この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「シングルマザーが元旦那と上手くいく方法はないのか知りたい」「復縁したい時には何を考えればいいのか教えて欲しい」と疑問を抱えているあなた。

生涯を共にすると決めたパートナーと夫婦になったにも関わらず、訪れてしまった終わりのせいで、好きな気持ちを持っていてもやり直してもいいのか二の足を踏んでいるなら、幸せになる方法を知ることで、一歩踏み出すことが出来ます。

シングルマザーは元旦那と復縁する事について、ご紹介していくのであなたの気持ちを整理するための参考にしてください。

幸せになれる条件や、よりを戻すと苦しむケースもお伝えするので、やり直したいと思っている元夫が、再び夫婦となるべき相手なのかしっかり見極めましょう。

「この人ともう一度同じ未来を見たい」と思ったのなら、やり直すときのルールを実践する事で、失敗を乗り越えて、ここから二人で幸せな家族を作ることが出来ますよ。

目次

旦那と別れたシングルマザーが陥りやすい悩み

子供の成長と共に父親が必要な気がしてくる

旦那と別れたシングルマザーが陥りやすい悩みは、子供の成長と共に父親が必要な気がしてくるというものです。

女性がワンパワーで子供を育てていると、必ず出てくる子供の父親問題。

子供が育つためには、母親と父親それぞれの役割や愛情を受け取ることが理想です。

母親一人で育てていると、心配しすぎたり過剰に世話をしすぎたりすることで、肝心な注意や警告などが子供の心に届かないことも起こります。

反抗期になればその影響は顕著で、イライラや反発を発散させる相手が母親に限定されることで、子供自身の逃げ場を失ってしまうのです。

シングルマザーで育児をしていると、一日中働かなければ生活が厳しいという状況も相まって、子供が遠慮したり、いい子を演じたりすることで、心に距離が生まれやすくなります。

「父親がいれば思い切り反抗することも出来るのかな」「大人の男の人に相談したいこともあるだろうな」と思い始める事で、夫の存在が必要なのではないかと悩むところです。

男の子を育てている人は特に、女性には分からない思春期の悩みや心の変化をケアしてあげたいと考える事がきっかけで、父親問題が持ち上がります。

経済的に厳しい現実を突きつけられる

シンママが陥りやすい悩みは、経済的に厳しい現実を突きつけられるというもの。

大抵の場合、離婚を考える時に経済面は吟味して決意するものですが、「一刻も早く別れたい」「この先の事はどうにかなる」と結論を早めることで、想定以上の苦難を迎えることになります。

よほど覚悟して、離婚後の事を考えて蓄えをしておかない限り、経済面の悩みは必ず出てくるといっても過言ではありません。

今まで夫の稼ぎに自身のお給料を足して、家計をやりくりしていた時には、気が付かなかった厳しさが見えてきます。

生きていくためには、家賃や水道光熱費、食費や日用雑貨代はマストで、他にも子供の学費や交通費、友達などの交際に必要なちょっとした支出もあれば、成長と共に服や靴なども買い替えが必要です。

独身の頃に一人暮らしを経験している人は、「自分一人が生活していくには、お給料だけでも十分だった」と高を括りがちですが、子供と二人分となると余裕のある暮らしは難しくなります。

いつも「お金がない」と悩むことになり、子供のしたい事を我慢させたり、習い事が出来なかったりとストレスが貯まるのです。

とにかく時間が足りない!仕事と家庭の両立

シングルマザーが陥りやすい悩みは、仕事と家庭の両立でとにかく時間が足りないというもの。

離婚して一人で家庭を守らなければいけないというのは、その分役割が増えるという事です。

生活を安定して送るためには、仕事をして稼ぎを得る事は必須となります。

少しでも高い給料をもらおうと思えば、専門的な職種を選ぶ事や労働時間を増やすのが通常です。

会社の就労時間を、朝の8時半から夕方5時とすれば、前後一時間くらいは通勤で必要となります。

子供が幼児や小学生なら、朝起きてから身支度を手伝い、朝ごはん作りやごみ捨てなどをしながら、自分の準備も整えなければいけません。

仕事は時間いっぱい拘束され、専門職なら持ち帰って業務をする事も。

保育園や学童保育へのお迎えと買い物、帰宅して晩御飯作り、お風呂掃除をしてからはすぐ入るよう促し、宿題を見て、明日の準備を整え、子供たちを寝かせます。

ご飯の片づけ、洗濯をして干し、アイロンかけや弁当が必要な人は仕込みをする事も。

1日が24時間あっても、全く足りません。

これも全て、一人で家庭を持つことによる役割の増加が原因です。

心の成長と共に「離婚の判断を早まったかな」と後悔

シングルマザーが陥りやすい悩みは、自身の心の成長と共に「離婚の判断を早まったかな」と後悔する事です。

結婚をする時とは違い、離婚するのはかなりの勇気が必要とは言いますが、後からの事を考えれば勢いをつけやすい選択とも言えます。

結婚をするには、この先一生共に生活をする上で、上手くやっていけるか長期的に考える必要があるはずです。

一方離婚する時には、「これで終わり」「後は離れるだけ」と苦難の生活の終わりを意味します。

離婚したい気持ちが高まっている時には、広い視野を持てなくなり、上手くいく方法を考えられなくなるため、後から思い返すと「もっと方法があったのではないか」と後悔する事も。

年齢を重ねるとともに、心も成長し、多くの経験を積むと「子供がいるのに、あのくらいで離婚なんて、器が小さかった」と思うこともあります。

次の恋愛に踏み出してもいいのか分からない

シングルマザーが陥りやすい悩みは、次の恋愛に踏み出してもいいのか分からないというもの。

子供との生活が始まると、最初は「もう結婚はこりごり」と思っていたとしても、やはり女として寂しさを感じたり、苦しい時期に誰かに支えてもらいたいと考えたりすることで、次の恋愛を視野に入れます。

職場や友達回りで仲のいい異性が出来ると、恋愛と育児の狭間で悩み始めるのです。

「母だけど女でいても良いかな」「子供が嫌がるかもしれないから、恋人は作りたくない」と葛藤が生まれます。

シンママとなった状況では、子供の気持ちはとても重要です。

母である以上、子供の気持ちを無視してまで恋愛をしたいと思う人はあまりいないはず。

「好きな人が出来ても、打ち明けないでおこう」「恋愛を始める時は子供に相談してから交際を始めよう」と思いつつも、次の恋愛のスタートラインに立つことすら躊躇ってしまいます。

シングルママが元旦那と復縁できる可能性の高いケース

離婚後も子供面会日を設定し必ず守っているケース

元旦那と復縁できる可能性の高いのは、離婚後も子供面会日を設定し必ず守っているケースです。

離婚後子供との面会は、揉め事になるケースも多くあります。

約束しているのに全然会おうとしない、面会日が終わっても子供を返してくれない、設定している日以外にも会いに来て困る、など。

大人がルールを守らなければ、子供はどう対応していいのか判断が出来ず、離婚した両親の事を信頼できなくなります。

精神的に情緒不安定になったり、「もう二度と会いたくない」と嫌ったりと、元夫婦の関係も悪化の一途をたどるものです。

約束事として決めた日を楽しみにして、必ずルールを守り、イレギュラーな事は育児している母親に尋ねてから行動を起こすなど紳士な態度を貫いている元夫であれば、離れて暮らしていても関係は良好になります。

離婚してはいるけれど、家族水入らずで食事をするまで仲の良さを維持できれば、今後復縁する事も夢ではありません。

夫婦であることよりも、人として大事にしたいと思えるようになった時、家族はまた新たな形に変化していくはずです。

連絡を取り合う事があり友達に戻れているケース

元旦那と復縁できる可能性の高いのは、連絡を取り合う事があり、友達に戻れているケースです。

離婚した後は、養育費は振込みで行われ、子供と会う事もないという家族も少なくありません。

一旦離れてしまえば、子供の学校行事やお祝い事なども、知る機会がなくなり、気になっても声をかけづらい状況にまでなってしまいます。

何も決めないまま離婚を決定したとしても、元夫婦の間でコンタクトを取り合う事が多い二人なら、お金のことも子供の成長の事も、何でも話し合うチャンスがあり、気軽に相談が出来るのです。

友達として、時々家族で一緒に遊んだり、二人でお酒を飲みに行ったりする関係なら、夫婦としてうまくいかなくても、必要な存在と位置づけているはず。

「仲はいいけど、また結婚する事はない」と今話していても、連絡を取り合える仲良しの状態が続いていれば、きっかけさえあればまた一緒に暮らせることもあるわけです。

元旦那が子供の成長を理解し必要な時に養育費プラスアルファのお金を出してくれるケース

元旦那と復縁できる可能性の高いのは、子供の成長を理解して、必要な時に養育費プラスアルファのお金を出してくれるケースです。

お金の問題は、どんな人間関係においてもトラブルを生み出す原因となりやすいもの。

相手に不快な思いをさせられれば、二度と信用できないほど関係がこじれることもありますが、お金が絡んでも気持ちよく繋がっていられる場合には、信頼関係を再び構築するきっかけともなります。

シンママとして育児をしていると、養育費をもらっているとしても、学費面や子供の成長に伴う突然の出費があるのは当然の事です。

宿泊研修や塾の追加、交際費、自転車や定期の購入、保険の加入などなど。

学校に行くだけの学資だけもらっていれば、すべて賄えるわけではありません。

元夫との会話の風通しが良く、必要になった費用やこれから要るであろう物資などを相談出来、相手が「要るものは買ってあげてよ」と気持ちよくお金を出してくれるなら、女性にとっても心配事が減り、父親としての威厳も保たせることになります。

「困った時には相談していい」と思える相手は、どんなことがあっても味方になってくれる信頼関係が結ばれているので、今後復縁する可能性があるのです。

別れた後元旦那がずっと一人で過ごしていて寂しいと感じているケース

元旦那と復縁できる可能性の高いのは、別れた後カレがずっと一人で過ごしていることで、どちらも寂しいと感じるケースです。

離婚の原因が浮気であれば、その後不倫相手と一緒になることもありますが、そうでなければすぐに恋人が出来るとは限りません。

離れる事で家族が幸せになると考えて出した結論なら、離婚後ずっと元夫は一人で暮らしているという事も。

一度家族を経験した人が、誰もいない部屋に帰宅し、自分のために食事を作るというのは、とても寂しいものです。

この時初めて家族の温もりを認識し、手放したものの大きさに気づき、嘆く人もいます。

元旦那がずっと一人で暮らしていて、寂しいと感じてるケースでは、元家族が集まる日は唯一の楽しみとなるハズです。

「この日のために毎日頑張っている」と子供や元妻に優しくできたり、反省を言葉にしたりと、幸せになってもらいたい事を伝え続けます。

温もりを欲している状態なので、元夫妻それぞれがしっかり反省し、改善点を見つけられたなら、復縁できる可能性もあるところです。

ケンカの勢いで離婚して後悔しているケース

元旦那と復縁できる可能性の高いのは、ケンカの勢いで離婚して後悔しているケースです。

交際中からケンカが多いカップルもいれば、結婚して初めて言い合いを経験したという夫婦も多いもの。

婚姻関係にある二人がケンカをした時に大事なのは、その後どうするかです。

単純に謝って終わりでは、実は何も解決できず、同じことの繰り返しとなり、やがては疲れ果てて離婚するケースも多くあります。

子供がいる環境では、自分の思い通り動くことが出来ない苛立ちや、責任感の重さからつい怒りの矛先をパートナーに向けてしまう事もあり、ケンカになることもありますが、受け取る側に気持ちの余裕がなければ、そのまま修羅場となる事も。

互いに譲り合う気持ちが持てないほど追い詰められてしまうと、簡単に離婚という選択肢が生まれ、実行に移してしまいます。

ケンカの勢いで別れてしまうと、「もっと子供と一緒にいたかった」「もう親になったんだから話し合いをするべきだった」と後悔するものです。

「あの時は冷静になれなかった」など、当時を振り返ることが出来、反省出来ているのなら二人はもう一度向き合う事でやり直すことも可能と言えます。

シングルマザーが元旦那と復縁して幸せになれる条件

子供は二人で育てる意識を持つ

元旦那ともう一度結婚して幸せになれる条件は、子供は二人で育てる意識を持つことです。

育児に対する男女間の考えの違いは、そのまま夫婦の価値観にずれを生み出すほど大きな問題。

特に一日仕事をすることが「父親の役目を果たしている」と考えてしまいがちな男性は、「育児は母親が主にすることが、子供にとっても幸せな事だ」と考えます。

現代ではイクメンという言葉も生れているくらい、育児に積極的な男性も多いですが、「俺はしっかり手伝っている」「休日はずっと子供と一緒に遊んでいる」というレベルではNGです。

母親が育児をしなければいけないのではなく、子供は二人で育てるもの。

手伝うという意識がある時点で、再び揉め事が起こる気配が否めません。

出来ることを分担するのが当然の事であり、休日だけでなく毎日関わることが育児なのです。

シンママとして十分育児に向き合ってきた女性だからこそ、考え方の違いを敏感に察知してしまうのは必須。

元夫と上手くやっていくには、二人で育てる意識を確認しあいましょう。

義実家とは適度に距離を保つ

元旦那ともう一度結婚して幸せになれる条件は、義実家とは適度に距離を保つことです。

子供も授かっているいい大人が、好きな人と一緒になろうが、離れようが、当人たちの問題であることに変わりはないのですが、切っても切り離せないのが両親。

一度離婚した事で、お相手のご両親はあまりいい印象を持っていないのは確かです。

例え離婚の原因が息子である元夫にあるとしても、親は自分の子供が幸せになる事だけを願っています。

結婚生活が失敗した相手ともう一度結婚するという選択は、正しいとは思えないもの。

やり直すときにご挨拶に行くのは当然ですが、以前のように深く関わったり、お願い事をしたりなどの関係性になるのは、もっと先になると覚えておきましょう。

適度に距離を保ち、今はただ自分の家族が幸せになる事だけを考えて、狭い範囲に集中する事で、時間をかけて義両親は納得してくれます。

離婚の原因をしっかり話し合いで解決している

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

元旦那ともう一度結婚して幸せになれる条件は、離婚の原因をしっかり話し合いで解決している事です。

どれだけ想いを寄せていても、「離れられない人だと分かった」と大切な人だと気付いたとしても、離婚の原因となったことを解決しないままやり直すのは、NGです。

価値観の違い、日々の生活の中で積み重なった不満、お金の問題や浮気、など生涯の誓いを破ることになった事態を、しっかりと受け止めましょう。

もう一度二人が手を取り合って夫婦となり、親として子供を育てていくためには、問題点をクリアにし、同じことが起こらないよう再発防止策まで考える必要があります。

改めて、家族になる事や一緒に生きていく事の意味を考え、支え合えるような関係を築かなければいけません。

トラブルを起こさない事は大前提ですが、困りごとや悩みが生まれた時にどう対処するか、どんな手順で乗り越えていくのか、しっかりと話し合っておきましょう。

経済の安定とライフプランを共通理解しておく

元旦那ともう一度結婚して幸せになれる条件は、経済の安定とライフプランを共通理解しておくことです。

家族が離れ、再び一緒に暮らすようになるという事は、未来のビジョンを再度共通認識としてもっておくことがベスト。

ファイナンシャルプランナーは生涯マネープランを出すことがありますが、お金の面と生活面、環境面など総合的に話し合っておくことが、共に生きていく事を意味します。

子供が〇歳の時、両親は〇歳、必要なお金、仕事の形態、住んでいる場所と節目ごとに出していき、同時に親の介護の不安や家の増改築、保険の見直し時期、などプランの中に細かく書き込んでいくのです。

当然その通りに生きることは不可能ですが、見通しを立てておくことで「そろそろ親の介護施設を探そう」「子供が自立するから引っ越し費用や自活用品の購入が必要」などあらかじめ準備しておくことが出来ます。

家の事は妻に任せっぱなしの旦那は、ライフプランが分からず、意見や価値観の違いが生れるので、共有しておくことで一緒に考えていく事が可能なのです。

子供の気持ちを大切にする

元旦那ともう一度結婚して幸せになれる条件は、子供の気持ちを大切にすることです。

シングルマザーとして育児をしてきたあなたにとって、子供の気持ちは最優先したい事項。

父親との関係が良好でも、一緒に住みたいと思っているのか、何か心に留めている気持ちはないのか、しっかりと確認しておきたいはずです。

以前の暮らしを身近で見てきた子供にとっては、いくら夫婦が話し合いで納得したとしても「もう過去のような両親を見たくない」と思っていることもあります。

親が決めた家族のカタチを強制するのではなく、子供が出来た時点で、既に夫婦だけの問題ではなく親子の問題も加わっている事を理解しましょう。

子供が遠慮するような親になるのではなく、何でも相談したり言い合えたりする親子関係が築けることで、あなた自身の幸せも手に入れられます。

シンママが元夫とよりを戻すと苦しい毎日が待っている場合

夫に父親の自覚が全くない場合

苦しい毎日が待っている場合は、夫に父親の自覚が全くないという時。

シンママとして夫と離れて生活をしてみた時、女性側は働く事の大変さや育児との両立、時間のやりくりなど全ての面において大変な面を経験しています。

一方で男性は、寂しさこそ味わうものの、物理的に体力を消耗する事が増えるわけでもなく、時間の制限はむしろ解放されるくらいで、「稼ぎ頭の俺が居なくて困っているだろう」とさえ考えているはずです。

あなたの立場に寄り添って考える事の出来ない男性と一緒になると、「やっぱり男が稼いでこそ家族はやっていける」と金銭面の苦労だけしか捉えることが出来ず、心を通わせあう事が難しくなります。

父親の自覚があれば、「もっと頼りになる親になろう」「子供が大切に思っている母親を大事にできるのは自分だ」と考えが及び、あらゆる面に気を配ることが出来るのです。

育児がどれほど心身ともに負担の大きいものか、元旦那が理解できなければ、再婚しても上手くいくまでの道のりは遠いといえます。

子供が父親の事を本気で嫌っている場合

やり直すことで苦しい毎日が待っているのは、子供が父親の事を本気で嫌っている場合です。

子供は両親ともそれぞれ好きなはずですが、育っていく環境の中で母親だけの事を愛するようになることがあります。

父親が全く家庭を顧みない、母親の事を傷付ける、子供の人権を拒絶するような言動を繰り返す、などがあれば、愛情に偏りが生まれるのも当然の事。

「お母さんを傷付ける男なんか、二度と会いたくない」「あんな人が父親なら生れなかったら良かった」と憎しみが強くなりすぎて、怨恨の念すら抱いているような場合は、いくら両親がやり直したいと思っていても、家族として再生するのは難しいといえます。

かなりの時間と労力をかけなければ、子供からの信頼を取り戻すのは出来ないからです。

「あの人と再婚するなら家を出ていく」「他の人と一緒になってもいいけど、あいつだけは許さない」など本気で嫌っている状態であれば、幸せになる為には、時間をかけて信頼を取り戻すところから始めなければいけません。

夫婦どちらか又は両方が安定よりも刺激を求めるタイプの場合

やり直すことで苦しい毎日が待っているのは、夫婦どちらか又は両方が安定よりも刺激を求めるタイプの場合です。

刺激を求めるタイプの性格が悪い、というわけではありません。

家族が生活していくのは、安心できる居場所があり、不安要素が極力少ない状態で生きていく事が出来るからこそ。

その上である程度の刺激を求めるのは、家族にとって楽しい時間を生み出します。

時に旅行に行ったり、趣味の時間をしっかりとったり、夫婦や親子の波長があったうえでの刺激は、生活の活力にもなるものです。

ところが、たった一人の刺激を満たすためだけの行動を繰り返すのは、家族にとって迷惑でしかありません。

毎日ギャンブルに出掛ける、浮気癖がある、仕事をすぐに辞めてしまう、など平坦な暮らしをしていると、つい「ふとどこかに行きたくなる」「めちゃくちゃにしたくなる」という衝動が沸き起こるタイプなら、幸せな生活を送るのは難しいと言えます。

家族は一人の刺激のために翻弄され、時間だけでなく金銭面でも制約を強いられ、犠牲にならなければいけないわけです。

常に、悩みの尽きない苦しい生活が待ち受けています。

DVやギャンブルなど夫婦だけで解決できない問題がある場合

やり直すことで苦しい毎日が待っているのは、DVやギャンブルなど夫婦だけで解決できない問題がある場合です。

いくら好きな気持ちがあっても、暴力を振るわれたり、ギャンブル癖があってすぐ借金を背負ってしまったりする人と一緒になると、我慢ばかりの日々が待ち受けています。

悪い癖を持っている人だと分かっていると、一度離婚して離れる事が出来たのに、また一緒になる事で、周囲からの協力も得られなくなるのです。

「分かっているのに戻ったんだから、自業自得」「ダメな人だって知ったうえで一緒になったんだから、自分でどうにかしたらいい」と取り合ってくれません。

いくら話し合っても、依存症にまで発展している場合は、夫婦だけで解決する事は不可能。

病院に通院するとしても、本人の強い意志がなければ続ける事すらも困難です。

解決できない問題を抱えているのなら、いくら好きな気持ちが残っているとしても、子供に迷惑が掛からないよう、一緒にいない方が良いといえます。

嘘や隠し事のクセを持っている夫の場合

やり直すことで苦しい毎日が待っているのは、嘘や隠し事の癖を持っている夫の場合です。

夫婦間でも、元は他人同士。

生きてきた中で癖づいたものは、簡単に治るものでもなく、「家族には何でも話す」と約束しても、簡単に嘘をついたり隠し事をしたりしてしまいます。

人を傷つけないための優しい嘘ならいいのですが、失敗を隠したり、悪い事を企んでいたりなど、家族に迷惑がかかる事は当然NGです。

借金や不倫、失業さえも黙ったままでいられたら、妻としては困り果てるのは目に見えています。

両親の事をよく見ている子供は、親の真偽さえも見抜くもの。

「嘘をついてもいい」と心の中で認識してしまえば、子供さえも他人に平気で適当な事ばかりをしゃべる人になってしまいます。

家族で一緒に暮らしていても、嘘で塗り固められた絆は、脆く儚く散ってしまうはずです。

薄っぺらの家族ごっこで、仮面の幸せを本気で信じることになり、虚しい日々が待っています。

再婚前に決めておこう。元夫とやり直す時に設けるべきルール

子供をダシにしたり言い訳にしたりしない

再婚前に設けるべきルールは、子供をダシにしたり言い訳にしたりしない事。

一度離婚を決めた元夫婦なら、また意見の食い違いなどが起きてもおかしくはありません。

不満を感じたり、よりを戻したことを後悔したりすることがあっても、決して子供をお言い訳にするべきではないのです。

家計が苦しい時には、理由をきちんと伝え、どうやって乗り越えるか決めていきます。

「子供に好きな事をさせてあげたい」というのと「教育費がかかるから自分のしたいことが出来ない」では、同じ金欠でも理由が違うはずです。

子供がいるから自分の好きな事をできないのではなく、輝く母でいるために必要なお金を工面する方法が分からないだけ。

家族がそれぞれ幸せになる為の方法を考える時には、問題をバラバラにしてそれぞれ解決していけるようにしましょう。

お願い事や上手くいく方法を考える時も同じです。

ワガママを通したり、元夫の好きな事ばかりを優先させたりするのではなく、家族全員が心地いい状態を作るための話し合いや言葉選びをする事が大切となります。

過去の事をケンカの理由にしない

再婚前に設けるべきルールは、過去の事をケンカの理由にしない事です。

離婚を経て再婚した二人にとっては、多くの歴史や経験があります。

日々の中で「もっとこうして欲しい」など要望が出てくるのは当然ですが、何でも過去のことに紐づけて考えるのはよくありません。

「あなたがそんなだから、離婚する羽目になったんでしょ」「あの時別れてなかったら、ここまで苦労していないよ」など、後悔をケンカの理由に並べても何も解決しないのは分かり切ったことです。

離婚という経歴は、失敗ではなく、二人にとって必要な経験だったと捉える事。

別れたからこそ見えた事があるし、どれだけ大切な人か分かったはずです。

離婚したことをポジティブに捉えれば、過去の事から不満が生まれる事はないはず。

昔から気になる事があったのなら、ずっと言えなかったことを付け加えるのではなく、今直してほしい点としてお願いしましょう。

浮気が原因の離婚なら「同じことをしたら終わり」

再婚前に設けるべきルールは、浮気が原因の離婚となったのなら「同じことをしたら終わり」というものを決めましょう。

既婚者が浮気を経験すると、デートのやり方や隠し事をする方法など、ノウハウを持っている事になります。

結果的に不倫がバレて離婚することになったとしても、知られたのは偶然運が悪かったと考えれば、同じことをしても「上手くやれる自信がある」と考える要因となることも。

一度不倫の味を知ってしまったら、スリルと興奮で「また恋愛をしたい」と思ってしまう人も多くいます。

浮気癖のある人がなかなか治らないのは、誘惑に弱いからです。

不倫されたことに傷つき、それでも元夫の事を愛している気持ちが残っていて、再婚したのなら、これからの人生は二択から選ぶほかありません。

また浮気されたら我慢してでも一緒にいるか、次は絶対に許さないか。

二人が夫婦としてやり直し、子供の親として家族になるのなら、幸せになるためには、同じ過ちは二度と繰り返さないことがベストです。

そのためにはルールとして、「次の浮気は、即離婚」という厳しいルールを決めておくべきだといえます。

不満を感じたら相手の気持ちを考えて言葉に出す

再婚前に設けるべきルールは、不満を感じたら相手の気持ちを考えてから事あに出すと決めておくことです。

家族の中の共通ルールとして、リビングに貼り出して、家訓としておくのもいいほど。

人の気持ちを考えるのは、コミュニケーションの基本です。

家族でも、コミュニケーションが大事だという事は、嫌というほど痛感したはず。

清らかな空気を維持しながら、居心地のいい家にするためには、常に思いやることが大切なのです。

「家事の負担を減らしたいな」「休みの日はどこか出掛けたいな」と考えた時、そのまま言葉に出す前に、ワンクッション考える時間を作りましょう。

「このお願いをしたら、どんな気持ちになるかな」「して欲しいことを引き受けてもらうには、気持ちよく出来る下準備をしておいた方が良いか」と、相手の立場を考えて、自分だけが我慢するのではなく、喜んで受け入れてもらえるような状態を整えます。

「家事がしんどい」と思うなら「今は仕事が忙しくて、家事を頼んでも負担になるだろうから、せめて自分のことくらいはしてもらいたい」と考え、「ご飯が済んだら自分の食器だけでいいから洗ってくれると助かるな」という言い方に変えれば、家事が負担になっていることも伝わり、ついでに家族分の洗い物までしてくれる事にも繋がるのです。

第三者を巻き込むタイミングと相手を決める

再婚前に設けるべきルールは、第三者を巻き込むタイミングと相手を決めることです。

一人で子育てを経験してきた女性なら、誰かの手を借りた方が圧倒的に助かる場面が多いというのは、経験しているはず。

家族として再構築するにしても、それは同じことです。

夫婦だけで話し合いが完結しないことも出てくるし、誰かに相談することで新しいアイデアが浮かぶこともあります。

家族となるからには、何でも他人を頼ることは出来ませんが、どこかで第三者の手を借りる事は必要です。

自分達の場合は、どんな事でトラブルとなりやすく、将来心配な事があるのかを二人で話し合い、第三者を巻き込むタイミングと相手を決める事で、修羅場になったり揉め事が大きくなったりを予防できます。

家族として幸せになる事が大前提

一度結婚したのに離婚した相手なら、どれだけ想いが残っていても再婚するには勇気が必要です。

シングルマザーは、元旦那を必要とした場面が単なる寂しさからなのか、本当に相手を求めてなのかを見極めましょう。

子供がいる2人は、自分達だけの事を考えるのではなく、家族として幸せになる事が大前提で、復縁計画を立てることが大切です。

長く一緒にいる相手だからこそ、子供の将来の事も考え、皆が居心地のいい家族になっていきましょう。

【期間限定】復縁や不倫などの難しい恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、不倫や復縁などの難しい恋愛の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事