復縁は何回まで許される?何度も別れるカップルが最後の恋をする方法&結婚できるケースと一生別れを繰り返すケース
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「また彼氏と別れちゃった」「もう何回も復縁しているけど、どうして別れちゃうんだろう」と別れと復縁を繰り返している女性は、将来のことを考えるとこのままでいいのか不安になるものです。

何度も交際を繰り返しているカップルは、なぜそのような事が起きるのか同じ経験をするカップルから共通する事を知れば、改善ポイントも見えてきます。

同じことは何回まで許されるのか、何度も別れるカップルについて問題点や訪れる未来を詳しく解説していきましょう。

やり直しの付き合いが3回を超えると新たな問題が現れてくることや、最後の恋をする方法、最終的に結婚するケースもお伝えしていきます。

一生同じことを繰り返すケースでは、女性がどんな人生を辿るのか末路も見えてくるので、あなたがどんな未来を迎えたいのかしっかり向き合って、許されるうちに彼との将来を考えましょう。

幸せを掴むために、最後の恋にして運命の人と一緒に生きていくことで、過去の経験を全て活かすことが出来ますよ。

目次

何回も別れて復縁を繰り返すカップルに共通している特徴

余計な一言を言って怒らせる

別れたりやり直したりを繰り返すカップルの共通した特徴は、余計な一言を言って相手を怒らせてしまうことです。

感情のままに言葉をぶつけてしまう人同士が付き合っていると、深刻な問題でなくてもつい一言余計に言ってしまって、向こうを怒らせてしまう事も頻繁にあります。

嫌だったことを伝えればいいだけなのに、相手の欠点まで蒸し返してしまったり、お願いすればいいだけなのに、皮肉を足してしまったり。

その一言がなければ波風立つこともないラブラブカップルなのに、いつもケンカになってしまうのです。

売り言葉に買い言葉で、言われたことに対して、返す言葉も余計な言葉つき。

嫌な思いばかりしてしまうケンカを繰り返して破局しますが、それ以外には不満がないのでほとぼりが冷めればまた「一緒にいたい」と思い復縁するわけです。

しゃべり方の癖は簡単に治るものでもなく、「その一言が余計なんだよ」と指摘したところで、感情の高ぶりと共にまたいつものクセが出てきます。

取りあわなければ衝突する事もなく、一緒にいられるのに、反応してしまうのもカップルの共通点です。

隣にいてくれないと孤独。寂しがり屋同士

隣にいてくれないと孤独を感じてしまう、寂しがり屋同士のカップルは別れと復縁を繰り返すことが許されます。

孤独に対して極端に弱い心を持っている人は、恋人や友達といった周りの人が近くにいてくれるだけで「一人じゃない」と心強くなるものです。

愛情に飢えている人に多く、誰かに構ってもらえている時間はとても幸せに感じます。

仕事仲間から必要とされることも嬉しいのですが、ビジネスとプライベートとは一線を引いているため、仕事に没頭したところで寂しい心は満たされません。

プライベートの時間に必要としてくれる人がいるだけで、生きている価値を見つけることが出来、「この人のために生きよう」と思えます。

恋人がいれば、必要とされていることが分かりやすいので、基本的に恋愛をしている人。

どんな理由で別れても、自分を受け入れてくれた人を簡単に手放すことが出来ず、またひっつきます。

恋愛は寂しさを埋めるために手っ取り早い方法であり、新たな出会いを探す必要のない元カレは、温もりが欲しい時すぐに寄り掛かりやすい対象です。

好きだけど相手の嫌なところを受け入れられない

何回も別れたり付き合ったりを繰り返すカップルに共通する特徴は、好きだけど相手の嫌なところを受け入れられないというものです。

「好きな人の全てを受け入れられる」という心理は、誰もが持てるものではありません。

多くの人は、「恋人の事は好きだけど、我慢していることもある」「ずっと一緒にいたいっていう気持ちはあるけど時々イライラすることもある」と自分の気持ちを押し殺している場面も少なからず持っているものです。

出会って恋愛に至るまで、それぞれ全く違う環境で育ち、経験してきたモノも違うので、ぶつかることがあっても当然。

イライラすることがあるのも、普通です。

大抵のカップルは我慢を重ね、爆発した時に別れることもありますが、そのまま「これが私の好きになった人だから」と受け入れることもあります。

ところが何度も破局するカップルは、我慢することが出来ずにイライラしたり不満に思ったりする度に感情を爆発させるのです。

好きだけど我慢が出来ない、相手の欠点がどうしても許せないと思ってしまうカップルといえます。

相手の良い所に執着する

相手の良い所に執着しているカップルは、何回も引っ付いたり離れたりを繰り返しています。

好きな人と過ごす時間を積み重ねていくうちに、付き合い立ての気持ちや状況とは違ってくることも多くあるもの。

最初の時は魅力的に感じた事も、一緒にいるうちに慣れてしまって、欠点に目が向くことで長所を忘れてしまう事もあります。

悪い所ばかり目に付いて、不満が生まれることで別れを迎えますが、何度も繰り返すカップルは、恋人の良い所を忘れることなく、いつも頭の中によみがえるのです。

「あの人はこんな良い所がある」「どれだけケンカをしても、あの人の魅力は消えない」という考えが頭から離れない事で、好きな気持ちが再び蘇ります。

幾度となく嫌な思いをしても、魅力的な部分や好きだと思える魅力を忘れることが出来ず、執着する事で、「私が一番の理解者」とよりを戻し続けるわけです。

別れても連絡を取り合う事に抵抗がない

何回も破局したり付き合ったりを繰り返す復縁が許されるカップルに共通する特徴は、別れても連絡を取り合う事に抵抗がないというものです。

恋愛が終わると同時に、連絡先を消したり消息を絶ったりするのは、別れた人の事を忘れるための方法として取り入れている人は多くいます。

別れ話は誰にとっても、嬉しいものではありません。

胸が苦しくて心に傷を負ってしまう出来事なので、少しでも目に触れないようにしようと思う心理が働くからです。

ところが「友達としては繋がっていたい」「恋人でなくなっても一番近くにいたい」と思う気持ちがある二人は、破局してもまた連絡を取り合います。

二人きりで会うことも平気。

ご飯に行ったり遊びに行ったりと、恋人だった頃と違うのはエッチをしなくなった事くらい、という二人はすぐにカップルに戻ります。

今までとほとんど変わらない状況で、言葉だけは「もう終わった」と言っていても、周りの人もその事実を知らない人も多くいるものです。

別れるハードルも元さやに戻る基準も低いので、簡単に別れてさっさと復縁します。

復縁の回数が3回を超えてくると現れる問題点

理解しあうための頑張る気力がなくなる

戻る回数が3回を超えてくると現れる問題点は、理解しあうための頑張る気力がなくなるというものです。

好きな人のことを理解したいと思うのは、恋人なら当然の願望。

例え繰り返し付き合うカップルだとしても、別れを迎えたら悲しいものです。

「もっと分かってあげたい」「理解しあって、深く愛し合いたい」と思っていても、悲しい別れを繰り返すうちに、いかに自分が好きな人のことを受け入れられていないのか痛感します。

一度目に離れた時には、悔しさや情けなさがあり、やり直すときに「今度こそあの人のことを理解しよう」と意気込むはずです。

ところが、繰り返されるうちに3回目には「どうやったらあの人のことを理解できるんだろう」「もう分かり合うなんて無理なのかな」と疲れ切ってしまいます。

幾度となくも付き合いたいと思うのに、これ以上別れることがあれば、「一生分かってあげることは出来ないんじゃないか」と自分の力量不足を感じたり、受け入れてくれない彼自体に腹を立てるのです。

頑張る気力が湧かないので、歩み寄る努力が出来なくなります。

「他の人なら上手くいくかも」と期待を持ち始める

復縁が失敗に終わった悲しい体験談2

3回を超えてやり直しているカップルは、「他の人なら上手くいくかも」と期待を持ち始めます。

同じ人と関係を繰り返していると、「こんなに別れるのは、相性が悪いのかな」「運命の人だと思っているけど、本当は違うのかも」と思い始めることで、他の人との恋愛に興味を持ち始めるわけです。

人が変われば、会話もデート場所も気遣いなども変わってきます。

今まで当たり前だと思っていた恋愛が、全く違うものだと感じ始めるはずです。

同じ人と恋愛を繰り返しているので、異性の友達との時間がとても新鮮に感じます。

「あの人と付き合ったらどんな感じかな」「私のことを本当に愛してくれる、運命の人が他にいるのかも知れない」と思う事で、同じ人ばかりと繰り返す時間に焦りを抱くものです。

同じ相手との恋愛は、変化も成長も感じられず、「このままでいいのかな」と人生がつまらなく思ってしまいます。

結局別れてしまう彼氏との関係に、正解を見つけることが出来ず、幸せになりたい願望が高まるるところです。

「繰り返す運命だ」と復縁することに麻痺

復縁が失敗に終わった悲しい体験談1

3回復縁を繰り返すと起こるのは、「これは仕方のない事だ」と別れる事も復縁する事も特別な事だと思わなくなります。

一般的な恋愛は、一度終わりを迎えたら再び関係を戻すのは大変な事。

あれこれ策を練って、駆け引きをしたり、距離を近づけるために努力したりと、好きな人の気持ちを必死で取り戻します。

けれど、別れても結局また付き合う二人は、「また別れるの?」「また付き合うんだね」と流れに身を任せ、努力することなく一緒に過ごすようになるのです。

これは、別れに対しても悲しみを感じなくなるだけでなく、好きな人と付き合えることに感謝する気持ちもなくなります。

「あの人とはそういう運命」「別れることも含めて、いつもの事」と完全に慣れてしまうわけです。

良い所も悪いところも、納得していますが、「結局、適度なタイミングで離れなければいけない二人」と諦めの気持ちも持ってます。

長続きさせる必要性が分からなくなり、距離感がなければ一緒にいられない二人となるのです。

周りの友達が相談にのってくれなくなる

やり直す回数が3回を超えてくると、周りの友達が恋愛の相談にのってくれなくなります。

同じ相手と、同じことを繰り返していると、周りの友達は「またいつもの、あれね」と常習化した話に対する興味がなくなり、話を聞いてくれないどころか「巻き込まないで欲しい」と思うようになるもの。

当人は本気で恋人との関係に悩んでいても、結局別れたり、その後もやり直したりと予想通りの展開が待ち受けています。

本気で悩んでいる相談事なら、友だちも親身になって聞いてくれますが、真剣にアドバイスしたところで、大して役に立っていないと残念に思うところです。

「好きなようにやればいい」と投げやりな心理になっても仕方ありません。

何回も繰り返す別れに、「もうどうしていいのか分からない」「次こそ、離れた方が良いよね」と相談を持ち掛けても、結局元カレの所に戻りたくなる気持ちを抑えきれなくなることを、周りの人の方が良く知っているのです。

信用度も低くなり、友達付き合いも少なくなります。

本当に好きなのか分からなくなる

3度以上も繰り返す別れと復縁に、本当に相方のことが好きなのか分からなくなるという現象が起こります。

一度別れたら二度と会えなくなる一般的な男女は、何度も同じことを繰り返す二人を見ると、「何回でも惹かれ合うのは、心の底から相手のことが好きだからだよね」と考えるところです。

実際に、好きな気持ちが残っていたり、一緒にいると居心地がいいから戻ったりすることが多いのですが、心の底から「大好き」と情熱を持っているかと言うと、本人たちはよくわかっていません。

何度も別れた事により、「同じ相手だったら楽だから戻っているだけなのかな」という疑問が浮かんでいます。

好きな気持ちは確かでも、人生においてなくてはならない人なら、別れなくてもいいはず、という考えは持っているからです。

繰り返し戻る関係であると同時に、同じ数だけ離れる経験をしている二人。

今後も繰り返すなら、何が本当の愛情なのか分からないというのが正直な気持ちです。

彼氏のことを好きなのは、愛情なのか情なのか、一人にしてしまうのが可愛そうという同情なのか、当人同士も分からなくなっています。

これで最後!何度も別れるカップルが最後の恋をする方法

二人の同意の下で最後にする約束を交わす

何度も別れるカップルが最後の恋をする方法は、二人の同意の下で最後にする約束を交わすことです。

重要なのは、恋人同士で一緒に決めるという事。

一人で「これが最後にする」とは、今まで何度も思ったハズです。

顔を合わせたり、相手の言葉に流されたり、様々な理由で復縁をするのは、一人で決意しているから。

恋愛は二人でするモノなので、最後の恋にする決意も一緒にすることが大事です。

「もうこれ以上繰り返したくないよね」「私は、こんな風に思っているんだけど、あなたはどう考えているの?」と今までの経緯をしっかりと話し合う場を設けましょう。

そして、「次に別れ話があったら、二度とやり直さない事を約束しよう」と誓い合います。

話し合いで一緒に決めることで、今まで簡単に別れていた出来事と全く同じことがあっても、「これが最後だよ」「本当に別れてもいいの?」と、最後の確認をしあうことが出来るはずです。

恋愛だから上手くいかない?結婚する

最後の恋にするためには、恋愛を終わらせることです。

恋愛を終わらせるというのは、別れる事ではなく、結婚という新しい形に移行する事。

結婚は、今までのような関係とは全く異なる愛のカタチであり、横並びで人生を歩むことです。

恋愛をしているカップルのように、好きな気持ちだけでは一緒にいられません。

人生を共有する事で、生活を共にすること。

お互いの仕事を尊重して、支え合い、心地よく暮らせるよう癒しあう関係です。

感情のままに言葉を出していたら、途端にダメになります。

結婚生活は、実は同棲とも違うものです。

家族を巻き込んで、家庭を作っていくので、責任感もプラスされるし、想いやりも今以上に大事になります。

婚姻関係を結べば、法律的に夫婦と認められるので、考え方や行動も変化するはずです。

出来れば、苗字を同じにして、保険証や免許証など全てをすぐ変更しましょう。

手続きを重ねるほど、自覚が芽生えるだけでなく、離婚することが面倒になります。

「別れたら、あの手続きまた全部やらないといけないの?」とウンザリすれば、簡単に別れられないはずです。

丁寧に恋をするのがコツ!いかに大切な存在か言葉にする

最後の恋にするためには、いかに大切な存在か、丁寧に言葉にしていくことです。

丁寧な恋というのは、相手のことを深く愛している事を表現できること。

一緒にいられる事が幸せだと、しみじみ感じられる事です。

何度も別れと復縁を繰り返していると、隣にいられる事が大して珍しい事ではなくなります。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

その結果、罵倒したり雑に扱ったりして、また愛想をつかして離れてしまうことに。

「好きでいてくれてありがとう」「迎えに来てくれて幸せ」「時間を作ってくれて嬉しい」と、恋人が何かしてくれるたびに感謝の言葉を伝えましょう。

「大切な人だから失いたくない」と思っていても、言葉にしなければ無意味です。

どれだけ人生に必要な人か、別れる度に心が痛むこと、どうしても一緒にいたい相手だという事を全て伝えます。

大切に思っている事が伝われば、彼からも大事にしてもらえ、簡単に別れることがおろかだと考え始めるはずです。

「どうせ離れられない」と思い我慢すると、少し腹の立つことでも、受け入れるための訓練になります。

神より身近な存在に誓い意識改革!親や尊敬する人に紹介

最後の恋にする方法は、親や尊敬する人など、身近な存在に紹介して誓うことです。

結婚する時に人前式があるように、大切な人に二人の愛を誓い合う事は、意識改革するためにとても有効と言えます。

何度も別れを繰り返しているのは、二人だけの問題だからという理由があるからです。

恋人同士が何をしても、基本的には他人に関係のない事。

けれど、大切な人に誓うことで、また別れる事はその人を裏切ることになります。

尊敬している人、憧れている人、恩師や師匠など「絶対にこの人は裏切れない」と思う人に、パートナーを大事にすると誓うことで、二人だけの問題ではなくなるのです。

喧嘩をした時には、別れる前にその人に相談することも選択肢に加わります。

内縁状態になることで、戸籍を入れていなくても周知された夫婦となるわけです。

雰囲気が怪しくなれば、「相方とは上手くいっているの?」「困ったことがあれば言ってね」と力になってくれます。

別れる前の基準を作る

最後の恋にする方法は、終わりにする前の基準を作る事です。

交際をしているカップルにとって、想いが残っていたら彼女でいる、嫌いになったら別れるという二択だけではなく、保留期間を設けることで、別れを予防することが出来ます。

腹が立ったら話し合いを一旦やめて後日改める、許せないことがあったら相手の好きなところを5個づつ言い合ってから思っている事を確認しあう、勢いで「バイバイ」と言ってしまった場合には言葉を鵜呑みにせず、1週間後に仲直りする、など。

マンネリし始めたら連絡を取らない期間を1ヶ月とる、というのも別れたくなる癖を持つカップルには効果的です。

お互いの存在に甘えることなく、慣れることなく、一緒にいるための方法として保留期間を準備すれば、感情的なカップルも勢いのまま言葉を吐き出してしまう二人も、冷静になる時間を得ることが出来ます。

何度も破局とよりを戻すことを繰り返している男女にとって、別れは単なる通過儀礼です。

付き合い方の癖。

その度に落ち込むことを辞め、別れたくなる時期がやってくる前提で付き合い方を考えましょう。

二人で決めた保留期間で、大切な人だと再認識出来れば、真剣な別れ話はなくなります。

何度も別れを経験した男女が最終的に結婚できるケース

彼女が妊娠した

最終的に結婚できるケースは、彼女が妊娠した時です。

妊娠をきっかけに恋人期間を終了させ、夫婦となるケースは少なくありません。

勢いのまま体の関係を持ったカップルだけでなく、ずっと愛を育んできた恋人にも同じことが言えます。

「結婚するタイミングを失っているだけ」「どうせ別れるから結婚は考えられない」と思っていたとしても、妊娠をきっかけに恋愛を続けることをやめて、夫婦になるのです。

親になる覚悟を決めると、途端に今までの関係が曖昧だったことに気が付きます。

責任感と、守りたいという強い意志が芽生えることで、ふわふわしていた彼氏は急激に成長し、親になるのです。

女性側も、彼の愛をいつでも確かめたいと願っていた、か弱い姿から逞しい母親へと成長していきます。

何度も「傍にいたい」と思った経緯のある二人だからこそ、妊娠することが結婚のきっかけとなり、今までハッキリしなかった関係を終了させられるわけです。

親から結婚を急かされた

結婚できる待ち受けで効果が超強力なのはこれ! まとめ

親から結婚をせかされた場合、何度も別れていたカップルもゴールを迎えます。

付き合いが長くなってくると、親が恋人の存在を知っているという状況も珍しくなくなるもの。

最初の別れと復縁を話していても、その後は「またって言われるのも嫌だから、隠しておこう」と思って、話していないこともあります。

親は子供の変化をよく分かっているもので、「あの子と離れられないんだろうな」と勘が働いているはずです。

何度別れてやり直しても、子供にとって相性のいい相手だと思っている人とは「早く結婚して欲しいな」と願います。

「うちの子と一緒になって欲しい」「二人で家族を作って欲しい」と願いが強くなると、直接子供に伝える様になるものです。

「あなたたち、早く結婚して孫の顔を見せてよ」「いつまで恋人気分でいるつもりなの」「大人としてケジメをつけて、相手の親御さんも安心させてあげてよ」と口を出すようになると、結婚が現実味を帯びてきます。

当人同士は、遠い話だと思っていても、親から結婚をせかされることで「望みを叶えてあげたい」「いつまでも繰り返していてはダメだ」と考えて交際に向かう姿勢が変わり、結婚に踏み出すところです。

何回も復縁したから好きで仕方ない事を納得した

最終的に結婚するケースは、何回も復縁したから恋人のことが好きで仕方ないことを納得した時に訪れます。

最初の破局と復縁では、そこまで強い運命を感じる事はありません。

けれど、回数を重ねることで「何があっても本当に好きなんだな」と自分の気持ちを知っていきます。

どんなことがあっても、一緒にいたいと願う気持ちは、この先何があっても乗り越えていける力になるはず。

「あの人がいないと生きていけない」「人生に必要な人」「嫌な事があっても、結局好きな気持ちが変わらない」と嫌というほど、恋愛感情に支配されている事に打ちのめされます。

「惚れたもの負け」と言うように、好きになれば全てのことに泣き寝入りせざるを得ません。

同じ感情を持っていると納得出来たら、離れることに意味がないと理解でき、結婚するための気持ちが固まります。

「これからも色々あるだろうけど、私達は離れられないね」と共通意識を持つ事で、夫婦となる覚悟になるのです。

遠距離になる事が決まった

遠距離恋愛だった2人にきっかけが訪れて復縁したエピソード1

最終的に結婚するケースは、遠距離になる事が決まった時です。

いつでもやり直せると思うのは、すぐ近い距離にいるから。

会いたいと思ったら、会えるし、連絡もすぐ取れる距離にいれば、別れたといってもあまり実感がわきません。

共通の友達が多い、仕事場が同じ、地元が同じ、など共通する項目が多いほど、恋愛が終わってもいつでもやり直せる感覚は残ります。

ところが、すぐに会えない距離に転勤することが決まると、途端に寂しさを感じ始めるものです。

恋人でなくなっても、「すぐ会える」と思っていたから、勢いに任せることが出来ていたことに気が付きます。

「次に会えるのはいつか分からない」「もしかしたら、再会した時にはあの人はもう結婚しているかもしれない」と考え始めると、途端に遠い存在に感じ始めるところです。

「離れたくない」「会えないなんて無理」と本当の気持ちに気が付き、一緒に住所を移したりできる結婚という形を選びます。

男性が覚悟を決めて幸せにすることを誓った

別れを決意してしまう男性のタイプ1

最終的に結婚するケースは、男性が覚悟を決めて幸せにすることを誓った場合です。

カップルはどちらが優勢というわけでも、必ずしも相手の言う通りにしなければいけない訳でもありません。

けれども、結婚に関しては「彼からのプロポーズ待ち」と考えている女性も少なくないはずです。

「何回もやり直しているのに、どうして結婚の話が出ないんだろう」と悩んでいるケースは、たいてい男性が「まだ結婚したくない」と思っています。

年齢を重ね、経験を積み、男として自信が付いたら結婚したいと考えているのです。

ところが、男性が自信をもって「結婚する時期が来た」と思うこともまた、あまり訪れないもの。

みんな、どこかのタイミングで覚悟を決めて、彼女を幸せにしようと決意しているだけです。

仕事の失敗や友達の結婚、将来を考えた時など、理由は様々ですが、男性側が「彼女と結婚しよう」と覚悟を決めることが出来れば、今まで何度も悲しませてきたことを含め、「この子しかいない」「幸せにする」と伝えてきます。

一生やり直しては別れるループを繰り返す女性が辿る事になる人生

結婚適齢期や出産適齢期を過ぎてしまう

一生ループを繰り返す女性が辿ることになる人生は、結婚や出産の適齢期を過ぎてしまうというもの。

女性は、体の構成上妊娠可能な時期が限られています。

晩婚が進んでいる現代は、妊娠が難しくなっている人も増えているのが現状です。

彼氏と交際のループをしている間も、良くも悪くも月日は流れていきます。

その間に、人として成長できるのはいい点ですが、無情にも出産適齢期は期限が迫っていくところです。

結婚に期限はありませんが、適齢期と呼ばれるものはあり、今後も今の人と結婚出来なければ、他の人と結婚という事も考える必要が出てきますが、年齢を重ねていると新たな出会いも難しくなります。

どんどんと年老いていくのに、いつまでも独身で、彼氏とループを繰り返す人生です。

周りの友達は結婚して妻となり、出産して母となり、ママ友と付き合うようになり、話も合わなければ遊べる人も彼氏だけになります。

狭い世界を感じざるを得なくなり、進展もないまま人生を進んでいくだけです。

他の人との恋愛も出来ず同じ男性に捉われる

彼氏とループを続ける人生は、他の人との恋愛も出来ず同じ男性に捉われます。

何度も同じことを繰り返していると、別れても他の男性と恋愛をする事が禁止事項のように感じてくるはずです。

フリーなはずなのに、「他の男性と食事に行ったら、あの人怒りそう」「今さら他の人とゼロから恋愛をするのは、勇気がいる」と思ってしまう事で、結局同じ彼氏とよりを戻します。

出会いの場に出向くこともなくなり、親からのお見合いの話も断り、違う恋愛があるかもしれないチャンスを自ら断ち切ってしまうのです。

色々な人と恋愛をする事は、自分の中に新たな考え方を取り入れられたり、想定外の出来事が起きたりすることで、人生を豊かにすることが出来ます。

心が成長し、他人の価値観を理解できるようになるわけです。

一人の男性に囚われてしまう事で、男女での交際において想像できる範囲の事しか起こらず、同じような喧嘩ばかりして、対処法も予想通りのもので、成長がありません。

周りの人も「あの人は結婚していないけど、狙っても無駄だよ」と勝手に牽制するので、人脈も広がらないのです。

半端な付き合いと思われ信用を失い友達がいなくなる

交際のループをすることで、半端な付き合いをしている人だと思われて、あなた自身の信用を失い、友だちがいなくなります。

人間関係における重要なポイントは、信用です。

どんなに素晴らしい人でも、突拍子もない事をしたり、何を考えているのか分からない人付き合いをしていたりする人は、予測不可能な人として信用を失います。

恋人と曖昧な関係をループさせることで、「あの人は、彼氏とよく分からない付き合い方しているよ」「男の人のことになると、ダメな人なのかな」と低評価を受けるわけです。

配偶者になるわけでもなく、別れたら完全に縁を切るわけでもない人は、信用できないと判断されます。

特に女友達は、恋愛の話をする時の価値観は重要視するもの。

共感ポイントが多いほど、コイバナが盛り上がり、友達の恋を応援したくなります。

全く共感されないループ交際は、人柄自体を不審がられ、距離を取られてしまうのです。

友達がいなくなり、結局頼る人は彼氏だけとなる事で、四六時中同じ人としか関われなくなります。

本当の幸せが分からなくてずっと満たされない

恋人と繰り返し交際をしている女性が辿る人生は、本当の幸せ迷子になって満たされずに月日を過ごしていきます。

人によって幸せの基準は違いますが、恋愛によって心が満たされる人は少なくないはずです。

運命の人に会えた、小さい頃から知っているけど一番落ち着ける、など好きな人と一緒にいる事で湧き出てくる感情で、心が満たされます。

疲れている時や悲しい時、人生に迷った時など、恋人に相談したり好きな人を想いだしたりするだけで、勇気が湧いてくるものです。

「この人がいてくれてよかった」「隣にいるだけで幸せ」と思う事で、何でもできる気にもなります。

恋の力は、目標に向かって頑張る気力にもなり、辛い時にグッと耐えられる底力にもなるもの。

心の底から幸せを感じられることで、生きていく事が嬉しいとも感じます。

ずっと同じ彼氏といるだけでなく、何度も別れる経験をしている事で、「私の幸せって何だろう」「この人と一緒にいて幸せだと思えているだろうか」と分からなくなり、満たされないまま時を過ごしてしまうわけです。

不器用な恋愛しかできない自分の事が嫌いになる

不器用な恋愛しかできない自分の事が嫌いになるという事が起こります。

何度も別れを繰り返すのは、とても器用な人とは言えません。

世の中上手に立ち回っているわけでもなく、同じ人と同じことをしているだけ、とみじめな気持ちになります。

不器用な恋愛しかできない自分の事が、情けないと感じ、なぜこんなことになっているのか振り返るばかりの時間を過ごすはずです。

結婚願望や幸福になりたいと思っていた気持ちも置き去りにしているので、幼い頃に思い描いた温かい家庭や幸せな人生とは程遠い人生に、首をかしげます。

「他の人はどんな風に彼氏と過ごしているんだろう」「どうやったら別れずに済むのかな」と長続きする方法を見つけられず、いつまで経っても好きな人との過ごし方に自信を持てないのです。

自分の事が嫌になっても、彼氏から離れることが出来ずに、自己嫌悪のループからも抜け出せなくなります。

許されるうちに最後の恋にしよう

何回も復縁を繰り返しているカップルは、徐々に周りからの信頼を失っていると言っても過言ではありません。

二人だけの問題であっても、実は周りに対して徐々に影響を与えているのも事実です。

本当に好きな人なら、最後の恋にして無限ループを終わらせましょう。

許されると思って復縁をしていても、女性としての幸せを見失う事にもなりかねないのです。

心からの幸せを手に入れるために、大好きな人と別れない方法を実践し、ずっと一緒にいられる道を進みましょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事