10年前に別れた元カレから突然連絡が…連絡してくる理由や連絡への対処方法を紹介!
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を鑑定結果をもとにお伝えいたしますね。

「10年前に別れた元カレから突然連絡があったんだけど、何の用事か分からなくて怖い」「どういうつもりなのかを知って、対策を学んでおきたい」と、対応の仕方の正解を求めているあなた。

ずっと昔に別れた人から連絡があると、理由が気になったり本音を探りたかったりするものです。

破局からの年月が長いほど、対応に悩んでしまうものですから、今回は10年前に別れた元カレから突然連絡が来た時の対処法をご紹介していきましょう。

離れていた分、ちょっとした気持ちの掛け違いでトラブルになってしまう可能性もありますから、お互いの生活を壊さないように大人な対応が出来るように、知っておくべきです。

目次

10年前に別れた元カレから突然連絡が…連絡してくる理由は?

現状がうまく行っていない

現状が上手くいっていない時、よく知っている人の声を聴きたくなることがあります。

人生、山あり谷ありですから、何でも経験する事は必要です。

いつでも上手くいく事ばかりではありませんから、困難を乗り越える気力がいることもあります。

気合を入れて乗り越えようとしている時や、何をやっても空回りして元気がなくなってしまっている時には、心を赦している人の声を聴いて「安心したい」という願望が沸き上がってくるものです。

元彼女は、安心感の代表とも言える存在。

上手くいかなくなった時、「大丈夫だよ」「出来るよ」と「きっとポジティブな声掛けをしてくれるだろう」と期待して、連絡をしてくるのです。

あるいは、自分のことをよく理解してくれている人だからこそ、どうして今の状態に陥っているのか冷静かつ客観的に見てくれると思っているかも知れません。

「悪い所があるなら修正したい」「長所と短所を知っている人だからこそ、指摘して欲しい」と願って連絡をしてきている時は、自分としっかり向き合おうとしているタイミングと言えます。

現状を自慢したい

久しぶりに連絡があった時には、別れてからカレ自身に変化が起こっていて、今の状況を自慢したいという心理状態にある時というケースがあります。

誰だって、自分が良い状態にある時や運気上昇を体感している時などは、ポジティブで積極的になり、少しでも周りの人に知らせたいと思うものです。

親しいと思っている人ほど、心理面の変化を伝えたい気持ちが大きくなりますので、現在仲のいい友達や周りの人には、既に話をしているはず。

元カノという存在は、過去の自分を知っている貴重な存在です。

昔と今を比べてもらえる、絶好の相手ですので、長子が良い自分を知らせたくて仕方がありません。

久しぶりであろうが、「ちょっと聞いてよ」と勢いで空白の時間を乗り越えることが出来ますので、気負うことなく連絡をしてきています。

久しぶりの連絡には様々な心理が隠れていますので、こちらの記事でもたくさんご紹介していますので参考にしてください。

元彼だけでなく、男友達のケースも含まれていますので、関係性を振り返りながら相手の気持ちを探る事が出来るはずです。

たまたま思い出しただけ

たまたま、ふと思い出しただけで声をかけてくるケースもあります。

長い期間、会ったり電話をしたり、メッセージのやり取りなどがなかった場合、多くの人は「なんて思われるかな」「迷惑ではないかな」と躊躇してしまうことが多いです。

ところが、中には何も気にすることなく「思い立ったから」というきっかけで、抵抗なく連絡をしてくる人もいます。

あなたの元彼もこちらのタイプであれば、何かを目にしたり考え事をしていたりした時に、ふと姿を思い出して、「何をしているのかな」と知りたい願望を満たすために、聞いたにすぎません。

周りの目を気にする人ではないので、全く下心はないと考えられます。

思い出の場所に通りかかったり、周りの友達との会話であなたの名前が上がったり、似た人を見かけたというだけでも、思い出すことがあるはずです。

何をしているのか聞いたところで、その後どうしたいという気持ちもないので、その後の流れややりとりは、実際に行動に起こした後の状況に任せるスタンスとなります。

後悔している

交際当初の事を後悔している場合には、時間を空けてから声をかけてくることもあります。

別れてすぐの時には冷静さを欠いているので、思考もぐちゃぐちゃだったり、怒りや混乱の方が大きかったりして、とにかく遠くに離れることを意識するものです。

実際に顔を見たり声を聴いたりしなくなってからは、時間の経過とともに心も整理されて、冷静さを取り戻していきます。

冷静になると、一つの出来事でも様々な角度で見れるようになり、当時は気が付かなかった相手の気持ちや行動も徐々に理解が出来るようになることも。

「あの時の言葉は、こういう意味だったのかもしれない」「あんなに支えてくれていたのに、自分の事しか考えられていなかった」と後悔が沸き上がってくると、居てもたってもいられなくなります。

「どうにかして気持ちを伝えたい」「元に戻るとかは別として、もう一度話をして、お詫びをしたい」など反省が込み上げてくると、直接会ったり声を聴いたりしたくなるものです。

男性のタイプにもよりますが、気持ちがこみ上げすぎて、いきなり「ごめん」とメッセージを入れてくることもありますが、最初は何でもない会話で様子伺いからしようとする人が多いので、「元気?」や「久しぶり」など、何でもないかけあいからスタートします。

エッチを狙っている

元彼女という立場の人に対して軽く見ているタイプの男性であれば、エッチを狙って来る人もいます。

一度体を交わらせた人は、もう自分のモノだと勘違いしている人もいるものです。

男の人は、愛情がなくてもセックスが出来ますし、欲求不満の時には体が辛くなるので、一人で性欲処理をすることも普通のこと。

できれば、実物の女性の体に触れたいと思うのは自然な欲求ですので、元カノとの関係性や見方によっては、「対応してくれる相手」と判断されているケースもあるのです。

女性にとっては、とても失礼な話ではありますが、セックスが好きなカップルだったのであれば「別れているけど、いいでしょ」と娯楽の一つとして提案してくることも。

女性にも性欲はありますし、その人との体の相性が良かったのであれば、誘われればつい「付き合っていなくてもいいか」と思ってしまう人がいるのも事実です。

寂しい

寂しさに耐えかねて連絡をしてきたというケースも、珍しい事ではありません。

男の人は、強くたくましいイメージを持っている女性も多いですが、繊細で寂しがり屋な人が多いものです。

一緒に居た時間がとても充実したものだったのであれば、離れた事で急激に寂しさが込み上げて、一人では対処できなくなってしまうということもあります。

交際時、少しでも長くいようとしていた人やこまめに連絡をしてきた人などは、彼女のことを心配するタイプの時もありますが、自分の寂しさを紛らわせるためにマメになっていた可能性もあるところです。

「最近、どうしているのか聞こうと思っただけ」など、冷静さを装っていても、心の中は相手から反応があった事で満たされています。

「何か理由がなければいけない」と思っている人が多いので、急ぎではなくてもわざわざ口実を作って連絡をしてくるケースが多いといえるはずです。

一人の女性に尽くす人、彼女がコロコロ変わる人と相反するタイプのように見えるこの2パターンは、寂しがり屋という共通点があると言えます。

友だちになりたい

時間が経過したからこそ、友達になりたいという気持ちで連絡をしてくることもあります。

友達以上恋人未満という言葉もあるように、どの距離感がベストなのか分からない時もよくあるものです。

付き合ってはみたけど、恋人としては上手くいかなかった場合には、「やっぱり友達のままの方がよかった」「適度な距離感が必要だった」と気が付く事も。

別れてすぐ友達に戻れる二人もいますが、元カノという存在感は、なかなか心に大きな影響を与えるものです。

かなり時間が経過して、お互いに違う環境になっていることを分かっているうえで、改めて「今なら友達になれると思う」「あの人と一緒にいると楽しいから、出来れば付き合っていたことも忘れて友人関係になりたい」と思いがこみ上げてくると、久しぶりの連絡をしてくることがあります。

時間が経過しているからこそ、付き合っていた頃の事も都合よく忘れられていたり、上手くいかなかったことも改善出来ていたりするので、いい関係性を作れると言えるところです。

10年前に別れた元カレから突然連絡が…まさかの理由

エッチしたい

10年も経過して、まさかの理由がエッチ目的というケース。

音信不通になっていたのにふと思い出したのは、お酒のせいなのか落ち込んでいて体で癒してほしいからなのか、元カノとの営みだったわけです。

あなたとのエッチが心地よかった記憶があったからかも知れませんし、心許した人だからこそ温もりで包み込んでほしいと思ったということもあります。

とっくに交際が終わっているからこそ、体だけの関係として申し出がしやすいという心理状態でもあるはずです。

「知らない仲ではないし、今さら本気の恋愛にはならないから後腐れなくていい」と思っているのであれば、一夜限りの娯楽やもう誰かと付き合う事を諦めたからこそ、セフレとしていてほしいと願っていることが根底にあります。

こちらの記事では、元彼からホテルに誘われた時の断り方や誘いを受ける時の注意点について、具体的にご紹介していますので、どう対応していいか悩んでいる時のヒントになるものです。

対応を学んでから、望みの関係性に持ち込めるよう主導権を持って進めていきましょう。

マルチの勧誘

かなり久しぶりに電話やメッセージがあった場合、マルチ商法の勧誘であるというケースもあります。

マルチ商法自体は、きちんとコンプライアンスさえしっかりしていれば違法な取引ではありません。

基本的に、世の中の商売は全て営業が必要ですから、その他の売買や取引と同じです。

しかし、店舗を持たなかったり個人間でビジネスを行えるというメリットがあることから、暴走しがちな人が現れるのもマルチ商法のデメリット。

久しぶりに連絡を取り合って、関係性を築いてからお互いのビジネスについて話をしていくのは、ごく自然な事ではありますが、暴走しがちな人であれば、いきなり契約書を持ち出されたり告知もなく取引会場に連れて行ったりする人もいるので、こうなると違法です。

元彼が惚れこんだ会社や商品であれば、「聞いてみたい」と思うのも元カノの心理ではありますが、嘘や隠し事があるようであれば巻き込まれないようにガードを固める必要もあります。

「ビジネスに関連する身分を名乗っているか」「何を目的として誘っているかを明確にしているか」をポイントに相手の言葉を聞いて確認しましょう。

現在の仕事の営業

現在、カレが携わっている仕事の営業で連絡をしてくることもあります。

先ほどもご紹介したように、世の中のサービスは営業が無ければ運営が回りません。

自動車ディーラーも飲食店も保険も建築も、大企業から中小企業も全て、ニーズを拾い上げて必要な人にプレゼンテーションを行って、提供するという流れです。

店舗を構えるだけで勝手にお客様がやってくる仕事ばかりではありませんから、チラシを撒いたり紹介をお願いしたり、クーポンを配るなどして新規顧客を開拓します。

久しぶりに連絡をしてきたカレも、自分の携わっている仕事の新規開拓をしている中で、ふと元カノであるあなたの姿が思い浮かんだはずです。

「騙そう」とか「いいカモだ」と思っているような腹黒い人であれば、話を聞く必要もありませんが、一生懸命仕事に取り組んでいたり成績を上げるためにチャレンジしていたりするのであれば、応援するのもいい関係を築く一つの方法と言えます。

結婚したことの報告

元彼が10年も経過しているのに連絡をしてきたのは、自身が結婚したという報告をどうしてもあなたにしたかったという理由の時もあります。

交際していた時に、結婚の話が出ていたり、思わぬ事がきっかけで別れてしまったけど一緒になるつもりだったという場合には、「あの子に報告したい」「自分は幸せになると伝えたい」という気持ちが強くなるものです。

報告義務とまではいきませんが、幸せになる事を伝えることで、あなたにも幸せになって欲しいと伝えたいと願っています。

離れても大切な人だからこそ、「自分は幸せには出来なかった」という後悔が生まれているものです。

結婚が決まった時に、一番に報告したくなるのが大切な人。

親友や親兄弟、そして深い関係性の友人などです。

元カノであるあなたに「知らせたい」と思ったのは、よほど大事な人だという心理が隠れています。

ずっと連絡をしてこなかったのも、別々の道で頑張っているから幸せになれていると信じたかったからです。

それぞれの道で、どうなっているのか知りたいという意味でも、結婚のタイミングで声を聴きたくなります。

結婚を本気で考え始めた時の復縁目的

結婚を前提とした復縁目的でも、空白の時間をものともせずアプローチしてくることがあります。

長い間離れていたことで、それぞれ同じように年齢も重ねてきているところです。

ずっと忘れることが出来なかった人でも、引き戻す事は出来ないという葛藤と戦っていたはず。

それでも勇気を振り絞って電話をしてきたのは、いよいよ覚悟が決まったからです。

今さら1からの恋愛を始めるつもりはなく、お互い年を取ったからこそ、いきなり結婚を考えてのアプローチとなります。

恋愛と結婚は別と言いますから、「ラブラブやイチャイチャするのは向いていなかったけど、一緒に居て居心地がいい」と感じていた人なら、ステップを踏まずにすぐ家庭を持つ方が自分達には向いていると考えるわけです。

家族となれば、落ち着いた関係性で過ごす事が出来ますし、信頼が大前提にありますから疑ったり不安になったりという事も少なくなります。

ありのままの自分でいられる人を10年探し続けて、やはりあなたがいいと判断したと言えるのです。

10年前に別れた元カレからの突然の連絡にはどう対処すべき?

無視

放置しておいてほしい時の男性心理3

無視という対応策が一般的です。

相手の目的が分からなければ、懇切丁寧に対応する必要もありません。

付き合っていたのはもう一昔前なわけですし、元々血縁関係でもないのですから、今の生活を大事にすればいいのです。

連絡が入ってきたときに、あなた自身がどう感じたかが大事であって、感情に素直に対応するのがベスト。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

何も感じなかったり、不快感を抱いたりしたなら、そのまま無視をしてやり過ごしましょう。

反応しなかったからといって事態が急変するわけでもありません。

突然連絡してきたのは向こうですから、「返事がなくても仕方がない」くらいに思っているはずです。

わざわざ相手の気持ちまで考えて、「放置をしたらかわいそう」「連絡をくれたんだから、応えるのがマナー」と思っていても、対して喜んでもいないのに「久しぶりに連絡をくれて嬉しい」と嘘を吐く方が不誠実と言えます。

「何?」「用事でもあるの?」と不愛想に対応するのも、無視をするのも同じです。

自分から話をしたいと思わないのであれば、対応しないという方法も選択肢の中に持っていていいことを覚えておきましょう。

復縁を考えていたなら返信する

あなた自身が、連絡をくれた元カレと復縁したいと望んでいたなら、関係性が良くなるように考えて返信しましょう。

もしかすると相手は、本当に何も考えずに思い出したからという理由で電話やメッセージをくれたのかもしれません。

しかし、やり直したいと思っているあなたにとっては千載一遇のチャンスです。

ここで、楽しい印象を残したり女性として魅力がアップしたと感じてもらえたりしたなら、再会のチャンスも出てきますし、上手くいけばやり直すところにまでたどり着ける可能性もあります。

言葉の一つ一つが大事になってくるところです。

相手の気持ちを汲み取り、「電話をしてみて良かった」と思ってもらえるような対応を心がけましょう。

こちらの記事では、元彼の方が復縁を望んでいる時のサインについて学ぶことが出来ます。

相手の想いに気付いた時にとるべき行動まで具体的に紹介していますので、しっかり読み込んで、チャンスを掴んでください。

恋愛は、全て相手の気持ちをいかに汲み取れるかが勝負です。

お互いに思いが一致できるよう、心と体を整えていきましょう。

よりを戻す気がないならしっかりと伝える

あなた自身、カレとよりを戻す気がないなら、しっかりとありのままの思いを伝えましょう。

やり直したくないと思っているのに、相手の要求を全て受けていると、本当の気持ちが分からず「今度こそ上手くいくはず」と期待をさせてしまいます。

嫌いにならない限りは元彼に対して冷たく接するのは難しいところですが、優しく受け入れるばかりが良いとも限らない事も覚えておくべきです。

わざわざ突き放すような態度をとる必要はありませんが、恋愛をするつもりはない事やただ対応しているだけという事実を伝えておくだけで、相手の男性も節度を持った態度をしてくれます。

相手も立派な大人ですから、復縁をするつもりがないけど対応するということが分かったとしても、激怒したり拗ねたりするようなことはないはずです。

相手の態度が変わったりあまりにも失礼な様子であれば、そこから無視をするという方法も取り入れても構いません。

どんな要件だったとしても、紳士的な態度を見せてくれるかどうかは、ポイントです。

淡々と用件を聞く

淡々と用件を聞く態度を見せるのも、大事なところです。

大人として相手の言い分や要件を聞いてもいないのに、突き放す態度をとるのは、礼儀がありませんし、トラブルにも繋がってしまいますから、節度を持って対応するのはマナーと思っておきましょう。

伝えてくることに全部感情移入していると、疲れてしまいますし自分のペースが乱れてしまって我慢ばかりの関係性になってしまいますから、淡々と用件だけをしっかりと聞いてから、対応するかどうか考えるようにします。

電話でもラインでも、冷静に対応することを意識する時には、敬語を使う事がお勧めです。

あまりにも丁寧な敬語を使うと、付き合っていた程の相手ですから違和感しかありません。

少し、距離を取る為の敬語ですし、一人の人間として接する時の敬意でもありますから、わざとらしくない程度に上手に取り入れましょう。

会社の上司や先輩に対する敬語くらいのイメージで使うと、堅苦しすぎずに聞こえるはずです。

久しぶりに連絡をしてきた元カレの本音を見抜くための判断基準

連絡してきた内容が重要かどうか

連絡してきた内容がどの程度重要なのかで、相手の本音を見抜くことが出来ます。

まずは、挨拶程度のやりとりから始まるのが通常ですから、しばらくは相手の伝えたいことが出てくるまで、受け答えに徹するようにしましょう。

目的がある時には、早い段階で話題を振ってくるはずですから、「これか」と分かるはずです。

5回以上会話のキャッチボールが続いても、何の用事か分からない時には、切り出しにくくなっているケースと、本当にただ思い出しただけという時とがありますから、率直に聞くのもアリ。

「急に、どうしたの?」「何か言いたいことがあった?」と聞いてあげると、切り出しにくかった場合には、用件を言い始めます。

本当に何もなければそのように伝えてきますし、本題に切り替わった時にその内容の重要度を見極めることが出来るところです。

体目的や復縁が目当てであれば「吞みにいかない?」「ご飯に行こうよ」と直接会えるように誘ってきます。

仕事関連であれば早く結果に結び付けたい心理が大きいので、すぐご案内をしてくれるわけです。

身体目的であるかどうか

身体目的かどうかは、しっかり見極めてから対応しましょう。

一昔前とは言え、お付き合いをしていた相手ですから言葉の癖や会話の流れから何を言いたいのかを掴むのは、ただの知り合いよりはグッと楽なはずです。

相手にとってあなたは元カノなわけですから、身体目的であれば率直に誘ってくることもあれば、恋愛関係の聞き出しをしてくるケースもあります。

男性は、あなたから「寂しい」や「癒されたい」という言葉が引き出せれば、すぐにでもエッチに持ち込めると考えていますから、どうにかして言わせようとする質問ばかりしてくることも。

いくら年月が経過していても、何でも言い合えるような関係であれば、ストレートに誘ってくるケースもありますので、相手の真意を拾い上げる意識で言葉を受け取りましょう。

元彼という立場ですから、あなたを元気づけようとして冗談を含めてエッチに誘うこともありますので、その場合は本気に受け取らなくても大丈夫です。

「慰めてよ」などと誘ってくる場合には、根底に寂しさを解消したいという願望が隠れていますから、体以外の方法で癒すことを提案するのも優しさと言えます。

返信スピードはどうか

返信してくるスピード感も注目してみましょう。

ふと思い出したからといって連絡してきた場合でも、ワクワクして「久しぶりにやり取りが出来て嬉しい」と思っている時には、すぐに返信してくるものです。

あなたの言葉を待ちわびて、レスポンスが来るのが楽しみになっているので、掛け合いそのものを楽しんでいます。

連絡してきたものの、返事をしてもそのまましばらく何も動かない、質問が来たから答えたのに反応がない、などの時には重要度が高くないか、本音を隠そうとして言葉を選んでいる可能性がありますので、スピード感からも本音を見つけることが出来るわけです。

あまりにも返信が遅いと感じた時には、「どうしたのかな」と心配するのも不要ですから、「また来た時に返事をすればいいや」と気楽に構えておくことがストレスを溜めないポイントとなります。

相談事やお願い事など、真剣な用件ほどラインで済まそうとせず、直接会ったり電話に切り替えたりしますので、いつまでもメッセージ上だけで終わらそうとしているなら、あまり気負うことなく対応することがベストです。

要件が伝わるような言葉を使っているか

相手の誠意は、言葉からも表れます。

ずいぶん久しぶりに連絡をしてきているわけですから、何事かと思われて当然なわけです。

驚かせてしまったことや、何を目的に今回のことがあるのか、ちゃんと説明するのが誠意と言えます。

慣れ親しんでいたのはもう10年前ですから、当初の感じでいきなりフランクに来られても、対応に困るのは当たり前です。

それでも、話が盛り上がる関係性であればいいのですが、心の中で「何だろう」と不思議に思っていることに変わりはありません。

早めにちゃんと用件が伝わるように説明をしてくれるかどうかで、相手の本気度や真の目的が分かりやすくなります。

いつまでもはぐらかしているようなやりとりが続くようであれば、下心があるサインですので、早めに切り上げても大丈夫です。

言えない様な事を伝えようとする人に割く時間はありませんから、堂々としていましょう。

誠意をもって目的を伝えてくれるなら、例えビジネスの話であっても耳を傾ける価値はあります。

10年前に別れた元カレからの突然の連絡へのNGな対処方法

即返信

すぐに返信をするのは、控えておきましょう。

次々と矢継ぎ早にラインのメッセージが届くようであれば、あなたがどう受け止めるか考えずに行動しているという事が見えてきます。

すぐに返事を入れてしまったことで無視できなくなったり、相手のペースに巻き込まれたりで、後悔する事もあるはずです。

相手の人柄が表れる部分でもありますから、まずはどのくらいのところで一旦メッセージが途切れるのか、相手からの次の言葉がすぐに送られてくるかどうかなどを見てみましょう。

やり取りが始まってしまえば、なかなかこちら側から止めるのも勇気が必要です。

メッセージが届いた段階で、すぐに返事をするのではなく一旦次の行動を待ってみます。

久しぶりですから、あなたも気分が高まって「元気?」と聞きたくなるものです。

こちらが喜んでいると分かれば、もし相手に良くない考えがあった時に「騙しやすい相手」と思われてしまう事もあるので、大事なところだといえます。

旦那様に元カレから連絡があったことを報告する

あなたが既に結婚しているなら、夫に元彼から連絡があった事実をそのまま報告するのは、止めておいた方がいいといえます。

何でも隠し事をしないルールを設けている夫婦も少なくありません。

確かに、日常の中で起きているすべてを話していると、夫婦間でもすれ違いが少なくなり、話し合いの場も必要に応じても受けやすくなるのは事実です。

ただ、どの人間関係においても同じですが、何でも話せばいいというものではありません。

気分が滅入る事や相手が傷つく事をしゃべるのは、コミュニケーションとしてNGです。

元彼から連絡があったという事実を伝えることに、あなた自身は何も起きていないので悪いと思っていませんし、ただの一コマとして言いたいと思っているだけかもしれませんが、聞かされる夫としては、モヤモヤが残る出来事となります。

会ったり、次の約束をしたりと、動きがなかったとしても、自分の妻となっている人に他の男が近づこうとしている気配を嬉しいと感じる人はいないはずです。

聞いたところでどうにか出来るわけではありませんし、妻の事を信頼はしていても、やはり元彼がどういうつもりで連絡をしてきたのか気になりますし、その後また連絡があるのかどうか、気になる日々が続きます。

罵倒する

元彼から連絡が入ってきたときに、過去の様々な出来事が蘇ってきて罵倒してしまうのは、大人としてNGです。

こみ上げる感情があるのは仕方ありませんが、言ってしまえばもう10年も前の事。

罵倒されたところで、彼のプライドが傷ついてしまいますし、反省しても取り返せるわけではありませんので、「ごめん」と謝るくらいしか出来ないものです。

元カレはあなたに罵倒されるために連絡してきたのではありません。

用件があってあなたの事を思い出して連絡をしたのですから、相手の目的を果たしてあげるのも大事なコミュニケーションです。

言いたい事を言ってスッキリ出来て、「よし、リセットできた」と思ってから話を聞こうと思っても、相手からすれば切り出しにくくなっていますし、「何を言っても聞いてもらえない」という気持ちになれば、言葉を飲み込んでしまいます。

復縁の期待感を持たせる

やり取りの中で復縁に対して期待感を持たせてしまうのも、NGです。

どういうつもりなのかが分からなくても、あなたという存在がネガティブな印象ではなく、「話をしたいな」と思い出したくらいですから、柔らかい声掛けからスタートするはず。

懐かしさと久しぶりに思い出してもらえた嬉しさとで、ウキウキしてしまうのも乙女心です。

一人でルンルンするのはいいですが、「今なら上手くいきそうだよね」「どうして別れたんだったかな。後悔しているよ」と期待感を持たせると、トラブルの元となってしまいます。

相手が、何かを押し付けようと思っていたとすればいいカモになってしまいますし、「復縁を考えていなかったのにあなたがその気になった」と感じれば、期待にこたえようと考え始めるのが男の性です。

あなたがフリーで、やり直したいという気持ちがあるならいいですが、状況的に付き合う事は難しいのであれば、最初から友達として完全に割り切って対応したほうがいいといえます。

何を言われても自分のペースで、友達のスタンスを崩さないようにしていれば、恋愛感情が再燃する事もなく、付き合っていたのは過去の事として接することが出来るはずです。

「会いたかった」とノリで適当な事を言う

久しぶりで楽しくなってきても「会いたかったよ」とノリで適当な事を言うのはご法度です。

楽しくなってくると、つい思わせぶりな事を言ったり、過剰に反応したりして表現を大きくしてしまう事があります。

確かに、別れてすぐの時は会いたかった時期もありますし、しばらく経ってからも「どうしているのかな」と思い出したことはあるに違いありません。

しかし、ずっと同じ気持ちで会いたかったと思い続けていたわけではないはずです。

「会いたかった」と言葉にすると、ずっと未練が残っていて欲していたと受け取られてしまいます。

あなたの気持ちを大きく受け止められてしまうと、「寂しい思いをさせて悪かったな」「そこまで会いたがってくれていたなんて気が付かなかった」と相手に後悔を抱かせることもありますし、心の穴を埋めようと頑張ろうとしてくれることも。

対して思ってもいない事から、相手へ不要な配慮を生み出してしまいますので、過剰な表現早めておきましょう。

10年前に別れた元カレからの突然の連絡。あなたの気持ちに合った対応をしよう!

男性が女性からの好意に気づく瞬間6

時間が経過しているからこそ、新しい関係性を築く事は出来ます。

10年前に別れた元彼から突然、連絡が入ってきたのであれば、あなたがどうしたいかという気持ちを大事にして対応するのがベストです。

相手に合わせすぎるのも自分の気持ちに嘘を吐くことになりますから、素直になる事がキーポイントになります。

復縁を目指すことも出来ますし、お互いに結婚しているのなら友達として接する事も可能です。

相手が何を求めて声をかけて来たのかを見極めながら、ベストな関係性を見つけましょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2022】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事