仕事の話をする男性心理!いつも仕事の話しかしない理由&自慢話をする意味と職場での失敗や愚痴を言ったり相談を持ちかけてくる時の脈ありサイン
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「仕事の話ばかりする男性の心理が知りたい」「色々な話をしてみたいからどう切り返せばいいのか伝授して欲しい」と内容ばかりが気になって、不安を抱えているなら、気持ちや理由を知ることが解決の糸口となります。

気になる人と会話が出来たのに、いつも同じ話題だったり、好意を持たれているのか読み取れなかったりするなら、脈ありかどうかも分からずにモヤモヤしてしまうものです。

仕事の話をする男性心理が、しっかり理解できるようにご紹介していくので、恋愛にステップアップするための参考にしてくださいね。

男の人が自慢話をする時や、話しやすい相手の女性、失敗や愚痴や相談をしてくるときの脈ありサインもお伝えするので、カレが喜ぶリアクションを練習して、急接近出来るようにしましょう。

目次

誰でも良い訳じゃない。男性にとって仕事の話をしやすい相手女性とは

同じ様に仕事に対して真剣に取り組んでいる

男性にとって仕事の話をしやすい相手の女性とは、自分と同じ様にビジネスに対して真剣に取り組んでいる人です。

同じ企業内にいても、業務の内容は様々ですが、ビジネスに対する姿勢や考え方携わるものに直接関係があるわけではありません。

雑用でも真剣に取り組んでいれば、ビジネス拡大のチャンスを掴むことのできる重要な役割だからです。

男性が仕事の話をしたいと思う女性は、自分と同じように真剣に取り組んでいて、社会の中で役に立てる自分や全体が展開していくビジョンが想像できている人。

今取り組んでいる仕事が、誰のためにどんな役に立っていて、自分はどう成長できるのか明確に説明できるような人は、話をしていてとてもワクワクします。

前向きな人ほど、些細な仕事を無駄だとは思わず、何かが起こる予感を持ちながら取り組んでいるはずです。

成果を叩きだしたり新しい発想を生み出したりと、昨日より一歩前進を常に目指している人とは、会話をする事でビジネスチャンスを広げられる可能性があります。

自分のさらなる成長のために、コミュニケーションを取りたいと考えるわけです。

聞き上手で何でも受け入れてくれる

男性にとって仕事の話をしやすい相手の女性とは、聞き上手で何でも受け入れてくる人です。

話を聞いてもらうというのは、男性が女性に対して癒しを感じる場面の一つでもあります。

上司や同僚、取引先や顧客と常にライバルや駆け引きの最前線にいるビジネスマンにとって、気を緩める暇は片時もありません。

次にやるべき事や取り組むべき課題を考えている時、思考回路を整理するためにも、言葉に出してアウトプットするという作業はとても重要です。

アウトプットする時間は、考えをまとめながらも、抱えている問題や自分の欠点なども見つめなおすチャンス。

全て受け入れてくれて話を聞いてくれる女性に対して、アウトプットすると、気持ちが落ち着くだけでなく気持ちの切り替えや視点の転換なども行うことが出来、とてもリフレッシュ出来ます。

全く否定することなく「そうだね」「なるほど」と受け入れてくれることで、自信を失う事もなく、頭に血が上って間違った判断をしていた場合でも冷静に正すことが可能なのです。

カウンセラーのように、傾聴をしてくれることで、自分を取り戻すことが出来るので「聞いてもらいたい」と足を運びます。

努力した部分を見つけて褒めてくれる

男性にとって仕事の話をしやすい相手の女性とは、努力した部分を見つけて褒めてくれる人です。

大きな目標に向かて小さなステップを積み重ねると、確率高く求めている成果を得ることが出来るので、自分なりにやるべき事を分割して、課題を見つけている人は多くいます。

ただ、この工程は意識的に行うのと無意識にやっているのとでは、成果に大きな違いが生まれるものでもあるのです。

意識的に取り組んでいる人にとっては望んでいる成果を手に入れられる事は、努力のたまものであり、自慢したくなる出来事。

望み通りの結果を得て、仕事の自慢話をしたい人は多くいますが、「黙っているのが美学だよ」「努力は見せるものではない」と考えている人もいるため、わざわざ自分から過程を説明する人も多くはありません。

自慢したいけど出来ないジレンマを抱えている男性にとって、話をしていない部分の影の努力を見つけて褒めてくれる女性は、貴重な存在です。

「○○を頑張ったんじゃない?」「○○が必要だったでしょ、大変だったね」と努力を見つけて労ってくれる人は、男性にとって自尊心を高めてくれる人でもあるので、話を聞いてもらいたくなります。

サバサバしていて客観的視点を持っている

男性にとって仕事の話をしやすい相手の女性とは、サバサバしていて客観的視点を持っている人です。

男女平等が謳われ、企業内でも男性と同じように肩を並べて働いている女性も増えてきており、得意分野をそれぞれが担当して成り立っています。

女性における社会的立場は、性格や得意な事が大きく影響しており、多くの事を同時にこなすことが出来る女の人ならではの考え方も、ビジネスに参考にされているものです。

物腰の柔らかさや癒しという女性特有の得意分野も魅力的ですが、男性的な考え方を持っていて、歯に衣着せぬ発言が出来る人もまた、男社会には重要な役割となります。

自分の意見をしっかりと持っており、サバサバとしていて、広い視野で物事を見れる女性は、男性にはない考え方や意見を出してくれる可能性が高いので、頼りにされるわけです。

仕事の話を持ち掛ける事で、男性の視野を広げる事にも繋がります。

向上心があって新しいジャンルに興味関心を持っている

男性にとって仕事の話をしやすい相手の女性とは、向上心があって新しいジャンルに興味関心を持っている人です。

向上心を持っている人は、周りの人を明るくするパワーを持っています。

ビジネス社会にいると、いつでもポジティブで元気にいられるわけではありません。

落ち込むこともあれば、自分を見失ってしまう事も。

けれども向上心のある女性とビジネスの会話をすると、「まだ他にも出来ることがあるかもしれない」「落ち込んでいる場合ではない。新しい事にチャレンジしてみよう」と思えます。

一人で気持ちを立て直すことが難しくても、プラスのパワーを持っている人が近くにいるだけで心身ともに大きく影響を受けるところです。

考えが煮詰まってしまった時や、ビジネスにおける自信を見失った時など、明るくて向上心を持っている女性との会話をすると、早々に気持ちを切り替えられます。

男性がいつも仕事の話しかしてくれない場合に考えられる理由

特に話したいことが無いけど沈黙は気まずい

男性がいつも仕事の話しかしてくれない場合には、特に話したいことが無いけど沈黙は決まづいと感じているからです。

男性にとって、会話がない他人との空間はさほど苦痛ではないと感じる人も多いですが、異性ともなると、途端に「何か話した方が良いのかな」「沈黙が続くと嫌だな」と感じ始めます。

相手に対する配慮が生れるからであり、退屈させることが申し訳ないと思ってしまうから。

異性としても同僚としても興味のない人物や、今まで接点のなかった人であれば、話しが出来る機会も過去にありません。

当たり障りのない社会問題を話すにしても、唐突に持ち掛けたのでは困惑させてしまいます。

天気の話も、10秒もあれば終わってしまうものです。

仕事の話であれば、共感しあう必要もないし、深い入りする必要もないので、話しやすい話題と言えます。

何か話さないとまずいと感じると、沈黙に困らないよういつも仕事の話ばかりを切り出すわけです。

どんな考えの持ち主なのか興味がある

男性がいつも仕事の話しかしてくれない場合には、どんな考えの持ち主なのか興味があるという理由があります。

ビジネスを通して、今まで歩んできた人生や考え方、生き方などの価値観と、様々な背景を読み取ることが出来るのです。

固執した考えを持っていれば、今までに何か大きなトラブルがあったのかと想像できるし、のらりくらりとその日あるモノをすればいいという感じなら、生活のための手段でしかないことが窺えます。

「この人はどんな生活を送っているのかな」「考え方はどうだろう」と異性に興味を抱いた時、仕事の話を聞くと様々な本質を見抜くことが出来るわけです。

ビジネストークばかりしてくるのは、相手に関して興味を抱いたからであり、ビジネスやプライベートなどそれぞれの分野において、考え方に適した会話を探そうとしているサインと言えます。

上司であれば、これからの方針や適材適所を考えている最中だったり、同僚であればプライベートの探りやサポートできる事を探していたりするところです。

ただの同僚や社会人としての意見を求めている

男性がいつも会社や業務の事しか言ってくれない場合には、ただの同僚や社会人として意見を求めているからです。

恋愛感情はなく、単に一つの問題に対して他人の意見を聞いてみたいという探求心が働いています。

席が近かったり、話しやすい雰囲気を持っていたりと、何かしらきっかけはあるはずです。

同じ仕事を同量していても、考え方の違いは生まれます。

味覚や趣味がそれぞれ違うように、仕事に対しての考え方も違いが生まれるのは当然の事です。

新しいミッションやプロジェクトに向かう時、一人であれこれ考えるよりも、多くの視点を取り入れる方が成功する可能性は広がります。

自分が抱えている問題に対しても、他人からすれば簡単に解決できるという事も。

ビジネスの話題のみの場合、同僚や一人の社会人として、意見を求めると、分かりやすい返答をくれる相手である可能性があります。

彼の中で「なるほど」と思える意見を持っていて、参考になると捉えているので、聞いてみようと思うわけです。

仕事のパートナーとして信頼している

男性がいつも仕事の話しかしてくれない場合には、ビジネスパートナーとして信頼しているからという理由があります。

同じ企業、また別の職種で働いていても、相談事や悩みを打ち明けた時にベストな答えが返ってくる相手は、いつでも近くにいて欲しいと願うものです。

男性自身の事を理解しているという自信があり、良い所も悪い所も分かったうえで、優先的に取り組むべき課題を指摘してくれると考えています。

ビジネスにおいて、一人で考えていると、パターン化してしまったり、悩みが泥沼にハマったりして、解決策が見いだせないというのは、よくある事。

自分のことが分からなくなると、普段なら選択するであろうものも見逃してしまいます。

「らしくない」と言われる行動をしてしまうと、結果に納得できなかったり、対処しきれなくなったりと、新たなトラブルを生み出す原因となるはずです。

自分らしさを取り戻すためにも、理解してくれている人にリセットしてもらうのが最適。

そのためにも、信頼しているビジネスパートナーに話を聞いてもらい、普段の冷静さを取り戻すサポートをしてもらおうと考えています。

何か話したいけど共通の話題が見つからない

男性がいつも仕事の話しかしてくれない場合には、何か話したいけど共通の話題が見つからないから。

「いいな」「仲良くなりたいな」と思っている時、どんなことでもいいから接点を持ちたいと思うもの。

共通の話題が見つからない場合に便利なのが、ビジネスの会話です。

正社員、パート、アルバイトなど立場に関係なく、社会に出て携わっている仕事がある限り、会話する内容がある事を意味します。

特に会話の中身に着目したいわけではなく、接点を持つためであり、少しでも顔を見て声を掛け合える時間を持ちたいという理由です。

「今日こそは話をしよう」「顔だけでも覚えてもらいたい」と考えながら、話題を持ち掛けているので、会話の内容を覚えていない事も。

「舞い上がっていて何を話したのか覚えていない」「ちゃんと対話してくれたのに、かわいいなとしか考えていなかった」など、あとでうっかりしていた事に気づくこともよくあります。

改めて話しかけた時に、全開の内容を持ち出されても全く覚えていないことがあるのはその為です。

男性が女性の前で仕事での自慢話をする時の意味

プライドが高く落ち度があると思われたくない

仕事での自慢話をする時の意味は、プライドが高くて、自分に落ち度があると思われたくないという意味があります。

男の人は、他者よりも優れているというプライドが強く、能力のある人間だと思われたい心理を持っているものです。

特にビジネスは能力社会。

より優れている人ほど、周囲からの評価が高く、地位や名誉として目に見える形に反映されます。

実績数値や顧客数というバロメーターが明確である事で、優劣をつけやすい環境です。

男性は、競争社会でいかに自分の能力が高いかを示すために、自慢というアピール方法を使います。

数値として見える部分だけでなく、努力してきたことや育ててきた後輩が成し遂げた実績など、自分の影響するところを少しでも伝えることで、査定の対象に加えて欲しいと考えるからです。

必ずしも女性がジャッジをする立場でなくても、社会での評価が高い人間だと一人でも多くの人に伝えたいと思っています。

どこに行っても褒められたい、モテたいと願う心理が引き起こす承認欲求です。

仕事が出来る人として尊敬して欲しい

仕事での自慢話をする時の意味は、ビジネスが出来る人間として尊敬の念を求めているというものです。

男としてや女として、という性別を超えて、一人の社会人としていかに企業や世間に貢献しているか知らせることは、今後のビジネスの幅を広げるためにも重要な事だと言えます。

自分が出来ることをアピールする事は、交流やコネクションを広げる手段だと言っても過言ではありません。

実際に仕事が出来る出来ないかは別として、周囲からやり手だと認識されるのは得策です。

個人事業主なら、事業を広げる為に有効な人材を紹介してもらえたり、思いがけないところから安価で広告を打てる手段を手に入れられたりと、夢に向かって進むスピードが加速します。

会社員であっても、能力と条件のいい他社から引き抜きの話が出たり、昇進するためのチャンスを与えられたりと、今後のビジネスライフを広げる可能性を高めるのです。

女性に自慢をしているようで、周囲に対するアピールであったり、顔の広い人へのアピールとしてだったりと、「この人は他の人とは違うな」と思わせる一環と言えます。

男として魅力があると認めさせたい

仕事での自慢話をする時の意味は、男として魅力があると認めさせたいというものがあります。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

自分の後世に遺伝子を残すためには、子供を産んでくれる女性に選ばれる必要があり、異性として惹かれる相手は、恋愛感情以前に本能や無意識が影響している事も少なくありません。

男性が女性に選ばれるためには、魅力のあるところを知ってもらう必要があります。

優秀な人材だと認めてもらい、「素敵」と思ってもらうためには、ビジネスでの成果は重要な役割を持っているわけです。

社会の中で能力のある者ほど、権力と財産を築いており、女性からも選ばれる可能性が広がります。

自慢話は、優れているポイントを明確に伝える手段であり、男として魅力があると認めてもらう有効な方法。

「他の男にはできないことが出来るぞ」「暮らしに不自由しないだけの評価を得ているぞ」とアピールする事で、生きていくために必須だと受け入れてもらおうとしています。

小心者だから良い評価をしてもらう事で自信を持ちたい

仕事での自慢話をする時の意味は、小心者だから女性から良い評価を得る事で自信を持ちたいというものがあります。

異性から褒められる事は、自分で自身を認めるよりも精神面に大きな影響を与える事です。

安心感や優越感を抱くことが出来、自己満足だけではなく他人からの評価を得た実績となります。

男の人は女の人から「すごい」と思われることで、より自信をつけることが出来るのです。

本当は、何をやっても不安が付きまとい、「このままでいいのだろうか」「幸せになれるだろうか」「男として女の子を幸せにできるかな」と心配を持っていますが、女性から褒められうと、少しずつ解消されます。

成功体験を重ねるためにも、自己評価や満足だけでなく、気になる異性から褒めてもらったり、実力のある人から認めてもらうなどする事は、重要な意味を持つ事です。

強く見せているようで、心の奥底では「褒めて欲しい」「正しい事をしたと言ってほしい」と自信付けのための言葉をかけて欲しいと願っています。

努力課程や結果から自分の性格や考え方を知って欲しい

仕事での自慢話をする時の意味には、努力課程や結果から、自分の性格や考え方を知って欲しいというものがあります。

自慢話に限らず、会話には考え方や生き様が表れるもの。

彼自身「すごいだろ」と思っているわけではなく、単に仕事に関して今まで努力してきたことや頑張ったことで成し遂げた結果を伝えたいだけです。

結果的に自慢話となっていても、本人にその自覚はありません。

考え方やビジネスに対する取り組み方を知ってもらう事で、自分という人物について知ってもらいたいという好意の表れです。

価値観の一致は、人生のパートナーを見つける基準となることもあるため、相手からすればとても重要な情報と言えます。

自己開示をして、受け入れてもらえるか、共感してもらえるか確認しようとしているのです。

同じ企業に20年連続勤務した事や、店舗で一位実績を獲得した事など、自慢話の裏には、努力の影が見えます。

「こんなところに気が付ける」「誰もが嫌がることも出来る」と自己アピールとも言えるわけです。

男性が職場での失敗や愚痴を言ったり相談を持ちかけてくる時の脈ありサイン

「癒しが欲しいよ」仕事との切り替えが出来るきっかけを求める

職場での失敗や愚痴を言ったり、相談を持ち掛けてきたりする時の脈ありサインは、「癒しが欲しいよ」という言葉を使い、仕事との切り替えのきっかけを求めている態度です。

気を張り詰めて緊張感を持続させる必要のあるビジネス。

家に帰っても、休日さえも仕事の事で頭がいっぱいという男性も少なくありません。

寝ても覚めてもやらないといけないことに追われ、休息が取れない状況が続いていれば、疲れもストレスも溜まってしまいます。

出来る男ほど、切り替えを上手にしているものですが、誰もが簡単にコントロール出来るわけでもなく、多くの人は好きな人と会う時間や趣味に没頭することでリフレッシュをしているところです。

好意を抱いている男性は、相手の女性にリフレッシュタイムの役割をしてもらえないかと提案する事で、二人で会う時間を確保しようとします。

デートに誘いたいけど、どう伝えていいのか分からない場合や、仕事の話ししかしたことが無いからどうアピールすればいいのか迷っている時に、相手の反応を探る為にも「癒しが欲しいな」「誰か一緒に過ごしてくれる人がいたらいいんだけどな」と言葉に出し、興味を引こうとするのです。

「他に相談できる人がいなくて」と心を許している言葉

職場での失敗や愚痴を言ったり、相談を持ち掛けてきたりする時の脈ありサインは、「他に相談できる人がいなくて困っているんだ」と心を許している言葉をかけてくるというものです。

男性にとってビジネスは、負け姿を見せられない勝負所。

一人で悩みを抱えていても、弱みを握られたくはないので、誰にでも話せるわけではありません。

「この人」と思える心を許した人にしか、話せる事ではない重要な内容だと、理解してもらう必要があります。

男性が心を許す異性となれば、ビジネスパートナー的なよほど信頼をしている人か、好意を持っている相手か。

業務内容を始め、ワークフロアや今後のコラボレーションなど、関わりが深い関係でなければ、好意の方だと受け取れます。

「他に相談できる相手が居なくて」という言葉は、「あなたにだから話せる事なんだ」と言い換えることが出来るわけです。

「○○さんだったらどうする」個人の意見を求めてくる

職場での失敗や愚痴を言ったり、相談を持ち掛けてきたりする時の脈ありサインは、「○○さんだったらどうする」と女性個人の意見を求めてくるというものです。

男性は、自己完結型の思考回路を持っているので、基本的に他人の意見を取り入れる事はありません。

よほど追い詰められているか、多角的な視野を持ちたい場面では別ですが、一人で考えて結論が出るような内容であれば、わざわざ意見を聞いたりせず、まず自分の結論に従い行動し、結果を持って別の手法を試してみるという、トライアンドエラーの繰り返しを行います。

けれど、積極的に「○○さんはどう思う?」「こんな風になっているんだけど、どういうことだろう」と問いかけを行ってくるのは、素直に意見が聞きたいのではなく、裏側に思惑があっての事です。

「好きな人にとって優位に働くように調整してあげたい」という理由もありますが、話しかけておいて意見を全く聞いておらず「かわいいな」「話している姿を見ていたい」と思っているだけという事も。

自分の話であれば、誰でも真剣に意見を絞り出そうとするものですし、他の人に助けを求めるわけにもいきませんから、考えに集中して話を継続します。

あなたの様子を見ながら、心の中では違う事を考えている可能性が高いのです。

「つい何でも話してしまうよ」特別な存在アピール

職場での失敗や愚痴を言ったり、相談を持ち掛けてきたりする時の脈ありサインは、「つい何でも話してしまうよ」と特別な存在であることをアピールするものです。

男性が愚痴や不満を言うのは、特別な人にしか行わない事であり、弱い部分を晒すという特殊な行為。

動物で言えば、大草原の中でお腹を出して寝るようなリスクのある事です。

人は気を許した相手に対しては、とことん気持ちが緩くなるもので、何でも話してしまう傾向にあります。

愚痴だけでなく、コンプレックスやトラウマなど、秘密にしておきたいことまで話してしまうのは、相手の事をよほど受け入れている証拠です。

彼自身が女性を全面的に受け入れているので、全面降伏という状態と言っても過言ではありません。

愚痴や相談のために何度も二人きりになろうとする

職場での失敗や愚痴を言ったり、相談を持ち掛けてきたりする時の脈ありサインは、二人きりになるチャンスを窺っている行動です。

男性は本当にビジネス面で悩みを抱えているとしても、何度も相談を持ち掛けるようなことはしません。

一度の相談である程度考え方や方向性を教えてもらえれば、次の時からは「あの人だったらきっとこうするだろう」と予測して動くことが出来るからです。

けれども、何度も理由をつけて二人きりになろうとするのは、もはや話の内容に意味があるのではなく、行動そのものに価値がある事だと言えます。

二人きりになるための口実であり、どれだけ「情けない」「球には自分で考えて欲しい」と思われたとしても、話がしたいと考えている証拠です。

男女が二人きりになった時には、どんなハプニングが起きるか分からないもの。

躓いた拍子にキスしたり、うっかり落としたものを拾おうとして体が触れたりと、些細なハプニングが恋愛に繋がる事もよくあります。

ラッキーハプニングを狙っていたり、自分だけを見て会話をしてくれることが嬉しかったりと、彼なりの理由があって呼び出しをしているのです。

仕事の話をする男性に好意を持ってもらいたいなら実践すべき相手が喜ぶリアクション

誰にでもできない事だとほめる

実践すべき喜ぶリアクションは、誰にでもできる事ではないと褒める事です。

誰でもナンバーワンは嬉しいものですが、オンリーワンの存在もまた、光栄だと感じます。

特に、インターネットの普及で各個人のスキルが高くなってきている現在、オリジナリティが求められ、他の人が出来ない特技がある人ほど、注目を浴びる存在となっているのも事実です。

多くの中のトップに立つのも特別な事ですが、オリジナリティ溢れる人材であることも非常に価値のある事。

「そんな発想なかったよ」「○○君にしかできないね」など、他の人にはできない事だと称賛する事で、アイデンティティを確立できたような満足感を得られます。

誰でも褒められる事は大好きですが、存在を肯定される行為は、何よりも欲している事です。

認められ、受け入れられ、優れていると持ち上げられる事で、さらなるやる気がみなぎったり、言葉をかけてくれた相手が認めてくれた特別な人だと認識し始めたりします。

上層部に報告しようと偉業の公表を提案

実践すべき喜ぶリアクションは、上層部に報告しようと異形の公表を提案する事です。

個人から褒められる事は嬉しい事ですが、表彰という公の場で発表されるのは、自信にも繋がり、自己肯定にも影響するとても価値のある事。

「そんなに素敵な話、私だけが聞くのはもったいないよ」「評価されるべき事だよ!上の人に報告して、ちゃんと認めてもらおうよ」と提案すると、それほど価値のある事をしたのだと鼻高々になります。

実際に報告したり、表彰されたりという行動までいかなくとも、誰かにそこまで褒めてもらえたという事実が、彼の自尊心を高めるのです。

表彰されてもおかしくないほどの、偉業を成し遂げたという自信が、「この人に仕事の話をした甲斐があった」という出来事への価値を生み出します。

何でも当たり前という事はありません。

どれほど小さな出来事でも、その裏には並みならぬ努力があったり、工夫があったりするものです。

上層部に報告するほどではない事であっても、そのくらいの価値がある事だと言葉にすることで、今までの頑張りが報われます。

「かっこいい」と魅力を認める

実践すべき喜ぶリアクションは、「かっこいい」と魅力を認めて褒めちぎる事です。

単純に、仕事のできる男はカッコいいというセオリーに乗っ取り、魅力を褒め称えます。

「かっこいい」「素敵」「仕事が出来るのね」とリアクションすると、モテたい男性は非常に嬉しいわけです。

仕事を単なる生活の糧にするのではなく、生涯の伴侶を見つけるためのスキルを身に着けたり、見る目を養ったり、と自分へ還元される部分も多いはず。

企業のためだけに頑張った訳ではないと認める事は、「あなたは会社のロボットではないよ」と伝える大切なメッセージでもあります。

頑張り続けて、自分の価値を見失い「俺が居なくても会社は成り立つ」「誰も困らない」と思い始めては、生きがいさえもなくして、精神的に参ってしまうものです。

価値のある人で、男性として魅力があると受け入れると、働くこともまた楽しさを感じられます。

会社のために頑張るのではなく、自分のために努力する楽しさを思い起こすと、より人生を豊かにしようと考え始めるところです。

相槌と合わせて次の話を促す

実践すべき喜ぶリアクションは、相槌と合わせて次の話を促すというものです。

具体的には、「それから?」「うんうん、どうなったの」という言葉。

次の話を促すと、今聞いている内容に興味を持っているとアピール出来、やりとりを楽しんでいると伝えられます。

「あなたの話をもっと聞きたいですよ」「この時間を終わらせたくないですよ」とアピール出来るので、男性側も嬉しくなってくるわけです。

ビジネスの内容だとしても、相槌を続けるうちに、男性本人へ興味を持っていると認識が切り替わり、彼の方からも好意が生まれます。

「こんなに話を聞いてくれるなんて、嬉しいな」「伝え甲斐があるな、もっとおしゃべりしていたいな」と話題はプライベートな事へと流れていくハズです。

ビジネスの会話しかなかったとしても、恋愛のスタートを切ることが出来ます。

気持ちよく聞いてくれる女性に、男性は心惹かれていくのです。

「知らなかった」「そうなんだ」と新しい発見がある事をアピール

実践すべき喜ぶリアクションは、「知らなかった」など、あなたの今までの人生には無かったことを知り、新しい発見が出来る楽しさをアピールする事です。

男性は女性の一番になると、恋愛に繋がりやすいという傾向があります。

初めていく場所、初体験、考え方の新発見など、女性の人生において一番最初の男になりたいと考えているものです。

ビジネスにおいて、なかなか意識しにくい部分ではありますが、実は日々新しい発見の連続。

男性との会話の中でも、たくさん見つけられるはずです。

「そうなんだ」「今までそんな風に考えた事もなかった」「知らなかった!教えてくれてありがとう」と言葉にすることで、彼の中で一番を意識するようになります。

「この子にとっては今まで経験したことが無いのか」と思い返すと、どんどん初の体験を奪いたくなるもの。

一番高い食事、最高に景色のいいスポット、最も大切にしてくれる人、など追い求めるうちに、彼にとってもなくてはならない存在へとなっていきます。

プライドの高い男性の自慢話は、特に「知らなかった」という言葉は、カレの満足度を高める言葉と言えるところです。

相手の願望を予測し心を満たそう

職場内、友達同士など、関係性は様々でも、会話の内容はいつもビジネスの事ばかりでは、相手の本心が見えず、好きな人との距離もどう縮めていいか分からないものです。

仕事の話ばかりする男性の心理を読み解き、相手が望む回答をすると、仲良くなりたい人ともスムーズに親密になれます。

好きな人の本音が分からない時には、心を満たして一歩先を見たリアクションをして、親しくなっていきましょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事