もう受け入れよう」と思って何もしないことを選択したなら、期限切れをきっかけに成立するのです。

もし、期限までに別れ話すら見ていなかったとしても、1週間彼女からのメッセージを見ない、連絡を取ろうとしない時点で、彼女に対する誠意がないとも言えます。

それが彼のスタンスだとしても、「あなたは受け入れられなかった」という事実は、十分別れに匹敵する理由になるところです。

期限を決めてしまう事で、あちらのアクション待ちで悩む時間も限定されるので、ストレスも軽減されます。

会う日程が、指定期限よりも先であっても、そこは柔軟に応対しましょう。

旅行に行くことを伝えて「戻ってきたら返事が欲しい」と加える

無理なくリアクションを引き出す方法は、旅行に行くことを伝えて、戻ってきたら返事が欲しいと加えることです。

先ほどの期限を決めることに近いものですが、旅行の日程は通常1泊か2泊程度のモノ。

戻ってくる日が明確になっている分、その時に直接会うように伝えておきましょう。

「その日は会えない」と言われたら、必然的に会える日を指定してくるか、会う気がないかが分かります。

旅の間には、一切連絡を取らない事。

彼氏も「旅行中に別れ話の返事はダメでしょ」と遠慮してくれます。

その間、考えているにしても、考えていないにしても、連絡が取れないことを不満に思う事はありません。

返信がないことを気にしない旅行期間を堪能し、戻ってから白黒はっきりつけましょう。

日にちを伝えていたにもかかわらず、帰ってきた時にすらコンタクトが取れなかったら、遠慮なく別れが成立したと判断して大丈夫です。

二人にとって重要な日に、電話に出てくれない、ラインに返信がないとなれば、別れを受け入れたと判断するには十分といえます。

音声メッセージで「ちゃんと向き合いたい」と残す

無理なくリアクションを引き出すには、音声メッセージを活用するのも一つの方法です。

ラインには音声メッセージ機能が付いています。

メールであっても、音声ファイルを添付することが可能です。

「ちゃんと向き合いたい」とあなた自身の言葉を送ることで、文字よりもはるかに重みのあるメッセージとなります。

「別れたい」と文字で投げかけるよりも、「あなたと向き合いたい」と声で伝える方が、あちらの気持ちが動くのは必須です。

同じ言葉でも声で伝えることで、温かみを加えることが出来ます。

恋人同士なのだから、別れる時にも心の触れ合いを感じられる事を重要視することで、無機質で冷たい別れにならず、お互い納得して離れることに繋がるはずです。

音声メッセージ機能は、あまり使ったことのない人も多いですが、送り方はとても簡単。

マイクボタンを押しながら、伝えたいことを言葉にしてしゃべるだけです。

言葉が終わってから2秒位押し続けると、言葉がプツリと途切れずに、最後まで綺麗に送れます。

彼氏のタイプや心境を考えよう

意を決して別れを伝えたのに、メールに返信しない日が続けばショックを受けてしまうものです。

「別れを受け入れてくれたのかな」「どういうつもりで返事をしないのかな」と悩む前に、彼氏の性格や言動を振り返り、タイプや心境を考えてみましょう。

彼氏の事をよく観察していれば、返信しない間にどんなことを考えているのか見えてきます。

モヤモヤしたまま「別れたことにしよう」と思うより、お互い納得して離れるために、彼からリアクションがもらえるように誘導して、向き合ってもらいましょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事