結婚した元カノから連絡がきたら男はどう思う?嬉しい内容・やり取りが盛り上がるLINE&結婚してから元カレに連絡する時の注意点
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

結婚した元カノから連絡が来た時、相手の男の人の感情を知っていれば、これから先も気を許せる人とも楽しい時間を共有できるようになります。

不倫を期待するのか、友達として割り切って関わるのか、事前に分かっていれば、「あの人の声が聞きたいな」「どうしているのか気になる」と思った時に、希望の関係性を作りやすいのです。

家庭を持っても、現実逃避をしたいときもあれば、昔の恋愛に癒しを求める事もあります。

「元彼に会いたいな」と思ったあなたに、結婚した元カノから連絡が来た時の男の気持ちについて、お答えしていきましょう。

あの人が嬉しと感じる内容や、盛り上がるやりとり、逆に、ウザイと感じられてしまう内容まで、様々なパターンを把握しておけば、話題に困る事はありません。

不要なトラブルを防ぐためにも、LINEを入れるその前に、注意点も理解してから行動に起こしましょう。

目次

結婚した元カノから連絡がきたら男性はこんな気持ちになります

旦那と上手くいっていないのかな

結婚したはずの元カノから連絡があれば、元彼は「旦那と上手くいっていないのかな」と心配な気持ちを抱きます。

恨みを持って決別したのであれば別ですが、話し合いの末に終わりを迎えたカップルなら、「幸せになって欲しい」「もっと良い恋をしてもらいたい」と願っていたはずです。

少なくとも、心配になるような優しいカレは、あなたの幸せな未来を願って、想像を膨らませていたと考えられます。

夫婦となり、幸せを手にしたのなら、過去の男に興味関心は持たないものだと、一般的には思うところです。

「何か、旦那さんに言えない悩みがあるのかな」「友達や親にも相談出来ない事が起きているのかな」と自分が元彼だという立場と理解しているからこそ、連絡してきた意味が特別なものだと勘ぐります。

どんな夫婦でも、小さなトラブルや悩みは起こって当然です。

ベースが幸せであるなら、周囲の友達や一番近い家族に相談するのが、早い解決方法となります。

「わざわざ元彼という立場を選んで話をしたいと思っているのは、よほど深刻な悩みなのだろう」と気構えているはずです。

性欲が不完全燃焼?不倫したくなったのかな

結婚した元カノから連絡があると、男の人は「不倫をしたくなったのかな?」と思い、興味本位で性欲を茶化そうとします。

男性は、結婚すればパートナーと好きな時にセックスが出来るようになった、と考える人もいるものです。

日本では、セックスレスが叫ばれている世の中なので、元彼に連絡が来た時点で、女性の性欲が不完全燃焼しているのかと感じます。

この場合、元カノの性欲が強いという見方になるので、「旦那さんに断られるのかな?」「セックスがマンネリ化して飽きたのかな?」と考え、矛先が自分に向けられたと考えるわけです。

付き合っている時に体の相性が良かったり、不倫を簡単に考えていたりするタイプなら、「バレなければいいだろう」と禁断の関係に歩みを進めます。

夫よりも自分とのエッチを選んでくれた事に、喜びを感じ、自尊心がプラスの方向に刺激されている状態です。

「体が疼くなら、俺が相手をしてあげようか」「旦那の体では、満足できないのかな」と茶化しながら、女性の性欲を刺激します。

俺の魅力にやっと気が付いたのか

既に既婚者となった元カノから連絡が入った時には、「俺の魅力にやっと気が付いたのか」という気持ちを抱きます。

「時すでに遅し」という言葉がありますが、今さらどうにもならない状況にあっても、どうしても過去に縋りつきたくなる時があるものです。

結婚してしまってから、前の恋人である自分が、いかにステキだったのか思い知ったのだろうと予測しています。

恋愛と結婚では、状況も環境も大きく違うところです。

別れて他の人と交際をしている時には、思い出すこともなかった人物でも、結婚した事で、もう会ってはいけない立場の人となったり、二度と夫以外と恋愛が出来ないと実感したりすると、急に元彼が恋しくなります。

「ついに俺の存在がいかに大事なのか、身に染みたか」と自慢気に感じているはずです。

人は度々、過ぎ去り、失ってしまってから、自分にとって、いかにかけがえのない存在だったかを痛感する事があります。

元彼もまた、そんな経験をしたことがある一人。

だからこそ、元カノが自分の事を恋しがっているのだと想像しているのです。

暇つぶしに都合よく使われるのは嫌だな

夫がいる身で連絡をしてきた元カノに対して、「暇つぶしに都合よく利用されるのは、嫌だな」という気持ちになっています。

彼にとって、元カノはすっかり終わった人です。

結婚した事を耳にした時点で、相手にとっての自分も、同じように完全に過去の人物となったものだと理解していたはず。

それなのに、今さら連絡をしてきた元カノに、「だらしないな」「もう関わってはいけない相手だと分かっていないのかな」と軽蔑の気持ちを抱いています。

家庭を持った女性にとって、過去となっている自分は、暇つぶしの相手と認識しているに違いない、と思い込んでいるわけです。

遊ばれると分かっていて、利用されたいと望む人はいません。

「家庭持ちの暇つぶしに使われたくない」「こっちは何の用事もない」と思っているため、返信をしたくないと感じたり、どう注意しようかと考えたりしています。

あちら側が完全に間違ったことをしている、という認識なので、連絡も無視されてしまうこともあるのです。

何があったのかは興味がないけど思い出してくれて嬉しい

家庭を持っている女性から連絡があった時には、「何があったのか興味はないけれど、自分の存在を思い出してくれて嬉しい」と思っています。

恋愛が終わった時点で、あなたへの異性として関心を失ってしまっている元彼。

結婚しても「そうなんだ」と、世間話程度に感じています。

そんな元カノから連絡が入っても、現状の気持ちや状況に対して、急に興味が湧くわけではありません。

カレ自身が、過去の人を思い出すことが無いため、相手の脳裏に自分の存在が浮かび上がったこと自体に感動しています。

「まさか、覚えていたなんて驚きだ」「思い出してくれて、嬉しい」と感じているのです。

驚きと嬉しさから、「どうしたの?」「何かあったの?」とすぐさま返信をくれたり、質問したりしますが、言葉自体に意味があるわけではないと言えます。

関心がないため、疑問をぶつけていても、本気で知りたいわけではないという事。

楽しくその場の会話が出来れば満足で、また明日になれば、徐々に元カノの存在は忘れていきます。

既婚者の元彼女から届いたら嬉しい連絡内容

出来事をきっかけに思い出した

嬉しい連絡内容は、出来事をきっかけに思い出した、という元カノの心境の流れが含まれたものです。

破局後もお互いの時間は、絶えず流れ続けています。

新たな出会いもあれば、人生の転機が訪れる事もあるし、問題に直面して何とか乗り越えようと、もがく日もあるハズです。

それでも、全ての出来事において、「やっぱり元彼に頼ってみよう」「別れたけど面倒な事はお願いしよう」など、弱い心で舞い戻ってくることはありません。

前を向いて、より未来を輝かせるための選択を繰り返し、生涯のパートナーまで見つけられているわけです。

そんな元カノが、「夢に向かって頑張っていたら、お互いに励まし合っていたことを思い出して、どうしても連絡したくなった」「すごく辛いことがあって、あなたの言葉が頭に浮かんで、勇気が出た」など、出来事をきっかけにあの頃を振り返ったのを聞けば、自分と過ごした時間が意味のあったものだと感じて、嬉しくなります。

過去の事であっても、存在を肯定されることは、幸せな事です。

彼女の心を強くする手伝いが出来ていると感じれば、「教えてくれてありがとう」と素直になれます。

自分の趣味に関する情報や共感できる想い

連絡をもらってうれしくなる内容は、元彼の趣味に関する情報や共感できる想いに関するメッセージです。

交際中に理解を示してくれていた相手はもちろん、当時は自分の趣味をバカにしていた元カノから「あなたが好きな○○、やってみたらとっても面白いって知ってしまったよ」「○○は、まだやっているのかな?今度地元に来るみたいだよ!先行チケット取れるけどどうする?」などと連絡をくれると、飛び上がるほど嬉しくなります。

男の人にとって趣味は、仕事からの息抜きや逃げ場になる事もあるし、生きがいと感じている人も少なくありません。

アイデンティティの一つとして、大事にしている人も、多くいます。

「俺には、○○が欠かせない」と信じ切っている男性には、情報や共感してくれる感情が何よりも幸せな財産です。

今はすっかり関わりを断っている相手からでも、趣味に関しての連絡であれば、いつでもウェルカムだと感じます。

付き合っていた頃の方が楽しかった

「付き合っていた頃の方が、今よりずっと楽しかった」と今の生活と当時を比べる内容は、男性のプライドを刺激して、喜んでもらえます。

男の人は、お付き合いした相手の女性の中で、一番の男として君臨し続けたいという願望があるのです。

例え元カノが結婚してしまっても、「心の中では、俺の方が上だろう」「いつまでも好きな気持ちを持っているはず」と考えている節があります。

「未練を持っているだろう」と期待している元カノから、「あなたと過ごした時間の方が濃密だった」「愛されている実感があった」「結婚してからよりも、あの頃の方が楽しかった」と言われると、旦那に完全勝利した気になるはずです。

男性側に恋愛感情があるかどうかは別として、今のパートナーよりも優れていると認定されるのは、誇らしいと感じる事。

勝利の感動に浸りつつも、心の奥で「何か困ったことでもあったのかな」「過去の男の方がいいって、よっぽど嫌な事でも起きたのかな」と心配が沸き上がり始めます。

戻りたいとは思わないけど当時の記憶が心の支えになっている

既婚している元カノからの連絡で、嬉しいと感じるのは、「戻りたいとは思わないけど、当時の記憶が私の支えになっているんだよ」という内容です。

他の恋人がいたり、完全に未練がなく今を生きていたりする男性にとって、「あの頃に戻りたい」「あなたじゃないとダメ」と言われるのは、重荷でしかありません。

お互い未来に向かって進んでいると考えているため、これからも幸せになり続けてもらいたいと願っています。

「関係が戻りたいとは思わないけど」という前置きは、男性にとって安心材料です。

不倫リスクのあるやりとりに、防波堤がある事を知り、ひとまず胸をなでおろします。

心の奥底に、あの頃の時間が支えとして残っていると伝えられると、しっかりと幸せになれていると実感できて、嬉しくなるのです。

自分達は一緒に生きていくことが出来なかったけど、あの時間は無駄ではなかったと証明されたような気分になります。

楽しかった時間だけでなく、たくさんケンカした事さえも、お互いの成長につながったと思えて、幸せを感じるところです。

元彼の声や温もりで癒されたいと思った

存在自体に価値があり、癒されたいと思ったという内容は、嬉しいと感じるものです。

破局してからも自分の存在が、癒しとして認識されている事は、とても幸せなもの。

傷付いた時や落ち込んだ時、思い浮かべるのは幸せだった時間や生きる希望を教えてくれた相手です。

「あの時、あの人がこう言ってくれたから、自分を信じることが出来た」「楽しかった記憶があるから、辛いことも乗り越えられる」と心を強くしてくれます。

元カノにとって、その対象が自分自身だと知らされると、これほど光栄な事はないと感じるものです。

それだけでなく、存在そのものが心を癒す要因になっていると分かれば、何か役に立ってあげたいという衝動に駆られます。

抱きしめてあげたい、気持ちが落ち着くまで話を聞いてあげたい、気持ちの整理が出来るまでただジッと傍に居てあげたいと想いが巡るところです。

癒しの存在だと言われると、言葉に見合った行動を起こそうと考えます。

「あなたに癒されたい」と言われた事で、恋心が蘇る事もあるのです。

家庭を持った今だから送れる!元彼と盛り上がれるLINE

当時恥ずかしくて言えなかった本音

元彼と盛り上がれるLINEは、付き合っていた当時に、恥ずかしくて言えなかった本音です。

好きだからこそ、恥ずかしくて言えない言葉があります。

会話の中でふと掛けられた言葉や態度を見て「大好き」と思っても、なかなか本人に直接言うのは恥ずかしいと感じるからです。

恋人同士になっても、愛情を言葉で表現するのは勇気が必要な場合が多々あります。

いい雰囲気になった時や、「今日はしっかり想いを伝えたい」と気合いを入れた時には、選りすぐりのアピールが出来ますが、普段感じている些細な感情は、「わざわざ言葉にしなくてもいいか」と思って飲み込みがち。

「あなたの○○って言ってくれた言葉が、私の支えだったよ」「いつも私の事を考えてくれて動いてくれているのが、幸せでたまらなかったよ」と当時、その場で伝えればよかったものも、立場が変わったからこそ言えるようになります。

褒められて嫌な気持ちになる人はいません。

思いがけない告白に、「あの頃そんな事言わなかったから、あまり好かれていないのかと思っていたよ」「当たり前すぎて意識した事もなかった」と驚きを感じる事もあります。

大好きでいつもキュンキュンしていた仕草や言動

元彼と盛り上がる話題は、付き合っていた時に、大好きでいつもキュンキュンと胸を刺激されていた仕草や言動についてです。

周りの人の事はよく観察している人でも、自分の事は見えないもの。

鏡がない状況であれば、自分がどんな表情をしているのか、どんな姿勢になっているのか、意識を向け続けるのは難しいと言えます。

すぐ隣にいられる彼女からすれば、彼氏の無意識の状態も見放題なので、ボーっとしている時や話に夢中になっている表情なども、胸がキュンキュンする材料となるところです。

彼氏がタバコを吸う横顔を好きな女性は多いものですし、一生懸命話をしていてのめり込んでいる様子が「可愛い」と愛おしさがこみ上げる人も多くいます。

話しながら運転しているといつも道を間違えてしまう所、食べ過ぎて気持ち悪くなるのにランチを大盛りにするところ、キスする前の表情など、今は見る事が出来なくなった状況だからこそ、今伝えると思い出話に花を咲かせられる話題です。

元彼を含む過去の恋愛遍歴での失敗談

特にやってしまいがちな失敗3

元彼を含む過去の恋愛遍歴での失敗談は、今だから盛り上がる話題となります。

結婚をすると、基本的には、夫以外には恋愛をしないことを意味しているものです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

恋をすると、幸せな事もいっぱいありますが、失敗も多く経験する事になります。

無傷なまま結婚までたどり着く人はいません。

決別を迎えた事も失敗の一つとして含まれますが、もっと多くの「やっちゃった」と思える出来事があったはずです。

当時は、深く傷つき、落ち込んでいた事でも、最良のパートナーを見つけられた今では、笑い話として話せるようになっています。

恋愛話は女の子同士でしがちなテーマですが、恋の失敗は友達には話せない内容もあるはず。

相手が元彼だからこそ、下品な話や男性あるあるな内容も、笑って話しが出来ます。

「そんな経験していたの?」「付き合っている時に聞いていたら、冷めていたかも」と笑いながら聞き流せるし、人の失敗談というのは、面白いと感じるものなのです。

気に入っていたエッチ

元彼と過ごしていた頃に気に入っていたエッチについて話をすれば、盛り上がること間違いなしです。

男の人は、下ネタが大好き。

普段はクールを装っていても、体の関係のあった本人だからこそ、話してもOKな話題に変わります。

付き合っていた時には、エッチの最中に「これ好きだな」「気持ちがいいな」と思っていても、恥ずかしくて言葉に出せず、男性側は反応を見て判断するしかない状況だったという場合も少なくありません。

男性経験値や女性の性格にもよりますが、付き合っているからと言って、性に対してオープンになれる人ばかりではないからです。

「この場所ですると、気分が高まる」と女性であっても、シチュエーションの好みがありますが、男性に全て任せている時には、言葉に出来ずに流されるままになる事も多くあります。

破局した後、他の人と付き合ったり、結婚して夫との営みを経験していることで、当時よりもセックスの話がしやすくなっていくものです。

当時を振り返りながら、好きだったプレイやシチュエーション、掛けられるとゾクゾクしていた言葉などを教えてあげると、記憶を呼び起こしながら盛り上がれます。

元彼に対する不満を過去の面白話として

元彼に対する不満を過去の面白話として投げかけると、盛り上がるケースもあります。

結婚して男性と生活を共にし始めると、男の人の生態に対して、理解を深めていくようになるものです。

独身の時には、彼氏の言動がどうしても理解できなかった女性も、「こういう背景があるのか」「男の人は、こんな気持ちなのか」と恋人以上に近い夫の存在から学んでいきます。

過去の交際の不満をそのままぶつけてしまっては、相手も嫌な気持ちになってしまいますが、男性について学んだ考えと共に、当時の不快感を伝えれば、笑って済ませられる話に変わるわけです。

「あの時、どうしてちゃんと私の話を聞いてくれないのか、すごく嫌だったけど、もしかしてデートのプランを考えていたり、仕事の事で頭がいっぱいだったりだったのかな?」と質問すれば、自分に不満を向けられていたことを初めて耳にして驚きつつも、今では理解してくれている事に安堵します。

「そうだよ、あの頃は必死に喜ばせようとしていたから、あんまり話を聞けていなかった」と、笑い話に変えられ、お互いに胸のつかえが取れて、スッキリするのです。

返信はやめとこう…男性が結婚した元彼女から送られたらうざいと感じてしまう連絡

未練があるから離婚しようかな

ウザイと感じる連絡は、未練があるから今の夫と離婚しようかなという相談です。

結婚は、法律的に夫婦と認められたという事。

戸籍も変わるし、家同士の繋がりも築かれます。

既に新しい苗字となり、旦那の家系の一人になった人から、「あなたに未練がある」と言われても、簡単に受け入れられないことは容易に想像できるはずです。

遊びの関係ならまだしも、「あなたのために、離婚したい」と言われると、重荷でしかありません。

お互いに、未だに恋焦がれて求め合っているなら話は変わりますが、久しぶりに連絡をしてきて、突然離婚の相談をされても、「ちょっと待ってよ!」と全力で引き留めます。

元彼からすれば、今でも想ってくれている気持ちは嬉しくても、行動に起こすのは時期早々だというもの。

寝耳に水状態で言われても、迷惑であり、「もう関わりたくない」と思ってしまいます。

新しい恋愛や仕事に関しての詮索

返信を躊躇う既婚者の元カノからの連絡は、元彼の新しい恋愛や仕事に関しての詮索するものです。

ある程度コミュニケーションが取れていて、流れの中で「新しい彼女は出来た?」「上手くいっているの?」と質問したり、自身が結婚していることから「そろそろプロポーズとか考えているの?」と聞いたりするのは、不自然ではありません。

また、仕事に関しても、男性に対する話題としては、必ず出てくるものなので、してはいけない、というわけではないのです。

今までコミュニケーションを取っていない状態や、あまり良い別れ方ではない状態で、久しぶりに連絡をした一発目に「彼女はいるの?仕事は何をしているの?」と投げかけられると、元彼はびっくりしてしまいます。

「何を言われるのかな」「何でそんなこと報告しないといけないのか分からない」と恐怖を感じ、次第に怒りに変わるところです。

「放っておいてくれ」「もう構わないでくれ」と絶縁されてしまう可能性が高いので、順序を間違えないようにしましょう。

幸せな新婚生活の自慢

幸せな新婚生活の自慢は、送られてくる側にとっては不要な報告です。

離れ離れになる事を決めた時に、「幸せになって欲しい」「別の人と結婚出来れば、一安心」と思う気持ちは抱いていても、わざわざ聞きたくはないと思っています。

元カノが幸せになるのは嬉しい事であっても、自分の目の届かないところで過ごしてほしいと思うものです。

夫の自慢をされると、その度に元彼は「自分の無力さを指摘されているみたいだ」と感じます。

女性は、相手を責めているわけではないけど、「幸せにしてあげることが出来なかった」という負い目を持っている人にとっては、鋭い刃となっているわけです。

男性が、独身であればなおさら、知らない世界を自慢されて、何も返事をすることが出来ません。

「そうなんだ」「へぇ、すごいね」など当たり障りのない言葉しか出てこないので、「聞く必要があるかな?」と不満が募っていきます。

今の夫との生活が幸せなら、元彼に連絡をしてくる必要はないはずです。

元カノの意図を汲み取れず、フラストレーションが溜まります。

全く知らない人に関する愚痴や不満

全く知らない人に関する愚痴や不満を送られてくると、返信したくないという気持ちになります。

旦那と新しい生活を始めたのなら、問題は夫婦で相談すればいいと考えるのが一般的です。

夫に関する不満なら、相談に乗れることもありますが、職場の人間関係や新しくできた友達の愚痴など、知らない人に関しての悩みは、一から情報を整理しながら聞かなければいけません。

元カップルという立場上、長くは続かない関係性だと予測出来ます。

元彼にとっては、「自分が悩みを聞くべき相手なのかな」「解決してあげなければいけないのかな」と労力を費やすべき案件なのか疑問に感じ、深入りしたくないと思うのです。

人間関係は流動的に変わるものがほとんど。

破局後に起きた問題は、今の人間関係の中で解決してもらいたいと願っています。

知らない人の事を永遠と相談されても、その相手がどんな人物なのかも分からないし、答えようがないというモヤモヤが、あの人にとっては心の負担となるのです。

家族計画や夫婦仲の報告

家族計画や夫婦仲の報告は、送られてきても返信したくないと思う内容です。

未来に向けて考えている時に沸き上がる、ワクワクする気持ちは、「誰かに伝えたい」「共有したい」と思うのも当然。

身近に感じている相手ほど「分かってくれそう」「いいね!とニコニコしながら聞いてくれそう」と期待を寄せます。

付き合っていた頃に笑顔で話を聞いてくれていた記憶があるため、元彼は望み通りの反応をしてくれると思ってしまうところです。

ところが、相手からすれば結婚したその先の話は、関係のない事。

特に、家族計画や夫婦仲は、自分以外の男との夜の営みを連想させる話題であり、元彼にとって耳を塞ぎたくなる話題と言えます。

本人からすれば、いやらしい話をしているつもりはなくても、元彼との間に温度差がある限り、あなたのワクワクは伝わりません。

子供を何人作ろうが、マイホームを夢見て貯蓄を進めていようが、元彼にとっては自分とは、成し得なかった未来であり、「勝手にやってくれ」と投げやりな気持ちを助長させます。

自分と相手の立場を考えよう!結婚してから元カレに連絡する時の注意点

連絡の目的を明確にしておく

連絡する時には、目的を明確にしておくことが大事です。

元彼とは、既に別の道を選んだ関係性であることを理解し、「なぜ、その人に伝える必要があるのか」「何を目的として投げかける連絡なのか」を明確にして、しっかりと自覚しておく必要があります。

「家電に詳しい彼に、壊れた電化製品について質問をしたい」「久しぶりの友達と連絡を取りたいから、繋いでほしい」「ふと思い出して、あの時の言葉の意味が知りたくなった」など、基本的に、簡潔に用事が終わる理由であれば、トラブルになる事はありません。

しかし、「未練があるから今後も連絡を取り合える関係になりたい」「友達として関わりを続けたい」という場合は、相手に嫌われないように言葉を選ぶことが重要です。

人に言えない関係になるとしても、恋愛をすることで夫婦仲が上手くいく事もあるし、誰にも言えない相談に乗ってもらえる相手を確保することも出来ます。

元彼に連絡する前に、目的を決めてから、最初にコンタクトを取るメッセージを考えれば、望むようにやり取りを勧めることが可能です。

希望の関係性を最初に伝えてから本題に入る

希望の関係性を最初に伝えてから、本題に入ると、不要なモヤモヤを回避する事が出来ます。

「恋愛をしたい」「友達として繋がっていたい」「時々愚痴を聞いてもらえる人になって欲しい」など、結婚してからは異性との関わりが一気に減る為、あらゆる場面で元カレとの関係を求めてしまうものです。

文章や会話でもそうですが、最初に結論を持ってくると、相手側は、そのあとの会話での聞き方が変わります。

結婚したストーリーから、日々の暮らし、夫との関係性などを順を追って話していても、その間、元彼は「何の話をしているんだろう」「結局、何を聞きたいんだろう」と疑問を持ちながら、ぼんやりと話を流している状態です。

最初に「夫婦生活ではドキドキしないから、刺激を求めている」「よりを戻したいわけではないけど、たまには夫以外の男の人と話がしたい」と結論を伝えてあげれば、あなたの要望を理解した上で、「アドバイスしてあげられる事があるかな」「期待に応えられることがあるかな」と考えながら聞いてくれます。

恋愛を全く望んでいなくて、関係を完全に断ち切りたいと思っている元彼なら、結論を告げた時点で、「旦那がいる人とこんな風に連絡は取り合えないよ」と教えてくれるので、お互いの時間を無駄遣いしなくて済むのです。

元彼に新しい彼女がいるなら異性の友情を受け入れるタイプか尋ねる

嫉妬しない女性に対する印象5

連絡をする時の注意点は、元カレに新しい彼女がいるなら、異性の友情を受け入れてくれるタイプかを先に尋ねておくことです。

男女の友情に関しては、人それぞれ考え方が大きく異なります。

交際していたという間柄においては、当事者同士は完全に恋愛感情を持っていなくても、現役の彼女からすれば、疑いの余地は十分ある状況です。

「連絡を取り合っていたら、また盛り上がってしまうかも知れない」「他の女性とやりとりしている事自体が嫌だ」と考えるパターンは珍しくないと言えます。

秘密裏に恋愛をするのであれば、もちろん彼女への了承を得るのはナンセンスですが、友達としてコンタクトを取りたい思うのであれば、コソコソするのは誠意がないと言わざるを得ません。

不倫をしていなくても疑われる事を心得ておく

不倫をしていなくても疑われるという事実は、心得ておくことが注意点です。

既婚者がパートナー以外と連絡を取り合うのは、仕事や用事でいくらでもある事だと言えます。

買い物をしても男性の店員と話をする事もあるし、仕事場でも上司や同僚にいくらでも異性はいるからです。

プライベートなところで、昔付き合っていた相手と二人きりで、連絡を取っていたり、会っていたりすれば、本人たちは友達と思っていたり、単純に用事があるだけだからと理由があったりしても、周りからすれば「怪しい」と思われてしまう可能性があります。

事実、何もなくても、当人たちが言う「ただの友達です」という言葉には、説得力がありません。

火のない所に煙は立たぬとは言いますが、人妻が男性と会っている時点で、火種となっているというわけです。

自身の立場を理解し、誤解されては困るのなら、行動をしっかりと考えておきましょう。

あなたが送ったラインがきっかけで、「たった一度だけ」と思っていたとしても、元彼の方から、気楽にどんどんメッセージが入ってくることも考えられます。

完全に終わったと思っていても恋愛になる事があると知っておく

完全に終わったと思っていても、ふとした拍子に恋愛になる事があると、知っておくことが大事です。

相手が元彼であれば、楽しかった時間ももちろんありますが、直した方が良い部分も知っているし、何しろ別れを経験しているため、「戻るわけがない」と思っている人が多くいます。

恋愛感情が冷めてしまえば、もう一度盛り上がる事はない、と考えている人ほど、思いがけず不倫にハマっていくのです。

ふと懐かしくなるあの人は、友達でもなく、今の人間関係に必須な人でもなく、非常にグレーな相手となります。

誰にも言えない事も話せたり、よく知ってくれているからこそ言ってくれるアドバイスもあるのです。

あなたが好きになるポイントも持ち合わせているため、気が付かないうちに夢中になってしまいがち。

頭では「あり得ない」と思っていても、恋愛になる事があると知っておけば、自分の中のボーダーラインを意識して、やりとりをコントロール出来るようになります。

あなたの気持ちをハッキリとさせておこう

恋愛を終えて、人生のパートナーを見つけて、新しい生活を終えていても、ふと昔の恋人に連絡をしたくなる時というのがあります。

結婚した元カノから連絡が来たら、男性はどんな風に感じるのかを知っておけば、思いがけないトラブルを回避できるはずです。

ラインを入れる前に、あなたの気持ちをハッキリさせて、なぜ連絡をしたいと感じたのか、どんな関係を求めているのか、明確にしてから行動に移すと、望み通りの距離感を築くことが出来ますよ。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事