やきもちを焼く男性心理!わかりやすい彼氏のやきもちの態度や嫉妬の原因&対処方法
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「やきもちを焼く男性の心理を知りたい」「ただ話をしているだけなのに彼の機嫌が悪くなって困る」と悩んでいる方は、気持ちを理解するだけでもっと仲良しになれる可能性があります。

「心配して欲しくない」「信じられていないのかな」と思い始めた時には、彼の気持ちを受け止めるところから始めましょう。

やきもちを焼く男性心理や性格的特徴について、詳しく解説していますので二人が今以上に愛し合うための参考にしてくださいね。

分かりやすい彼氏のジェラシーの態度や原因、対処方法など具体的にご紹介していますので、ケンカになる前に理解して、あの人からの愛情を受け取りましょう。

目次

付き合っている彼氏がやきもちを焼く男性心理

別の男の話なんか聞きたくない

彼氏は彼女から「他の男の話なんか聞きたくない」と強く願っています。

女性は、「私の全部を知って欲しい」と何でも恋人に伝える人が多くいますが、男性側は望んでいないことが多くあるものです。

大好きな彼女の頭の中に、自分以外の異性がいる事実を突きつけられるわけですから、不快になるのも当然。

彼女に悪気がないのもまた、彼にとっては腹の立つ出来事だと言えます。

「何で平気な顔をして他の男の話が出来るのかな」と考え始めると、苛立ちさえも感じてしまうほどです。

男の人は、自分の好きな人の一番でありたいし、唯一無二の存在でありたいと望んでいます。

女友達の話は聞けても、メンズの友人なんていなくていいと考えているのが真実ですので、何も言わずに聞いてくれているとしても、腹を立てていると思っていたほうがいいはずです。

彼女の口から出てくる男の名前は、自分だけだって欲しいと願っています。

家族の話はアリだとしても、芸能人でさえやきもちを焼く人もいるので、覚えておきましょう。

やきもちの裏返しでモテることを見せたいから他の女と仲良くする

「オレだってモテるところを見せたい」という心理で、他の女の子と仲良くしてやきもちを隠すという男性もいます。

彼女からすると、なぜわざわざ見せつけるように他の女の子と親しくするのか理解できませんが、カレはあなたが男性と話をしたり仲良くなったりしているのを見て、モテている自慢をされていると感じているはずです。

本当は、自慢でない事は分かってはいますが、他の異性からも注目を浴びる存在だと示したいと思ってしまいます。

真意としては、「自分だけを見て欲しい」「モテるとしても、キミが選んだのは僕なのだから忘れないで欲しい」という気持ちが隠れているわけです。

分かりにくい態度ではありますが、「オレだってこんなにモテる」とアピールするのは、彼女が離れていかないように繋ぎ止めようとしているということ。

彼女に愛想をつかされてしまえば、後悔するのは確実ですので、カレの真意を先にくみ取ってあげることが大切です。

元彼に対するやきもちは愛情不足と言われている気分になるから

元彼に対するやきもちを妬くのは、今の恋愛において「愛情不足で不満を持っている」と言われているような気分になってしまっているからです。

女性の方は、どちらに優越を付けているつもりもないし、むしろ今の恋人を大事にしているからこそ、元カレの話を平気でするのですが、相手にとっては比べられているように感じています。

もちろん話の中に、「あの人はすごい」など褒めるようなことは極力少なくしているはずですが、人間的に本当に素晴らしい人物だったり、今でも尊敬している人なのであれば、褒める事もあるはずです。

彼女的には、もちろん恋愛感情があって言っているわけではありませんが、基本的に元カレの話は聞きたくないのが男心。

「なぜオレにそんな話をしてくるのかな」と考えて、不快な気分になってしまいます。

まるで恋人として役割をはたしていないと言われているような気分になり、自己卑下してしまうのです。

自分だけの彼女でいてほしいからもっと構ってほしい

本当の理由は、自分だけを構ってほしいという希望や甘えがあるからです。

男が「構ってほしい」なんて、なかなか言える人は少ないですし、「他の人を見ないで欲しい」なんて器の小さい事は「口が裂けても言えない」と考えている人が多いもの。

好きな人には、ずっと自分だけを見て欲しいし、全ての優先順位を一番にしてもらいたいのが本音です。

しかし、現実問題で言っても難しいのは分かっていますから、心の中に溜まったフラストレーションを態度で吐き出すくらいしかできません。

全てを把握していたいし、何でも許可を出す側でいたいと考えています。

誰かと過ごす暇があるくらいなら、恋人である自分と過ごす時間を増やしてほしいとも考えているのです。

何も言わなくても、心の中では「彼女の全部が欲しい」と思っているので、知らない話が出てくるだけでジェラシーをしてしまします。

話題の人物が男であれ、女であれ、自分以外であるという事に不満を持っているわけです。

彼女が好きすぎて「誰かに取られたらどうしよう」と心配

好きすぎるのもまた、問題があるもの。

恋人のことが何よりも大好きと言える彼氏は、本当に大切にしてくれますし、共に過ごしていて幸せに違いありません。

しかし、大好きだからこそ、彼の中ではいつも不安が付きまとっています。

「いつか誰かに取られたらどうしよう」「ステキな女性だから、絶対他の男の人も好きになるはず」「優しいから誰にでも好かれてしまう。自分よりも魅力的な男性が出て来たら、奪われるかもしれない」と心の中はザワザワしっぱなしです。

いつまでも一緒にいるためには、少しでもリスクを減らす必要があります。

誰が近づいているのか、ちゃんと好きでい続けてくれているのか、いつでも確認したいので、質問攻めをしたり過干渉になったりしてしまうのです。

彼女が仲良くなる人が、連れ去ってしまわないか心配だからこそ、何でも知っておきたいし、不安要素は先に排除しておきたいと考えます。

恋人同士が思い合っているのは当然ですが、あまりにも好きすぎる場合には、カレがツインレイであるという可能性があります。

こちらの記事では、嫉妬深い彼氏がツインレイである時の対処法を多くご紹介。

「どうやったら信じてもらえるのかな」「離れないって分かって欲しい」と思っているなら、ぜひ参考にしてみてください。

格好悪いからやきもちをしているのがバレたくない

嫉妬している時の男性は、「こんな自分、格好悪いから絶対にバレたくない」と考えています。

他の人と仲良くしているのを見て、やきもちを焼いてしまうのは仕方がないとしても、「男として格好悪い事だ」と認識している時には、どうにかしてバレないように平静を装うはずです。

亭主関白的な考えの持ち主や理想の男像をしっかり持っている人に多いと言えます。

男性側が妬いていると、自分ばかりが好きでいるような片思いの状態に思えてしまうからです。

付き合っているのに片思いになるなんて、彼氏の恥。

彼女の心をキープできないのは、甲斐性なしだとも考えています。

だからこそ、本当は心配になっていたり、どこの誰と親しくしているのか気になったりしても、言葉数少なく「そうなんだ」と返事するのです。

本当は、詳しく聞きたくて仕方がないのですが、必死で我慢しています。

理想の彼氏像の中では、彼女の話を全て受け入れて、どこで何をしても余裕の表情で見送るのをイメージしていても、実際にはなかなか出来ないのが実情といえるところです。

これってやきもち?わかりにくい男性のジェラシーの態度

会話をしていても急にだまって静かになる

好意を感じた時の男性心理2

二人で話をしている時に、急に黙ってしまうのは、心の中が急変したからです。

激高したり、不機嫌な態度になったりすれば分かりやすいですが、ただ言葉数が少なくなるだけなので、「眠いのかな?」「体調が悪いのかな?」と違う心配をしてしまう事もあります。

本当は、心の中がとてもザワザワしていて、「深く聞きたいことがあるけど、言葉に出せない」と我慢していたり、「引っ掛かる事があるけど、器が小さいと思われたくない」と敢えて黙っていたりしているわけです。

返事は返してくれているので、「話を聞きたくない訳ではないのかな?」と続けてしまう女性がほとんど。

普段から口数の少ない男性であれば、見極めるのは非常に困難です。

急に静かになるのと同時に、視線が下を向いて目が合わなくなったり、別の所に意識を向けて話をあまり聞かなくなったりしていれば、あなたからの言葉を受け入れられていないサインと言えます。

嫉妬対象の悪口を言う

特定の人物の悪口を言い出したときは、ジェラシーが原因という事もあります。

男の人は、自分の方が優れているアピールをすることが多いので、他の人の悪口を言う事もあることです。

悪口の相手が、普段彼の周りにいる関係者やたまたま視界に入った人ではなく、あなたが関わる人である場合には、ジェラシーが原因であなたから遠ざけようとしている意図が含まれています。

「そいつは、こんな悪い所があるぞ」「離れた方がいいぞ」と伝えているわけです。

本当は悪い所なんてなくても、どうにかして彼女から引き離すためには、あなたの心の中で「仲良くしない方がよさそうだな」という感情が沸き上がる事が必要となります。

カレ自身が「オレは、その男の事が嫌いだ」とアピールしている事にもなるので、彼女の善意で「恋人が嫌がる人とは仲良くしない方がいいよね」と思わせるように誘導しているという意味もあるはずです。

離れている時に突然「会いたい」といいはじめる

同棲をしていない限りは、お互い別々の家で生活をしている訳ですが、離れているタイミングで急に「会いたい」と頻繁に言い始めたら、何かに対して妬いていると考えられます。

傍に居なければ、誰かに取られると感じていたり、離れている事に不安を感じていたりするサインです。

男の人は、会いたい衝動に駆られて行動に移すことはありますが、付き合いが安定している時に突然頻度が高まるという事は考えにくいもの。

心理面に変化が起きたことが原因と言えます。

当分の間デートが出来ていなくて、友達と遊んだ話を聞いたり、職場で仲良くなった人が出来たと話した後だったりすると、「知らない世界が広がっていっている」と感じた事で焦りを覚えたのかもしれません。

恋愛をしている事で、仕事に悪影響を出さないのが大前提である人がほとんどなので、予定外で会おうとするのは焦りを感じている証拠です。

言葉の中にキーワードがあったり、心配している事柄があったりするはずなので、彼の発言に注目しましょう。

話していても無視される

普段はちゃんと相槌を打ってくれる人が、無視するようになったら、機嫌が悪いだけでなく妬いている事が原因という説もあります。

態度だけで示す「NO」の意志。

あなたからの話の中に、他の異性の話題や夢中になっている事があるはずです。

嫉妬する対象は男性であるとは限りません。

彼氏が知らない様な事まで何でも知っている女友達、時間を忘れて没頭してしまうゲームなどの趣味嗜好、テレビに映れば盲目になってしまう芸能人なども全て対象です。

家で飼っているペットに嫉妬する人もいるくらいなので、「思い当たることが無い」と思う前に、全てにおいて対象だと考えてみましょう。

あなたが「何に怒っているの?」と理解できない態度を見せると、余計に怒りを買ってしまいます。

カレは、自分が一番でいたいと願っているわけですから、何を差し置いてでも話題の中心にしてあげなければいけないのです。

突然話題を逸らす

話をしている最中に、突然別の話題を持ち出した時には、先ほどまでしていた内容が嫌だという意思表示です。

何気なくしていた話程、何に引っ掛かったのか思い出せないもの。

しかし、カレからしてみれば「聞きたくない」「仲間外れにされた気分」という心境にさせられたという事です。

ジェラシーであれば、素直に何が嫌だったのか話してくれる可能性は低いですので、自力で見つける必要があります。

一人や一つの事について夢中になっていたところはないか、カレの知らない話題がなかったか、振り返ってみましょう。

もしくは、話の流れから最近話題に上っている人物が登場しそうな雰囲気になっていなかったか、など。

頻度が高い人物がいるのなら、「そろそろあの名前が出てきそう」と予感した時点で、予防線を張っている可能性があります。

彼にとっては、聞きたくない話題の人物であり、ライバル視している事を意味していますので、特定しておくことは大事です。

女性の話を聞いた瞬間「俺もやりたい!」「俺も行きたい」と言い始める

会話の中で、彼氏がやけに食いついて「オレも行きたい」「一緒にやる」と言い始めた時には、登場人物の中の誰か、もしくはその場の雰囲気に自分がいない事に不満を抱いたと考えられます。

流れだけを見ると、彼女と一緒にいる時間を増やそうとしてくれていたり、共通の趣味を持つために積極的に動いてくれようとしていたりと、優しい彼氏に見えますので、やきもちだと気が付かないことが多いはずです。

自分の知らないところで彼女が楽しそうにしている姿を想像すると、その場にいられない事にいたたまれない気持ちになったのかもしれません。

同じ時間を共有し、彼女の笑顔も頑張る姿も全部知っておきたいと思えば、積極的に一緒に居ようとするのも納得です。

楽しい話題の中に、恋愛関係がないとしても男性が出てきていないか、確認しておきましょう。

話をしている時のあなた自身の表情も、振り返っておきます。

カレと過ごしている時には見せないほど、イキイキとしている表情だったとすれば、妬いていたと考えるのが有力です。

やきもちを焼く男性心理とその原因

自分といるときよりも楽しそう

男性は、「自分といる時よりも楽しいのかな」と不安を感じると、やきもちを妬きやすくなります。

彼女には、彼氏である自分と一緒にいる時が一番楽しくて、幸せを感じていてもらいたいものです。

恋人を幸せにする使命があると考えているので、他の人といる時の方が楽しいと思われるのは、能力不足だと言われているように感じてしまいます。

彼女を笑顔にするために人一倍気を遣って頑張っている男性なら、尚更、それ以上を見せられると悔しさを隠し切れません。

「どんな場面で楽しんでいるのか知りたい」「自分が見た事のない表情をしているかもしれない」「彼女が笑っているならいつでも隣にいたい」といった心理で、ぜひとも自らの目で確かめてみたくなるのです。

恋人を笑顔にするヒントが隠されているわけですから、今後の参考にもなります。

自分が知らない交友関係があると「その人は誰?」と話が分からない孤独感を抱いてしまう

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

付き合っている彼女と話をしているのにも関わらず、孤独感を抱いてしまった時にはジェラシーを感じてしまいます。

彼女の事を一番理解しているはずの自分が、知らない出来事があるという事実自体が受け入れがたいのです。

同じ学校や社内恋愛でない限りは、別々の会社で働いていたり、学んでいたりするものですから、それぞれの社会があるのは当然。

全てを把握する事は難しいですし、事細かく説明していたとしても、全部ではありません。

毎日起こる出来事は違いますし、よく話題にのぼる人がいたとしても直接知っている人でない限りは、想像でしかないところです。

話を聞いていると突然出てくる知らない人物の名前や、知っている人だと思っていたら思いがけない話が出てきて、イメージが崩れるなどが起こると、急に孤立した感じになってしまいます。

「結局知らない世界だ」と現実を突きつけられた気分で、ガッカリする事も。

仲間外れにされた気分になってしまうのです。

相手がハイスペックorイケメン

相手がハイスペックな男性やイケメンだった時、比べているわけではなくても、つい嫉妬心が大きくなってしまいます。

彼氏は基本的に彼女の一番でありたいと願っていますが、ルックスも恋人の好みのドンピシャでありたいと思っているのです。

「顔で付き合っているわけではない」「肩書が大事ではない」と頭では理解していても、自分よりもハイスペックな人やイケメンが恋人の近くにいると分かれば、どうにかして遠ざけたいと思うのはライバル心が掻き立てられるから。

いつでも自分を一番に選んでもらうためには、ライバルを徹底的に排除しておく必要があります。

彼女の事を信じていても、周りの人が余計な事を吹き込むかもしれないし、相手がもうアプローチしてくることも考えると、うかうかしていられないと焦りを感じるわけです。

少しでも恋人である自分との時間を多くとろうと、気を引き始めます。

元々とにかく独占欲が強い

とにかく独占欲が強いタイプの男性は、嫉妬しやすいと言えます。

恋人が出来たら、とにかく「自分のもの」という意識が強く、他の誰にも渡したくないという気持ちが言葉の端々から出てくるものです。

「誰とも会話をするな」「用事が終わったらすぐに連絡が欲しい」「飲み会に行くな」「スカートをはいて欲しくない」等、様々な拘束をしてきます。

愛情が故に束縛しているのだと納得できていればいいですが、自由を愛する女性の場合、反発心を示すのでケンカになる事も多くなるはずです。

独占欲が強い男性は、彼女の周りの人は全てライバルだと考えていますから、友達との関りも制限する事も少なくありません。

行動を共にしようとする傾向にありますので、常に一緒にいる状態が増えていきます。

カレの知らない人とのコミュニケーションは基本的にNGですので、そもそも束縛が嫌いな女性は、彼氏教育を徐々にしていく必要があるところです。

彼女にすぐやきもちを焼く男性の性格的特徴

見栄や虚勢を張る自分に自信がないタイプ

本当は自信がないのに、発言や仕草だけは大きいという男性は、彼女に対していつも不安を抱いています。

素直に言葉にして伝える事はありませんが、内心では、他の人に好きな人を取られないように必死です。

見栄を張ったり、虚勢を張ったりするのは、少しでも自分を大きく見せたいから。

自信がないからこそ、自ら「大丈夫」と暗示をかけるように、大きな態度を見せようとします。

大口をたたいていれば、周りの男性と差別化する事が出来、少しでも良い彼氏として彼女の傍に居られると考えているのです。

自慢をしたり、大きな態度を取ったりするので、本当のカレを知っている彼女からすれば、小物に見えてしまうかも知れません。

自信がないなりのカレの精一杯の愛情表現であり、好きな人といるための手段でもありますので、「私の事が大好きなんだな」と大きく受け止めてあげましょう。

態度や言葉に出してしまうと、カレのプライドを傷つけてしまいますので、表では「あなたが一番に決まっているでしょ」と立てるようにするといい関係を保てます。

プライドが高い

プライドが高い男性は、好きな子が常に自分の事を見ていないと不機嫌になります。

彼女の中での一番の存在でなければ、彼氏としての意味がないとまで考えているくらいです。

何をしても一番でありたい願望が強いため、誰かに負けたと感じる瞬間があることが赦せません。

彼女が楽しそうに誰かと話をしていたり、どこかへ出掛けたという話を聞いたりするだけで、「負けた」と感じてしまい、取り戻すために必死になります。

周りとの距離を離し、二人きりの時間を増やすことで気持ちを一番に取り戻そうとするはずです。

誰かの後の扱いにされるのも大嫌い。

そのため、別の用事の後にデートを組みこまれたり、一緒にいる時に他の人と連絡を取り合ったりしている姿を見るのも、無理です。

「誰と連絡取っているの」「俺だけの日じゃないの?」と不満を口にします。

自身がモテない自覚がある

モテないことに劣等感を持っている男性は、彼女に対する執着心が強めに出るので、独り占めしたい思いが表れます。

女性から人気がないと自覚している男性にとって、好きな人と交際できているというのはとても幸せな事です。

二度と手放したくない気持ちになるのは当たり前で、彼女の事をしっかりと大事にしたいと心から願っています。

だからこそ、他の男性の話題が出てきたり、笑顔を向けていたりする様子を見てしまうと、すぐに不安が心を埋め尽くすのです。

「あの人の方がいいのかな」「僕では幸せにできないのかな」と悲しみがこみ上げる反面、「絶対にこの手で笑顔にしたい」「付き合っていてよかったと思ってもらいたい」と燃え上がります。

好きな人を守ろうと決意した男性のエネルギーは、凄まじいもの。

絶対に手放さないように、彼女からの注目を浴びようとあれこれ試行錯誤を繰り返して愛情を伝えます。

彼女を手放したら、もう恋人が出来る気配がしないと思っている人ほど、繋がり続けるために必死です。

すぐに妬んでしまう

すぐに妬みを持ってしまう男性というのもいます。

恋愛面だけでなく、仕事の業績や幸福度、家庭環境や物質面での欲求の満たし度合いなど。

他の人と比べて自分にないものばかりを探してしまいます。

「これがないから、ダメだ」「まだまだ足りない」と思っているばかりなので、周りの人がうらやましくて仕方がありません。

恋人と一緒に居ても、過去の自分と比べて恵まれている部分に「いいな」と言ったり、悲惨な経験を語りだしたりと、いかに恵まれていないかを語り始める事も。

目に映る人みんなが羨ましいので、恋人の言葉から発せられる登場人物たちも、皆自分よりも良い環境にいると感じてしまいます。

好きな子に傍に居てもらうためには、多くの事や人を身の回りにおいて武装しておかなければいけないと考えているため、すぐに妬みを言葉にして不幸な境遇を理解してもらいたがるのです。

負けず嫌いで何に対しても対抗心が凄い

負けず嫌いな男性は、とにかく全ての人がライバルだと感じています。

恋愛面だけでなく、彼女の世界にいる全ての人の中でトップでありたいし、自分が関わる事の中でも、いつでも注目を浴びていたいと考えているタイプです。

いつも中心でありたいし、何にしてもトップバッターとして先陣切って物事を進めていたい。

彼女が見ている世界に、自分以外が先に映っていることが気に入らない状態です。

話題の中心人物でいたいので、他の人の話題が出てくると、「その人に勝ちたい」という衝動が沸き上がります。

どんな手段を使ってでも、ライバルに打ち勝つことが最優先事項ですので、話の腰を折ったり、誰かの妨害をしたりするのも平気です。

負けず嫌いな人は、周りの人を見下している傾向にありますので、彼女から注目を浴びていないのを他の人のせいにします。

「あいつが出てきたから、デートが減ってきた」と理由をつけて納得しようとするところです。

「彼女に振られるかも」と不安が強いタイプ

振られるかもしれないという不安が強いタイプの男性は、とにかく意識を自分に向けることに必死です。

容姿に自信がないだけでなく、恋愛に対してトラウマを持っていたり、どうしても弱気になってしまったりするので、自力でどうにかできないところに腹立たしさを感じています。

他の人に心を奪われても仕方がないと諦めモードの思考回路を持っていながらも、今掴んでいる幸せを手放したくないという思いが強くあるので、複雑な心理状態といえるところです。

弱気な男性や、浮気性の彼女だったりモテる女性だったりすると、どうしても不安の方が強くなってしまいます。

「どうせ捨てられるんだ」「どうして僕の事だけを見てくれないんだろう」とジェラシーから不満へと繋がるのです。

恋愛が長続きしたことが無い男性なら、不安は大きくなるばかりで、自信がない状態で繋ぎ止めるエネルギーも弱々しいものとなります。

焼きもちを焼く男性心理から学ぶ彼氏への対処方法

些細な事でも元彼と比較しない

これから仲良くしていこうと思っているなら、どれだけ些細な事であっても元カレと今の恋人を比較してはいけません。

比較しているつもりはなくても、話題に出すだけで「比べられている」と思ってしまうだけでなく「前の人の方が良かったと思っているに違いない」と決めてかかられてしまいます。

単なる話題の一つだと思っていても、男性は同性に対するライバル意識はとても強いのです。

昔行ったデートの場所や美味しかったレストラン、思い出の場所や記憶に残っているセリフなど、付き合っていた当時の出来事はもちろん、慎重や性格など本人の話もタブー。

今のカレに優しくしてほしくて、つい「前の人はそんな事言わなかったのにな」と愚痴を言ってしまう事もありますが、可愛いジェラシーで済む話ではありません。

比較されたうえに、否定されたと感じてしまい、今後の交際が非常にやりづらくなってしまいます。

今の恋愛を大事にしたいなら、過去は振り返らないのが鉄則です。

別の男の人の話は出さない

基本的には、他の男性の事は言葉に出さない事を意識しておくべきです。

どうしても話の流れで必要な場合を除き、何でもない会話の中で男の気配を出すのは、あの人にとっては気分のいいものではありません。

友達だと分かっていたとしても、カレは聞きたくないのが本音です。

仕事の話で男性上司の話題であったとしても、冗談や休憩時間のことなら聞きたくはないもの。

職場の人間関係や今後の業務のステップなどの話であれば、男性上司が出てきても、話題の重要人物ですので必要です。

「私の上司、すごく面白い人で冗談ばかり言っているんだよ」など、ラフな話題であれば、投げかけない方が無難だと言えます。

元カレを始め、職場の人、昔からの友人など、人生で関わってきた人の半分は男性ではありますが、恋人に対して話をするなら内容と人物をよく吟味しておくべきです。

楽しい会話をすることが大事ですので、悪意なく不機嫌にさせてしまうと、小悪魔彼女では済まなくなる可能性もあります。

交友関係が広がっても連絡頻度は減らさない

環境や状況が変化して、あなた自身の交友関係が広がったとしても、恋人との連絡頻度は今までと同じか、むしろ意図的に増やすくらいの気持ちでいましょう。

忙しくなると、どうしてもあれこれ手が回らなくなるのは仕方がない事です。

「彼氏なんだから、理解して欲しい」と願うのも当然。

けれども、恋人の周辺環境が大きく変化すると、恋人としても不安要素が増えてくるというわけです。

「性格が悪い人が近づいてきたらどうしよう」「友達との時間が楽しくなって、会えなくなったら困るな」など、笑顔であなたの楽しそうな日々を応援してくれていても、内心は不安と寂しさを隠し持っている場合が多くあります。

カレの心を癒すのは、やはりあなたからの連絡です。

今まで以上に意識して連絡を入れていくと、「忘れられていない」「彼女の中の一番でい続けられている」と安心してくれます。

男友達を彼の目の前で褒めない。褒めるなら「あなたの方が素敵」を伝えて

彼の目の前で男友達を褒めたり、自慢したりしないことです。

ずっと頑張っていた夢を掴んだり、評価されたりなど、素晴らしい功績を残したとしても、カレの前で言うべきではありません。

紹介する場面があったとすれば、しっかりと彼氏としての立場を優位にしてあげる事も必要です。

「私にとってはあなたの方が素敵だけどね」と一言伝えておくだけで、カレ自身もあなたの男友達をしっかり祝福してあげる気持ちになります。

大事なのは、恋人としてのメンツを保つこと。

人付き合いで大事なのは、繋ぐときの言葉です。

大事な友達として彼氏に紹介するとしても、男としてではなく、人として尊敬しているという旨をアピールします。

性別関係なく、ステキな人なのだと理解してもらえると、ライバル意識も薄くなるし、男同士の友情が芽生える可能性も出てくるはずです。

二人でいる時には、いつも以上に恋人に目をかけて、愛の言葉をかけ続ける事がフォローになります。

他の男性への愛想は出さない

あなたの愛想一つで、今後の関係性が変わってくることがあるので注意しましょう。

他の男性に対して、愛想よくするのは妬みやすい彼氏からするとNGです。

お店の店員やインストラクター、サークルやコミュニティで一緒になった男性などに、愛想よくするだけで「色目を使っている」と言われるケースもあります。

信頼してくれていれば、そんな言葉を掛けられることもないのですが、カレも我慢できなくてつい嫌味のように言ってしまう事もあるので、あまり気にしないようにしましょう。

無駄に愛想よくしているだけで、二人の関係がぎくしゃくしてしまうなら、意識的に壁を作ったほうがやりやすいはずです。

彼氏と過ごす時間の方が圧倒的に長いわけですから、あなた自身が居心地のいい関係を保つ方法を優先させるべき。

愛想の悪い女性もあまり感じがよろしくはありませんが、カレの心理面を少しずつ育成しつつになるので、最初の内は徹底的に彼氏以外に笑顔を向けない事を意識していきます。

付き合っている安心感は彼氏への心理面にうっかりしやすい

好きな人と両想いになれるという状況は、奇跡とも言える素晴らしい事です。

交際期間が増えてくるにつれて、両想いの安心感からうっかりカレの心をざわつかせることをしてしまいがち。

心理面を考慮して、しっかりと愛情を一途に向けている事を伝えつつ、社会と関わりを上手にしていきましょう。

恋人との関係をこじらせると、ストレスがかかってしまいますから、困りごとやイライラが出てきて、幸せな恋愛ではなくなってしまいます。

やきもちを焼く男性心理を理解した上で、徐々に精神育成して信頼を勝ち取っていきましょう。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2022】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事