不倫を後悔する苦しみは壮絶…後で悔やんでしまう理由と後悔した時に心を整理する方法・つぐない方
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「最初から不倫なんてしなければこんなことにならなかったのに…」「不倫だけど大好きな人と一緒に居られて幸せだと思っていたのに、まさかこんなことになるなんて」と不倫をしている時には気が付かなくても、後になって不倫を後悔する人も少なくありません。

「不倫はいけないことだ」と最初から分かっているのに、不倫を始めてしまう人はなぜ後で後悔する事に気が付けないのか、その謎に迫ります。

不倫を後悔する苦しみとはいったいどんなものか、男女別で深く悔やんでしまう理由をご紹介しましょう。

不倫を後悔して辛いときに心を整理する方法や家族や不倫相手など傷つけた人に対して不倫の罪をつぐなう方法もお伝えするので、後悔し始めた人もぜひ今後どう行動を起こせばいいのか参考にしてください。

後から後悔をしないためにも不倫で訪れる苦しみを先に知ることで、早い段階で後戻りすることも可能です。

そして、不倫の後悔を始めた人もこれから出来る事を行動にすることで、人生のやり直しをすることが出来ます。

気が付いた時がタイミング。

あなたの人生をこれから後悔し続けないために、自分を大切に生きましょう。

目次

不倫中は「後で後悔する」となかなか気付けない訳

その場の空気に弱い二人だから

不倫中は「後で後悔する」となかなか気付けない訳は、その場の空気に弱い二人だからというものがあります。

既婚者とその相手の不倫は、結婚している人との恋愛は”タブー”だと分かっているのに恋愛がスタートしてしまうことがそもそもの始まりです。

ダメだと分かっているのに理性をコントロールできないのは、理性よりも恋愛感情よりも上回ったり、性欲が上回ったりするから。

心と体がちぐはぐになってしまうため、自分の行動を制御できないという事態に陥ってしまいます。

人間は感情を持つ生き物なので、いつでも理性だけで生きていけるわけではありません。

腹が立つこともあれば、いけないと思っていても止められないことだってあるものです。

特に恋愛においてはその場の空気感に左右されることも多く、二人きりのシチュエーション、好意をもって我慢をしていた経緯、お酒を飲んでいる状況など様々なことが複雑に絡まりあい、タブーだと分かっているのに最初の一歩を踏み出してしまいます。

最初の行動を起こすことで、後で後悔するという意識よりもその場の状況で頭がいっぱいになり、気が付くことが出来ないわけです。

不倫中は完全に外の世界が見えなくなるから

不倫中は「後で後悔する」となかなか気付けない訳は、不倫中は完全に外の世界が見えなくなるからというものがあります。

不倫中の二人は、常に秘密を共有しなければいけない関係です。

誰にも二人の関係を言わないということは、周囲の人と二人を繋ぐものがないということ。

既婚者側が家族のことを話題に出すこともめったにないので、デートをしているときは、完全に二人きりの世界に没頭することになるのです。

二人きりという閉ざされた社会で、愛情だけを目的に会っている二人にとって、不倫中の空間は外の世界が見えません。

当然その状況では、既婚者の家族のことや自分の将来のこと、心配してくれる友達のことなど忘れてしまうので、後で後悔する事に気が付かない状況が出来上がります。

不倫中は完全に忘れてしまっていることでも、当の本人は社会の一員であり不倫をしているという事実は紛れもないこと。

ふとした拍子に外の世界とのつながりを見つけてしまい、一気に後悔することになります。

自分の感情に従うしか選択がないから

不倫中は「後で後悔する」となかなか気付けない訳は、自分の感情に従うしか選択がないからというものがあります。

不倫中の二人の情熱は、通常の恋愛の何倍にもなるものです。

「会いたい」と思うだけでも、そこには「会いたいけど会えない」というプラスアルファの状況が訪れます。

「一緒にいたい」と思っても「帰らなければいけない」という時間制限がプラスされているため、常にデートの時間は刹那的です。

「今しか会えない」「いつバレて破局するか分からない」と感じている不倫カップルにとって、会える時には「一緒にいたい」という一択しか選択肢がありません。

人間は誰しも「ダメだ」と言われていることこそやってみたくなる性質にあります。

旧約聖書のアダムとイブが「絶対に食べてはいけない」と言われていたリンゴを食べてしまったように、不倫中のカップルにとっては「二人で会ってはいけない」という一般常識こそが不倫をしている二人を燃え上がらせるスパイスであり禁断の果実です。

体の相性が良くてセックスに溺れているから

不倫中は「後で後悔する」となかなか気付けない訳は、体の相性が良くてセックスに溺れているからというものがあります。

体の相性がいい相手と体を重ね合わせている時、心も体も溶け合ってしまっているので、理性が働きません。

相性がいい人とのエッチは、まるで麻薬のように二人を虜にしてしまいます。

目が合うだけで性感帯を刺激され、体中が熱くなり、思考回路が停止するのです。

不倫相手とのセックスに溺れている時、周囲への配慮や自分の心配などが頭をよぎるほどの余裕はなくなります。

「早く会いたい」「抱きしめたい」「彼・彼女を全身で感じたい」と会っていない間も不倫相手のことが頭から離れない状況が続いているはずです。

体が求めてしまっている相手との関係は、いくら頭の中で「不倫はいけないことだ」と思っていても思考も行動も止められることはなく、快楽で頭がいっぱいなので後悔することなんて微塵も想像しないまま密会を重ねます。

危険なことをしているスリルが快感だから

不倫中は「後で後悔する」となかなか気付けない訳は、危険なことをしているスリルが快感だからというものがあります。

危険だと言われているものは、いつだって興味を惹かれるものです。

既婚者との恋愛はまさに危険な恋。

周囲にバレてしまうと二人の関係は一瞬にして終わります。

そのスリルがまた二人の危険な恋愛を盛り立てることです。

二人にしか分からない会話、周囲の目を盗んで触れ合うスリル、アイコンタクトや集合の合図、秘密のデート、全てがスリルいっぱいでいかに上手に周りの目を掻い潜ることができるかとゲーム感覚になります。

一ステージ目がクリアしたら次のステージ、というようにまるでゲーム画面をクリアしているような感覚に、徐々に大胆な行動になっていくことが快感です。

「今日も無事に会うことが出来た」という感動は、達成感となり気持ちを充実させていきます。

充実感を持つことが出来る不倫恋愛は、後から後悔するなんて心配は出てきません。

失敗しないことがゲームの必須条件なので、最初から恐れを持っていないという状況が後悔に気づかない不倫なのです。

不倫した男性が後で深く悔やんでしまう理由

ほんの出来心だったのに相手の女性が本気になってしまった

不倫した男性が後で深く悔やんでしまう理由は、ほんの出来心だったのに相手の女性が本気になってしまったというものがあります。

不倫をする男女がどのカップルも両思いというわけではありません。

既婚男性はほんの出来心で不倫関係になったとしても、交際している間に相手の女性が本気になってしまい気持ちを求めてくるという話も珍しいことではないのです。

不倫は、通常の恋愛のように告白があって交際がスタートするケースの方が稀であり、たいていは体の関係が先に結ばれたり、何となく好意に気が付いて自然と交際している状態になっている、という流れから不倫をしています。

そのため、最初からお互いに愛情が深い状態ではなく、交際しているうちに離れられなくなるというカップルが多いもの。

相手の女性が本気になるにつれ、既婚男性の愛情は冷めていき「そんなつもりじゃなかった」「本気になられると困る」と不倫を始めたことを深く悔やみます。

割り切った不倫だったのに自分が本気になって家族を犠牲にした

不倫した男性が後で深く悔やんでしまう理由は、割り切った不倫だったのに自分が本気になって家族を犠牲にしたというものがあります。

結婚しているのに不倫相手の女性に本気になってしまうのは、既婚者の男性にとって深く悔やむ大きな要因です。

奥さんとのセックスレスで欲求不満、お互いにちょっと変わったエッチをしてみたかったという興味本位、家庭に居場所がないから時々心と体を休めるための関係、など既婚男性が不倫相手に”一時の癒し”や”その場限りの快楽”を求めていることは少なくありません。

最初から割り切った関係だとお互いに納得していれば、嫉妬をすることもなければ面倒なことを言われることもなく、とても楽な関係を続けてきたはずです。

しかし、いつしか「不倫相手の彼女がいなければ寂しい」「あの子に支えられている」と気が付いた時、家族を持っているのに本気になった自分の浅はかさに後悔します。

「まさか自分が本気になるなんて」と悔いながらも、家族よりも彼女の元へ足しげく通ってしまう自分の行動を省みて情けなくなるのです。

家族を犠牲にしてまで浮気相手を大事にしていることに、違和感を抱きつつもやめることが出来ない自分の行動に、後悔の念が溢れてきます。

不倫相手が妊娠してしまった

不倫した男性が後で深く悔やんでしまう理由は、不倫相手が妊娠してしまったというものがあります。

不倫恋愛で既婚者の男性の子供を浮気相手の女性が妊娠するということは、不倫カップルにとって大きなトラブルです。

浮気相手の彼女とこれから再婚まで考えているのであれば、出産も視野に入れることが出来ますが、多くの既婚者はそこまでの覚悟をすぐにすることは出来ません。

家族を持っている男にとって、浮気相手の妊娠は完全に「失敗」であり、心臓が止まりそうなほどショックな出来事です。

「中絶してほしい」と伝えれば彼女に泣きながら責められ、かといって「産んでほしい」とも簡単に言うことが出来ないため、後悔ばかりが自分を責め立てます。

傷ついた彼女を見る事も出来ず、申し訳ない気持ちでいっぱいになりますが、男に出来ることは何もないことを痛感するのです。

妻が子供を出産した

不倫した男性が後で深く悔やんでしまう理由は、妻が子供を出産したというものがあります。

実は不倫を始めるきっかけの一つにあげられるのは、妻が妊娠中でセックスが出来ない、奥さんが妊娠中に実家へ帰省していて夫に自由な時間があるということです。

つわりがひどいタイプの妻であれば、妊娠が発覚する2~3か月頃から出産までずっとしんどい人もいるため、ずっと実家に戻っているということもあります。

しかし、奥さんが出産する事で、事態は一変。

初めての子供であれば、赤ちゃんの顔を見た瞬間から男性に父性が芽生え、「家族を守りたい」という思いが強くなります。

その瞬間に「こんなに愛しい子供がいるのに、自分は不倫して、なんて愚かなんだ」と後悔するのです。

また、奥さんが無事に出産できなかった場合にも後悔が訪れます。

男性は妻が妊娠すれば勝手に生まれてくるものだと思っている人が多いのも事実。

しかし、妊娠も出産も奇跡です。

何が起こるか分かりません。

何かのトラブルが原因で死産したり、妊娠中の妻に不倫がバレて精神的ショックで流産してしまったりすることで、夫婦ともに大きくショックを受けることになります。

「不倫なんてしなければよかった」「こんなことになるなんて」と後悔してももう遅いということを身をもって体感するのです。

周囲に不倫がバレて仕事を失った

不倫した男性が後で深く悔やんでしまう理由は、周囲に不倫がバレて仕事を失ったというものがあります。

男の人にとって仕事を失うのは、人生においても大きな転機です。

しかも絶望を味わうことになる最悪な転機。

不倫は当事者が始めなけば防げたことです。

不倫が周囲にバレたことは、誰を責めることもできず、ただ自分の行動を悔い反省するしかありません。

職場での信用がなくなり、業務に携わることがふさわしくないと判断されればクビになることも。

仕事を失ってしまうことで、年齢によっては再就職が出来ないことも多々あります。

後悔しても仕事が決まるわけでもなく、男性にとって生きる希望を失うことと同じなのです。

不倫した女性が後で深く悔やんでしまう理由

既婚者との子供を身ごもって中絶したことで心も体も傷ついた

不倫した女性が後で深く悔やんでしまう理由は、既婚者との子供を身ごもって中絶したことで心も体も深く傷ついたというものがあります。

お腹に宿った赤ちゃんを中絶するという選択は、女性にとってとても心痛めるものです。

不倫相手のことを愛しているならなおさら「中絶してほしい」という言葉を聞くことも、大好きな人の子供を中絶しなければいけない現実にも、絶望しかありません。

手術をするまでは「妊娠が無かったことだと思えばいい」と頭を整理していても、実際に全身麻酔をして手術が終わった後の虚無感を体験すれば、「自分のせいで一つの命を絶ってしまった」という後悔が止めどなく溢れてきます。

不倫相手の彼は何も傷つくことがなく、自分だけが体の中を掻き出され、命を奪った罪悪感を背負い生きていかなければいけないことに苦しみだけが残り何も考えられません。

中絶という事実を受け入れるには膨大な時間が必要になります。

後悔しても命は戻らないということを痛感し、痛みとともに生きていく覚悟を持たなければいけなくなることに悔やむのです。

どれだけ本気で好きになっても手に入らない相手だと痛感している

不倫した女性が後で深く悔やんでしまう理由は、どれだけ本気で好きになっても手に入らない相手だと痛感しているというものがあります。

女性は恋愛に対して受動的な人が多く、不倫恋愛においても「成り行きで始まった」「気になる既婚男性から誘われたから嬉しくてつい…」など相手の男性がきっかけで始まることも少なくありません。

しかし、女性は恋愛に対して全身全霊で愛情を注ぎこむ人も多いので、いけないと思いつつも関係が続くにつれて本気度が高くなってしまうこともしばしば。

会うたびに好きになり、会えないことが辛くて、いつも一人になると泣いているのに、連絡があると飛び出して行ってしまう、ということを繰り返すことで抜け出せなくなっていきます。

どれだけ本気で好きになっても、相手は結婚している人です。

家族が待っている家に帰るのは当たり前のことで、止めることが出来ないことがまた辛さを助長させます。

手に入らないことの苦しさ、彼のもとに行ってしまうことを止めることが出来ない心の弱さを痛感し、深く悔いが押し寄せるのです。

不倫をしたという事実が自分の正義に反している

不倫した女性が後で深く悔やんでしまう理由は、不倫をしたという事実が自分の正義に反しているというものがあります。

実は、真面目な女性であっても不倫をすることがあるのです。

自分の人生に恥じないよう、お天道様に顔向けできることを生きがいにしている女性であっても、恋愛においては道理が通らないことをしてしまうも…。

不意打ちのキス、憧れから愛情への変化、頭で倫理に反すると理解していても心が彼を求めてしまう、という矛盾に自分の中で整理が追い付かなくなってしまいます。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

「どうして私は不倫なんてしているの」「相手の家族の気持ちを考えたら続けるなんてできないはずよ」と自分を責めながらも会いに行ってしまい、一緒にいると「次こそは会いに来ない」と後悔と決意を繰り返すことに疲れを隠せません。

「私は不倫をしたいわけじゃない」「こんなの間違ってる」と自分の正義に反することを止められない自分を責め、感情をコントロールできなくなってしまいます。

奥さんにバレて修羅場になった

不倫した女性が後で深く悔やんでしまう理由は、奥さんにバレて修羅場になったというものがあります。

不倫で後悔するパターンの多くは、奥さんにバレてしまうことです。

どんなきっかけで既婚者の男性の奥さんにバレてしまうかは、予想することは出来ません。

バレないと思っていても、勘が鋭い奥さんであればバレてしまうし信用されていない夫であれば監視されています。

浮気相手の女性としては、最新の注意を払っていても、不倫がバレた時に悪者にされるのは女性の方です。

奥さんにとっては敵でしかないから。

修羅場を迎えてしまってから「こんなことなら初めから不倫なんてしなければよかった」と後悔しても遅いのです。

また、修羅場を経験して後悔するにはもう一つの理由があります。

奥さんにバレたことで既婚男性の本性を見てしまうからです。

「アイツが誘惑してきたんだ」「俺はやめようって言ってるのにあの女がいつも押しかけてくる」など二人で愛をはぐくんできたはずの不倫が、一方的に悪者にされてしまうことで興醒めします。

不倫を止めたいのにやめられない負の連鎖が続く

不倫した女性が後で深く悔やんでしまう理由は、不倫を止めたいのにやめられない負の連鎖が続くというものがあります。

不倫の恐ろしいところは自分の意思で辞めることが難しいという点です。

女性側は「もう不倫を止めたい」と思っていても、既婚者からの連絡があれば「放っておけない」と思ってしまったり「必要とされている」と感じてしまったりすることで、離れることが出来ません。

愛情よりも情で一緒に過ごしている不倫カップルが多いのも事実です。

奥さんとの夫婦仲が悪いことを知っていて、彼には居場所がないことを分かっている浮気相手にとって、彼が落ち込んでいる姿を見れば「癒しが必要」と世話を焼きたくなってしまいます。

激しい夫婦喧嘩を繰り返している既婚者が、「家を追い出された」と言えば「行くところがなくて困ってるんでしょ」と家に泊めてしまうのです。

長い不倫関係から情を持ってしまった二人は、不倫を止めたいと思ってもやめれない負の連鎖に突入し、依存関係となっていることを不満に思いながらも関係を続け後悔します。

不倫を後悔して辛い時に心を整理する方法

相手の環境を冷静に書き出す

不倫を後悔して辛い時に心を整理する方法は、相手の環境を冷静に書き出すというものがあります。

不倫をしている時には、二人のこと以外には興味を持たないことが特徴です。

家庭を持っていると知っていても、その詳細について知ろうと思うことはありません。

知ってしまうと不倫を続けることが出来ないと、心のどこかで分かっているからです。

そんなあなたが後悔で辛い思いをしているのなら、一度きちんと相手の環境を紙に書きだしてみましょう。

相手の名前、年齢、勤め先、肩書き、家族構成や年齢、持ち家か借家か、彼がどんな性格か、子供の進学はどうなっているのか、分からない部分は彼にそれとなく質問するなどして細かい情報を書き込んでいくのです。

すると、なぜ彼があなたと不倫をしているのか見えてきます。

彼が進むべき道も見えてくるはずです。

不倫をしたことを後悔しているのであれば、彼やその家族が進むべき道に戻れるよう応援すること。

既婚者の彼が家庭から逃げているだけだと、相関図から見て取ることが出来たら、静かな気持ちで関係に幕を下ろすことが出来ます。

大学のキャンパスを散歩する

不倫を後悔して辛い時に心を整理する方法は、大学のキャンパスを散歩するというものがあります。

不倫という不毛な恋をして後悔をしているあなたに今必要なのは、夢や希望を抱く明るい眼差しです。

あなたの心を明るく前向きにするためには、大学のキャンパスを散歩する事をお勧めします。

大学は出入り自由な場所です。

大学の学食を食べる事も自由なので、意味もなく行くことに抵抗があるという場合には、学食を食べに行きましょう。

大学のキャンパス内を歩く大学生は、自分のこれからの人生に夢や希望を抱き、未来がキラキラと輝いて見えているはずです。

そんな大学生の姿も、今のあなたはまぶしくて直視できないと感じます。

しかし、だからこそしっかりと目を開いてその若者たちを見つめましょう。

彼らは「不倫をして後悔する」なんていう未来を思い描いている人は、一人もいません。

若者たちが思い描く未来の、先を歩いていなければいけないのが大人です。

大学生たちが憧れる大人になるために、今一度気持ちを引き締める覚悟が出来れば、後悔の気持ちを整理し、自分らしい人生のための一歩を踏み出すことが出来ます。

卒業アルバムを見返してなりたかった自分を思い出す

不倫を後悔して辛い時に心を整理する方法は、卒業アルバムを見返してなりたかった自分を思い出すというものがあります。

あなたは、なりたかった自分になっていますか?

不倫相手と出会う前までは、よほど強い不倫願望がない限り「自分が既婚者と付き合うなんて想像もしていない」という人がほとんどです。

不倫願望を持っていたとしても、後悔すると分かっていれば初めからしなかったはず。

卒業アルバムに映る自分の姿は、誰よりもあなた自身の心を揺さぶります。

「本当に今のままでいいの?」「間違ったことをしたのなら正さないと」「後悔しないように生きて」と無言の過去の自分がたくさんのメッセージを送ってくれるからです。

自分の心を整理するには自分自身と対話することが一番。

後悔している現状をどうにかしたいのなら、過去の自分と向き合いこれからの自分のことを決める事です。

実家に帰って親の愛を感じる

不倫を後悔して辛い時に心を整理する方法は、実家に帰って親の愛を感じるというものがあります。

両親の愛を感じることは、自分自身を大切にする手段にもなるからです。

一人暮らしをしているのであれば、実家に帰って母親の手料理を味わいましょう。

実家暮らしをしているのなら、しっかりと親の顔を見つめ、ゆっくりと会話をする時間を取ります。

母親の手料理を食べながら、会話をすることで今まで育ててくれたことが当たり前ではないことに気が付くはずです。

もちろん親はあなたに対して「不倫して欲しい」など間違っても願うはずはないし、不倫をして後悔していることを知れば「今すぐに離れなさい」というに決まっています。

正直に親に不倫の事実を話さなくてもいいのですが、親の愛情を感じることで自分がいかに親に顔向けできないことをしたのか実感するに違いありません。

後悔している現実を受け止め、親に恥じない生き方にシフトするために心の整理が進みます。

既婚者の彼の写真を見て思い切り泣く

不倫を後悔して辛い時に心を整理する方法は、既婚者の彼の写真を見て思い切り泣くというものがあります。

心を整理するためには、辛い気持ちを抱える原因となる対象を目の前にして感情を解放する事がスムーズに進む方法です。

不倫をしたことで悲しみを抱え、トラブルへと進展し、後悔する事になったのなら、不倫相手ときちんと決別することで乗り越えることが出来ます。

「今さえよければいい」と関係を続けてきた既婚者の彼の写真を見ながら、過去に交わした会話をすべて思い出し、過去のことへと昇華していくのです。

涙を流すという行為は、心の浄化になります。

感情をすべて吐き出すことで、気が付かないふりをしてきた心の傷も、相手のウソも、自分への偽りも、全て正面から受け止めることです。

我慢しないことが心の整理には一番必要なこと。

不倫をしたことで、少なくともあなたは傷ついてきました。

周りの人も巻き込んで傷つけあいを広げてきたわけです。

自分がしてきたこと、既婚者の相手がしてきたこと、全て思い返し涙とともに洗い流しましょう。

家族や不倫相手など傷つけた人に対して不倫の罪をつぐなう方法

自分の人生に真摯に向きあい本気で幸せになる

家族や不倫相手など傷つけた人に対して不倫の罪をつぐなう方法は、自分の人生に真摯に向き合って本気で幸せになることです。

不倫で傷ついた人に何をしても傷を広げるだけ。

どんな言葉も傷つけた事実を消せるものではありません。

不倫をしたことに対して後悔しているのであれば、あなた自身に対しても失礼な事をしてきた証拠です。

後悔は成長を生み出すものですが、人を傷つけてまですることではないのは明白。

命を全うするためには、一瞬一瞬過ぎ去る時間を大切に使うということです。

自分の人生は、何を使命として生きるのか、何に喜びを見出すのか、胸を張って生きていることを誇ることが出来るか、きちんと向き合うきっかけにしましょう。

これから未来を生きるために、自分の人生に真摯に向き合い、心から「生きていることが幸せ」と言える人生を歩むための人生設計をしていきます。

あなたが幸せになることで、傷つけてきた沢山の人もようやく前を向いて歩くことが出来るようになるはずです。

相手の幸せを願い一切連絡を取らない

家族や不倫相手など傷つけた人に対して不倫の罪をつぐなう方法は、相手の幸せを願い一切連絡を取らないことです。

相手の幸せを願うことは不倫を後悔しているなら必ず実践して欲しい項目。

既婚者においても独身の浮気相手においても、後悔するほどのことをした自覚があるのなら、相手の幸せを願って身を引くべきです。

お互い合意の元でも、まだ完全に終わっていない関係であっても、自ら身を引くことで関係を終わらせることが出来ます。

肝心なのは、一切連絡を取らないこと。

連絡を取ってしまうと、またダラダラと関係が続いてしまいがちな不倫は、相手の幸せを願うことで予防線を張ることが出来ます。

どれだけ連絡をしたい衝動に駆られても「幸せになってもらいたいなら連絡をしちゃダメ」と明確な理由を持っていると、踏みとどまる原動力になるのです。

傷つけた人を再び傷つけてしまわぬよう、二度と二人の関係を復活させてはいけません。

慰謝料を支払い金銭面で誠意を示す

家族や不倫相手など傷つけた人に対して不倫の罪をつぐなう方法は、慰謝料を支払い金銭面で誠意を示すことです。

既婚者が不倫相手を傷つけたことを償うためには法律に準ずるという方法があります。

不倫関係は立派な民法違反です。

既婚者は配偶者以外と不貞行為を行ってはいけないと記されています。

慰謝料とは精神的な損害の賠償金です。

不倫の慰謝料、離婚の慰謝料など傷ついた人との関係によってその種類は様々。

請求されればきちんと弁護士と相談し、誠意をもって対応できるように努めるべきです。

金銭という数字で見ることが出来るものは、誠意を目で確認できるものでもあるので、いくら言葉で傷つけたことを謝ったところで、慰謝料請求されたことに対しては一切対応しないという態度をとれば、反省しているとはみなされません。

傷つけた人に罪を償うためには、反省していることを態度で示すことが重要です。

金銭として示すことが出来るのであれば、誠心誠意対応して反省を示しましょう。

傷つけた家族に不満を持たせないよう生活水準を上げる稼ぎをする

家族や不倫相手など傷つけた人に対して不倫の罪をつぐなう方法は、傷つけた家族に不満を持たせないように、これからの生活水準を上げるための稼ぎをすることです。

家族を傷つけたことを償うには安心した生活を送ってもらう土台を作ること。

生活水準が上がれば、心のゆとりにもつながります。

今の生活よりも質の高い生活を手に入れるためには、同じように働いていたのではいけません。

必死で成長し努力し、時間管理をして稼ぎを上げなくてはいけないからです。

この行動は、再び不倫をする抑止力にもつながります。

家族は不倫をされる心配もなくなり、我慢をする生活もなくなり、質の高い教育と余暇時間を楽しむことが出来るようになるはずです。

家族にゆとりのある暮らしを提供するのが、後悔する不倫をしてしまった人の償い方であり、誠意の見せ方と言えます。

一瞬にして崩れてしまった信頼は、時間をかけて構築していくしかないものです。

長い時間をかけて、家族に罪を償いながら時間と金銭という価値あるものを提供していくことが大切になります。

離婚した後は調停で決まったことを必ず遂行する

家族や不倫相手など傷つけた人に対して不倫の罪をつぐなう方法は、離婚した後は調停で決まったことを必ず遂行することです。

不倫が原因で離婚となった既婚者は、家族に対しても不倫相手に対しても何らかの処分が言い渡されているはず。

子供がいる場合、親権問題などもあるので調停離婚に進む場合が多く、裁判所が関与してきます。

子供の親権、面会日、養育費、生活費、慰謝料など調停で決まった様々なことを、守らない人がいることも事実。

しかし、それでは全く反省していないことと同じ。

また同じ過ちを繰り返してしまう可能性も高くなります。

しっかり反省して、自分が関わった全ての人を傷つけてしまったという自覚があるのなら、調停で決まったことを必ず遂行する覚悟を持ちましょう。

最初の頃にはきちんと守っていても、時間が経過するとルーズになってしまうのが人間の弱いところです。

時間が経過しても、いつまでもきちんと約束事を守り抜くことこそが誠意であり、罪を償うということ。

後悔した気持ちを無駄にしないためにも、自分に厳しく過ごしましょう。

不倫を後悔する苦しみを味わったならきちんと反省すること

不倫をしている時には楽しさや快楽が勝っていても、後から後悔してしまうカップルは珍しくありません。

後悔先に立たずという言葉があるように、後から気が付くからこそ心に深く傷を負うことになります。

不倫の後悔は、自分だけが傷つくだけではなく関わっている人全てに迷惑がかかる行為であり、今後の人生を大きく変化させることにもなりかねないことです。

不倫を後悔する苦しみをあじわったなら、きちんと反省して行動で表しましょう。

家族にも不倫相手にも未来があるということを理解し、誠意を持つことが大切です。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事