やたら名前を呼ぶ男性の心理はこれ!特別な女性の名前を呼ぶ時にだけ見せる態度&好意のある相手への脈ありな話し方
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「やたら名前を呼ぶ男性はどんな心理なのか教えて欲しい」「会話の仕方や見せる態度から脈ありかどうかわかるのかな」と気になる人が紡ぎだす言葉に疑問を感じて、真実を知りたいと思っているなら、あの人の本音を知るのが一番です。

男女の会話では、話し方や呼び方で相手の本音が見え隠れするもの。

やたら名前を呼ぶ男性が持つ心理について、詳しくご紹介していくので、あの人の考えている事を読み解き、恋愛に役立てるための参考にしてくださいね。

男性の気持ちを予測する事で、女性側の態度や話し方からも親しくなれるよう駆け引きを持ち掛けることが出来るので、あの人との関係を近づけるきっかけにしましょう。

目次

やたらとたくさん名前を呼んでくる男性はこんな心理を抱いています

振り向いてくれる顔が見たい

やたらとたくさん名前を呼んでくる男性は、振り向いてくれる顔が見たいという心理を抱いています。

振り返る時の仕草が好きと感じる人が多いのは、男女共通の感覚です。

後姿からは、相手の表情が見えず、何を考えているのかも読み取ることが出来ません。

名前を呼んで振り向いてくれるその瞬間、自分に着目してくれている事を意味しています。

完全に油断している表情や「何?どうしたの?」と呼ばれたことで話を聞こうとする様子が、たまらなく愛おしく感じるところです。

声をかける度に驚くタイプ女性もいれば、恥ずかしそうにする人もいます。

男性から発する言葉に反応している事は確かであり、自分の一言で相手を動かすことが出来る一瞬でもあるのです。

振り向いてくれる顔が、すでに自分だと認識してくれている様子が見られれば嬉しいし、逆に「誰だろう」と声だけでは分からないなら、まだまだ認知度が足りなと反省します。

男性にとって、呼びかけた時の反応は、相手の女性の中での自分の認知度バロメーターともなっているわけです。

女性の名前を呼べることが嬉しい

やたらとたくさん名前を呼んでくる男性は、女性の名前を呼べることが嬉しいという心理を抱いています。

名前を口に出して呼んでもいい関係というのは、実は非常に近い間柄であることを意味するものです。

街中を歩いていると多くの人を見かけますが、すれ違う人のほとんどは、名前を知らないはず。

同じ会社や学校だとしても、部署や学部が違い年齢差があるなど、接点が少なければ、「名前は聞いたことがある」程度の人が大半です。

顔も名前も知っている相手でも、話しかける共通の話題がなければ、叶わない行為であり、実はとても貴重な体験と言えます。

男性が女性に一目ぼれしていたり、素敵な一面を知っていて好意を寄せていたりしていれば、相手を呼べる間柄になれて、とても幸せを感じているのです。

何度でも呼びたくなるし、反応してくれる女性を見ると増々好きな気持ちが大きくなります。

理解しあえる同じ話題がある事、話しかけると応えてくれる関係性になれた事など、今の距離感に満足しているところです。

周りの人に仲良しアピールをしたい

やたらとたくさん名前を呼んでくる男性は、周りの人に仲良しアピールをしたいという心理を抱いています。

会社の同僚や友達でも、ただの共通の枠組みに属する関係であるだけなら、会話と言っても用事を伝えるだけで完結するものです。

業務連絡や伝言など、伝える事が相手に受け入れられれば、そこに個人の感情も意向も関係ありません。

電話を繋いだり、仕事に関して話をしたりする段取りのためだけに、氏名を活用しているだけでなく、名前を呼べるほどたくさん共通の話題を持っている事が、嬉しいと感じるところです。

そのため、個人を特定するためだけに使われる意味とは違う使い方で、名前を呼べる程、仲良しだという事を周囲の人にアピールしたくなります。

相手が、マドンナ的存在やモテている女性なら尚更、他の人を出し抜いたような満足感を持っているはずです。

仲が良い事をアピールする事で、他の異性を近づけないように牽制しているとも言えます。

身分の違いを見せつけているような気分であり、女性から受け入れられている人物だと自負しているのです。

素直に言うのは恥ずかしいから「好き」の代わり

やたらとたくさん名前を呼んでくる男性は、素直に言葉にして言うのは恥ずかしいから、「好き」という意味として使いたいという心理を抱いています。

相手の女性との親密度が高まってくると、お互いに言葉にしなくても両想いだと以心伝心し始めるものです。

通常の会話をするだけでも、恥ずかしい気持ちが出てきて、微妙な距離感を取ろうとする心理も出てくるもの。

「あまりおしゃべりばかりしていたら、周りの人にイチャイチャしていると思われるかな」「心がくすぐったくて、上手く話せない」など、素直になれない事も出てきます。

自分の中に芽生えた気持ちに気が付き、さらに相手からも同じ様に想ってもらえていると気付くと、「好き」と言いたくてたまらなくなるはずです。

現実には照れや周りの目を気にする気持ちが平行して出てきているので、どうにかして伝えられないかもどかしくなっています。

相手の名前に想いを乗せて呼ぶ事で、何度でも「好き」と伝えることが出来るのです。

名前を呼んでいるうちに仲良くなれたらいいな

やたらとたくさん名前を呼んでくる男性は、「呼んでいるうちに仲良くなれたらいいな」という様子を窺う心境を抱いています。

話しかけられる距離感にいながらも、どう接していいのか分からない状態の時、名前を呼ぶという行為で現状を変化させようと考えるものです。

新しくチームを結成したメンバーが、全く知らない人同士だった時や、契約にまでこぎつけたいと思っているクライアント相手など、現状よりも親しくなった方がメリットがある場合には、積極的に相手の氏名を会話に入れるようになります。

自分の名前を呼ばれると、人の心は相手を理解しようとし始め、受け入れてくれていると感じるのです。

よく知らない相手だけど、「短時間で心を掴みたい」「仲良くなることで次のステップに進みたい」など、思惑を持っています。

相手の名前を呼ぶ事で、自分の心の中も変化し、気を許し始めるはずです。

一緒にいると緊張する相手であれば、自分をリラックスさせるためにも、やたら呼んで関係性の変化を目指しています。

あまり知らない人と仲良くなると、話題も広がるし、交流関係も大きくなるので、大きなメリットがあると言えるのです。

男性が特別な女性の名前を呼ぶ時にだけ見せる呼び方や態度

苗字ではなく下の名前

特別な女性だけに見せる呼び方や態度は、苗字ではなく下の名で呼びかける事です。

苗字は、家系という属性を示すものであり、下の名前は個人を特定する意味を持ちます。

よりアイデンティティを強めるためには、下の名前は必須。

社会人になると、苗字を認識していれば十分仕事も交流も事足ります。

同じ苗字の人がいたとしても、部署を追加したり、フルネームにすることで、特定が可能です。

異性を意識し始めると、下の名前だけを使って○○さん、○○ちゃんと呼び始め、より親しさを感じられるようになります。

男性がこのような使い方をし始めるという事は、「心を開いてくれて大丈夫だよ」「僕は安全な人です」とアピールしているようなもの。

相手の信頼を得てから、自分に好意を持ってもらえるよう運びたいと考えています。

呼ばれる側も、家族が全員同じ文字を持つ苗字よりも、「自分らしさ」を表現できる下の名前の方が、「私の事を見てくれている」と感じやすいのです。

名前を確認するように丁寧に

特別な女性だけに見せる呼び方や態度は、名前を確認するように丁寧に言葉を紡ぎだすというもの。

好きな人を示す名前は、想いを寄せる人からすれば特別なものです。

神聖とも言えるものなので、気軽に口にしていいものではなく、重みがあると感じています。

ただのラベルとして付けられたものではなく、人格や存在価値さえも表現するものなので、宝物を扱うかのようです。

優しい性格や繊細な感性の持ち主、人当たりが良かったり強い意志を持っていたりと、あふれ出る魅力は、体という器と名前というラベルがあることで、一人の人物として形成されます。

名前を呼ぶ行為は、その人を認め、尊敬する事。

ゆっくり丁寧に、一文字づつ確認するかのように、言葉に出していきます。

特別な人だからこそ、相手の存在をじっくり確認し、魅力に浸る為にも、その人を形成するものすべてを大切にしたいという気持ちが沸き上がるのです。

ただの呼称ではなく、両親が決定してくれた価値のある呼び名を、本人以上に大切にしたいと考えています。

呼んだ後に照れた仕草がある

特別な女性だけに見せる呼び方や態度は、言葉にした後に照れた仕草があるというものです。

好きな人を呼ぶと、恥ずかしさから目を合わせられない人もいます。

「振り向いてくれた顔がかわいかった」「自分からの働きかけに応じてくれたことが嬉しかった」「反応してくれることが単純に興奮する」など、好意を持っているからこそ沸き上がる感情に心を支配されている状態です。

何とも思っていなければ、いくらでも呼び出すことも出来るし、個人名に価値を感じず、「なぁ」「おい」など、適当に話しかける人もいます。

特別な人であるほど、相手に話しかける時や気を引きたいときには、注意が必要です。

自分が発する一言次第で、好かれるかもしれないし、嫌われるかもしれないという可能性があるから。

自分の行動が発端で、好きな人に話を聞いてもらえるという状況を作ることが出来るため、緊張感と恥ずかしさが入交ざり、照れてしまうのです。

中には、そのまま会話を続行させることが出来ない人もおり、呼んだはいいけど「ちょっと待って」「どうしよう」など、一人で照れながら混乱している人もいます。

周りに同じ名前の女性がいたら被らないあだ名を付ける

特別な女性だけに見せる呼び方や態度は、周りに同じ名前の女性がいたら、被らないようなあだ名をつけるというものです。

個人を特定するものとはいえ、同じ名前を持つ人は多く存在します。

下の名の部分で呼ぶときに、同じ呼称の人がいれば、本人たちは自分に声を掛けられたのかどうかわかりません。

特に特別な人に関しては、他の女性との差別化をしておきたい所です。

あだ名をつけて、個人を特定できるようにします。

また、このあだ名は、他の人が使っていないオリジナルの呼び方を付ける事で、「俺しか呼ばない名前」と優越感を得ることが出来るのです。

みゆきさんという女性が3人いたとすれば、一人は「みゆきちゃん」また別の人は「みーちゃん」とする中で、好きな人だけは「みゆみゆ」や「みっきー」など他の人と被らないだけでなく、周囲の人も言わないような呼称にします。

「そんな呼び方するの、あなただけよ」と照れる反応もまた嬉しいものであり、楽しんでいるわけです。

二人きりでいる時だけ呼び方が変わる

特別な女性だけに見せる呼び方や態度は、二人きりでいる時だけ呼び方が変わるというものです。

男性は、自分と好きな人を取り巻く環境によって態度を左右させる場合が多くあります。

自分が特別な人と過ごす時間は、誰にも邪魔されるべきではない世界だと考えているためであり、好きな人の前で見せる態度や表情を、他の人に見られたくないという心理も働いている為です。

結婚した夫婦であっても、家の中では妻の事をちゃん付けで呼ぶのに、実家に帰り両親の前だと呼び捨てにするなど、良くある話。

まだ気持ちを確認しあっていなくても、周りに人がいる時には、苗字に「さん」をつけて呼んでいるのに、二人だけになると「ちゃん」や「さん」を使わなかったり、オリジナル名になったりする場合は、一緒にいる空間を楽しんでいる証拠です。

照れ隠しの場合にも同じような変化が起こり、周囲に人がいると突き放すように「あいつ」「お前」など偉そうにすることも。

内心では、「悪いな」「こんな偉そうに言うつもりないのに」と反省しているので、二人になった途端、「さっきはごめんね」等と謝ります。

会話中に思わず気持ちが漏れる!好意のある相手への脈ありな話し方

無意識に敬語を忘れて親しく話す

好意のある相手への脈ありな話し方は、無意識に敬語を忘れて親しくするというものです。

話し方には、相手との距離感が表れます。

恋人同士ほどお互いの存在を容認しあっている関係性でなければ、敬語からスタートするのが通常です。

初めて会った人や単に居合わせただけの人に、いきなり敬語を使ってしまうと、マナー違反だと嫌悪感を抱かれる可能性があります。

微妙な間柄であれば、いつから敬語を止めようか、様子を見ながらタイミングを窺うものです。

好きな相手であれば、すぐにでも敬語を止めて、親しみを込めて話をしたいし、友達以上の関係となりたい所。

「まだ警戒されているかな」「心を開いてくれているかな」と様子を見ている状況の時には、冷静なふりをしていても、心の中では会話が出来た喜びでウキウキとなっています。

共感するポイントがいくつかあると、会話のテンションが高くなり、ついいつも心の中で呼んでいる名前を言葉に出してしまったり、タメ口になったりと、コントロールが解けてしまうのです。

次第にテンションが上がっていく

好意のある相手への脈ありな話し方は、次第にテンションが上がっていくというものです。

好きな人が出来ると、一つでも多くの会話をしたかったり、共通の楽しみを見つけたかったりと、一緒に過ごす時間を増やせる方法を探します。

話しかけられたり、用事があって声を掛けたりと、会話をする時の最初のあたりは、緊張したままぎこちなくなる事も。

一つの用事を伝えるだけのつもりが、思いの他別件について訊ねられたり、その場の雰囲気に合わせて会話が続いたりすると、驚きと共に楽しさが一気に押し寄せます。

「冷静でいよう」「急に喜んだら、おかしい人だと思われてしまう」と会話が続くと分かった時には、まだ自分を抑えようと理性を働かせるところです。

おしゃべりタイムが長くなるほど、リラックスしてきて、理性は次第になくなっていきます。

テンションが徐々に高くなっていき、このボリュームも大きくなり、周囲から「うるさいぞ」と注意されることもあるほどです。

会話中に身振り手振りなど体が動き始める

好意のある相手への脈ありな話し方は、会話中に身振りや手ぶりなどで、体が動き始めるというものです。

伝えたいことがある時には、どうにか自分の頭の中にある全てを相手に理解してもらいたいと考えます。

男性は、理路整然と結果に向かって検証内容を伝える事は得意でも、女性に伝わりやすく感情を織り交ぜたり、状況描写を含んだりしながら話をする事が苦手。

「これだけ説明しているのに、どうして伝わらないのかな」「言いたいことはいっぱいあるのに、分かりやすく話すって難しいな」とコミュニケーションの温度差に悩みを抱えます。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

興味のない相手であれば、「理解してもらえなくても、結構」とさじを投げてしまうところですが、好きな人相手なら分かってもらうまで努力を続けることが出来るのです。

身振りや手振りを織り交ぜながら、懸命に状況を再現したり、擬音語を混ぜて驚きや事の重大さを含ませたりと、意思疎通したい一心で頑張ります。

好きな人に話が通じるのは、同じ感動を味わえたり状況を思い起こせたり、共感出来るという事なので、大きな目標を達成したような満足感が得られるのです。

楽しい会話で徐々に距離が近づいて気が付いた瞬間離れる

好意のある相手への脈ありな話し方では、楽しい会話で徐々に距離が近づいて、「近すぎる」と気が付いた瞬間、離れるという態度が見られます。

夢中になると、客観的視点を持てなくなるのは仕方のない事です。

子供がテレビを見ていると、画面にどんどん近づいてしまうのと同じように、会話をしていて楽しい人とは、自然に距離感が近くなります。

心の距離だけでなく、実際の立ち位置まで変化するのです。

「もっと聞きたい」「しっかり伝えたい」という気持ちが心の中に沸き上がると、前のめりになり、体自体が前傾姿勢になります。

椅子に座っていても、無意識に移動させているという事も。

だんだん近づいている事に気が付かず、ちょっとした会話の隙間などで、ハッと我に返ります。

最初の時より遥かに近づいている事に気づいた瞬間、恥ずかしさが込み上げて、咄嗟に体を突き放すのです。

「あ、ごめんね」と、さり気なさを演出しながら一歩後ずさりする事もあります。

次々と話題を振ってくる

好意のある相手への脈ありな話し方は、次々と話題を振ってくるというものです。

一緒にいて楽しい人とは、「もっと話していたいな」「笑った時の笑顔を見ていたい」と離れがたくなります。

おしゃべり上手な人は、共通の話題がない相手でも、特に記憶にも残らない様な会話を続けることが出来ますが、誰でもできるテクニックではありません。

シャイな男性や理系の人であれば、一回の会話につき一つの話題で終了するものです。

ところが、好きな人相手だと「何かこの場を続けられる話題はないかな」と懸命に思考回路を巡らせます。

もう会話は終了しているのに「そういえば」と全く違う話題を切り出したり、「ちょっと待って、何か言いたかったんだけど忘れてしまったから、思い出すね」など引き留めたりするはずです。

どうでもいい相手なら、コミュニケーションを深める必要もなく、その場を素早く立ち去る事で自分の時間を確保できます。

名残惜しさを出して、引き留めるのは脈ありで、その場から離れたくないと感じている殻なのです。

特に好きな気持ちがなくてもやたら人の名前を呼ぶ男性の性格や特徴

異性の友達が多く仲の良さと恋愛は比例しない

特に好きな気持ちがなくてもやたら親しげに呼ぶ男性は、異性の友達が多い人で、仲の良さと恋愛は比例しないという特徴を持っています。

交友関係が狭く、深い間柄を築くことが好きなタイプは、異性と親しくなるのが、すなわち恋愛に発展する相手です。

ところが、コミュニケーション能力が高く、誰とでも仲良くなれるタイプの人は、男女問わず友達が多く、時期によって遊ぶ相手が変わったり、シーン別に共に過ごすグループを選んだりします。

どれだけ仲が良くなっても、すぐに恋愛に発展するわけではなく、ひときわ惹きつける魅力を持っていたり、何かきっかけがあって他の人と一線を課す関係性になったりした時のみ。

知り合いった時点で、グッと仲良くなるテクニックを持っていて、すぐに名前で呼ぶようになるのもその一つと言えます。

親しげに呼ばれたとしても、彼にとっては顔を広めるための手段であり、特別な感情を抱いているわけではないのです。

自分はモテていると思っている

特に好きな気持ちがなくても馴れ馴れしく呼んでくる男性は、自分はモテていると思っているという特徴を持っています。

ナルシストな男性は、この世の全ての女性が自分に気があると思い込んでいる節があるものです。

自分の事を好きな相手に対しては、優しく接することをルールにしている人は多く、周りの女性への扱いが非常に上手といえます。

「皆の王子だよ」「お待たせしたね、僕が来たよ」など、わざわざオーバーパフォーマンスをして見せるのですが、サービス精神旺盛なナルシスト男子は、頻繁に見かける女性のを憶えて、呼びかけるわけです。

まるで常連のファンを出迎えるように、女性の名前を憶えて、「○○ちゃん、今日も可愛いね」「○○に会いたかったよ」など、やたら親しげに話しかけます。

彼にとっては、ファンサービスの一環であり、自分が本気で気に入った相手とでなければ恋愛をするつもりはありません。

そのため、「この人だ」と思う相手が見つかれば、不特定多数に向けられていた優しさが、一点集中となり、猪突猛進でアピールをするはずです。

相手を引き込むことで自分にメリットがある

好きでもない異性に向かって頻繁に氏名で声をかける男性は、相手を引き込むことで自分にメリットがある人です。

対人関係において、男性にメリットが生まれる関係性は、商売や生活がかかって来るとき。

どんな事業内容でも、相手との距離感を近づけるために名前をやたら呼ぶというのもテクニックの一つですし、特定の相手を束縛する方法にもなり得ます。

異性の名前をやたら呼ぶ事でメリットが生まれる場合の、分かりやすい職業で言えばホストです。

相手の心を掴み、疑似恋愛をする事で自分が所属するお店に通ってもらい、売上を上げ、特別ボーナスを稼ぎます。

受け取り手の女性は、「私にだけ優しくしてくれる」「お店で一番の常連客は私だから、特別」と思い、ますます彼に没頭していくところです。

疑似恋愛の延長で体の関係を持つこともありますが、ほとんどが完全なるリップサービスであるため、女性が貢ぎすぎてお金を使ってくれる見込みが無くなると、あっさりと関係を打ち切ることもあります。

自分に権限があることをアピールしたい

恋愛感情がないのに頻繁に個人名で話しかける男性は、自分に権限がある事をアピールしたいという人です。

会社の中で言えば、上司と部下の関係が分かりやすい例え。

監督する立場の人間からすれば、部下が何をしているのか随時気になるところです。

同じ業務でも、やり方は人それぞれなので、自分と違う方法をしていれば、気になって口出しをしてしまう人も多くいます。

我慢が出来ない場面が続き、注意ばかりしていると、次第に伝えたいこと全てを言葉にする事さえも面倒だと感じ始めるものです。

名前を呼ぶだけで、注意を促します。

ため息交じりに名前を何度も繰り返す場合、真意は「また違う事をしているぞ」「いい加減にしてくれよ」「間違っていたら責任を取るのは、俺なんだよ」という不満です。

自分の方が立場が上であることを相手に認識させたいためのアピールでもあり、相手に対して「従うべきだ」と主張しています。

学生時代の先輩や若い頃お世話になった人なども、同じ様に名前を使ってマウントをとる人が多いはずです。

ただの呼びやすさ優先で相手の気持ちを考えない

特に好きな気持ちがなくてもやたら人の名前を呼ぶ男性は、ただの呼びやすさを優先しているだけで、相手の気持ちを考えていないという性格の持ち主です。

自分の中で一度思い浮かんだ事は、相手がどう感じようが気に留める事はありません。

初めて会う人であっても、第一印象であだ名が浮かんだら、完全にそちらの方で覚えてしまいます。

敬語がふさわしいと感じれば、どれほど仲良くなっても変わらないし、眼鏡が印象的なら「メガネの人」と記憶され、そのまま呼び名となるほどです。

やたら名前を呼んでいても、彼にとってはとても言いやすいと感じただけであり、女性側から好かれようと思ったり、特別な関係になりたいと期待したりはしていないと言えます。

対人関係において人の気持ちを考えずに発言することが多いため、知らないうちに敵対心を抱いている人もいますが、当の本人はそれすらも気にしないので、幸せな性格です。

じっくり計画を立てて実行する事が苦手なので、長期的な仕事や多くの仲間とチームを組んで循環的に業務を進めるものなどでは、失敗する事も多くあります。

lineでは名前を何度も呼ぶのに話しかける時には名前を呼んでこない男性の本音

本当は受け入れられているのか不安

Lineでは何度も名前を呼ぶのに、実際には言えない本音は、本当は呼び方を本人に受け入れられているのか不安に思っているというものです。

スマホという媒体を通してやり取りをしていると、相手が目の前にいない事とインターネット回線を通しているという、絶妙な距離感が、気の緩みを生み出します。

「ラインくらいだったら、呼び捨てでもいいかな」「顔が見えないから呼び方を変えてみよう」など、チャレンジをしてみる人も多くいるところです。

対面すると実際に言葉にする勇気はないけれど、メッセージだけであれば顔が見えないコミュニケーションツールだからこそ、冒険心が疼き始めます。

そこまで親しくない相手であっても、チャット上ではとても仲良くなったような気がして、何でも許されるとさえ思ってしまうもの。

実際に顔を見た途端、フランクにしすぎた事を反省したり、立場を忘れていたりした事が申し訳なくなり、了解のもとではなかった事実を、蒸し返してまで確認するのは怖いと感じます。

LINE上では話題の対象を明確にするため言っているだけ

Lineでは何度も名前を呼ぶのに、顔を見ると言えないカレの本音は、話題の対象を明確にするためにだけ使っているというものです。

対面して会話をしていると、目を合わせたり体の向きを正面にしたり、また話の流れなどから、複数人いたとしても誰に対して話しかけているのかすぐにわかります。

ところが、ラインとなると、たとえマンツーマンのチャットであっても、文章から自分の事なのか相手に対して言っているのか、読み取れないことが多くあるものです。

文字でのやり取りでのデメリットでもありますが、伝えたい意図がそのまま伝わらないという事態が頻繁に起こります。

何度か、思い通りにラリーが続かないという面倒なやりとりを経験したことがある男性なら、先手を打って、チャット上ではどんな会話も、相手の名前を入れておくという手法を持っているわけです。

対面での会話となればその手法は必要のないものであり、わざわざ話題の対象を明確にすることなく、心を通わせあえます。

本命彼女がいるから名前を間違えないように

Lineでは何度も名前を呼ぶのに、対面すると飲み込んでしまうあの人の本音は、本命彼女がいるから間違えないようにしようというものです。

付き合っている恋人や片思いだけど惚れこんでいる相手がいる場合、他の女性とラインのやり取りを行う事は、とても罪悪感を抱きます。

常に頭の片隅に好きな人がいるため、うっかり間違えて名前を入れてしまったり、話題を勘違いしてしまったりもあるところです。

一人の女性で心が占拠されている状態であれば、他人に迷惑が掛からないように、予防策として相手の名前をわざわざ文章内に取り入れています。

対面であれば、視覚から相手を認識できるため、そこまでする必要はありません。

チャットの相手が目の前にいないツールを使っている時だけ、自分の意識への注意喚起と、メッセージ上の明瞭さを求めて、わざわざ呼び名を入れ込んでいるのです。

もっと言えば、相手別にトーク画面の背景を変えていたり、表示名をフルネームに入力し直したりしている場合もあります。

本気で好きな人がいると、その人以外への関心が無くなる事例と言えるところです。

LINEの中では世界に入り込めるけど母親と同じ名前で呼べない

Lineでは何度も名前を呼ぶのに、直接は遠慮してしまうあの人の気持ちは、実行中の世界観の違いが起こっているから、現実的でないというものがあります。

スマホの画面上で言葉のやり取りを行っている状態では、小さなスクリーンに映し出される世界観が、まるで二人だけで時間を占領しているかのような気分を感じられるものです。

けれども、画面から顔を上げると瞬時に現実世界に引き戻されます。

今しがたチャットのやり取りを行っていた女性は、実は元カノや仲良しの女友達、母親などと同じ名前。

現実に引き戻された瞬間に、「同じ名前は、さすがに呼べないな」と気分がげんなりします。

異世界にトリップ出来るラインのチャット空間だからこそ、ネットを介して相手の事だけを見ることが出来るのですが、現実を共有していると認識してしまうと、今まで関わってきた同名の人の顔も思い浮かび始めるわけです。

好きで仕方ない相手であるほど、二人きりを彷彿させるトーク画面では、ガンガン名前を言ってくれるのに、実際会うと抵抗感の方が強く出てきてしまいます。

話したいことがいっぱいあって名前に意識を向けるどころではない

Lineでは何度も名前を呼ぶのに、実際には言葉に出来ないカレの本心は、話したいことがいっぱいあって、名前に意識を向けるどころではなくなってしまっているというものです。

好きな人と会話のチャンスが訪れると、何からスタートしていいのか分からない焦りや緊張感と共に、自分が知っている事を聞かせてあげたいし質問してみたいという、興味も湧いてきます。

LINEでやり取りをしている時には、相手のペースに合わせてラリーをするため、じっくりと文字に向き合いながら言葉を送るところです。

会話にするとほんの数秒の事。

実際に顔を見ながら話をしていると、一つの話題もすぐに終わってしまい、また次の話をしたくなります。

頭の中は「一分一秒でも長く、この子と話をしていたい」というもので一杯です。

そのため、line上で多発している呼び名も、言葉にしていないことには気づいていません。

お相手の女性を楽しませることや笑ってもらう事に一生懸命で、一方的に話しの中身だけどんどんと詰め込みます。

お相手のタイプから考察しよう

会話の中や何でもない時、やたら名前を呼ぶ男性がいれば、どういうつもりなのか本音を知りたいと思うものです。

ましてや相手が意中の人であれば、「脈あり」なのか、「なし」かまで判別したいところ。

相手の心理がどうあるかは、性格やタイプから考察する事がベストです。

日頃の習慣や場面を観察する事でも、好意を持ってくれているのか知ることが出来るので、ステップアップへの参考にしてくださいね。

会話の内容の重要度よりも、タイミングや背景の方が重要なので、簡単に判断するのではなく、ゆっくりと関係性をい築いていきましょう。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事