惚れたら負けの本当の理由!愛情に漬け込む危険な男性の特徴と相手を惚れさせて自分が恋愛の勝者になる方法
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「惚れたら負けだよ」という言葉が昔から聞かれますが、一体どんな恋愛なのか気になっている人も多いはず。

恋人同士の関係に勝ち負けなんて、本当はないことが理想ですが、つい「惚れた方が負けなんだよ」と言ってしまう場面もあります。

カップルの関係を脅かしかねない、惚れたら負けの本当の理由を、詳しくご紹介しましょう。

勝敗が持ち込まれやすいカップルのタイプや女性の傾向、愛情に付け込む危険な男性の特徴、恋愛の勝者になる方法など、好きな人との関係に引け目を感じないためのノウハウをお伝えしているので、恋人との関係を見直して幸せを掴みましょう。

心の底から愛しても、決して「負け」が確定したわけではありません。

相手からも深く愛されるようになり、長続きできるカップルになってくださいね。

目次

恋愛に勝ち負けが持ち込まれやすいカップルのタイプ

何でも勝ち負けを付けてしまう体育会系

恋愛に勝ち負けが持ち込まれやすいカップルのタイプは、何でも勝ち負けを付けてしまう体育会系です。

学生の頃運動部に所属し、熱心に取り組んできた人は、体育会系と呼ばれる上下関係や勝負にこだわる習慣が付いています。

体育会系の人は、難しいことに挑戦する時には、すぐ自分との戦いが始まるもの。

恋愛はまさに、負けられない戦いです。

「会いたい」「他の人に奪われたくない」「自分の事だけ見て欲しい」と欲望ばかり。

次々沸き上がる欲望を、いかに抑制できるかどうかが勝負と関連付けれます。

好きな人、恋人が出来ると、感情をコントロールして、いかに余裕のある恋愛が出来るかが勝負に勝つことを意味するのです。

逆に、心に余裕がなくなり、相手の事で思考が支配され、自我を保つことが出来なくなる状態の事を負けとして、その状態に陥ると悔しがります。

何でも勝ち負けを付けてしまうので、デート中にもすぐ二人で勝負を始めることも。

「どっちが早く食べられるか勝負ね」「どっちから別れを言い出すか賭けようよ」など、コミュニケーションの一つとして楽しんでいます。

プライドが高く下手に出たくないタイプ

恋愛に勝ち負けを持ち込むタイプは、プライドが高く下手に出たくないカップルです。

とにかく相手に弱みを見せてしまう事が、苦手な二人。

恋人からは「頼られたい」「支えになりたい」と考えています。

お互いプライドが高いので、いかに彼氏彼女から頼りにされているかを競う所もあるほど。

「困っているところはない?」「いつでも相談に乗るからね」と伝える場面が多く、自分からは決して頼ろうとしないスタンスを貫きます。

辛いことがあった時、苦し事があった時、「支えて欲しい」と思う瞬間に「このことをあの人に言ったら負けだ」と我慢してしまうのです。

恋人との関係に、無意識のうちに上下関係を作っていて、自分は常に上の立場にいたいと考えています。

精神面でも体力面でも、相手よりも優れている事を自分の理想としているので、崩れてしまいそうなとき、勝負事として気持ちを奮い立たせる要素として取り入れるわけです。

過去に最悪の失敗をした恋愛トラウマを抱えている

すぐに勝ち負けを持ち込むのは、過去に最悪の失敗をした恋愛トラウマを抱えているカップルです。

恋愛は、家族や友人といった信頼関係とは一味違った距離感を持つもの。

そのため、どこまで踏み込んでいいのか、また自分を晒してもいいものなのか分からないと感じる人も少なくありません。

距離感を間違えると、「頼りすぎ」と突き放されたり、「もっと心を開いてよ」と寂しがられたりし、良好な関係を続けられなくなります。

過去の恋愛で、最悪の失敗をしてトラウマを抱えている人は、二度と同じ過ちはしたくないと考えているため、何事に対しても慎重になっているもの。

相手との心理戦に勝利する事が、恋愛をうまく育むポイントだとも考えています。

そのため、好きな人を心から信頼しようと気持ちが動いた瞬間に「ここで思い通りに動いたら負けなんだよね」と気持ちに一線を引いて、制御するのです。

心の状況をすべて勝負に当てはめる事で、好きな人との間柄において、本当の信頼関係を築く足かせとなっていることもあります。

ずっと劣等感を抱えてきた非リア充生活が長かった

勝ち負けを持ち込むのは、ずっと劣等感を抱えてきた非リア充生活が長かった男女です。

恋愛は、いつどんなきっかけで始まるか誰も分からないもの。

そのため、成人してから初恋をする人もいれば、学生のころから生涯のパートナーとなる人と出会えて充実する人など様々です。

恋愛経験がないからと言って、人間の価値が低いわけではないので、気にする必要はありませんが、若い年代ほど恋愛をしている人生の方が、優れていると思いがち。

自分に恋人がいない間、周囲がカップルだらけになっていくと、非リア充として恋愛を楽しんでいる人達を羨み、軽蔑することもあります。

「恋愛の奴隷だ」「好きな人なんていなくても生きていける」と長い間考えてきた人にとって、自身の恋愛は驚きの連続です。

恋愛に頼らない価値観を根強く持ってきたため「ここで相手の思い通りになったら負けだ」「惚れたら自分ではなくなってしまう」と勝負事にすり替えてしまいます。

恋人と歩み寄る考え方を受け入れられるまで、今までの考え方を崩さずに恋愛を続けることがマストだと考え、どうにか勝負に勝とうと奮闘するのです。

感情よりもスペック重視の恋愛に意味を持つタイプ

勝負を持ち出すのは、感情よりもスペック重視の恋愛に意味を持つタイプの男女です。

恋人に対して「大好き」「ずっと一緒にいたい」と思うのは、当然と思う人がほとんどですが、実は一部の人は恋愛感情だけでなく、スペックを重視して交際をしている人もいます。

高収入、高学歴、高身長と少し前まで3高と呼ばれていた条件は、いい男として評価される条件として挙げられていたことです。

時代は流れ、最近では3優として優しさを求める女性も増えています。

育児を手伝ってくれる、浮気をせず自分だけを愛してくれる、仕事を頑張る、という点を満たす男性を、条件から好きになるというもの。

逆に男性は、見た目が清楚やセクシー、場所をわきまえる事が出来る、男を立てる、など出来る女を求めます。

心を突き動かされるような衝動で恋愛をするのではなく、自分が求める条件に見合う人を恋人にすることで、幸せな未来を手に入れることが出来ると信じて疑いません。

そんな条件に価値を見出す男女が、本当に情動的な恋愛をした時、「こんな条件に見合わない人を好きになると負け」と勝敗を持ち出します。

惚れたら負けの状態に陥りやすい女性が持っている傾向

優しくされると相手が特別な人に見えてしまう

惚れたら負けの状態に陥りやすい女性が持っている傾向は、優しくされると相手が特別な人に見えてしまうというものです。

人の優しさに敏感で、良い所を見つけるのが得意。

「荷物が重たそうだから持ってあげるよ」「雨の中歩くのは大変だから、車で送ってあげるよ」など、相手は単なる親切心で言ってくれたとしても、すぐに特別な感情を持ち、好きになります。

「他の人は気付いてくれない」「誰にでもいえる言葉ではない」と人柄そのものを過大評価し始めるのです。

心の距離を近くに感じると、応援したくなるのが人の心理。

「手伝ってあげたい」「私に出来ることは何でも言ってほしい」と、いつでも気にかける状態になります。

恋愛が始まっていても、片思いでも、特別な人のために自らの人生の時間を割くことは、不満どころか、むしろ嬉しいことだと考えるのです。

優しくしてくれた事への対価として、全身全霊でバックアップしようとします。

相手に彼女が居ても感情をコントロールできない

惚れたら負けの状態に陥りやすい女性が持っている傾向は、相手に彼女がいても感情をコントロールできないというものです。

好きになったら、相手の状況や自分の状態に一切目もくれなくなります。

現実問題トラブルが発生するリスクが明確であっても、好きな気持ちに嘘をつく事が出来ず、感情に支配されてしまうため、自分でもどうにも制御出来なくなるのです。

「彼女がいるのに、どうしても気持ちを伝えたい」「あの人には気にかけてくれる人がいるのに、私が何とかお世話をしてあげたい」と行動したくてたまらない心理に支配されます。

ダメな事だと分かっているのに、彼の為だと思うと、お弁当を作ったり、求められてもいないのにお金を渡したりして、喜ばせようとするわけです。

「あの人のため」なら、何でもしてあげることが愛情だと思い、彼女を押しのけてでも役に立ちたいと行動します。

好きな人の為なら善悪の区別が分からなくなる

惚れたら負けの状態に陥りやすい女性が持つ傾向は、好きな人の為なら善悪の区別が分からなくなるというものです。

通常、ただ恋愛を楽しむだけなら悪事に染まる事は、そうそうありません。

ところが、好きな人に心奪われたことで、自我を失い、男性の言う事を真に受けたり、喜ばせるために手段を択ばなかったりすることで、いつの間にか人を傷つける行為に及んでいる事も。

「あの人のため」という感情をコントロールできないので、最悪の場合犯罪に手を染めることもあります。

遊ぶ金欲しさにお小遣いをせがんでくる彼氏を満足させるため、会社のお金を横領したり、知り合いから金銭をだまし取ったりなど、社会のルールや今まで築き上げてきた人間関係を壊してまでも、恋愛を優先させるのです。

法を犯すことがいけない事だとは、誰もが知っている常識ですら、恋愛を遂行する邪魔になるものは、意味のない事のように感じます。

好きな人を喜ばせることが、人生の第一優先であり、他の事に価値を見出すことが出来ない人も。

一般的に「これをやったら人に嫌われる」という事も、恋愛を成立するためなら厭わないので、デートのために嘘をついて友達との約束をキャンセルしたり、遊んでいる最中に彼氏と長電話をしたりなども平気で行います。

執着心が強く居場所を求めている

惚れたら負けの状態に陥りやすい女性の持つ傾向は、執着心が強く居場所を求めるというものです。

常に居場所を求め、不安定な精神な状態になることが多いため、安心できる人を見つけると急激に依存し始めます。

執着心を強く持つため、その人を手放さないためにはどんなことでもしようと考えるのです。

「失いたくない」「嫌われたくない」という心理が働くことで、理不尽な事や本当は嫌だと感じる事も、しぶしぶ引き受けます。

意見を尊重する事は許されない事だと無意識に考えている心境は、まさに惚れたら負け状態。

自身の中で、勝手に上下関係を作り上げ、相手の意向に従わなければ失ってしまうかも知れないという恐怖に怯えています。

居場所を求めていた不安定な心理は、執着する対象を見つけた事で、一点集中し、他へ関心を向けられなくなるのです。

自己主張が苦手で言いたいことを飲み込んでしまう

惚れたら負けに陥りやすい女性の持つ傾向は、自己主張が苦手で言いたいことを飲み込んでしまうというものがあります。

思いついたことを何でも言葉に出してしまう人、人の言う事に全て流されてしまう人など、様々いますが、考えている事はたくさんあるのに、主張が出来ない人がいるというのもまた事実。

「本当はこっちの方がいいのにな」「好きな方を選びたいな」と心の中で言葉が飛び交っていても、実際に口にすることが出来ない人は、好きな人が出来るとその傾向が一層強まります。

「彼の好きなようにさせてあげた方が良いかな」「やりたい事があるけど言えない」と伝えたいことを飲み込んでしまうのです。

必然的に、好きな人の意向は全て同意したものとみなされ、惚れたものの弱みとして、従わざるを得ない状況を受け入れています。

言葉で伝えられない自分が悪い、と認識していて、好きな人が出来るといつも同じパターンで気疲れ必須となるところです。

こんな相手に惚れたら負け!愛情に漬け込む危険な男性の特徴

嘘をついて金銭を要求する

愛情に付け込む危険な男性の特徴は、嘘をついて金銭を要求するというもの。

二人の間に本当に愛し合う気持ちがあったとしても、お金のやり取りが出てくると、途端にトラブルが起きてしまうのが、人間関係の難しいところです。

特に恋愛関係における金銭トラブルは、線引きが難しく、好きな人を支えるという目的でお金を使う事は、悪い事ではない場合も多いから。

本当に生活に困っている恋人に、食事を用意したり、生活を補助したりするのは、好きな気持ちがなければ簡単には出来ない事でもあります。

しかし、心から愛し合っていても、贅沢品や嗜好品に使用するお金を借りたり、要求したりするのは、お願いされる側からすれば苦痛を伴う事もあるはずです。

「好きだから、お願いされたら渡してしまうけど、本当はギャンブルに使ってほしくない」「無職の彼を助けたいからお金の工面はしてあげたいけど、お酒やたばこは違うと思う」など、金銭の受け渡しを止めたいと考えます。

惚れてしまったがために、「断ると可哀相」という気持ちが芽生え、動いてしまうのは、負けだといえるのです。

自分から動こうとせず全て頼り切るヒモ

惚れたら負けと判断できる、愛情に付け込む危険な男性は、自分から動こうとせず全て頼り切るヒモという特徴があります。

世界規模で見てみると、働くことが幸せの全てではないと思う事が出来ますが、日本に在住する男女なら、成人すると社会に出て働くことで、心も経済面も豊かになると考えるものです。

仕事をする中で生きがいを見つけ、経済力を身に着け、人間として成長していく事で、自分なりの幸せになる方法も見えてきます。

しかし、中には恋人に依存する事で、生活をどうにかしようと考える人がいるのも事実。

「俺のこと好きでしょ、なら代わりに働いてね」「働きたくないから、生活を援助して欲しいな」と甘え上手な能力を発揮し、恋人に全て頼り切り、ヒモ生活を楽しみます。

「彼はお金がなくて可哀相だから」「夢を追いかけているから生活の面倒は私が見る」など、それぞれ理由をつけては、男性が働かない状況を容認するのです。

心が受け入れていても、婚姻関係にない状態で、経済的に二人分の生活を背負うのは、負担が大きいもので、自覚症状のないまま体に無理が祟っている女性も多くいます。

釣った魚にえさを与えないタイプ!彼女を放置する

惚れたら負けの愛情に付け込む危険な男性は、釣った魚に餌を与えないタイプで、彼女を放置する特徴を持っています。

片思いの状態の時には、「あの人の横にいられたらどれだけ幸せだろう」「あんなに素敵な人と、離れたくない」と両思いになる為に、一生懸命アプローチするもの。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

男性からの熱烈アプローチに根負けして、「そんなに好きだと言ってくれるなら、幸せにしてくれるだろう」「彼の気持ちが十分伝わったから、私もいつの間にか好きになった」と気持ちを受け入れ、交際がスタートします。

ところが、釣った魚にえさをやらないタイプの男性は、追いかけているうちが華で、振り向いてくれたら彼女に興味がなくなるのです。

なかなか振り向いてくれない女性を口説き落とす、という目標を達成した事で、急激に熱が冷めていきます。

彼氏の方が何も愛情を伝えてくれなくなったのとは裏腹に、女性側はアプローチ中に気持ちを奪われたので、交際が始まってから好きの嵐が吹き荒れるわけです。

好きになってしまった女性は、彼がいくら何もしてくれなくても、甲斐甲斐しく尽くし、幸せになろうと努力を続けます。

好きな人にリスクを背負わせることも平気な既婚者

惚れたら負けの愛情に付け込む危険な男性は、好きな人にリスクを負わせることも平気な既婚者という特徴を持っています。

人の事を愛すると、その相手を「大切にしたい」「傷つけたくない」という思いが芽生えるものです。

ところが、お互い本当に好き合っていても、傷付かない訳がない関係というものが存在します。

それが、既婚者との関係。

妻帯者を好きになると、片思いでさえ辛い思いをする者です。

「家に帰ると、奥さんとどんな顔をして会話をしているのかな」「幸せそうな笑い方するのかな」と見る事の出来ない、家族と過ごす好きな人を想像して胸を痛めます。

付き合うことになれば、その苦しみももっと増えることになるのは必須。

時間にも行動にも制限が付き、自由に純粋に楽しむことが出来ません。

好きな事をいいことに、独身女性を傷付けることを分かっていても関係を止めようとしない男性は、惚れたら負けな相手です。

言葉巧みに都合よく現れて複数人の女性と交際

惚れたら負けな、愛情に付け込む男性は、言葉巧みに都合よく現れて複数人の女性と交際するという特徴を持っています。

「好きな人には自分だけを見て欲しい」と思うのは、何もおかしい感情ではありません。

多くの人が望む事であり、叶えるためなら、束縛さえもしてしまいたくなる大切な事です。

しかし、言葉がとても上手な人は、女性が喜ぶことを瞬時に伝えることができ、心を奪います。

語彙力があるため、様々な表現をして普段は捕まらない割に、「忙しいけど、今日は時間が作れたんだ」などと、時々姿をあらわしますが、本当の理由は違う女性とも関係を深めているからです。

浮気することに罪悪感を持たず、気の向くままに度の彼女とデートをしようか、その日の気分や状況によって選びます。

好きだからや会いたいからという理由から離れ、都合よく女性を操ることに喜びを見出し、恋愛を楽しむ男性を好きになると、好きだから負けたという状況がピッタリと言わざるを得ないのです。

相手を惚れさせて自分が恋愛の勝者になる方法

相手の要求を上手にかわして手の平で転がす

相手を惚れさせて自分が恋愛の勝者になる方法は、相手の要求を上手にかわして、手のひらで転がすことです。

恋愛は、思考のコントロールが上手くできる方が勝者。

何でもしてあげたい気持ちや、言う事を聞かなければ続けられないと不安に思う感情に、支配されてしまえばアウトです。

相手が何か要求してきたとき、即座に返事をして行動に移すのではなく、一度深呼吸をして俯瞰的に状況を見る練習をしましょう。

無茶な事を言われていないか、あなた自身にメリットがあることか、結果を得た時好きな人にどんな状況が訪れるのかを、瞬時にイメージ出来るようにします。

すぐに想像できない時は、「そうだね」「考えているから待っていてね」と伝えれば大丈夫です。

考えさせないように矢継ぎ早に要求を続ける場合は、あなたを動かそうとする意志が含まれているので、上手にかわしましょう。

「この人のためにならないな」と感じる事は、「自分でしてくれたら、すごいと思うな」「私は待つ人専門だから、お願い」など、男性の自尊心を傷つけない様に手のひらで転がします。

本物の愛は簡単に壊れない!言いたいことを我慢せずに伝える

相手に惚れさせて自分が恋の勝者になる方法は、言いたいことを我慢せずに伝える事です。

片思い期間が長かったり、恋愛感情のパワーバランスが不安定だったりすると、「私ばかり好きだったらどうしよう」「言いたいことを言って嫌われたら離れて行ってしまう」と心配になるもの。

しかし、二人が本当にしっかりと愛を育んでいるのであれば、簡単に壊れる事はありません。

むしろ、言う事を聞かせたいと思うようになる男性は、従順な彼女の姿を見続けることで、それが当たり前の風景になってしまうからです。

恋人に間違えた当たり前を植え付けるのは、二人のためにならない事。

やりたくない事は嫌だと断り、して欲しいことは「お願いしたい」と言葉にして伝えましょう。

あちら側としても、言葉で聞かなければあなたの気持ちを知ることは出来ないので、一人で考えるしかなくなり、どんどんとワガママがエスカレートしていくだけです。

発言を通して思いを知ってもらい、愛を深めて彼の方が「離れたくない」という関係にしていきましょう。

お願い事をされたらお願いをするルールを作る

惚れさせて恋の勝者になる方法は、お願い事をされたら対等に返すルールを作る事です。

恋人関係は、どちらが上も下もない関係。

それなのに、恋愛に勝敗をつけるようなカップルは、いつの間にか上下関係や主従関係が出来上がります。

どちらが最初に好きになったとしても、交際が始まったらフィフティの関係を築き上げる事が大事です。

「飲み会の送迎をしてくれない」とお願いをされたら、「じゃあ、次のお休みは私の行きたいところに連れて行ってね」と提案するようなこと。

無理難題をいうわけではないので、遠慮なく言える関係を作ることがベストです。

一方ばかりが我慢や要望を受け入れる側になるのではなく、お互いが二人の充実した時間のために行動する意識を高めることで、大切にする気持ちが強くなり、愛が深まります。

お互いが嬉しいことを基準にする

惚れさせて恋の勝者になる方法は、お互いが嬉しいことを基準にする事です。

好きになったら負けになる時、大抵はやりたくない事や相手のためにならないと感じる事だと言えます。

「彼はなかなか会ってくれないけど、別れるつもりもない。でも私が好きになっているからいくらでも待ってしまう」という状態も、自分の気持ちを押し殺している事。

「あの人のため」と喜んで尽くしている事でも、掘り下げると向こうの感情に便乗しただけのこともあるので、客観的事実を見る事が大事です。

「彼にお金を渡したら喜んでくれるから、私も嬉しい」と感じるのは、感情が麻痺している状態と言えます。

自分のための人生を楽しめるように、あなたが本当に幸せになる事を見極める事が二人の幸せな未来を作ることになるのです。

「好きになった方が負けなんだよね」と感じた時には、あなたが本当はどうして欲しいのか、何を求めているのかを見つけ、一番心がハッピーになる状態を想像しましょう。

あちらの意向に沿う事ばかりではなく、お互いがwin winと感じることを基準にして、交際を続けると、あなたの愛情に奢ることなく、恋人も努力をしてくれるようになります。

物足りなさを感じさせるデートをする

惚れさせて恋の勝者になる方法は、物足りなさを感じさせるデートをする事です。

恋愛の駆け引きの基本でもある、「もっと一緒にいたい」「追いかけたい」と思わせるテクニックを改めて活用しましょう。

付き合い始めると、「他の人の物になるかもしれない」という不安から、「いつでも会える人」「好きでいてくれる約束をした人」に代わり、刺激がなくなります。

「告白されても、付き合っているのだから断ってくれる」と安心することで、彼女を引き留めようとする気持ちが薄れていくのです。

そんな恋愛怠慢彼氏は、彼女を喜ばせる事をしなかったり、連絡が取れなくても平気になったりして、悲しい思いをする事も増えてきます。

毎日メッセージを送っているのなら、突如一週間ほど何も送らないようにしたり、デートを早めに切り上げて「もっとゆっくりしてくれたらいいのに」と思わせたりしましょう。

少しの不満を抱えた状態で、次に会った時しっかりと愛を注ぐことで、安心感が倍増します。

「この子と一緒にいたい」と思う事で、恋を制するのです。

惚れても負けずに幸せを掴む!彼を心から愛する事で自分も深く愛される女性になるポイント

会話はしっかり聞き役を全うして本音のキャッチボール

カレを心から愛する事で自分も深く愛される女性になるポイントは、会話はしっかり聞き役を全うして、本音のキャッチボールを行えるようになる事。

女性は、コミュニケーションの生き物なので、会話はとても重要なものです。

一方男性は、結果主義なので、考えている事や求めている事の経過を言葉にして伝える事が苦手な人も多くいます。

しかし、思考の中を理解する事は、恋愛をする上でとても重要です。

女性は自分の話を優先しがちで、彼氏が寡黙だからと言ってずっとしゃべりっぱなしと言う事も。

彼の気持ちを知る機会を自分で奪っているので、「あの人は何も話してくれないから何を考えているのか分からない」と不安を抱えます。

彼氏の本音を聞き出すためには、しっかりと聞くことに徹することです。

質問を投げかけて、返事が返ってこなくても、考えていることを想像して先回りして話してはいけません。

「○○だったんだよね」と想像して話を進めてしまう事で、彼の気持ちを折ることになり、コミュニケーションを充実させられず、それぞれ考え方がすれ違い始めます。

考えに耳を傾けてくれる女性は、彼氏から信頼され、愛を深めることが出来るのです。

休日の予定は二人で決める

大好きな人を心から愛することで、自分も同じように愛されるポイントは、休日の予定は二人で決める事です。

デートはどちらか一方が決めているパターンもありますが、付き合いが長くなるにつれて、二人で相談して行き先や過ごし方を決めるようになります。

これは、一人で考えるには限界が訪れると言うこともありますが、相手の喜ぶ事をしたいという気持ちの表れだからです。

二人でデートプランを決めるカップルは、付き合いも長くなり、お互いを想い合う気持ちが強くなっていきます。

それに加え、それぞれ別で過ごす日も一緒に決めると、より愛情が強くなるものです。

「この日は友達とお酒を飲みに行きたいんだ」と彼氏が言うと、「じゃあ私も友達誘ってご飯に言ってくるね」と伝えることで、「一人にさせてしまったな」という罪悪感や後悔を抱かせずに済みます。

最初から「今月の最後の休日は、お互い自由に過ごそうよ」と提案しておくと、家族と過ごしたり、久しぶりの友人に連絡を取ったりと、時間を有効活用できるものです。

どちらかの都合に振り回されるのではなく、お互いがそれぞれのスケジュールを充実させるための思いやりを持つことで、絆が強くなります。

当たり前のことはない!小さなことに感謝を言い合える関係を目指す

惚れたら負け状態でも、深く愛されるようになるポイントは、小さなことに感謝を言い合える関係を目指すことです。

恋人同士は、いつの間にかお互いに影響され、言動や考え方が似てくるもの。

性格が細かくなったり、言葉遣いが荒くなったりと、マイナス面の方が影響を与えやすいですが、衝撃を受ける程の長所や積み重ねたプラス面もまた、好きな人の心を変化させます。

二人が好き同士になり、一緒にいられる事は当たり前の事ではありません。

小さなこと全てに「ありがとう」と言い続けることで、彼氏もその尊さに気づくはずです。

「好きになってくれてありがとう」と気持ちに対してだけでなく、優しくしてくれた時、気遣いをしてくれた時、支えてくれたり守ってくれた時、あらゆる場面で感謝を伝え続けると、彼氏も言動が変わります。

感謝は愛を生み出し、幸福の連鎖を巻き起こすのです。

尽くす部分と尽くされる部分を決める

惚れたら負け状態でも深く愛されるようになるポイントは、尽くす部分と尽くされる部分を決める事です。

例えば年上彼女だと、「私の方がしっかりしないと」と気を張ったり、世話を焼いたりしがちですが、全ての面で貫こうとしてしまいます。

あなたが嬉しくてしている事ならいいのですが、全ての面においてキャラクターを維持する必要はありません。

「彼が辛い時にはしっかり支えてあげる」と尽くす部分を決めたら、「デートの時には思い切り甘える」と尽くされる部分を決めましょう。

自分のキャラクターに執着する必要はなく、苦手な部分を相手にお願いしたり、してくれたら嬉しいと感じることを求めたりすることは、愛を深めるために重要な事です。

自分のラインを決める、優しさを求める事で、尽くされたい部分を伝えたらとことん待つこと。

「週末はあなたから連絡してきてね」とお願いをして、電話も何もないからと言って「待っているんだけど」とあなたから動いてしまっては、惚れたら負け状態で終了です。

とことん待ち、彼氏に「連絡してって言われていたんだった」と思い出させて行動してもらうことで、相手にも追いかける行動をさせることになります。

彼自身が気付いていないところをたくさん見つけて伝える

深く愛されるようになるポイントは、彼自身が気付いていないところをたくさん見つけて伝える事です。

男性は、プライドが高いだけでなく、自分の知らない事でさえ理解してくれている女性の事を尊敬します。

「あなたの良い所いっぱい知っているよ」と伝えるだけでも喜んでくれるはずです。

彼の良いところをあなたの中だけで留めておくと、彼が勝手な行動をした時に、「でもあの人はこんな素敵なところがあるから、離れたくない」と惚れたら負け状態に陥ります。

相手に公表するだけで、「こんなに理解してくれている人は、大事にしないといけない」と考えるようになり、彼氏からも惚れられるようになるのです。

お互いを想い合うためには、理解力と歩み寄りが大切。

「あなたは○○がいいよね」「○○が出来る人なんて、そうそう居ないよ」と称賛することで、あなたへの愛の価値も高まります。

客観的に見ることが大事

恋愛が始まると、途端に惚れたら負け状態になる女性は、考え方や経験の傾向や特徴があります。

自分が好きな人に夢中になるタイプなのかどうか、理由も合わせて客観的に知ることがまず大事です。

恋愛をするといつも苦しいと感じる人は、自分だけが尽くす立場になるのではなく、彼氏からも深く愛されるようになるポイントを実践して、幸せになる付き合い方を手に入れましょう。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事